RECORD BOY

Black 'till Death!!


demonomancy-burnt.jpg



・DEMONOMANCY - Burnt Vitriol ~ A Relics Compendium LP 税込2,484円 (Nuclear War Now!)

イタリアン・ブラック・メタル・バンド DEMONOMANCYの初期デモ2種をまとめたコンピレーション・アルバムが、このバンドをサポートし続けるNWN!からリリース。ダイハード・バージョンは存在しない、ブラック・ビニールのみのリリースです。


Tracks 1-6 : "Bearers of Black Arts" Demo (2010年)
Tracks 7, 8 : "The Premonition" demo (2012年)


NWN!たたき上げのバンドだけど、Parasitic Recordsの北米ベスチャル・デス・ブラック・メタル・バンドなどが好きなマニアにオススメのサウンドです。一言で言うと、USポートランドのRITUAL NECROMANCYを彷彿させる、ひたすらに冷徹な暗黒リチュアル・ウォー・ブラックで、デンマークやフィンランドなどの北欧ノイジーな原始性さとは違う、非人間的な冷たさが全編に漂っています。Dark Descent Recordsがリリースしてるオセアニアのウォー・ブラック・ファンなんかにもオススメです!!



blackwitchery-desecration-diehard2017.jpg



・BLACK WITCHERY - Desecration of the Holy Kingdom DIE HARD LP 税込3,996円 (Nuclear War Now!)

合衆国産BLASPHEMYウォーシップ・ブラック・デス・メタルの頂点、フロリダのBLACK WITCHERYが2001年に発表した1stアルバムがアナログ盤も再発!!!666!!!Full Moon prod.からのCDをオリジナル・フォーマットとして、仕様は数種ありましたがLPはこれまでにNWN!が独占で、2002年1stプレス、2009年2ndプレス、そして2016年のNWN!フェス・バージョン・ピクチャー盤の3度発売してきました。今回は2016年に交通事故でこの世を去ったギタリストのTregenda氏追悼リリースで、ゲートフォルド・スリーブとなっています。ダイハード・バージョンはレッド・ビニールで、タペストリー・フラッグとステッカー付き。

ルックスを見ればわかるように、明らかにhail BLASPHEMYな暗黒鋼鉄悪塊連射ですが、SplitをリリースしていたCONQUERORのようなグラインド・カオスもあり、カバーもやってるSARCOFAGOのようなデスラッシュ感(ちなみにSARCOFAGOカバー曲は"Deathrash")は希薄な、マーシレスでベスチャルなクラシック。BLASPHEMY, CONQUEROR, BESTIAL WARLUST, ARCHGOAT, etcと並んでウォー・ブラック・ファン必須のカルト・バンドです!!



mystifier-profanus.jpg



・MYSTIFIER - Profanus CD 税込1,836円 (Vic)

SARCOFAGOに次ぐキングス・オブ・ブラジリアン・カルト・ブラック・メタル、MYSTIFIERの2001年発表4thアルバムCDが、オランダVic Recordsから再発。言うまでもなくブラジル・ブラックの代表格バンドの一つですから、これまでも可能な限り再発盤は入れてきましたが、3rdまでは各社こぞって様々な形で再発してるのに、なぜかこの作品は今まで1度も再発されてなかったようで、今回がヨーロッパで初めてのリリースとなります。ボーナスでライブ・トラック3曲を追加した全16曲入り。

IMPURITYと並ぶSARCOFAGOフォロワー・バンドとして人気を集めながらも、音楽性は早くから前衛的な部分も持ち合わせていて、1992年の1stアルバム Wiccaの時点でかなり異端ミステリアスなキーボードが特徴の原始的ブラック・メタルを実践していました。1996年の3rdアルバム The World Is So Good That Who Made It Doesn't Live Hereではその前衛的な感覚が、ROOTやMASTER'S HAMMERなどの東欧ブラックにも通じる変態テイストを生み出して素晴らしい作品に仕上げていましたが、この4thアルバムはMYSTIFIERの骨格などは変えないままに変態性を封印して、ヘヴィメタルの伝統芸をしっかりと踏まえたようなブラック・メタル・サウンドにチャレンジしています。そしてこれがまた本当にカッコいい!!リフはスラッシュ・メタルのような刻みを強調しながら目まぐるしくドラマチックに展開し、そこにギターオリエンテッド・メタル・ファンをも唸らせるようなメロディックな早弾きソロがふんだんに盛込まれているけど、ミステリアスなキーボードや、途中から全く違う曲になっちゃうようなあの唐突な展開など、MYSTIFIERらしさが全く失せていないのが凄い。この作品から、中心メンバーのBeelzeebubth氏がベースからギターにパート・チェンジしてるんですが、この人のギター・プレイがとにかく素晴らしい・・・。もし日本に移住したりしたら、正統派メタル・バンドからの加入要請が殺到しそうな日本人好みのメロディーが炸裂しまくってます。素晴らしい!!ブックレットの写真の数々も熱すぎる、暑苦しすぎる!!MYSTIFIER最高!!!



goatpenis-anesthetic-diehard.jpg



・GOATPENIS - Anesthetic Vapor DIE HARD LP 税込3,996円 / CD 税込1,728円 (Nuclear War Now!)

ブラジリアン最強極悪ウォー・メタル GOATPENISがNWN!から2017年新作アルバムをリリース!!バンドとレーベルのカラーは完全に合致しますが、でもやっぱりGOATPENISがNWN!と契約を交わしたというニュースを初めて聞いた時は驚きました。そして本作は、GOATPENISとNWN!によるタッグという事実よりも衝撃を受ける内容とも言えます。極悪なサウンドとキャラクターが先行していた感の強かったGOATPENISの気迫と音楽に対する真剣さを感じさせる圧巻の意欲作。BLASPHEMYのNocturnal Grave Desecrator and Black Winds氏もゲストVo.で参加してます。ダイハード・バージョンLPはシルバー・ビニールで、ステッカーとフェイク・レザー生地のシェイプド・ロゴ・バックパッチ付き!!

とにかくその強烈なキャラクターゆえに、ベスチャル/ウォー・ブラック・メタル・バンドの中でも一層避けて通ってる人もいるかもしれませんが、音楽性は明らかに進化と深化を模索しているのが近年の作品ではうかがえました。前作アルバム Apocalypse Warでは、ウォー・ブラックとすら呼ぶのも抵抗があるくらい演奏も楽曲も完成度を増し、ニュースクール系タフガイ・デス・メタルコア・ファンに支持されてもおかしくないようなソリッドなブルタリティーも備えてきていましたが、今回は彼らの「ウォー・メタル」のルーツとも言えそうな、勇壮なメロディーをふんだんに盛り込んでいて、ペイガン・ウォー・デス・メタルとでも言うべき圧倒的且つドラマチックな作風に超ビックリ!!そしてこれが泣けてくるくらい男らしい!!



wrathofdarkness.jpg



・WRATHPRAYER / FORCE OF DARKNESS - The Wrath of Darkness SPLIT CD 税込1,944円 (Nuclear War Now!)

Temple of Abominationから7"アナログ化された2010年1stデモが世界中のウォーブラック・マニアから絶賛されたベスチャル・ブラック・デス・メタル WRATHPRAYERと、オールドスクール・デスラッシャーも熱狂するおなじみFORCE OF DARKNESSによるチリアン・サタニック・デス・メタルSplitアルバムCDが、NWN!からリリース。

Ross Bay Cultが、PROCLAMATIONと並んで以前から期待を寄せ支持を表明していた WRATHPRAYERは久々の登場です。The Sun of Moloch: The Sublimation...アルバムで到達した、荘厳且つ鈍いベスチャル・デス・メタル・サウンドは健在で、1stアルバムが好きだった人には大満足の内容でしょう。DIOCLETIANやVASSAFORなどのオセアニアのバンドの冷たさに似たところもありますが、リチュアルよりもプリミティヴが強いのが魅力です。

そしてFORCE OF DARKNESSに突入すると、WRATHPRAYERが支配した重苦しさから一転して、一気に切れ味と瞬発力が爆発したようなカッコよさがあります。BATHORY起源のプリミティブ・ブラック・スラッシュを南米テイストで見事なまでに表現しきっていて、乱暴な言い方をしてしまいますと、NIFELHEIMがパーフェクトな姿かたちを目指すと、FORCE OF DARKNESSみたいになるのではないでしょうか?オールドスクールなテクニカル・リフが今回もさえわたっていて、特にクレイジー・フレーズ大爆発でドラマチックなナンバー "The Order"は、AURA NOIRファンも悶絶&Dieのカッコよさ!!!



invocationspells-theflame-lp.jpg



・INVOCATION SPELLS - The Flame Of Hate LP 税込2,592円 / CD 税込1,728円 (Hells Headbangers)

ノーマークだった前作2ndアルバム Descendent the Black Throneが素晴らしい内容で一気に注目を集めたチリ・サンチアゴ出身ブラック・デスラッシュ・メタル INVOCATION SPELLSの新作3rdアルバム。恐らくメンバー自身のレーベルと思われるSuicide Recordsなるレーベルから昨年2016年にCDで発表されていましたが、この度Hells Headbangersからライセンス・リリースされて当店にも無事入荷致しました。アナログ盤はこのHells Headbangers盤のみしか存在せず、スプラッター・ビニールでポスター付き。

メンバーはこれまた近年急激に評価が高まっていたスラッシュ・メタル・バンドのDEKAPITEDのギター&Vo.の人+もう一人で全パートをこなす2人編成だけど、DEKAPITEDに注目していた南米スラッシュ・メタル・ファンはもちろんのこと、Kolbotn Thrashers Unionなどのノルウェジャン・スラッシュ・メタル・ファンにまで大推薦の傑作です。前作はジャーマン・スラッシュ的に感じられたDESTRUCTIONスタイルのリフワークが今回はかなり北欧に寄った感があって、これはもうAURA NOIRの後継者が南米から出没したようなカッコよさと言い切ってしまいたい!!昨今のノルウェー・スラッシュ・メタル・ヤングがSABBATやNIFELHEIMなどに傾倒している(ように感じさせる)のに対して、このINVOCATION SPELLSはAURA NOIRのDESTRUCTION要素と、DARKTHRONEのCELTIC FORST / HELLHAMMER要素をミックスしたような冷たさに接近しています。しかも、NEKROMANTHEON, CONDOR, INCULTER, etcのノルウェー・スラッシュ・メタルにも全く引けを取らない熱血ヘッドバンギング・リフの応酬。これはRIPPERもウカウカしていられません。チリのバンドが凄いとかどうのこうとかもう関係ない世界的水準だけど、やっぱりチリのメタルは恐るべしdeath!!



hadesarcher-temple.jpg



・HADES ARCHER - Temple Of The Impure CD 税込1,728円 (Hells Headbangers)

日本のマニアックなブラック/デス・メタル・ファンには人気の高いチリのブラック・デス・メタル HADES ARCHERの2017年3rdアルバムが、Hells Headbangersからリリース。Deathrash Armageddonからの1stミニのLP化や、最近ではSABBATとのSplit CDも好評でしたが、なぜかこのバンドは日本以外では今まで評価があまり高くありませんでした。しかしHells Headbangersから、この内容で作品が出れば、今後は真っ当に評価されることでしょう。素晴らしい内容に仕上がったアルバムです。

デビュー当初は初期SODOMを継承するようなプリミティブなノイズ・メタル要素もあったけど、その後はBATHORY型スラッシング・ブラックや、同じチリのFORCE OF DARKNESSにも引けを取らないテクニカルなブラック・デスラッシュ・ナンバーなど、多彩なアプローチで意外と器用な面も見せていましたが、今回は正統派ベスチャル・メタルとでも言うべき、非常に完成度の高いウォー・ブラック・デス・メタル・アルバムで勝負しています。構成力もあるので、SARCOFAGO型の南米ベスチャルよりも、GOSPEL OF THE HORNSなどの豪州産BATHORY影響下バンドにも近いものを感じます。しかも、オープニングのマシンガン・ブラスト・ナンバーで顕著な通り、ドラミングの切れ味が素晴らしい!!ウォー・ベスチャルでオールドスクールなタイプが好きな人全員必聴の傑作デス!!!666!!!



satanicwarmaster-archgoat.jpg



・SATANIC WARMASTER / ARCHGOAT - Lux Satanae (Thirteen Hymns Of Finnish Devil Worship) SPLIT 2CD 税込2,160円 (Hells Headbangers)

フィンランド・ブラック・メタル2大巨頭、SATANIC WARMASTERとARCHGOATによる豪華2枚組SplitアルバムCD。遅ればせながら入荷致しました。ともに代表的ナンバーの再録バージョンで構成されています。Chris Moyen画伯のアートもさらに映える、全6面トリプル・フォールド・デジパックです。


Disc 1
1. Satanic Warmaster - Black Destiny  
2. Satanic Warmaster - Wolves of Blood and Iron  
3. Satanic Warmaster - Satanic Winter (Pest cover)  
4. Satanic Warmaster - My Kingdom of Darkness  


SWは"Wolves of Blood and Iron"を筆頭に必殺の初期代表曲を再録していて、目玉はWerwolf氏が1990年代後半~2000年代にかけてやってたブラック・メタル・バンド PESTの"Black Winter"セルフ・カバー。我らがチャーリー・インフェクションのFudgeworhyから出てたEPの曲だぜ!!この曲はSWのライブ音源作品でも何度かリリースされていましたが、SWとしてのスタジオ録音音源が作品化されるのはこれが初めてではないかと思います。


Disc 2
1. Archgoat - Jesus Spawn  
2. Archgoat - Death & Necromancy  
3. Archgoat - Penis Perversor  
4. Archgoat - Angelcunt  
5. Archgoat - Satanic Oath  
6. Archgoat - Soulflay  
7. Archgoat - Black Messiah  
8. Archgoat - Thrice Damned Sodomizer (Streams of Blood)  
9. Archgoat - Rise of the Black Moon


デンマークのSADOMATORと並んで北欧型ベスチャル・ウォー・ノイズ・ブラック・メタルを布教するARCHGOATも、初期の名曲を現在の彼らのスタイルで再録。と言っても大幅にサウンド・スタイルを変えてきたバンドではないのですが、ノイズの塊のような初期の録音と聴き比べると明らかに分離された音になって聴きやすく、且つ冷たさも失せていません。あと、このバンドは、ノイズコアからブラック・メタルに入れ込んでいった人達に(私の周りでは)ファンが多いような気がしますが、それはノイズ・サウンドだけに惹かれていたのではなく、楽曲自体にけっこうハードコアのキャッチーさがあるんだな、と改めて聴いて思いました。なんにせよ、北欧ブラック・メタル・ファンを自負するのなら聴かないわけにはいかないグレートなSplitアルバムです!!


11 | 2017/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR