RECORD BOY

Japanese Hardcore Punks!!


* 毎週水曜は当店の定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品をカートアップしました。


gauzereissuelps.jpg

*ジャパニーズ・ハードコア・パンク・レジェンド GAUZEの全アルバム5種がレッドビニール・アナログ盤でXXX Recordsからオフィシャル再発!!!プレスは海外かな?、、、ワックス・カラーはバリエーションあるのかな?、、、何枚プレスかな?、、、などなどなど、到着前からアレコレ考えてワクワクしてましたが、なんとこの値段でジャパニーズ・プレスの純正日本産ですので、これは本当に素晴らしい再発です。The Cryptの殺し文句をここで声高に叫びたい、まさに「Stay Away Bootleg!!」なグレート・リイシュー!!!



gauze-fuck.jpg

・GAUZE - Fuck Heads LP 税込2,700円 (XXX)

こちらは1985年発表1stアルバム。THE STALIN, チフス, etcのTam氏によるプロデュースでADK Recordsから発表された本作は、その素晴らしい音質も頻繁に高く評価されます。2ndアルバム Equalizing Distortで確立するスピードコア・スラッシュとはまた違った魅力の、海外の80年代初期ハードコア・パンクにも全く引けをとらないどころか同等以上の奥行きの深いサウンドによるドライビン・スピード・パンク・アルバム歴史的名作。



gauze-equalizing.jpg

・GAUZE - Equalizing Distort LP 税込2,700円 (XXX)

こちらはSelfish Recordsから1986年に発表された2ndアルバムです。当時、Selfish Recordsは韓国でプレスしたリリースもあり、LIP CREAM, OUTO, S.O.B., etcのヒット作にはけっこう韓国プレスが多く存在します。このGAUZEの2ndもその中の一つですが、日本国内プレスのものも存在していました。

内容はもう、本作を最高傑作にあげる声も多いほどに文句なしの名作です。日本でイチ早く"Thrash"を掲げた、緊張感、スピード、どこをとっても完璧な全曲名曲で埋め尽くされた大傑作アルバム!!



gauze-genkai.jpg

・GAUZE - 限界は何処だ LP 税込2,700円 (XXX)

こちらは1991年発表3rdアルバムです。スタジオ録音の10曲に、1989年8月のスコットランドでのライブも後半に収録した、スタジオ&ライブという変則的な形で発表されました。起伏の激しさを増した曲調と、代表的名曲 "死人に口なし"で形づけられたGAUZE節など、発表当時はちょっと反響が薄かった印象が個人的にはありますが、90年代後半あたりからにわかに評価が上がり、今ではオリジナル盤LPは高額プレミア人気アイテムとなっています。オリジナルに習って、歌詞インナーと、スコットランドでのライブのカラー写真多数掲載のインナーの、2種インサート・シート付き。



gauze-kao.jpg

・GAUZE - 面を洗って出直して来い LP 税込2,700円 (XXX)

こちらは1997年発表の4thアルバムです。このオリジナル盤LPは、当時は小売店で一切販売がなく、レーベル通販とライブ売りのみで、近年はGAUZEアルバムの中でも上位に位置する人気の高額プレミア・レア盤となっていました。

当時シーンを席巻していた海外のパワーバイオレンス・ミュージシャンらも崇拝し舌を巻くノンストップ・レイジング・スラッシュ・サウンドと、痛烈なメッセージを日本語詩に絞って連射した、現在のGAUZE節を確立したとも言える重要作!!



gauze-binbo.jpg

・GAUZE - 貧乏ゆすりのリズムに乗って LP 税込2,700円 (XXX)

こちらは2007年発表の5thアルバムです。CDはXXX Recordsから、そしてオリジナル・プレスのLPはUSのPrank Recordsからでした。このアルバムはLP持ってる人は多く居るでしょうから、ハッキリ言いましてご予約数はこれが一番少なかったです。しかし、海外の自称レーベル関係者などまでこのLPを後回しにしてる奴がいて、ホント、もう付き合いやめてやろうかと思うくらい腹が立ちました。だって、今回が初の日本製LPとなるのは唯一コレだけですよ。東京メタルパンクLPのライセンス・リリースとかやってるレーベルのくせに、なんでこのレコードの魅力を感じ取れないのかなー。わかってねーなー、もう!!

内容自体は改めて言うまでもありません。衰えやリラックスした余裕などは全く感じさせない、常に全速力でスラッシュするレイジング・ハードコア・サウンドが驚異的です。ファンにとってはおなじみの曲が揃った、全曲初録音源でありながらGAUZEアンセム満載!!



acute-midara.jpg

・ACUTE - みだら CDEP 税込1,080円 (Crew For Life)

愛知県岡崎のハードコア・パンク・バンド ACUTEの5曲入りCDが、Crew for Lifeからリリース。昭和文学的な世界観の日本語詩Voと和怪奇メロディーが特徴の、愛知県産らしい個性的なハードコア・パンクで、全国区でファンの多いバンドです。ジャパニーズ・ハードコア本来の攻撃性は失わずに、独特のメロディー・センスはさらに磨きが掛かっていて、過去作品が好きだった人は今回も間違いなく必聴です。


岡崎CITY HC代表格であるACUTE、前作"魘-UNASARE-"から約3年振りに5曲入り単独シングル"みだら"がリリースされる。独自の世界観で歪みきった残酷な旋律を奏でるACUTE、前作に比べよりメロディアスさが増しドラマティックな展開に仕上がっている。中でも、1曲目に収録されている"Anri"から2曲目のタイトル曲"みだら"への繋がりは、"柵に縛られ堕ちて逝く人間模様"が残酷に描かれており、彼らの歪んだ世界観が垣間見える。さらに、4曲目に収録されている"無差別殺人"は、現代の身近で起こりうる事件を基に加害者とそれを煽り立てる傍観者の視点を描く注目ナンバーだ。独自企画"尖端地獄"や"OKAZAKI NIGHTMARE DAYS"を積極的に行い国内外のバンドへのツアーサポート、地元岡崎CITY HCシーンを引っ張り続けている彼らの今後の活動にも注目してもらいたい。(インフォメーションより)

経血(KEIKETSU) - scapegoat CD pre-order NOW


keiketsu-scapegoat.jpg

・経血(KEIKETSU) - scapegoat CD 税込1,620円 (ご予約受付商品)

茨城県水戸市を拠点として活動する女性ボーカルハードコアパンクバンド「経血」のファーストフルアルバムが悲観レーベルからリリース。昨年、悲観レーベルから3曲入りシングルをソノシートでリリースしたが、プレス枚数のおよそ7割が3曲目収録曲後半の酷い針飛びの為に、流通出来ず御蔵入りになっていた。しかし、今作はソノシートシングルの3曲全てを再録し、全16曲入りの作品となった!経血の楽曲は日本の80年代パンク、ハードコアを母体としたスタイルである。推薦帯は犬神サアカス團「犬神 明」氏。レーベル初アルバム作品。(インフォメーションより)

12月29日発売予定で、本日からご予約を受付致します。先着予約特典として、昨年リリースした経血の針飛びソノシートをプレゼント!!数に限りがありますので、完売の際はご了承下さい。

Metal Punk 'till Armageddon!!


momentmaniacs-two.jpg



・MOMENT MANIACS - Two Fuckin Pieces... LP BLACK VINYL 税込2,484円 / GREEN VINYL 税込2,916円 / GRAY SPLATTER VINYL 税込3,780円 (Unrest)

2017年末ギリギリになんとかこのレコードも間に合ってくれました。「DISCARDは入ってるのになぜ?」と不思議に思ってた方はたくさんいたことでしょう。実際、少なからずお問い合わせもいただいてましたが、初回はオンライン販売する間も無く在庫切れとなりました。というのも、8月にこのリリース情報を知って直ぐにオーダーするも、ブラック/グリーン/グレイ・スプラッターの3種ヴィニールでレーベルが販売開始した直後にはグレイ・スプラッター盤は即完売。後悔してる間もなかったのでこのMOMENT MANIACSはブラックとグリーンの2種でDISCARDとともにオーダーしたのですが、発送直前でグリーン・ビニールの大半にプレスミスがあることが判明。実はレーベルのショップで即完売となっていたグレイ・スプラッター盤も早くにミスが発覚して出荷を止めていたとのことで、レーベルはカラービニール2種のプレスミス補填分だけ追加プレスして、ようやく仕切り直し販売開始、となりました。しかし、どうやら本当に補填分しかプレスされなかったようで、レーベルでは既にブラック・ビニール数枚を残しているのみ。完売間近のようです。

ANTI CIMEXシンガー Tomas Jonsson氏と、初期MARDUKのリズム隊でヴァイキング・ブラック・メタル ALLEGIANCEでもコンビを組んでいたRoger Svensson氏(ベース)とFredrik Andersson氏(ドラム)、この後にWOLFPACKを始動するギタリストのJocke Rydbjerらによる、スウェディッシュ・デス・クラスト・ハードコア伝説のプロジェクト唯一の音源となった10曲入りアルバムです。オリジナルはDistortion Recordsから1998年にCDでリリースされていましたが、このたびUnrest Recordsからアナログ盤で遂に再発となりました。

スウェーデンのパンクとメタルの関係を検証するうえでうってつけの作品であり、また予想を超えるものすごい怒濤のサウンドにただただ圧倒されるのみです。元々「クラスト」という言い方はどちらかと言うとメタルクラストのようなステンチなタイプに使われていて、日本のクラスト・シーン創世期のパンクスはそれらと特別するために、どちらかというと「ノイズコア」の基礎を強調したスタイルが主流でしたが、片や日本と同じくDISCHARGEなどのUKHCの強い影響下にあったスウェーデンのハードコア・シーンからは、デス・メタル・シーンを形成するようなミュージシャンも生まれ、ハードコア・パンクスもまた、自国スウェーデンのエクストリーム・メタル・シーンとの交流を積極的に受け入れました。その代表格は、TST, ENTOMBED, MERCILESS, といったパンク&メタル・レジェンド・バンド・メンバーが結集したLOUDPIPESと、そしてこのMOMENT MANIACS になるでしょう。

そしてサウンドがまたとにかく凄まじい。これこそまさにスウェディッシュ・ブラック/デス・メタルがD-Beatクラストコアをやってしまった最上級極悪ブルータル・サウンドの究極!!!Jonsson氏の野獣のような咆哮が、激烈なクラスト・ハードコア・メタル・サウンドと完全にマッチしています。MARDUKメンバーのお二人以外は後にWOLFPACKに以降しましたので、WOLFPACKの原型と言っても差し支えないでしょう。また個人的には、TORMENTEDなどはこのMOMENT MANIACSこそが完璧な理想型だったのでは?とも推測してしまいたくなります。とにかく、販売開始遅れておきながら偉そうに言いますが、当店のお客様全員必聴級メガトン・クラシックdeath!!!



eom-storm.jpg



・EXTINCTION OF MANKIND - Storm of Resentment CD 税込1,944円 (MCR)

USミネアポリスのMISERYと並んで90年代から伝統的メタルクラスト・パンクを継承するUKのE.O.M.が日本のMCRから新作4thアルバムCDをリリース。ALEHAMMER, HELLKRUSHER, DOOM, そしてVALLENFYRE結成時のメンバーでもあったScoot氏の本業とも言えるバンドです。歌詞の日本語訳付き。

AMEBIXが2008年に復活した直後にMISERYも活動を再開し、サウンドもまるで復活後のAMEBIX完全支持を表明するかのような現代的アプローチも聴かせて男気を見せつけてくれましたが、E.O.M.と言えばやはり師匠はANTISECTです。ANTISECTの感情を押し殺したような抑揚のないダーク・メタリック・サウンドを継承したE.O.M.のメタルクラスト・サウンドは、誤解を恐れずに言わせてもらえれば元来決しておもしろいものではないはずなのですが、それと同時に、あの淡々としたベッタリ感こそがE.O.M.の最大の魅力でもあったのです。彼らもまた、ある意味MISERYに習っていて、この新作は復活して大ブーイングの嵐に見舞われているお師匠 ANTISECTを擁護しているともとれる変化が感じられ、この期に及んでなぜかMOTORHEADテイストを打ち出しています。自身の存在意義と風潮がまるで噛み合ってない、この感覚こそ、2017年にグランジを再現してしまったような曲もやってた復活ANTISECTを継承しているのかも知れませんが、まぁ考えすぎでしょう。サンプル動画は、非常にE.O.M.らしいガリガリしたメタリック・クラスト・スラッシュ・ナンバーで安心させてくれます。







・BARROW WIGHT - Kings in Sauron's Service 税込1,728円 (Heavy Chains)

CDも到着しましたので、2016年発表作ですが恥ずかしげもなく今年イチのmy favoriteとして大プッシュ致します!!!カナダ・オタワで2006年に結成されたパンク・ヘヴィメタル・バンドの2016年発表1stアルバム。2014年にDying Victimsから7"も出ていて、ZEX, ICE WAR, etcのJo氏も過去に在籍していたそうですが、2017年に本作がNYのStygian Black Handからヴィニール化されるまでは、完全にノーマークでした、、、 。そしてノックアウトされました!!

レーベルからのインフォメーションが、「VENOMミーツAMEBIX」なんていう解説だったので、またまた安易で無責任な事言ってくれるなー、と期待度ゼロで試聴してみたら、これがビックリ仰天、ホントまんまVENOMミーツAMEBIXで凄い!!!まるでMonolithアルバムのコンセプトでVENOMが演奏してるみたいな感じで、たまにモロパクリなパートもあったりしますが、VENOMを核にしながらもロッキンなスラッシュにはならずに踏み止まり、AMEBIX影響下と名乗っておきながらAXEGRINDERの要素しか見えてこないメタルクラストの失敗例のようにもならず、若者がここまでやればお見事、アッパレです。HAWKWINDもバックグラウンドにあるそうで、その70年代ヴィンテージ志向を背伸びしすぎて安易に打ち出さず、ちょっとSAW THROATのアルバムみたいな感じでバッキングにサイケなトッピングしているのも効果的だと思います。

Heavy Chains Recordsは早くからこのBARROW WIGHTをサポートして、デモも過去にリリースしてきたようですが、残念ながらデモはもう入手不可能。遅ればせながらこの1stアルバムを当店も激プッシュしていこうと思います。久々登場の大注目大推薦パンク・メタル!!



ironhawk-cemetery.jpg



・IRONHAWK - Cemetery of Steel EP TAPE 税込864円 (Heavy Chains)

オーストラリアの離島タスマニアを拠点にするメタルパンク・バンドの3曲入りカセットEP。女性ベーシストを擁する3ピースで、2018年のSABBATオーストラリア・ツアーの際には共演も予定していますし、2017年4月のDEATH SIDEオーストラリア・ツアーでもサポートを担当したようです。このジャパニーズ・メタル&パンク大御所2バンドとの共演を果たしてるバンドは、世界中見渡してもそうはいないはずです。

基本はmotorchargedタイプのメタルパンクらしいですが、サンプルの曲なんかは完全にSABBATからの影響を感じさせます。パンクスによるイーヴィル・スピード・メタル・テイストのメタルパンクとしては、個人的にはMIDNIGHTの影響を強く出されるよりも、こういうタイプの方が良いと思います。ルックスもいいので、WHIPSTRIKERなどのファンは要チェックです!!

11 | 2017/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR