RECORD BOY

the TITS - 猥褻外道 ONE-SIDED FLEXI


thetits-waisetsu.jpg

・the TITS - 猥褻外道 ONE-SIDED FLEXI 税込1,080円 (T.T. Records)

スパイキー系/九州パンク/ノイズコア・クラスト/伝統的バイオレンス・パンクなどなど、ジャパニーズ・ハードコア好きの海外マニアも熱狂させてる話題の東京ハードコア・パンク THE TITSの限定500枚片面ソノシート!!完全自主制作で、気付いた時はもう手遅れかな?とあきらめかけたけど、メンバーさんのご厚意で無事入荷しました。ライブ会場でメンバーさんに提示すると歌詞インナーがもらえるという、THE TITS FANCLUB CARDが付きます。

レコードやスパイキーなファッションからイメージするキャッチーな印象を強烈に打ち砕くバイオレンス・ノイズコア・サウンドで、これは凄いインパクトdeath!!ジャパニーズ・ハードコア・クラシックから、地方都市パンクスの自主製作ソノシートまで、とにかくあらゆる日本の80年代インディーズ・パンクのレコードがバカみたいに高騰していく加熱した状況を一蹴するような凄まじいウォール・オブ・バイオレンス・サウンドが痛快すぎます!!


東京ハードコアパンクTHE TITSのセカンドシングル”猥褻外道”が自主製作盤としてリリースされる。
強烈なインパクトに対し彼らの裏切りを象徴することとなった問題作”対人嫌悪”ファーストシングルには少々戸惑われた方も多いはずですが、
今作”猥褻外道”では決して表には出さないパンクプライドと、内に秘めるパンクマインドを体感できるこれぞ2枚目的な作品です。
原点回帰というより数ある影響下のサウンドを極限まで消化し遠慮しらずに放出するハードコアパンクスタイルは絶対的混沌力若人で、
常識や通例を破壊する彼らの姿勢はパンク界の天上天下 どこを探しても他の存在を確認することは今のところ不可能なオンリーワンの存在。
入手した音源を聴き込む事はとても大切ですが、ハードコアパンクのかっこよさなんてほんの数秒聴いただけで判断できると思っている堅物筆者がここに。

このセカンドシングル盤は80年代のジャパニーズパンク/ハードコアバンドの作品に大きな功績と足跡を残した丸くて黒いソノシート盤で製作。
近年プレスカッティング業者の怠慢(とても失礼xxxx)によりスタンダードとされる円形のソノシートは完全に消滅していましたが、
この作品はそのフラストレーションを見事回避しTHE TITSのメンバーが多大な影響を受けている80’S JAPANESE HARDCORE PUNK/NOISECOREの敬意とオマージュをフルに感じられる作品です。
さらにこの為に書き下ろされたというスリーブデザインがあまりにも素敵で国内外のハードコアマニアックスは喉から手が出るほど欲するフォーマットになっています。
ノイジー&スピーディーな3曲をソノシートのしかも片面側だけにぶち込むという荒業とセンスはこの作品を入手した人間しか得ることのできないスペシャルギフトのようなもの。

緊張感漂う謎のオープニングで幕を開ける1曲目 VIOLENT POISONING(曲名に涙が落ちる...)は終始あのバンドしか想像せざるを得ない完璧すぎるTHE TITSらしい特攻ソング。
2曲目 N.O.U.Z.E.Iは80’S初期九州系と80’S中期北海道地区の極悪バンドスタイルを見事なまでに混生し中枢神経を麻痺させるために用いる注射器使用の衝動に駆られる刺激ソング。
3曲目 WAISETSU GEDOU 何度聴いても80年代のバンドの音源にしか聴こえない緊張感漂う今作品のタイトル曲でダイナミックな展開と意味不明な余裕さえも感じ取れる混乱ソング。

バイオレントなサウンドスタイルを作り出すリズム隊。
ノイズコアと言われるノイズをピュアにパフォーマンスするギター。
憎悪と破壊を感じる狂介のクレイジーでレイジーなボイス。
2018年、何がパンクバンドで何がハードコアパンクなのかという個人的な屁理屈はさておき... 笑
それは非常に重要で必要だと感じるパンクの定義を明確に打ち出し僕らに与えてくれたTHE TITSに心から感謝!
はっきり言って今のTHE TITSは最高のコンディションで活動しているので、そのバイオレントでスタイリッシュな雰囲気のライブを直接体験していただきたいと切に願います。
最後にTHE TITSはジャパコアでもなくジャップコアでもない、ちょっと言い回しが長くて面倒ではありますがジャパニーズハードコアパンクバンドです あしからず m(_ _)m

(インフォメーションより)

07 | 2018/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR