RECORD BOY

Japanese Doom Stench!!


corrupted-felicific.jpg

・CORRUPTED - Felicific Algorithim 12" 税込2,000円 (Cold Spring)

エクストリーム・ドゥーム・コア・バンドの世界最高峰、大阪のCORRUPTEDによる2018年作12"が、イギリスのインダストリアル、エクスペリメンタル・レーベル Cold Springよりリリース!!

当店で以前入荷していたCold Springの商品では、Maniac氏のエクスペリメンタル・ドゥーム・ブラック・プロジェクト SKITLIVの1stアルバムが有りました。CORRUPTEDが現在の地位を築いてなお表現の極北を追求し活動を続けるバンドであり、エクストリームを冠する全てのミュージック・シーンから幅広いリスペクトを受けている事実を考えれば、これまでのリリースの中で恐らく最もエクスペリメンタルな要素が強いこのレーベルからのリリースというのも納得できます。今回は黒のダイカットスリーブと外側のビニールにステッカーを貼り付けた仕様で、両面ともに収録曲のタイトルはなく、レコードラベルに記載された情報と付属ポスター以外からはリスナーが視覚的に音を分析することはできませんが、聴き手を突き放すようなCORRUPTEDの世界観に食らいついていくには、素晴らしいフォーマットであると思います。


*ジェネリック・スリーブ、つまり市販の黒ジャケットですが、ちょっと裂けがあるものがあるのでキレイなものから販売していきます。



moraless-ugry.jpg

・MORALESS - Ugry Skirmith Demo CDR 税込300円

以前にデモCDRとCDEPを自主リリースして好評だった鹿児島のクロスオーバー・スラッシュ・バンドの2008年作2曲入りデモCDR。

前作よりもかなり黒くもっさりした感触のタッチですが、メタリックなリフを全編で繰り出しながら、クラスティーな疾走パートとドゥーム・クラスト・パートなども盛り込んでのバラエティーに富んだグラインディング・クロスオーバー・スラッシュ作品です。構成するパーツは過去作品以上にダークでも、本来持ち合わせているキャッチーさが失われない凝った構成とアレンジで、クロスオーバー・ファン、グラインド・スラッシュ・ファンは引き続き注目です!



Scandinavian Jawbreakers Steel!!


mystik-demon.jpg



・MYSTIK - Demon TAPE 税込1,296円 (I Hate)

Vo, ギター, ベースの3人が女性で、ドラムがANTICHRIST, WITCHGRAVEのSven Nilsson氏による4人組スウェディッシュ・ヘヴィメタルのデビュー作となる2曲入りデモ・カセットです。I Hate Recordsによるディストリビューションで、ltd.150本の2ndエディション・レッド・シェル。

パワフルな演奏が好感の持てる正統派パワー・メタルで、フィメール・バンド・コレクターだけに喜ばれて終わりになるようなことには絶対になってほしくない実直なサウンドです。ドラムだけ男性というのは安易に思われそうだけど、裏を返せば程々適当に叩ける女性ドラマーを見つけてキャラクター重視のバンド編成にするのを避けて、男性ドラマーで屋台骨をしっかり固めたのかも知れません。そう考えてしまいたくなるほど、硬派なヘヴィメタル・サウンドです!!


*ケースにひび割れがあるのが数本ありましたので、キレイなものから販売していきます。



robcoffinshakersundergroundfire-iwasntmade.jpg



・ROB COFFINSHAKER'S UNDERGROUND FIRE - I Wasn't Made For This World 7" 税込972円 (Critical Mass Recordings)

メタル・ヘッズにはGEHENNAHのギタリスト Rob Stringburner氏として有名で、本国スウェーデンでは90年代から活動するTHE COFFINSHAKERSのシンガーとしてアンダーグラウンド・ロック・シーンに君臨してきたRob Coffinshaker氏の新プロジェクト・バンド ROB COFFINSHAKER’S UNDERGROUND FIREの2017年発表2曲入り7"シングルです。どっちが1stでどっちが2ndなのかよくわかりませんが、昨年2種の7"を同時リリースしまして、その一方であるこのCritical Mass RecordingsからのEPは初回350枚が即完売してしまいました。当店もまんまと逃してしまった、、、とちょっと悔やんでましたが、このたびめでたく再プレス。初回と同じ350枚プレスですが、今回はトランスペアレント・ビニールになってて嬉しい2ndエディションです。

IRON LAMBの2ndアルバムでもゲスト参加して哀愁の歌声を披露したRob Coffinshaker氏は、THE COFFINSHAKERSというバンドを率いて1990年代~2000年代に作品を多数リリースしていて、その多くがGEHENNAHの1stやHeadbangers Against Discoシリーズで日本のメタルヘッズにもおなじみのPrimitive Art Recordsからでした。ロカビリーに近いカントリー・ロックを、ゴシック・ニューウェイビーなホラー・テイストで演奏するスタイルでしたが、このROB COFFINSHAKER’S UNDERGROUND FIRE名義ではSISTERS OF MERCYやDAMNEDなどを彷彿させるダーク・ゴス・ニューウェーブなテイストを強調するナンバーがこれまでは続いてました。今回のEPではその中間的な、DAMNEDやTHE PROFESSIONALSみたいなキャッチーなパンクロックにブルージーなカントリー調フレーズも絡めて、ボブ・ディラン・スタイルの泥臭い低音ヴォイスで渋ーーーく歌いあげています。



gehennah-hardrocker-cd.jpg



・GEHENNAH - Hardrocker LP 税込2,916円 / DIGIPACK CD 税込2,160円 (Critical Mass Recordings)

ノルウェーのINFERNOと並んで、メジャー・スラッシュとは無縁のブラック / デス・メタル・シーンから続々生まれた90年代北欧スピード / スラッシュ・メタル・リバイバル・ムーブメントを代表するバンドの一つ、スウェーデンのGEHENNAHの1995年発表1stアルバムが遂に再発!!Osmose移籍後の2ndと3rdは2015年復活の際に再発されて話題を呼びましたが、この1stは今やカルト・レーベルとなってきたPrimitive Artからのリリースだったので、これまで1度も再発されることなく、オリジナル盤はLP/CDともに今やかなりのレア盤と化しています。Critical Mass Recordingsによる再発で、LPはインナーがカラー写真満載の素晴らしい仕様になっています。デジパックのCDバージョンは1995年EP "No Fucking Christmas!"の2曲も追加した全16曲入り!!

the COFFINSHAKERSのRob Stringburner氏やVOMITORYのRonnie Ripper氏などによってVENOMのカバー・プロジェクトとしてスタートしたGEHENNAHは、この酷いジャケにも現われている通り非常にドランクなキャラの強いスピード・メタルでした。個人的には北欧VENOMウォーシップ・スピード・メタルは当時ノルウェーINFERNOの方にどっぷりだったから、GEHENNAHはDESTRUCTIONっぽさが出てきてちょっとINFERNOにも近くなったような3rdアルバム Decibel Rebelアルバムの好印象が強かったんだけど、今回久しぶりにこの1stを聴いて、完全に燃えたぎってしまいました、、、。あぁぁ、、、これは本当メチャクチャかっこいい!!絶対にこの1stが一番カッコいい!!!2ndアルバム King Of The Sidewalkで強まったドランキーさが、この1stでは暴力性が強く、ラフ&ダーティーなホコリっぽさで疾走して、GEHENNAH本来のキャッチー&バイオレンスな魅力が存分に引き出されています。Noリミックス/Noリマスタリングでの再発も、断固支持致します。北欧のパンクだけ聴いてきた人にとっても、「これは完全にスウェーデンの不良の音だな」と感じ取れるような極悪さじゃないでしょうか。ヨロヨロbut猪突猛進ドラミング、メタルと言うよりスウェディッシュ・ハードコアのようなbuzzsawリフ、そしてMr Violence氏のその名の通りバイオレンスなヴォーカル、それら全てがこのアルバムでは完璧に融合しています。必聴& drunk & dieeeggghhh!!!







・DESOLATION (Sweden) - Decapitated CD 税込1,944円 (I Hate)

1990年に結成され1995年には活動を停止した知られざるスウェディッシュ・デス・メタル・バンドが2012年に復活。その後もデモを制作するなど地道に活動してきましたが、結成から27年もの時を経て遂に制作された1stアルバムCDがI Hate Recordsからリリースされました。メンバーの3/4はオリジナル・ラインナップそのままだそうで、サウンドも初期スウェディッシュ・デス・メタルを実体験した生き証人のような純正スウェデス全開death!!限定300枚。

メンバーのルックスはさすがに1度引退したオジサンらしさが漂いますが、サウンドは浦島太郎状態でのカムバックが良い方向に作用していて、もう文句なしの爆走ドライビング・スウェディッシュ・デス・メタル一直線です。若いミュージシャンがシンプルにやるのと、キャリアはどうであれオリジナル世代のオッサンが余計な事をせずにひたむきに演奏するのとでは、こうも違うものなのか、と感心してしまいました。DISMEMBERスタイルの、北欧らしい旋律リフを爽快な疾走感でぶちまけた王道のピュア・スウェデス炸裂!!BOMBS OF DEATHなどのファンには間違いなくオススメです。







・BEASTIALITY - Worshippers of Unearthly Perversions DIGIPACK CD 税込2,160円 (Invictus prod.)

NYのElectric Assaultと、カナダVenoMebixメタルパンク BARROW WIGHT LPを出してるStygian Black Handの2レーベル共同で2014年にリリースされたブラック・スピード・メタル・オムニバス Evil Spells Volume One LPのトップを飾っていたスウェーデン・ヨーテボリ出身/現在ストックホルム拠点のBEASTIALITYが、Invictus prod.から1stアルバムを発表。全8曲入りデジパックCDです。

Evil Spells vol.1 LPは当時まだ名前の浸透していないバンドばかりだったけど、あのオムニバス・アルバムが意図するところは当時からハッキリと見えていました。ノルウェーとスウェーデンの若手/中堅バンド群にクォリティーの高い連中がひしめき合う現代の北欧スラッシュ・メタル・シーンや、CRUEL FORCEからVULTUREに継承されているようなジャーマン・スラッシュの荒くれたゴリゴリさともちょっと違う、オカルティックなテイストを強く打ち出したヴィンテージ・ブラック・スピード・メタル新興勢力でまとめていて、興味深いコンセプトのオムニバス・アルバムでした。そして、そのヴィンテージ・ブラック・スピード/オカルト・スラッシュ・メタルの新しいムーブメントに強く影響を与えてるのは、日本のSABBATとスウェーデンのNIFELHEIMではないでしょうか。あと、SABBATとNIFELHEIMを結ぶ存在として近年急速にダイハードなメタルヘッズにアピールしているスウェーデンのMORDANTの役割も大きいかと思います。

中でもこのBEASTIALITYは、MORBID INSULTER, NECROMANCY, VETERNUS, etcのメンバーから成るという、メンバー構成だけで注目せざるを得ないバンドです。NIFELHEIM直系とでも言うべき、BATHORY型パウンディング2ビートでドカドカと突き進みながらも曲調は起伏に富んでいて、尚且つスラッシュの切れ味ではなく、SLAYERを起源とする邪悪ムード満点のトレモロ・リフを中心に構成して、80年代初期スピード・メタルやオカルト・サタニック・メタルのヴィンテージ感覚とフルリスペクトを、エクストリーム・メタルのフィルターを通して表現しています。クライマックスのようにラストを迎えるShadowside Pathなんて、超SABBATで激渋最高!!大注目株です!!!666!!!







・OBSCURE BURIAL - S/T CD 税込1,836円 (Invictus prod.)

2012年結成、フィンランド出身デス/ブラック・メタル・バンドのInvictus prod.からリリースされた2017年1stアルバムCDです。同じくInvictusからアルバムを出していたカナダのOCCULT BURIALとごっちゃになっててノーマークでしたが、次回はアナログ盤もしっかり入荷させたほうが良いであろう、当店で北欧デス/ブラック・メタルをチェックしている方にはオススメの内容death!!

フィンランドですが、ルックスやサウンド・スタイルはMetal Of Deathなどのスウェディッシュ勢を彷彿させます。DEGIALや初期TRIBULATIONに代表されるMORBID ANGEL影響下のカオティックでサタニックなデス・メタルで、もちろんテクニカル・リフ大爆発だけど、ところどころにスピード・メタル・テイストなヘッドバンギング・リフも顔を出すあたりが、FLAMEやURNなどが下地を慣らしてきたフィンランドらしさではないでしょうか。あと、意図してかわからないけど、さほど作りこまれていないサウンドも個人的には好みです。もはやオーバープロデュースという言葉などは死語で、今そんなこと言ったらナンセンスととられるだろうけど、やっぱりこういう感触の(と言うか本来の演奏力をちゃんと聴かせる)方がオールドスクール感を真に追求するなら本物です。このバンド、Vo,もカッコいいんだけど、これはNoエフェクトのリアル・ガテラルVoだからではないでしょうか。デニム, レザー&スタッズのファッションもかっこよくて、今後も期待大のバンドです!!

Metal Mexicana!!





・the CHASM - A Conscious Creation from the Isolated Domain-Phase I CD 税込1,620円 (Lux Inframundis prod.)

1992年にメキシコで結成され、現在はシカゴを拠点に活動するTHE CHASMの2017年発表最新アルバムです。今回はCENOTAPHの初代ギタリストで、METALUCIFERの2003年USツアーの際にも抜擢されたDaniel Corchado氏と、ドラムのAntonio Leon氏の、オリジナル・メンバー2人によって制作された、なんと全編インストゥルメンタルのアルバム。オランダのVic Recordsライセンス盤も出ましたが、今回入荷したのはDaniel Corchado氏自身のレーベル Lux Inframundis prod.盤で、ハガキよりもちょっと大きいサイズのカードとステッカーが付いています。

出身国メキシコのバンドに多い、中南米アンシエントなミステリアス叙情旋律を導入したエピック・デス・メタルとしてスタートし、作品を発表するたびにより深く進化していますが、このアルバムはTHE CHASMのプログレッシブな志向を突き詰めたインストゥルメンタル・アルバム!なのですが!!これが本当に凄い。。。プログレッシブなインスト作品、と聞くと誰もが大作志向の作り込んだアルバムを想像するでしょうが、THE CHASMの場合はただ純粋に彼らの高まり続ける演奏と楽曲のテンション&クォリティーを注ぎ込むことに徹していて、つまり効果音や雰囲気作りのような装飾で盛り付けたような作風では全然ないのです。ただただひたすらに、エクストリーム・メタル職人の巧みの技を繰り出し続けるだけ。アンビエント・パートとかSEとか、そんなもんが一切混ざってないのです。しかも、楽曲はTHE CHASM史上最もスラッシュな作風、と言うか完全なピュア・スラッシュ・メタルで、ガッツンガッツン攻めまくりのテクニカル・スラッシュで終始暴走しています。もちろん、ドラマチックなフレーズなども絡めながら。MEKONG DELTAなんかのファンは絶対に必聴です。素晴らしい!!!







・ACERUS - The Clock of Mortality DIGIPACK CD 税込1,512円 (Lux Inframundis prod.)

メキシカン・カルト・デス・メタル CENOTAPHの発起人で1992年の激レア名作1stアルバム The Gloomy Reflection of Our Hidden Sorrowsまで在籍し、その後CENOTAPHを去った後はINCANNATIONの1998年アルバム Diabolical Conquest制作に参加。そして1992年に母国メキシコで結成したTHE CHASMがUSシカゴに移住後はシカゴを拠点とし、2003年のMETALUCIFER渡米時にギターも担当した、さすらいのダイハード・メタル職人ギタリスト Daniel Corchado氏が全パートを担当する(ドラムはプログラミング)正統派パワー・メタル・プロジェクトの2016年に発表した8曲入りアルバム、デジパックCDです。

ダイハード・デス・メタラーならば見過ごせない輝かしい職歴を持ったギタリストですが、このプロジェクトではやはりMETALUCIFERに抜擢されたという点に注目してもらいたいです。IRON MAIDEN直系のような鋼鉄スタイルで、スピード・メタル調の疾走パートも多く飛び出しながら、そこに哀愁メロディーをふんだんにトッピングしています。そしてこのアンシエント・エピックな旋律が、メキシカンと言うか中米ヒスパニックならではの独特のコブシを利かせていて、こういうところにMETALUCIFERにも抜擢されたようなセンスを感じてしまいます。正統派トラディショナルで、ちょいクサレてて、そして男の哀愁漂う、これぞダイハード・メタル!!







・la DIVINA COMEDIA - Genesis : Demos I y II CD 税込1,944円 (Raza Solar)

1986年~1991年の5年間活動したウルトラ・メガ・オブスキュア・メキシカン・メタル・バンドのコンピレーションCDが、現地レーベルからリリース。バンドも再発レーベルも全く未知の存在でしたので何故入荷できたのかが不思議なくらいですが、これがジャケ見て何かを感じ取ってしまったような人ならガッツポーズ級の素晴らしいドぐされ中南米鋼鉄ですので、ぜひともこの機会に入手してください!!

IRON MAIDENからの強い影響を感じさせる正統派メタルだけど、”Abigail”という曲名もあり、歌詞の内容は意味不明ながら恐らくサタニックなアティチュードだったと思われます。オカルト・メタルなファッションのブックレット中の写真も素晴らしい。そしてサウンドもまた最高で、ペルーやアルゼンチンの80'sメタルなんかにも通じる南米ヒスパニックな哀愁全開の楽曲と、そのバッキングに全く関係ないようなメロディーも時折キョーレツ音痴に歌いまくるVo.のミスマッチが号泣素晴らしい!!
02 | 2018/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR