RECORD BOY

Anti-Goth!!!666!!!


blasphemy-liveritual-diehard.jpg



・BLASPHEMY - Live Ritual : Friday the 13th DIE HARD LP 税込4,860円 / REGULAR LP 税込3,240円 (Nuclear War Now!)

アナログ盤もリリース!!!666!!!ゲートフォルド・スリーブで、付属のポスターが両面刷りになっていて、片面がライブ写真とレーベル・オーナーのライナーノートになった、かなりナイスな両面ポスターです。ダイハード・バージョンはさらに白地ステッカーとタペストリー・フラッグも付いたレッド・ビニールのデラックスな豪華仕様!!

Nuclear War Now!のヨースケ・コニシ氏が、レーベルを趣味の延長などではなく本格的なライフワークとしていく宿命を背負うことになったNWNにとっての運命的最重要作 BLASPHEMYの2001年発表ライブ・アルバム Live Ritual : Friday the 13thが超待望の再発。オリジナルLPはリリース直後に完売したため2000年代から既に各種ブートレグが出回り、中古市場で近年かなり高騰していましたので、これは待ち望んでいたファンも多かったことでしょう。

ヨースケ・コニシ氏の人生を変えてしまったというだけあって、このライブ、本当に凄まじくかっこいいです。この時代を絶頂期と見るファンの意見も完全に納得できます。ROTTING CHRIST, IMMORTALと行った1993年の伝説的ツアー Fuck Christ Tour時には1度もチューニングをしなかったという逸話があるほどに、初期はグラインドコアとブラック・メタルの下層部分で激しく交錯したようなスタイルだったのが、このライブはその激烈性を完璧な攻撃性に変換しています。テンション、演奏、生々しさ、音源、全てにおいて文句なしの、ライブ音源かくあるべき!!のようなリアル極悪ライブdeath!!!666!!!



blasphemy-victory-diehard.jpg



・BLASPHEMY - Victory (Son Of The Damned) DIE HARD 2LP 税込5,940円 / REGULAR 2LP 税込3,780円 (Nuclear War Now!)

こちらも遂に初アナログ盤リリース!!!666!!!2枚組で、D面がペンタグラム・プリント(エッヂング?ちょっと触っでみてもどっちか不明)、ゲートフォルド・スリーブでポスター付き。ダイハード・バージョンはレッド・ビニールで、黒地ステッカー&タペストリー・フラッグ付きのボリューム満点デラックス仕様となっています!!

オリジナル盤のLive Ritual : Friday the 13th LPにはltd.100枚ダイハード・バージョンというコレクター鬼門アイテムの激レア仕様が存在し、しかもそれがグッズなどの付属品ではなく、2001年8月29日のリハーサル・セッション15曲収録というお宝音源付きだったため、BLASPHEMY信者にとってはあこがれの限定バージョンでした。今回の再発はそのダイハード・バージョン限定のリハーサル音源も単独で念願の再発。これがその音源ということになります。音質完璧問題なし最高。さらにアルバム・タイトル曲 Victory (Son Of The Damned)は他作品では演奏/録音されていない未発表曲death!!!666!!!

1. War Command
2. Blasphemous Attack / Gods Of War
3. Demoniac
4. Victory (Son Of The Damned)
5. Victory (Son Of The Damned)
6. Goddess Of Perversity
7. Fallen Angel Of Doom
8. Darkness Prevails
9. The Desolate One / Atomic Nuclear Desolation
10. Desecration
11. Weltering In Blood
12. Blasphemy
13. Hording Of Evil Vengeance
14. Nocturnal Slayer
15. Ritual



blasphemy-blooduponthealtar-tape.jpg



・BLASPHEMY - Blood Upon The Altar TAPE 税込972円 (Nuclear War Now!)

Nuclear War Now!による地獄のBLASPHEMYリイシュー・シリーズが、1989年1stデモを遂にオリジナル・フォーマットのカセット・テープで復刻!!!666!!!James Plotkin氏によるリマスタリングで、このカセットはオリジナルを模したブラック・テープ/プリント・ラベルで再現しています。

1stアルバムを聴いただけでは、BLASPHEMYがBATHORYを完全崇拝していたという事実にいまいちピンとこない人がほとんどかと思いますが、BLASPHEMYの最高傑作と評価するファンも多いこのデモがアンダーグラウンド・シーンで話題となった当時は、至る所でBATHORYを引き合いに出して絶賛されていた、というのはもはや有名な話です。確かに2ndのBATHORYっぽいプリミティブさと、SODOMのカオス、そしてREPULSIONなどのプレ・グラインドに通じるテイストをミックスして爆発させたようなサウンドです。James Plotkin氏のリマスタリングも素晴らしい仕事をしています。



blasphemy-blooduponthesoundscape-tape.jpg



・BLASPHEMY - Blood Upon the Soundspace TAPE 税込972円 (Nuclear War Now!)

Nuclear War Now!による地獄のBLASPHEMYリイシュー・シリーズ!!!666!!!こちらは1stデモと同時期の1989年に録音された数少ない貴重な音源の一つであるリハーサル・トラック全5曲。シンガー(当時ベース兼任)のNocturnal Grave Desecrator and Black WindsがノルウェーのSlayer Magazine発行人 Metalion氏に送るために録音されていた音源で、1stアルバム制作以前まで参加していた初代ギタリスト Black Priest of the 7 Satanic Blood Rituals氏によるオリジナル・アートワークを再現。レッド・シェルで、B面にも同内容の5曲を収録しています。

初期BLASPHEMYのリハーサル、と聴くとゲテモノ音源のように想像する方もいるかも知れませんが、1stデモが当時サタニック・ハードコア・メタル・マニアに大絶賛されたのが、この音源を聴いてもおわかりいただけるかと思います。ものすごいテンションのリハ音源です!!!

1. Darkness Prevails
2. Hording of Evil Vengeance
3. Desecration
4. Goddess of Perversity
5. War Command



blasphamagoatachrist-black-tape.jpg



・BLASPHAMAGOATACHRIST - Black Metal Warfare TAPE 税込972円 (Nuclear War Now!)

BLASPHEMYシンガー Nocturnal Grave Desecrator and Black Winds、GOATPENISのSabbaoth(ベース&Vo.)とVirrugus Apocalli(ギター)、そしてカナダANTICHRISTのドラムだったThe Inciter of Armageddonという化け物のようなスパー・プロジェクト・ベスチャル・ウォー・デス・ブラック・メタルの話題沸騰中デビュー作デモ到着!!

サウンドもまたBLASPHEMYとGOATPENISを上手いことブレンドしています。原始的なBLASPHEMYタイプのナンバーを、GOATPENISのキレのあるブルタリティーで叩き出していて、最初の曲名なんかはちょっとDIOCLETIANのような壮大さもあります。ウォー・ブラック・メタル・ファンを自負する方はスルー厳禁です。



oksennus-kolme-diehard.jpg



・OKSENNUS - Kolme toista DIE HARD 2LP 税込4,860円 (Nuclear War Now!)

ダイハード・バージョン・アナログ盤入荷!A面/B面/C面に各曲を収録してD面がエッジングの2枚組で、ダイハード・バージョンはホワイト・ビニール。レギュラー盤と共通のブックレットの他に、シルクスクリーンのエクストラ・フォールド・カバー/パッチ/ステッカー付きです。

御覧の通りまたしてもおかしなヤツがNWNから登場しました。全3曲、トータル39分収録のフルレングス・アルバムですが、各曲ともちょうど13分、しかも全てアンタイトルなので、最初クレジット見た時は、1つの曲を3回も聴かせる拷問バンドか?と思いましたが、実際聴いてみるとそれぞれ違う曲でした。しかもこのニンジンみたいなジャケ。また奇をてらっただけの、やったもん勝ちのようなバンドが出てきたか、、、と思ったら、いきなりFEAR OF GODがVONに接近したようなプリミティブ・グラインディング・サウンドでスタートして即KO!!

フィンランド出身で、GoatwaRexやBestial Burstからも既にリリースのある、2010年結成のバンドのようです。とにかく1曲目の原始的グラインド・ブラックが目の覚めるようなかっこよさなんですが、やはり基本的に実験性の強いバンドで、2曲目はCORRUPTED, MELVINS, BLACK FLAG, CHAOS ECHOES, etcがミックスされて軽くなったような、インプロ感もあるサイキック・ドゥーム。B面は無造作にブツ切りで終了して、C面のアタマはその続き。つまり、SECT PIGの方法論よりもさらにこういうシーンの音楽やフォーマットの概念を打ち砕くようなバンドです。こんなジャケですからね。しかしかなり注目に値すると思います。エクスペリメンタル・エクストリーム・ミュージック・ファン必聴!!



kneltrote-alterity-red.jpg



・KNELT ROTE - Alterity LP RED VINYL 税込2,808円 (Nuclear War Now!)

アナログ盤入荷!こちらはダイハード・バージョンは存在しませんが、限定レッド・ビニールで入荷しました。

北米エクストリーム・メタルの拠点的重要都市、オレゴン州ポートランドのKNELT ROTEによる2018年発表3rdアルバム。グラインド系ハードコア・シーンから誕生し、ノイズ・アプローチも導入して、ベスチャル・デス/パワーバイオレンス/パワーエレクトロニクスの要素が混沌としたそのスタイルは、作品を発表するたびに過激さが増していましたが、残念ながらこの作品発表の前に既にバンドの活動は停止していたようです。

冒頭から不穏なノイズでスタートして、このバンドらしい危険さがいきなり充満した暗黒ブラスト・デス・ワールド全開ですが、一通り聴き終えると、これまでで一番ベスチャル・デス・メタルに近い雰囲気にまとまった作品のように感じます。その要因は、クトゥルー系デス・メタル流テクニカルなキラー・リフが随所に飛び出している曲もあるせいかと思いますが、そういった曲ではドラマチックな整合性も備えていて、つまりこのバンド本来の魅力であったベスチャル・デス/パワーバイオレンス/パワーエレクトロニクスの要素を混沌と暴発させるのではなく、本作ではアプローチを使い分けてるような印象を受けましたが、いかがでしょうか?とは言っても、やはりロウ・パワーを全開にした爆発力は凄まじく、IGNIVOMOUS, DIOCLETIAN, UNAUSSPRECHLICHEN KULTEN, etcのファンにはガッツポーズ級の激烈作death!!


Deathrash Armageddon!!


blackceremonialkult-communion.jpg



・BLACK CEREMONIAL KULT - Communion Of The Ancient Gods CD 税込1,500円 (Deathrash Armageddon)

AMMIT, KRATHERION, SENDEROS DEL MALメンバーらが在籍する南米チリのブラック・デス・メタル・バンド。まだフルレングスの作品は発表していなく、こちらはデモやEP音源をまとめたコンピレーション・アルバムで、カセット・バージョンがIron Bonehead、ヴィニール・バージョンがDeathruneからリリースされていて、このたび日本のDeathrash ArmageddonからCDバージョンがリリースされました。先着パッチ付き!!

おそらくDeathrash Armageddomリリースではもっともリチュアルなテイストが強いであろう現代的な感触ですが、楽曲自体は南米プリミティブさが強いです。北米ならRITUAL NECROMANCY、UKのGRAVE MIASMA、ドイツSpepulchral Voiceリリースなど、VONやBEHERIT影響下の代リチュアル&ベスチャルなバンド好きは要チェック!!



pheretrum-alienated.jpg



・PHERETRUM - Alienated Demons CD 税込1,500円 (Deathrash Armageddon)

2009年に南米ウルグアイで結成されたデス・メタル・バンドの2ndアルバムCDがDeathrash Armageddonからリリース。本作は2017年に限定50本のカセット・フォーマットのみで発表されたもので、まだまだ無名な存在かと思いますので、DAリリースの南米バンド好きはぜひチェックしてください。

Cogumelo時代SEPEULTURAの影響を感じさせるスタイルですが、演奏や音質はボロボロではなく(Gソロはかなりポンコツだけど)、南米ファンのみならず、SLAYERからPOSSESSEDやSEPULTURAなどまで掘りさげて、しかしデス・メタルには行かないでデスラッシュに踏みとどまったようなオールドスクールなヘッドバンガーにオススメです!!

Japanese Punks!!


aspirin-onebands.jpg

・ASPIRIN - One Band's Split CD 税込2,000円 (Heal Up)

東京ハードコア・パンク・バンド ASPIRINが2018年新作CDを特殊な形態で発表。大幅なメンバーチェンジがあったため、本作は前半と後半がラインナップが違い、またそれによって細部も微妙に違った感触も楽しめる1枚となっています。前半は骨太で男臭さもあり、後半はメタリックなメロディック・ギターも印象的な、しかし全編通して伝統的なジャパニーズ・スタイル・ハードコアの筋がビシッと通った内容となっています!!

ASPIRIN結成から12年目に入る2018年最新作は3ピース編成と4ピース編成による同バンド内でのスプリットアルバム。1~5トラックはVoにアダチ(DUDMAN、BEYOND DESCRIPTION etc)、Guにマエダ(ENCROACHED、BOYCOTTT SENTENCE)、Baにマンドコロ(オリジナルメンバー)、Drにヤスシ(ダークスフィア、exハンマー)を迎えた4人編成。6~10トラックはVo&Baにマンドコロ(オリジナルメンバー)、Guにブー(ASBESTOS、DEATHBLAST)、Drにモリ(CHOKE)を迎えた3人編成。本作品はハードコアパンク、スラッシュメタルそれぞれのシーンで活躍する強力なメンバーによる新しいASPIRIN流ハードコアパンクの集大成となります。(インフォメーションより)



stripper-godsave.jpg

・STRIPPER - God Save The Game CD 税込1,080円 (Strawberry)

愛知県豊橋のハードコア・パンク RESISTANCEのメンバーらによる女性Vo.パンクロック・バンドの5曲入り2018年新作CDEP!!ですが、本作はヴォーカリスト不在の完全インスト作品となっております。グラマラスなR&Rとガレージ・テイストをミックスしたジャパニーズ・パンク!!
07 | 2018/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR