RECORD BOY

Scandinavian Metal Jawbreakers!!


underthechurch-supernatural.jpg



・UNDER THE CHURCH - Supernatural Punishment CD 税込1,728円 (Pulverised)

スウェディッシュ・デス・メタル・シーン黎明期の80年代後期に結成され、活動時には単独作品は残さなかったものの、Dead加入時MAYHEMが残した唯一のスタジオ音源が提供されたアルバムとしても有名な1991年発表デス・メタルcomp.アルバム Projections of a Stained Mind (ANTI-CIMEXやPUKEなどもリリースしていたCBRからのリリース)などへの参加で、初期スウェディッシュ・デス・メタル・ファンには伝説的な存在のバンド NIRVANA 2002のリズム隊が在籍するUNDER THE CHURCHの2017年発表2ndフル・アルバムCD。今回もシンガポールのPulverised Recordsからのリリースです。

中心メンバーは元NIRVANA 2002リズム隊の2人ですが、他メンバーも改めて調べてみると、これはもう旧友が集合したと言うよりもスウェディッシュ・デス・メタル生き証人結集のような豪華なラインナップであることに気づきます。Vo.のErik Sahlstrom氏はCRUCIFYRE, GENERAL SURGERYでex.MAZE OF TORMENT, ギターはMERCILESSのErik Wallin氏と最初期MERCILESSのMarcus Klack氏という伝説バンドのメンバーばかり。

NIRVANA 2002は、Vo.がENTOMBEDに一時参加したバンドとしても有名ですが、Left Hand Pathと全く同じギター/機材/セッティングでレコーディングしたという逸話もあるオムニバス提供曲は、まさしくENTOMBEDの兄弟的な激渋極上スウェディッシュ・デス・メタルでした。今回もDISMEMBERやENTOMBEDなどの王道の初期型スウェデスを基礎にしながら、グルーヴを強調したり、スウェディッシュ・ハードコア風だったり、スロウ・ドゥーミーだったりと、散漫になることなく曲調にバラエティーを持たせたアルバム構成になってますが、どのアプローチでも非常にキャッチーな感覚があるのはUNDER THE CHURCHの特徴であり魅力かと思います。初期MIASMALやBASTARD PRIESTなどのD-Beatデス・メタル・ファンが大興奮するようなオープニング・ナンバーなんか、ちょっとNO SECURITYみたいでもあります。スウェディッシュ・デス・メタル・ファン大満足の必聴作death!!



deathhammer-phantom-lp.jpg



・DEATHHAMMER - Phantom Knights LP 税込2,484円 (Hells Headbangers)

ジャケがちょっと変わって、Hells Headbangersからアナログ盤もリリース!今回はビアー/ブルー/オレンジのトリコロール・カラー・ビニールでの入荷です。

Forever Ripping Fast CDが大反響だったノルウェー2人組スラッシュメタルの、Witches Brew Recordsから2010年に発表したアルバムです。その1st CDがコレクション・アルバムのような形態だったので、正式なフル・アルバムとしては、本作が1stということになります。DARKTHRONEのF.O.A.D.アルバム・ジャケの墓堀りモヒカン君が着用してる革ジャンに、このDEATHHAMMERのロゴがペイントされてた事がきっかけで注目を浴び、Fenriz氏がいたくお気に入りで可愛がっていた若手スラッシャーですが、この作品でさらにブレイクして、その後は世界中のロウ・スラッシュメタル・ファンから注目される存在となりました。

このアルバムも、80年代の荒々しい直線型スラッシュメタルが好きな人は絶対にノックアウトされるであろう暴走突撃ポンコツ・ロウ・スラッシュメタルが素晴らしいです。ジャーマン・スラッシュ好きはとりあえず間違いナシな内容ですが、やはり今回もDESTRUCTIONがドランク・テイストを増したスタイルが最高に激しく愛しくカッコいい!!NECRONOMICONやノルウェーINFERNOみたいな完全無欠のDESTRUCTION型スラッシュメタルではなく、カナディアンSACRIFICEみたいなSLAYER直属ダーティー・スラッシュメタルなノリもあります。ジャーマン・スラッシュ系のちょっとクサいコード進行で熱くさせながらも、それをブチ壊すクソ音痴なギター・ソロ連発でヨレヨレになりながら立ちふさがるモノを破壊しまくって突き進むパワーに満ちてて最高。ABIGAILのYasuyuki氏っぽくもある裏返りハイトーンVo.と演奏のロウネスも相まって、初期TOXIC HOLOCAUSTなどが好きなパンクメタル・スラッシャーにもオススメです!!


Italian Metal Legends!!


fingernails-thehellishdays.jpg



・FINGERNAILS - The Hellish Days (The Complete Demo Recordings 1981 / 1988) 2CD 税込2,484円 (Blasphemous Art prod.)

イタリアンMOTORHEADウォーシップ・メタル FINGERNAILSのデモ集2枚組CD。以前にこの同じレーベルからリリースされた1984年録音未発表デモCD Heavy Night 1984以外の音源をまとめたものになります。


CD 1:
01-04: "Welcome America" Demo 1985
05-13: "H. M. Forces" Demo 1986
14-15: Live at Guns Of Brixton, Rome 01-1984
16: Live 06-1984 with Fabiano "Master" Bianco (Drums) and Chris Bianco (Guitar)
17: Recorded 01-1982 for 2nd Italian Rock Festival selections
18: Recorded 06-1982

CD 2:
01-09: "Shadow Of The Blade" Demo 1987
10-17: "Dirty Wheels" Demo 1987
18: Rehearsal 1988
19: Recorded 06-1982


1988年に発表した1stアルバムは、世界的に見てもMOTORHEAD影響下スピード・メタルの最高峰に位置する大傑作ですが、このデモ集も、あの1stアルバムに魅了された人なら絶対に満喫できる内容です。ブルースのルーツをさらけ出したナンバーから、その後のアルバムでもなかなか聴かれないような2分で終了してしまう暴走ハードコア・チューンまで、興味深い音源/曲が満載。男臭い完璧なるMOTORHEADウォーシップ・スピード・メタルなのに、パンク・ファンも熱狂間違いなしのキャッチーさとの融合が完璧なのですが、その要因はなんと言ってもギタリストで中心メンバーのAngus氏の素晴らしいセンスに尽きます。当時台頭してきたスラッシュにも触発されたであろうチョリチョリ刻みも、絡みつくメロディックなフレーズも、ロックンロール魂あふれるブルージーなプレイでキメていてメガ渋カッコいい!!パンキッシュなMOTORHEADウォーシップと言ったら真っ先に思い浮かぶのは初期TANKと、そしてそのTANKのAlgy Wardにプロデュースしてもらい、見事なバランスのVENOMミーツMOTORHEADの名作となったBULLDOSERも思い出されるけど、このFINGERNAILSの1stはZADKIELやCITY INDIANも好きな日本人ならば絶対に聴くべきです。



deathss-indeath-lp.jpg

deathss-blackmass-lp.jpg

deathss-heavydemons-lp.jpg

・DEATH SS - ...In Death Of Steve Sylvester 2LP 税込3,240円 / DIGIPACK CD 税込2,160円 (Shadow Kingdom)
・DEATH SS - Black Mass LP 税込2,916円 / DIGIPACK CD 税込2,160円 (Shadow Kingdom)
・DEATH SS - Heavy Demons LP 税込2,916円 / DIGIPACK CD 税込2,160円 (Shadow Kingdom)

強烈に打ち出したホラー・イメージと、胃もたれしてしまいそうな真っ黒いへヴィメタル・サウンドで、頑固なヘッドバンガーズはもちろん、90年代初頭にブラック・メタルやドゥーム・メタルを開拓していった先人バンドの多くにも慕われる、キング・オブ・イタリアン・オカルト・メタル・バンド DEATH SSの1988年1st, 1989年2nd, 1991年3rdの初期名作3種がShadow Kingdomから再発。先にカセット・バージョンで入荷していましたが、LPとCDも遂に再発されました。1stアルバム ...In Death Of Steve Sylvesterのアナログ盤のみ2枚組。CDは各種ゴールドディスクでデジパック。アナログ盤、CDともに、DEATH SSの魅力を最大限に生かしたような素晴らしい仕上がりです。

長い歴史の中で音楽的スタイルは変化を繰り返しますが、初期は鋼鉄度数の高いリフワークと、70年代オカルトなムードが交錯して、真性ヘッドバンガーズはもちろん、近年盛り上がりを見せるヴィンテージ・オカルトなへヴィメタルを堪能してるヤングも聴かねばならない、最重要カルト・メタル・バンドの一つです。スピード・メタルっぽい鋼鉄リフも飛び出すパワー・メタルをドス黒いフィルターを通した、後に同国の継承者 MORTUARY DRAPEや東京のSIGHなどが継承しているような部分が感じれますし、シケた南欧鋼鉄エピックらしい安っぽい荘厳さは、CATHEDRALなども影響されたように推測させます。とりあえず3rdまではオカルト・メタル・ファンは必聴のマスターピースです。

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR