RECORD BOY

RHYTHM OF FEAR



*当店でもチケット発売開始致しました!


rhthmoffear2017oct1.jpg

2017年10月1日(日曜日)開場 16:00/開演 16:30
会場:リキッドルーム
前売券:3,000円 当店で発売中 [税込・1ドリンク代(500円)別途]

出演:GAUZE, the 原爆オナニーズ, S.H.I., FORWARD, SLANG

Death Punk!!


* 毎週水曜は当店の定休日ですので、受注対応は明日木曜日以降になります。


maggotheart-citygirls.jpg



・MAGGOT HEART - City Girls 12" 税込2,700円 (Teratology Sound & Vision)

SONIC RITUAL, THE OATHなど多くのバンドで活躍してきた女性ギタリスト Linnea Olssonの新たなるプロジェクト MAGGOT HEARTが始動し、4曲入り12”をドイツのレーベルから発表。パンクとメタル双方のシーンで実力を発揮してきた彼女の新バンドデビューにしてはちょっと少ないのでは?と思われる限定300枚プレスで、案の定レーベルでは早々に完売していますが、日本でのディストリビューションを依頼されましたので、普段女っ気のないBOYだけど、SONIC RITUALも真っ先に入荷させた店として、これももちろん張り切ってプッシュさせてもらいましょう!!

THE OATHの時には既にベルリンを拠点にしていたLinneaさんですが、THE OATH分裂以降もしばらく活動は留めず、フィンランドのポスト・パンク/ゴシック・ロック・バンド BEASTMILKからの参加要請を受け、BEASTMILKとその発展形 GRAVE PLEASURESにも一時在籍してました。そのBEASTMILKとGRAVE PLEASURESはけっこうブレイクして、ポスト・パンク回帰花盛りの日本のお洒落なインディー・パンク・ファンにもそこそこ注目を集めていたみたいです。このMAGGOT HEARTは新バンドと言うよりも彼女のソロ・プロジェクトなんですが、参加ミュージシャンがスウェディッシュ・メタル・ファンならば見過ごせない実力者揃いで、ドラムとベースはIN SOLITUDEのリズム隊そのまんまで、ベースはREPUGNANTやINVIDIOUS, REVEALもやってる人物です。サウンドは昨今のポスト・パンク/デス・ロック・ファンにもアプローチするようなスタイルだけど、「BEASTMILKが酷くなったみたいで、全然BEASTMILKの方がいい」なんて意見を某所で目にしたので、ちょっとそのBEASTMILKってのも聴いてみたけど、いやいやいや!!何言ってるの???どう聴いたって全然違うだろ!!!MAGGOT HEARTのサイケ感はAngel Rat以降のVOIVODとか、REVEALほどじゃないけどNEGATIVE PLANEなんかにも通じるところもあるし、何よりも1曲目なんてTHE OATHの妖艶さを見事に継承してるじゃないですか。「BEASTMILKが酷くなった」、なんて幼稚なディスリが許されるなら、悪いけどその人はBEASTMILKより透明な音を求めてa-haでも聴いて癒やされてればいいんじゃないでしょうか???と、敢えて悪態ついてみましたが、そう、「BEASTMILKが酷くなった」って言った人、ある意味間違ってないんです。Linneaさんはその美しさとは裏腹に、こういう荒んでて退廃的なサウンドを表現する生粋のアンダーグラウンド・ダーク・パンク&メタル・ロック・ギタリストなんです。先日入荷して好評だったCELTIC FROSTウォーシップ・ジャーマン・ブラック・メタル・バンド OCCVLTAのメンバーが担当しているというアートワークも病んでるし、裏ジャケのLinneaさんの首つりもMAGGOT HEARTの音楽性とマッチしてます。日本でも人気のある北欧哀愁パンクはフォークの土台が強いと思うけど、Linneaさんのプレイにはその要素はほとんど無く、もっとピュアにR&Rしてるところもほれぼれするくらいカッコいい。あと知らなかったけど、LinneaさんはDEATH BEATとDIYファンジンも作ってて、そこではKILLING JOKEのJaz Coleman, POISON IDEAのJerry A, HAWKWINDのDave Brockなどにインタビューするという、アッパレすぎるセンスも爆発させてます(そのZINE、もっと早く知って入荷させるべきだった...)。

フィメール・パンク・ファンも、ヴィンテージ・メタル・ファンも、スウェーデンMetal Of Death系サイケデリック・ダーク・メタル・ファンも、そしてTHE OATHが好きだった人にも絶対オススメの大注目リリースです!!



maggotheart-citygirls-button.jpg

・MAGGOT HEART - City Girls BUTTON 税込324円

オフィシャル・バッジも入荷!!こちらもまた既に完売/生産終了しているデザインで、CELTIC FROSTウォーシップ・ジャーマン・ブラック・メタル新鋭 OCCVLTAのメンバーがデザインしています。直系4.4cm。



slander-calunnia.jpg



・SLANDER - Calunnia ONE-SIDED DIE HARD LP 税込2,160円 (F.O.A.D.)

イタリアの若手ハードコア・バンドの6曲入り片面LPがF.O.A.D.からリリース。限定100枚スプラッター・ビニールのダイハード・バージョンです。

キャッチーでミクスチャー要素もあるクロスオーバー・スラッシュ・ハードコア・サウンドですが、これがもう今では完全にオールドウェーブな感すら漂うタイプで、NYHC系のスラッシュ・ブルタリティーと西海岸Suicidal系ギャング・スラッシュのミックスのような感じです。ラストにシークレットでNIRVANAのカバーも披露してますが、この選曲もなんか今っぽくない。ダイハード・バージョンですが、けっこう安めのお値段ですので、この機会にチェックしてみてください!!

YOSHI YUBAI - San Francisco PHOTO BOOK


yoshiyubai-sanfrancisco.jpg

・YOSHI YUBAI - San Francisco PHOTO BOOK 税込3,500円

Vice Japan WEB ZINEでNuclear War Now!オーナーのYosuke Konishi氏にインタビューもしていた広島県出身の写真家、弓場井宜嗣氏の初出版物となるフォトブックがサンフランシスコの出版社からリリース。アメリカで出版されたものなのでもちろんテキストも全て英語ですが、後書きをNWN!のYosuke氏が書いています。そして、弓場井氏がYosuke氏のテキストの日本語訳もメールしてくださったので、まずはそのYosuke氏の後書き日本語訳と、弓場井氏のインタビューを読んでみてください。


私が初めてYoshiに会ったのは2000年代の半ばで、お互い似たものに興味があり、関係が始まりました。私の家族には何人かビジュアルアーティストがいるので、写真の力はすでに理解していましたし、人生を通じてエクストリームミュージックを鑑賞してきた結果、Yoshiが探求しているテーマに私も共鳴したのです。私たちが初めて会った頃、YoshiはRE/Searchに住んでいて、サンフランシスコの写真を撮っていました。私はサンフランシスコ市内から10分程離れたパシフィカという町に住んでいました。当時定期的に参加していたコンサートへ行くのに便利な場所です。実際、私たちが初めて会ったのはメタルのギグで、本質的に音楽の趣味を共有していた私たちはそれから色々なショーでよく会うようになりました。それ以来、私たちの道は様々な機会に、ベルリンから東京まで、様々な都市で交差してきました。

より具体的な私たちの繋がりの源は、人間の中にある虚無主義的な面に対する共通した興味にあります。私はNuclear War Now!という名前の音楽レーベルを運営しています。これはおそらく多くの人に「武装闘争」への呼びかけのような扇情的なタイトルに聞こえるでしょう。しかし、私はこのレーベル名をそのような虚無主義的な衝動を感じる傾向がありながらも固有の倫理的羅針盤に導かれ、そのように行動することを妨げられている私たちのためのメタファーと考えています。例えば、ベイブリッジで渋滞にはまった時、全ての車を橋から落とせたら…と夢想するかもしれませんが、私たちは実際にそのように行動したりはしません。私はエクストリームミュージック、特にメタルがこれらの虚無主義的な性向の健康的なはけ口になると考えています。

Yoshiの写真は同様の手法で人間の暗い側面を探っています。サンフランシスコでの彼の作品は人間の逸脱した側面を反映しています。彼の被写体は私たちの多くが「薬物中毒、カス、ガターパンク、オカマのホームレス」等と認識するだろう人たちです。彼らははっきりとしたグレースケールでのみ現されていますが、同時に美しく対比させられています。まるでブラックメタルのように、Yoshiの写真は醜くグロテスクですが、同時に巧妙で魅力的です。ある基本的な衝動が私たちの人生からそのような「芳しくない人格」を排除しようとする時、私たちはその代わりに彼らの中に私たち自身を見いだす必要があります。ちょうど今私たちが全体的な虚無主義に傾いているように、私たちはみんな部分的に芳しくない特質を持っています。

当然に、かつ偶然にもYoshiの写真は1945年の広島と長崎の原爆投下後に撮影された写真に触発された黙示録的なイメージを捉えています。Yoshiの写真と私のNuclear War Now!との繋がりをこれ以上簡潔に表すことはできそうにありません。私たちはお互い異なる分野で活動していますが、私たちの表現は何年もの間、相似した軌道を描きながら前進を続けています。Yoshiのビジョンがこの先どのように進化し拡張していくのか、私は楽しみにしています。

Yosuke Konishi



若き写真家が見る歪んだ世界vol.8 弓場井宜嗣氏インタビュー


バンドやミュージシャンの写真集ではありません。サンフランシスコのストリートを行き交う人々や情景を収めた、A4よりちょっと小さいモノクロ・オンリーのフォト・ブックです。しかし、上記リンクで紹介されてるとおり、強烈な登場人物の写真が多数あります。長年お世話になっている弓場井氏の作品集だからこそ、当店も取り扱わせてもらうのですが、一つ強く言いたいのは、決して社交辞令的な付き合いで販売するのではないという点です。Yosuke氏の後書きと弓場井氏のインタビューを読んで、自分がレコード屋で仕事してて常日頃悶々としていたことを彼らが代弁してくれているようにも感じるのです。ここに掲載されてる写真が全て人間の本質だとは思わないけど、本質なんて全く美しくなく、むしろ醜くて、でも絶望してるわけでなく何かを表現せずにはいられないところは、BOYが惹かれて取り扱う音楽と通じるところだと思います。こういう写真見てハッと我に返り、どんなにチャラいパーティー・バンドでも、アーティストの端くれの足の爪の垢のクッセー部分くらいではあることを自覚したり思い起こせれば良いのではないでしょうか。限定120冊。

NEGATIVE INSIGHT BOOK New Issue


negativeinsight1-varukers.jpg

varukers-negativeinsight1.jpg

・NEGATIVE INSIGHT - issue #1 BOOK + VARUKERS 7" 税込2,592円

USのSocial Napalmというレーベルに携わっていた人物が発刊してスタートしたNEGATIVE INSIGHT ZINEの第1号が、付属音源を変えて再販。初版はDISASTERの91年ライブとSACRILEGEの86年ライブ音源をCDR or カセットで付属したDIYファンジンらしいオマケ音源でしたが、CHAOS UKの7"付き第2号、SHITLICKERSの7"付き第3号と、徐々に付属音源もビックリするような内容のものにグレードアップしてきたところで、この第1号の2017年版も素晴らしい付属音源に変わっています。後のSACRILEGEメンバーがバック陣だったAnother Religion Another War 12"eraの絶頂期VARUKERSが、ドイツのレーベルから1986年にリリースされたWe Don't Need Nuclear ForceオムニバスLPに提供した3曲を単独EP化して付属しています!!

ZINEの内容は、7ページに及ぶRatのVARUKERSインタビュー、SACRILEGEの初期ベーシスト Tonyの5ページにわたるインタビュー、こちらも5ページに及ぶDISASTERインタビュー、と3バンドのインタビューだけでも非常に濃厚です。もちろん各バンドの写真も掲載してますし、特にテキストは無いのにCONCRETE SOXの87年ライブ写真だけで2ページをぜいたくに使ったりして、Late 80's UKHCのあの時代が本当に大好きなのがヒシヒシと伝わってきます。ディスク・レビューのチョイスもなかなかセンスが良く、激渋UKメタルパンク ALTERNATIVE ATTACKにもスポットを当ててるなんて、アメリカ人にしてはちょっとあなどれません!!



negativeinsight3.jpg

・NEGATIVE INSIGHT - issue #3 BOOK + SHITLICKERS 7" 税込2,700円

そしてけっこう前から告知も行き渡って日本でも心待ちにしていた人も多かったであろう第3号、SHITLICKERSのオフィシャル・ライセンス・レプリカ7"シングル付きが遂に発売!!

過去2号はUKHCパンク色の濃い内容でしたが、今回はトータル・スウェディッシュ・ハードコア・イシュー。ABSURD, DISARM, フォトグラファー Sebastian Todorによる秘蔵写真, SKITSLICKERS, ANTI-CIMEX, そして伝説のChainsaw Tour '86レポート!!目玉はもちろんSHITLICKERSのオフィシャル再発7"付属なんですが、個人的にはやっぱりこの、AGONIとANTI-CIMEXによるChainsaw Tour日記をじっくり読みたいのです。AGONIがスラッシュ・メタルのAGONYに発展してUnder One FlagからリリースしたLPのインナーには、この時のツアー写真が満載で、ANTI-CIMEXのJonsonや、共演したDISCHARGEのCalもGaryもGrave New World eraの貴重なオフショットでAGONIメンバーと一緒に記念撮影に収まっていましたが、このNEGATIVE INSIGHT #3のツアーリポートには、いきなりDISATTACKのPekとMiddieがAGONIメンバーとイギリスらしい(写真モノクロだけど)緑の芝生の上でリラックスしてる写真が掲載されてて、もう倒れそうになります!!(Bill Steerは写ってない。写真撮ってたのがBill Steerなのかな?)SHITLICKERSのポスターも付いてます。

THALIDOMIDE - S/T FLEXI


thalidomide-flexi.jpg

・サリドマイド (THALIDOMIDE) - S/T FLEXI 税込432円 (悲観)

2000年代に突如出現してデモを2種発表していた完全1980年代型ジャパニーズ・オブスキュア・パンク、サリドマイドが復活して悲観レーベルからソノシートを発売!!手書き文をコピーした昔ながらのレーベル・インフォ・シートも付いてます。

ハードコアeraソドムや一家心中を彷彿させる、CHAOS UKなどのUKHCノイズ・ロウ・パンクとDEAD KENNNEDYSなどのUSHCの性急感をミックスして憎悪を爆発させたような、初期日本のハードコア・パンク独特のスタイルを現代に完全再現しています。悲観レーベル・ファンはもちろん、昭和ハード・パンク・ファンも必聴の衝撃的なバンドです!!

Thrash from the Graves!!


wargasm-fireball.jpg



・WARGASM - Fireball CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

The Crypt / Dark Symphoniesによる一連のWARGASM再発シリーズが、今度は1994年に発表したEPに初CD化音源もボーナス収録したコンピレーション・アルバムをリリース。ブックレットにはベース&Vo.のBob Mayo氏によるセルフ・ライナーノートと、TANKARDとのツアー時のものなど当時の初公開写真も掲載しています。


1. Fireball
2. Suicide Squad
3. Power of the Hunter
4. Engine (Rock Band Mix)
5. Jigsaw Man (Rock Band Remix)
6. Dreadnaut Day (Video Edit)
7. Little Drummer Boy (Radio Mix)
8. Jingle Hell (Radio Mix)
9. Wasteland (Live In-Studio)
10. Enemy Mine (Live In-Studio)
11. Revenge (Live In-Studio)
12. Grievous Angel (Live In-Studio)


ジャケからすぐにわかる通り、オープニングを飾るタイトル曲はDEEP PURPLEのカバー。続いてSuicide Squadは前身バンド MANIAC時代から演奏されていた名曲で、Power Of The Hunterはご存知TANKカバー。この2~3曲目は、先に7"EPで発掘リリースされていた音源です。スタジオ・ライブ録音による1stアルバム曲は、リズムがいかにも90年代らしいアレンジになっていたりしますが、それにしてもこのバンドの演奏力の切れ味とダイナミズムは素晴らしい。聴いててすぐには一発録りだと気づかないくらいです。



epidemic-decameron-lp.jpg



・EPIDEMIC - Decameron LP 税込3,240円 (The Crypt)

Divebombからのデモ・コンピレーションCDも好評だったUSサンフランシスコのスラッシュ・メタル・バンド EPIDEMICの1992年にMetal Bladeから発表した2ndアルバムが、アナログ盤も限定500枚で再発!!ltd.150枚のレッド・ビニールでの入荷です。

SACRILEGE 1stミニアルバムのUSライセンス再発やATROCITYなどもリリースしてたMetalcoreから1989年に1stアルバム The Truth of What Will Beを発表していたバンドの2ndアルバム。なんですが、ライナーノートを読むとThe Truth of What Will Beアルバムはもともとデモとして制作されたものであって、当人達は本作を実質の1stアルバムと捉えているようです。ちなみにそのライナーノートには、「Metalcoreは現Candlelight」のように言ってますが、これは本当なのかな?CandlelightはDISGUSTのベースだった人のレーベルだから、これが本当なら凄く面白いけど、未確認情報です。

ベイエリア・スラッシュの伝統芸には背を向けて、DARK ANGELのようなLA周辺のハードコア・スラッシュに接近した、90'sスラッシュ・メタルの名盤と評価の高い作品です。SOLSTICEやEXHORDERのようなMorrisoundデスラッシュとはドラム・サウンドがまるで違うので感触も異なっていて、デス・メタルのダイナミズムには完全に呑み込まれずに、なお且つモダン・へヴィネスなんかにも全く毒されることなく、これだけ過激にSLAYER起源の西海岸スラッシュ・メタルを猛スピードで表現していたのは驚異的です。デスラッシャー超待望の再発盤、と最初に言ったけど、これはデスラッシュじゃないですね。最上級に過激な壮烈スラッシュ・メタルdeath!!!

Hardcore Punk & Metal from Japan!!


deathside-wasted.jpg

・DEATH SIDE - Wasted Dream PAPERSLEEVE CD 税込2,700円 (Break The Records)

日本のハードコア・パンクを代表するバンドの一つ、DEATH SIDEの1989年発表1stアルバムが、Break The Recordsからリマスタリング/ペーパースリーブ/帯付きでCDが待望の再発!!

圧巻のロング・モホーク&ビッグ・ヘアーで全国のパンク・ファンを虜にして、ストロングな姿勢とメロディックなフレーズという、今では当たり前になったジャパニーズ・ハードコア・スタイルを確立した、後のジャパニーズ・ハードコア・パンクの教科書的名作です。自分達の世代は、このLPの裏ジャケとComplete Death Live VHSを、穴が開くほど見まくった青春時代を過ごしたのです。感極まる再発盤です。



deathside-bet.jpg

DEATH SIDE - Bet on the Possibility PAPERSLEEVE CD 税込2,700円 (Break The Records)

1991年発表2ndアルバムも、Break The Recordsからリマスタリング/ペーパースリーブ/帯付きでCDが待望の再発!!圧巻のロング・モホーク&ビッグ・ヘアーで全国のパンク・ファンを虜にして、ストロングな姿勢とメロディックなフレーズという、今では当たり前になったジャパニーズ・ハードコア・スタイルを確立した前作1stアルバムは当時大ヒットして、インディーズ・シーンでもセンセーショナルな存在でしたが、この2ndアルバムはジャパニーズ・ハードコア・パンク初のコンセプト・アルバムとしての意味合いも持つ、初期とは違った衝撃を当時のハードコア・シーンに与えた歴史的名作です。



moraless-evildisco.jpg



・MORALESS - Evil Disco CD 税込1,000円

以前に配布CDRが入荷していた鹿児島のクロスオーバー・グラインド・スラッシュ・バンドが4曲入りのCDEPを自主リリース。その配布CDRは密かに好評でしたが、気に入ってた人には今回も確実にオススメの内容です。

クラスト・グラインドをパンクとメタルのクロスオーバー感覚で表現したようなスタイルで、初期Earacheの重苦しくないキャッチーなイメージを好むスラッシャーにオススメです。パーツはグラインドやドゥームやクラストなどの要素をメインに構成してアレンジも凝ってるのに、非常にストレートなスラッシュ感となっているのが特徴となっています。クロスオーバー・ファン、グラインド・スラッシュ・ファンは要注目!!



worshippain-actsof.jpg



・WORSHIP PAIN - Acts of Worship CDR 税込600円

日本在住の外国人4人による非ジャパニーズ東京拠点メタル・バンドの6曲入りCDREP。ジャケ・カラーは数種ありますのでランダムで販売致します。

デス・メタル、クラスト・パンク、ポスト・ブラック・メタル、エモなどをミックスしたようなモダンなエクストリーム・メタル・サウンド。日本で録音してようが、さすがに日本人らしさは皆無です(まぁ、当たり前か)。

夏期休業のお知らせ


boytag-gold.jpg

今年は以下の日程で夏期休業を3日間いただきます。

休業期間 : 8月21日(月)~8月23日(水)

ご不便/ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願いします。

Death Cult from the Graves!!






・CIANIDE - The Dying Truth LP 税込3,240円 (The Crypt)

アメリカン・デス・メタルにおけるHELLHAMMER ~ CELTIC FROSTウォーシップ・スタイル最高峰の一つ、シカゴのCIANIDEの1992年発表1stアルバムが、アナログ盤も待望の再発。オリジナルはコレクターに人気のGrindcore InternationalからCDでリリースされ、2011年にThe Cryptからデモもプラスした2枚組で初ヴィニール化されるも早々に完売しました。今回はオリジナル・アルバムそのままの内容での初単独LP化再発で限定500枚プレス。ltd.200枚プレスのクリア・ビニールで入荷しています。

HELLHAMMER ~ CELTIC FROSTウォーシップ・スタイル最高峰の一つ、と言いましたが、同類のUS最高峰バンドのWINTERやDIVINE EVEなどのような退廃感より殺伐とした荒涼感が凄まじく、最高峰と呼ぶよりは極悪度指数ナンバーワン、と言った方が良いのかも知れません。シカゴ・デス・メタルならではの無骨さも激渋で、HELLHAMMERではなく回転数を落としたCELTIC FROSTに近いブルタリティーは、SHEER TERRORやSECOND TO NONEなどのビートダウンの極北バンドが好きなファンにもぜひ聴いてもらいたいです。ドゥーム・デス・メタル・ファン必聴のマスターピース!!







・DUSK - Dusk / ...Majestic Thou In Ruin 2LP 税込3,996円 (Dark Symphonies / The Crypt)

USウィスコンシンのドゥーム・デス・メタル・バンドの、94年発表1stと95年発表2ndをカップリングした2枚組LPが、The Cryptから限定500枚でリリース。ltd.150枚オックス・ブラッド・ビニールと、同じくltd.150枚のシルバー・マーブル・ビニールの2種入荷しています。1st CDのオリジナル盤はオランダの初期デス・メタル名門レーベル Cyber Musicからのリリースで、2ndが地元の超ド・マイナーなレーベルから出ていましたが、近年高まってきた再評価と比例して、超オブスキュアなリリースだった2ndの方のオリジナル盤CDが最近では1万円以上で取引される人気のメガ・レア高額アイテムと化しています。


LP1 : Dusk (1994年)
LP2 : ...Majestic Thou In Ruin (1995年)


オーストラリアの伝説的ドゥーム・デス・メタルdiSEMBOWELMENTからの影響を公言していて、サウンドもまさしくdiSEMBOWELMENT直系のエピック・グルーミィー・デス・メタルです。1st CDはスロウ・パートと言うよりもミドル・テンポ中心に変拍子や転調を繰り返しながらも、曲を構成するデス・メタル・リフは沈み込むような北欧バンドのような叙情的感触で、さらにそこにキーボードでゴシックな展開も大胆に盛り込んで、ストレンジですがアングラ・デス・メタルとしてのカルトな魅力と完成度は文句なし!!MORTHRA, DEAD END, PHLEBOTOMISED, MOURNINGなんかのダッチ・デス・メタルのlowエピックなバンドが好きな人には絶対オススメです。2ndはIT IS IやMORGIONのようなカリフォルニアのエピック・ドゥーム・デスにも似た雰囲気も出てきてますが、アヴァンギャルドな感覚はやはりdiSEMBOWELMENT直系でしょう。ラストは耽美な雰囲気漂う女性Vo.でフィニッシュ。実にThe Crypt / Dark Symphonisらしいグレートなリイシューと断言し、自信を持ってオススメできる内容デス!!







・SCARECROW / INDULGENCE - Deo Optimo Maximo SPLIT CD+DVD 税込2,484円 (Thrashing Madness prod.)

NWN!からのアナログ盤が先に入荷していたポーランド・スラッシュ/デス・メタル SCARECROWのディスコグラフィーCDです。後にメンバーが関わったINDULGENCEというバンドとのカップリングで、ボーナスDVDもセットにした2枚組。ブックレットの作りも良いですし、大きな帯も付いています。


DISC 1 CD
Tracks 1-6 : SCARECROW "Deo Optimo Maximo" (Demo 1989).
Tracks 7-9 : SCARECROW - Rehearsal 1991 /bonus/
Tracks 10-17 : INDULGENCE "Embodiment of Evil" (Demo 1992)

DISC 2 DVD
Tracks 1-5 : INDULGENCE - Live at Klub Kabel, Bydgoszcz, 11.11.1992
Tracks 6-10 : INDULGENCE - Live at Klub Solna, Bydgoszcz, 13.06.1992
Track 11 : SCARECROW - Live at Dom Kultury ZNTK, Bydgoszcz, 02.02.1991


SCARECROWはジャーマン・スラッシュ・メタルに影響を受け1987年に結成されたそうで、解散した1991年までに2種のデモを残しているようですが、もう1種は恐らくこのデモを英語詩で再録したものではないかと思います。ジャーマン・スラッシュのどの辺に影響されたのか?と推測するようなレベルには達していない、冷戦時代の東欧らしいミステリアスな薄暗さが充満した極上のオブスキュア・サウンドです。ジャーマンPOISONやSARCOFAGO的なハードコア・スピードでデスラッシュをやったような感じは、最初期ROOTやペルーのHADEZなんかのNWN!カルト・リイシューが好きだった人に超おすすめ!!INDULGENCEはSCARECROWよりはもうちょっと整然とされた感はありますが、楽曲はハードコア・クロスオーバー風の部分もあるけど、チャラけたムードは一切なく、東欧独特の暗さが覆ったスピードコア・デスラッシュが異様でこれまた最高カルトdeath!!







・PANDEMONIUM (Poland) - The Ancient Catatonia CD 税込1,620円 (Old Temple)

先にThe Crypptからのアナログ盤が入荷していた1989年結成で今も現役の東欧ポーランドのブラック・デス・メタル・バンド PANDEMONIUMの1994年発表した1stアルバム再発盤CDです。手書きナンバリング入り。

これとほぼ同時にNWN!から1992年のデモもLP化再発されて、ちょっと注目を集めていたバンドです。東欧らしい独特の感覚を持ったドゥーミー・ブラック・デス・メタルで、これはまさにカルト・クラシック。CELTIC FROSTリフじゃないドゥーム・スラッシュをブラック・デス風味に演奏、なんて言うと全く何言ってるのかわかりませんが、つまりスラッシュやデス・メタルのスロウ・パートで使われるような"捨てリフ"をつなぎ合わせたような非常に不思議な感触で、ドゥーム・メタルの脱力感とは違う退廃感が充満しています。美意識が欠如したSAMAELのような感じでもありますが、その美意識の皆無を補ってるのが東欧独特の無感情な冷徹さで、機械的な暗黒インダストリアル・ドゥーム的でもあります。しかも"捨てリフ"のオンパレードなので、無感情でありながら恐ろしいまでにプリミティブ。これ以上説明しても、「拷問級ゴミだけど激渋」とか、相反することしか言えないので、とにかくコレは1度聴いてもらうしかありません。ジャケの雰囲気も素晴らしい。これぞ東欧鋼鉄の醍醐味!!







・CRYPT OF KERBEROS - Cyclone of Insanity / Visions Beyond Darkness + Demos CD 税込1,944円 (Dark Symphonies / The Crypt)

日本でも初期デス・メタル・ファンに人気の高いスウェーデンのCRYPT OF KERBEROSのコンピレーションCDが、Dark Symphoniesからリリース。Dark Symphoniesのアナログ盤専門レーベル The Cryptから2010年にリリースされたボックスセットはもちろん入手困難ですし、CDのコンピレーションとなると、2005年にオーストラリアのレーベルからリリースされたThe Macrodex Of War CD以来となりますから、これは嬉しいデス・メタル・ファンも多いことでしょう。アルバム音源以外のデモとシングルをまとめた全17曲入りです。


Tracks 1-5 : Demo 91
Tracks 6-11 : Promo 91
Tracks 12-13 : Cyclone of Insanity 7" (1992)
Tracks 14-15 : Visions Beyond Darkness 7" (1991年)
Tracks 16-17 : Into The Ruins EP (2012年)


復活後の2012年EPも最後に入ってますが、基本的には1993年に1stアルバム "World of Myths"でメロディック且つプログレッシブなデス・メタルを確立する以前の、まさにマニアのためのような暗黒時代音源で構成されたCDです。BOLT THROWERの淡々としたスロウネスをPROPHECY OF DOOMやDEVIATED INSTINCTなども彷彿させるステンチネスで表現したようなサウンドは、ドゥーム・クラスト好きにもオススメしたいカッコよさ。しかし2nd 7"からメロディックなギターを前面に出し、楽曲自体もエピックさを備えた重厚さへと深化しました。この、1st 7"のロウ・ノイジー・アグリネスと、2nd 7"でのスウェディッシュ・デスの完成形のようなスタイルとの対比は、いつ聴いても本当に凄い。そしてカッコいい!!GRAVEやETERNAL DARKNESSなどのファンはもちろん必須の暗黒スウェデス・カルト!!

Death Comes Soon!!


*絶不況を脱してくれそうな注目商品の発売が目白押しとなってきましたので、各種ご予約カートを用意致しました。それぞれ発売元が違う商品ですので、ご面倒ですがそれぞれのご予約商品だけでカート購入を進めてください。


damageinc3-front.jpg

・DAMAGE INC. - NR 1. 2017 BOOK 予価 税込864円 ご予約受付商品

昨年2016年に大阪のハードコア・パンク・バンド BARASHIの1st 7"を制作/リリースした、ノルウェー・ブラック・メタルの代名詞バンド MAYHEMの初期ボーカリストとして知られるManiac氏が、1986年に第1号を、そして1987年に第2号を自主制作していた知る人ぞ知る伝説のファンジン DAMAGE INC.が、前号から30年の時を経て復活最新号を発行!!しかもこの号は、BIRTH RITUAL, DORAID, FRAMTID, ANATOMIA, KNAVEといった日本のハードコア・パンク&メタル・バンドにManiac氏自らインタビューしたという、まさに彼の名の通りのマニアぶりを発揮した内容となっています。他にも、初のオフィシャル・インタビューとなるスペイン・デス・メタル TEITANBLOODや、Maniac氏の旧友でやはりジャパニーズ・メタル&パンク好きとしても知られるノルウェー・ブラック・メタル DARKTHRONEのFenriz、こちらもまた古くはノイズコア・グラインド方面での活動で日本の初期パワー・バイオレンス・シーンと交流があり、DEATHSPELL OMEGAでの大ブレーク以降はエクストリーム・メタル・シーンでも才能を発揮するミュージシャン Mikko Aspa氏によるフィンランド・ブラック・メタル CLANDESTINE BLAZE、さらには日本のメタル・パンク・マニアにもお馴染みのSYPHILITIC VAGINASも掲載。また、自身のプロジェクト SKITLIVなどでエクスペリメンタルな趣向も表現しているManiac氏ならではの人選として、SEHNSUCHTでともに制作活動したアヴァンギャルド・ミュージック・シーンの大御所 Andrew Liles氏までも掲載しています。全て英語表記ではありますが、ジャパニーズ・パンク&メタルと、デス/ブラック・メタル界のレジェンド、そしてエクスペリメンタル・ミュージックの大御所が、完全80年代風のレイアウトによるオールドスクール・プライド全開なファンジン上で会するという、前代未聞のトゥルー・アンダーグラウンド・ブック!!全44ページ。


掲載バンド :
BIRTH RITUAL (北海道)
TEITANBLOOD (スペイン)
DORAID (東京)
SYPHILITIC VAGINAS (?)
FRAMTID (大阪)
DARKTHRONE (ノルウェー)
ANATOMIA (東京)
CLANDESTINE BLAZE (フィンランド)
KNAVE (大分)
Andrew Liles (イギリス)
and more
日本国内流通 MCR(京都) / RECORD BOY(東京)


9月1日発売予定でいよいよ進み出したので、ご予約受付を開始します。今回もBARASHI EP同様、MCRさんに流通をお願いしましたから、全国のパンク・ショップでも購入は容易だと思います。

宜しくお願いします!!!



evil-rites-ts1.jpg

・EVIL (Tokyo, Japan) - Rites Of Evil T-SHIRT 税込3,110円 ご予約受付商品 (Death By Metal)

話題の国産邪悪スラッシュ・ブラックメタル EVILのオフィシャルシャツが、ファーストアルバムの発売に合わせてdeath by metalから発売。こちらはブラックボディのTシャツです。デザインはChris Moyenによるジャケットアートワーク。

T-shirt Size :
S (71x45.5cm)
M (73.5x51cm)
L (76x56cm)
XL (78.5x61cm)

予約締め切りは9/5(火)いっぱい、発売は9/30以降を予定しています。夏の繁忙期なのでシャツの在庫状況などで出荷が遅れる可能性がございます。予めご了承ください。


evil-baseballshirt.jpg

・EVIL (Tokyo, Japan) - Rites Of Evil BASEBALL SHIRT 税込4,190円 ご予約受付商品 (Death By Metal)

2011年結成。平成生まれの少年たちによる80s スラッシュメタルリバイバルバンドとして注目され自主デモCDRを500枚以上無料配布した事でも話題となった国産邪悪スラッシュメタル、EVIL。

スラッシュメタルでもデスメタル誕生を促したといえるHELLHAMMER, SODOM, SEPULTURA, BATHORY, SARCOFAGOなど80年代のスラッシュメタルシーンの中でも特に過激で邪悪なバンドから多大な影響を受けた楽曲でスラッシュメタル全盛期をリアルタイムで通過した1960~70年代生まれのメタルヘッドから絶大な指示を受ける。

2014年に日本の若手デス・グラインドバンド、LURKING FEARとスプリットアルバムをObliterationからリリースし国際的にも認知度を上げる。

2017年夏に待望のファーストアルバムをリリース。CDは日本のObliterationから、アナログレコードはSABBATやBLASPHEMYなどブラックメタルシーンのカルトバンドを多数リリースするアメリカのNuclear War Now! から (帯・ライナー付き日本限定カラー盤はBOYレコードとはるまげ堂にて販売)、カセットテープヴァージョンはタイのInCoffinからのリリース。

(インフォメーションより)


こちらはラグランのベースボールシャツです。デザインはChris Moyenによるジャケットアートワーク。


Baseball shirt Size :
S (66x49cm)
M (70x52cm)
L (74x55cm)
XL (78x58cm)


予約締め切りは9/5(火)いっぱい、発売は9/30以降を予定しています。夏の繁忙期なのでシャツの在庫状況などで出荷が遅れる可能性がございます。予めご了承ください。



sabbat-possessitic-ts-gray.jpg

・SABBAT - Sabbatical Possessitic Hammer T-SHIRT ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)

SABBATのSabbatical Possessitic Hammer Tシャツが新色がNWN!から発売されますので、ご予約を募って入荷させたいと思います。

サイズはS / M / L / XLの4種で、Gildanボディ。値段は2000円台中盤~後半くらいになるかと思います。9月中にはなんとか入荷させたいと思いますが、入荷時期はお約束できません。8月19日(土)20時でご予約を締め切ります。



drshrinker-vomit-ts.jpg

・DR.SHRINKER - Vomit T-SHIRT ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)

USミルウォーキー・カルト・デス・メタル DR.SHRINKERのオフィシャルTシャツがNWN!から発売されますので、ご予約を募って入荷させたいと思います。

こちらはVomitデザインです。サイズはS / M / L / XLの4種で、Gildanボディ。値段は2000円台中盤~後半くらいになるかと思います。9月中にはなんとか入荷させたいと思いますが、入荷時期はお約束できません。8月19日(土)20時でご予約を締め切ります。



drshrinker-wedding-ts.jpg

・DR.SHRINKER - Wedding the Grotesque T-SHIRT ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)

こちらはWedding the Grotesqueデザインです。サイズはS / M / L / XLの4種で、Gildanボディ。値段は2000円台中盤~後半くらいになるかと思います。9月中にはなんとか入荷させたいと思いますが、入荷時期はお約束できません。8月19日(土)20時でご予約を締め切ります。



pervertedceremony-sabbat-ts-white.jpg

・PERVERTED CEREMONY - Sabbat of Behezael WHITE T-SHIRT ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)

海外で大反響、日本国内でもマニア以外にまでジワジワとウワサが広がってきているベルギー出身ブラック・メタル PERVERTED CEREMONYのTシャツです。前回は黒ボディを受注しましたが、今回は白ボディのご予約を募ります。

サイズはS / M / L / XLの4種で、Gildanボディ。値段は2000円台中盤~後半くらいになるかと思います。9月中にはなんとか入荷させたいと思いますが、入荷時期はお約束できません。8月19日(土)20時でご予約を締め切ります。



blasphemy-fallen-shorts.jpg

・BLASPHEMY - Fallen Angel Of Doom…. GYM SHORTS ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)

ジムで筋トレが趣味のNWN!オーナー氏が、BLASPHEMYのトレーニング・ショート・パンツを制作。これが思いのほか大好評のようで、当店でもご予約を募って入荷させたいと思います。

サイズはS / M / L / XLの4種ですが、サイズ感とかは全くわかりませんので、詳細を質問したりはしないでください。値段は2000円台中盤~後半くらいになるかと思います。9月中にはなんとか入荷させたいと思いますが、入荷時期はお約束できません。8月19日(土)20時でご予約を締め切ります。

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR