RECORD BOY

Japanese!!





・BUTCHER ABC - North of Hell PAPERSLEEVE CD 税込1,620円 (Obliteration)

東京グラインド・デス・メタル BUTCHER ABCが、レコーディング・プロジェクト・バンドとしての1994年結成から数えて実に20年以上の歳月を経て遂に制作した1stアルバムが、ペーパースリーブ・ゲートフォルドCDでリリース。USのEXHUMEDやスペインのHAEMORRHAGEとともにCARCASS影響下のゴア・グラインド・デス・メタル代表格として認知されてきましたが、この1stアルバムは彼らの原点に帰ったうえでより広い層へとアプローチする、並々ならぬ気迫と完成度を追求した傑作に仕上がっています。"ゴア"や"グラインド"というワードに拒絶反応を起こす自称正統派デスメタラーは、これ聴いてズッタズタにメッタ切りに切り刻まれて殺られてください!!

Obliteration Records運営と数々のイベント・プロデュースなどで長年シーンのサポートを念頭に置いて活動してきた中心メンバーのギター&Vo. Naru氏は、ある意味現行シーンの動向を映しだす鏡のような役割に徹して、このBUTCHER ABCも活動してきたのかも知れません。そんな推測をさせるくらい、この1stアルバムは私達の世代には最高に痛快なオールドスクール・テイスト全開です。CELTIC FROST, HELLHAMMER, SLAYER, etcの初期スラッシュ・メタルと、80'sスラッシュ以降のスウェディッシュ・デスやREPULSIONなどのプレ・グラインド、そしてどこかCARCASSのロック・テイスト下地のグルーヴも匂わせ、オールドスクール・デス・メタルとして完璧な作品。間違いなく最高傑作death!!!





・SLIGHT SLAPPERS - Sweet Power Violence 7" 税込1,296円 (Break The Records)

前作7"シングルから5年ぶりとなる、東京パワーバイオレンス・バンドの新作7"がBreak The Recordsよりリリース!!ダウンロード・コード付きです。

パワー・バイオレンス・スタイルのハードコア・パンクを日本でいち早く取り入れたバンドの一つですが、ユーモアを効かせた奇天烈なヒネりとポップな感覚も兼ね備えたスタイルは、当時から見ても独創の存在感を放っていて、、今作でもそれは爆発してます!!ノイジーな質感の音をすさまじいテンションで放つ激速スタイルは変わりませんが、これまで以上に遊び心と緊張感が交錯する、ファン大満足の全10曲!!





・the TITS / 対人嫌悪 7" 税込1,080円 (Pogo 77)

過去にデモテープを2種制作、先日入荷したEL ZINE Vol.28にも登場している東京ハードコア・パンク・バンド THE TITSの1stシングルがPogo 77よりリリース!

ノイズ・コア基盤のドカドカの突進力と雑音要素に加え、ジャパニーズ・ハードコア特有の黒いバイオレンスも色濃くでたサウンドで、衝動と嫌悪感が強烈な全3曲!今回は限定400枚プレスですが、レーベルでも即完売した話題のリリースです!

EL ZINE issue #28


elzine28.jpg

・EL ZINE - Vol.28 BOOK 税込600円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの、最新号となる#28です。

今回の表紙と巻頭インタビュー&特集は当店独占での日本販売となった1st MLPが多方面に好評だったMAGGOT HEARTのLinnea Olssonさん(SONIC RITUAL, ex. THE OATH, etc)。こんなところで言うのも別に恥ずかしくないけど、ワタクシ、女性は気の強い人が好みでして、このLinnea Olssonさんのプライドの高さ、大好きなんです。ちょっとかわいいってくらいで実力もないのに根拠のない自信に満ちた奴(それを助長する周りのアホな業界野郎連中が元凶なんですが)はカンベンしてほしいけど、このLinneaさんは言いたいことちゃんと言える資格を実績で得ている数少ない女性ミュージシャンではないでしょうか。インタビューも凄く面白いです。

そして続く大阪ハードコア・デス・ヘッズ assembrageのインタビューも最高に面白い!!全人類にassembrageの新作買わせるのは無理な話でも、assembrageのCD買う人はもれなく全員このインタビュー読むべきだと思います。


●Linnea Olsson
(スウェーデンのメタルパンク・バンドSONIC
RITUALのギタリストにして、一時期はフィンランドのポスト・パンク・バンドBEASTMILK~GRAVE
PLEASURESでも活躍、現在は自身のソロ・プロジェクトMAGGOT HEARTでギター・ヴォーカルを務めるLinnea
Olssonへのインタヴュー)

●Linnea Olsson関連バンド紹介
(Linnea Olssonがこれまでに関わったバンドの紹介テキスト)

●assembrage
(12月にアルバムをリリースする大阪のデスメタリック・ハードコア・バンドassembrageへのインタヴューby 鈴木智士氏)

●908 Japan Tour 2017レポート
(10月にジャパン・ツアーを敢行した、米国デンバーのグラインド・コア・バンド908のメンバーによるツアーの感想)

●THE TITS
(1stシングル「対人嫌悪」をリリースする東京のハードコア・バンドTHE TITS。そのヴォーカルである狂介氏へのインタヴュー)

●Recordshops Recommended Records 2017
(レコード店さんに、2017年にリリースされた音源の中からオススメの作品を5枚挙げてもらいました。参加して頂いたレコード店さんは :
ANSWER(愛知)、BASE(東京)、BOY(東京)、DIGDIG(岡山)、DISK
UNION(関東&大阪)、KNOX(茨城)、MISERY(広島)、NAT(東京)、PUNK AND
DESTROY(大阪)、TIMEBOMB(大阪)、WATERSLIDE(東京))

●45 REVOLUTION
(東京/下北沢のパンク・ショップ45
REVOLUTION。その店員であるエビネ氏(REDNECKS)へのインタヴュー&写真で綴るエビちゃんの一日by
Shogo氏/ALTERNATIVE SOLUTION)

●Mark from Beach Impediment Records & AGGRESSION PACT
(米国リッチモンドのハードコア・レーベル、Beach Impediment Recordsの主宰者にして、ex.WASTED
TIME~現在はBOSTON STRANGLER等のメンバーと共に、AGGRESSION
PACTで活動しているMarkへのインタヴュー。その後半)

●Umea Punk City
(ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

●The History of ABUSO SONORO
(90年代~00年代初頭にかけて活動していたブラジルのクラスト・コア・バンドABUSO SONORO。メンバーだったAngelo
Brunoによるバンドのヒストリー)

●EEL
(米国ピッツバーグのノイズ・コア・バンドEELへのインタヴュー)

●高知ハードコア・シーンTRASH NOISE VIOLENCEレポート
(高知のハードコア・シーン・レポート&高知で活動しているパンク/ハードコア・バンドの紹介by井上氏/K-CLUB/CHAOTIC NOISE)

●ヒサネfrom NONONO
(再結成を果たした茨城の女性ヴォーカル・ハードコア・バンドNONONO。そのギター・ヴォーカルであるヒサネ氏へのインタヴューbyツトム氏/悲観レーベル)

●乳~にゅう~
(東京のイタコ・パンク・バンド「乳~にゅう~」へのインタヴューbyツトム氏/悲観レーベル)

●ハードコア・パンクとポスト・パンクが融合する瞬間の熱量
(ポスト・パンクの発生から、現在のポスト・パンク・リヴァイヴァルに至るまでを綴ったコラムby骸a.k.a. Guy氏/disk shop
Misery/bloodsucker/ORIGIN OF M)

●書評 MDC:Memoir from a Damaged Civilization~
(2017年2月に初来日を果たし、2018年1月には再来日を予定しているMDC。そのヴォーカルであるDave
Dictorの自伝「MDC:Memoir from a Damaged Civilization~」の紹介by 鈴木智士氏)

●LASHING SPEED DEMONS:HUSKER DU
(アメリカン・ハードコア・バンドHUSKER DU の詳細なバイオグラフィーby 大越よしはる氏)

●チャレンジ・インタヴュー
(コンノツヨシ(aka TOFU 666)氏[DESPERDICIO])

Japanese Punks!!


assembrage-acurtain.jpg



・assembrage - A Curtain Call Of An Aeon CD 税込2,160円 (Guerrilla)

大阪メタル・ハードコア assembrageの2017年新作がGuerrilla RecordsからCDでリリース。新録9曲に A Wheel of Wrath 12”の6曲も追加した全15曲入りで、現時点でのassembrage集大成のようなCDです。アナログ・フォーマットのため1st 12”を泣く泣くスルーした人も、そして前作を堪能してきた人も、待ち望んだ甲斐のある渾身の内容となっています。

溜まってる仕事の手を止めて、EL ZINE#28のassembrageインタビューを読みながら今日一日このCDを聴いてしまいました。スウェディッシュ・デス・メタル・バンドに特に重宝されたというエフェクターのBoss HM-2が生み出す黒塊ディストーション・サウンドに取り憑かれ、80〜90年代のバンドならばメタルであろうがパンクであろうが感情を表現する術の最大の武器であった疾走感とメロディーを大切にし、それらをrawパワーなドラミングでハードコア・パンクならではの生々しさの上で表現したassembrageのサウンドは、失礼ながら実は不器用な部分も感じさせるところが魅力ではないでしょうか。唸るような野獣Vo.も空気を漆黒に塗り潰すような咆哮で、改めて1st 12”までぶっ通して聴いても、彼らの見据えてる目標に全くブレがない事がわかります。1st 12”ではHellionの名を出して分析したりして当人達には若干嫌がられたかも知れないけど、今回はインタビュー読みながら聴いたせいもあるからか、DEATH SIDE, ENTOMBED, あとCliff在籍時ANTI CIMEXが脳裏をよぎりましたが、いかがでしょうか?いずれにしろ、全ハードコア・メタル・デス・ヘッズ必聴でお願いします!!!


大阪 HM-2 Death Metallic Hardcore Punk “assembrage”、3年振りの新作となるフルアルバムが完成。

JKG(Vo./Godie、Hemipenis)、Kaneuchi(G./Cataplexy、Second To None)、Souichirou(G./ex.不幸、ex.Meaning Of Life)、Yoshikawa(B./Second To None、GREENMACHiNE)、Osamu(Dr./ex.Engrave、ex.Nightmare)という5人の手練が繰り出すのは、結成当初から掲げるSwedish Death MetalとJapanese Hardcoreの融合、HM-2フルテン・ローチューンド・ギター全開の超ノイジー&ブルタルサウンドであり、速弾きやツインリードも絡めながらより重厚に、よりドラマチックにと進化を遂げた新曲9曲に加えて、アナログでのリリースのみだった前作”A Wheel Of Wrath” 12”をリミックスして収録した全15曲。ジャケットは前作に引き続き072(Disturd)& utbsが担当。(インフォメーションより)



radioactive-8trackdemo.jpg



・RADIOACTIVE - 8 Track Demo TAPE / CDR 各税込1,080円 (Distort Noise)

Crust Warから2001年にMLPを発表していた三重のDECEIVING SOCIETYメンバーとex.KAFKAメンバーらによる東京拠点クラスト新バンドの8曲入り1stデモが、メンバー自身のレーベルからリリース。カセット・テープ・バージョンは、限定200本ナンバリング入りです。


Kinochi(ex-ABILITY/ex-DECEIVING SOCIETY)
Hal(ex-DROPEND/ex-KAFKA)
Aoi(アルカシルカ)
Dai5(ex-DECEIVING SOCIETY/ex-ABILITY)


ジャケから想像させるほどジャパニーズ・バイオレントなノイズコア・スタイル一辺倒ではなく、曲によってはけっこう古き良きDISCAHRGE, VARUKERSベースのクラスト・ハードコアを聴かせてくれます。獰猛なナンバーはバンド名のせいもあってENTの影響を感じさせますし、DECEIVING SOCIETYやABILITYっぽさも途中思わせられたりするのは、考えすぎでしょうか?いずれにしろ、古いクラスト・ファンにもぜひ聴いてもらいたい大注目株です!!



slipheadbutt-insert-lp.jpg

・SLIP HEAD BUTT - インサート DIE HARD BROWN VINYL LP 税込3,240円 (F.O.A.D.)

限定300枚でアナログ盤がイタリアF.O.A.D.からリリース!!今回はそのうちのltd.100枚ダイハード・ブラウン・ビニールで入荷しました。

ex.VID-SEXの大岩氏をVoを中心に、SAMURAI, THE SHITBABIES, DEATH SIDE, CHICHEKN BOWELS, JUDGEMENT, DELTA PUREE, 東京ホームランセンターなど幅広いスタイルのパンク・ミュージシャンが集ったスリップ・ヘッドバットの2ndアルバム。ミックスとマスタリングはSTUDIO ZEN / ETERNAL ELYSIUMの岡崎氏が担当。VID-SEX時代から一環した大岩氏のセックス&ロックンロール・スピリッツが爆発した、アダルト且つ非常にプリミティブなパンク・ロックに今回も仕上がっています!!


2006年の衝撃的1stアルバムから早11年、SLIP HEAD BUTTが遂に2ndアルバムをリリース!言わずと知れた日本R&R史にその名を残すVID-SEXの大岩が籍を置き、サイドを固めるメンバーも DEATH SIDE、CHICHEKN BOWELS、JUDGEMENT、SAMURAI、THE SHITBABIES、DELTA PUREE、東京ホームランセンター、などなどの遍歴を持つスーパーバンド「SLIP HEAD BUTT」。前作から11年の年月を経てリリースされる、更にロックにロールしまくる2ndアルバム。既にライブではプレイされている曲も、こうして聴くと繊細に構築された楽曲クオリティーの高さに驚かされるばかり。左 右に きっちり振られたKAN、SHAMのギターはそれぞれの個性を激しくぶつけ合い、紅一点のベーシストYUMIRRIN、ドラムの MUKACHINが濃密に絡みあうリズムを織り成す。ボーカル大岩の魅力と言えばやはり「エロくて」格好良いという事でしょ う。 経過した年月に比例して、その妖艶さは増していくばかり。そして今作のミックス、マスタリングはアンダーグランド界でサウンドメ イクに定評のある、STUDIO ZENの岡崎氏の手によって行われ、それぞれの要素が絶妙に混ざり合い、とんでもないロックンロール・モンスター・アルバムの完 成と相成りました。アートワークですが、メインのイラストは大岩自らで筆を取った描き下ろし作で、全体をthe slowmotionsのキイチ氏がディレクション。今回の作品にこれ以上無い彩りを添え、それを豪華紙ジャケット仕様に落とし 込んだ、完璧な作品に仕上がっております。

1. しゃぶっておくれ
2. Take You Down
3. 呪いのジャングル
4. ブロイラー
5. カモンプッシーブルース
6. イレルコスルダス
7. 病院刑務所ロックンロール
8. ナイトクルー




battleattacker-silly-lp.jpg



・BATTLE ATTACKER - Silly Notice DIE HARD CLEAR GREEN VINYL LP 税込3,240円 (F.O.A.D.)

F.O.A.D.によるオールド・ジャパニーズ・ハードコア再発シリーズの2017年を締めくくるのは、横須賀のBATTLE ATTACKER!!1980年代後期~1990年代初めにかけて精力的に活動し、MCRからのYokosuka City Hardcore FLEXIに参加していたバンドです。限定300枚プレスで、そのうちのltd.100枚クリア・グリーン・ビニール・ダイハード・バージョンで入荷しました。


Tracks 1-5 : "Battle Attacker" 2nd DEMO (1991年)
Track 6 : 未発表 (1992年)
Tracks 7-8 : "Yokosuka City Hardcore" comp. (1991年)
Tracks 9-13 : "炸裂中毒 / Out Of Mind" 1st DEMO (1990年)


まずは表紙に散りばめられたカラー写真がまぶしすぎるブックレットが素晴らしい仕上がりで、当時のフライヤーと、共演バンドも記録したライブ・データがとても面白くて、これを眺めているだけで気分はもうBest Run FastでSmashing Odds Nessです。サウンドは当時USHC影響下バンドの宝庫だった神奈川県のバンドらしい、これぞ京浜スラッシュ!なスタイルで、キャッチーさもあるドカドカ速いジャパニーズ・ハードコアと、メンバーのルックスからも推測すると、MAD CONFLUXからの強い影響を感じさせます。最盛期だったとも言える80年代後期のジャパニーズ・ハードコアが好き人は、持ってるだけで嬉しくなってくるレコードです!!

東欧ブラックメタルガイドブック


easterneuropeanblackmetal-book.jpg

・東欧ブラックメタルガイドブック BOOK 税込2,376円 (パブリブ)

ハマザキガク氏監修による世界過激音楽シリーズのVol.6は、ポーランド/チェコ/スロヴァキア/ハンガリーのブラックメタルを紹介した東欧編。この、ブラックメタルの中でも非常にマニアックで危険な共産圏のシーンを紹介しているのは、平成生まれの岡田早由さんという女性で、情熱と若さだけでねじ伏せるようなものではない、ガイドブックとしてとても優れた内容です。自分にとって未知の領域のシーンなので、仕事が溜まってるのについ読みふけってしまいました。面白い!!


■白血病から生還したネルガル率いる最も有名なポーランド出身のブラックBehemoth
■修道士風の真っ黒なマントに身を包みカトリックから敵視されるカルトブラックBatushka
■爆速ドラマーが在籍する同名ロシアバンドより遥かに先に結成されたペイガンArkona
■来日も果たし、祖国ポーランドでは演劇にも携わる極寒型次世代ブラックFuria
■国家社会主義者と目され、中世騎士の格好のペイガンフォークGraveland
■反共バンドとの関わりから極右疑われるブラスト炸裂ブルータルブラックInfernal War
■タトラ山脈でライブ拒絶、古ポーランド語熱唱アトモスフェリックWędrujący Wiatr
■「バンド名がない」と主張し「██████」で押し通すアンティファ・ブラック
■ティンパニ・ハチャトゥリアンを活用しヘンテコ奇天烈なMaster’s Hammer
■「森ブラック」自称し下水道に拘り続け、遠足中の保育園児とも戯れるTrollech
■トロンボーン等の管楽器をいち早く取り入れていたアトモスフェリックSear Bliss
■現MayhemのボーカルAttilaが1985年から活動していたTormentor

●共産主義時代のメタル事情
●反共主義、極右思想の音楽RAC
●東欧ライブハウス
●東欧マニアック観光
●読み方がわからないバンド名
●ポーランドの極右ブラックメタル・サークル
11 | 2017/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR