RECORD BOY

Japanese Black Metal!!






・SKOGENHAMMER - S/T LP 税込2,160円

再入荷!

仙台で活動するスウェーデン人+アメリカ人+日本人によるブラック・メタル・バンドの1stアルバムが、バンド自身による自主制作でリリース。地元仙台のエクストリーム・メタル/ハードコア・シーンでは既に良く知られたバンドでしたが、このリリースを機に全国区で知名度を上げ、多くのブラック・メタル・ミュージシャン達からも絶賛されたクォリティーの高い1stアルバムです!!

ツイン・ギターの5人編成で、ギター2人がスウェーデン人、ベースがアメリカ人です。やはり本場との混血となるとこうまで違うものか?と不思議になるくらい、メロディックなフレーズや曲の完成度が完璧で、しかもドラムとVo.の日本人パートが弦楽隊に追随してるようなアンバランスさなど全くなく、パワフルでアグレッシブながらも非常に堅実なドラミングも素晴らしく、野獣デス・メタリック・クラスティーなVo.も見事に張り合っています。ソリッドなデスラッシュ・リフやメタル・クラスティーなダイナミズムも程よくミックスしています。このサウンドとクォリティーならば日本でのプロモーションを考えた場合CDで出した方が絶対に良いはずなんですが、いきなりLPで出すところが日本人的じゃないですし、またハードコア・シーンにも居るバンドらしい感覚です。NECROPHOBIC, DISSECTION, IMMORTALなどの北欧メロディック・ブラック・デス・メタル・ファンにぜひとも聴いていただきたい、仙台アンダーグラウンド・エクストリーム・シーンから生まれた混血の異端フリージング・クラスト・デス・ブラック!!







・GALGA FALMUL - 1st demo CDR 税込500円

CRUCEMメンバーらによって結成された東京のブラック・メタル・バンドの2曲入り1stデモCDR。一発録りでロウ・ノイジーなサウンドながら、ハードコア色もあったCRUCEMよりもメランコリックで凶暴な北欧型のブラック・メタルとなっています。ジャパニーズ・ブラック・メタル好きは要チェック!!

MASTERPEACE - Want To Live, Want To Do It. CD & TAPE




・MASTERPEACE - Want To Live, Want To Do It. CD 税込1,080円 / TAPE 税込1,080円 (Egypt)

細かなジャンルに囚われずに、自由なスタイルで熱いハードコアをブチかましてますバンドとして、ミュージシャンの間でも人気の高い大阪ハードコア・パンク MASTERPEACEの4曲入り新作CDEP!!カセット・バージョンは200本ほどの限定生産です!!

今回ものっけから痛快ポジティブなノリのパンク・ナンバーでリスナーを惹きつけますが、その後は怒濤のレイジング・ハードコア・パンク・ナンバーで暴走。USHC土台のキャッチーさに、まっすぐな意思表示の日本語詩を乗せて、とても大阪パンクらしい魅力を感じさせるエモーショナルなハードコア作品です!!

Mad Punx & English Metal!!




・SKEPTIX - Singles and Demo LP 税込2,484円 (Puke N Vomit)

後にDISCAHRGEのGrave New Worldアルバムでギターを担当したFishが在籍していたUKHCパンク・バンドのシングル&デモ・コンピレーション・アルバムが、USのPuke N VomitからLPバージョンがリリース。当時THE INSANE & SKEPTIXとの全3バンドで企画されて結局はキャンセルとなったツアー・ポスターのレプリカと、UPROAR, EXTERNAL MENACEと共演した際のフライヤー・コピーがインサートとして付属しています。ドタバタした疾走感、荒々しい演奏、そしてキャッチーな楽曲という、UKHCパンクの魅力を凝縮したようなサウンドで、UK82 / ロウ・パンク・ファンの中でもマニアックな人気を誇るバンドです!!


A1. Routine Machine
A2. Curfew
A3. Scarred For Life
A4. Peace Force
A5. Born To Lose
A6. Another Day
A7. Return To Hell
A8. War Drum
A9. Vendetta
B1. Violent Streets
B2. Got No Choice
B3. Fear (Demo)
B4. Legion Of The Damned (Demo)
B5. Images (Demo)
B6. Heroes And Villians (Demo)
B7. Reunion (Demo)
B8. Don't Listen To Them (Demo)
B9. Modern Society (Demo)







・SACRILEGE (UK) - Within The Prophecy LP 税込 2,916円 / CD 税込2,160円 (Hammerheart)

ハードコア・パンク史に残る歴史的最重要名盤 Another Religion Another War 12"を1984年に発表した直後にVARUKERSを脱退したギターのDamian Thompsonとドラマー Andy Bakerらにより同年に結成され、1985年発表1st MLP "Behind The Realms of Madness"がUKメタルコア・スラッシュの代傑作としてメタル・クラスティーズやフィメール・ハードコア・ファンをも巻き込み長らく愛され続けるブリティッシュ・クロスオーバー・クラスト・メタル代表格 SACRILEGEの、Under One Flag / Metal Blade移籍後の作品が、オランダHammerheartからオフィシャル再発!!オリジナル・リリース以来初めてのオフィシャル再発となる本作LPは割とオリジナルを忠実に再現してますが、ニュー・リマスターの重量盤LPで、これはオリジナル盤を持っててもファンならば手にした瞬間にグッとくるのではないでしょうか。CDはトリプル・フォールド・デジパックで、当時の演奏写真が見開き内側に掲載されて、なかなかカッコいい仕上がりです。更にCDはボーナストラックとして、初期スラッシュ・メタルの代表的コンピレーション・シリーズ・アルバム Speed Kills IIIに提供した曲と、1986年デモ4曲を追加した、全12曲入り!!

ONSLAUGHTと並び、80's UKHCシーンから生まれて本格的にメタル・シーンに活躍の場を移したバンドの代表的存在だけど、このSACRILEGEはとにかくパンク方面で常に人気で高く、この1stアルバムも「メタルにセルアウトした」なんてバッシングはほとんど聞きません。SLAYERの影響をMETALLICAの曲構成とドラマ性で表現したメタルコア・スラッシュ、なんて言うと安っぽく安易に聞こえてしまいますが、ONSLAUGHTがSLAYERテイストを排除して、ANTHRAX的なノリのよいスラッシュ+Steve Grimmettという実力派ヘヴィメタル・シンガーを迎えてパンク色を払拭し成功したのに対して、SACRILEGEはクラスト・テイストの強かった初期から起承転結の展開を積極的に取り入れ、クロスオーバー・スラッシュとしてのアグレッションを失わずに、尚且つ本作でそのアレンジ力がよりドラマチック&ヘヴィに開花しています。重厚なたそがれを帯びたブリブリと刻むSLAYERリフによるスロウ~ミドル・テンポのパートは、恐らくThe IVth Crusade以降のBOLT THROWERもかなりヒントをいただいたであろう共通点が探れます。1st MLP "Behind The Realms of Madness"がメタルコア・クロスオーバー・スラッシュの大傑作ならば、本作は大英帝国産鋼鉄の伝統と叙情に、ハードコア上がりスラッシュのアグレッションが融合したような名作です。







・SACRILEGE (UK) - Turn Back Trilobite DIGIPACK CD 税込2,160円 (Hammerheart)

こちらは解散前の第一期SACRILEGEのラスト・アルバムとなったこの1989年発表2ndアルバム。デモとライブをボーナス収録した全10曲入りトリプル・フォールド・デジパックCDで、オリジナル・リリース以来これまで1度も再発されていなかった、SACRILEGE信者待望のリイシューです!!こちらもアナログ盤は追って再発予定です。


1. Father Time
2. Silent Dark
3. Soul Search
4. Awaken (Suryanamaskar)
5. Key to Nirvana
6. Into the Sea of Tranquility (Parts I, II, III)
7. Equinox
8. Key to Sanity (Demo)
9. Awaken (Suryanamaskar) (Live)
10. Father Time (Live)


本作でサウンド・スタイルは一気に深化を深めたけど、ファンの間では近年再評価され始めているようです。当時UKのハードコア・パンク界隈ではUSシカゴのドゥーム・メタル・レジェンド TROUBLEがとても人気が高かったそうで、CATHEDRALのLee Dorrian氏を筆頭にメタルパンク・ミュージシャン達がこぞってTROUBLEに夢中になってたと聞いたことがありますが、SACRILEGEもこのアルバムでTROUBLEからの影響を大胆に導入しています。前作でも良いフックとなっていたエピックなギター・メロディーとトラディショナル・メタル・ドゥーミーなパートの絡みはTROUBLEからのインスパイアを感じさせて、そこに彼らの基礎となっていたMETALLICA風のスラッシュ・パートやキメなども組み込んでいますが、こうして改めて聴いてみると、重厚エモーショナルなストーナー・テイストはTROUBLE影響下90年代ドゥーム・メタルの先駆けのような感じもあるけど、そのTROUBLEテイストもやはりMETALLICAというフィルターを通したような感覚があるところが聴きどころかと思います。あと、今聴くとTam氏のVo.はちょっとCAUCHEMARのAnnick氏も思わせるところがって、昨今のウィッチング・ドゥーム・メタル・ファンにも1度トライしてもらいたいです。

OBNOXIOUS YOUTH - Disturbing The Graves CD






・OBNOXIOUS YOUTH - Disturbing The Graves CD 税込 1,800円 (Too Circle)

スウェディッシュ・メタル・パンクの伝統を継承するCritical Mass Recordingsから2017年にLPで発売されたOBNOXIOUS YOUTHの2ndアルバムが、東京のToo CircleからCDもリリース!!!2013年にカルト・スウェディッシュ・メタル・レーベル Primitive Artから発表した7"EPもボーナス収録という、最高の内容でのCD化です。日本でもパンク・ファンにはよく知られているデンマークのレーベル Adult Crashから1stアルバムを発表した時点では当店はノーチェックでしたが、Critical Mass vol.1 LPでアクの強いメタルヘッズに囲まれながら、ひときわ個性的なパンク・スラッシュ・バンドとして目を引き、そしてPrimitive Artからの7"で完全にノックアウトされました。でもまさか日本盤CDが出ることになるなんて考えていなかったので、リリースを決断してくれたToo Circle Recordsさんには本当に大感謝です!!

R&Rテイストの強いハードコア・パンクで、メタルパンク要素も多分に含みつつ、MOTORHEADの男臭さだけ真似て音楽は全くMOTORHEADしてないようなタイプではありません。70年代風ハードロッキン・フレーズが随所にピロピロ顔をのぞかせながら、スピードコアの猛速スラッシュとMOTORHEADishなドライブ感を目まぐるしく展開させたような、80年代USHCパンク流のロッキン・メタルパンク・スラッシュなので、RKL, ADRENALIN O.D., GANG GREEN, C.O.C., ACCUSED, BATTALION OF SAINTS, POISON IDEA, etcのようなハードロック/メタルも土台にあったバンドに、MDCやDWARVESもミックスしたみたいな感じで、もう個人的ドツボど真ん中どストライクでウルトラ・ゴキゲン・ヘッドバンギングです!!今回ちゃんとレコーディング・データを見てみると、バッキングはアナログ・レコーディングされたとありますので、だから現代の音圧上げてごまかしたような音じゃない、こういうサウンドで仕上がってたんですね。あと、才能ある現代北欧エクストリーム・ミュージシャンの中でも個人的に大好きなフィンランドのSamu Salovaara氏 (SWALLOWED, Emptiness prod.)もゲストVo.で参加しています。当店でパンクとメタル両方買ってる人には絶対聴いてもらいたい、ウルトラ・メガ・オススメ・メタルパンクです!!

Detroit Metal City!!






・SAURON - Satanic Assassins LP LTD.66 DIE HARD VERSION 税込 5,400円 / LTD.100 REGULAR VERSION 税込3,996円 (Stress Hormones)

遂にこのバイオレント・ロウ・スラッシュ・メタル・アルバム大傑作もアナログ盤リリース!!!666!!!しかし高い、、、高すぎる、、、。1stアルバム Thrash Assaultもヴィニール化してた中国のStress Hormonesからのリリースで、レギュラー・バージョンですら100枚という非常にミニマムなプレスなんでしょうがないとは言え、今回はどうすっかなー、やめっかなー、とかなり後ろ向きに考えましたが、売れ残るの覚悟でやっぱりオーダーしちゃいました。しかし到着して実際現物を手にすると、「やっぱり入れて良かった!」と実感しています。これはちょっと初めての感触ではないでしょうか?ジャケが相当マットな質感で、ファンデーションかなんかでコーティングしたような高品質です。あと、ロゴはシルバーのフォイルスタンプのような加工がしてあります。SAURONのこのアルバム、内容知ってる人はいつかは欲しいに決まってると思いますので、心中アイテムの1つとして生涯掛けてプッシュしていこうと思います。ltd.66枚ダイハード・エディションはロゴ・シェイプド・ビッグ・パッチ付きで、ジャケ裏に手書きナンバリング入りです!!

1stアルバム Thrash Assaultが大反響を呼んだUSミシガン出身ロウ・スラッシュ・メタル SAURONの2008年発表2ndアルバムです。Witches BrewからCDで発売されて、こちらも当店ではロングラン・ヒット作でしたが、そのCDバージョンも遂にレーベル完売となったタイミングで、ようやく待ちに待ったアナログ盤の登場です。1stアルバムはきったねー音のSLAYERチルドレン80年代スラッシュ・バンドを彷彿とさせるノイジー・スラッシュ・メタル・サウンドでしたが、この2ndアルバムは、いきなりハードコア・パンク影響下初期スウェディッシュ・デス・メタル・バンドのような重く鈍いストローク・リフでスタートしてドギモを抜かれます。そしてこのオープニング・ナンバーがまた激渋カッコいい。その後は彼らの持ち味である直線的ソリッド・リフと、ビシバシ決まるタイトなドラミングで暴走に継ぐ暴走のノンストップ・ファッキン・スラッシュ全開!!ハードコアな暴走スタイルながら楽曲はへヴィメタルを核にした印象的なメロディーやコード進行中心で、ここらへんは初期WHIPLASH的でもありますが、SAURONは音が真っ黒く汚くてイーヴィル度満点です。ジャーマン・スラッシュ系に多いドタバタ感はなく、直線的かつ高度で高速なソリッド刻みリフのギターと、土台を支えながら手数多く挑発的に疾走感を維持するドラムのコンビネーションもバツグンにカッコイイ。リフの爽快感はRAZORのEvil Invaders並みで、高度な刻みはARTILLERYを彷彿させる、なんて言うと相当なモンですが、改めて聴くと、Kolbtn Thrashers Unionに代表される昨今のノルウェー・スラッシュ・メタルに通じるところもあります。とにかく速くて、ダーティー&ロウ・ノイジーで、でもリフは爽快に刻み倒してくる、そんなスラッシュ・メタルが聴きたかった人は必聴の大傑作death!!!







・LETHAL SHOCK - Evil Aggressor TAPE w/ PATCH & GIANT BADGE 税込 1,296円 (Arcane Metal Arts / Dystopian Dogs)

先にWitches BrewからのCDバージョンが入荷していたシカゴ・スピード・メタルの2016年発表1stアルバムが、SAURON, HARBINGER, etcのギタリスト Victor Ruiz氏のレーベル Arcane Metal Arts aka Dystopian Dogsからカセット・バージョンもリリース。パッチとビッグ・サイズのバッジが付きます。

Planet MetalからCDが出てたデス・メタル・バンド KOMMANDANTや、エピック・ドゥーム・メタルのSTONE MAGNUM, スラッシュ・メタルのINFECTONATORなどのメンバーから成るシカゴのバンドで、もともとは2000年代にシカゴで活動したウルトラ・オブスキュア・ブラック・スラッシュ・メタルのVIRGIN KILLERSというバンド・メンバーとその周辺の昔馴染みの連中が集まって始めたバンドのようです。シカゴらしさ全開ながら非常に個性的なサウンドで、ゴリゴリの男臭いへヴィメタルをどこかスリージーなR&Rっぽいノリにしてデス・メタル・ミュージシャンが演奏している、みたいな感じです。SUPERCHRISTのカバーまでやっていますが、シンプルに考えて、MASTERとSUPERCHRISTのミックス、なんて捉えてみてもいいと思います。DECEASEDとWASTELANDERの融合、なんて言いたくもなりますが、DECEASEDを例えに出すと売れないだろうなー。しかしまぁ、これは当店でシカゴ&ミシガンのアングラ・メタルをチェックしてる人にはぜひ聴いてもらいたい個性派です!!







・ISENBLAST - Screams in Cold Silence CD 税込1,404円 (Arcane Metal Arts / Dystopian Dogs)

DEMON BITCHメンバー3人、うち2人はWHITE MAGICIANで、ドラマーは黒人の4人組ミシガン・ブラック・メタル ISENBLASTの2017年新作6曲入りアルバム。先にカセット・バージョンが入荷していましたが、SAURON, HARBINGER, etcのギタリスト Victor Ruiz氏のレーベル Dystopian DogsからCDもリリースされました。

DISSECTIONやSATYRYCONなどの影響を感じさせる、起承転結の激しい北欧型ブラック・メタルです。フォーキーなペイガン・メタル・パートや、凍えるような旋律のフリージング・ブラック・メタル・パートを、スラッシーでアグレッシブなタッチで演奏していて、冷徹でありながら非人間的ではなく激情型にも通じる激烈メロディック・ブラック・メタル。スラッシング・ブラックではないけど、オールドスクールなファンにもオススメのブラック・メタルです!!







・DEMON BITCH - Death is Hanging + Demo '12 CD 税込1,620円 (Arcane Metal Arts / Dystopian Dogs)

SAURON, HARBINGER, etcのギタリスト Victor Ruiz氏のレーベル Arcane Metal Arts aka Dystopian Dogsの最新リリースは、期待の若手エピック・メタル DEMON BITCHの初期デモ2種をカップリングした7曲入りコンピレーションCD。バンドからオファーもらって2012年の1stデモを張り切って日本でディストリビューションした時は、ちょうどBORROWED TIMEが当店で爆発的反響を得た後だったので、正直言ってこのDEMON BITCHにはまだ若い粗さばかりが目立ってたような印象が強いのですが、そのBORROWED TIMEでも活躍したミシガン・メタル・シーンの兄貴 Victor Ruiz氏も、「20代の若手ヘヴィメタル・バンドの中では恐らくベストなグループだ!」と太鼓判を押す、今や全世界のダイハード・エピック・メタル・バンガーズの期待を一身に背負う存在にまでなりました。


Tracks 1-3 : Demo '12
Tracks 4-7 : Death is Hanging DEMO


SATAN, MERCYFUL FATE, SATAN'S HOSTなどに影響された、とメンバーからのファースト・コンタクトの時に自己紹介してくれましたが、ISENBLASTやJOINT CUSTODYなどのブラック・メタル・バンドもやってるせいか、けっこうデスラッシーなドカドカの疾走パートも飛び出したりするのが特徴のエピック・メタルでした。でも改めて1stデモを聴いてみると、メロディーのシケ具合いは当初から相当強烈だったのがわかります。なので、スラッシーなスピード・メタル・パートの導入もBROCAS HELMを彷彿させます。そして彼らの叙情旋律が一気に突き抜けて世界中の真性鋼鉄ファンを号泣させたDeath is Hangingデモを聴けば、Victor Ruiz氏がここまで彼らに期待を寄せるのが理解できるでしょう。MANILLA ROAD, CIRITH UNGOL, BROCAS HELMの3大合衆国産エピック・メタルの正統的後継者と言い切ってしまいたくなる素晴らしさ!!

Metal Deadness!!


* 定休日ですが、デスメタル系商品も少し到着してましたのでカートアップしました!


neocaesar-1111.jpg



・NEOCAESAR - 11:11 CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

ダッチ・デス・メタル代表格の一つ、SINISTERの初期メンバー4人が結集したバンドのデビュー・アルバムが、スペインの老舗レーベル Xtreem Musicからリリース。昨年2017年に発表されながらも、Xtreemも流通にムラがあるせいか、まだ日本ではさほど話題となっていないようですが、海外ではSINISTERファンはもちろん、オールドスクール・デス・メタラーに既に熱狂的に迎えられているようです。


Vocals: Mike van Mastrigt (Houwitser, Ex-Sinister)
Guitars: Bart van Wallenberg (Ex-Sinister, Ex-Bleeding Gods)
Bass: Michel Alderliefsten (Houwitser, Ex-Sinister, Ex-Khaoz)
Drums: Eric de Windt (Temple, Ex-Sinister, Ex-Severe Torture)


初代Vo.のMike van Mastrigt氏を筆頭に、いずれも90年代SINISTERを支えたメンツですので、これで期待しないSINISTERファンはいないでしょう。サウンドもまさに90's era SINISTERがよみがえったようなスタイルで、テクニカルなデスラッシュを土台にした切れ味あるリフを、CANNIBAL CORPSEと並んでブルータル・デス・メタル方面にも影響を与えたであろうSINISETRのファットでシュレッドなタッチで炸裂させています。初期SINISTERのサタニックなブルタリティーをちょっと薄めて、オールドスクール・テクニカルなテイストを強めたような感じもあるので、MORBID ANGEL, IMMOLATION, SUFFOCATION, etcのファンにもオススメ。とは言っても、やっぱり何度聴いても超SINISTERです!!



stormvold-third.jpg



・STORMVOLD - Third Bestial Mutilation CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

スペインで2012年に結成されたブラック・デス・メタル・バンドのデモ音源をまとめたコンピレーションCDです。スペインと言えばこの男、御大Dave Rotten氏のXtreem Musicからのリリースです。


"Third Bestial Demolition" (Demo 2014) [Tracks 1-4].
"Second Guanche Massacre" (Demo 2013) [Tracks 5-6].
"First Tibicena Brutality" (Demo 2012) [Tracks 7-8].


もう、バンド名で「ん!?」となり、そしてこのジャケで「やっぱりそうか!?」となった人は私だけじゃないでしょう。このバンド、他にもデス/ブラック・メタル・バンドをやっているミュージシャンによる、恐らく世界で唯一のMOLESTEDウォーシップ・デス・メタルなんです!!!個性を捨てて崇拝するバンドのクローンに徹する方法論は、ヘヴィメタルやパンクの世界には昔から存在しますが、まさかMOLESTEDを目指したバンドが居たなんて驚きですし、ワクワクしてしまいます。ノルウェーのMOLESTEDは、INCANTATIONの圧倒的に荘厳な黒さに、北欧ならではのフォークロアな黄昏が漂ってるようなスタイルが最高に渋いわけですが、陽気でのんびり屋のスペイン人によるこのSTORMVOLDはがさすがにあそこまでの冷たさに達してないけど、実際なかなか良くできていると思います。スウェディッシュやフィニッシュとも違う、ブラッケンド風味もある独特の暗黒冷徹リフによるブラスティング・デス・メタルは、あまりそういう聴き方はオススメしたくないんですが、MOLESTEDを知らない人でもカッコいいと思えるでしょう。いやはや、アッパレdeath!!



gravesite-neverending.jpg



・GRAVESITE - Neverending Trail of Skulls CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

Dark DescentやBlood Harvestから作品を発表して、当店でオールドスクール・デス・メタルをチェックしてるお客さんにはそこそこ名は浸透していたUNDEAD CREEPのメンバー3人と、CHILDREN OF TECHNOLOGYとSplitも出してたCANCER SPREADINGメンバーが在籍するイタリアのデス・メタル・バンドです。UNDEAD CREEPは2014年に解散していて、その後すぐにこのバンドが始動したようです。スペインのデス・メタル生き字引 Dave Rotten氏のXtreem Musicからリリースの2017年発表2ndアルバム。

個人的にはMIASMALの二番煎じみたいな印象どまりだったUNDEAD CREEPには全くのめり込めなかったせいもあって、このバンドも2015年の1stアルバムのinfo見てもスルーしてしまいましたが、けっこう評判も良さそうなので今回新作の2ndから入れてみました。そしてこれがハッキリ言ってUNDEAD CREEPより全然良い!!SLAYERやPOSSESSED起源のようなスラッシーなリフと疾走感でダークに深化したNIHILIST, GRAVE, DEATH, etcのような曲調に、AUTOPSYのグルームネスなパートやフレーズも導入したような感じで、スラッシュやらせてもけっこうソコソコいけるであろう小気味良いリフワークのギター・プレイと、疾走感もちょっとAUTOPSYっぽい重さのあるリズム・セクションのコンビネーションも痛快です。メンバーのルックスもかなりパンキーで個性的。Unspeakable Axeリリースをチェックしてるようなオールドスクール・デス・メタル・ファンには確実にオススメです!!



temisto-st.jpg



・TEMISTO - S/T CD 税込1,728円 (Pulverised)

MORBUS CHRONのVo.だったRobert Andersson氏や、正統派スウェディッシュ・メタルのLETHAL STEELメンバーなどによるスウェディッシュ・デス・メタルの2016年発表1stアルバムCD、遅ればせながら入荷致しました。後期MORBUS CHRONを発端にしてTRIBULATIONが更に深化を極めたような近年の北欧プログレッシブ・デス・メタルや、WATAINを総帥とするMetal Of Death連などを堪能してる方には絶対オススメの強力デビュー・アルバムです。

いきなり乱暴な例えをしてしまいますが、DEGIALとNEGATIVE PLANEをミックスしたらこうなるのでは?と言った感じで、文句なしにカッコいいです。デス・メタルの古典的フレーズやリフで組み立てながらプログレッシブな曲展開で、DEGIALが爆発させていたDimension Hatross以降のVOIVODのようなメカニカル・フレーズが爆裂したかと思えば、NEGATIVE PLANEやTRIBULATIONなどの妖艶な哀愁を醸し出すサイケデリックなムーディー・パートへと突入したりと、ドス黒く目まぐるしいのに各要素の表現力がしっかりしてるので、聴いてて煙に巻かれたようなモヤモヤ感は一切ありません。その分、集中力を持続させて聴いてしまいますから、最後まで聴き終わった時の疲労感はありますが、音圧でねじ伏せられる近年のリチュアルなタイプとは全く異質です。プログレッシブ・デス・メタル・ファン必聴!!



underthechurch-supernatural-lp.jpg



・UNDER THE CHURCH - Supernatural Punishment LP BLUE VINYL 税込2,592円 (Pulverised)

限定100枚ブルービニールでアナログ盤入荷!

スウェディッシュ・デス・メタル・シーン黎明期の80年代後期に結成され、活動時には単独作品は残さなかったものの、Dead加入時MAYHEMが残した唯一のスタジオ音源が提供されたアルバムとしても有名な1991年発表デス・メタルcomp.アルバム Projections of a Stained Mind (ANTI-CIMEXやPUKEなどもリリースしていたCBRからのリリース)などへの参加で、初期スウェディッシュ・デス・メタル・ファンには伝説的な存在のバンド NIRVANA 2002のリズム隊が在籍するUNDER THE CHURCHの2017年発表2ndフル・アルバム。今回もシンガポールのPulverised Recordsからのリリースです。

中心メンバーは元NIRVANA 2002リズム隊の2人ですが、他メンバーも改めて調べてみると、これはもう旧友が集合したと言うよりもスウェディッシュ・デス・メタル生き証人結集のような豪華なラインナップであることに気づきます。Vo.のErik Sahlstrom氏はCRUCIFYRE, GENERAL SURGERYでex.MAZE OF TORMENT, ギターはMERCILESSのErik Wallin氏と最初期MERCILESSのMarcus Klack氏という伝説バンドのメンバーばかり。

NIRVANA 2002は、Vo.がENTOMBEDに一時参加したバンドとしても有名ですが、Left Hand Pathと全く同じギター/機材/セッティングでレコーディングしたという逸話もあるオムニバス提供曲は、まさしくENTOMBEDの兄弟的な激渋極上スウェディッシュ・デス・メタルでした。今回もDISMEMBERやENTOMBEDなどの王道の初期型スウェデスを基礎にしながら、グルーヴを強調したり、スウェディッシュ・ハードコア風だったり、スロウ・ドゥーミーだったりと、散漫になることなく曲調にバラエティーを持たせたアルバム構成になってますが、どのアプローチでも非常にキャッチーな感覚があるのはUNDER THE CHURCHの特徴であり魅力かと思います。初期MIASMALやBASTARD PRIESTなどのD-Beatデス・メタル・ファンが大興奮するようなオープニング・ナンバーなんか、ちょっとNO SECURITYみたいでもあります。スウェディッシュ・デス・メタル・ファン大満足の必聴作death!!



desecresy-themortal.jpg



・DESECRESY - The Mortal Horizon CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

フィンランド・カルト・デス・メタル SLUGATHORの元メンバーが2009年に結成したデス・メタル・バンドの、2017年発表最新アルバムです。全く知りませんでしたが、SLUGATHOR同様に地下シーンのファンには評価が高いバンドのようで、この作品は5thアルバムになります。スペインXtreem Musicからのリリース。

そしてこれがもう、フィニッシュ・デス・メタルの病的なダークネスに魅了されているマニアは、今からでも全種そろえた方がいいカルトlowデス・メタル・サウンド全開デス。ドゥーミーでありながらドゥーム・メタルの方法論ではなく、しかしひたすら低く黒いスタイルで、ズバリ言いまして、ETERNAL DARKNESSファン悶絶級のダルダル・デス・メタル!!ダルダルとは、身体がダルいのダルさと、ダウンチューニングで弦がダルダルの、そのどっちの感触でもあります。相手の目を見て会話できない、常に斜め下にうつむいた北欧デス・メタル・ミュージシャンの姿が思い浮かぶようなサウンドで、速いパートも全く速さは感じられません。ENCOFFINATIONなどのファンにもオススメできますが、やはり北欧デス・メタルの伝統が下地にあるので、オールドスクール・デス・メタルの異端バンド好きに堪能してもらいたいです。ABHORRENCEやRIPPIKOULU, そしてANATOMIAファンにもオススメdeath!!

Kyushu Punx!!


*毎週水曜は当店の定休日ですので、受注対応は明日木曜日以降となります。

cut-bootleg.jpg

・CUT - Bootleg CD 税込2,484円 (Kings World)

国内外にファンが多く存在する日本の九州パンクロックの中でも、さらに一部のマニアには熱烈に支持されるCUTの1999年に自主リリースされたカセット音源がKings WorldからCD化!!

SWANKYSのWatch氏、ROBOTSのPACKMAN氏とSPACE INVADERSを結成した故Comic氏が、SPACE INVADERS解散後の1995~1996年にかけてほぼ一人でレコーディングし、他メンバーにCUTの音楽性を伝えるべく制作されたという、まさにComic氏=CUTのコンセプトが凝縮された貴重な音源。"Cut Style" VHSで使われた曲や、Debut 7"デモ音源、SWANKYSのカバーも収録した全13曲!!



people-fairly-cd.jpg

・PEOPLE - Fairly Tale CD 税込2,484円 (Kings World)

久しぶりのリリースとなった2017年シングル Perv Recreationも好評だった九州大分拠点パンク・バンド PEOPLEの1stアルバムが、Kings Worldから遂に初CD化再発!!広島県尾道市で活動してた2009年に、バンド自身の自主レーベル Feminist RecordsからカセットとCDRで当初発表し、その後リップオフのウワサも耐えなかった流通最悪アメリカン・レーベル Damaging Noise Recordsからヴィニール化されるも、長らく入手不可能な状態が続いていましたので、これは嬉しいCDバージョンです。

九州パンクを血統的にも正統的に継承したノイズ・パンクで、脱力グダグダ系ノイズコアでは決してない、オリジナル・パンクのルーツをしっかり踏まえた曲調と演奏なので、リスナーを不快にさせるような公害系ノイズ・パンクとは違って、オブスキュア・カルト・パンク・マニアからジャパニーズ・パンク好きにまで、広くオススメできる好内容です。UK82HCパンクのオブスキュア・バンド風の曲調、スティーブ・ジョーンズ・スタイルのリフ、後期SWANKYS系キャッチー・ナンバーまで、このテのバンドに抱くイメージよりも、パンク・ロックに対する真剣な愛情が感じられるであろう傑作です!!

Mass DIS and DIStraction!!


absolut-svaveldioxid.jpg



・ABSOLUT / SVAVELDIOXID - Split LP 税込2,484円 (Phobia)

カナダ・モントリオールのご存知ABSOLUTと、スウェーデン・ストックホルムのSVAVELDIOXIDによるD-BeatハードコアSplit LP!!ABSOLUTリリースだと今も当店にお問い合わせしてくれるお客さんが少なからずいらっしゃいますが、毎度お待たせしてしまい申し訳ありません。今回はヨーロッパ盤での入荷。裏ジャケのアートを日本のパンクスにもお馴染みのex. PISSCHRIST / 現ENZYMEのYeap氏が担当しています。

言うまでもなくコンセプトはスウェディッシュD-Beatなカップリング・アルバムです。残念ながら活動停止が決まったABSOLUTは会心の爆発っぷりで、メタルコア以前にD-BeatパンクであるABSOLUTとしては、ANTI-CIMEX型野獣D-Beatとメタル・ギターのコンビネーションはここに極まったような感があります。とにかく、過去最狂の荒くれ具合です!!

そしてSVAVELDIOXIDなんですが、ABSOLUT目当てでオーダーしたレコードだったので大してリサーチしてなかったから、ゲートフォルド・ジャケ中のENTOMBED風フォトセッション(どデカイ十字架の前でのアレ)を眺めながら針を落としてノックアウトされていまいました。黒く低く突き進む感触はまるで初期DISFEAR!!リンドベルグが加入してロッキンになる以前の、DISCHARGE, BOMBANFALL, ASOCIAL, SVART PARAD, NIHILIST, などに影響されたような90'sスウェディッシュD-Beatを思い出させる懐かしさで、タイトに引き締めるドラムもカッコいい。と思ったら、ギターはやっぱり2ndの時のDISFEARの人でした。貼り付けた両バンド1曲ずつのサンプルは、レコードで聴く本物の良さが全く伝わってきませんので、絶対にアナログ盤で本物を聴いて下さい。どちらとも文句無しの内容です!!



languid-nosolace.jpg



・LANGUID - No Solace In The Future's Void A Hellish Oblivion 7" 税込1,296円 (D-Takt & Rapunk)

世界中のダイハードD-Beatパンクスからの期待を一身に集める、近年D-Beat最大の収穫と言っても過言ではない大注目株、カナダのヤング・ハードコア・パンクス LANGUIDの7"EPがD-Takt & Rapunkからリリース!!自主制作でリリースした1st LPがオッサン連中を感激させるほどの純正D-Beat作品として日本のマニアにも絶賛されて、昨年ABSOLUTのVo.が来日した時も、「LANGUIDは本当に最高のD-Beatバンドだよ!」と太鼓判を押していましたので、聴いてみたかったパンク・バンドの一つでした。

サウンドはもうホント余計な解説したくなくなるくらいピュア・ファッキンD-Beatアーマゲドン!!カナディアンD-Beatと言えばDECONTROLがSHITLICKERSスタイルの雪崩式D-Beatで人気を集めましたが、このLANGUIDは正統派UKスタイルで、DISCHARGEとDISASTERにちょっとDOOMのジョンみたいなVo.を乗せた、重量感もあるD-Beatです。D-Beat好きを自負して、現代にこれを未チェックのままではモグリの烙印を押されてしまいますので、ぜひとも聴いて下さい。



priceofsilence-architecture.jpg



・PRICE OF SILENCE (Sweden) - Architecture of Vice 12" 税込2,160円 (D-Takt & Rapunk)

D-Takt & RapunkからリリースされたスウェディッシュD-Beatパンクの4曲入り12"。このバンドはMEANWHILEメンバーによるプロジェクトで、ギタリストのJocke氏はNO SECURITY, DISCHANGE, そしてレジェンダリー・スウェディッシュ・デス・メタル CHRONIC DECAYだった人です!!

MEANWHILE自体、もともとDISCHANGEが改名したバンド、と認知してるアラフィフ・パンクスが多いかと思いますが、このバンドは名前で察しが付く通り、Pooch在籍時DISCHARGEを狙ったようなスタイルです。スコットランドのTHISCLOSEのようなジョーク風味はなく、ちょっとCRUCIFIXメンバーのPROUDFLESHみたいな感じもあるアダルトなロッキンPooch era Disパンクが渋いです。MEANWHILEと言えば、Calがレコーディング限定でDISCHARGEに復帰して2002年にS/Tアルバムを発表した後、"Ghostface Democracy"という2005年のEPで復活DISCHARGEにすぐさま追従したようなゴリゴリのメタリックD-Beat作品を発表して、川上君が当時、「MEANWHILEの新しいEP、やられたわ~!」と、嬉しそうに嫉妬してたのが思い出されます。

さて、ここからは出どころが当事者に非常に近いながらも、あまり信用の出来る男ではないため、話題にしない方がいいくらいモヤモヤした言い方で申し訳ないのですが、都市伝説的にちょっとだけ書き残しておきたい話があります。その昔、オーストラリアにもPRICE OF SILENCEというハードコア・パンク・バンドが存在したのをご存知でしょうか?実はそのバンドが、あるD-Beatバンドのアルバム制作に大きく関与したと、昔Distortion Recordsオーナーから聞いたことがある、と、Distortion Recordsとマブダチだった某ベスチャル・デス/ブラック・メタル・レーベル・オーナー氏から最近聴きました。検証してもあまりにも現実味のない仮説なので、ガセとして広まると困りますから具体的な名前は出せませんが、ここから先はスウェディッシュD-Beatマニアは妄想して楽しんでください。中途半端な話ですみません。

Metal Hard!!Punk Free!!




・G.A.T.E.S - Back From The Grave LP UK EDITION 2nd PRESS CLEAR VINYL 税込 2,700円 (Me Saco Un Ojo)

バンドの自主リリースによるLPとCDで大ヒットしたG.A.T.E.Sの1stフル・アルバムの、UKデス・メタル・レーベル Me Saco Un Ojoからのライセンス盤が、クリア・ビニールで再プレス!!MSUOの日本流通はいつも当店が担当していますが、このリリースはあくまでも海外での流通を目的としたライセンス・リリースなので、レーベルは日本への輸出はストップしています。今回の入荷もバンドのギャラ分を還元するための特別入荷なので、バンドの持ち分が終了したらこのバージョンの日本販売も終了となりますので、油断しないで確保しておきましょう。インナーは歌詞とレーベル・カタログの両面プリントになっています。Japanese EditionがTan Coverで、UK EditionがMaroon Coverって、なんか良く知ってる大好きなレコードと似てて最高ですね!!!

東京クラストコア・パンク ANTI AUTHORIZEとLIFEでギターを弾いてきたFutatsugi氏のメタルパンク構想を具体化すべくスタートしたG.A.T.E.Sは、TERROR SQUADのMaekawa氏の正式加入を機に、ここ数年これまでにないくらい精力的に活動してきていますが、今年2017年はその集大成とも言える年で、6月には初の海外遠征でNYでのライブも予定しています。NEPENTHESでも活動して音楽的趣向も幅広いVo.のNegishi氏と、ドラムには全世界中のトゥルー・ヘヴィメタル・ミュージシャンの想いを集約したような音楽をひたすらマイペースに作り続けてきたMAGNESIUMのSamm氏という、三者三様の強力なヘヴィメタル・ミュージシャン諸先輩方が、「パンクにチャレンジする」闘争心を掻き立てられるのは、そこにハードコア・パンクとヘヴィメタルを断絶する垣根として永遠に立ちはだかる「R&R」という本質に真正面からぶつかることができる音楽性と変態性を、G.A.T.E.Sに見出しているからではないでしょうか。G.A.T.E.Sのメンバーには恐らく世で言うR&Rが好きな方もいれば大嫌いな方もいるんではないかと思うけど、DISCHARGEに魅了されたBATTALION OF SAINTSも、R&RゴッドファーザーLemmyのカンにさわってしまうほどキョーレツだったVENOMも、大酒飲みでライブはビックリするくらいペラッペラに薄っぺらいサウンドだったというTANKも、無茶苦茶ではあったけどR&Rとして完璧なまでにシンプルだったようなあの80年代オリジナルな感覚を、ハルマゲドン間近のこのご時世に体現する世界規模で数少ないバンドが、このG.A.T.E.Sでしょう。サウンドだけでなく、ジャケからフォントからレイアウトまで、隅から隅まで完全に現代の感覚とはかけ離れていて、まさに魂のこもった渾身の1stアルバムです!!


2000年初頭より活動を開始。昨今のメタルパンクブームの先駆けバンドとして数々のリリースがあるがコレがなんと満を辞してのファーストフルアルバム!2016 年夏より西東京の最早聖地として名だたるレコーディングスタジオNOISE ROOMにて半年間かけて録音された音霊は一旦アメリカに渡り昨今ではPOISON IDEAのレコーディングをも手掛けた、エンジニアとしての評価も高いTOXIC HOLOCAUSTのJOEL GRINDがマスタリングを担当!!

縦横無慈悲に暴れ回る進化を拒んだ生ける化石の如きドラム!に今作品より正式に加わったストレート且つテクニカルなベースを軸にアグレッシブに時折メロディックに駆けヌケるエレクトリックなギター、そしてそれらバックを束ねる、繊細且つケモノの如き雄叫びをあげるボーカル!三重doom BLIND WITCHそして昨今では再びSABBATでギターをプレイするElizaveat氏によるカバーアートとゲストボーカル東京 Metalanarchy Terror Squad 宇田川氏のシャウトがそれらを更に助長させる完璧な仕上がり!!ヘヴィメタルとパンクロックにおいて百戦錬磨の戦いをくぐり抜けて来た男達によるメタルパンク ロックンロールに地獄を見よ!!

再録を含む全11トラック収録!

収録曲
1. MR-666(instrumental)
2. Screaming Sinner
3. Demoncrusade
4. Dead Emotion
5. Oppressions
6. Back from the Grave
7. Dogs of Lust
8. Hatebringer
9. Nerve
10. Selfish/Selfless
11. A Traitor or A Martyr

(インフォメーションより)




gates-backfrom-zip.jpg

・G.A.T.E.S - Back From The Grave ZIP HOODED SWEAT SHIRT 税込4,860円

パーカーも発売中!東京メタルパンク G.A.T.E.Sの新作マーチャンダイズ!!こちらは当店RECORD BOY販売限定で、バンド自身のライブ会場販売は行われません。

前回好評だったフロント左胸にElizaveat氏描きおろしニュー・ロゴをプリントしたジップアップ・パーカーですが、今回はグレー・ボディーでプリント・カラーがブラウン。そしてバックプリントがBack From The Graveアルバム・ジャケ・アートになっています。

ボディはGildanで、サイズはMのみ。


* こちらの商品は申し訳ございませんが「1万円以上お買い上げで通販送料/代引手数料無料サービス」対象外の商品となります。ご了承ください。







・SNAGGLETOOTH - The One Who Sang The Blues TAPE 税込864円 (Exit Music)

シンガポールのメタルパンク・バンド SNAGGLETOOTHが、MOTORHEADレミーの命日である12月28日にトリビュート・リリースした2017年発表3曲入りスリップケース入りカセット。メンバーは日本のパンク・ショップ界隈でも話題となったGBHウォーシップ・パンク CBHなどもやってる連中で、ベース&Vo.のApit氏はKRIEGSHOGやISTERISMOメンバーなんかとも親交があり、当店も過去デモをちょっとフリー・サンプルでもらったりしてました。他にもいくつかリリースはあったけど、当店で入荷するには至らず、今回このカセットのオファーをいただいて久しぶりに聴きましたが、いやはやビックリです。東南アジアのお遊びMOTORHEADishセッション・バンドとなめてかかるとブチのめされますよ!!

バンド名通りのMOTOHEADウォーシップ・バンドで、お馴染みのフレーズなんかもポンポン出てくるので、コンセプト自体はCBHとさほど変わらないのかも知れません。しかし、欧米のモーターチャージド・パンクとか言ってる連中なんかより数倍しっかりしていると断言致します。彼らはG.A.T.E.Sの大ファンでもありますが、Apit氏などはCHURCH OF MISERYなども熱心に聴きまくり、「俺はちゃんとR&Rのルーツを探求しているバンドに敬意を抱いてるから、自分らもそれを絶対に忘れないように心がけている」と言い切っていましたが、それを有言実行できている世界でも数少ないバンドではないでしょうか?個人的にロッキンなメタルパンクはあまり好んで聴いてこなかったけど、それはこういったちゃんとルーツを見つめないではしゃいでるだけのようなバンドが大半だったから、だと改めて実感した次第です。G.A.T.E.Sファンは絶対必聴。ゴキゲンにオススメです!!







・BARROW WIGHT - Kings in Sauron's Service LP 税込2,916円 / CD 税込1,728円 (Stygian Black Hand / Heavy Chains)

再入荷!

カナダ・オタワで2006年に結成されたパンク・ヘヴィメタル・バンドの2016年発表1stアルバム。2014年にDying Victimsから7"も出ていて、ZEX, ICE WAR, etcのJo氏も過去に在籍していたそうですが、これはノーマークでした 、、、。レーベルからのインフォメーションが、「VENOMミーツAMEBIX」なんていう解説だったので、またまた安易で無責任な事言ってくれるなー、と期待度ゼロで試聴してみたら、これがビックリ仰天、ホントまんまVENOMミーツAMEBIXで凄い!!!まるでMonolithアルバムのコンセプトでVENOMが演奏してるみたいな感じで、たまにモロパクリなパートもあったりしますが、VENOMを核にしながらもロッキンなスラッシュにはならずに踏み止まり、AMEBIX影響下と名乗っておきながらAXEGRINDERの要素しか見えてこないメタルクラストの失敗例のようにもならず、若者がここまでやればお見事、アッパレです。HAWKWINDもバックグラウンドにあるそうで、その70年代ヴィンテージ志向を背伸びしすぎて安易に打ち出さず、ちょっとSAW THROATのアルバムみたいな感じでバッキングにサイケなトッピングしているのも効果的だと思います。

オリジナル・リリースはオーストラリアのレーベル Heavy Chains RecordsによるCDで、こちらはNYのStygian Black Handによってヴィニール化された限定300枚LP。ラベルがBlack Dragonなのが最高です。Heavy Chainsは早くからこのBARROW WIGHTをサポートして、デモも過去にリリースしてきたようですが、残念ながらデモはもう入手不可能。この1stアルバムのCDバージョンは今からすぐにオーダーして、遅ればせながら当店も激プッシュしていこうと思います。久々登場の大注目大推薦パンク・メタル!!

Anti-Goth!!






・EXPANDER - Endless Computer REGULAR LP 税込 2,160円 / CD 税込1,836円 (Nuclear War Now!)

CDも到着しました!!

USテキサスから登場した正体不明メタルパンクスの1stアルバムが、NWNからリリース。完全にふざけてるファッションと趣味の悪い色彩センスで、ROCKING DILDOSなんかを思わせる、有名メタルヘッズによるパンク・プロジェクトでは?と勘ぐりたくなりますが、何者かは私も知りません。IMPALERS, IRON AGE, POWER TRIP, MAMMOTH GRINDERなどのテキサス・パンク/クロスオーバー・シーンと交流があるようなので、Chaos in Tejasオーガナイザー周辺の連中かと思われます。

「ちょっと気に入ったメタルパンク・バンドがいるんだけど、ぜひともRECORD BOYショップとしての意見が聞きたい」と、もう1年以上前にNWNから紹介されてたんですが、その時は全くチンプンカンプンで、一体どこが気に入ったのか理解できなかったけど、こうしてアルバムが完成して聴いてみると、現代のメタルパンク主流にさほど興味のないNWNが気に入ったのもわかる気がします。オールドスクールな疾走感のドライビン・スラッシュですが、リフは刻みでもロッキンでもなく、全編CELTIC FROST型のリフで構成されていて、これがかなり良いです。ミドルテンポのパートになると、ちょっとUKブリストルのSALUTEみたいな、あの感じです。でもCold Lakeのようなアプローチにはしてないし、あとなんかジャケとキャラで強調してるサイバーな感じも全然ないので、微妙にニュアンスの違う「メタルパンク」と「クロスオーバー」の中間のような雰囲気で上手くまとめています。こういう音なら、このキャラ設定はちょっと損してるように思いますが、メタルパンク/クロスオーバー・スラッシュ・ファン要注目です!!







・WRATHPRAYER / FORCE OF DARKNESS - The Wrath of Darkness SPLIT DIE HARD LP 税込5,400円 (Nuclear War Now!)

Temple of Abominationから7"アナログ化された2010年1stデモが世界中のウォーブラック・マニアから絶賛されたベスチャル・ブラック・デス・メタル WRATHPRAYERと、オールドスクール・デスラッシャーも熱狂するおなじみFORCE OF DARKNESSによるチリアン・サタニック・デス・メタルSplitアルバム。この作品、他のNWN!リリースよりもコストがかさんだそうで、CDも値段が高かったんですが、アナログ盤は仕様も相当豪華です。ジャケはゲートフォルド・スリーブで、グリーン・ビニールのダイハード・バージョンはスリップケースのアウターカバーに収まり、ブックレット/ステッカー/両バンドのダイカスト・ピンバッジ付きで、ダブル・アルバム並みのデラックス・エディションとなっています!!

Ross Bay Cultが、PROCLAMATIONと並んで以前から期待を寄せ支持を表明していた WRATHPRAYERは久々の登場です。The Sun of Moloch: The Sublimation...アルバムで到達した、荘厳且つ鈍いベスチャル・デス・メタル・サウンドは健在で、1stアルバムが好きだった人には大満足の内容でしょう。DIOCLETIANやVASSAFORなどのオセアニアのバンドの冷たさに似たところもありますが、リチュアルよりもプリミティヴが強いのが魅力です。

そしてFORCE OF DARKNESSに突入すると、WRATHPRAYERが支配した重苦しさから一転して、一気に切れ味と瞬発力が爆発したようなカッコよさがあります。BATHORY起源のプリミティブ・ブラック・スラッシュを南米テイストで見事なまでに表現しきっていて、乱暴な言い方をしてしまいますと、NIFELHEIMがパーフェクトな姿かたちを目指すと、FORCE OF DARKNESSみたいになるのではないでしょうか?オールドスクールなテクニカル・リフが今回もさえわたっていて、特にクレイジー・フレーズ大爆発でドラマチックなナンバー "The Order"は、AURA NOIRファンも悶絶&Dieのカッコよさ!!!







・DREADFUL RELIC - Combat Alchemist 7" 税込1,296円 (Nuclear War Now!)

ギリシャ DER STURMER, アメリカ DEMONCY, フィンランド GOATMOONメンバーという、なかなか強烈なブラック・メタル・ミュージシャンが集まったインターナショナル・プロジェクト・バンドの7"EPがNWN!からリリース。SAMAELカバーを含む3曲入りです。

一発目のギターが鳴った瞬間にCELTIC FROSTファンも思わずガッツポーズしてしまうような極上のトムGリフで幕を開けます。SAMAELのカバーもやってるように、HELLHAMMER ~ CELTIC FROSTウオーシップを打ち出したスタイルですが、参加ミュージシャンの本業バンドほどの極悪ロウ・ブラック・メタルではないけど、独特のプリミティブな曲調も渋くてカッコいい。2曲目はアンビエント・ナンバーなんですが、コレもどこかCELTIC FROSTの"Danse Macabre"なんかを思わせるような妖しさを感じるのは、考えすぎでしょうか?本作の後にすぐにLPもNWN!から出たんですが、まんまとダイハード・バージョン逃してしまいました・・・(このEPはダイハード・バージョンは存在為ません)。真性ブラック・メタル・ファン以外も要注目のオールドスクール・ブラック・メタルです!!
01 | 2018/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR