RECORD BOY

Metal from the Graves!!


zoetrope-alifeofcrime-redlp.jpg



・ZOETROPE - A Life of Crime LP RED VINYL 税込2,916円 (Floga)

遂にアナログ盤再発ーーーAAARRRGGGHHH!!!!!

WARGASMの1stに続いて、オリジナル盤はたいしてレアじゃないのに失神するくらい嬉しいLP再発の登場です。後にTROUBLEに加入し、近年ではLee Dorrian氏のハードコア・パンク・ユニット SEPTIC TANK発足時のメンバーであったことで話題にも上がったりした、故Barry Sterrn氏が率いたUSシカゴ・ハードコア・ストリート・メタル ZOETROPEの1987年発表2ndアルバムです。Century Mediaが1990年代後期に初CD化して1度再発されていましたが、Century Mediaライセンスのアナログ・フォーマット・リイシューを近年請け負っているギリシャのFloga Recordsからの再発です。

この2ndはオリジナル盤LPが、LED ZEPPELIN "Physical Graffiti"みたく窓がくりぬかれた特殊ジャケだったけど、「ライセンス盤で通常のジャケは無かったのか?」と気になってたので、まずはこの通常ジャケ化が信者には嬉しいところです。あと、CD再発の時のギタリスト Kevin Michael氏によるライナーノートもインナーに掲載しています。そしてZOETROPE初のカラービニール!!!いずれ1stも出してくれるんだろうけど、この2ndはレッドビニールです。Floga盤ブラック・ビニールも出てますが、今回はレッドビニールのみで入荷させました。

ZOETROPEほど激渋という形容がピッタリなバンドはいないと思います。1stアルバムではR&Rの古典的フレーズも随所に飛び出したりする個性的なスラッシュ・メタルでしたが、この2ndはハードコア・ストリート・メタルの呼び名にふさわしい非常に緊迫感のあるスラッシュ・サウンドがかっこいいです。サンクス・リストにはARTICLES OF FAITH等の渋すぎるシカゴ・ハードコア・パンク・バンドの名前も載ってましたが、Barry Sterrn氏と初期ギタリストのKen Black氏はあの80's USHCパンク大傑作、同郷シカゴのLIFE SENTENCEの1stアルバムをプロデュースしていました。さらに、このアルバムでは、MENTORSの故El DuceとSickie Wifebeaterがコーラスでゲスト参加。曲はもちろん"Promiscuity (Slut)"!!

ハードコアの連中とも交流のあるところをただ見せたかっただけのような、当時のクロスオーバー・トレンド・ポーザーとは明らかに違うので、自らを"ハードコア・ストリート・メタル"と名乗っていたのにも説得力があります。後にTROUBLEに参加して第2期全盛期を支えた、Barry Stern氏のリードVo.兼任でのドラミングや、黒人ベーシスト Calvin Humphrey氏のグルーヴィンな気持ち悪い動きなど、当時のライブも本気で神掛かったようなカッコよさでした(もちろん、映像でしか見たことないけど)。ドラムVo.、黒人ベーシスト、交友関係、そしてサウンド、もう全てが最高かっこいい!!!!!ZOETROPEを好きじゃない人とは、友達にはなれません。



sodom-demonized-whitelp.jpg



・SODOM - Demonized WHITE COVER LP BONE VINYL 税込3,240円 / WHITE COVER JEWEL CASE CD 税込2,376円 (Floga)

ジャケ色を白黒反転させた2ndエディション入荷!!

DESTRUCTIONのデモを初オフィシャル再発したギリシャFloga RecordsがSODOMのデモもオフィシャル再発。アナログ盤はゲートフォルド・スリーブで、ジャケ内側には当時の写真/歌詞と、Tom Angelripper氏のセルフ・ライナーノートも掲載。ボツにした1stデモのジャケ・デザインなんかも載っててファンにはたまりませんが、ノルウェーの伝説的メタル・ファンジン Slayer MAGAZINE発行人 Metalion氏と、おなじみSnakepit MAGAZINE編集長フランス人 Laurent Ramadier氏のライナーも別紙で付いてて、個人的には特にLaurent氏のライナーがかなり面白いと思いますので必読です。まだ知られてないバンド、いろいろあるんだな・・・。LPは今回はボーンカラー・ビニールで入荷!!


Tracks 1-4 : Witching Metal DEMO (1982年)
Tracks 5-12 : Victims of Death DEMO (1984年)


MOTORHEADやTANKをこよなく愛し、そしてVENOMに衝撃を受けた結果、これ以上の偶然の産物鋼鉄は今後この世に絶対出現しないであろう、まさに奇跡的なブラック・ハードコア・スピード・メタルとなったデビュー作 In The Sign Of Evil MLP以前の録音ですから、それはもう凄まじいデモ音源であることは言うまでもありません。これまでブートが出まくっていたので、内容についてはご存知の方も多いでしょう。しかしDESTRUCTIONのデモLPでもビックリしたけど、このFloga Recordsによる再発仕事、音質の向上に非常に力を入れていて、これが素晴らしい結果を生み出しています。もちろん、バラバラでヘタな演奏がピタッと合うようなことにはなりませんが、今回の再発聴いて初めて何やってた(またはやろうとしてた)かがわかりました。この再発音源のサンプルはないので、極悪オリジナル音源のyoutube貼っておきます。SODOManixは必聴&death youuuggghh!!!666!!!



disastrousmurmur-skinning-lp.jpg



・DISASTROUS MURMUR - Skinning Beginning 1989-1991 LP WHITE VINYL 税込2,916円 / CD 税込2,160円 (Floga)

PUNGENT STENCH, DISHARMONIC ORCHESTRAと並んでオーストリア3大カルト・デス・メタルとされるDISASTROUS MURMURのデモとEPを収録した初期レア音源集コンピレーション・アルバムがギリシャFloga Recordsからリリース。Osmoseから1992年にリリースした1stアルバム・オリジナル盤が今では高額で取引される、近年人気の高まっている初期デス・メタル・バンドです。今回はアナログ盤は限定ホワイト・ビニールで入荷しました。


Embryotic Uterogestation (Demo 1989)
1. Intro
2. Sanguinary Contusion
3. Ulceration
4. Mucous Chyme/Mummified Flesh
5. Bloated Corpses In A State Of Putrefaction
6. Dissolve In Putrescence

Extra Uterine Pregnancy (7" Vinyl 1989)
7. Extra Uterine Pregnancy
8. Ptomaine Poisoning

Flesh... Is What I Need (Demo 1991)
9. Flesh... Is What I Need
10. Satisfaction (In The Morgue)
11. Into The Dungeon
12. Masked Killer


Gore Recordsからの7"EPがゴアリー且つパンキーでもあるハードコア・テイストの強いロウ・ノイジー・グラインディング・デス・メタルの傑作で、AGATHOCLES, BLOOD, NAKED WHIPPERS, etcのファンにも絶対オススメのかっこよさでありますが、そのEPより先に残していた1stデモがまた凄まじいデス。かなり前衛的でサイコパシーなraw & lowグラインドが、もはやグラインドとは言ってもブラストもほとんどしていないノイズの塊なので、感触だけで言えばAxCx, 7 MINUTES OF NAUSEA, FEAR OF GODなどを回転数下げて切れ味も速さもなくした、ホントにもうただのデス・ノイズ状態で凄い!!!ノイズコア・パンク・マニアや南米デス・メタル・ファンも腰を抜かす雑音鋼鉄のカルト極北デモですデスdeath!!!



nucleardeath-allcreatures-lp.jpg

・NUCLEAR DEATH - All Creatures Great and Eaten / ...For Our Dead... LP YELLOW VINYL 税込2,916円 (Floga)

Dark SymphoniesからCDで再発されていたNUCLEAR DEATHのコンピレーション・アルバムが、ギリシャFloga Recordsからアナログ盤も再発!!このLPバージョンは1992年年発表3rdアルバム All Creatures Great and Eatenをメインにしたような構成で、後半にFor Our Dead EPをボーナス収録した形態ですので、つまりCDバージョンと収録順が入れ替わっています。今回はイエロービニールで入荷しました。


Tracks 01-8 : All Creatures Great And Eaten ALBUM (1992年)
Tracks 09-12 : For Our Dead EP (1992年)


USアリゾナで活動したバンドで、奇怪なジャケット、地獄のようなサウンド、そしてVo, ギター, ベースを担当した中心人物の女性メンバー Lori Bravoの狂ったキャラクターで、当時から日本でもカルト・マニアックスの間で注目を集めました。オペラを8年間勉強したというLoriと、WITCHFINDER GENERALとRichie Stotts (PLASMATICSのバレリーナ・コスプレのギタリスト)に影響を受けたというギタリストのPhil Hampsonが意気投合した結果、1stアルバムでは7 MINUTES OF NAUSEA, SORE THROAT, AxCxなどのノイズコア・グラインドとの共通点もかなり見出せるグラインド・ノイズ・メタルを生み出していました。

For Our Dead EPまではWild Ragsからのリリースで、サウンドも過去2作と同じく、BLASPHEMYがBLASPHEMIAやREENCARNACIONなどの南米アナーキー・デス・ノイズ・メタルと出会ったような最悪の食い合わせがカルト性を高めていました。しかし、この再発の聴きどころは3rdアルバム All Creatures Great and Eatenで、この作品からWild Ragsを離れて、そしてオリジナル・ギタリストのPhil Hampsonも遂に脱退してしまい、Loriがドラム以外のギター/ベース/ヴォーカルを全て担当しています。それが音楽性にも絶妙に反映していて、崩壊性がアヴァンギャルドなテイストも帯びています。これが今聴くと凄くちょうどいい!!今聴くと、なんて言っちゃったけど、自分も含めて当時リアルタイムでこの作品までNECLEAR DEATHを追いかけていた人はそうそういなかったとは思いますが、わりと最近まで海外で残っていたExtremist Records盤CDとFrom BeyondからのLPで再発された2002年に聴いた時よりも、楽しみ方がわかってきたような気がします。



nucleardeath-theplanet-lp.jpg



・NUCLEAR DEATH - The Planet Cachexial LP YELLOW VINYL 税込2,916円 / CD 税込2,160円 (Floga)

こちらはオリジナル・リリースが1996年にバンド自身による自主制作CDで、これまでにそのオリジナルCD以外いかなるフォーマットでも再発されてこなかった4thアルバムです。

USアリゾナで活動したバンドで、奇怪なジャケット、地獄のようなサウンド、そしてVo, ギター, ベースを担当した中心人物の女性メンバー Lori Bravoの狂ったキャラクターで、当時から日本でもカルト・マニアックスの間で注目を集めました。この作品からLoriとドラマーの2人編成となり、オペラを8年間勉強したというLoriのサイコな妄想を具現化したような、エクスペリメンタルなスタイルに深化しています。デス・メタル、グラインド、ジャンク、プログレ、インプロヴィゼーション、ジャズ、サイケ、オペラ、アフリカン・ビート、絶叫、うなり声、などなど、、、を思いついたままに垂れ流しつなぎ合わせただけのような、完全に常軌を逸したサイコパス・アヴァンギャルド・エクストリーム・ミュージックの金字塔or掃きだめ!!しかし、この作品はかなりアートに力を入れていて、ブックレットも分厚く、精神異常なアートが好きな方にはぜひ1度見てもらいたいです。そういう意味でもSTALAGGHなどのファンにオススメのようなヤツですが、初期作を再発しているThe Crypt / Dark Symphoniesも手を出さなかったように、今回の再発以外では恐らく2度と誰も再発することのないであろう作品ですので、逃して後悔したくない人も、聴いてしまってから後悔したい人も、つまりこの解説を読んでしまった人は全員買っておきましょう!!3枚しか入れてないけどな!!

Japanese Hardcore Punks!!


eiefits-mezame.jpg

・EIEFITS - メザメ CD 税込2,160円 (Mangrove)

独自のキャラクターと独自のセンスで我が道をひた走る東京ハードコア・パンク、EIEFITS待望の3rdアルバムCD!!本作からドラムがSLOWMOTIONSのIzumi氏が担当。ハードコア・パンクとしてこれ以上無駄の無く、しかし長年積み重ねてきたものを凝縮したような芯の強いサウンドを出すミュージシャンは、世界広しともそうは存在しないはずです。全ジャパニーズ・ハードコア・パンク・ファン必聴!!!

2ndアルバムから4年、ドラマーチェンジを経て制作された3rdアルバム”メザメ”!ex-HECKのボーカルSAHO、ex-FORWARD、KGSのT.T.がギター、ex-COMES/LIP CREAM/COLORED RICE MENのMINORUがベースという結成時からのメンバーと、新たに現- SLOWMOTIONSのIZUMIをドラマーに迎えた新体制で2017年から活動開始、約1年という期間を経て生み出された今作は生粋のPUNK ROCKドラマーIZUMI氏の繰り出すD-BEATならぬEIE-BEATとでも呼びたくなる 切れ味鋭いタイトなビート感によりバンド全体のPUNK ROCK度が倍増!うねりまくるベースにハードで多彩なギターワーク、更に力強さを増したボーカル、EIEFITSでしか創り上げられないメロディアスで強靭なHARDCORE PUNK!明確なメッセ―ジを持った歌詞も力強く胸に響き、歌われる事象に対し考える事をさせられる。PUNK ROCKは考えるきっかけになる音楽だと言う事を改めて認識させられる傑作!全15曲!(インフォメーションより)



oze-tsukamu.jpg

・己是 - 掴ム為二放ツ DIGIPACK CD 税込1,080円 (アンチェイン)

福島県会津若松を拠点に活動するハードコア・パンク・バンドの7曲入り1st CD。福島県外の遠征も多く精力的に活動するバンドで、東京ハードコア・パンク・シーンとの交流も盛んなバンドです。伝統的なジャパニーズ・スタイルのハードコア・パンク・ファンはぜひチェックを!!

2005年結成。「會津ハードコア」己是(オゼ)。これまでにデモCDRやオムニバスへの参加はあったものの正規単独音源としては初の作品を自らのレーベル「アンチェインレコード」から発表。ジャパニーズハードコアを基にした激しさの中にもメロディアスでどこか親しみやすいといった様々なエッセンスを詰め込んだスピード感あふれる楽曲群。自主企画「流浪の意志」を不定期開催し国内のトップバンドを招聘。またチェリオのフク・盟友の泥とともに野外フリーイベント「 PMAA 」毎年9月に開催している。地元會津に愛着を持ち地方都市ならではの熱を放ち続ける活動に今後も注目していただきたい。7曲入り。(レーベルインフォより)



trashfromchaos3.jpg

・V.A. - Trash From Chaos #3 DIGIPACK CD 税込1,080円 (男道)

スラッシュ・パンク、ファストコア系中心でまとめた男道のコンピレーション・シリーズ Thrash from Chaosの第3弾。今回は愛知/大阪/宮崎/高知の4バンド/全17曲入り。デジパックCDです。

当店でも実は毎度けっこう好評なシリーズ・オムニバスなんですが、のっけから個性的なVERTIGOでスタートしてクロスオーバー・スラッシュ・ファンの耳を惹きつけます。メタリック且つジャパコア・テイストのストロング・ブルタリティーなオールドスクール・クロスオーバー・スラッシュなのに、ALABAMA THUNDERPUSSYのカバーで締めくくっていて、オリジナル曲でもストーナー・ドゥーム・ナンバーやパートが飛び出します。C.O.C., TECHONOCRACY, あと、ALABAMA THUNDERPUSSYのVo.もやってたKyle Thomas(現TROUBLE)のEXHORERみたいなブルータル・グルーヴ・スラッシュのようなセンスが好きなスラッシャーは大注目!!続く大阪のOOPSはガレージィーなサウンドの軽速パンク・スラッシュに甲高い女性Vo.のシャウトが乗ったロウ・ハードコア!!ex. BAD DIRTY HATEメンバーも在籍。3番手のCRUDIAは宮崎県のクラスティーなスタイルで、ジャパコア的キャッチーなナンバーもあるオールドスクール・ハードコア・パンクス。ラストを飾るのは毎度おなじみ男道レコードのボス、井上氏率いるSPEED!! NOISE!! HELL!! もはやバンド名以上の解説がいらないようなサウンド・スタイルですが、女性メンバーの強烈なキャラクターも特筆に値します!!各バンドの写真をたくさん掲載したブックレットも満足の仕上がりです。


収録バンド
★ VERTIGO(岡崎/3曲)
★ OOPS (大阪/5曲)
★ TCRUDIA (宮崎/3曲)
★ SPEED!! NOISE!! HELL!! (高知/6曲)

06 | 2018/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR