RECORD BOY

Metal Punk till Death!!


witchslaught-1stcd.jpg



・WITCHSLAUGHT (Japan) - S/T CD 税込1,512円 (Bondage Lover)

東京のメタルパンク WITCHSLAUGHTが、2013年に録音しながらも発表していなかった7曲入りの1stアルバムCDを遂にリリース。これまではどちらかと言うとメタル側の熱心なアンダーグラウンド・ファンに注目されてきたと思いますが、このCDで一気にパンク・ファンにも認知されていくことでしょう。1stアルバムらしからぬ渋め志向と、新鋭らしい熟しきってない粗さのバランスが絶妙な力作に仕上がっています。先着ステッカー付き!

MOTORHEAD型R&Rスタイルのメタルパンクで、「MIDNIGHTが大好きだけど、TANKやNWOBHMは良く知らない」って感じの海外のメタルパンク・ヤングとはまるで違います。キラーなロッキン・フレーズを連発するギターのハードロック土台は、INEPSYのようなアメリカン・ロック・ベースではなくNWOBHM的で、哀愁も所謂ジャパニーズ・メタルコア・スタイルのそれよりも、「四畳半メタル」的なたそがれに近いのが最高です。オープニングの疾走ナンバーなどはG.A.T.E.Sのファンにもアピールしそうですし、昭和なやさぐれ感を強調したMOTORHEAD系ジャパニーズ・メタルパンク・ナンバーは、東京YANKEESも思い起こさせます。デモを聴いて密かに楽しみにしてた人は大満足であろう1stアルバムです!!


バイオグラフィ:

2007年東京、OutburstのDr.だったYouが、今や東京シーンを担う某ハードコアパンクバンドの当時のBa.だったMinachinと、ロウでパンキッシュなブラックメタルをやりたいと思い立ち、バンド結成を決意。その後、共通の知り合いであるbilo’uのShinichiの紹介により、NoriがGt.として加入、現在まで続く三人編成となる。

Satanarkistを名乗り、専らスタジオでの曲作りとリハーサルに専念する。当初はYouの主導の下Venom、Bathory、Hellhammerといったオールドスクールなブラックメタルを志向していたが、そこにMinachinのスラッシュメタルやハードコアパンク要素、NoriのNWOBHMや70’sハードロックテイストが合わさり、また当初のコンセプトからルーツを辿っていくことで古典回帰の色を強め、独自のサウンドを形成していく。Satanarkist時代に行ったライヴや公式にリリースした音源は無いが、後にライヴで定番となる楽曲の多数はこの頃に雛形が出来ている。メンバー全員の共通認識として常に年頭に置いていたバンドは、Black Sabbath、Motorhead、Venom、Dischargeである。

2008年、バンド名をWitchslaughtと改め、ライヴ活動を開始。同時期、YouとMinachinは兼任していたバンドを脱退し、Witchslaughtの活動に専念することになる。

2011年に最初期の楽曲二曲を収録した「1st Demo」をレコーディング、翌2012年にはこれに二曲を追加した「The 2nd Demo Witchkilling」を制作し、都内のレコードショップへの委託やライブ会場での手売りを通して200枚以上を販売する。同デモは、ロッキンなノリのスピードメタルにBlack Sabbath風のうねりを加えたサウンドが「古くて新しい」と、マニア層を中心に好評を得る。

2013年、Iron ThumbのイタバシミノルとMilkcowの松田の助力の下、1stアルバム「Witchslaught」をレコーディング。但しこのマスターテープは諸般の事情により、お蔵入りとなる。

2014年、Captured Recordsのコンピレーションアルバム「Speed Kills Japan Vol.1」に“Witch Ripping Blues”を提供。

2015年以降、Minachin(Ba.)が海外在住となったため、Outbreak Riotの濱島やEvilのKitamuraのサポートを受けながら活動を継続中。

この度、2013年に録音したきりお蔵入りになっていた1stアルバム「Witchslaught」を、Nori(Gt.)の自主レーベルBondage Lover Recordsよりリリースする。録音からかなり時間が経っているため、最早現在のWitchslaughtを映し出したものとはいえないが、現在でもライヴで演奏される楽曲が多数収録されており、三人の若者によるオードスクール・メタルへの愛と研究の成果物のひとつとして、極めて意義深い一枚となっている。


Track list:
1.Witchslaught
2.Alcoholocaust
3.Midnight Headlight
4.N.W.O.M.H.B.
5.Burn At The Stake
6.Mary The Liar
7.Coming Of The Reaper




witchslaught-ts.jpg

・WITCHSLAUGHT (Japan) - Logo T-SHIRT 税込2,160円

メンバーさんのご厚意でTシャツもお取り扱いさせてもらうことになりました!!ボディはUnited Athreのヘヴィウェイトで、サイズはS / M / Lの3種あります。



holocaustlord-theessence.jpg



・HOLOCAUST LORD - The Essence of Impurity CD 税込1,944円 (Vulkan)

2014年結成カナダ出身メタルパンクスのEPとデモを収録した初期音源集CDが、EVIL ARMYのコンピレーションCDを出していたVulkan Recordsからリリース。このレーベルは昨年始めたばかりみたいなんですが卸値がけっこう高くて、EVIL ARMYだからギャラも高いのかな~、なんて前回やりとりした時は思ったけど、実は地中海マルタ島でやってるレーベルなので、「島にはプレス工場なんてないから、ヨーロッパにオーダーしてコストがかさむんだ」そうです。あんなキレイな海に囲まれて、何もこんなレーベル始めなくても、、、とも思いますが、バンドはけっこうどれもメタルパンク・ファンには一目置かれてるような存在を引っ張ってくるので、メタルパンク好きは要チェックのレーベルです。ホントはこの値段はちょっと無理なので、あまり積極的に再入荷はできません。ある時に押さえておいてください。


Tracks 1-4 : "Pure Holocausting Hell" EP (2015年)
Tracks 5-8 : "Go to Hell" DEMO (2014年)
Track 9 : "Go to Hell" DEMO 未発表アウトテイク (2014年)


このバンドはBarbarian Wrathから2016年にアルバムを出していて、このCDはそのアルバム以前に自主で発表したEPとデモを収録しています。VENOM影響下のカナディアンらしい荒くれたメタルパンクで、CHAPELのようなMIDNIGHTまんまなタイプでなく、ジャーマンや北欧のVENOMチルドレン・ドランク・スピード・メタルっぽいバイオレンス・テイストがゴリゴリに爽快です!!



bonehunter-rabid.jpg



・BONEHUNTER - Rabid Sonic Fire CD 税込1,944円 (Vulkan)

ABIGAILなどのジャパニーズ・メタルパンクを崇拝するフィンランドのヤング・メタルパンクス BONEHUNTERの、未発表音源も含む初期コンピレーションCD。こちらもEVIL ARMYのコンピレーションCDを出していたVulkan Recordsからのリリースです。


Tracks 1-7 : Turn Up the Evil EP
Track 8 : Split 7" w/ SABBAT
Tracks 9-14 : 未発表
Tracks 15-18 : Sex & Necromancy EP
Tracks 19-20 : Split 7" w/ SHITFUCKER
Track 21 from We Worship Desaster (DESASTERカバー)


Hells Headbangersと契約してからは、母国フィンランドのブラック・メタルもちょっと思わせる北欧フリージングなタッチも備えた独自のメタルパンクへと進化していますが、ここで聴ける初期音源はABIGAILやBARBATOSなどの影響を、もうちょっとVENOMやBATHORY風味にしたような王道のメタルパンク・スタイルです。限定300枚!!



enterobscurity-poserterminator-cd.jpg



・ENTER OBSCURITY - Poser Terminator CD 税込1,944円 (Cavernous)

ノルウェー・オスロ―にショップも構える老舗、Neseblod Recordsからの7"が以前入荷していたオスローMPDSスピード・メタル・ヤングの6曲入りCDです。今回は少量の入荷です。

7"を聴いた時は、SODOMタイプのシンプルな一直線型イーヴィル・スラッシュ・メタルが、初期TOXIC HOLOCAUSTと東京のEVILのミックスのような印象を受けましたが、このCDはノルウェー・スラッシュらしくDESTRUCTIONっぽさもあるものの、Kolbotn Thrashers Unionのようなクォリティーにはもちろん達しておらず、フィンランドのPYOVELIがDESTRUCTIONに寄ったようなポンコツ大行進です!!

SABBAT Used Original 7"EPs

sabbat-usedep1-2017june28.jpg

sabbat-usedep2-2017june28.jpg


このところ良い入荷が立て続けで個人的には新商品は充実してるとは思うのですが、売上は比例しない厳しい状況が続いていますので、委託でお預かりしていたメガレア中古盤 SABBATの1st 7"と2nd 7"をブログでご紹介してみようと思います。海外のSABBATマニアからの問い合わせが多そうなので、値段はあえてUSドル表記にしてみました。日本国内からご注文の方は、お値段お尋ねください。


SABBAT - S/T (1st) 7" ORIGINAL EVIL RECORDS (SLEEVE : Ex- / VINYL : Ex) SOLD OUT

SABBAT - Born By Evil Blood 7" ORIGINAL EVIL RECORDS w/ Lyrics Insert & Black Up Your Soul For Satan ORIGINAL STICKER (SLEEVE : Ex / VINYL : Ex) SOLD OUT


1985年に300枚のみプレスされた1st 7"と、1987年に1000枚プレスされた2nd 7"です。2nd 7"は歌詞インナー付きで、このEPの公式な付属品ではありませんが、当時Gezol氏が制作/販売していたBlack Up Your Soul For Satanステッカーもセットでの販売です。

1st 7"には何も付属していません。これはもともとインナーの類は無くリリースされたもので、ジャケ正面から見て左側に盤の出し入れ口があり、裏ジャケはアートやデータもひっくり返っているという、世間一般的なレコードとは違うジャケットの作りとなっています。たぶんこの先当店でこのウルトラ・メガレアEPに触れる機会もそうはないと思うので(個人的にも所有していません。欲しい、、、)、この不思議な仕様についてGezol氏に軽く解説をいただきました。


Gezol : 「マジで300枚です。うち50枚以上はプロモで彼方此方に送った感があります。他に50枚くらいは完全身内売りとかメンバーで分けた分もあるので、マジのアングラ市場に出回ったのは200枚くらいでしょう」

Gezol : "Pressed only 300 copies. More than 50 were sent to here and there for promotion. Another 50 were passed to members and close friends. Guess only 200 or so were distributed in the market properly."


質問 : 逆さジャケは何枚くらいありますか?

Q : How many copies of upside down cover exist?


Gezol : 「いやいや、全て逆さやがな。変態キチガイやて。1985年その辺りから、こんなもんがレアになるなんて考えて活動してきてないですわ、さすがに。皆に知れるよう、活動していましたわ。ただ、やることがそれなりにキチガイあほんだら変態だったいう事ですわ」

Gezol : "All are upside down! Crazy or what? Haha. It was 1985. We never imagined it became such rare and obscure. We have been playing to spread our name. May be what we have been doing is just too extreme and freaky."



Death the Brutal Way!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品を先ほどカートアップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。



infester-tothedepths-lp.jpg



・INFESTER (USA) - To the Depths, in Degradation LP 税込2,484円 / CD 税込1,944円 (Martyrdoom prod.)

再入荷お待たせしました!!ちょっと輸送トラブルが発生して大幅に遅れてしまいましたが、無事揃いましたので晴れて販売再開できます。アナログ盤は前回はカート・アップ前にお問い合わせのみで終了してしまいましたので、LPを待っていた方には本当に長らくお待たせしました。

今年上半期のデス・メタル・リイシューではダントツの話題性&注目度と言っても過言ではない、USシアトルのINFESTERの1994年発表アルバム再発盤です。熱心なデス・メタル・ファンの方から問い合わせをいただいてたので調べたら、海外でも各地のディトロ/ショップでは大いに盛り上がり、売り切れ/再入荷を繰り返している大ヒット・リリースです。それもそのはずで、オリジナルのMoribund盤CDはデス・メタル・コレクターには大人気のレア盤として1万円以上で取引されてきたカルト・クラシックです。LP化は今回が初です!!

マイナー・メタルのメガレア盤は、時にその内容云々を超越して、なぜかいたってフツーなB級クォリティーがとんでもない値段で取引されることも少なくないですが、このINFESTERに限っては、まさに激レア・カルトになるべくしてなったようなモノ凄い内容です。とにかくとてつもないlow-endデス・メタルで、AUTOPSYやINCANTATIONとは別次元の地獄級暗黒デス・メタル・サウンドが渦巻いています。グラインド・テイストも強いカオティックなつんのめりブラスト・ビートと、USで例えたらROTTREVOREとINCANTATION、フィンランドならDEMILICHとCONVULSEのミックスのような、sicknessの最上級のようなスタイルで、しかもそれらのバンドをも上回るような最低(最も低い)lowestサウンドがとにかく凄い。感触だけで言えば、もはやBLASPHEMYやNUCLEAR DEATH並みです。しかしゲテモノ・ゴアリーになってないのは、sicknessでありながら曲調はグルーミー&ツイステッドな混沌カオスで、とても良く練られているからでしょう。今回再発したのはDEAD CONGREGATIONのMartyrdoom Productionですが、近年のOSDMリバイバル・ムーブメントの中でもNuclear Winter~Martyrdoom Productionがサポートしてきたようなバンド群の深層部を凝縮したようなサウンドだと思います。とにかくコレは必聴&Dieeegghh deathh!!!



deteriorot-inancient.jpg



・DETERIOROT - In Ancient Beliefs CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

USニュージャージー出身デス・メタル DETERIOROTの2001年発表1stアルバムが、スペインの老舗レーベル Xtreem Musicから再発。オリジナル・リリースもXtreem Musicの前身レーベル Repulse Recordsからでしたが、今回の再発は発表から15周年を記念した新装バージョンで、ジャケ・アート/ブックレットを一新しています。

Thrash Recordsからアルバムのリリース予定もあったニュージャージーのMORTUARYというバンドを母体にして1990年に結成され、1993年にはRepulseの前身レーベル Drowned prod.から7"EPを発表しています。本作1stアルバムは、INCANTATIONに代表されるUS東海岸デス・メタルの名盤の一つとして高く評価されていますが、昨今のINCANTATIONウォーシップ・バンドと違うのは、聴き手を突き放すか奈落の底に落とすような音圧で圧倒する暗黒さではなく、キャッチーさも持ち合わせているという点です。DISIMAのようなBOLT THROWER的な重戦車エピックだったり、グルーミー・エピックなパートはMORGIONみたいだったり、ソロはAUTOPSYっぽかったりと、楽曲の隅々にオールドスクール・プライドがにじみ出ていて、スロウ・パートのドゥーム感なんかもかなりドゥーム・メタル本業バンドに近い殺伐さです。音圧でねじ伏せる現代のデス・メタルがどうもなじめないオールドスクールな人でも、この生身の重さは心地よいのではないでしょうか。



neuntoter-stench.jpg



・NEUNTOTER - Stench to Stench CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

1988年に結成されたスペインのグラインド・デス・メタル・バンドのディスコグラフィーCDです。調べてみたところ活動時に残した音源はデモ2種と、Drowned prod.プロデュースのオムニバス・カセット Defaced Compilation vol.2への参加くらいで、恐らく知る人ぞ知るバンドのような存在だったのではないかと思います。


Tracks 1-15 : "Consummed in Gore" DEMO (1991年)
Tracks 16-18 : "Slaughter" DEMO (1990年)
Track 19 : Live in Zizur-Navarra, (1991年)
Tracks 20-26 : Live in Barcelona, (1992年)
Track 27 : Rehearsal


サウンドは初期グラインド・ファンからサタニック・モッシャーまで大興奮であろうカルト・テイスト満点で、F.O.A.D.の発掘スピードコア再発を毎度楽しみにしているような人にも絶対オススメです。SODOMなどのプレ・ブラックな初期スラッシュ・メタルに影響され、NAPALM DEATH, CARCASS, DEATHなどにのめりこんでいったような感じは、ジャーマンPOISONやSARCOFAGOウォーシップのNECROBUTCHERなども彷彿させるところがあります。AGATHOCLESやジャーマンBLOODなどの初期グラインドのファンにも超オススメ!!しかしこの激アグリー・デスコア・スピード・ノイズ・メタル・サウンドでなぜレジェンドにならなかったんだ?と良く考えたら、音源は全て90年代以降のものなので、時代を先取りしたのではなく、時代についていけなかったカルト・バンドだったようです。ジャケ・ブックレット内の写真の数々も90年代ではなく完全に80年代的で素晴らしい!!



infestus-origen.jpg



・INFESTUS - Origen CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

1990年代初~中期に活動したスペインのデス・メタル・バンドのディスコグラフィー18曲入りCD。2本のデモとオムニバスへの参加のみを残して1996年に解散していますが、2015年に再始動にトライしかけたようで、2015年の未発表デモも収録したコンプリート・ディスコグラフィーCDとなっています。


Tracks 1-5 : "Unnatural Legacy" DEMO (1993年)
Tracks 6-10 : "Atmósfera de Asfixia" DEMO (1994年未発表)
Tracks 11-18 : "Origen" DEMO (2015年未発表)


1stデモがかなり極上のアメリカン・テクニカル・スタイルで、邪悪性も漂うMORBID ANGEL型の楽曲に、メロディック・ギターがTIMEGHOULやNOCTURNUSなどのSFデス・メタル的に絡みつきます。2ndデモ以降も基本路線は変わりませんが、テクニカル志向をより強めてGORGUTSなどのタイプに接近しています。2015年デモも悪くなく、アヴァンギャルドな感覚も古臭さがにじみ出てて、そこがナイスです。地味な存在で消えていったのは納得できる自己主張控えめなキャラクターだけど、オブスキュア・デス・メタル発掘ファンには申し分ないどころか存分に楽しめることでしょう。地味におすすめデス!!



treblinka-shrine-tapebox.jpg



・TREBLINKA - Shrine of the Pentagram 3xTAPE BOXSET 税込3,996円 (Floga)

後にTIAMATへと進化して、エクストリーム・メタルの表舞台で花開いた初期スウェディッシュ・デス・メタルのカルト・バンドのディスコグラフィー・アルバムが、Floga Recordsからカセット3本ボックスセットもリリース。Century Mediaバージョンでのボーナス的部分だったリハーサルやライブ音源はカットして、活動時に発表したデモ2種のレプリカ+7"EPの初カセット・フォーマット化再発の3本セットです。


TAPE 1 : "Crawling in Vomits" DEMO (1988年)
TAPE 2 : "The Sign of the Pentagram" DEMO (1989年)
TAPE 3 : "Severe Abominations" 7"EP (1989年)


Century Mediaのアーリー・デス・メタル・リイシュー・シリーズも、思い切ったバンドをとんでもないボリュームでリリースするもんだ、と、発売当時話題となりましたが、確かにデス・メタル初心者には非常にハードルの高い極悪サウンドですので、オリジナル作品3種のみでまとめたこちらのカセット・バージョンの方が地獄のようなボリュームのCentury Mediaバージョンよりも良いと思います。後にTIAMATやる連中とは信じがたい、このTREBLINKA時代のスーパー・アグリー・ロウ・プリミティブ・ブラック・デス・メタル・サウンドは、とにかくいつ聴いても凄まじい!!!HELLHAMMAERがルーツと思われるズルズルしたドゥーム・ブラック・テイストが強烈なデス・メタルは、スイスのSAMAELの最初期にも近い感触で、スウェディッシュ・デス・メタル黎明期バンド群の中でも間違いなく極北に位置したはずです。バンド名はヨーロッパではタブーとされるところから取ったもののようで、"Swedish Death Metal" BOOK発売記念で2008年に1回限りの再結成ライブを行った際も、ギターVo.の Johan Edlund氏は、"TREBLINKAには今後一切かかわりあいたくない" と声明を出して参加を拒み、NIFELHEIMのTyrant氏 & Hellbutcher氏が代役を務めたという逸話もあります。他メンバーは現在、MR.DEATHを始動させてデス・メタル・シーンに返り咲いてます。2ndデモには当時NIHILISTのニッケもゲスト参加していたそうです。

スウェディッシュ・デスメタル・ファンはもちろん必聴!と言いたいところですが、良識あるスウェデス・ファンはむしろ避けて通ったほうが賢明であろう、極悪カルト・デス・リイシュー!!!666!!!



thechasm-awaiting10.jpg



・the CHASM - Awaiting the Day of Liberation 10" 税込2,808円 (Bellphegot)

1992年にメキシコで結成され、CENOTAPHらとともに初期メキシカン・デス・メタル・シーンを形成した、現在はUSシカゴを拠点とするTHE CHASMの、1993年1stデモを収録した4曲入りEPです。1993年リリースのオリジナル盤CDは高額で取引される人気のレア盤で、この再発はPYPHOMGERTUM / DAWN Split CD, THERIONの1st CDに続いてBellphegot Records名義を復活させたバンド無許可のアンオフィシャル・リリースですが、レーベルの奴自身はどうも本当に当時Bellphegot Recordsをやってた人物らしいです。アナログ盤でのリリースは今回が初。ナンバリング入ってないので怪しいけど限定250枚プレスで、そのうちのltd.100枚クリア・ビニールと、ltd150枚ブラック・ビニールの2種入荷しました。付属画像にあるカード状のフライヤーは、今回入荷分はクリア・ビニールのみに付いてます。

メキシコのバンドの特徴として、古代の神秘的テーマを取り扱うバンドの質が非常に高く、ブラック・メタル系ですが、NWN!がアナログ再発したXIBALBAも、DARKTHRONEなどの寒々としたメロディーをきっかけにしながらも、中南米アンシエントなミステリアス叙情旋律へと深化したような、極上級のエピック・ブラック・メタル・サウンドを確立して、世界各地に熱狂的な信者を獲得しています。このTHE CHASMの初期も、起伏に富んだ北欧型プログレッシブ・デス・メタルとNOCTURNUSやTIMEGHOULなどのSci-Fiデス・メタルをミックスしたような土台に、宗教的退廃感や宇宙的神秘とはまた違った土着的な陰鬱旋律が絡まる独特のスタイルで、まさしく唯一無比のエピック・デス・メタルと言えるカッコよさです。何はともあれ、カルト・デス・メタル・ファンはこの機会に必ずや入手しておきましょう!!



crypticbrood-brain.jpg



・CRYPTIC BROOD - Brain Eater CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

前作Wormhead MCDがAUTOPSYウォーシップ・デス・メタル・マニアに注目を集めたジャーマン・デス・メタル CRYPTIC BROODが1stフル・アルバムを発表。Asakusa Deathfest 2017の参加も決まっていますので、ぜひ多くのAUTOPSYファンにチェックしておいてほしいバンドです。スペインの老舗デス・メタル・レーベル Xtreem Musicからのリリースです。

ドゥーム・パートの比率が大きいので、2ndアルバムのAUTOPSYに近いタイプではありますが、疾走パートのドッカドッカ具合がちょっと物足りないかな?なんて、前作MCDを聴いた時は感じました。今回もMental Funeralアルバム路線だけど1曲目から疾走していて、前作よりもだいぶAUTOPSY流の突進力に近づいた感じで、ドラムの生々しさも前面に出ています。ちゃんとVo.も兼任するスタイルを踏襲してるのも好印象です。それと、ブラスト・パートも取り入れてるのも個人的には大成功ではないかと思います。あの、そのまま止まってしまいそうなメいっぱいタメを利かせた殺伐フレーズ・スロウ・パートとの対比がバツグンです。現代的には物足りないくらいの音圧もちょうどいい。なのでKRYPTSとかのファンにはオススメじゃないけど、ANATOMIAやUNDERGANGなどのファンには確実にオススメです!!

Death till Thrash from the Graves!!!


* 今日はなかなか濃厚なスラッシュ・レジェンドでまとまってます!!


aggression-fragmented.jpg



・AGGRESSION (Canada) - Fragmented Spirit Devils CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

トロントのSLAUGHTERと並んでカナディアン・ハードコア・スラッシュ・メタルの頂点的カルト・バンド、モントリオールのAGGRESSIONの復活後初のフル・レングス・アルバムが、The Full Treatment CDも再発していたスペインの老舗レーベル Xtreem Musicからリリース。オリジナル・ギタリスト主導のもと、TYRANTS BLOODのVo.も参加しています。

Galy Recordsからのコンピレーション・アルバム Fractured Psyche Demons CDでも新録を披露していましたが、このアルバムでも相も変わらず暴走アグレッシブなスラッシュ・メタルでブッ飛ばしてて、オリジナル・メンバーが独り、という情報から抱いていたような不安は再生直後に解消されます。リフワークはSLAYERを基礎にデス・メタリックなパートもところどころあるけど、しかしPOSSESSEDやKREATOR型のにいくのではなく、どちらかと言うとWHIPLASHとカナディアンSACRIFICEのミックスのようなテクニカルでゴリゴリなオールドスクール・スラッシュ・メタル作品に仕上げています。Vo.の上手さも際立っていて、途中、Kyle Thomasスタイルのブルータル・ブルージーに歌い上げたりもして(アンセルモ・スタイルと言わない心中お察しください)、EXHORDERのようなタイプのブルータル・アメリカン・スラッシュ・メタル・ファンにもオススメです!!



anialator-mission.jpg



・ANIALATOR - Mission of Death CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

テキサスのカルト・スラッシュ・メタル ANIALATORのディスコグラフィーCDが、スペインの老舗レーベル Xtreem Musicからリリース。同郷スラッシュで日本でも知名度の高かったDEVASTATIONのメンバーが在籍したという点よりも、初期Wild Ragsを代表するバンドの一つとして認知されてる、アンダーグラウンド・スラッシュ・メタル・ファンには根強い人気を誇るバンドです。


Tracks 1-4 : "Anialator" 12"EP (1988年)
Tracks 5-9 : "Anialator II" 12"EP (1989年)
Tracks 10-12 : "Demo 1990" (未発表)
Tracks 13-16 : "Demo 1987"


たいして工夫のないところを正統派と見るかガムシャラと捉えるか、いずれにしても絶対にメジャーで成功するはずのない純度120%のアメリカン・マイナー・スラッシュ・メタルが最高に渋いです。土台になってるのはSLAYERで、随所にSLAYERのアイデアを拝借したようなキメやフレーズが聴かれます。しかしこのバンドの愛おしいところは、DARK ANGELの2ndのような完全無欠のゴリ押しアグレッションではなく、Show No Mercy ~ Haunting The Chapelの頃のSLAYERをスピードアップしたようなスタイルで、ニュージャージーのBLOOD FEASTのファンなどのファンには絶対に聴いてほしいグレート・カルト・スラッシュ・メタルです!!



cyanide-newjersey-world.jpg



・CYANIDE (New Jersey, US) - World Peace Six Feet Under LP 税込2,916円 / CD 税込2,160円 (WYLN)

ピッツバーグVALHALLAとフロリダLEATHER NUNNという80's USクサレ・メタルのカルト・レア・クラシック2種を同時再発して、正統派/エピック系メタルの再発盤を鬼門とする当店でもなかなか好評だったカルト・メタル・リイシュー専門新興レーベル WYLN Recordsが、今度はスラッシュ系のプライベート・メタル2種を発掘リリース。よくあるバンド名ですが、このCYANIDEは80年代中期~90年代初めにかけて活動したというニュージャージーのバンドです。オリジナル盤は地元ニュージャージーのMutha Recordsから1989年にLPで発表していて、このレーベルはCHRONIC SICKやTHE WORSTなど、USHCパンク・コレクターには有名な超メガレア盤をリリースしていました。LP再発はオリジナルとは盤色を変えてレッド・ビニールになっていて、CD化は今回が初です。

TOXIMIAなんかを彷彿させる雰囲気のジャケで、いかにもUS東海岸らしい男臭いハードコアなメタル・スラッシュかな?と思いきや、クロスオーバー色は濃厚だけどLUDICHRIST, D.R.I., THE ACCUSED, CRYPTIC SLAUGHTER, etcを思い起こさせるライトな感覚もある曲調です。しかし演奏はかなりゴリゴリ・アグレッシブで、起伏ある曲調を力技で強引に展開していく様は、やはりUS東海岸ならではかと思います。New RenaissanceなんかのComp.にでも入ってたら、もうちょっと認知されていたことでしょう。NYのUNSANEやメリーランドIRONCHRIST、あと地元も一緒で親交もあったというRIPPING CORPSEのゴリゴリ・スラッシュだった初期デモなんかが好きな人にオススメのカルト・スラッシュ発掘盤!!



deathsquad-US-splityour.jpg



・DEATH SQUAD (Washington, US) - Split You At The Seams LP 税込2,916円 / CD 税込2,160円 (WYLN)

こちらのWYLN Recordsリイシューもよくあるバンド名ですが、これは80年代中期~90年代のUSワシントンに存在したというDEATH SQUADの1991年発表1stアルバム。オリジナル盤はスラッシュ・マニアには良く知られているEver Rat RecordsからCDとカセットのみのリリースだったので、ヴィニール化は今回が初となります。Ever RatはMACEやCOVENをはじめ、シアトルのカルト・スラッシュ好きにはたまらないバンドを輩出していたレーベルでしたが、アナログ盤はたいしてレアじゃないけどCDが発見難易度が高く高額レアなものがいくつかあって、このDEATH SQUADもオリジナル盤CDはコレクターに人気の高額レア盤だそうです。個人的には知らないバンドだったけど、Ever Ratリリースならば遂にMACEのオフィシャルCDや、ジャケが最強素晴らしかったCOVEN(MENTORS故El Duceのバックもやってました)の1stも再発されないかな?なんてちょっとワクワクしてしまいますが、調べるとこのDEATH SQUADにもCOVENのメンバーが参加していたようです。

サウンドはTESTAMENTやFORBIDDENに影響されながらも、地元のCOVENやACCUSEDなどとよく共演していたということで、ベイエリア・スラッシュの影響は大きくても、ミドルテンポの退屈なパートに終始するようなタイプではなくアグレッシブに疾走&激しく展開しています。没個性と言ってしまったらそれまでですが、これぞアメリカン・プライベート・メタル・スラッシュ!な荒々しさと魅力が凝縮されていて、カルト・スラッシュ・メタル・ファンは間違いなくガッツポーズ&ヘッドバンギングでしょう。ジャケも最高!!



madator-perfect.jpg



・MANDATOR - Perfect Progeny CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

1stアルバム Initial Velocityと前身バンドのMYSTO DYSTOも再発していたDark Symphoniesによるオランダ MANDATORのCD再発シリーズ最終章(だと思います)は、1989年発表2ndアルバム Perfect Progenyに、1993年のStrangledデモもボーナス収録した全12曲入り。オリジナル盤は1stアルバム同様にLPとCDでドイツの名門 Disaster Recordsからリリースされ、LPは別にたいした高額じゃないけど、CDが中古市場で$100以上で取引されるメガレア盤と化していて、リプロ・ブート盤も出回っていました。今回が初オフィシャル再発で、限定1000枚プレスです。

1stアルバムはMYSTO DYSTOの進化形とも言えるような、スラッシュと言うよりもヨーロピアン・スピード・メタルの伝統を継承したスタイルでしたが、この2ndアルバムは完全にスラッシュな切れ味を身に着けて、TESTAMENTあたりのアメリカン・スラッシュ・メタルの影響を感じさせます。しかし、曲調はやはりどこかヨーロピアンらしい陰りが見え隠れしますし、切れ味もベイエリア・クランチのダイナミズムとは異質で、同じDisaster Recordsリリースの名盤であるANGEL DUSTの1stにかなり近いジャキジャキさのように感じます。PARADOXやANGEL DUSTなどのファンにオススメの、Late 80'sユーロ・スラッシュ・メタル隠れた名盤!!



excruciation-lastjugement-CD.jpg



・EXCRUCIATION - Last Judgement CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

スイス・チューリッヒのスラッシュ・メタル・バンドの、1993年発表1st MLPにボーナスも追加したCDが、Dark Symphoniesから限定1000枚でリリース。Chainsaw Murderからのオリジナル盤MLPはけっこうデッドストック残ってたし、F.O.A.D.からのコンピレーション・アルバム2枚組LPもあったので新鮮味感じない人もいるかも知れないけど、このバンドの初期音源CDは今までに確かJL America / Turbo MusicからのデモCDくらいだったはずので、CDを待ってた人も密かに居たのではないでしょうか。もちろん本作も初CD化です。


Tracks 01-05 : "Last Judgement" EP 1987
Tracks 06-11 : "The Fourth Apocalyptic Rider" DEMO 1985
Tracks 12-18 : "First Assault - 2nd Edition" DEMO 1986
Track 19 : Outtake from "First Assault - 2nd Edition" DEMO SESSION 1986


オリジナル盤12"アナログ盤は、MESSIAHやチリのPENTAGRAMのEPなどをリリースしてたChainsaw Murder Recordsから1987年にリリース。裏ジャケの全員白いTシャツ姿が印象強かったバンドですが、ジャケ・ブックレットにはさらに激渋な写真が盛りだくさんで、MESSIAHやPOISONなんかも彷彿させるカッコいいルックスの初期写真も、CONFLICTとSODのTシャツ姿が並んだ掟破りのファッションも、この時代ならではのクロスオーバーを象徴していて最高です。サウンドはDESTRUCTIONの影響を強く感じさせるダーク・スラッシュ・メタルで、ジャーマン・スラッシュ・メタル・ファンにもオススメのカッコよさ。もちろんクサレ・スラッシュの範疇での話ですが、こんなにカッコ良かったっけかな?スイス・バンドらしいモロにCELTIC FROSTなリフも飛び出すし、今聴くとかなり渋いです。NECRONOMICONまで完成されてませんがDESTRUCTION影響下スラッシュメタル好きや、昔聴いてなんとも思わなかった人も、絶対もう一度聴くことをオススメします!!



destruction-bestialinvation-lp.jpg



・DESTRUCTION - Bestial Invasion of Hell LP CLEAR VINYL 税込3,240円 (Floga)

再入荷お待たせしました!!!

これまで各種ブートでリリースされまくってきたジャーマン・スラッシュメタルを代表するバンドの一つ DESTRUCTIONの1984年発表デビュー・デモが遂に初単独オフィシャル・リリース!!!666!!!ギリシャFloga Recordsからのリリースで、ゲートフォルド・スリーブ内側には、各メンバー&Voices From The Darkside ZINE編集者のライナーノート/当時の写真/初回&再販の両バージョン・ジャケ・アートなどを掲載して、さらに激渋なポスターも付いてます!!DESTRUCTIONファンならば見たことある人も多いであろう、ギターとベースを十字に重ねた当時の最高にクールなあの写真です。実はTシャツ&パッチ付きのボックス・セットもあったのですが、オリジナルのデモ・アートではあるけどTシャツ・デザインもこのジャケまんまだったし、サイズはどうしたものか・・・などとマゴマゴしてるうちに完売してしまいました。ltd.500枚クリア・ビニールで入荷しています。

KREATORやPOSSESSEDのプレ・デス・メタルなリフ・ワークはSLAYERがルーツだったのが想像できるけど、DESTRUCTIONの変態リフは突発的だったのが天才的だったのか(Mike氏はMEGADETHに触発された、と言ってますが、時代的にちょっとつじつまが合わない)、とにかく奇跡としか言いようがありません。VENOMのサタニックなパワーにテクニカルな独自のリフワークを融合して、こんなにチョリチョリしてるのに圧巻の極悪暗黒スラッシュメタルをいきなり確立。後のブラック・スラッシュ・メタル・バンドの多くが、こぞってこのDESTRUCTIONリフを再現していますし、現行の北欧スラッシュ・メタルへの影響力は計り知れません。そしてこの、スタッズ, スパッツ, ガンベルト&レザー with Dカンの完璧なトータル・コーディネート!!!完全無欠のスラッシュメタル理想形の一つが、ここに集約されています!!

Japanese New Releases


bodybag-earthfederation.jpg

・BODYBAG / EARTH FEDERATION - Split 7" 税込900円 (Awesome Mosh Power)

ex.CORRUPTEDのHevi氏らによる話題の東京グラインドコア EARTH FEDERATIONが、ex.MACHETAZOメンバーが在籍するスパニッシュ・グラインド BODYBAGとSplit 7"をリリース!!

Gu. / Rapunzel (DISGUNDER, ex.324)
Ba. / Ryuji (REDSHEER, ex.MESSIAH DEATH)
Dr. / Takagi (ex.DISGUNDER)
Vo. / Hevi (ex.Corrupted)

EARTH FEDERATION=地球連邦軍ということで、歌詞ネタはアニメですが、サウンドはまさにHevi on 324って感じで最高に燃えてくるピュア・オールドスクール・グラインド!!期待通りでありながら予想以上のカッコよさです。MODORRAとのSplit LPが入荷してたBODYBAGは、スパニッシュVo.特有の暴力的な語感が生々しいグラインドコアで、90年代のパワーバイオレンス寄りなグラインドを彷彿させるオールドスクール・テイストがナイスです!!



silverback-tesoro.jpg

・SILVERBACK - Tesoro PAPERSLEEVE CD 税込1,404円 (Deep Valley)

北海道札幌のベテラン・ヘヴィメタル・バンド SILVERBACKの、2016年6月17日に東京中野Moonstepで行った結成30周年記念ライブ東京編で先行配布された7曲入りペーパー・スリーブCDが、一部ショップで流通販売開始。現在では入手困難となっている1989年~2003年録音マテリアル7曲を収録!!

ギター&Vo.のKiyo氏はSLANG、ベースのYukiさんがBIRTH RITUALにも参加しているとあって、ハードコア・シーンでも知名度のあるヘヴィメタル・バンドですが、サウンドはドラマチックでプログレッシブでもある壮大なエピック・メタルで、正統派メタル・ファンに熱烈に支持されるバンドです。

Metal Deadness!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品を先ほどカートアップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。



morbit-metalion.jpg



・MÖRBIT - Metalion : 50 Years of Fucking Off Life MLP LTD.320 BLACK VINYL 税込2,484円 (F.O.A.D.)

国内外から多数お問い合わせいただいてました究極のパーティー・メタル・デスラッシュ・ブラック・メタル・プロジェクト MÖRBIT!!!これは伝説のノルウェー・メタル・ファンジン Slayer MAGAZINE発行人のMetalion氏の夢を実現すべく、スウェディッシュ・デス・メタル・レジェンド達が親切にも人肌脱いであげたら、世界中でモノ凄い反響となってしまってるレコードです。Metalion氏が50歳の誕生日に、自身のレコード・コレクション中毒を満たす究極のレコードが欲しいと願い、かねてから親交もあり、ジャーマンPOISONの再発など大いに興奮させられるオブスキュア・メタルの発掘リイシューを多く手掛けるイタリアのF.O.A.D.に相談したところ意気投合してリリースされたものです。

さぁそこで何が欲しいか?とMetalion氏は悩み、WATAINのシンガー Erik Danielsson氏に相談。昔のバンドの音源を出すには権利などもクリアにしなければならないから正直ちょっと厄介。すると、2011年にCentury MediaがMORBIDのコンピレーション・アルバムをリリースした際、発売記念パーティーでMORBIDのカバー・バンドをやるためにリハーサルした時の良い音源がある、とErik氏からナイス・アイデアが提案されて、めでたく実現となったMetalion氏50歳誕生記念レコードです。凄い話だな!!

しかしこれがカバー・セッション・プロジェクトとは言え、参加ミュージシャンの豪華ラインナップと、あとやっぱりなんと言ってもその時のライブがまたウルトラ・メガ激渋カッコよかったという評判も以前からあったため、プライベートなリリースで終わらせるつもりが予想をはるかに上回る反響となり、予約オーダー受付開始後、レーベルで早々に完売してしまいました!!ブラック・ビニールがltd.320枚と、レッド・スプラッター・ビニールがltd.100枚、そしてこのリリースはMetalion氏も大ファンだったPOISONのデモ再発同様、ウルトラ・リミテッド・バージョンとしてltd.50枚のレッド・ビニールが存在します。このltd.50枚バージョンはMetalion氏とバンド・メンバー、あとF.O.A.D.直販でほぼシェアされたのですが、なぜかそこに当店も食い込むことができちゃったため、お問い合わせたくさんいただいています。昨日到着して、ようやく販売できる!と思ったら、ltd.50枚バージョンのみに付属するポスターが入ってない、、、。すぐにF.O.A.D.にメールしてレーベルに置き去りにされてるのを確認して、すぐに送ってもらうよう手配し、ちょっとホッとしましたが、実際に届くまでは油断できません。でも、これ以上外国からの問い合わせ突っぱねるのは面倒なので、ltd.50枚バージョンは予約カートを別に作って受注開始致します。そちらをご希望の方は、注意点をしっかりご承知いただいたうえで、予約で確保してください。

こちらはブラック・ビニールです。既にレーベルで完売しているため、このブラック・ヴィニールも今回のみの入荷です。ltd.50枚バージョンの日本での販売をオファーされてすっかり舞い上がってたら、ltd.100枚バージョンのスプラッター・ヴィニールも秒殺で完売してしまい、ltd.100枚バージョンは逃してしまいました、すみません、、、。ちなみにそのltd.100枚バージョンも日本には超極少量しか入ってきてないそうです。


MÖRBIT was :
Drums : Peter Stjärnvind (MERCILESS, ENTOMBED, NIFELHEIM, BLACK TRIP, LOUD PIPES, etc)
Bass : Tyrant (NIFELHEIM, PAGAN RITES, etc)
Guitar : Erik Wallin (MERCILESS, etc)
Guitar : David Blomqvist (DISMEMBER, CARNAGE, DAGGER, etc)
Vocals : Erik Danielsson (WATAIN, etc)


A1. My Dark Subconscious
A2. Disgusting Semla
B1. Wings Of Funeral
B2. From The Dark


後にMAYHEMに参加するDeadらが在籍したスウェディッシュ・メタル・バンド MORBIDは、言うまでもなくDeadのVo.が強烈な印象を放っていたわけですが、BATHORYやKREATOR等の影響を強く出したジギジギの刻みで突進する楽曲自体が既に完璧なカッコよさで、スラッシュ・メタルであり、デス・メタルでもあり、そしてブラック・メタルでもあったという点で、VENOM, CELTIC FROST, BATHORY, SODOM, etcなどの伝説バンドと同等の創造力/可能性/完成度を身につけていた、カルトでありながら別格だった伝説バンドです。そのMORBIDの曲をこれだけのラインナップでカバーすればそれはカッコいいに違いない、なんて単純なものではありません。トリビュートto MORBIDであり、おめでとうto Metalion君、なレコードだけど、もはやMORBIDと別次元のカッコよさに達していたプロジェクトだったのが、サンプルで貼ったライブ動画からうかがえます。レコード自体はリハ音質ですが、音質も演奏もテンションも文句なしのクォリティーで、これは世に出すべきだった音源でしょう。両面刷りのインナー写真もみんなカッコよすぎて、北欧メタル・フェチなヤングから、ハゲとヒゲで究極のカッコよさにあこがれる中年まで、大興奮できる企画盤です!!



morbit-metalion-redvinyl.jpg

morbit-metalion-poster.jpg

・MÖRBIT - Metalion : 50 Years of Fucking Off Life MLP LTD.50 RED VINYL ご予約受付商品 税込4,860円 (F.O.A.D.)

このltd.50枚バージョンのみに付属するポスターが未着ですので、ご希望の方は、以下の注意点をしっかりご承知いただいたうえで、予約で確保してください。

*ポスターはすぐ送る、とは言ってくれたけど、郵便事情の悪さで有名なイタリアからですので、既に他の商品をお取り置き中のお客様の場合は、申し訳ございませんがこの商品もポスター到着後まとめてご精算、というのは今はお受けできません。何かお取り置きが既にある方は、大変恐縮ですがそちらのご精算を済ませてから、こちらを新規でご注文願います。新規でご注文のお客様は、他商品と併せてのご注文も承りますが、ポスター到着の遅延がひどい場合は、この商品は別でご精算をお願いする可能性もあります。何卒ご理解願います。



unknowndeath-demo1987.jpg

・UNKNOWN DEATH - Demo 1987 LP LTD.100 BEER YELLOW VINYL 税込2,916円 / LTD.200 BLACK VINYL 税込2,484円 (F.O.A.D.)

F.O.A.D.によるTERRORIZER関連リイシューの最終兵器登場!!! Oscar Garcia氏と故Jesse Pintado氏がTERRORIZERの直前に短期間やってたバンドで、CRIPPLE BASTARDS / F.O.A.D.のGiulio氏が数年前にLAに行ってNAUSEA / MAJESTYのCarlos "Cosmo" Reveles氏宅にお邪魔した際にこのテープを見つけて今回の再発に至ったそうです。日本にもTERRORIZER信者は昔からたくさんいますが、これは本当に「知られざる」発掘バンドではないでしょうか!!


A1. Antagonist
A2. Satans Rising
A3. Deceptions
A4. Unholy Grave
A5. Legions Of Doom
A6. Wrath Of The Antichrist
B1. Death
B2. Back From The Dead
B3. Creation Of Darkness
B4. Abusement
B5. Kill
B6. Beyond My Infernal Grave


一連のTERRORIZER人脈バンドと大きく違うのは、このバンドはVENOMやBATHORYなどの影響も打ち出してたらしいという点です。いかにも80年代のデモらしいロウ・ノイジーなドカドカ・デス・メタル・サウンドは、この時代の発掘音源が好きな人にはたまらないでろう汚い音だけど、確かに明らかにVENOMとBATHORYの影響を感じさせるミドル・テンポのナンバーがあります。しかし、DEATHやMANTAS、それにブラストは無いけどREPULSIONとその前身のミシガンGENOCIDEといったアメリカン・プレ・デス・メタルの感触が一番近く、この極上のノイズ・デス・メタル・サウンドは、MASTERの1985デモ・アルバムが好きな人なんか一発でノックアウトでしょう。F.O.A.D.から同時リリースのMÖRBIT同様、このリリースも予想通り大反響で、レーベルではltd.100枚ビアー・イエロー・ビニールもltd.200枚ブラック・ビニールもどちらも即完売してますので、TERRORIZER信者の方々はお買い逃がしなく!!

LIFE'S BLOOD - Hardcore A.D. 1988


lifesblood-hardcore-pic.jpg



・LIFE'S BLOOD - Hardcore A.D. 1988 LP 税込2,808円 / CD 税込2,160円 / TAPE 税込972円 (Prank)

1987年に結成され、当時盛り上がりが最高潮に達していたLate 80's NYHCシーンで活躍し、バンド解散後もスキンズ・コア系CBGB派のファンはもとより、よりポリティカルなDIYパンクスにまで幅広くファンを持つ伝説のNYHCバンド LIFE'S BLOODのディスコグラフィーが、再始動したサンフランシスコのパンク・レーベル Prank Recordsから遂にリリース!!お待たせしてすみませんでした。

後にBORN AGAINSTを結成するギタリストとベーシストの2人が、SSD, BAD BRAINS, BLACK SABBATH, AGNOSTIC FRONT, CRUCIFIX, NEGATIVE APPROACH, CAUSE FOR LARAM, the FAITH, VOID, YOUTH BRIGADE, etcに影響されたバンドを結成すべくファンジンにドラマー募集の記事を掲載してスタート。日本でNYHCを最初に広めたミッチ大橋氏をはじめ、昔からLIFE'S BLOODのサウンドとジャパニーズ・ハードコアの共通性を指摘する人がチョクチョク居たけど、やはりLIFE'S BLOODのメンバー自身は日本のハードコアは聴いてすらいなかったようで、SSDやNEGATIVE APPROACHのような熱血アングリーな80's USHCスタイルを、スキンズの友人も多かったという当時のNYHCシーンのバンドらしい暴力性で叩き出したのが、LIFE'S BLOODの特徴であり魅力かと思います。とは言え、個人的にはREST IN PIECESは2ndから聴いて、ソロがジャパニーズ・ハードコアみたいで最高だな~、なんて思ったし、LIFE'S BLOODとBORN AGAINSTも参加していた"Murders Among Us" comp.7"での最強ベスト・トラック ABSOLUTIONの"Dead And Gone"なんかCRUCKみたいでメガトン渋い!!と思ってたけど、このLIFE'S BLOODの名作7"EP冒頭の怒りを込めたスクリーミングなんかも、確かに同時代のジャパニーズ・ハードコアに通じるものがあります。こういう風に感じるのは自分が日本人だからなのかな?と昔は疑問に思ってましたが、WORLD BURNS TO DEATH / BUTCHERのJack Control氏も何かのインタビューで、「DEATH SIDEを初めて聴いたときはNYHCタイプのバンドだな?、と思った」なんて言ってましたから、お互い見ず知らずで育った環境は違っても、同じ時代に生きるミュージシャン同士ならではのシンパシーみたいなのはやっぱりあったんだろうなー、なんて考えて聴くのも、こういった再発盤の楽しみ方の一つではないかと思います。

LP/CD/カセットの3種フォーマットでリリースされ、LPとカセットは早々にレーベルで完売しています。カセットは知ってても「CDって何?」なんて言われかねないほど、レーザーディスク並みに失われた世代のフォーマットと化してきたCDですが、Prankオーナー氏も当初あまり乗り気じゃなかったというCDは、実はLIFE'S BLOODメンバーたっての願いでリリースされたそうです。LPは重厚なゲートフォルド・スリーブで、ダウンロード・コード付き。インナーには写真やフライヤーなどはもちろん、各種データもアーカイブ的にまとめ上げていて、さらにギタリスト Adam Nathanson氏のセルフ・ライナー・ノートもとても面白く、文句なしの仕上がりです。2016年のWARZONEとSHEER TERRORに続く、全NYHCファン&80's USHCファン必聴必須のグレート・リイシュー!!!今回はLPお買い上げの方には先着でプロモ・ポスターも付けます!!(初回分全てには付かないので、あくまで先着順でご了承ください)


Tracks 1-8 : "Defiance" EP and recorded at Don Fury Studios
Track 9 : "Murders Among Us" compilation EP
Tracks 10-11 : "New York Hardcore Where the Wild Things Are" compilation LP
Tracks 12, 17-18 : Demo recordings at Don Fury Studios
Tracks 13-16 : Live recording on WFMU on 3/17/88
Tracks 19, 25 : Live recording at the Dirt Club on 1//21/1988
Tracks 20-21 : Live recording on WNYU on 3/24/1988
Tracks 22-24 : Live recording at CBGB’s 9/25/1988



usedpunk-2017june18.jpg

* MISFITSの80~90年代ブートなど(Halloweenももちろんリプロです)、高額レアなヤツはないけど、ちょっとだけ80's HCの中古盤も店頭で補充しています。

Japanese Hardcore!!


weaks-flamenco.jpg



・WEAKS - フラメンコ 7" 税込1,080円 (Strong Mind Japan)

岐阜県高山市を拠点に活動するハードコア・パンク・バンド WEAKSの初ヴィニール・フォーマットとなる2nd EPが、STRONG MIND JAPANよりリリース。ジャケ・アートワークはex.ISTERISMOのサトシ氏が担当し、初回入荷分にのみインタビューZINEペーパーが付きます。

クラストコア・パンク LASTLYが2014年に解散して、ベースを担当していたMaeda氏がこのWEKASではVo.となり、より日本の伝統的なハードコア・パンクに近いスタイルを目指して始動。しかし、Maeda氏の日本語詩はメッセージ性も強い語り調が主体ながらも、所謂コテコテのジャパコアにはなっていなく、曲展開や演奏にも随所に工夫が感じられるアグレッシブなジャパニーズ・ハードコア・パンク・スラッシュを追求しています。1st CDでも印象的だった、的確且つガッツンガッツン突進するドラミングは今回も驚異的で、Vo.のアジテーションとも最高にマッチしています。発売前から海外のマニアから問い合わせもらってたけど、これは日本のローカル・ハードコア・パンク好きな海外マニアは大興奮でしょう!!Maeda氏の実直な人柄がにじみ出たインタビュー・ペーパーもぜひ読んでもらいたいです。



wall-resentment.jpg

・WALL - Resentment and Life CD 税込1,620円 (Crew For Life)

2012年に山形県酒田市で結成されたハードコア・パンク・バンドの1stアルバムCDが、Crew For Lifeからリリース。グレートDAG NASTYウォーシップ!!と言い切ってしまいたいサウンドで、これはカッコいいです。疾走感、切れ味、哀愁、熱さなど、DAG NASTYやMINOR THREATへの愛情を随所に感じさせるオールドスクール・ハードコアで、Vo.の歌い回しも見事です。もっと聴いてみたいな〜。オススメです!!



darksfear-yourmind.jpg

・DARKSFEAR - Your Mind CDEP 税込540円

BEYOND DESCRIPTION / ハンマー / DUDMAN / CHAOSMONGERSなどで活躍するAdachi氏らによる女性Vo.ハードコア・バンドの3曲入りデモCD。メタリックなギターでストレートに疾走するスラッシーなハードコア・サウンド!!



beyonddescription-anelegy-tape.jpg

・BEYOND DESCRIPTION - An Elegy for Depletion TAPE 税込864円 (Bull Whip)

近年はメタル・スラッシュへの接近が加速している西東京ポリティカル・ハードコア BEYOND DESCRIPTIONの2013年発表アルバムが、マレーシアのレーベルからカセット・バージョンもリリース。

安定したテクによる堅実なクロスオーバー・スラッシュだけど、ドラマチックなフレーズや、ドラム・ソロを組み込んだ曲など、意欲的な試みも感じられる作品。日本語Vo.の歌い回しも古きジャパニーズ・スラッシュ・メタルっぽさがだいぶ強まり、日本のスラッシュ・メタルが好きな人にはぜひチェックしてもらいたいクロスオーバー・バンドです!!

Death Cult from the Graves!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品を先ほどカートアップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。



gravestone-simphony.jpg



・GRAVESTONE (Italy) - Simphony of Pain CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

日本ではジャーマン・メタルのGRAVESTONEがよく知られてるけど、こちらはイタリアで1993~1995年の短期間に活動したデス・メタル・バンドのGRAVESTONEです。1994年発表の6曲入りCDにオムニバス曲もボーナス収録して、恐らく当時残した全音源を収録したCDが、Dark Symphoniesから限定1000枚でリリース。

無名ながらカルト・オブスキュア・デス・メタル・マニアには非常に評価が高いという、プログレッシブでアヴァンギャルドな要素もあるデス・メタルで、なるほどいかにもDark Symphoniesが発掘再発しそうな聴き応え満点の作品です。ただ単にテクニカルで超絶という感じではなく、クラシックやジャズっぽい展開やフレーズが飛び交うアヴァンギャルド・デス・メタルは、SIGHやKING DIAMONDのような映画のサントラをメタルで表現したような世界と、CARCASS型メロディック・デス・メタルの融合のように聴こえます。しかもドラマーはVo.も兼任していたそうですから驚異的です。ホラー・ヴィンテージ風味ではないけど、これはイタリアン・メタル・マニアも魅了するプログレッシブ・デス・メタルではないでしょうか。オススメdeath!!

South of Metal Hell!!


hellish-grimoire.jpg



・HELLISH - Grimoire CD 税込1,728円 (Unspeakable Axe)

2010年にチリ・サンチアゴで結成されたスラッシュ・メタル・バンドの1stフル・アルバムCDが、USデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリース。このUnspeakable Axe recsは、コンテンポラリーなエクストリーム・メタル傾向の強まるDark Descentの主力作品よりも、もっとオールドスクールなスタイルの新人や無名バンドを中心にリリースしています。

既に過去作EPやデモなどでマニアックなスラッシャーに注目を集めていた存在のようですが、これが若手スラッシュ・メタル・バンドの世界デビュー作としては完璧な一例のような素晴らしい作品に仕上がっています。ジャーマン・スタイルの猪突猛進スラッシュを、スピード命!な壮絶な速さの刻みリフで叩き出しつつ、ドラマチックなパートも挟み込んで見事な構成力でまとめています。新人でも非の打ち所のないようなバンドばかり続々登場する北欧スラッシュ・メタルや、80年代からの荒くれたスラッシュの伝統を頑なに継承し続けるジャーマン・スラッシュなど、欧米の若手スラッシュ・メタルに対抗できる南米スラッシュの拠点は、もはやブラジルからチリへと移行しているような気がしますが、陽気なブラジリアン・スラッシュよりもアンダーグラウンドらしさとクオリティーの高さを両立させる昨今のチリアン・スラッシュ・メタル好きは絶対にチェックの要注目バンドです!!



heavensdecay-thegreat.jpg



・HEAVENS DECAY - The Great Void of Mystery CD 税込1,728円 (Chaos)

SHUB NIGGURATHの中心的メンバーで、CENOTAPHやTHE CHASMといったメキシカン・デス・メタル・レジェンド・バンドでも活躍してきたギタリスト Julio Viterbo氏が、自身のルーツに回帰したトラディショナル・ヘヴィメタル・プロジェクトを新たに始動。SHUBB NIGGURATHやCENOTAPHで活動を共にしたドラマーのOscar Clorio氏をパートナーとし、Vo.にはミシガン・エピック・ドゥーム・メタル STONE MAGNUMのVo.のNick Hernandez氏を抜擢するという、このラインナップだけで渋すぎるであろうことが容易に想像できる大注目の正統派ヘヴィメタル・バンドのデビュー・アルバム。マスタリングはDan Swano氏が担当しています。

大注目とは言いましたが、メキシカン・デス・メタル・ファンにアピールするサウンドではありませんし、STONE MAGNUMもダイハードな真性鋼鉄信者以外には知名度は低いでしょうが、このメンツで期待を抱いた人は絶対に裏切らないサウンドです。Nick Hernandez氏のアメリカン・マイナー・メタルの抒情を継承するようなNick Hernandez氏のVo.と、Julio Viterbo氏のエピックなギター・プレイのマッチが素晴らしく硬派で、2ndの頃のOMENのような、IRON MAIDEN影響下の合衆国産鋼鉄が好きな人には間違いなくオススメ!!メキシコChaos Recordsリリースですので、正統派メタルが強い他店さんではなかなか入荷しずらいのではないかと思います。

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR