RECORD BOY

Thrashing Rage from the Graves to the Death!!


* まだ昨日のご注文メールに返信しきれていないところ申し訳ないのですが、待ってたのが遂に届いたので、これはどうしても連日のスラッシュ・メタル・アップで盛り上げたかったのです!!INSANEなどご注文のお客様には明日から順次返信していきますので、その返信を待たずにぜひともこれらもチェックして追加ご注文ください!!


infernalmajesty-unholier.jpg



・INFERNAL MAJESTY - Unholier Than Thou CD 税込1,728円 (Vic)

80'sスラッシュ・メタル, ブラック・スピード・メタル, デス・メタルなど、ダイハードなアンダーグラウンド層に熱烈な支持者の多いカナディアン・スラッシュ・メタル INFERNAL MAJESTYの1998年発表2ndアルバムが、デモ集CDをリリースしていたオランダのVic RecordsからCDが再発。過去の再発盤はジャケが変わってましたが今回はオリジナル・ジャケ再現で、ブックレットにはヴォーカルのChris Bailey氏のインタビューや激渋写真も多数掲載。2000年のライブ5曲をボーナス収録した全13曲入りです。

スラッシュ=メジャーのような図式が世界各地で定着してきて、衰退はまださほど顕著に感じられる前だったけど、大御所も若手もスラッシュはどうもメジャー意識なバンドばかりになってきた1987年に、当時のスラッシュ・トレンドに真っ向から反発したような暗~い雰囲気とクサれたジャケ、そして全員がレザー&スタッズで固めたメンバーのルックスが最高にクールだった大名盤1stアルバム None Shall Defyで登場して、全世界の頑固スラッシュ・メタル・バンガーズを虜にしたカナダ・トロント出身のバンドです。1stアルバムでのセンセーショナルな登場から10年以上間が空いての2ndアルバムだったし、完全にスラッシュ・メタルが死んだとされていた90年代後期ですから、この作品はノーチェックだった人も居るかと思いますが、これがまた文句なしにカッコいいです。サタニックなムードよりテクニカルな面を強めつつも、1st発表後に交代したドラマーが素晴らしくパワフルなロウ・ドラミングで、まるで同郷カナダ・トロントのスラッシュ・メタル・キングス SACRIFICEの2nd~3rdの辺りをアンダーグラウンド・デス・メタル・シーンで表現したようなロウ・パワーが充満しています。さらにChris Bailey氏のVo.もダーティーでストロングなデス・メタル風になっていて激渋!!カナディアンSACRIFICEや、DEATHROWの3rdみたいなテクニカルでアグレッシブなスラッシュ・メタル好きは絶対必聴の隠れた名盤デス!!



oblivion-cyclogenesis.jpg



・OBLIVION (New Jersey, US) - Cyclogenesis: Songs For Armageddon 2CD 税込2,484円 (Divebomb)

世界各地に数多く存在するバンド名ですが、こちらはアメリカ・ニュージャージーで1984年に結成されたスラッシュ・メタル・バンドです。多数のデモを残しながら、単独公式作品やオムニバスなどの参加もなかったと思われる知られざるバンドで、LETHAL AGGRESSIONやMENTAL ABUSE(!!)といった、USハードコア・ファンに良く知られるバンドで活躍したメンバーが在籍していたようです。デモ全7種を完全収録した2枚組CDです。


Disc 1
Tracks 1-6 : Contents Under Pleasure DEMO (1990年)
Tracks 7-12 : Why Did Johnny Kill DEMO (1989年)
Tracks 13-18 : War Gives Me Peace Of Mind DEMO (1988年)

Disc 2
Tracks 1-6 : Intoxicated With Agony DEMO (1988年)
Tracks 7-10 : Back To Maim DEMO (1987年)
Tracks 11-13 : Intention To Kill DEMO (1985年)
Tracks 14-17 : Oblivion DEMO (1985年)


時代をさかのぼっていくように進行する構成のコンピレーション・アルバムなので、後期音源にあたるCD前半を聴いてるうちは、東海岸スラッシュよりもFORBIDDENなんかのベイエリア・スラッシュの方が近いかな、という印象ですが、CDが進むにつれ荒々しさを増し、LETHAL AGGRESSIONメンバーが居たスラッシュ・メタル・バンド、と言われて完全に納得できるような、ドカドカ・ロウ・ハードコア・クロスオーバー・スラッシュ・メタル・ナンバーが増えてきます。ディスク2はロウ・スラッシュ・メタル・ファン必聴!!



temporaryinsanity-final.jpg



・TEMPORARY INSANITY - Final Walk CD 税込1,944円 (Divebomb)

アメリカン・オブスキュア・スラッシュ・メタル・リイシューでは他レーベルより抜きんでた極上の発掘品を多くリリースしてきたDivebombがまた面白い再発をしてきました。1980年代中期~1990年代初めに活動して、デモを3種残したのみで消滅したUSボストン出身スラッシュ・メタルの限定500枚ディスコグラフィーCDです。ドラマーとギタリストは、なんと後のGRIEFメンバー!!ドラムの方はDISRUPTからやってた人です!!!

サウンドもまた非常にUS東海岸バンドらしいストロング・ブルータルなクロスオーバー・スラッシュでカッコいいです。曲調は王道のクロスオーバー・スラッシュだけど、音質がバツグンに良いせいもあるのか、演奏はタイト&骨太で硬質なNYHCのような感触。グルーヴィンなパート(は皆無と言っていいですが)なんかもバッチリ決まりそうな芯の強いコシのある質感です。あと、低音Vo.も東海岸スラッシュらしい男臭さで、CARNIVORE, SCHOOL OF VIOLENCE, 初期PRONGのようなNYスラッシュと、シカゴSINDROMEをミックスしたようなゴリゴリのアメリカン・ハードコア・スラッシュ・メタル!!



degradation-revelation.jpg



・DEGRADATION - Revelation In Blood CD 税込1,944円 (Divebomb)

USフロリダで1990年代前半の短期間活動したテクニカル・スラッシュ・メタル・バンドが、1994年にメンバー自身が運営するレーベルから発表した唯一のアルバムが、Divebombから再発。オリジナルの8曲に1994年デモもボーナス収録した全13曲入りです。

レコーディングはMorrsoundで、プロデュース/エンジニアはScot Burnsが担当。本作制作時のギタリストは、この後にBRUTALITYに参加したようです。そういったデス・メタル・ファンにもアピールする要素も備えたテクニカル・スラッシュ・メタルで、MALEVOLENT CREATIONを彷彿させる、起伏に富んだ展開をゴリゴリにソリッドなMorrisoundタッチで爆発させています。しかし、このバンドはそういったスラッシュとデスの中間的なバンドよりもプログレッシブで正統派メタル・ルーツも感じさせるのが特徴で、WATCHTOWERやREALMなんかがブルータルになったような感覚も渋いです。プライベート・リリースだったオリジナル盤は近年中古市場価格も高騰しているようですので、テクニカル・デスラッシュやオブスキュア・スラッシュ好きはぜひこの機会に聴いてみてください。かなり聴き応えのあるクォリティー高い隠れた名作です!!



faithcollapsing-lost.jpg



・FAITH COLLAPSING - Lost CD 税込1,944円 (Divebomb)

1990年結成のUSノースカロライナ出身スラッシュ・メタル・バンドが、1995年に自主製作で発表した唯一のCDアルバムが、デモなどもボーナス収録してDivebombから限定500枚で再発。全く無名ゆえ、オリジナル盤CDは超知る人ぞ知るアイテムのようですので、この再発をきっかけにオリジナル盤の市場価格が高騰、なんてことになるのかも知れませんが、Divebombの得意とする90年代のスラッシュ衰退期に存在した隠れた名盤を掘ってる人なら堪能しまくれる作品でしょう。

1990年代なので、やはりさほどスピードのある曲をやるタイプではなく、ゴリゴリにソリッドなリフで押しまくる起伏の激しいスラッシュ・メタルです。グルーブ・メタルに毒された90年代のスラッシュは、スピードに命を懸けたスラッシャーにとってはホントに退屈だったけど、ノースカロライナと聴いて真っ先に思い浮かぶC.O.C.だけは、90年代も最強でした。このバンドのゴリゴリな感触もグランジ・スラッシュな泥臭さのないC.O.C.っぽくもあって、Vo.はペッパー・キーナンやMETALLICAジェイムズ風のコブシ・スタイルです。シカゴCYCLONE TEMPLE, ボストンWARGASM, ノースカロライナC.O.C.、この辺の90'sアメリカン・スラッシュ・メタル・ファンにはかなりオススメの高水準掘り出し物ではないでしょうか。スピード・スラッシュ・ナンバーの殺傷力もかなり高い!!当店っぽくなくて意外に思われそうだけど、けっこうオススメです。



assortedheap-mindwaves.jpg



・ASSORTED HEAP - Mindwaves CD 税込1,728円 (Vic)

1stアルバムの再発が好評だったジャーマン・デスラッシュ・メタル ASSORTED HEAPの、1992年発表2ndアルバムもめでたくCD再発。こちらもまた、オリジナルはアナログ盤よりもCDの方が中古市場価格が高く人気の作品ですので、CDコレクターには嬉しい再発でしょう。ボーナスで1992年ライブ4曲をプラスした全13曲入りです。

SEPULTURAとVIO-LENCE, MORGOTHをミックスしたような突進力がカッコかった1stから、プログレッシブな雰囲気も強めた作風に進化していて、スラッシュ・メタル・テイストはむしろこちらの2ndの方が強い気がします。リフは2nd以降のPOSSESSEDやPESTILENCEのような暗さのある刻みを中心に、けっこう大胆に組み込んでくるツイン・ギターのメロディック・パートがTESTAMENTのようなギター・オリエンテッド・スラッシュっぽく、このドラマチック・パートがけっこう付け焼刃的なレベルではないのが驚きです。しかしメインのデスラッシュ・パートとのマッチがかなり強引なので、アンダーグラウンドらしいレベルにまとまっていますが、最終的に、SPULTURAのAriseの頃のデスラッシュを土台に、カナダのD.B.C.のようなプログレッシブ感をミックスしたような内容となっています。SEPULTURA, PESTILENCE, POSSESSED, DEATHなどのスラッシュからデス・メタルへと移行していた頃のバンドが好きな人から、スラッシュ衰退期の90年代に踏ん張っていたスラッシュ・メタル発掘を満喫している人ににまでオススメのカルト・クラシック・リイシューです!!



arbitrater-balance1.jpg


arbitrater-photo.jpg


arbitrater-magnet.jpg



・ARBITRATER - Balance Of Power / Darkened Reality 2CD 税込3,240円 (Divebomb)

「遂にコレが出てしまいました!!!メタル・パンク・クラシックでまだ再発されてないのは、アレとコレとソレが残ってるな、と常々悶々と考えていたうちの1つ」と、ORALのブートCDが入荷した時に興奮して解説しましたが、その時の冒頭部分を敢えて再利用致します。このARBITRATERこそがまさにその再発を待ち焦がれたBOY的メタル・パンク・クラシックのウチの一つなのです。1stのジャケットは40代メタル・マニアなら見覚えある人も少なくないとは思いますが、パンク・テイストを強く放っていたスラッシュと言うわけではないので、壊滅的な状況だったUKスラッシュ・メタル・シーンに存在したオブスキュア・バンド、と言う印象止まりの人がほとんどでしょう。しかし、UKHCパンク・ファンならば、LP裏ジャケの写真と、インナースリーブのメンバー似顔絵を見た瞬間に笑撃で持つ手が震えたに違いありません。このバンドのシンガーの名前はTony Martin、そうです、あのVARUKERSのVo.のRat氏が人生で唯一度だけメタルにチャレンジして、やめて、闇に葬っていた知られざる過去なんです!!!Mosh Tuneageで再発やるようケシかけた時は脈ナシだったみたいだけど、ようやくこの輝かしい実績を公表する気になってくれたようです。USのDivebombからのリイシューで、ギャラが高いから他のDivebombリリースより高くせざるを得ない、とのコト。さすがRatさん、メタル・シーンで売り込む時でも相変わらずです。

スタジオ録音作品では、1985年のOne Struggle One Fight LPから1994年のNothing's Changed 7"までの間、確かにVARUKERSは空白の期間があり、特にクラストコア・ムーブメント最盛期の1990年代前半は、スカンジナビアのバンドと並んでVARUKERSは神格化されていましたが、そんな時にRatが、トレンドに便乗するには出遅れてるし、イギリスでは完全に死に体だったスラッシュ・メタルにチャレンジしていたなんて、最高にいい話じゃないですか。BOLT THROWERとXENTRIXとこのARBITRATERの3バンドでツアーもやってたそうです。自分もこのレコードは昔しょっちゅう見かけてたけど気に留めたことは一度もなく、後からUKのメタルパンクスに教えてもらって慌てて入手しました。しかし2ndまで出してたなんて知らなかったなぁ(ラップ調Vo.もやってる、、、スゲェ、、、)。昨今のデス/スラッシュ系プライベート・メタル・オブスキュア・カルト盤の中古市場価格高騰の波に、このARBITRATERも今は完全に乗ってるようで、CDだけでひっそりとリリースされていた2ndはちょっと考えられないような高額で取引され、正規にCDリリースされなかった1stもブート再発CDが100ドル以上で取引される有り様です。

そして肝心のサウンドなんですが、これが予想通りながら期待以上のカッコ良さでビックリする人も多いのではないでしょうか?UKスラッシュ・メタルの特徴と最大の魅力であるパンキーな荒っぽさは前述の通り顕著ではなくても、やはりSACRILEGE, ENGLISH DOGS, ANIHILATED等と似たハードコア上がり正統派スラッシュ・メタルな血は至る所に出ていて、ENGLISH DOGSがやってたSLAYER "Evil Har No Boundaries"まんまな歌乗せをRatもこのバンドでやってます。その曲は1stアルバム・ラストの"Deadly Assassin"なんですが、実はこの曲はARBITRATERの魅力を集約したような代表的ナンバーでもあり、PARADOXやAGENT ATEELなんかのファンにもぜひ聴いてもらいたいメロディックなスピード・メタル要素も強いところが、SACRILEGEやENGLISH DOGSなどよりもオブスキュア・スラッシュ・メタル・マニアックス達を熱くさせる要因の一つでもあります。しかしそんな真性メタルヘッズに大不評なのがVARUKERSの時と全く変わらないスタイルのRatのボーカルで、そこがパンク・ファンにはたまらないところなわけです。サラサラ・ヘアーのRatはONSLAUGHTのSy Keelerにそっくり。LP裏ジャケの写真なんか、ブルース・ディッキンソンと坂上二郎をミックスしたような最高の表情で収まってるので、チャンスがあればぜひ見つけてみてください(添付した白黒のプロ・ショットは違います。家でLP探して写真撮ってくればよかった)。

今回は全てシールド品で入荷して、Divebombお得意のシルバーのハイプ・ステッカーが貼ってあります。さらに、けっこう張り切って入荷させましたので、ジャケ・デザインのマグネットもいただきました。1stアルバム・ジャケ・デザインと2ndアルバム・ジャケ・デザインの2種ありますので、必然的に1stジャケ・デザインの方から先着順で付けて販売致しますが、2種類合わせても今回入荷した全ての分には足りません。1stジャケ → 2ndジャケ → マグネット付き終了、と言う感じで販売していきますので、ご了承ください。マグネット無しならキャンセル、とかはカンベンしてください。SACRILEGE, ENGLISH DOGS, ONSLAUGHT, ANIHILATED, etcのUKメタルパンク・ファンも、オブスキュア・スラッシュ・メタル・ファンも大満足してもらえるであろう最高のカルト・スラッシュ・クラシック・リイシューです!!!


Disc 1 "Balance Of Power" ALBUM (1991年)
1. Allegiance
2. The Treaty
3. Evil Emperor
4. Conquest
5. Life Line
6. Graveyard of Fools
7. Time for Destiny
8. Deadly Assasin
9. Conquest (Demo)
10. Mystical Dreamworld (Demo)
11. Crash of Thunder (Demo)

Disc 2 "Darkened Reality" ALBUM (1993年)
1. Judge and Jury
2. Suicide Commercially
3. Guilty of No Crime
4. No Second Chance
5. Racist Nation
6. Deadline
7. Nightmare Vision
8. Choose Your Weapons
9. Darkened Reallity
10. Memories of Yesterday (Bonus Track)


FRAMTID - Defeat of Civilization + Split EP Tracks CD


framtid-defeat-cd.jpg

・FRAMTID - Defeat of Civilization + Split EP Tracks CD 税込1,620円

日本のみならず、世界的に見てもクラストコアというスタイルの代名詞的存在となりつつある、大阪のハードコア・パンク・バンド FRAMTIDの2013年発表作が、Split EP 3種の提供曲も追加してCDバージョンが遂にリリース!!


Tracks 1-10 : "Defeat of Civilization" (2013年)
Tracks 11-13 : Split w/ PISSCHRIST (2009年)
Tracks 14-16 : Split w/ SEEIN' RED (2007年)
Tracks 17-19 : Split w/ DISCLOSE (2004年)


スカンジナビアン・ハードコアを土台にした、黒いクラスト・パンク・スラッシュというスタイルに変わりありません。もちろんメンバー各氏は、クラストコア以外の様々なスタイルのパンクやエクストリーム・ミュージックも聴いているでしょうが、彼らはこの飽食の時代を生き抜く資格も術も持ち合わせていて、フォロワー達にその妥協のない姿を提示する義務もあります。そして今回も、リスナーやフォロワーの求める、その勝手な理想の姿に対して、ごまかしたりしてる部分などは一切ない、明確な答えを叩きつけてきてくれました。これこそFRAMTIDです。クラストコア・パンク以外の何モノでもありません!!!

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR