RECORD BOY

Metal Deadness!!




・DEATH SQUAD (Netherlands) - Into the Crypt 2LP 税込3,996円 (The Crypt)

1991年に結成され、90年代にアルバム2枚を発表していたオランダのデス・メタル・バンドの1994年1stアルバムが、1992年の1stデモもボーナス収録した13曲入りでThe Cryptから再発。先にDark SymphoniesからCDで再発されてましたが、アナログ盤2枚組で限定500枚リリース。今回はltd.150枚のクリア・ビニールで入荷しました。


Tracks 1-8 : Into the Crypt CD (1994年)
Track 9-13 : Dying Alone DEMO (1992年)


No RemorseからのLPが日本にもたくさん入ってきてたSACROSANCTのメンバーなどと親交のあったバンドのようですが、こちらのバンドは発表したアルバム2枚とも自主制作でリリースしていて、ほとんど知られていない存在だったようです。サウンドは90'sダイナミズムが大爆発してして、ASPHYXやPESTILENCEなどのダッチ・デスのブルタリティーと、SOLSTICE, MALEVOLENT CREATION, DEMOLITION HAMMER, etcのMorrisoundデスラッシュのミックスのようなハードコア・デスラッシュで暴走しまくっています。リフやフレーズもSLAYER, POSSESSED, SEPULTURAなどをお手本にしたようなものが多く、これはSACRIFICIALやCABALなどの発掘再発に狂喜したデスラッシャーは絶対に大興奮でしょう!!





・EPITAPH / DARK ABBEY - The Fleshcrawl Tapes '91-'92 / Blasphemy LP 税込3,240円 (The Crypt)

1992年発表1stアルバムのCDが再発されるたびに即完売して、近年の再発盤までもしばらくプレミアが付いて取引されていた、北欧デス・メタル・マニアに大人気のバンド、スウェーデンのEPITAPHのレア音源集が、The Cryptからアナログ盤もリリース!2010年に2枚組のアナログ盤のみで、MCMXC-MCMXCIIというタイトルのコンピレーション・アルバムが出ていたけど、本作に収録されている音源は全て、厳密に言うとEPITAPH名義で発表したものではありません。MCMXC-MCMXCII 2枚組LPにも収録されていた前身バンドのDARK ABBEYの1990年デモと、そして既にEPITAPHを名乗っていた1991~1992年の録音ながら、FLESHCRAWLという名前で録音したサイド・プロジェクトの音源を収録しています。


1. Epitaph (Fleshcrawl) - Blood in Your Face
2. Epitaph (Fleshcrawl) - A Festered Cyst
3. Epitaph (Fleshcrawl) - Final Plea
4. Epitaph (Fleshcrawl) - Corpse Gigolo
5. Epitaph (Fleshcrawl) - Sickly Baptized
6. Epitaph (Fleshcrawl) - Dead Woman
7. Epitaph (Fleshcrawl) - Sexual Grave Blasphemation
8. Epitaph (Fleshcrawl) - Final Plea (Live)
9. Epitaph (Fleshcrawl) - Blood in Your Face (Live)
10. Epitaph (Fleshcrawl) - RIP You Without Care (Live)
11. Dark Abbey - Blasphemy
12. Dark Abbey - Everything Will Decay
13. Dark Abbey - Desecrated Tomb
14. Dark Abbey - No Anesthesia


「FLESHCRAWLって、あのMorbid RecordsのEPのバンドか!?」と思ってしまう人も少なくないでしょうが、あれはドイツのバンドでしたからもちろん違います。このFLESHCRAWLは、ほぼ不動なラインナップのEPITAPHメンバー3人に1人加わった4人編成で、しかも若干のパート・チェンジもあるからややこしいです。ベース&ギターのNicke Hagen氏が楽器を持たずに専任Vo.となり、代わりにDaniel Robertssonなる人物がベースで参加しているのですが、この人物が実はEPITAPHのメンバーに多大な影響を与えていて、EPITAPHメンバー全員や、THERION, CAROBONIZEDなどのChristofer Johnsson氏も、このDaniel Robertsson氏のレクチャーによってデス・メタルにのめり込んでいったそうです。そしてその影響力を物語っているのがFLESHCRAWLのサウンドで、AUTOPSYにインスパイアされたというそのスタイルは、EPITAPHとはかなり違ってゴア&アグリーなraw&lowシック・デス・メタルで激シブい!!AUTOPSYとCARCASSに影響を受けたフィンランド・デス・メタル、みたいな、ところどころロック・テイストもあるフレーズがあったりして、これは非常に興味深いです。DARK ABBEYのデモも今回が初CD化だと思いますが、EPITAPHよりもアメリカン・デス・メタルの影響がダイレクトに出たようなカッコよさで、フロリダDEATHやNIHILISTにもあったスラッシュ・ルーツのリフ&疾走感でダークに突進するスタイルが、デスラッシャーもノックアウト必至でしょう!!







・TRAUMATIC - The Process of the Morbid Demos CD 税込1,728円 (Dark Recollection Demos)

Distorted Harmonyからの7"が有名なスウェディッシュ・デス・メタル・バンドの初期デモと7"をまとめたコンピレーションCDです。レーベル名はDark Recollection Demosとなっているので、Dark Recollection prod.と同じ出所?(と思ったら、関係ないそうです、すみません!)このCDはまだオフィシャル・ディスコグラフィーとして記録してるアーカイブ・サイトも少なく、どうもグレーなリリースのようです。そもそも元々Distorted Harmonyも白黒ハッキリしないリリースも多いレーベルでしたので、まぁメキシコならではのCDと言った感じでしょうか。TOXODETHやGrinding Syndicateなど、メキシコ盤CDにはオフィシャル・リリースでも頻繁にあるけど、デジタル・ノイズが薄く入ってる箇所があります。


"The Process Of Raping A Rancid Cadaver" DEMO (1990年)
01 A Putrid Reek Of Mangled Remains
02 The Process Of Raping A Rancid Cadaver
03 The Bitter Taste Of Human Waste
04 Genital Grinder

"A Perfect Night To Masturbate" DEMO (1991年)
05 A Perfect Night To Masturbate

"The Morbid Act Of A Sadistic Rape Incision" 7" (1991年)
06 The Morbid Act Of A Sadistic Rape Incision
07 The Grotesque Mutilation Of Infested Organs


しかしTRAUMATICのサウンドは文句なしにカッコいいです。UKの初期デス・メタルとも共通するハードコアの土台が強いロウ・ブルタリティーで、NIHILISTやENTOMBEDなどのスウェディッシュ・デスと、NAPALM DEATHやBOLT THROWERなどのUKデスのミックスのような感じすらあります。ここに収録されてるデモ2種も7"も、全音源必聴。ストーナー・デス・メタルへと深化して以降のアルバムも含めて、ぜひともしっかりした形での再発が望まれる初期スウェディッシュ・デス・メタル・グレート・バンドです。







・ABSORBED - Reverie 2CD 税込1,944円 (Xtreem Music)

1990年代に活動したスペインのデス・メタル・バンドのディスコグラフィー2枚組CD。スパニッシュ・デス・メタル生き字引 Dave Rotten氏のXtreem Musicからのリリースです。


CD1
Tracks 1-10 : "Reverie" (1996年未発表アルバム)
Tracks 11-14 : "Avowals" Split CD (1994年)

CD2
Tracks 1-4 : "Abstract Absurdity" EP (1992年未発表7")
Tracks 5-10 : "Unreal Overflows" DEMO (1992年)
Tracks 11-15 : "Chronogical Turbulence" LIVE (1996年)
Tracks 16-17: "Rehearsal Promo '91" DEMO (1991年)


個性的なバンドの多かったスペインの初期デス・メタルらしい素晴らしさで、このディスコグラフィーCD自体は2013年にリリースされていたようですから、「もっと早く聴いてたかった!」と思わせられましたし、なぜもっと話題にならなかったのかな?と不思議にも思います。テクニカルなタイプのデス・メタルですが、NOCTURNUSやTIMEGHOULなども彷彿させるSF風味に、同じスペインのNECROPHILIACや、フランスのCATACOMBなどにも通じるダーク・エピックなギターも乗せていて絶品。未発表アルバムがちょっとアヴァンギャルドな深化を遂げていて、これがまた激渋で、フランスSUPURATION, オランダ PERPETUAL DEMISE, フィンランド XYSMA, スウェーデンDECOLLATION, etcのファンにはたまらないでしょう。素晴らしきスパニッシュ・カルト・オブスキュア・デス発掘盤!!







・ELECTROCUTION - Inside the Unreal + Demos 2CD 税込2,160円 (Dark Symphonies)

イタリア・ボローニャ出身のデス・メタル・バンド ELECTROCUTIONの1993年発表1stアルバムが、デモ音源をまとめたボーナス・ディスク付きの2枚組CDでDark Symphoniesから再発。オリジナルはDEATH SSの初期名作各種や、RAW POWER, NEGAZIONEなどのハードコア・パンク・バンドの90年代作品などもリリースしていた大手のContempo RecordsからLPとCDでリリースされて、どちらも初期デス・メタル・マニアに人気の高いメガレア盤と化していますが、本作は2012年にも限定500枚のデジパックCDで1度再発されていて、当店でもマニアの方々からお問い合わせいただいていた人気作です。このたび、Dark Symphoniesからコンテンツ増量で再発されてめでたく入荷できたけど、オリジナル・レーベルのContempo Recordsはまだ存在するレーベルで、2017年にNEGAZIONEのボックスセットなど各種名作を再発してちょっと話題となり、当店と付き合いのあるようなDIYインディペンデント・レーベルではあまり評判の良くない会社だったのが気になります。恐らくこのDark Symphonies盤もワンショットの再発となるでしょうから、前バージョンのデジパックCDを買った人も油断せずに確保しておきましょう。


CD 1:
01-10 : "Inside the Unreal" LP (1993年)

CD 2:
01-05 : "No Rest in Peace" Demo (1990年)
06-11 : "The Real Doom" Demo (1991年)
12-16 : "Remains" Demo (1992年)
17-20 : "Water Mirror" Promo (1994年)


サウンドはSLAYER起源の低く黒い刻みリフでズグズグ進行しながら、起伏の激しい曲構成とメロディックなギター・ソロで畳みかけるように突き進むダーク・スラッシュ土台のデス・メタルで、これはスラッシャーも狂喜するカッコよさです。邪悪な低音ボイスと曲構成はかなりSchizophrenia~Beneath The Remains辺りのSEPULTURAを彷彿させ、そこに乗るメロディック・ソロも絶品です。SEPULTURA, DEATH, MALEVOLENT CREATION, PESTILENCE, MORGOTH, etcのファン必聴の激レア名作デスラッシュ・クラシック!!







・DERACINATION - Times of Atrocity 2CD 税込2,160円 (Dark Symphonies)

オーストラリア出身デス・メタル・バンドの1992年に発表した唯一のアルバムが、前身バンド時代も含むデモ音源収録のボーナス・ディスク付き2枚組CDでDark Symphoniesから再発。世にも珍しいクリスチャン・デス・メタル・バンドだったということもあり、自主制作でリリースしたオリジナルCDは信じられないような高額で取引されているという、知られざる超幻級のカルト・バンドです。


CD 1:
01-10 : DERACINATION "Times Of Atrocity" ALBUM (1992年)
11-19 : DERACINATION "Sacrificial Death" Demo (1993年)

CD 2:
01-07 : HOLY RITE "Mosh For The Master" Demo (1989年)


そしてサウンドもまさにカルト以外の何物でもないような凄い内容です。ガテラルなlowボーカルとハードコア・スラッシュ基礎のパーツにはデス・メタルらしさがありますが、良く聴くとデス・メタルのようでデス・メタルじゃない、と言うか、何も考えずに思いついたリフの上に、何も考えずに思いついた歌詞と、何も考えずに思いついたソロをただ乗せたような、垂れ流し状態のクソ・デス・メタル!!デス・メタルの最大の醍醐味は苦悶を音に乗せたような深みなのに、そういったモノを何も理解せず、まさか本当にこの楽曲と演奏で神の教えを説こうとしてるのでは?と思えるほどに工夫もなにもないZ級デス・メタルです。あ、いや、4曲目の"Death By Fire"あたりからはもはや1周回って、最高に極上のSLAYER影響下ハードコア・ゴミ・デスラッシュに聴こえてきた。これがWild RagsかNew Renaissanceから出てたら絶対に欲しいぞ。そしてトドメはボーナス・ディスクの前身バンド HOLY RITEのデモ Mosh For The Master!!ナンセンスきわまりないタイトルの10倍以上のゴミ・クロスオーバー・スラッシュ大爆発で、これはI.N.C.ファン必聴!!こんなもん、絶対にオリジナル盤に数万円も払いたくないのでオススメの再発盤death!!

12 | 2018/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR