RECORD BOY

Death Cult from the Graves!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品を先ほどカートアップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。



gravestone-simphony.jpg



・GRAVESTONE (Italy) - Simphony of Pain CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

日本ではジャーマン・メタルのGRAVESTONEがよく知られてるけど、こちらはイタリアで1993~1995年の短期間に活動したデス・メタル・バンドのGRAVESTONEです。1994年発表の6曲入りCDにオムニバス曲もボーナス収録して、恐らく当時残した全音源を収録したCDが、Dark Symphoniesから限定1000枚でリリース。

無名ながらカルト・オブスキュア・デス・メタル・マニアには非常に評価が高いという、プログレッシブでアヴァンギャルドな要素もあるデス・メタルで、なるほどいかにもDark Symphoniesが発掘再発しそうな聴き応え満点の作品です。ただ単にテクニカルで超絶という感じではなく、クラシックやジャズっぽい展開やフレーズが飛び交うアヴァンギャルド・デス・メタルは、SIGHやKING DIAMONDのような映画のサントラをメタルで表現したような世界と、CARCASS型メロディック・デス・メタルの融合のように聴こえます。しかもドラマーはVo.も兼任していたそうですから驚異的です。ホラー・ヴィンテージ風味ではないけど、これはイタリアン・メタル・マニアも魅了するプログレッシブ・デス・メタルではないでしょうか。オススメdeath!!

South of Metal Hell!!


hellish-grimoire.jpg



・HELLISH - Grimoire CD 税込1,728円 (Unspeakable Axe)

2010年にチリ・サンチアゴで結成されたスラッシュ・メタル・バンドの1stフル・アルバムCDが、USデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリース。このUnspeakable Axe recsは、コンテンポラリーなエクストリーム・メタル傾向の強まるDark Descentの主力作品よりも、もっとオールドスクールなスタイルの新人や無名バンドを中心にリリースしています。

既に過去作EPやデモなどでマニアックなスラッシャーに注目を集めていた存在のようですが、これが若手スラッシュ・メタル・バンドの世界デビュー作としては完璧な一例のような素晴らしい作品に仕上がっています。ジャーマン・スタイルの猪突猛進スラッシュを、スピード命!な壮絶な速さの刻みリフで叩き出しつつ、ドラマチックなパートも挟み込んで見事な構成力でまとめています。新人でも非の打ち所のないようなバンドばかり続々登場する北欧スラッシュ・メタルや、80年代からの荒くれたスラッシュの伝統を頑なに継承し続けるジャーマン・スラッシュなど、欧米の若手スラッシュ・メタルに対抗できる南米スラッシュの拠点は、もはやブラジルからチリへと移行しているような気がしますが、陽気なブラジリアン・スラッシュよりもアンダーグラウンドらしさとクオリティーの高さを両立させる昨今のチリアン・スラッシュ・メタル好きは絶対にチェックの要注目バンドです!!



heavensdecay-thegreat.jpg



・HEAVENS DECAY - The Great Void of Mystery CD 税込1,728円 (Chaos)

SHUB NIGGURATHの中心的メンバーで、CENOTAPHやTHE CHASMといったメキシカン・デス・メタル・レジェンド・バンドでも活躍してきたギタリスト Julio Viterbo氏が、自身のルーツに回帰したトラディショナル・ヘヴィメタル・プロジェクトを新たに始動。SHUBB NIGGURATHやCENOTAPHで活動を共にしたドラマーのOscar Clorio氏をパートナーとし、Vo.にはミシガン・エピック・ドゥーム・メタル STONE MAGNUMのVo.のNick Hernandez氏を抜擢するという、このラインナップだけで渋すぎるであろうことが容易に想像できる大注目の正統派ヘヴィメタル・バンドのデビュー・アルバム。マスタリングはDan Swano氏が担当しています。

大注目とは言いましたが、メキシカン・デス・メタル・ファンにアピールするサウンドではありませんし、STONE MAGNUMもダイハードな真性鋼鉄信者以外には知名度は低いでしょうが、このメンツで期待を抱いた人は絶対に裏切らないサウンドです。Nick Hernandez氏のアメリカン・マイナー・メタルの抒情を継承するようなNick Hernandez氏のVo.と、Julio Viterbo氏のエピックなギター・プレイのマッチが素晴らしく硬派で、2ndの頃のOMENのような、IRON MAIDEN影響下の合衆国産鋼鉄が好きな人には間違いなくオススメ!!メキシコChaos Recordsリリースですので、正統派メタルが強い他店さんではなかなか入荷しずらいのではないかと思います。

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR