RECORD BOY

Japanese Steel!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、メタル系商品が各種到着していましたので、先ほどカートアップしました。


birthritual-thewild.jpg



・BIRTH RITUAL - The Wild Evil ~ Demos & Singles Collection CD 税込2,160円 (Thrashing Cult)

札幌メタルコア BIRTH RITUALのコンピレーションCDが、ABIGAILの中国ライブ盤CDをリリースしていたThrashing Cult Recordsによる制作&日本のCaptured Recordsによる流通で、日本語帯とライナーノート付きで発売。今では入手不可能な音源がほとんどですし、DORAID & PARASITEとのThe Savage Beast of Three Head 3 WAY SPLIT LPリリース・ツアー時のライブ会場限定販売だったRitual, Live & RareプロモCD音源もラストに収録されています!!


Tracks 1,2,3 : "Angel Grinder" 7" (2011)
Tracks 4,5,6,7 : "The Savage Beast of Three Head" 3way split LP (2012)
Tracks 8,9 : split 7" with Battle Shrine (2015)
Track 10,11,12 : "Witching Metal" demo (2009)
Track 13,14,15 : "Kumagaya" demo (2010)
Track 16,17,18 : "Ritual, Live & Rare" promo CD (2012)


BIRTH RITUALと言えば今ではVENOMとジャパニーズ・メタルコアの伝統を継承したような王道のサタニック・メタルパンクのイメージが強いですが、ライナーノートにもある通り、結成当初はそのオカルティックな趣向がBLACK SABBATHなどのドゥームなスタイルにもなって表れていました。そしてその当時のドゥーム・パンク・メタルもとても渋かったのが印象的でした。初期の彼らのサウンドに今まで触れる機会のなかった人は、このCDでぜひ聴いてみてください。



significantpoint-attacker.jpg



・SIGNIFICANT POINT - Attacker 7" 税込1,000円 (Inferno)

2014年に配布デモCDRを発表する以前から、関東のヘヴィメタル・シーン関係者の方から、「遂に親の方が俺たちの世代に近いような若いバンドが出てきたんですが、そのギタリストが、ファッションまで昔のマイケル・シェンカーみたいに革ジャン袖まくってて面白いんですよ」と教えてもらったのが、このSIGNIFICANT POINTでした。そのギタリスト Takeuchi氏は現在は東京ブラック・スラッシュ・メタル EVILにも参加し、BARBATOSのギターにも駆り出されたりと精力的に活動してきたけど、彼の本業バンドであるこのSIGINIFICANT POINTもようやく公式デビューとなりました。ドイツInferno Recordsからのアナログ盤1st 7"です。現在はEVILドラマーのItormentorも在籍しています。

そしてこのEPがホントかっこいい!!まるで80年代のジャパニーズ・スピード・メタルのような曲調で突っ走っていて、しかもTakeuchi氏のコンポーザー&バンド統率力にも脱帽です。つまり、彼だけ突出してるのでなく、他メンバーもしっかりSIGINIFICANT POINTの目指すべきスタイルを理解して実直にプレイしているのが素晴らしい。ジャイアンのリサイタル状態な独りよがりのVo.が多い昨今、このSIGNIFICANT POINTシンガー Abe氏のヴォーカル・スタイルも非常80'sジャパニーズ・メタル的で、見事としか言いようがありません。オススメです!!

Total Steel!!






・HEAVY LOAD - Stronger Than Evil DIGIPACK CD 税込2,808円 (No Remorse)

2018年上半期リリースのヘヴィメタル名作再発盤では話題性ナンバーワンといって良いであろう、スウェーデンHEAVY LOADの1983年発表3rdアルバムです。ライセンス料が高額のためこれまで再発を試みたレーベルがことごとく撃沈したというバンドで、必然的に値段も高くなってしまうのですが、今回は限定デラックス・デジパックCDで入荷させてみましたので、当店のお客様もこの機会に是非1度触れてみてください。オリジナルの8曲にボーナス6曲を追加した全14曲入り。

70年代ハードロックの伝統を継承しながら80'sヘヴィメタルらしいアグレッシブなサウンドで表現したサウンドは、スタイルは違うけどSILVER MOUNTAINのように、これぞスウェディッシュ・ヘヴィメタルな魅力が凝縮されています。オープニングを飾る"Run With The Devil"の攻撃性は、メイデン、ジューダス、NWOBHM系統のパワー・メタルとしての爆発力が凄いですし、ギターソロの展開も必殺級。北欧フォークロアなメロディーなども導入していたりするので、そういうところでシンパシーを感じたのか、Phil Lynottがゲストでベースを弾いている曲があるというのもとても興味深いです。そしてその曲"Free"が、気のせいかちょっとTHIN LIZZY的な感じも漂うメロディック・ハード路線でまた渋い。さらにトドメは、クサレ・メタル・ファンのツボを刺激しまくる、この素晴らしいジャケ・アートワーク。12"サイズでも拝みたかったのですが、とにかく値段が高いため、今回はLPの再発盤は断念しました。それでも、このデジパックCDはかなり頑張って値段設定しましたので(仮に再入荷しても、もうこの値段ではウチは販売できません)、もう1回言いますがこの機会にお買い求めください!!



angelwitch-seventies.jpg



・ANGEL WITCH - Seventies Tapes LP 税込2,916円 (Extermination Day)

NWOBHMや正統派メタルが非常に反応薄い当店でも、さすがにこれは店頭で既にそこそこ売れていて、もう怠けてカートアップしないで終わらせようかとも考えましたが、SIGNIFICANT POINTも入荷して鋼鉄気分が高まってきましたから、オンラインでも販売開始致します。ある意味、IRON MAIDEN以上にNWOBHMを代表するバンドとして、世界中のヘッドバンガーズに永遠に愛され続けるANGEL WITCHの、1978年&1979年デモを収録したオフィシャル・リリース。アナログ盤のみでの販売で、Extermination Dayなるこのレーベルは、現ANGEL WITTCHでBad Omen Records、その昔はMOURNのギターでRise AboveのスタッフだったWill Palmer氏が実質やってる、ANGEL WITCHがこのリリースのために起ち上げた新レーベルです。


Side A
1. Baphomet
2. The Sorceress
3. White Witch

Side B
4. Devil’s Tower
5. Extermination Day
6. Flight Nineteen
7. Hades Paradise


VENOMほど極端ではなかったけど、WITCHFINDER GENERALなどと並んでNWOBHMシーンに置いてサタニックなイメージを積極的に導入したバンドの代表格。しかしサウンドはブリティッシュ・メタルの哀愁に満ちていて、粗っぽい演奏やプレ・スピード・メタルな疾走感、さらには叙情的大作志向もあり、IRON MAIDENと同等の魅力に溢れながらも、NWOBHMの陰の部分を代表するカリスマ的バンドとして、後のスラッシュ系メタルヘッズなど血気盛んなヘッドバンガーにも狂信的に支持されました。


03 | 2018/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR