RECORD BOY

Total Doooom!!






・BENEATH OBLIVION - The Wayward and the Lost DIGIPACK CD 税込1,620円 (Weird Truth prod.)

オハイオ州シンシナティ拠点のドゥーム・メタル・バンドの新作3rdアルバムが、日本のWeird TruthからデジパックCDでリリース。オハイオ産ドゥームと聞くと、FISTULAやSLOTHといったハードコア・スタイルのクリーブランドのドゥーム・スラッジを思い出してしまうけど、クリーブランドとシンシナティは距離もけっこう離れているみたいで、このBENEATH OBLIVIONのサウンドもその辺のバンドとはかなり違います。プロデュースはなんとNEUROSISやSLEEPなどで知られる激重エクストリーム・メタル・プロデューサー Billy Andersonが手掛けています。

Billy Andersonの仕事で例えたら最も近いのは確実にASUNDERになります。でもこのバンドは窒息するような重圧感は強調せずに、フューネラル・ドゥームの繊細さな部分を上手く引き出していて、深海を浮遊しているような音色のギターで、沈み込むように悲哀メロディーを奏でいます。オークランドASUNDER, オレンジカウンティMORGION, ニュージャージーEVOKENといったアメリカン・フューネラル・デス・ドゥーム・メタルに、アイルランドMOURNING BELOVETHやオランダOFFICIUM TRISTEなどの欧州産メランコリーもプラスしたような極上のフューネラル・ドゥーム。さすがWTP!と思わず唸ってしまうような絶望叙情全開です!!







・ALDEBARAN - Dwellers in Twilight CD 税込1,620円 (Parasitic)

2003年結成USポートランドで活動するスラッジ・ドゥーム・メタル・バンドの2007年発表1stフル・アルバム。ドラムとギターはWEREGOATでSEMPITERNAL DUSK、そのドラマーはMOURNFUL CONGREGATIONの現ドラムスでもありParasitic RecordsのオーナーでもあるTim Call氏で、北米エクストリーム・メタル・シーンの重要人物らが参加しているだけあり、ドゥーム・メタル・マニアには以前から高い評価を得ているバンドです。

このアルバムは全3曲で40分超という内容で、ドゥーム・メタルのタイプとしてはかなりハードコア・スラッジ寄りの拷問ドゥームです。贅肉をそぎ落として、ミニマム&プリミティブに音塊をぶん投げてるようなスタイルに、サバス・ルーツのロック・テイストのあるリフも絡めたりしてきますが、ヒッピー感やブルージーな泥臭い感覚ではなく、1980年代後期~1990年代に活動した伝説のUSドゥーム・スラッジコア TOADLIQUORなんかが、デス/ブラック・メタル・ミュージシャンらしい攻撃的な黒い殺伐さを備えたような感じです。初期Southern Lord系ドゥームや北米エクストリーム・メタル好きは必聴のアメリカン・スラッジ・ドゥーム名作!!







・ALDEBARAN - Buried Beneath Aeons CD 税込1,296円 (Parasitic)

こちらは28分にも及ぶ1曲のみ収録の2011年発表CDです。

ドゥーム・メタルという同じサブ・ジャンル内でも、1stアルバム Dwellers in Twilight でのミニマル・プリミティブなスラッジ・バイオレンス・サウンドとこの作品とはガラリと雰囲気が変わって、かなりフューネラル・ドゥーミーなテイストも導入したスロウ・サウンドを本作では聴かせます。そしてこれまたとても渋い。MOURNFUL CONGREGATIONほどの重圧感ではなく、絶望的なスロウネスで堕ちていく様にはちょっと英国のドゥーム的な気品も漂います。1stアルバムはハードコア・スラッジの殺伐とした暴力性とデス・ブラック・メタルの邪悪性のミックス、そしてこの1曲入りEPではフューネラル・ドゥームの絶望感が存分に堪能できますので、ぜひ2作品併せてチェックしてほしいです。!!







・MOURNFUL CONGREGATION - The Incubus of Karma PAPERSLEEVE CD 税込1,620円 (Weird Truth prod.)

オーストラリア出身/拠点で、インターナショナルに活動するフューネラル・ドゥーム・メタル重鎮 MOURNFUL CONGREGATIONの2018年発表5thアルバム。今回も前作同様、USは20 Buck Spin、ヨーロッパはOsmose prod.、アジアはフューネラル・ドゥームメタル最重要レーベル、日本のWeird Truth prod.からのリリース。本作から、Parasitic Recordsオーナーであり、ベスチャル・ブラック・メタル WEREGOATやスラッジ・ドゥーム・メタル ALDEBARANのドラマーでもあるTim Call氏が正式加入しています。

1993年に結成され、フィンランドのTHERGOTHONやSKEPTICISMとならび、ドイツのカルト・スーサイダル・ドゥーム・メタル WORSHIPにも大きな影響を与えたバンドの一つとされる、フューネラル・ドゥーム・メタル第一人者。その絶望的な重く暗く美しい音楽性ゆえに、以前はカルト・アンダーグラウンドな性質がゴシップのように取り上げられる事の多かったフューネラル・ドゥーム・メタルを、音楽的に非常に深いところまで突き詰めたバンドでもあります。ツアーではサポート・ギターを加えてトリプル・ギター編成で表現される幾重にもかさなった荘厳号泣ハーモニーに、もはや言葉も出ません。グロウルするVoも、繊細な弦楽の旋律も、本当に素晴らしい。完璧すぎる!!
03 | 2018/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR