RECORD BOY

LIFE'S BLOOD - Hardcore A.D. 1988


lifesblood-hardcore-pic.jpg



・LIFE'S BLOOD - Hardcore A.D. 1988 LP 税込2,808円 / CD 税込2,160円 / TAPE 税込972円 (Prank)

1987年に結成され、当時盛り上がりが最高潮に達していたLate 80's NYHCシーンで活躍し、バンド解散後もスキンズ・コア系CBGB派のファンはもとより、よりポリティカルなDIYパンクスにまで幅広くファンを持つ伝説のNYHCバンド LIFE'S BLOODのディスコグラフィーが、再始動したサンフランシスコのパンク・レーベル Prank Recordsから遂にリリース!!お待たせしてすみませんでした。

後にBORN AGAINSTを結成するギタリストとベーシストの2人が、SSD, BAD BRAINS, BLACK SABBATH, AGNOSTIC FRONT, CRUCIFIX, NEGATIVE APPROACH, CAUSE FOR LARAM, the FAITH, VOID, YOUTH BRIGADE, etcに影響されたバンドを結成すべくファンジンにドラマー募集の記事を掲載してスタート。日本でNYHCを最初に広めたミッチ大橋氏をはじめ、昔からLIFE'S BLOODのサウンドとジャパニーズ・ハードコアの共通性を指摘する人がチョクチョク居たけど、やはりLIFE'S BLOODのメンバー自身は日本のハードコアは聴いてすらいなかったようで、SSDやNEGATIVE APPROACHのような熱血アングリーな80's USHCスタイルを、スキンズの友人も多かったという当時のNYHCシーンのバンドらしい暴力性で叩き出したのが、LIFE'S BLOODの特徴であり魅力かと思います。とは言え、個人的にはREST IN PIECESは2ndから聴いて、ソロがジャパニーズ・ハードコアみたいで最高だな~、なんて思ったし、LIFE'S BLOODとBORN AGAINSTも参加していた"Murders Among Us" comp.7"での最強ベスト・トラック ABSOLUTIONの"Dead And Gone"なんかCRUCKみたいでメガトン渋い!!と思ってたけど、このLIFE'S BLOODの名作7"EP冒頭の怒りを込めたスクリーミングなんかも、確かに同時代のジャパニーズ・ハードコアに通じるものがあります。こういう風に感じるのは自分が日本人だからなのかな?と昔は疑問に思ってましたが、WORLD BURNS TO DEATH / BUTCHERのJack Control氏も何かのインタビューで、「DEATH SIDEを初めて聴いたときはNYHCタイプのバンドだな?、と思った」なんて言ってましたから、お互い見ず知らずで育った環境は違っても、同じ時代に生きるミュージシャン同士ならではのシンパシーみたいなのはやっぱりあったんだろうなー、なんて考えて聴くのも、こういった再発盤の楽しみ方の一つではないかと思います。

LP/CD/カセットの3種フォーマットでリリースされ、LPとカセットは早々にレーベルで完売しています。カセットは知ってても「CDって何?」なんて言われかねないほど、レーザーディスク並みに失われた世代のフォーマットと化してきたCDですが、Prankオーナー氏も当初あまり乗り気じゃなかったというCDは、実はLIFE'S BLOODメンバーたっての願いでリリースされたそうです。LPは重厚なゲートフォルド・スリーブで、ダウンロード・コード付き。インナーには写真やフライヤーなどはもちろん、各種データもアーカイブ的にまとめ上げていて、さらにギタリスト Adam Nathanson氏のセルフ・ライナー・ノートもとても面白く、文句なしの仕上がりです。2016年のWARZONEとSHEER TERRORに続く、全NYHCファン&80's USHCファン必聴必須のグレート・リイシュー!!!今回はLPお買い上げの方には先着でプロモ・ポスターも付けます!!(初回分全てには付かないので、あくまで先着順でご了承ください)


Tracks 1-8 : "Defiance" EP and recorded at Don Fury Studios
Track 9 : "Murders Among Us" compilation EP
Tracks 10-11 : "New York Hardcore Where the Wild Things Are" compilation LP
Tracks 12, 17-18 : Demo recordings at Don Fury Studios
Tracks 13-16 : Live recording on WFMU on 3/17/88
Tracks 19, 25 : Live recording at the Dirt Club on 1//21/1988
Tracks 20-21 : Live recording on WNYU on 3/24/1988
Tracks 22-24 : Live recording at CBGB’s 9/25/1988



usedpunk-2017june18.jpg

* MISFITSの80~90年代ブートなど(Halloweenももちろんリプロです)、高額レアなヤツはないけど、ちょっとだけ80's HCの中古盤も店頭で補充しています。

Japanese Hardcore!!


weaks-flamenco.jpg



・WEAKS - フラメンコ 7" 税込1,080円 (Strong Mind Japan)

岐阜県高山市を拠点に活動するハードコア・パンク・バンド WEAKSの初ヴィニール・フォーマットとなる2nd EPが、STRONG MIND JAPANよりリリース。ジャケ・アートワークはex.ISTERISMOのサトシ氏が担当し、初回入荷分にのみインタビューZINEペーパーが付きます。

クラストコア・パンク LASTLYが2014年に解散して、ベースを担当していたMaeda氏がこのWEKASではVo.となり、より日本の伝統的なハードコア・パンクに近いスタイルを目指して始動。しかし、Maeda氏の日本語詩はメッセージ性も強い語り調が主体ながらも、所謂コテコテのジャパコアにはなっていなく、曲展開や演奏にも随所に工夫が感じられるアグレッシブなジャパニーズ・ハードコア・パンク・スラッシュを追求しています。1st CDでも印象的だった、的確且つガッツンガッツン突進するドラミングは今回も驚異的で、Vo.のアジテーションとも最高にマッチしています。発売前から海外のマニアから問い合わせもらってたけど、これは日本のローカル・ハードコア・パンク好きな海外マニアは大興奮でしょう!!Maeda氏の実直な人柄がにじみ出たインタビュー・ペーパーもぜひ読んでもらいたいです。



wall-resentment.jpg

・WALL - Resentment and Life CD 税込1,620円 (Crew For Life)

2012年に山形県酒田市で結成されたハードコア・パンク・バンドの1stアルバムCDが、Crew For Lifeからリリース。グレートDAG NASTYウォーシップ!!と言い切ってしまいたいサウンドで、これはカッコいいです。疾走感、切れ味、哀愁、熱さなど、DAG NASTYやMINOR THREATへの愛情を随所に感じさせるオールドスクール・ハードコアで、Vo.の歌い回しも見事です。もっと聴いてみたいな〜。オススメです!!



darksfear-yourmind.jpg

・DARKSFEAR - Your Mind CDEP 税込540円

BEYOND DESCRIPTION / ハンマー / DUDMAN / CHAOSMONGERSなどで活躍するAdachi氏らによる女性Vo.ハードコア・バンドの3曲入りデモCD。メタリックなギターでストレートに疾走するスラッシーなハードコア・サウンド!!



beyonddescription-anelegy-tape.jpg

・BEYOND DESCRIPTION - An Elegy for Depletion TAPE 税込864円 (Bull Whip)

近年はメタル・スラッシュへの接近が加速している西東京ポリティカル・ハードコア BEYOND DESCRIPTIONの2013年発表アルバムが、マレーシアのレーベルからカセット・バージョンもリリース。

安定したテクによる堅実なクロスオーバー・スラッシュだけど、ドラマチックなフレーズや、ドラム・ソロを組み込んだ曲など、意欲的な試みも感じられる作品。日本語Vo.の歌い回しも古きジャパニーズ・スラッシュ・メタルっぽさがだいぶ強まり、日本のスラッシュ・メタルが好きな人にはぜひチェックしてもらいたいクロスオーバー・バンドです!!

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR