RECORD BOY

EVIL (Tokyo, Japan) - Rites Of Evil TAPE USA VERSION w/ PATCH


evil-rites-ustape.jpg

・EVIL (Tokyo, Japan) - Rites Of Evil TAPE USA VERSION w/ PATCH 税込1,620円 (Headsplit)

USカセット・バージョン入荷!!当初カセットはタイのIn Coffin prod.からもリリースされてましたが、昨今はUSでもカセットの需要が高まってるとのことでリリースされたUSバージョンです。今回は特別にバンド制作のパッチとセットでの販売!!あと、帯&日本語ライナー付レギュラー・バージョン・ブラック・ビニールLPも再入荷してますので、逃してた人はぜひチェックしてください!!


EVIL (Tokyo, Japan) :

2011年結成。平成生まれの少年たちによる80s スラッシュメタルリバイバルバンドとして注目され自主デモCDRを500枚以上無料配布した事でも話題となった国産邪悪スラッシュメタル、EVIL。

スラッシュメタルでもデスメタル誕生を促したといえるHELLHAMMER, SODOM, SEPULTURA, BATHORY, SARCOFAGOなど80年代のスラッシュメタルシーンの中でも特に過激で邪悪なバンドから多大な影響を受けた楽曲でスラッシュメタル全盛期をリアルタイムで通過した1960~70年代生まれのメタルヘッドから絶大な指示を受ける。

2014年に日本の若手デス・グラインドバンド、LURKING FEARとスプリットアルバムをObliterationからリリースし国際的にも認知度を上げる。

2017年夏に待望のファーストアルバムをリリース。CDは日本のObliterationから、アナログレコードはSABBATやBLASPHEMYなどブラックメタルシーンのカルトバンドを多数リリースするアメリカのNuclear War Now! から (帯・ライナー付き日本限定カラー盤はBOYレコードとはるまげ堂にて販売)、カセットテープヴァージョンはタイのInCoffinからのリリース。

収録曲
1. 除夜 Nightmare Bells (Joya)
2. 呪縛 The Curse (Jubaku)
3. 串刺し Transfixion (Kushi-zashi)
4. 八つ裂き刑 Yatsuzaki (Yatsuzaki-kei)
5. 曼荼羅 Mandala (Mandala)
6. 卒塔婆の剣 Sword of Stupa (Sotoba-no-tsurugi)
7. 死に晒せ Give 'em Hell (Shini-sarase)
8. 毘沙門天 Bishamonten (Bishamonten)
9. 無間地獄 Eternal Hell (Mugen-jigoku)
10. 邪悪を讃えよ Rites of Evil (Jāku-o-tataeyo)
11. 阿修羅 Asura (Asura)
12. 残虐集会 Brutal Mass (Zangyaku-shukai)

(インフォメーションより)

Metal Thrashing Rage!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩完了できなかったメタル系商品を先ほどカートップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。



hades-resisting.jpg



・HADES - Resisting Success 2CD 税込2,160円 (Dark Symphonies)

後にWATCHTOWERに参加するAlan Tecchio氏が在籍したことでも知られる1978年結成NY産パワー・メタル・バンド HADESの1987年発表1stアルバムが、ボーナス・ディスク付き2枚組CDでDark Symphoniesから再発。ブックレットが充実していて、SHEER TERROR, HADES, SAVAGE THRUST, なんていう強烈すぎる3バンドでのライブ・フライヤーも載ってます!!

WATCHTOWERに加入したのはシンガーのAlan Tecchio氏だけですが、このHADESの1stもテクニカルなスラッシュ/スピード・メタルを好むファンに愛聴され続ける作品で、80'sパワー・スラッシュの名作とされています。特にオープニング・ナンバーの The Leaders?はスピード・メタル・ファンに大人気の名曲。メイデン影響下の合衆国産マイナー・メタルと、METALLICAやANTHRAXなどから影響されたUS東海岸パワー・スラッシュのミックスのようなサウンドは、日本国内にもたくさんファンが存在します。後のWATCHTOWERでのインテリジェントなハイトーンVo.がちょっと信じられない、音程もヨレヨレで、歌じゃなくリフを歌うしか出来てないAlan Tecchio氏の若さ丸出しのVo.も、80'sマイナー・メタル好きには逆に高ポイントのようです。どこか都会的な硬質さがあるのは、NYメタルならでは、でしょうか。ボーナス・ディスクは初期のレア音源をまとめていますが、82~83年当時で既にスラッシュ・リフによる重厚サウンド(しかし楽曲は正統派メタル)と超絶ベースというHADESらしいコンビネーションが出来上がっているのには驚きですし、まだハイトーンにチャレンジしてないハードロック・シンガーのようなAlan Tecchio氏のVo.とのミスマッチも非常に良いです。今までCDで何度か再発されてきた人気作ですが、ファンにはこの2枚組バージョンはたまらないことでしょう。


Disc 1
1. The Leaders?
2. On to Iliad
3. Legal Tender
4. Sweet Revenge
5. Nightstalker
6. Resist $uccess
7. Widow's Mite (Chapter Eleven)
8. The Cross
9. Masque of the Red Death

Disc 2
1. Sweet Revenge (1983)
2. On to Iliad (1983)
3. Damned for the Grave (1983)
4. Nightrider (1982)
5. Demilich (1983)
6. Wrathchild (1983)
7. Rudimentary Psychosis (1983)
8. Sledgehammer Press (1985)
9. Widow's Mite (1985)
10. The Cross (1985)
11. Abode of the Dead (1982)
12. Rogues March (1982)
13. Easy Way Out (1982)
14. Gloomy Sunday (1982)
15. The Leaders? (Live at Foxes 1983)
16. The Cross (1984 version)



maniac-rainbows-lp.jpg



・MANIAC (US Boston) - Rainbows, Kittens, Flowers & Puppies LP 税込3,240円 (The Crypt)

限定500枚でアナログ盤もリリース!

WARGASMの再発ラッシュももう打ち止めかと思いきや、一番の目玉再発と言える音源が出てきました。WARGASMの前身バンド、MANIACが残した唯一の音源である1986年デモです。これまでMANIAC時代の音源は、後にWARGASMで再録などもされることなく陽の目を見なかった3曲が、1995年発表のファイル・アルバム Suicide Notes CDの日本盤ボーナス・トラックで披露されただけだった筈なので、これは日本以外ではお宝級の蔵出し音源とされるリリースだと思いますし、後にWARGASMで再録されたオリジナルMANIACバージョン3曲に至っては、多分今回が初披露なのではないでしょうか?間違えてたらすみません。ltd.150枚クリア・ビニールで入荷しました。


1. Bullets and Blades (MANIAC Version)
2. Revenge (MANIAC Version)
3. Undead (MANIAC Version)
4. Suicide Squad (MANIAC Version)
5. The Hawk
6. Aloha From Hell


WARGASMの全曲の中で絶対に一番カッコいい2曲の"Bullets and Blades"と"Revenge"も、既にこのオリジナル・バージョンの時点で骨格のみならずほぼ完成されていたことがわかります。地味なくらいシンプルな楽曲ながら強烈な個性をレコードから放出していたWARGASMのスラッシュ・メタルを形成してたのは、英米欧の伝統的なへヴィメタルだったのは疑いなかったし、また、近年の再発盤ライナーノートやDVDでも語られてるので未読/未聴の方はぜひ読んでもらいたいのですが、このCDのライナーノートでも地元ボストンの先輩バンド STEEL ASSASSINとの関係や、大ファンだったMETAL CHURCHとの夢の競演でのデビュー・ライブなど、当時のことを熱く振り返っていてとても面白い内容です。STRAW DOGSとMETAL CHURCHのTシャツ着てるメンバー編成なんて、このWARGASM aka MANIACくらいだったことでしょう。しかしいつ聴いてもアタマの2曲は震えるくらいカッコいい!!!言うまでもなく必聴&dieeeggghhhdeathhhggg!!!



malfeitor-lp.jpg



・MALFEITOR - S/T LP 税込3,888円 (BBTAD)

NWOBHMなどのトラディショナル・メタル系を中心に、ミシガンGENOCIDE (pre. REPULSION)やAMON (pre. DEICIDE)などのプレ・デス・メタル・バンドも再発してきたBBTADから、今度はワシントンDCのMALFEITORのコンピレーションLPがリリース。GOATVOMIT / SATANIC EVIL Split 7"や、近年ではBLOOD SPILLのデモLPもリリースして話題となったUSのDesecration of God Recordsが1987年のデモ音源を2003年に7"EP化して再発し、当店でもけっこう好評だったバンドです。これまで、このバンドはその1987年デモ "Diabolic Youth"しか存在が確認されてませんでしたが、このLPでは1988年の未発表デモも初公開されています!!


Tracks 1-3 : "Diabolic Youth" Demo (1987年)
Tracks 4-7 : Unreleased Demo (1988年)


サウンドはもう文句なしにグレートなサタニック・スピード・デス・メタルで最高death!!!666!!!SLAYERやPOSSESSEDなどの系統にあるアメリカン・デスラッシュで、直線的なスピード感ながら、当時多かったハードコア影響下のロウに爆裂したタイプではなく、SLAYERよりも低く黒く速くドカドカに突き進むスタイルに徹しているような感じがカッコいいです。尚且つ演奏もなかなかタイトにまとまってるので、ちょっと初期SACRED REICHがサタニック・ダークになったようでもあります。ちょっと話が逸れますが、初期のSACRED REICHって、当人達はそんな気はなかっただろうけど、SODOM型の直線刻みを実践して成功させた数少ないアメリカン・スラッシュだったと思うんですが、このMALFEITORの場合は、インナーに掲載のインタビュー読むと、やはりSODOMからの影響は打ち明けています。そのインタビューもなかなか面白いし、WHIPLASH, カナディアンSACRIFICE, AT WAR, BLOOD FEAST, INDESTROY, MALFEITORが一堂に会した、まるでTTF状態な最高のラインナップのコンサート・フライヤーや、ジャケにもなってるファンにはお馴染みの墓場フォトセッション以外の当時の写真も掲載したインナーも必読必見。NECROVORE, SAVAGE DEATH, BLACKTASK, etcのアメリカン・サタニック・デス・スピード・メタル・ファン必聴のグレート・リイシューdeath!!!



destruction-sentence-steamhammer.jpg

destruction-sentence-metalblade-lp.jpg

・DESTRUCTION - Sentence Of Death LP STEAMHAMMER COVER 税込3,456円 / METAL BLADE COVER 税込3,456円 (High Roller)

High RollerによるDESTRUCTION初期名作LP各種復刻再発盤、遅くなりましたが入荷致しました!オリジナル盤がお宝級の幻NWOBHMも、比較的発見しやすい80年代のスラッシュ・メタル名作も、コレクター心理を過剰に煽るようなことはなく、現代の若者や新しいファンが入手しやすく気軽に楽しめるように復刻を続けてきたHigh Rollerの再発盤では、このDESTRUCTONの再発シリーズは異例の高額商品のためしばらく躊躇してましたが、やはり日本国内のレコード店でも大好評のようですので、完売打ち止めになる前に少しづつ入荷させてみました。

こちらは1984年発表6曲入り1st MLPの再発盤で、Steamhammer盤とMetal Blade盤をそれぞれ再現したレコードです。このLPはSteamhammer盤とライセンス・リリースのMetal Blade盤でジャケが違うのが有名で、コレクターならずとも両バージョンが必須とされる、甲乙つけがたい激渋写真ジャケです。インナーの写真はドイツ盤とUS盤に違いはありませんでしたが、ドイツ盤がスリーブ状になっていて、US盤が両面刷りの1枚紙でした。今回の再発はそのオリジナル・レイアウトと、プラス当時の写真やフライヤーを増量して、さらにプレスキット用のアー写インサートも付いてます。しかも、High Rollerがバカの一つ覚えのように毎度付けてるジャケ・ポスターが、このレコードの場合は最高の付属品となるわけです!!!666!!!Steamhammerバージョンはltd.500枚パープル・ビニール、Metal Bladeバージョンがグリーン・ビニールでの入荷です。



destruction-infernal-lp.jpg

・DESTRUCTION - Infernal Overkill LP 税込3,456円 (High Roller)

こちらは1985年1stフルアルバムです。このLPはオリジナルのドイツSteamhammer盤にポスター付きバージョンが存在して、BROKEN BONESのF.O.A.D.なんかもそうだったけど、ジャケには「ポスター付き!」と表記されててるのに実際ポスターが入ってるものにはなかなか巡り合えなかったレコードです。最初にたくさん作ったジャケを後期プレスでもそのまま使ってたためらしいのですが、今回の再発はそのカラーポスターも復刻して封入!!!この写真がまたカッコいいのです。インナーもオリジナルの写真レイアウトにさらに当時の写真を追加して文句なしの仕上がり。High Rollerお得意のジャケ・アート・ポスターも付くので、ポスターは2枚付きます。ltd.750枚のオレンジ・ビニールでの入荷です。

VENOMのサタニックなパワーにテクニカルな独自のリフワークを融合し、こんなにチョリチョリしてるのに圧巻の極悪暗黒スラッシュメタルを確立した、DESTRUCTIONの代表的名作であるとともに、80'sスラッシュ・メタルのマスターピースでもあります。ノルウェーのAURA NOIRなど、後のブラック・スラッシュ・メタル・バンドの多くが、こぞってこのDESTRUCTIONリフを再現していましたが、オープニングを飾る名曲 Invincible Forceを聴けばお分かりの通り、スウェーデンのANTICHRISTの登場以降、近年は北欧の若手スラッシュ・メタルへの影響力も計り知れません。



destruction-eternal-lp.jpg

・DESTRUCTION - Eternal Devastation LP 税込3,456円 (High Roller)

こちらは1986年2ndフルアルバムです。これ以降の作品も次々と再発が進んでますが、当店はここまでにしておきました。この判断、納得していただける方がほとんどだと信じています。初代ドラマーTommy氏在籍時最後の作品となった、オリジナル・ラインナップ3ピース時代の究極とも評価される傑作で、ヘタクソだったけど独創性とセンスとガッツで築き上げてきたDESTRUCTIONのサウンドが、各人のテクニックの向上で完璧な形で完成されています。特に本作でのMike氏のリフワークと奇跡的なまでの極上ジョリジョリ・タッチは、その後のいかなるスラッシュ/デス/ブラック・メタル作品でも到達し得ていない最上級完璧な感触として、多くのミュージシャンが憧れ目標としています。と思う。そうでなければならない!!Tommy氏も、まるで後ろ髪を引っ張られているようなあの独特のリズム感が解消されて、このアルバムの完成度を高めています。

このアルバムはオリジナルのドイツSteamhammer盤LPもUSのMetal Blade盤も、今まで出てきたLPには歌詞インナーが存在しませんでしたが、今回は遂に歌詞と写真掲載のインナースリーブと、High Rollerお得意のジャケ・アート・ポスター付き!!このLPのインナーはかなりポイント高いです。あとしょーもない個人的な意見ですが、本作はMad Butcher EPとのカップリングで初CD化された際に、編集ミスでラストのConfused Mind以外の曲全てのイントロにハイハットのカウントが入ってるというお粗末な珍事がありました。これくらいの歴史的名作になると、1回くらいカウント入りのアナログ盤も出ても面白いと思うんですが、もちろん今回はそんな事になってませんので、ご安心を。ltd.500枚ブルー・ビニールでの入荷です!!

OUTO Official Merchandises


大阪ハードコア・パンク OUTOのオフィシャル・マーチャンダイズ!!締め切り直前のご案内で申し訳ございません、2月3日(土)20時までご予約受付ます。

*受注生産
*締め切り : 2月3日(土)20時
*商品出荷予定日 : 2月末日あたり
*他商品と併せてのご注文は現時点でお受けしていませんので、このご予約商品のみでカート購入手続きを進めてください。



outo-rise-ts.jpg

・OUTO - Rise T-SHIRT 税込3,240円 (ご予約受付商品)

こちらはTシャツです。

BODY COLOR / PRINT COLOR
ブラック / ホワイト

ボディー : GILDAN/T2000
SIZE S / M / L / XL
身丈 / Length : 71 / 73 / 76 / 78cm
身幅 / Width : 45 / 50 / 55 / 60cm
袖丈 / Sleeve length : 17 / 17.5 / 18.5 / 20cm
*微妙な寸法違いはご了承ください



outo-rise-ls.jpg

・OUTO - Rise LONG SLEEVE T-SHIRT 税込4,320円 (ご予約受付商品)

こちらはロングスリーブTシャツです。

BODY COLOR / PRINT COLOR
ブラック / ホワイト

ボディー : GILDAN/T2400
SIZE S / M / L / XL / XXL
身丈 / Length : 72 / 74 / 78 / 81cm
身幅 / Width : 46 / 52 / 53 / 60cm
袖丈 / Sleeve length : 57 / 62 / 65 / 68cm
*微妙な寸法違いはご了承ください



outo-rise-zipup.jpg

・OUTO - Rise ZIP UP HOODIE 税込5,400円 (ご予約受付商品)

こちらはジップパーカーです。

BODY COLOR / PRINT COLOR
ブラック / ホワイト

ボディー : United Athle/5390-01 9.3オンス

SIZE S / M / L / XL
着丈 / Length : 64 / 67 / 70 / 74cm
身幅 / Width : 50 / 53 / 56 / 59cm
袖丈 / Sleeve length : 57 / 59 / 61 / 63cm
*微妙な寸法違いはご了承ください



outo-rise-pullover.jpg

・OUTO - Rise PULLOVER HOODIE 税込6,480円 (ご予約受付商品)

こちらは被りパーカーです。

BODY COLOR / PRINT COLOR
ブラック / ホワイト

ボディー : United Athle/5391-01 9.3オンス

SIZE S / M / L / XL
着丈 / Length : 64 / 67 / 70 / 74cm
身幅 / Width : 50 / 53 / 56 / 59cm
袖丈 / Sleeve length : 57 / 59 / 61 / 63cm
*微妙な寸法違いはご了承ください


ROSIANONEKO - S/T 7"


rosianoneko-ep.jpg



・ROSIANONEKO - S/T 7" 税込1,500円 (Fisheye)

女性メンバー含む東京のオルタナ/パンク・バンドの自主製作7"EP!


2010年gt&vo岸田勇哉、dr佐藤大(satodai69)にて、ロシアの猫結成。当初はインディーロック、オルタナ路線を意識した曲作りをしながら都内でライブ活動開始。2011年春、女性ba加藤鮎子(AYU Gazzy)が加入。ちょっとPixiesっぽくなる。2013年頃から東高円寺UFO CLUBにて定期的に演奏活動を行う。しかし岸田の気まぐれにより、ジャンルがbitcoinの如く変動し、原点回帰のスカスカPUNK.ショートチューンPUNK.なんちゃってオルタナ.変拍子などあり、岸田の愛猫トマトとともに微成長?している。過去に2枚ほど自主でCDリリース、今回3枚目が初の7inch となる。最近、勘違いも甚だしく海外を意識し、ROSIANONEKOという名義を多用している…。(バイオグラフィーより)

Metal Deadness!!




・DEATH SQUAD (Netherlands) - Into the Crypt 2LP 税込3,996円 (The Crypt)

1991年に結成され、90年代にアルバム2枚を発表していたオランダのデス・メタル・バンドの1994年1stアルバムが、1992年の1stデモもボーナス収録した13曲入りでThe Cryptから再発。先にDark SymphoniesからCDで再発されてましたが、アナログ盤2枚組で限定500枚リリース。今回はltd.150枚のクリア・ビニールで入荷しました。


Tracks 1-8 : Into the Crypt CD (1994年)
Track 9-13 : Dying Alone DEMO (1992年)


No RemorseからのLPが日本にもたくさん入ってきてたSACROSANCTのメンバーなどと親交のあったバンドのようですが、こちらのバンドは発表したアルバム2枚とも自主制作でリリースしていて、ほとんど知られていない存在だったようです。サウンドは90'sダイナミズムが大爆発してして、ASPHYXやPESTILENCEなどのダッチ・デスのブルタリティーと、SOLSTICE, MALEVOLENT CREATION, DEMOLITION HAMMER, etcのMorrisoundデスラッシュのミックスのようなハードコア・デスラッシュで暴走しまくっています。リフやフレーズもSLAYER, POSSESSED, SEPULTURAなどをお手本にしたようなものが多く、これはSACRIFICIALやCABALなどの発掘再発に狂喜したデスラッシャーは絶対に大興奮でしょう!!





・EPITAPH / DARK ABBEY - The Fleshcrawl Tapes '91-'92 / Blasphemy LP 税込3,240円 (The Crypt)

1992年発表1stアルバムのCDが再発されるたびに即完売して、近年の再発盤までもしばらくプレミアが付いて取引されていた、北欧デス・メタル・マニアに大人気のバンド、スウェーデンのEPITAPHのレア音源集が、The Cryptからアナログ盤もリリース!2010年に2枚組のアナログ盤のみで、MCMXC-MCMXCIIというタイトルのコンピレーション・アルバムが出ていたけど、本作に収録されている音源は全て、厳密に言うとEPITAPH名義で発表したものではありません。MCMXC-MCMXCII 2枚組LPにも収録されていた前身バンドのDARK ABBEYの1990年デモと、そして既にEPITAPHを名乗っていた1991~1992年の録音ながら、FLESHCRAWLという名前で録音したサイド・プロジェクトの音源を収録しています。


1. Epitaph (Fleshcrawl) - Blood in Your Face
2. Epitaph (Fleshcrawl) - A Festered Cyst
3. Epitaph (Fleshcrawl) - Final Plea
4. Epitaph (Fleshcrawl) - Corpse Gigolo
5. Epitaph (Fleshcrawl) - Sickly Baptized
6. Epitaph (Fleshcrawl) - Dead Woman
7. Epitaph (Fleshcrawl) - Sexual Grave Blasphemation
8. Epitaph (Fleshcrawl) - Final Plea (Live)
9. Epitaph (Fleshcrawl) - Blood in Your Face (Live)
10. Epitaph (Fleshcrawl) - RIP You Without Care (Live)
11. Dark Abbey - Blasphemy
12. Dark Abbey - Everything Will Decay
13. Dark Abbey - Desecrated Tomb
14. Dark Abbey - No Anesthesia


「FLESHCRAWLって、あのMorbid RecordsのEPのバンドか!?」と思ってしまう人も少なくないでしょうが、あれはドイツのバンドでしたからもちろん違います。このFLESHCRAWLは、ほぼ不動なラインナップのEPITAPHメンバー3人に1人加わった4人編成で、しかも若干のパート・チェンジもあるからややこしいです。ベース&ギターのNicke Hagen氏が楽器を持たずに専任Vo.となり、代わりにDaniel Robertssonなる人物がベースで参加しているのですが、この人物が実はEPITAPHのメンバーに多大な影響を与えていて、EPITAPHメンバー全員や、THERION, CAROBONIZEDなどのChristofer Johnsson氏も、このDaniel Robertsson氏のレクチャーによってデス・メタルにのめり込んでいったそうです。そしてその影響力を物語っているのがFLESHCRAWLのサウンドで、AUTOPSYにインスパイアされたというそのスタイルは、EPITAPHとはかなり違ってゴア&アグリーなraw&lowシック・デス・メタルで激シブい!!AUTOPSYとCARCASSに影響を受けたフィンランド・デス・メタル、みたいな、ところどころロック・テイストもあるフレーズがあったりして、これは非常に興味深いです。DARK ABBEYのデモも今回が初CD化だと思いますが、EPITAPHよりもアメリカン・デス・メタルの影響がダイレクトに出たようなカッコよさで、フロリダDEATHやNIHILISTにもあったスラッシュ・ルーツのリフ&疾走感でダークに突進するスタイルが、デスラッシャーもノックアウト必至でしょう!!







・TRAUMATIC - The Process of the Morbid Demos CD 税込1,728円 (Dark Recollection Demos)

Distorted Harmonyからの7"が有名なスウェディッシュ・デス・メタル・バンドの初期デモと7"をまとめたコンピレーションCDです。レーベル名はDark Recollection Demosとなっているので、Dark Recollection prod.と同じ出所?(と思ったら、関係ないそうです、すみません!)このCDはまだオフィシャル・ディスコグラフィーとして記録してるアーカイブ・サイトも少なく、どうもグレーなリリースのようです。そもそも元々Distorted Harmonyも白黒ハッキリしないリリースも多いレーベルでしたので、まぁメキシコならではのCDと言った感じでしょうか。TOXODETHやGrinding Syndicateなど、メキシコ盤CDにはオフィシャル・リリースでも頻繁にあるけど、デジタル・ノイズが薄く入ってる箇所があります。


"The Process Of Raping A Rancid Cadaver" DEMO (1990年)
01 A Putrid Reek Of Mangled Remains
02 The Process Of Raping A Rancid Cadaver
03 The Bitter Taste Of Human Waste
04 Genital Grinder

"A Perfect Night To Masturbate" DEMO (1991年)
05 A Perfect Night To Masturbate

"The Morbid Act Of A Sadistic Rape Incision" 7" (1991年)
06 The Morbid Act Of A Sadistic Rape Incision
07 The Grotesque Mutilation Of Infested Organs


しかしTRAUMATICのサウンドは文句なしにカッコいいです。UKの初期デス・メタルとも共通するハードコアの土台が強いロウ・ブルタリティーで、NIHILISTやENTOMBEDなどのスウェディッシュ・デスと、NAPALM DEATHやBOLT THROWERなどのUKデスのミックスのような感じすらあります。ここに収録されてるデモ2種も7"も、全音源必聴。ストーナー・デス・メタルへと深化して以降のアルバムも含めて、ぜひともしっかりした形での再発が望まれる初期スウェディッシュ・デス・メタル・グレート・バンドです。







・ABSORBED - Reverie 2CD 税込1,944円 (Xtreem Music)

1990年代に活動したスペインのデス・メタル・バンドのディスコグラフィー2枚組CD。スパニッシュ・デス・メタル生き字引 Dave Rotten氏のXtreem Musicからのリリースです。


CD1
Tracks 1-10 : "Reverie" (1996年未発表アルバム)
Tracks 11-14 : "Avowals" Split CD (1994年)

CD2
Tracks 1-4 : "Abstract Absurdity" EP (1992年未発表7")
Tracks 5-10 : "Unreal Overflows" DEMO (1992年)
Tracks 11-15 : "Chronogical Turbulence" LIVE (1996年)
Tracks 16-17: "Rehearsal Promo '91" DEMO (1991年)


個性的なバンドの多かったスペインの初期デス・メタルらしい素晴らしさで、このディスコグラフィーCD自体は2013年にリリースされていたようですから、「もっと早く聴いてたかった!」と思わせられましたし、なぜもっと話題にならなかったのかな?と不思議にも思います。テクニカルなタイプのデス・メタルですが、NOCTURNUSやTIMEGHOULなども彷彿させるSF風味に、同じスペインのNECROPHILIACや、フランスのCATACOMBなどにも通じるダーク・エピックなギターも乗せていて絶品。未発表アルバムがちょっとアヴァンギャルドな深化を遂げていて、これがまた激渋で、フランスSUPURATION, オランダ PERPETUAL DEMISE, フィンランド XYSMA, スウェーデンDECOLLATION, etcのファンにはたまらないでしょう。素晴らしきスパニッシュ・カルト・オブスキュア・デス発掘盤!!







・ELECTROCUTION - Inside the Unreal + Demos 2CD 税込2,160円 (Dark Symphonies)

イタリア・ボローニャ出身のデス・メタル・バンド ELECTROCUTIONの1993年発表1stアルバムが、デモ音源をまとめたボーナス・ディスク付きの2枚組CDでDark Symphoniesから再発。オリジナルはDEATH SSの初期名作各種や、RAW POWER, NEGAZIONEなどのハードコア・パンク・バンドの90年代作品などもリリースしていた大手のContempo RecordsからLPとCDでリリースされて、どちらも初期デス・メタル・マニアに人気の高いメガレア盤と化していますが、本作は2012年にも限定500枚のデジパックCDで1度再発されていて、当店でもマニアの方々からお問い合わせいただいていた人気作です。このたび、Dark Symphoniesからコンテンツ増量で再発されてめでたく入荷できたけど、オリジナル・レーベルのContempo Recordsはまだ存在するレーベルで、2017年にNEGAZIONEのボックスセットなど各種名作を再発してちょっと話題となり、当店と付き合いのあるようなDIYインディペンデント・レーベルではあまり評判の良くない会社だったのが気になります。恐らくこのDark Symphonies盤もワンショットの再発となるでしょうから、前バージョンのデジパックCDを買った人も油断せずに確保しておきましょう。


CD 1:
01-10 : "Inside the Unreal" LP (1993年)

CD 2:
01-05 : "No Rest in Peace" Demo (1990年)
06-11 : "The Real Doom" Demo (1991年)
12-16 : "Remains" Demo (1992年)
17-20 : "Water Mirror" Promo (1994年)


サウンドはSLAYER起源の低く黒い刻みリフでズグズグ進行しながら、起伏の激しい曲構成とメロディックなギター・ソロで畳みかけるように突き進むダーク・スラッシュ土台のデス・メタルで、これはスラッシャーも狂喜するカッコよさです。邪悪な低音ボイスと曲構成はかなりSchizophrenia~Beneath The Remains辺りのSEPULTURAを彷彿させ、そこに乗るメロディック・ソロも絶品です。SEPULTURA, DEATH, MALEVOLENT CREATION, PESTILENCE, MORGOTH, etcのファン必聴の激レア名作デスラッシュ・クラシック!!







・DERACINATION - Times of Atrocity 2CD 税込2,160円 (Dark Symphonies)

オーストラリア出身デス・メタル・バンドの1992年に発表した唯一のアルバムが、前身バンド時代も含むデモ音源収録のボーナス・ディスク付き2枚組CDでDark Symphoniesから再発。世にも珍しいクリスチャン・デス・メタル・バンドだったということもあり、自主制作でリリースしたオリジナルCDは信じられないような高額で取引されているという、知られざる超幻級のカルト・バンドです。


CD 1:
01-10 : DERACINATION "Times Of Atrocity" ALBUM (1992年)
11-19 : DERACINATION "Sacrificial Death" Demo (1993年)

CD 2:
01-07 : HOLY RITE "Mosh For The Master" Demo (1989年)


そしてサウンドもまさにカルト以外の何物でもないような凄い内容です。ガテラルなlowボーカルとハードコア・スラッシュ基礎のパーツにはデス・メタルらしさがありますが、良く聴くとデス・メタルのようでデス・メタルじゃない、と言うか、何も考えずに思いついたリフの上に、何も考えずに思いついた歌詞と、何も考えずに思いついたソロをただ乗せたような、垂れ流し状態のクソ・デス・メタル!!デス・メタルの最大の醍醐味は苦悶を音に乗せたような深みなのに、そういったモノを何も理解せず、まさか本当にこの楽曲と演奏で神の教えを説こうとしてるのでは?と思えるほどに工夫もなにもないZ級デス・メタルです。あ、いや、4曲目の"Death By Fire"あたりからはもはや1周回って、最高に極上のSLAYER影響下ハードコア・ゴミ・デスラッシュに聴こえてきた。これがWild RagsかNew Renaissanceから出てたら絶対に欲しいぞ。そしてトドメはボーナス・ディスクの前身バンド HOLY RITEのデモ Mosh For The Master!!ナンセンスきわまりないタイトルの10倍以上のゴミ・クロスオーバー・スラッシュ大爆発で、これはI.N.C.ファン必聴!!こんなもん、絶対にオリジナル盤に数万円も払いたくないのでオススメの再発盤death!!

HOLY BLIND / SKULL BLOODY SKULL


* G.A.T.E.Sからのお知らせです!


2018jan28-holyblind-skullbloodyskull-flyer.jpg

next Sunday.

2016年にg.a.t.e.sの手により復活した企画SKULL BLOODY SKULLが2018年1月28日日曜日 新大久保 EARTH DOMにて再び開催されます!しかも2017年に待望のアルバム「黙示録」をリリースしたABNORMALSの企画HOLY BLINDとの共同企画と言う未だかつてない形で!50%/50%で開催されるこのライブではSKULL BLOODY SKULL側からは2017年12月に新作をリリースしたジャパンアタックRawパンクの最早、伝説の“LAST SURVIVORS”を召喚。そして、HOLY BLIND側からはディスクユニオン内DIWPHALANXからのリリースも記憶に新しいスキンヘッズアウトロー“鐵槌”を召喚。さてさてどんなライブになるのか?!気になる方は是非とも会場にお越しください。



2018jan28-holyblind-skullbloodyskull-goods.jpg


そして、もちろん、今回もやります!入場者には先着でこの日限定のスペシャルなデザインの粗品 “ウーベンパッチ”か“デカバッチ”をプレゼント!


2018jan28-holyblind-skullbloodyskull-tickets.jpg


入場の際にチケットのカウンターにて先着にて引換券を配布致します。それを持ってBarスペースに設置致します、特設テーブルにお持ちください。上記粗品の何れかを先着にてお一つプレゼント致します。あなたの2018年1月28日が思い出深い一日になりますように。。。どちらも数に限りがありますので品切れの際はご了承願います。

Play Fast to Die!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨日フィニッシュできなかった商品を先ほどカートップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。


anarchus-defenders.jpg



・ANARCHUS - Defenders of Freedom and Democracy CD 税込1,620円 (Diablos)

日本の初期デス・メタル/グラインド・シーンとも親交の深いメキシカン・グラインドコア・レジェンド ANARCHUSの10曲入り2017年最新アルバムCD。3面鏡のように開くトリプル・ゲートフォルドのペーパースリーブです。

CACOFONIAも兼任しているVo.のPancho氏以外は新メンバーですが、彼らもOGREISHというグラインドコア・バンドで活躍するバンドで、内容は全く心配のないロウ・グラインドが爆裂しています。畳みかけるような曲調と切れ味のある演奏ですが、サウンドはゴアリー&ノイジーで、ピュア・グラインド好きのデス・メタル・ファンにも絶対オススメ!!実際のCDはこのサンプル動画よりもっと粒の粗いダーティーなサウンドです。



electrohippies-deception.jpg



・ELECTRO HIPPIES - Deception of the Instigator of Tomorrow : Collected Works 1985-1987 2LP+CD 税込3,024円 / CD 税込1,728円 (Break The Connection)

Earache, Peaceville, Manic Ears, etcのレーベルに所属したバンドを中心にして、1980年代中~後期に活性化したUKHCムーブメントを代表するバンドの一つ、ELECTRO HIPPIESの初期レア音源集がBreak The Connectionからリリース。短命だったにもかかわらず日本でもクラスト・パンク第1世代からバンダナ・スラッシャー、さらにはクロスオーバー・ファンにまで常に人気の高いバンドで、デス・メタル・ファンにとってはCARCASSのJeff Walker氏が在籍したパンク・スラッシュ・バンドとしても知られています。アナログ盤は2枚組で、同内容のCDも付きます。対訳ライナー&日本語インタビュー掲載のインナーと帯も付いた日本流通仕様バージョン。

今回のコンピレーションの目玉は、何と言っても"Play Fast or Don't" MLP音源の正規再発です。元々は1987年にFlat Earthから発表したSplit LP w/ GENERICのELECTRO HIPPIES音源だけを単独再発した"Play Fast or Don't" MLPは、Jeff Walker氏とBill Steer氏が1989年に起ち上げたレーベル Necrosis Recordsの第1弾リリースでした。後にエクストリーム・メタルを代表するビッグ・レーベルとなったEaracheやPeacevilleは、レーベル初期に所属したパンク・バンドと契約上のトラブルを抱え、なかなか再発されないUKHC名作が少なからずありますが、Necrosis Recordsの資金面での後ろ盾がEaracheだったせいか、ELECTRO HIPPIESの"Play Fast or Don't" MLPもこれまで再発されてきませんでした。しかもPlay Fast or Don't" MLP自体も、Jeff Walker氏が他メンバーに承諾を得ず独断でSplit LP w/ GENERICのELECTRO HIPPIES音源を再発したもので、マスター音源もSplit LPからの盤起こしだったそうです。このコンピレーション・アルバムはドラマーのSimon氏所有のマスターテープ音源を使用し、"Play Fast or Don't" MLP音源のCD化自体も今回が初ということになります。

そういった経緯を解説したSimon氏によるセルフ・ライナーノートと、それを補うかのように日本盤独自で企画されたSimon氏へのインタビュー・シートを読んでもらうのが、ELECTRO HIPPIESのサウンドを解説するにも一番なのですが、個性的なバンドがひしめき合った当時のUKHCシーンの中でも個性が突出していたバンドだったと言えます。ドラムのSimonとオリジナル・ベーシストのBruno氏が、Head Not Foundからアルバムも出したデス・メタル・バンド NIGHTMARE VISIONSのギタリストであるAndy氏と意気投合し、死ぬほど速いスラッシュを、シリアスにはならずアホみたいにブチかまそう、というコンセプトそのまんまのサウンドは、改めて聴くとDOCTOR AND THE CRIPPENSと共通する性質もあるし、あと、HAWKWINDのカバーなどは、AMEBIXやSAW THROATが開拓者とされるUKエピック・メタル・クラストと同じフレーバーも醸し出しています。アメリカン・クロスオーバー・スラッシュとは全く異なる質感ですが、スピードコアやUKデス・メタルのルーツを探るうえで、この時代のハードコア・パンク・スラッシュはメタル・ファンにもぜひ1度聴いておいてもらいたいです。


(収録曲)
JOHN PEEL SESSION , RECORDED 12TH JULY 1987 (FIRST TRANSMISSION 20TH JULY 1987)
01 SHEEP
02 STARVE THE CITY (TO FEED THE POOR)
03 MELTDOWN
04 ESCAPE
05 DEAD END
06 THOUGHT
07 CHICKENS
08 MOTHER
09 MEGA-ARMAGEDDON DEATH

LIVE IN BIRMINGHAM, 13 JUNE 1987
10 MELTDOWN
11 MOTHER
12 SHEEP
13 THOUGHT
14 DEAD END
15 VIVISECTION SONG
16 LIFE

IF KILLING BABIES IS TIGHT…KILLING BABIES FOR PROFIT IS TIGHTER (SECOND DEMO, JANUARY 1987)
17 INTRO (DEATH IN THE SWAMP) / SATANIC WARMONGER OF THE ABYSS
18 MELTDOWN
19 AT THE EDGE
20 MOTHER
21 REJECT
22 SHEEP
23 DEAD END
24 LIFE

REHEARSAL RECORDING FOR HICKY’S COMP, 23RD DECEMBER 1986
25 TERROREYES
26 AM I PUNK YET?
27 VIVISECTION SONG

PLAY FAST OR DON’T (SPLIT LP WITH GENERIC), 14TH / 15TH JULY 1986
28 INTRO (WRATH OF MICHAEL)
29 ACID RAIN
30 RUN RONALD
31 WINGS OF DEATH
32 TERROREYES
33 THEME TOON (FRASH IT OUT)
34 AM I PUNK YET?
35 THE REAPER
36 NEXT TIME
37 VIVISECTION SONG
38 PROFIT FROM DEATH
39 MEGA-ARMAGEDDON DEATH PT 3
40 THE HORN OF HADES

LIVE IN MANCHESTER , 30TH JUNE 1986
41 UNITY
42 RUN RONALD
43 LIFE
44 MELTDOWN

REHEARSALS FOR SPLIT LP, 27TH MAY 1986
45 UNTITLED INSTRUMENTAL
46 STAND PROUD

KILLING BABIES IS TIGHT (1ST DEMO) , 3RD MARCH 1986
47 INTRO
48 UNITY
49 RUN RONALD
50 WINGS OF DEATH
51 VIVISECTION SONG
52 SAY GOODBYE NOW
53 OUTRO

PRACTICE RECORDING, 3RD JUNE 1985
54 FOOD BOWL
55 WATFORD GAP
56 REJECT DETECT
57 SMILE
58 CATTLE

FIRST EVER PRACTICE, 23RD FEBRUARY 1985
59 AM I PUNK YET?
60 HIDE.. WHERE?

Hardcore Punk Holocaust!!


poisonidea-warallthetime.jpg



・POISON IDEA - War All The Time CD 税込1,944円 (American Leather)

ペーパー・フォールド・スリーブのニュー・リマスターでCDも再発!!このアルバムは今まで1度もオリジナル・アートワークでのCDバージョンが存在してませんでしたので、このたび遂に初めてオリジナル・ジャケットを再現したCDの登場となります。裏ジャケのベット上でのメンバー写真は初公開の別ショットに替えて、ジャケ内側にも今回の2017年版で初公開された当時のカラー写真を掲載しています。

ハードロックやヘヴィメタルのダイナミズムを導入し始めたPOISON IDEAのターニング・ポイント的大傑作とされるアルバムですが、後追いのファンはこれ以降のさらにダイナミックなPOISON IDEAも同時(または本作より先)に触れてるわけですから、まださほどハードロッキン・クロスオーバーな印象は受けない作風ではないかと思います。しかし、Kings of Punk 1stアルバムを聴きまくったファンが本作を初めて聴いた時の衝撃は想像に難くありません。その要因は言うまでもなく前作からのメンバー・チェンジです。同郷ポートランドのスピード・メタル・バンド MAYHEMのメンバーだったEric "vegetable" Olsen(ギター)とSlayer Hippie(ドラム)が加入したわけですが、リズム・セクションのダイナミズムが飛躍的に向上しているので、実は曲調はKings of Punkのようなドライビン暴走スラッシュ・チューン連発ながら、まるでハードロッカーがハードコアをプレイしてるような最強のアンサンブルが実現しています。もちろんEricのフレーズはヘヴィメタリックだけど、スラッシーなリフで爆走する"Romantic Self Destruction"などは、実はPig Championの作った曲です。MAYHEMの"Burned Alive" LPは1986年~1987年に録音していたので、もしかしたらEricとSlayer HippieはMAYHEMとPOISON IDEAを掛け持ちしてる時期もあったのかもですが、MAYHEMのLPインナーの写真の中でEricは既に革ジャンにPOISON IDEAとペイントしてたし、Slayer Hippieに至っては、POISON IDEA加入前にKings of PunkアルバムのプロデュースでJerry A.&Pig Championと共に共同作業をしていたのです。つまり何が言いたいのかと言うと、雇われのような新メンバーなどではなく、Jerry AとPig Championをフルリスペクトし良く知る最高のミュージシャンだからこそ、このKings of PunkとFeel the Darknessの中間として完璧すぎる作品を完成することができたのではないでしょうか。あと、Chris Tenseのトリッキー過ぎないベース・プレイも本当に素晴らしい。彼のベース・ラインが、Kings of Punkアルバムの時のあの砂ボコリを上げてるような猛烈なドライブ感を本作でもキープさせていたのかと思います。またしても興奮して長々と書いてしまいましたので、あとはもう思う存分聴きまくってください。



poisonidea-confuse-grenn-red-gold.jpg



・POISON IDEA - Confuse & Conquer LP LTD 200 GREEN VINYL 税込2,808円 (Southern Lord)
・POISON IDEA - Confuse & Conquer LP LTD 500 RED VINYL REDUCED PRICE 税込1,944円 (Southern Lord)
・POISON IDEA - Confuse & Conquer LP LTD 500 GOLD VINYL REDUCED PRICE 税込1,944円 (Southern Lord)

掟破りのジャーマン・バージョンltd.200枚グリーン・ビニール入荷!!!

USキングス・オブ・パンク POISON IDEAの、Latest Will And Testament以来9年ぶりとなったこの2015年作フル・アルバムのアナログ盤はSouthern Lordからのリリースされ、US限定500枚のゴールド・ビニールとヨーロッパ限定のレッド・ビニールが当初出回りましたが、ちょっとタイミングをずらして200枚限定のグリーン・ビニールというものの存在が公表され、ファンをやきもきさせていました。バンドの手持ち分も早々に完売していたので、ドイツのショップに通販するしか手立てはなかったのですが、「ちょっと出てきたぞ」とJerry A.氏からオファーいただき、もちろん残り分全て引き取りました。それと、ジャケ天に軽い裂けとインナースリーブに抜けの難有りということで、他の2色、ゴールドとレッドも特価品として併せて入荷。3色揃えられるなんて2度とないチャンスで記念に写真も撮りたかったので、難有り赤&金盤も含めて本作の現存するカラー盤全3種を入荷させました。と言っももちろん各色とも大量ではありませんので、PIコレクターはこの機会にぜひどうぞ!!盤色確認のため、シュリンクラップは開封してあります。

本作の一番の話題性は、なんと言っても War All The TimeアルバムとGetting The Fear 12"でギターを担当したEric Olsen氏が復帰している点です。ハードロック・テイストを導入し始めた80年代後期POISON IDEAを強力に支えたミュージシャンであり、スピード・メタル/クサレ・メタル・マニアにとっては、Black Dragon Recordsから87年にLPを1枚発表して、Metal BladeのMetal Massacre IVやNew Renaissance recsのSpeel Metal Hell IIなどの80'sメタル名物シリーズ・サンプラー・アルバムにも参加していたオレゴン・ポートランドのスピード・メタル・バンド MAYHEMのギタリストだった人と言った方が親しみがわいてくると思います。MAYHEMは、80's USマイナー・メタルを代表する困った名物キャラの1人、Vo.のMatt McCourtオジサンのバックを固めた、Eric Olsen (Vegetable), Craig Lower (Mondo), そしてSteve Hanford (Thee Slayer Hippie)の全員が、後に80年代後期~90年代のPOISON IDEAの主力/重要メンバーとなっています。さらにメタル・ファンに興味深い本作のポイントとして、TOXIC HOLOCAUSTのJoel Grind氏がレコーディングを担当しています。ここ最近のJoel氏は、TOXIC HOLOCAUSTのバンド活動よりも、レコーディング・エンジニアの仕事が多くなってきているそうです。

肝心の内容についてですが、とてもPOISON IDEAらしいソツのないアルバムで、War All The Timeの頃のスピード・ナンバーっぽい曲もありますし、R&Rのオーセンティックなテイストも踏まえた90年代POISON IDEAっぽい曲もあって、バラエティーに富んだ仕上がりとなっています。ギター・ファンにとっては、Eric Olsen氏らしさが随所で聴かれるギター・プレイも楽しめると思います。しかし一番驚いたのは、Jerry A.氏の昔から全く変わることのないボーカルで、キング・オブ・パンク・ライフを実践していながら、破滅型どころか巨漢ぶりも維持してるのは驚異的です。この楽曲とJerry A.氏のVo.があれば、昔からのファンは存分に楽しめます!!



poisonidea-legacy.jpg

・POISON IDEA - Legacy Of Dysfunction LP 税込2,484円 / CD 税込1,944円 (American Leather)

2016年いっぱいでの解散を表明してライブ活動を完全終了し、その後は各種音源/作品の再発を発表していたUSポートランド・キングス・オブ・パンク POISON IDEAの最新リリース到着!!自分が英語が得意じゃないのと、恐縮してズケズケと質問出来ないこともあり、このリリースについては以前から情報がイマイチ把握しきれてなかったけど、これは数年前に公開の告知がされてファンが心待ちにしていたPOISON IDEAのドキュメンタリー映画のサウンドトラック・アルバムです。その映画はどうやら映画館での上映予定はなくなり、DVDでリリースされたようですが、リージョンの確認が取れなかったので、DVDは次回以降に入荷させてみようと思います。CDはペーパー・フォールド・スリーブ。

スタジオ・トラックのリマスター4曲と、ライブ・トラック13曲の全17曲で、平たく言えばサントラ名目のベスト盤ですが、PIファンならば単なるサントラのはずがないと期待することでしょう。CDでの再発を希望する声が常に多いIan Mackye Comp.アルバム、つまりFilthkick 7"とGetting The Fear 12"の大傑作EP2種から抜粋した曲が今回は2曲あります。これらの曲がCDで聴けるのは、1993年に出たコンピレーション・アルバム Dysfunctional Songs For Codependent Addicts以来のはずです。そして、Names and Numbersなる未発表曲が1曲あります!!!


1. Chris Carey Lays It Down / Laughing Boy
2. Jimmy Taylor States Facts / The Number One
3. Mondo And Slayer Speak / Just To Get Away
4. The Whiskey Rebel Appears / Hangover Heartattack
5. Jerry A The Beginning / It's An Action
6. Henry Bogdon Remembers / Made To Be Broken
7. Natalie Lucio Laughs / Self-Abuse
8. Kid Cocksman Flashback / Say Goodbye
9. Pig Champion Rolls His Eyes / Cult Band
10. Ian Miller Calls It / Typical
11. Brandon Bently Truth / Getting The Fear
12. Chris Tense Brings Back The Nightmares / The Temple
13. Myrtle Tickner Feels It / Taken By Surprise
14. Matt Brainard Spits / Last One
15. Names And Numbers
16. In My Headache
17. Chris Carey Sums It Up / Up Front / Chris Carey In Case You Missed It



poisonidea-cap-barb.jpg

poisonidea-cap-bluelogo.jpg

・POISON IDEA - Barb Wire Logo BASEBALL CAP 税込3,240円
・POISON IDEA - Blue Logo BASEBALL CAP 税込3,240円

USキングス・オブ・パンク POISON IDEAのオフィシャル・マーチャンダイズ新作!!有刺鉄線クラシック・ロゴ・プリントと、ロゴ色がライトブルーでプリントされたベースボール・キャップ2種です。


olhoseco-botas.jpg



・OLHO SECO - Botas Fuzis Capacetes 7" 税込1,380円 (Nada Nada Discos)

オリジナル・リリースは1983年のブラジリアン・ハードコア・パンク代名詞的名作 OLHO SECOの1st 7"オフィシャル再発盤。2010年にオリジナル・フォーマットで初再発され完売していたものの再プレス盤です。ライブ写真のカラー・インサート付きの、Nada Nada Discosらしいしっかりした仕上がりです。

成田三樹夫が鋲ジャン着たようなシンガーのFabio氏が素晴らしいルックスでいつ見てもインパクトありますが、スターリンなどとともにWelcome To 1984 Comp.に参加して代表曲 Nadaを初めて聴いた日本のパンクスは、ルックス以上にこのバンドに大きな衝撃を受けたものです。欧米のバンドには到底出しえない重く鈍い感触なのに、演奏は実はけっこうタイトに疾走。しかもその楽曲はキャッチーで、「なだ!ナだ!!ナダァー!!」と1度聴いたら忘れられないコーラスが乗ります。日本の某ハードコア・パンク・バンドが、スターリンが参加してるということで聴いてみたWelcome To 1984 Comp.で衝撃を受けた2バンドの曲を結成初期にカバーしていた、という知られざるトリビアを昔聞いたことがありますが、その最高すぎる逸話も十分に納得させられます。

QUETZALCOATL - S/T 12"


quetzalcoatl-st.jpg

・QUETZALCOATL - S/T 12" 税込1,620円 (半田商会)

2017年8月のデビュー・ライブ時から東京ハードコア・シーン関係者の間で注目を集めていた話題のバンド QUETZALCOATLの3曲入り1st 12"が半田商会からリリース。説明するのがとても難しい、初めて見るような試みが多く成されたレコードで、裏面がクリアプレートのハンドメイド・ジャケ、ナンバリングとプリントが施されたインナースリーブ、そしてバンド名を透明ビニールの外袋にプリントして、至る所に工夫を凝らした圧巻の完成度の限定300枚リリースです!!

そしてサウンドがまたこのレコードの特殊ジャケ以上に説明しずらい、真にプログレッシブなハードコア・サウンドです。T.J.MAXXギタリストで古くは大阪最初期クラストコア ASPHYXIAのベーシストでもあったGun氏がVo.で、同じくT.J. MAXXのMasafumi氏とSTINGERのHariya氏によるツインギター、ベースにSTINGERのDemon氏とドラムにLOW VISIONのYotsuno氏という5人編成。デビュー以前からGun氏には、「う~ん、QUETZALCOATLはAlpha Omegaの頃のCRO MAGSみたいな感じかな?」と教えてもらってましたが、デビュー・ライブを目の当たりにして、その説明が私の理解力に合せて少しでもイメージしやすく崩して言ってくれたことがわかりました。バンド・アンサンブルは非常にロック・エモーショナルが強い強靱なグルーヴで、QUICKSAND, BURN, INSIDE OUT, BEYOND, etc、当時の屈強なNYHCシーンに於いてR&Rのベースがしっかりある高いミュージシャンシップでダイナミックに自由な感覚を表現を追求したバンドなどを思わせますが、でもそれらともやはり違います。しかもGun氏の日本語詩によるスピリチュアルなメッセージがインパクト大で、渾身のアートワークなど、彼らの世界観が隅々にまで徹底されています。とにかくこれは、レコードを手にとって、実際に聴いてもらわないと絶対にわかりません。凄い!!

Japanese Steel!!


anatomia-cranial-diehard.jpg



・ANATOMIA - Cranial Obsession DIE HARD 2LP 税込4,536円 / REGULAR 2LP 税込3,780円 (Nuclear War now!)

東京トゥルー・デス・メタル ANATOMIAの2017年発表新作3rdアルバム。ジャパニーズ・デス・メタルの牙城を死守し続けてきたTanaka氏(TRANSGRESSOR, NECROPHILE, WORMRIDDEN, etc)、結成時からTanaka氏とともにバンドの中心となってきたTonosaki氏(ex. WORM)、その日本デス・メタル生き証人2人を支えてきたFukaya氏の3人編成に戻って制作された全8曲入りです。ダイハード・バージョン2枚組LPはレッドビニールで、ステッカー&ダイカスト・メタルピンバッジ付きの豪華版!!

前作 Decaying in ObscurityでのスロウネスはDIVINE EVEやCIANIDEなどのアメリカン・ドゥーム・デス・メタルの荒涼としたズルズル感の基礎の上に装飾を施して作り込まれたような印象を個人的には抱きましたが、本作ではANATOMIA流に現代型INCANTATIONウォーシップ・デス・メタルを表現したような荘厳さを強く感じさせます。デンマークUNDERGANG / WORMRIDDENのDavidをはじめ、若手デス・メタル・ミュージシャンからも慕われるTanaka氏ならではのセンスが随所に感じられ、必殺の王道ドゥーム・リフでパターンを構成しつつも、KRYPTSなども思わせる暗黒さで覆っていて、リチュアル・デス・メタル・ファンもKO必至の圧倒的な作品に仕上がっています!!



brandedrebel-wild.jpg



・BRANDED REBEL - Wild Metal demo CDR 税込324円

日本で産声を上げたRUNNING WILDウォーシップ・メタル!!まだライブ・デビューはしていないものの、バンドのコンセプトは決まっていたため、発起人が独りで全パートを録音して制作した4曲入りデモです。dedicated to CAST IRON, LONEWOLF, and RUNNING WILDとのクレジットも入ってますが、個人的には男臭さが思ってたよりハードコア・ファンにもオススメできるような感じもあり、エピックなバトル・メタル・ファンはぜひチェックしてみてください!!



codered-fang.jpg



・CODE RED - Fang of the Sun CD 税込2,160 (Thrashing Cul / :Rock Stakk)

神奈川のベテラン・スラッシュ・メタル CODE REDの新作2ndフルアルバムが、大阪Rock Stakk Recordsと中国Thrashing Cult Recordsの共同でリリース。帯/ライナー付き日本流通バージョンでの入荷です。バンド名からも連想させる90年代SODOM型の直球突進スラッシュ・メタル・サウンドが本作でも猛速に爆裂していて、テクニカルなリフ・ワークながらキャッチーさを失わずに、尚且つパーティー風味に走らず硬派に暴走する様は、SODOMのみならず、Arise期SEPULTURA, カナディアンSACRIFICE, GAMMACIDEなどのファンにもオススメです!!


切り裂くリフを主軸に据えた、そして緊迫の曲展開!! 横浜の暗部に産み落とされた"速さ"と"ヘヴィーさ"を兼ね備えた究極のスラッシュ・メタル・サウンドが織りなす、暴力と完膚なき破局。極東の地より世界への回答が今ここに!!!(インフォメーションより)
12 | 2018/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR