RECORD BOY

The Portland Edition!!


* 毎週水曜は当店の定休日ですので、受注対応は木曜日以降になります。


poisonidea-darbycrashlp-2ndpres.jpg

poisonidea-darbycrashlp-2ndpres-sticker.jpg



・POISON IDEA - Darby Crash Rides Again-The Early Years Vol.1 LP 2nd PRESSING 税込2,484円 (American Leather / TKO)

USキングス・オブ・パンク POISON IDEAの初期のデモ/アウトテイク/ライブをまとめたコンピレーションLPが、装いも新たに2ndプレス盤リリース!!ご覧の通りジャケットが変わりましたし、収録内容もビミョーに違うし、調べたらやっぱりカラー盤のバリエーションもあるみたいだし、これはもうPIファンは嬉しい悲鳴上げるしかありません。あーもー、スルー出来るハズがないでしょう!!もちろんカラービニールですが、今のところ、ブルーを基調とした盤色で2パターンの存在を確認したけど、今回はシールド開封して確認したりはしてません。レアなカラーが出た人は教えてください。またステッカーもちょっともらっらたので、お買い上げのお客様に差し上げます。種類はランダムになりますので、ご了承下さい。

最初期1981年の蔵出し未発表音源 Boner's kitchen Demo / 後に7"でリリースされた1982年1stデモ Darby Crash Demo / The Early Years CDに収録されてた1983年ライブ / 1984年Records Collectors are Pretentious Assholesのアウトテイクを収録。Boner's kitchen DemoのエンジニアはMatt McCourtだったんですね!!ポートランドMAYHEM, WILD DOGS, DR. MASTERMINDのあの名物おじさんです。

POISON IDEAはポートランド・スピード・メタル MAYHEMのバックを担当していたギターのEric Olson (Vegetable), ベースのCraig Lower (Mondo), ドラムのSteve Hanford (Thee Slayer Hippie)の3人のミュージシャンが加入し、ハードロック・テイストを導入して驚異的な完成度で仕上げた Filthkick 7"以降が絶頂期だったことは明白ですが、ここで聴ける最初期音源も壮絶に衝撃的でカッコいいです。USポートランド最初のハードコア・パンクとされる伝説のバンド IMPERIALIST PIGSのギタリストだったPig Champion氏加入以前の激レア1981年音源は、この時点で既に凄まじいレイジング・スラッシュが唸りを上げています。1st 7" Pink Your King以前の1982年に録音したDarby Crash Rides Againデモになるとトム節が随所に炸裂していて、All Rightなんて何故後にオリジナル作品で再録されなかったかが不思議でならない猛烈暴走スラッシュ・チューンで、毎度聴くたびに震えてしまうかっこよさです。



theportlandedition.jpg



V.A. - The Portland Edition LP 税込2,484円 (American Leather)

POISON IDEAシンガー Jerry A.氏のAmerican Leather Recordsによる最新リリースは、レーベル初のオムニバス・アルバムであり、POISON IDEA以外の音源がAmerican Leatherから作品化されること自体がレーベルの長い歴史に於いて初めてとなる、記念すべきLPです。パンク/メタル/ゴス/クラスト/R&R/エクスペリメンタルなど、Jerry A.氏の幅広い趣向とセンスを理解しているPOISON IDEAリスナーならば、初めて聴くバンド/ミュージシャンがほとんどだとしても非常に興味深い内容に仕上がった、Jerry A.監修のポートランド・コンピレーション!!もちろん、全バンド/全曲未発表または初公開バージョンを提供しています!!初回プレスはグレイ・マーブル・ビニールです。


A1. RICHARD MELTZER -LUVVV
A2. FERNANDO - Rata
A3. SATYRESS - Skye Chariots
A4. SHADOWHOUSE - Conformity
A5. RICHARD MELTZER - Sonny Liston Fan Club
A6. TOXIC HOLOCAUST - Silence
A7. the PYNNACLES - Just For Now
A8. DR. AMAZON - Bodybag
B1. MIDNIGHT (Portland) - V
B2. SAM COOMES - The Big Goose Egg
B3. EYELIDS - Mothers
B4. RENE DENFELD - Enchanted
B5. POISON IDEA - No Hope
B6. JENNY DON'T AND THE SPURS - There He Goes
B7. TOP DOWN - Tight As A Fist
B8. Daniel Menche - Tom Peterson Doesn't Live Here Anymore


自分はPOISON IDEA, ポートランドMIDNIGHT, TOXIC HOLOCAUST以外初めて聴きましたし、JENNY DON'T AND THE SPURSはDETESTATIONなどのベーシスト Kelly氏がカントリーみたいなのもやってるってのは話に聞いてたけど、音源は今回初めて聴きました。TOXIC HOLOCAUSTは2013年の"Chemistry of Consciousness"アルバムに入ってた曲だけど、このデモ・バージョンはけっこう感触違うので、こうして聴くとちょっとMOTORHEADっぽさもあるんだな、って思いました。ポートランドのMIDNIGHTはもう覚えてる人も少ないかもですが、FROM ASHES RISEやDEATHREATなどでのギタリストよりも、最近はスタジオ・エンジニアとしても多忙で、POISON IDEAの近年盤でもけっこう仕事してるBrad Boatright氏や、HELLSHOCKのVo.がドラムで参加してるハードコア・パンク・バンドです。デモを2003年に1本だけ出してて、日本にもボチボチ入荷してたけど、その後は全く音沙汰ありませんでした。POISON IDEAのNo Hopeは完全未発表曲ですが、こういう場でよく披露するちょっとジョークを効かせたようなナンバーじゃなくて、乾いた録音のハードコア・パンク・チューンがまるで初期PIの頃のようで、これが最高に燃えるーーー!!!この曲、1997年の録音で、ちょうどJerry A.がChris TenseとDean JohnsonのPick Your King ~ Kings of Punk期POISON IDEAリズム隊を呼ぼ戻してAPARTMENT 3Gチームで再結成した1998年発表Learning to Scream 7"時セッションの未発表曲なので、もうこの1曲だけでPOISON IDEAファンならば問答無用で完全必須のレコードです!!!


Thrash till Death!!


sauron-conquest-lp.jpg



・SAURON - Conquest Through Attrition LP 税込2,916円 (Sangreal)

アナログ盤も出ました!!Sangreal Recordsなるこのレーベル、実はBitchy Witch RecordsやってたAlejandra姐さんの新レーベルなのです。"有り金全部、BOYに振り込みな!!"の素晴らしい名言を生み出した(インタビューやった私がかなり盛った意訳ではありますが)彼女、ホント見た目も性格もキュートで最高なんです。NYでお会いしたG.A.T.E.Sメンバーがうらやましい・・・。初回プレスは500枚で全てブラック・ビニール。流通はやはり今も良くないので、このバンドのアナログ盤を待ってた人は、Sangreal Recordsサポートの意味も含めて、ぜひお買い上げ願います!!

規模は小さいものの、へヴィメタルとパンクがクロスオーバーしている現在のシーンではアメリカ随一、いや、世界中を見回しても強烈に個性的なバンドの人口密度は一番かも知れないミシガン・デトロイトの最凶スラッシャー SAURONが前作以来8年ぶりとなる3rdアルバムです。ノルウェーのINFERNO, カナダ AGGRESSIONの1stと並んで、当店の過去入荷商品スラッシュ・メタル部門の中ではダントツの大反響を記録した2004年発表1stアルバム Thrash Assaultと、2008年にWitches Brewから発表した2ndアルバム Satanic Assassinsではけっこう感触が違っていて、1stアルバムはノイジーなギターにリズム隊を埋もれさせてブラック・メタルにも通じる感触で極悪に刻みまくりスラッシュ・メタルをぶちまけてましたが、2ndアルバムは猛烈なドライブ感のベースとロウな爆裂ドラミングを強調して暴走していました。しかし楽曲自体は1stから本作3rdまでなんら変わりのないブラック・スラッシュ・メタルを貫いていて、今回も猛速スピード・スラッシュとドライビング・パートを併用し、ちょうど1stと2ndの中間のような感じに仕上がっています。さらに、今回はVictor氏のギターソロに印象的なメロディーがかなり多く、これはちょっと今までのSAURONにはなかった点かも知れません。とは言ってもVictor氏は初期BORROWED TIMEをはじめいくつものエピック・メタル・バンドでも演奏してきましたから付け焼き刃のようなメロディック・ソロではなく、あと何度も言いますが、楽曲自体は相も変わらずサタニック・バイオレンスに暴走しまくっていて、ほぼブラック・メタルなパートもあります。HYPNOSIA, RUST, VORNTH, INFANT DEATH, INCULTER, DEATHSTORM, のような北欧(またはそのスタイル)のブラック・スラッシュ・メタル・ファンは絶対に聴くべき数少ないアメリカン・イーヴィル・スラッシュ・メタル!!



euphoria-operation.jpg



・EUPHORIA - Operation : Genesis CD 税込1,836円

WASTELANDERの元ドラマーが在籍するUSデトロイトのスラッシュ・メタル・バンドの10曲入り1stアルバム。バンドによる自主製作盤で、ポスター状のジャケはちょっとシワや角スレが多いですが、非常に流通が悪いので、未聴の方はぜひこの機会にチェックしてほしい、個性的なスラッシュ/スピード・メタル・バンドです。

ジャケットからはスラッシュな雰囲気はちょっと感じられませんが、サイエンス・フィクション・テーマのスラッシュ・メタルだそうで、いわばSci-Fiスラッシュ・メタルということになります。リフと疾走感はスラッシュだけど、起伏のある展開にメロディックなギターが絡んでくるドラマチック・パートは、TESTAMENT影響下のギター・オリエンテッドなクランチ・スラッシュと言うよりは、確かにSFデス・メタル・バンドにも通じるコズミックなエピックを感じさせます。BLIND ILLUSION, DEAD BRAIN CELLS, 最近だとVEKTORなんかと同系統なのかもだけど、このEUPHORIAの方がもうちょっと正統派までいかないけど、スピード・メタルっぽさが強いかな?若い感覚とオールドスクール・メタルを融合した、素晴らしい成功例の一つではないでしょうか。クセの強いデトロイト・シーンからの登場ですが、これは正統派スラッシュ・メタル・ファンも要注目です!!

Black till Death!!

occvlta-nightwithout.jpg



・OCCVLTA - Night Without End CD 税込2,160円 (Dying Victims prod.)

ジャーマン・ブラック・メタル OCCVLTAの1stアルバムCDが、ドイツのDying Victimsからリリース。当店には過去にSALUTEとのSplit 7"が入荷していたバンドですが、当店で付き合いのあるレーベルやバンドの近況をチェックしたりしているとけっこう頻繁に登場してくるバンドで、実際そういった業界関係者にもすこぶる好評です。この1stアルバムは、NYのElectric Assaultからアナログ盤も近々リリースされる予定です。

完全なHELLHAMMER ~ CELTIC FROSTウォーシップ・スタイルで、ブラック/デス/スピード・メタルのシーンでこのスタイルを1つのサブ・ジャンルとして確立させたWARHAMMERもドイツ出身だったのを思い出してしまいましたが、OCCVLTAの場合はかなりDARKTHRONEテイストが強いのが特徴です。WARHAMMERは凶暴さよりもオタクなマニアックさが強くて、そこもまたナイスだったわけだけど、このバンドはより殺伐とした退廃感が強いです。AURA NOIRのヨーロッパ・ツアーに同行するサポート・バンドにも抜擢されて、特に北欧のメタル・シーン関係者に注目されるのも納得の冷たさが素晴らしく渋い。と言うか、ホントまるでDARKTHRONEのPanzerfaustアルバムでHellhammer-Frostパートを聴いてるように錯覚してきます!!しかもラストはCELTIC FROSTも越えて完璧なDARKTHRONEウォーシップ・ブラック・メタル・ナンバーでフィニッシュ!!おすすめデス。



clandestineblaze-cityof.jpg



・CLANDESTINE BLAZE - City Of Slaughter CD 税込1,620円 (Northern Heritage)

DEATHSPELL OMEGA, STABAT MATER, FLESHPRESS, GRUNT, CREAMFACE, Northern Heritage Records, Lolita Slavinder Records, etc、ブラック・メタル/ドゥーム・メタル/ノイズ/インダストリアル/グラインドコア/レーベル活動/ポルノ雑誌&ビデオ・プロデューサーなど、音楽活動も越えた各方面でアンチ・ヒューマン/タブーを表現するアーティスト Mikko Aspa氏によるフィンランド・ブラック・メタル代表格 CLANDESTINE BLAZEの2017年発表最新9thアルバムCD。

CLANDESTINE BLAZEの作品をBOYで入れるのはかなり久しぶりです。確か、DEATHSPELL OMEGAもいろいろ追いかけて、Crushing the Holy Trinityコンピレーションくらいまで頑張って勉強してた頃だったから、もうかれこれ10年くらいぶりの入荷でしょうか。伝統的なフィンランド・スタイルの悲哀叙情ブラック・メタルに、Mikko氏らしい殺伐アトモスフィアーなパートも導入して、個人的にも久しぶりに聴いたけど、やっぱり今も素晴らしく激渋カッコいい。北欧の人々の心の闇を集約したようなブラックホール国 フィンランドならではのブラック・メタル最高峰。全作品入れるのしんどいから今回は最新作だけですが、全ブラック・メタル・ファン間違いなく必聴です!!



imhotepzine11.jpg



・IMHOTEP ZINE #11 + ABIGOR "Kingdom of Darkness" 7" 税込2,484円 (Nuclear War Now!)

ノルウェー・ブラック・メタルの伝説的な時代とも言える1990年代から不定期ながら発刊を続ける、Slayer MAGAZINEと並び北欧ブラック・メタル・ファンには有名なノルウェーのIMHOTEP ZINEの最新11号。この号はNWN!とコラボレーションして、オーストリア・ブラック・メタル ABIGORの7"付きで発売されました。入荷遅れましたが、ABIGORのEPは先着100枚限定のパープル・ビニールです!!

この号は、オーストリアABIGOR、ノルウェーMAYHEM、スウェーデンWATAINのブラック・メタル・レジェンド3バンドのみに限定して掲載した特別号で、3バンドのインタビューが膨大な量で掲載されています。どのバンドも歴史を振り返ったバイオグラフィー的な箇所から、より突っ込んだブラック・メタル論などまで語っていて、ダイハードすぎない信者でもけっこう取っつきやすいインタビュー構成ではないかと思います。WATAINなんかErik氏のレコード・コレクションやフェイバリットみたいな話までして、さすがスター性とマニア性の両面をアピールするErik氏らしく、カッコいい写真の数々に紛れて自分の部屋の写真も載せています。A4サイズ/全108ページ。

そしてABIGORの付属シングルがブラック・メタル・コレクターにはかなり魅力的で、A面は初期曲の2016年再録、そしてB面は1994年と1996年のインストゥルメンタル・リハーサルを収録。EMPERORに匹敵する残虐なシンフォニック・メタル・サウンドが素晴らしかった初期の曲は、再録バージョンでも本当にカッコいいです。7"のジャケも最高!!



ukulten-keziah.jpg



・UNAUSSPRECHLICHEN KULTEN - Keziah Lilith Medea (Chapter X) DIGIPACK CD 税込1,944円 (Iron Bonehead prod.)

現行クトゥルー・デス・メタル最高峰バンドの一つ、チリのUNAUSSPRECHLICHEN KULTENの2017年発表最新4thアルバム・デジパックCD。今回はDark Descentを離れて、前作Split 7" / PENTAGRAM CHILEも出していたドイツのIron Boneheadからのリリースです。

その前作Split 7"では、MORBID ANGEL系のカオティックな激烈性よりもメロディックなギターが印象的でしたが、本作も過去作品より混沌さがだいぶ黄昏ていて、FATHER BEFOULEDのようなINCANTATION系デス・メタルのファンにも強くアピールするような作風になっています。メロディックなギターも要所を見事に押さえていて、ちょっとGOREPHILIAの最新作 Severed Monolithにも通じるところがありますが、BLOOD INCANTATIONほどTIMEGHOUL型SFデス・メタルには接近していなく、やはりUNAUSSPRECHLICHEN KULTENらしい激烈性は損なわれてはいません。前より聴きやすくなった分、ダイハードな信者で物足りなく感じる人もいるかもだけど、完成度は文句なしでしょう!!


warfield-conquering.jpg



・WARFIELD - Conquering the Black Horde CD 税込1,620円 (Calamity prod.)

RAPED GOD 666やHACAVITZのメンバーが在籍するメキシカン・ブラッケンド・デス・メタルの2009年1stアルバムです。ラストにSEPULTURAの名曲 Tropps of Doomカバーを追加収録した9曲入りのタイ盤での入荷です。

北欧ブラックに影響されたスタイルで、RAPED GOD 666ファンならばそんな偏見もないでしょうが、中南米特産のボロボロな演奏などとまるで違う、むしろ演奏力はかなり高い方で、マシンのようなドラミングもモノ凄いです。ギタリストがex.RAPED GOD 666なので演奏も素晴らしくシャープ。北欧ブラックの中でも、スウェディッシュ・ブラックのスタイルに近いでしょうか。ドラマチック&ブルータルにキラーなオールドスクール・デス・メタル・リフ&メロディック・フレーズを連射する、WATAIN, NECROPHOBIC, AT THE GATES, DISSECTIONなどのブラッケンド・デス・メタル・ファンにオススメ!!



iskra-ruins.jpg



・ISKRA - Ruins DIGIPACK CD 税込1,944円 (Southern Lord)

カナダ・ブリティッシュコロンビアのベテラン・ブラック・メタル・クラスティーズ ISKRAの、2015年にLPで発表した最新作3rdアルバムが、Southern LordからデジパックでCD化。クラスト・パンク・シーンに於いてアナーキスト・メタルというスタンスを早くから実践していたバンドでしたが、アンダーグラウンド・ポリティカル・クラスト・シーンでの風格とは裏腹に、日本ではメタル・シーンでは全くと言っていいほど知られていなかったと思います。この作品のアナログ盤は北米/南米/欧州の3レーベルでリリースされていましたが、いずれもクラスト・シーンで活動するレーベルからだったため、このSouthern LordsからのCD化によってISKRAを初めて知った日本のエクストリーム・メタル・ファンも少なくないことでしょう。オリジナルの10曲にボーナス3曲をプラスした全13曲入り。

これはSouthern Lord、良い仕事したのではないでしょうか。当店も久しぶりに入荷したバンドですが、クラスト・ブラック・メタルとして完成され尽くしていて、しかもハードコアの攻撃性の土台は揺らいでなく、エクストリーム・メタル・ファンに絶対に聴いてほしい傑作です。オールドスクールなブラッケンド・デス・メタル・リフとアグレッシブなリズム隊のコンビネーションが素晴らしくロウで、起承転結も踏まえた曲構成は、メタル・トレンドのデス・アンビエントなエクスペリメンタル要素が皆無だから、言わば人力ドラマチック、とでも言いたいガムシャラなパワーが最高です。このままDark DescentかUnspeakable Axeから出しても全く違和感なし。LOOKING FOR ANSWERの新作と並んでメタル・ヘッズに大推薦のブラッケンド・クラスト・メタル強力作!!あまりにもゴリゴリ・アグレッシブなので忘れてたけど、そういえばVo.は女性です。



crurifragium-beast.jpg



・CRURIFRAGIUM - Beasts of the Temple of Satan CD 税込1,728円 (Invictus prod.)

Invictus prod.からリリースされたUSシアトル出身ブラック・デス・メタル・バンドの2017年発表1stアルバムCDです。熱心なマニアの方から注目バンドと教えてもらってたWARPVOMITというバンドが居まして、そのバンドが発展して今やってるのが、このCRURIFRAGIUMになります。全員、元WARPVOMITです。北米ウォー・ブラック・メタル・ファンは、ぜひチェックしておいてください。

BEHERITがエレクトロニクスやミニマルな要素をブラック・メタルに持ち込み、非メタルのノイズ/アヴァンギャルド方面のリスナーも呼び込んだ結果、現在の欧米ブラック・メタルのファン層はそういったアヴァンギャルド・ミュージックの方が根っこにある人と、ヘヴィメタルの歴史をたどって究極の原始的サブ・ジャンルにまで行き着いた人とで形成されているのかと思います。ベルギーのPERVERTED CEREMONYが、無名の新人では異例の爆発的な反響を呼んでいる最大の要因は、その双方のタイプのブラック・メタル・ファンを惹きつけるキャッチーさにあると思うけど、このCRURIFAGIUMは現代の北米ベスチャル・デス・メタル代表格 WEREGOATにもじるスタイルを、REVENGEやCONQUERORも彷彿させるアグレッシブな演奏でタイト且つカオティックに表現しています。プリミティブなデス・メタルのルーツも感じさせて、PROCLAMATION, ARCHGOAT, BESTIAL WARLUSTなどのファンにも絶対オススメの注目株!!
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR