RECORD BOY

Japanese Punk, Chaos, Doom & Noise!!


* 毎週水曜は当店の定休日ですので、受注対応は明日木曜日以降になります。


parasite-zankyo-lp.jpg



・PARASITE - Reverberation (残響) LP 税込2,700円 (Tadpole)

海外でも大人気の愛知メタルパンク PARASITEが遂に1stアルバムをリリース!!早くから彼らをサポートしてきたイギリスのTadpole Recordsからのリリースで、日本流通分には帯が付きます。レーベルが発売を発表した直後から予約も殺到したそうですので、油断せずに確保しておきましょう!!

ジャパニーズ・メタルパンクの中でもひときわ黒い暴力性が際立った存在感ですが、余計な装飾のないシンプルな楽曲とメタリックなギターのコンビネーションには、DISCHARGE影響下のハードコアと同時にVENOMやMOTORHEADも好んでいたような、まさに80年代日本のメタルパンクと同じ衝動性を感じさせます。ゆえに海外のマニアに絶大な人気を誇るのでしょう。今回も挑発的な彼らの魅力が炸裂しています!!



cheerio-nemesis-crossface-rappa.jpg

・CHEERIO / ネメシス (NEMESIS) / CROSSFACE / RAPPA - Hardcore Punk Trucks 4 WAY SPLIT CD 税込2,000円 (Bloodsucker)

広島ハードコア・パンク老舗レーベル Bloodsucker Records久々のリリースは、東京x2/福岡/盛岡のパンク4バンドによるSplitアルバム。苦悶が爆発したようなオオサカ氏のVo.が強烈な混沌ハードコア CROSSFACE、ロッキン・パンク・スラッシュをベースにした巨漢肉弾コア CHEERIO、クレイジーに暴走するレイジング・ジャパコア・パンク ネメシス、そして国内外D-Beatマニアにも人気の高いRAPPAの、いずれもベテラン・パンクスによる濃厚ラインナップ!!


1989年の発足以来、昨年2017年は一度もリリースのなかったBLOOD SUCKERレコード!!
発信者としての怠慢ぶりを猛省したレーベル主が満を持して2018年に贈る最強のハードコア4バンドを集めた4 way split が遂に発売決定!!
東京のアンダーグランド・ハードコア・シーンの異端児ならぬ肥満児ツインボーカル・レイジング・ノイズ・コア/ウルトラ・メタボリック・ハードコアバンド、CHERRIO(チェリオ)の爆裂ナンバーで幕を開け、九州アイランドは博多のレイジングノイズコア、ネメシスが怒りの中、栄えある未来を掴むために狼煙をあげる!
HG-FACTやBLOODSUCKERから数々のリリースでも知られ、ロックフルなハードコアパンクに魂の叫びをひねり出し、時折り呪術のようなボーカルラインが昭和のADKやオルタナ感を炸裂させるCROSSFACEが独特の世界観に誘った後。ラストは盛岡の重鎮、RAPPAが圧倒的爆撃ハードコアサウンドを畳みかけ、僕等のハードコア欲を完璧なまでにサティスファイさせてくれる!
全12曲入り!!
バックインレイと帯を利用した紙相撲セット付き!!

発売記念ライブ
3月25日@中野MOONSTEP
オープン18:30 スタート19:00
adv1500 day1800 +500ドリンク代

V.A【hardcorepunktrucks】
RELEASE party GIG

【live】
CHERRIO
ネメシス
CROSSFACE
RAPPA

【guest live】
ORIGIN OF 【M】 from Hiroshima




swarrrm-kowarehajimeru.jpg



・SWARRRM - こわれはじめる CD 税込2,700円 (LongLegsLongArms)

神戸出身、ジャパニーズ・エクストリーム・ハードコア/メタルを代表するバンド SWARRRMの2018年最新アルバム。ここ数年はSplitシングルで小出しにしてきたSWARRRMの新たな一面を一気に広げたような、ある意味問題作であり、そして既に大反響を呼んでる話題作であります。

今回はSWARRRMが元々持ち合わせていたプログレッシブな要素を繊細さで表現する、簡単に言えば非常にポップな作風にちょっと驚かされます。中京クラストコア・パンク・シーンを支えてきたミュージシャンが集まって、現代的にエモーショナルなロックにチャレンジしたZAYとも重なるところを感じましたが、SWARRRMの場合はもちろんグラインド/スクリーモ/ブラック・メタルなどからの深化の先に行き着いているので、初期からのファンでこの作風に戸惑う人はほとんどいないのかとも思います。ex. HELLCHILDのVo. ツカサ氏の怒りと哀しみを吐き出しているかのような苦悶&呪文ヴォーカルも圧巻!!結局のところ、SWARRRMファンは大満足のアルバムではないでしょうか。



kanonenvogel-1.jpg

・kanonenvogel - 1(eins) CD 税込1,300円 (呪夢千年)

東京で活動するストーナー・ドゥーム・ロック・バンド、カノーネンフォーゲルの7曲入り1stアルバム "アインス"のペーパースリーブCD、ステッカー付き。

リフはストーナー、曲はプリミティブ・トーチャーなハードコア・テイストの強いドゥーム・メタルで、演奏の粗さもパンキーで独特な雰囲気を醸し出しています!!



magudarajunen-jingai.jpg

・マグダラ呪念 (MAGUDARA JUNEN) - 人外綺譚 CD 税込1,620円

東京怨念ドゥーム・バンド マグダラ呪念が、単独作としては10年ぶりとなる3rdアルバムを自主リリース。ペーパースリーブCDで、全6曲入り。CROWやARMENIAなどにも以前在籍していたアラバスター氏が現在はドラムスを担当しています。

バビロンズという名で2003年に結成された東京のガールズ・ドゥーム・バンドで、サウンドは欧米のドゥーム/スラッジに触発されながらも、東洋の神秘と日本人の持つ怨念を強く打ち出した世界観で、聴く者/見る者に強烈なインパクトを与えます。前作2ndアルバム "何の因果でこうなった"が、実は昨年2017年にあのGoatwaRexからヴィニール化再発されており、それ以降、ジャパン・マニアックな外国人の一部でカルトな人気が高まってきていました。ハードコアなナンバーも爆発しつつ、そしてそれ以上に怨念が爆発しまくっています!!



moenos-callfrom2tape.jpg



・MOENOS - Call From The Grave II TAPE 税込1,000円 (Sex Desire)

SEX MESSIAHのギタリスト Moenos氏によるノイズ・プロジェクトの3曲入り2ndデモ・テープ。彼女自身による自主リリースです。ボーン・カラー・シェルにロゴ・シールを貼ったハンドメイドですが、スリーブはプロ・プリントで、青木ヶ原の樹海でのフォトセッションとゲリラ・ルックスのグリーンとの色彩も鮮やか且つ不気味なカセットです。

前作1stデモでのハーシュなブラック・ノイズとは趣の違う、リチュアルなアンビエント・ノイズで今回はスタートして、前作よりもさらに海外ブラック・メタルとパワーエレクトロニクスのクロスオーバーに近い雰囲気を感じます。後半は攻撃性の高いノイズも飛び出して、不気味さと爆発する狂気の2面性を表現していますが、北欧パワーエレクトロニクスなどよりも、どこかアナログさを感じるノイズなような気がしますが、間違ってますでしょうか?いずれにしろ、死に憑りつかれた雑音であることに間違いありません!!

Anti-Goth!!!666!!!


* NWN!新作各種到着!!



pervertedceremony-sabbatof.jpg



・PERVERTED CEREMONY - Sabbat of Behezael CD 税込1,728円 (Nuclear War Now!)

デビュー・デモ・カセットがベスチャル・デス/ブラック・メタル・マニアの間で話題となっていたベルギー出身ブラック・メタルの大ヒット作、9曲入り1stフル・アルバム。CDもリリースとなりました!!

BEHERIT, DEMONCY, ARCHGOAT, PROFANATICAに影響され、それらのミックスを目指してるそうで、確かにプリミティブな鈍さと冷たさが同居したベスチャル・ウォー・ブラック・メタルは、SADOMATORのような北欧バンドが好きな人にオススメです。ノイズ具合がもっとプリミティブだったデモの時よりも、BEHERIT型のコズミックな感じを強めたようなナンバーもあって、隣国オランダのカルト・ブラックのような前衛性もどこか漂います。こういうサウンドの新人がハイプな存在になるなんて、やっぱり欧米のアンダーグラウンド・ブラック/デス・メタル・シーンの層の厚さと言うか地盤の強さは凄いですね。とにかく、2017年にブラック・メタルを聴いていた証として、これは絶対に触れておかねばならない歴史的作品です!!!666!!!



pervertedceremony-st-diehard.jpg



・PERVERTED CEREMONY - S/T DIE HARD 12" 税込3,240円 (Nuclear War Now!)

デビュー・デモと1stフル・アルバム Sabbat of Behezaelが今も大ヒットを記録中のベルギー出身ブラック・メタル PERVERTED CEREMONYのイントロ+2曲の2018年新作12"。ダイハード・バージョンはグリーン・ビニールで、ステッカー&パッチ付きです。

今回も過去作と同様のブラック・メタル流ガビガビ・サウンドが強烈です。まるでハエが飛んでるようなジリジリ・ノイジーなサウンドだけど、南米や東南アジア・ブラックの灼熱ノイズとは違う冷たさからは、彼らが影響を受けたBEHERIT, DEMONCY, ARCHGOAT, PROFANATICAなどのミックスを目指しているという発言の意図が見いだせます。フィンランド・ブラックからの影響だけでは到達出来なかったであろうカビ臭いヒンヤリ感からはDEMONCYの陰が見え隠れしますし、ウィスパー・ボイスやコズミックな感覚はBEHERITからの影響が明らかです。今回はB面が7分越の長尺ナンバーで、これが彼ら流のリチュアル・ブラック・メタルへと突入していて、ガビガビ・ジリジリ・プリミティブ・ノイズで荘厳さにチャレンジしています。もう何度もリピートして聴いていますが、これ以上聴くと自分でも何言ってるのかわからなくなってくるのでやめときます!



chaosechoes-mourvment-lp.jpg



・CHAOS ECHOES - Mouvement DIE HARD LP 税込3,780円 (Nuclear War Now!)

フランス出身エクスペリメンタル・デス・メタルの2018年発表2ndフル・アルバムが、NWN!からリリース。NWN!オーナーが今一番入れ込んでいるバンドの一つと言っても過言ではない存在で、その要因の一つに、アートワークなどジャケットの高い芸術性にあります。今回のジャケはちょっと和テイストもある、なんだか山本寛斎とかすら思わせる本格的なもので、自分のような芸術オンチな者でも「凄いなー」を思わず声が漏れてしまうような圧巻の色彩です。ダイハード・バージョンはクリア・ビニールで、帯/ポスター/ステッカーと、そしてダイカスト・ピンバッジ付きなんですが、ちょっと今回は入荷枚数よりバッジが少ない個数しか含まれてなかったので、申し訳ありませんがバッジがご用意できてない時点でのご注文の方は、ご予約として承ります。

Blood HarvestからリリースもあったBLOODY SIGNが解散して生まれたバンドで、ドラマーはNECROWRETCHの人でもあります。先行で発表したThe Unfathomable 12"がこれまで以上に前衛的な内容のサウンドスケープ作品だったので、今回もその傾向を強めているのかと思いきや、テクニカル・リチュアル・デス・メタルのカオスな部分を爆発させたような激烈パートで幕を開けていて、こういう部分は非常にNWN!らしいアヴァンギャルド・デス、具体的にはSTARGAZERなんかのOZデス・メタルと通じるところがあります。あと、ジャジーなパートも以前より印象強い気がします。PORTAL, NEUROSIS, 日本のDOOMをミックスしたらこんなでしょうか?個人的には今までのCHAOS ECHOES作品で最も惹き込まれる内容で楽しめました。今回もエクスペリメンタル・デス・メタル・ファン必聴間違いなしの圧巻アルバムdeath!!



professorblackandgezol-ep.jpg



・PROFESSOR BLACK & GEZOL - Tarantula 7" 税込1,296円 (Nuclear War Now!)

SUPERCHRIST, HIGH SPIRITS, DAWNBRINGER, etcで活躍するChris "Professor Black"氏と、SABBAT, METALUCIFERのGezol氏による、「真に尊敬に値する日米アンダーグラウンド・ヘヴィメタル・ミュージシャン2名」というレーベル・インフォメーションに偽りなしの最強コラボレーション・プロジェクトの音源がNWN!からリリース。元々は曲ごとに違ったゲストVo.を招いてProfessor Black氏がソロ・アルバムを制作するという構想があったそうで、そのソロアルバムは実現には至らなかったものの、このドリーム・プロジェクトは"Tarantula" 1曲をレコーディングし、英語詩と日本語詩の2バージョンで発表されました。


LINEUP :
Professor Black (SUPERCHRIST, HIGH SPIRITS, DAWNBRINGER, etc) : Guitar, Bass, Drum & Vocal
Gezol (SABBAT, METALUCIFER) : Vocal

SONGS :
SIDE A : Tarantula (English version)
SIDE B : Tarantula (Japanese version)


この曲がまた最高に素晴らしい。R&Rベースのシンプルながらバツグンにキャッチーなソング・ライティング・センスのProfessor Black氏が、Gezol氏への多大なる敬意を表して書いたようなSABBATicalなブラッキング・スピード・メタル・ナンバーでヘッドバンギング必至!!Professor Black氏は昔から本当にGezol氏をフル・リスペクトしていて、RIP RecsやNWN!と並んで、USアンダーグラウンド・ヘヴィメタル・シーンに於いて早くからSABBATプロモーションに尽力した1人でもありましたので、これはちょっと感動的なリリースでもあります。今回はホワイト・マーブル・ビニールで入荷しています!!

SABBAT "Evoke" LONG SLEEVE SHIRT PRE-ORDER AGAIN!!


sabbat-evoke-ls1.jpg

sabbat-evoke-ls.jpg

・SABBAT - Evoke LONG SLEEVE SHIRT (ご予約受付商品)

NWN!から連絡があり、このSABBAT LONG SLEEVEは当初のオフホワイト・ナチュラル・ボデイに加えて、急遽グレーのボディーも制作することに決めた!とのことですので、カートを更新して改めてご案内致します!

既に予約オーダー済みの方には連絡済みですが、こちらでも改めてお知らせしますと、混乱を避けるため、先に受注したご予約は一旦キャンセルとさせていただきますので、このボディカラーを2パターン選択可能にしたカートから改めてのご注文願います。

何度もお手数をお掛けして申し訳ございません。何卒宜しくお願い致します!!




SABBATの新作ロングスリーブTシャツがNWN!から発売されますので、ご予約を募って入荷させたいと思います。

サイズはS / M / L / XLの4種で、Gildanボディ。値段は3000円台中盤~後半くらいになるかと思います。3月中にはなんとか入荷させたいと思いますが、入荷時期はお約束できません。

ご希望の方は通常のカート購入と同じように、サイズとご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れていただきたいのですが、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、必ずこの商品のみでカートを進めてください。

宜しくお願いします!!

COFFINS / SECOND TO NONE - Nine Cocoons Of Dens To F" SPLIT CD



*毎週水曜は 定休日ですが、黒いヤツばっかり到着してましたのでカートアップしました!



coffins-secondtonone.jpg

・COFFINS / SECOND TO NONE - Nine Cocoons Of Dens To F" SPLIT CD 税込1,944円 (Daymare Recordings)

日本の東西ドゥーム・デスの代表格であり、またメタル・サイドとハードコア・サイドから互いに接近していった2バンドによる対決といった組み合わせでもあるSplit CD。両者互いの魅力を「存分」ではなく、引き出しの多さをチラ見させてるよう内容ゆえに、とても面白いSplitとなっています。

そもそも各2曲では自身を最大限にアピールするには無理がありますし、お互い数十分では語りつくせない歴史と実力があります。現編成移行後初の音源となるCOFFINSは、重く疾走する鈍走デス・メタルが相も変わらず圧巻ですが、2曲目がHELLHAMER~CELTIC FROST系ドゥーム・デスにVOIVODみたいなフレーズが入ってくるのが非常に面白いです。そして1stフル・アルバム"Bab-ilu"で彼ら流の退廃の美学を強烈にアピールしていSECOND TO NONEは、今回は対戦相手を意識してか、フューネラル・ドゥーミーな暗黒叙情ミーツBOLT THROWERのような圧殺ナンバーでねじ伏せます。


COFFINS
1. IMPURITIOUS MINDS
2. DEPRAVED FROM WITHIN

SECOND TO NONE
3. ibreedblack
4. Thelema

Bestial till Death!!!666!!!


outbreakofevil-book1.jpg

・OUTBREAK OF EVIL - ISSUE #01 BOOK 税込1,000円

ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック著者のアウトブレイク・ショウ氏発刊、日本で初となるベスチャル・デス/ブラック・メタル一本に絞り込んだファンジンの第1号!!

ウォー/ベスチャル・メタルだけにこだわったZINEではないそうですが、アンダーグラウンドには徹底するとのことなので、これはやはり期待せずにはいられません。サブカル全般をジャンルレスに取り扱うものがあるならば、原理主義的思想が強いこのサブジャンルだからこそ、「自分が好きでも○○以外は載せない!」という、昔ながらの体質のファンジンをやってほしいと思います。だからと言って、「あまりこのテは聴いてないけど読んでみたい」という興味本位の人を拒絶するような壁を作ってるわけではありません。もちろん日本語での掲載ですので、むしろこの本をきっかけにぜひアンダーグラウンド・エクストリーム・メタルのディープなところを探索してほしいと思います!!


背徳の伝道書「ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイド ブック」の著者によるファンジンの創刊号。1stアルバムで世界に 打って出たEvil、2017年のWar Metalの代表格であるインドの Tetragrammacide、ブラジリアンカルトの新たな気焔レーベル Brazilian Ritual Records、国産ブラックメタルの新たな瘴気Miasma Deathなど充実なインタビューに加えて、Best Album of 2017、 Deiphago – ジャパンツアーレポート,バングラデシュメタルシーン の特集も掲載。

表紙/巻頭インタビュー Evil
* Tetragrammacide
* Deiphago
* Slaughtbbath
* Brazilian Ritual Records
* Trench Warfare
* Zoheb(Bangladesh)
* Oligarch
* Miasma Death

特集
Best Album of 2017, Deiphago – ジャパンツアーレポート
バングラデシュのメタルシーンを探る




beherit-seventh.jpg



・BEHERIT - Seventh Blasphemy CD 税込1,728円 (Brazilian Ritual)

とりあえずCDはようやくなんとか届きました!!ブラジルSARCOFAGO、カナダBLASPHEMYとともにウォー・ブラック・メタルを確立した最重要バンド、フィンランドのBEHERITの1990年録音1stデモの4曲が遂に解禁。BLASPHEMYの最新ライブ・アルバムなどをリリースしていたBrazilian Ritualからの再発で、これまでコンピレーション・アルバムなどにかいつまんで収録されてきたことはあったけど、こうしてフルで再現されるのは初めてのはずです。ジャケ・ブックレットの生々しい写真も素晴らしい、ファン必須のリイシューdeath!!!666!!!


1. Intro: Invocation
2. Seventh Blasphemy
3. Penetrator Hammer
4. Ghost of Death


SARCOFAGOやBLASPHEMYからは数年遅れて登場したものの、その2バンドと並んで後世に計り知れない影響を与えたBEHERITは、ノイズコア・グラインドとリンクする性質からも、初期はBLASPHEMY直系のブラック・メタルを目指していたのかと思いますが、ジャケ・ブックレットに掲載の写真ではSODOMのTシャツも着てますし、タイトル・トラックのSeventh BlasphemyはちょっとSARCOFAGOっぽい曲調でもあります。とは言え、やはりこの1stデモのサウンドは他のどのデモよりもノイズコア・グラインディングなゴアリー・タッチが突出していて、フィンランドらしい病んだ狂気とサタニック・グラインドな雰囲気の融合も完璧。ウォー・ブラック・メタル・ファンはもちろん、あらゆるジャンルの極北ノイズ好き必聴の音源です。



weregoat-pestilential-lp.jpg



・WEREGOAT - Pestilential Rites Of Infernal Fornication LP 税込2,916円 (Iron Bonehead prod.)

USオレゴン州ポートランドのブラック・デス・メタル WEREGOATの2017年1stフルレングス・アルバム。ちょっと時間が掛かってしまいましたが、LPがようやく入荷しました。アナログ盤はゲートフォルド・スリーブでポスター付き。彼らのテーマであるセックス&バイオレンスなフォトセッションが今回もバッチリきまった裏ジャケが圧巻のかっこよさ!!Vault Of Dired BonesからのCDバージョンも追って到着予定です。

このバンドはメンバーがRITUAL NECROMANCY, KNELT ROTE, SEMPITERNAL DUSK, etc多くのバンドで活躍しているアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・ミュージシャンなので、実力に裏打ちされたプリミティブさが特徴でした。そして本作では一気にその本性をむき出しにしたような完成度に仕上げています。デビュー作 Unholy Exaltation of Fullmoon Perversity EPではバーバリックな爆裂感、そして前作Slave Bitch of the Black Ram Master EPはモッサリした感触が強烈でしたが、今回はそういった感触よりも今までも垣間見せていたエクストリーム・メタルの古典芸を強く印象付ける構成で、デスラッシュ土台の南米ベスチャル・ブラック/デス・メタル、例えばチリのオールドスクール・ブラック・デスラッシュ好きなどにはたまらないようなスタイルとなっています。ジャケから連想させる、ABHORERなんかのオールドスクール感にも近いところがあります。なんにせよ、ベスチャル・デス・メタル・ファン必聴death!!



abhorer-zygotical-cd.jpg



・ABHORER - Zygotical Sabbatory Anabapt DIGIPACK CD 税込1,728円 (Shivadarshana)

オリジナル盤CDデッドストック入荷!!!666!!!

NWN!からのデモ集アルバムが好評発売中のシンガポール伝説ブラック・デス・メタル ABHORERの1996年発表1stアルバム・デジパックCDです。2012年にHells Headbangersが各種アナログ盤で初LP化して早々に完売しましたが、オリジナル・リリースはオランダ Shivadarshana Recordsから発売されたこのデジパックCDでした。その後、コンピレーション・アルバムなどで再発され聴くことができたため、CDが全く相手にされない欧米では、HHRのLPバージョン以外に単独して再発されることはありませんでしたが、1996年のオリジナル盤CDすら残っているとは驚きです。

キョーレツな全身五寸釘だらけファッションで登場してマニアの注目を浴びたわけですが、改めてしっかり聴けば、デモやEPの時点で既に極上のデスメタル・フレーバーを醸し出していました。この1stアルバムはそのデスメタル色を強く全面に打ち出して、整合感のある冒涜サタニック・デスメタルに仕上げた傑作!!冒涜的な激烈さは同じ国のIMPIETYを例えに挙げて説明できなくもないけど、ベスチャル系の混沌さはなく、王道のデスメタル・リフとジョリジョリした質感の黒い重厚さが、まるでサタニックな初期スウェディッシュ・デスメタル・バンドのような、荘厳と言ってもおかしくない絶品のロウ・ダーク ・デスメタルで本当にカッコいいです。メンバーのルックスも、まるで初期ジャパニーズ・デス・メタルのような渋い黒さになっています。辺境の地やロック発展途上国バンドの色目で接すると痛い目にあうカッコよさデス!!

Southern Death Cult Metal!!!666!!!






・EXPULSER - Fornications 12" 税込2,484円 (Greyhaze)

1989年結成ブラジリアン・デスラッシュ・メタル・バンドのデビュー作となったSplit 12"音源が、Cogumeloライセンス・リリースを多く抱えるGreyhazeから再発。このオリジナル・リリースはBRUTAL DISTORTIONというバンドとのSplitで、CogumeloではなくSEXTRASHの7"などをリリースしていたMaggot Recordsから1990年に発表されたものでしたが、今回の再発はEXPULSERサイドの3曲のみの再発です。とは言え、Cogumeloから1992年に発売した1st LP同様にこのオリジナル盤もメガレアですから、オリジナル・ジャケ・アートを使用した今回の再発には「!!!666!!!」となるマニアも多いことでしょう。

サウンドは既にこのデビュー作の時点で完成されていると言っても過言ではないほど素晴らしいSARCOFAGOウォーシップ・デスラッシュです。いきなりミステリアスなキーボードの音が飛び出すのでMYSTIFIERタイプのSARCOFAGOフォロワーかと思いきや、その後はスラッシュな刻みリフも絡めるデス・メタリックな感触でなだれ込むブルータル・ロウ・デスラッシュ・サウンドが爆発していて、かなりSEXTRASHに近いタイプです。Vo.とドラムのクレイジーっぷりもカッコいい。南米デスラッシャー必聴のカルト・クラシック・デス!!!666!!!



hadez-reh.jpg

・HADEZ - Reh 27/10/89 7" 税込1,296円 (Espíritus Inmundos)

南米ペルーを代表するブラック/デス・メタル HADEZの初公開1989年リハーサル・トラック2曲を収録したオフィシャル7"EPです。当時のフライヤーやファンジン掲載記事などをコラージュしたインナーがなかなか良い出来栄えです。

MAYHEMのユーロニモウスがこのバンドに熱烈アプローチして、Deathlike Silenceからアルバムのリリースを目論んでいたのは有名な話ですが、ここ数年は知名度も上がり?、NWN!からのボックスセットで初期デモ音源も以前より楽に聴けるようになったせいか、このリハEPはたいして話題になってないような気がします。しかしこの音源も最高です。気持ちだけが前に出まくってるような刻みリフとソロでガンガンに引っ張るギター、無意味なまでに素晴らしいプレイでもはや攻撃的と言うよりも陽気なリズムに聴こえてしまうドラム、そしてメンバー本人なのか見物人なのか、演奏が始まろうがお構いなしでずっとしゃべり続けてる声が気になって仕方がない、これぞ南米発掘音源の醍醐味!!



nebiros-sacrilegus-lp.jpg



・NEBIROS - Sacrilegus 12" 税込2,916円 (TheNewSlavery)

REENCARNACIONやBLASFEMIAなどの第1世代に次ぐ90'sカルト・コロンビア・ブラック/デス・メタル群の中では断トツで高い人気を誇るNEBIROSの1994年発表1st EPがアナログ盤でも遂に初オフィシャル再発!!!666!!!オリジナル盤は333枚プレスの7"でしたが、今回はさらに少ない250枚プレスで12"で復刻。こんなゴミ音源を45回転盤で無意味に音質向上させているだけではなく、12"サイズ歌詞インナーとA4サイズ写真インナーの両面刷りインサートが2枚付いて、オリジナル盤持ってる人(はそういないでしょうけど)も、長年探し続けてる人にも嬉しい仕上がりです。

南米と聞いて連想する典型的な崩壊ロウネスではなく、SAMAELの極悪初期スタイルを、ギリシャ・デス・ブラック・メタルの黄昏感と、南米ならではのグダグダな酷い演奏力で表現したような感じです。ピックなパートのキメもバラバラで、叙情パートを諦めたて投げ出したかのように崩壊ファストへとなだれ込みつつ、しかし全て空振りといった感じの演奏は、並みの神経の人には拷問以外の何物でもないでしょう。翌年1995年に発表した1stアルバム Guerreros De Luciferを、以前にギリシャのBlack Vomit Recordsが再発してたけど、Black Vomit Recordsがやはり再発してたオランダのプリミティブ・ドゥーム・デス・メタル NECRO SCHIZMAのような天然地下拷問鋼鉄マニアは必聴のカルト・クラシックdeath!!

DIS from Above!!!


anticimex-victims-cd.jpg

・ANTI CIMEX - Victims Of A Bombraid 3CD 税込2,484円 (Dissonance)

スウェーデンを代表するハードコア・パンク・バンド ANTI CIMEXのディスコグラフィー3枚組CDが、UKのメタル系再発レーベル Dissonanceからリリース。これまで数多くリリースされてきたANTI CIMEXのコンピレーションものとしては決定版とも言える内容で、7"EP x 3種、1st 12"、1st LP、2nd LP、要するに全作品を初めて網羅しています。遂にあのウルトラ・メガ・レア1st 7" Anarkist AttackがCDで聴けます!!!


DISC 1
Tracks 1-4 : Anarkist Attack 7" (1982年)
Tracks 5-9 : Raped Ass 7" (1983年)
Tracks 10-13 : Victims Of A Bombraid 7" (1984年)
Tracks 14-19 : S/T 12" aka "Painkiller" 12" (1986年)

DISC 2
Tracks 1-10 : Absolut Country Of Sweden LP (1990年)

DISC 3
Tracks 1-12 : Scandinavian Jawbreaker LP (1993年)


Jonsson氏がVo.ではなくベースを担当して、DICHARGEウォーシップ・バンド・マニアはもとより、キラー・ロウ・パンク・ファンにも強くアピールする内容の1st 7"に始まり、間違いなく彼らの最高傑作であり、バンド本来の獰猛な暴力性が完璧に凝縮された2nd 7"、さらにDISCHARGEに肉薄した冷たさと黒さを備えた名作3rd 7"、そしてトドメは90年代D-Beatの先駆けであり、しかしこれを越える後続のスウェディッシュ・クラストD-Beatは永遠に現われないであろう通称Painkiller 12"まで、一気に聴けるディスク1だけでも、この値段の数倍はモトが取れます。BLACK UNIFORMSファンならばCliff氏参加後のディスク2と3も大興奮必至。ダブルCDの厚みのこのマルチケースも、昔のCDファンには嬉しいでしょう。とにかく、これは全ハードコア・パンク・ファン必須の最強3枚組CDです!!!



disgust-world-lp.jpg



・DISGUST (UK) - A World of No Beauty 2LP 税込2,916円 / DIGIPACK CD 税込1,728円 (Westworld Recordings)

EXTREME NOISE TERROR, RAW NOISEのDean Jonesが1990年代初めに、DISCHARGEやDR. AND THE CRIPPENSなどのドラマーだったBambi (David Ellesmere)らと始めたD-Beatクラスト・バンドの1997年発表2ndアルバムが、オリジナル・リリースから20年の時を経て限定500枚で遂に初ヴィニール化再発。1年前くらいにリリースされた時、これは当店でも入荷させるべき素晴らしいD-Beatクラシック・リイシューだ!と思ったけど、なかなか上手く行かず断念していました。また円高の方向に向いてきた今がチャンス!と、少しだけ入荷させてみました。2枚組でD面がシルクプリントの、なかなかのグッドルッキングな仕上がりとなっています。CDも2016年版デジパックで相当久しぶりに再入荷しました。

オリジナルはNuclear Blastからのリリースで、その後もポーランドのMetal Mindから1度再発されたりと、どちらかと言うとエクストリーム・メタル系の流通がほとんどだった作品だったせいもあって、当時はあまり生粋のクラスト・パンクスにはなじみのないアルバムでしたが、そもそもこの当時のアンダーグラウンド・パンク・クラスティーズは、DISGUSTに全く感心がない人がほとんどだったと思います。昔、Dean氏は、「ENTは日本のバンドにも影響されたムチャクチャさがあり、RAW NOISEではANTI-CIMEXやRATTUSなどのスカンジナビアのバンドに近いところを目指している」などと発言して、Earacheのようなエクストリーム・メタル系シーンも浸食しつつあったバンド群とは距離を置く姿勢を示していましたが、90年代に入り結局ENTもその傾向に呑み込まれていきました。そんな頃に新たに始めたプロジェクトのこのDISGUSTも、エクストリーム・メタル・シーンへのアピールが感じられるD-Beat、というイメージが強く、パンク専門店よりもメタル・ショップでの取り扱いが多かったと思いますが、改めて聴くと、ソロやメタリックな刻みが確かにチラチラッと顔を出すけど、当時のスウェディッシュD-Beatと似たテイストで、あとENTよりも曲調はDOOMに近く、後期ANTI-CIMEXとDOOMのミックスのような雰囲気です。

そしてなんと言ってもこのアルバムで世界中のメタルヘッズ&パンクスを仰天させたのは、あのMOTORHEADギタリスト Wurzel氏が加入して5人編成で制作されたというニュースでした。でもサウンドは相変わらずDISGUST節全開で、一体Wurzel氏はなぜこの作品に参加したのか?、未だに謎の多いアルバムでもあります。しかしワーゼルは、どこで何をやっても激渋です。彼がギター弾いてるなんて言われて聴いても私には全く分かりませんが、それでもこのアルバムで一番カッコいいのはWurzelだ!と強く言いたいのです。

NWN! New Merchandises PRE-ORDER NOW!!


*NWN!の新作マーチャンダイズ一部をご予約募って販売致します。3月中にはなんとか入荷させたいと思いますが、入荷時期はお約束できません。ご希望の方は通常のカート購入と同じように、サイズとご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れていただきたいのですが、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、必ずご予約商品のみでカートを進めてください。



dreadfulrelic-antediluvian-ts.jpg

・DREADFUL RELIC - Antediluvian Terror T-SHIRT (ご予約受付商品)

7"とLP(未着です)が好評なインターナショナル・ブラック・メタル・ミュージシャンによるCELTIC FROSTウォーシップ・メタル DREADFUL RELICのオフィシャルTシャツ。サイズはS / M / L / XLの4種で、Gildanボディ。値段は2000円台中盤~後半くらいになるかと思います。



mercy-oldlogo-ts.jpg

・MERCY - Old LogoT-SHIRT (ご予約受付商品)

CANDLEMASSのMessiah Marcolinが在籍したスウェディッシュ・ヘヴィメタル・バンドのオフィシャルTシャツ。サイズはS / M / L / XLの4種で、Gildanボディ。値段は2000円台中盤~後半くらいになるかと思います。



sabbat-evoke-ls.jpg

・SABBAT - Evoke LONG SLEEVE SHIRT (ご予約受付商品)

SABBATのオフィシャル・ロングスリーブTシャツ。サイズはS / M / L / XLの4種で、Gildanボディ。値段は3000円台中盤~後半くらいになるかと思います。

Japanese Punks!!


skitklass-kaos.jpg

・SKITKLASS - Kaos Och Forstorelse 4-latars EP 7" 税込900円 (Hardcore Survives)

昨年2017年に突然カセットテープをリリースして、取り扱いなかった当店にもたくさん問い合わせがあり、「なんなんだ、もう!SKITKLASSって!」と、最終的に自分まで一緒になって販売店検索と正体を突き止めるのに夢中になってしまった話題の覆面パンク・バンド SKITKLASSの1st 7"がHardcore Survivesからリリース。こちらも即完売必至です!!

そして自分もようやく聴くことが出来ましたが、やはり争奪戦になるだけあってかっこいい!!まるでDISCHARGE影響下の80年代北欧ハードコア・パンクみたいで、とてもポッと出の新人パンクスがやってるとは思えません。大注目!!



cps-shootmaster.jpg

・CxPxS / SHOOTMASTER - Split 7" 税込1,296円 (Hello From The Gutter)

東京のCxPxSと仙台のSHOOTMASTERによるスカム・ハードコア・パンク対決Split 7"!!デザインは、ABIGAIL x 葛西純やWho's The Strongestなどで当店も日頃お世話になってる黄昏番長さんです!!

CxPxSは、バンドで何かかっこいいことやろうとか、もうそんなことな一切考えてないであろう、クズみたいなトラッシュコア・パンクが最高。SHOOTMASTERはアグレッシブ・スラッシーに突き進むハードコア・ナンバー2曲を披露。


「えっ?!これ、まじで出すんですか? 谷ぐち順 (FUCKER / LessThanTV)」  華麗なる復活を遂げたCxPXS、仙台が誇るスカム最終兵器SHOOTMASTER、そして黄昏番長による三つ巴決戦!! まさに「モンスターズ・オブ・スカム」なスプリット7inchレコードがHELLO FROM THE GUTTERよりリリース!!300枚プレス!!(インフォメーションより)



Death from the Graves!!


pestilence-consuming.jpg

pestilence-consuming-cd.jpg



・PESTILENCE - Consuming Impulse 2CD 税込2,160円 (Hammerheart)

オランダのデス・メタル老舗レーベル Hammerheartによるダッチ・デス・メタル代表格 PESTILENCEの再発シリーズ、こちらは最高傑作の呼び声も多い1989年発表2ndアルバムです。よく考えたらこの2ndはオリジナル・レーベルのR/C Records / Roadracer盤以外でのCD再発は今までなかったので、1stの再発以上に楽しみにしていたファンが多かったようです。1988年と1989年のライブを収録した17曲入りボーナスCD付きで、スリップケースに隠されたジャケ・ブックレットは、当時バンドが準備しながらもRoadrunnerに勝手に差し替えられたという曰くつきのお蔵入りオリジナル・アートになっています!!


CD 1 :
Tracks 1-10 : Consvming Impvlse ALBUM (1989年)

CD 2 :
Tracks 1-9 : Live Veghel (1989年)
Tracks 10-16 : Live Bochum (1988年)


1988年に発表した1stアルバム Mallevs Maleficarvmはスラッシャーも狂喜させるデスラッシュのマスター・ピースでありながら、時々伝統的ヨーロピアン・スピード・メタルのような旋律とパートが絡むところが最高でしたが、本作でデス・メタルの重厚ステンチなサウンドを完全に確立しています。フロリダ/スウェディッシュ/UKのいずれともちょっと違う、音の壁が迫りくるような圧倒的な重厚サウンドは、ベース&Vo.のMartin van Drunen氏が後に参加してアルバムを発表したASPHYXの初期作品と並び、ダッチ・デス・メタルの完成度の高さと激烈さを世界中のデスメタラーに強烈に印象付けました。しかしまだ楽曲はスラッシュの疾走感やリフワークの名残も強く、乱暴に言ってしまえばPOSSESSEDが欧州に渡ってしまったようなかっこよさです。デスラッシャーも必須の初期デス・メタル・ウルトラ・マスターピース!!



pestilence-testimony.jpg



・PESTILENCE - Testimony Of The Ancients 2CD 税込2,160円 (Hammerheart)

こちらは1991年発表3rdアルバムです。過去にMetal MindなどからCDが再発されていましたが、今回は1992年のライブ2本を収めた16曲入りのボーナスCD付きで、スリップケースに収まった、これまでで一番デラックスなバージョンとなっています。ちょっとオーダーするタイミングを逃してしまったら、アナログ盤は早々に初回プレス終了したそうですので、第2期PESTILENCEの最高傑作と評される本作の人気の高さがうかがえます。


CD 1 :
Tracks 1-10 : Testimony Of The Ancients ALBUM (1991年)

CD 2 :
Tracks 1-9 : Live at Dynamo Open Air (1992年)
Tracks 10-16 : Live at Nighttown Rotterdam (1992年)


2ndアルバムまではスラッシュのブルタリティーを増幅させたようなスタイルで、テクニカル・リフと重厚なサウンドのマッチングが破壊的でしたが、前作2nd発表後にベース&Vo.のMartin van Drunen氏が脱退し、本作からはギタリストのPatrick Mameli氏がVo.も兼任して、ベースをATHEISTのTony Choy氏が担当しています。この人事異動がサウンドの進化も物語っていて、キーボードによるスペーシーなムードのパートや、Tony Choy氏のジャジーなフレーズなども聴かせたりと、PESTILENCEが元々備えていたテクニカルな志向をよりアピールした作風となっています。しかし、のっけからまるでPOSSESSED (Beyond The Gates期)のようなリフでスタートしているように、テクニカルなスラッシュの要素も健在で、目まぐるしさは加速しながらも、アグレッシブな疾走感は失われていません。メロディックなギターソロも最高です。ATHEIST, CYNIC, DEATHのHumanアルバム以降のファンは必聴の名作。ライブ音源がまたカッコいい!!



pestilence-sphres-lp.jpg



・PESTILENCE - Sphres LP 税込2,808円 / 2CD 税込2,160円 (Hammerheart)(Hammerheart)

こちらは1993年発表4thアルバムです。昔ならば当店はPESTILENCEは3rdアルバムまでで留めていたでしょうが、才能あふれる現行のアンダーグラウンド・デス・メタル・バンドや、Dark Symphonies / Vic / Xtreem Musicなどから再発されるカルト・ストレンジなデス・メタル・クラシックなど聴いてると本当に面白いので、PESTILENCEはやはりここまでいってみようと思います。LPは重量盤で、このアルバムにはポスターが付いてます。

前作3rdアルバムまでの土台だったテクニカル・スラッシュ・デス・メタルが、この作品ではほぼ姿を消し、ムーディーなジャズ基盤のプログレッシブ・デス・メタルへと完全に移行しています。Nothing Face期VOIVODや日本のDOOMのような屈折フレーズもパーツとして土台を構成して、アヴァンギャルド感は最高潮に達しながら、CYNICスタイルのジャズ/フュージョン・デス・メタルを極めています。ただ、CYNICよりもやはりヘヴィメタル/スラッシュの血が濃いところが、リフのかっこよさなどに表れています。フランスSUPURATIONなどのファンにも絶対オススメので、アヴァンギャルド・フュージョン・デス・メタル傑作death!!



nominon-recremation.jpg



・NOMINON - Recremation CD 税込1,728円 (Konqueror)

1993年結成のスウェディッシュ・ベテラン・デス・メタル NOMINONの2005年発表2ndアルバムCDです。1999年1stアルバム Diabolical Bloodshedと2010年4thアルバム Monumentombのアナログ盤がBlood Harvestからのリリースで当店にも入荷していたバンドですが、海外での人気の高さに比べて日本での知名度は相当低く、しかしその1stと4thのアナログ盤が入荷した際は購入された方々からは好評でしたので、評価の高い2ndと3rdのCDも入荷させてみました。

「スウェディッシュ・デス・メタルで最もヘヴィなバンド」という評判もダテではない、黒く重い感触が強烈ですが、INCANTATIONやAUTOPSYなどとはまるで違う印象で、起伏もある展開を猛烈に突き進んでいく、邪悪性とガムシャラ感が一体となったようなゴリゴリな曲調は、AT THE GATESやGROTESQUEなどにも通じる冷たさを帯びたリフ&フレーズも絡めています。この作品は同年代スウェディッシュ・バンドで例えたらKAAMOSやDEFLESHEDなどに通じるところがあると思うけど、北欧エピックなキャッチーは皆無なので、KAAMOSの最終作を出していたNuclear Winter / Martyrdoom prod.リリースの黒く重い感触のデス・メタル好きにもオススメ。いやはや、それにしてもこの鈍くて鋭く、黒くて冷たいゴリゴリ・アグレッシブなデスラッシング・サウンドは、体調万全じゃないとボッコボコに打ちのめされる強力さです。凄い!!



nominon-terra.jpg



・NOMINON - Terra Necrosis DIGIPACK CD 税込1,728円 (Konqueror)

こちらは2007年発表3rdアルバムCDです。永い歴史故にメンバー遍歴も複雑なバンドで、これまでに多くの伝説的なスウェディッシュ・デス・メタル・バンドのミュージシャン達が参加してきましたが、中心メンバーはギタリストのJuha Sulasalmi氏。2015年から活動停止期間に入ってて、その頃はNIGHTMARE CITYのベーシストがVo.を担当していたようです。

前作2ndアルバムの黒くジャキジャキなギターとロウなドラミングのバランスよりも、スウェディッシュ・デス・メタルらしいファットなサウンドになっていて、DISMEMBERとAT THE GATESとMARDUKのミックスのようなゴリゴリ・ブルータル且つソリッド&コールドなスカンジナビアン・デス・メタル・アルバムです。若干遠慮したバランスになってますが、ドラミングはやっぱり強烈。北欧の冷たさと暴力的なパワーを同時に求めてる人は絶対必聴のカルト・バンドdeath!!


01 | 2018/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR