RECORD BOY

REST IN PIECES - My Rage 30th ANNIVERSARY EDITION LP


rip-myrage-lp.jpg


・REST IN PIECES - My Rage 30th ANNIVERSARY EDITION LP LIMITED 200 BLUE VINYL 税込4,860円 (Pipebomb Music)

またしても感涙のNYHCクラシック再発盤登場!!!高額商品ながらfacebookでチラつかせてから少なからずお問い合わせもいただいてました。この再発盤の詳細を知りたくてアップを待っていた方も居るかと思いますが、これはREST IN PIECESが1987年に発表した1stアルバムの、オリジナル・リリース以来初となるオフィシャル・ヴィニール再発30周年記念盤LPです。過去にLost & FoundとBlackoutが7”などもまとめたコンピレーション・アルバムとしてCDで再発していましたが、アナログ盤は30年間1度も再発されてませんでした。

REST IN PIECESは今年5月にNYHCフェスのBlack N' Bowl 2017に出演して、その会場でゼロックス・シートがスリーブ替わりに付いただけの質素ながらブルービニールでプレスされたLPを50枚限定ナンバリング入りで先行販売しました。その後、しっかりジャケットも作ってブルービニールをメールオーダーのみで200枚、イエロービニールをRevelation Recordsショップ限定で100枚、トータル350枚をプレス/販売し、各バージョンともに即完売させました。このジャケット付き200枚のブルービニールは間に合って購入出来て独りホッとしてたのですが、何年か前のUSPS値上げからお決まりのパターンとなってた送料20ドルオーバー、LP1枚で総計5,000円弱という買い物でしたので、それなら複数枚オーダーして1枚あたりの送料を抑えられたら店で販売できそうだ、と考え、日本からメールオーダーするのとほぼ同じ値段で出せるくらいの枚数を入手することが出来ました。しつこく言いますが、メールオーダーしてもこれとほぼ同じ値段です。重ねてしつこく言いますが、もう完売してますので他所では入手は出来ません!!

SICK OF IT ALLドラマーで知られるマルチ・プレイヤー Armanがギターを取りスタートしたREST IN PIECESは、1985年にコネチカットのIncas Recordsから1st 7”をリリースした頃は、所謂ポリティカル・コレクトなパンク・シーンの方に近い位置に居て、サウンドも当初はDISCHARGEの影響もうかがえるロウ・パンク・スラッシュ・ハードコアでした。STRAIGHT AHEADも参加していた"End The Warzone" comp.などで知られるカリフォルニアのOne Step Ahead Recordsがバンドにアプローチしてきて本作をリリースした経緯は全く不自然ではなかったわけですが、最高傑作であるこの1stアルバム制作前に彼らは覚醒します。オリジナル・シンガーが抜けてArmanがVo.も兼任した3ピースで、The Nose DEMOを制作。そしてギターにSTRAIGHT AHEADのRob Echeverriaが加入して、Armanは専任Vo.となり彼が全指揮を取ってプロデュースした本作は、NYHCらしいダイナミズムとストロングなハードコアを基礎に、メタリックでありながらR&Rのルーツやハードロック・フィーリングも垣間見せることにチャレンジしたArmanの要望に100%以上応えたRobの素晴らしくエモーショナル&ソウルフルなギターが完全バックアップ。これを奇跡の名作と呼ばずになんと呼ぶ!!!

オリジナルは今も人気が高く、1万は行かなくてもこの再発盤くらいの値段ではまぁほぼ入手は無理でしょうし、しかもこの再発盤LPには、ボーナスでThe Nose DEMOの7曲も追加収録しています!!!Blackout盤のCDには収録されていましたが(Lost & Found盤には未収録)、もちろんヴィニール化は初のレア音源です。1st 7"もいつかは欲しいメガレア盤だけど、やはりこの1stアルバムにはあのEP音源より、このデモの方がボーナスとしてしっくりきます。Hawker Recordsから出てた"Free for All" 4 Way Split LIVE LPのテイクもメガ最強渋かったので、あのライブ・テイクでも良かったですね。しかしこのデモを改めて聴くと、One Step AheadからREST IN PIECESが出てたのもさらに納得ができて、"I Watch TV"なんて初期ATTITUDE ADJUSTMENTっぽくもあります。ちなみにOne Step Ahead Recordsと親密で、End The Warzone comp.にも参加してたATTITUDE ADJUSTMENTのAndy Andersenが本作LPのレイアウトも手伝ってます。オリジナル盤はA4の質素な歌詞カードが付いてたけど、この再発盤にはインナーの類は付いてません。でもまぁ、オールドNYHCファンは大満足であろう問答無用必殺必須メモリアル・リイシューに違いありません!!!

Metallic Weapons!!


2017july8-ts.jpg

* 以前にVENOMやSODOMなどが入荷していた、チャコール・カラーのボディにクラシックなデザインをプリントしたヴィンテージ・ブートレグ・メタルTシャツが久しぶりに各種入荷しました!!再入荷リクエストの多かったSLAYER以外、全て新作ですが、やっぱり今回の目玉はPOSSESSEDの最初期ロゴ、初(少なくとも当店は初。他所でもこれは全く見たことがない。)プリント化でしょうか!!上の画像をクリックすると、グッズ一覧のページにリンクしますので、ぜひまとめてチェックしてみてください!!

Death Cult from the Graves!!


blood-mental.jpg



・BLOOD (Germany) - Mental Conflicts CD 税込1,728円 (Vic)

BLASPHEMYメンバーとの交流が有名で、NAKED WHIPPERとともにウォー・ブラック・マニアにも崇拝されるジャーマン・サタニック・グラインド・デス・メタル BLOODの1994年発表4thアルバムが、1995年の"Spiddle of Red Blood" 7"EPの音源もボーナス収録した全24曲入りで再発。


Tracks 1-20 : "Mental Conflicts" ALBUM (1994年)
Tracks 21-24 : "Spiddle of Red Blood" 7" (1995年)


1stアルバム Impulse To Destroyと2ndアルバム O Agios Pethaneは、後のウォー・ブラックの原点の一つともされるのも納得のプリミティブ・カオスが色濃いですが、3rdアルバム Christbaitとこの4thアルバムは、グラインド・パンクのキャッチーさと、デス・メタルの整合感のバランスが上手く取れてしまったが故に、NAKED WHIPPERとは違った形で個性的なグラインドコア・メタル作品に仕上がっています。ジャーマンらしいキャッチーさもありながら、CARCASSルーツのモッシュ・ゴアにはない殴打されるような鈍さがあるし、カルト・グラインドの魅力を堪能できるアルバムとなっています。



sinister-godsof.jpg

・SINISTER - Gods of the Abyss CD 税込1,620円 (Vic)

オランダ・デス・メタル代表格 SINISTERが2003年に解散した後、オリジナル・メンバーのAad Kloosterwaard氏らがNO FACE SLAVEというバンド名で新たなデス・メタル・バンドを始動させ、2004年~2005年に掛けて録音していた未発表デモ4曲をVic Recordsがリリースした蔵出し音源です。結局そのNO FACE SLAVEというバンドは新生SINISTERの母体となったため、このCDもSINISTER名義でリリースされました。

女性ヴォーカリスト Rachel Heyzerが加入してブルータル・デス・メタルなスタイルを極めていった解散前のSINISTERよりも、原点に立ち返ったようなテクニカルでソリッドなスラッシュ・リフで突進していて、2006年アルバム Afterburnerでも後に録音されますが、初期SINISTERファンにとってはまさに起死回生のような内容のオールドスクールな4曲です。しかもAfterburnerアルバムよりガッツンガッツンにアグレッシブで、異様にテンションが高い!!KREATOR影響下デスラッシュを土台に、勇壮なパートなどもあるあたりは、2nd以降のMERCILESSなども彷彿させます。



gatesofishtar-abloodred.jpg



・GATES OF ISHTAR - A Bloodred Path CD 税込1,728円 (Vic)

初期スウェディッシュ・デス・メタル名作 GATES OF ISHTARの1996年発表1stアルバムCD、オランダVic Recordsライセンス盤です。Century Mediaからもほぼ同時期に別ジャケで再発されましたが、こちらはオリジナル・アートを再現したものとなっています。

オリジナルは今や一流企業と言ってもいいくらいビッグ・レーベルになったフィンランドのSpinefarmからリリースされ、コレクターに大人気のMPIシリーズとして日本でも流通されていました。これぞスカンジナビアン・メロディック・デス!!な、美しい旋律とテクニカルな演奏で構成されたデス・メタルで、ブラスト・ビートで突進するアグレッシブな・ファスト・パートと、スロウ・ダウンしてドラマチックに展開するフォーキー・エピック・パートの対比が素晴らしいうえに、ドラマーの激烈アグレッシブ且つ適格なプレイも脱帽するしかありません。DARK TRANQUILITYやDISSECTIONなどのファンにはもちろんオススメなのですが、しかしそれら同じ土俵で語られるバンドよりもデス・メタルの重厚な感触は薄く、もっとトラディショナルなエピック・メタルっぽい質感で激しくアグレッシブに演奏しているようなところがまた素晴らしく渋い名作スウェデスです!!


06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR