RECORD BOY

SABBAT & METALUCIFER Official DVDR!!


sabbat-2017asakusadeathfest-dvdr.jpg

metalucifer-2017-8-13-dvdr.jpg

・SABBAT - Asakusa Deathfest DVDR 税込1,944円
・METALUCIFER - 2017.8.13 Nagoya Huck Finn DVDR 税込1,944円

SABBATの2017年Asakusa Deathfestでのライブをフルで収録したDVDRと、METALUCIFERの2017年8月13日今池ハックフィンでのライブをフルで収録したDVDRが、どちらも各限定100枚オフィシャルで発売!!たくさんご予約いただきましたが、少量店頭販売分残っています。

PCでの再生も可能ですがGOM PLAYER等が必要の場合があります。

どちらもフル映像でノーカット。チャプター分けしてあります。

後方からの固定カメラと、もう1台での2カメでの映像です。

Anti-Goth!!







・EXPANDER - Endless Computer DIE HARD LP 税込2,916円 / REGULAR LP 税込2,160円 (Nuclear War Now!)

USテキサスから登場した正体不明メタルパンクスの1stアルバムが、NWNからリリース。完全にふざけてるファッションと趣味の悪い色彩センスで、ROCKING DILDOSなんかを思わせる、有名メタルヘッズによるパンク・プロジェクトでは?と勘ぐりたくなりますが、何者かは私も知りません。IMPALERS, IRON AGE, POWER TRIP, MAMMOTH GRINDERなどのテキサス・パンク/クロスオーバー・シーンと交流があるようなので、Chaos in Tejasオーガナイザー周辺の連中かと思われます。ダイハード・バージョンはレッドビニールでパッチ&ステッカー付きです。

「ちょっと気に入ったメタルパンク・バンドがいるんだけど、ぜひともRECORD BOYショップとしての意見が聞きたい」と、もう1年以上前にNWNから紹介されてたんですが、その時は全くチンプンカンプンで、一体どこが気に入ったのか理解できなかったけど、こうしてアルバムが完成して聴いてみると、現代のメタルパンク主流にさほど興味のないNWNが気に入ったのもわかる気がします。オールドスクールな疾走感のドライビン・スラッシュですが、リフは刻みでもロッキンでもなく、全編CELTIC FROST型のリフで構成されていて、これがかなり良いです。ミドルテンポのパートになると、ちょっとUKブリストルのSALUTEみたいな、あの感じです。でもCold Lakeのようなアプローチにはしてないし、あとなんかジャケとキャラで強調してるサイバーな感じも全然ないので、微妙にニュアンスの違う「メタルパンク」と「クロスオーバー」の中間のような雰囲気で上手くまとめています。こういう音なら、このキャラ設定はちょっと損してるように思いますが、メタルパンク/クロスオーバー・スラッシュ・ファン要注目です!!







・CHAOS ECHOES - The Unfathomable EP ONE-SIDED 12" 税込2,160円 (Nuclear War Now!)

フランス出身エクスペリメンタル・デス・メタルの2017年新作1曲入り12"が、NWN!からリリース。NWN!オーナーが今一番入れ込んでいるバンドの一つと言っても過言ではない存在で、その要因の一つに、アートワークなどジャケットの高い芸術性にあります。今回のジャケは盤の出し入れ口が正面から見て通常とは逆の左側になっていて、その出し入れ口を覆うように帯と一体化したアウター・シートが付いてます。ダイハード・バージョンは存在しない、再プレス無しの250枚限定です。

Blood HarvestからリリースもあったBLOODY SIGNが解散して生まれたバンドで、ドラマーはNECROWRETCHの人でもあります。恐らくNWNレーベル史上最も前衛的な内容で、これぞまさしくサウンドスケープと呼ぶにふさわしい、音階無きエフェクトで情景を描写したようなパートが16分にも及びます。SUNN O)))などのファンにもアピールするであろう作品ですが、このバンドが他のドローン・ドゥームと一線を画すところは、これをバンド・アンサンブルで表現している点かと思います。リズムはないけどドラムが金物鳴らしてますし、あとよ~く聴くと低いノイズかエフェクトのように聴こえるところはVo.が唸ってたりしていて、アンビエント/エクスペリメンタルものに精通していない自分のような者でもなかなか楽しめたりしました。このバンド追ってる人は、ぜひこれも逃さないでおいてください。

Metal Deadness!!






・DEGIAL - Predator Reign LP 税込2,592円 / CD 税込2,160円 (Sepulchral Voice)

WATAINが総帥として頂点に君臨するスウェーデンUppsala地方のデス/ブラック・メタル派閥 Metal Of Deathを象徴するようなキャラクターと音楽性で、現在のMetal Of Deathの中枢のような存在と言っても過言ではないDEGIALの2017年発表10曲入り3rdアルバム。今回もドイツのSepulchral Voiceからのリリースです。

メンバーはギター&Vo.のHampus Erikssonがex.INVIDIOUS, ドラムのEmil Svenssonがex.GRAVELESS / ex.VETERNUS / REPUGNANT, そしてもう一方のギターのRickard Hoggrenの3人は結成以来不動で、この3人は2004年結成のDEGIAL OF EMBOS名義の前進バンド時代からのオリジナル・メンバー。さらに前作からレコーディングにも参加して正式メンバーとなったベースのP.J:は、フィンランドのVORUMでギター&Vo.を担当するJonatan Johanssonです。ちなみに、Hampus ErikssonとEmil SvenssonはWATAINのサポート・メンバーでもありますので、たぶん2015年のWATAIN来日の際はこのDEGIALの2人も引き連れていたと思います。

WATAINの邪悪性を継承するMetal of Deathバンドの多くは、伝統的なスウェディッシュ・デス・メタルとは一線を画す混沌且つ爆裂したデス・メタル・サウンドが特徴で、このDEGIALもMORBID ANGEL影響下のカオティックなリフ・ワークと畳みかける攻撃的な展開が特徴です。オールドスクールなテイストもあるので、所謂クトゥルー系デス・メタルのカオスとは明らかに違い、TRIBULATIONがBlood Harvestから7"出した時を彷彿させるのも魅力ですが、今回はこのオールドスクールなリフやフレーズがかなり痛快で必殺級にキマりまくってます。時にPOSSESSEDだったり、また時にはVOIVODすら彷彿させていて、"Crown Of Fire"での反復パターンとフレーズはもはや"Dimension Hatross"期VOIVODとMORBID ANGELの融合のようなすさまじさで、これはすさまじいまでにすさまじい!!!最高!!!デス・メタルのカオティックな爆裂感は全く失せていませんが、オールドスクール感は本作が一番強いかも知れません。必聴&dieee!!!







・GLORIFICATION - Against all Adversity-A Hymn of Demonic Victory CD 税込1,500円 (Deathrash Armageddon)

MASTER OF CRUELTYやATOMIC CURSEのメンバーなどが在籍するパラグアイのブラック・デス・メタル・バンドの1stアルバムCDが、Deathrash Armageddonからリリース。

FORCE OF DARKNESSなんかのチリのバンドにも通じるブラック・デスラッシュ・メタルに、WATAINやDARKTHRONEなどの北欧ブラック・メタルからの影響も加えたようなMASTER OF CRUELTY "Archaic Visions of the Underworld"アルバムの完成度の高さは本当にビックリしましたが、このGLORIFICATIONはあそこまで耽美なドラマ性は強調せず、しかし北欧ブラック・メタルのクォリティーにも引けを取らないスタイルで、やはりなかなか聴き応えのあるアルバムに仕上げています。CELTIC FROSTっぽいドライビング・パートやスピード・メタル土台のオールドスクールな疾走感など、80'sスラッシュっぽい部分も時折顔をのぞかせるけど、曲調/フレーズ/展開ともにアイデアも豊富で、派手なドラマ性はなくてもこの完成度は見事です。FORCE OF DARKNESS, THE CHASM, DARKTHRONEなんかをミックスした感じ、と言ったら褒めすぎでしょうか?オススメです!!







・ACEPHALIX - Decreation DIGIPACK CD 税込1,728円 (20 Buck Spin)

NECROT, VASTUM, etcのメンバーが在籍するUSサンフランシスコ出身デス・メタル ACEPHALIXの2017年発表3rdアルバム。20 Buck Spinからのリリースで、CDはデジパックです。

USポートランドのBLACK BREATH, NYのBLACK ANVIL, スウェーデンのMIASMALなどと並んで、現代のデス/ブラック・メタルとハードコアのクロスオーバーを体現している代表的バンドの一つです。ギタリストのKyle氏が、POISON IDEA, DEATHCHARGE, the RIFFS, DEFIANCEなど、ポートランド・パンク・シーンの中だけで見ても様々なタイプのバンドでプレイしてきた人物ですが、この新作はゴリゴリのメタル・クラストとデス・メタルの中間のようなスタイルで、以前よりも重量感を増した感触は完全にデス・メタルながらも、曲調はBOLT THROWERのリフで構成しつつ疾走パートを中心にしています。WARMASTER, STORMCROW, MIASMAL, COFFINS, etcと共通する雰囲気を放っていて、Unspeakable Axe所属のハードコア寄りデス・メタル・バンドや、クラスト・パンク・サイドからのデス・メタル・アプローチが好きなメタルクラスティーズにもオススメdeath!!
12 | 2018/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR