RECORD BOY

NEKROFILTH / BUTCHER ABC - Split CDEP


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかったメタル系商品を先ほどカートアップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。


nekrofilth-butcherabc-cd.jpg





・NEKROFILTH / BUTCHER ABC - Split CDEP 税込864円 (Obliteration)

2017年5月の来日を間近に控えたex. CRUCIFIED MORTALS / NUNSLAUGHTERメンバーによるオハイオ・クリーブランド・デス・パンク・メタル NEKROFILTHと、その日本ツアーをサポートする東京ゴア・デス・メタル BUTCHER ABCによるSplitシングル。7"アナログ・バージョンがチェコのレーベルからリリースされてますが、この日本ツアー用CDバージョンは各バンドのライブ・トラックをボーナス収録した全5曲入りとなっています。ペーパー・スリーブのCDです。

NEKROFILTHはデス・メタルとハードコアの80年代型クロスオーバーで、SLAUGHTER, REPULSION, N.M.E.などの、あのジャリジャリで汚いサウンドでスラッシュ・リフを繰り出し、ハードコアなコンパクトさと疾走感で駆け抜ける、アグリー・ロウ・デス・メタル・パンク・スラッシュ!!ABSCESSやLOBOTOMIZEDなどのデス・メタル・パンクとは違って、Blaine氏が参加してACCUSEDとMASSACREの合体状態となったDENIAL FIENDみたいなクロスオーバー・パンク・デスや、ADA-MAXなんかのスプラッター・スラッシュ・ファンにもオススメです!!

BUTCHER ABCもまたどこかパンク要素の感じさせる、オールドスクールなゴア・デス・メタル。ファニーではないグラインド・パンク黎明期バンドのようなキャッチーさが、デス・メタルとグラインドが一緒くただった90年代を思い起こさせます。初期デス・メタル・シーンのグラインドコアが好きだった人には間違いなくオススメです!!

Ataque Metal from the Graves!!


bloke-demolicion-lp.jpg



・BLOKE - Demolicion LP 税込2,916円 (Utterly Somber Creations)

1980年代に活動したアルゼンチンのヘヴィメタル・バンドの1984年発表唯一のアルバムが、シカゴのダイハード・メタル・レーベル Utterly Somber Creationsから限定500枚でLP再発。オリジナル盤は80'sアルゼンチン・メタルを代表する名作として、中南米メタル・ファンからオブスキュア・クサレ・メタル・コレクターにまで人気のレア盤です。クリア・ビニールでの入荷になります。

アルゼンチンのメタルは数えるほどしか知らないけど、アンデス山脈が貫く南米の他の国々のヘヴィメタルよりも、哀愁の強いスパニッシュ・メタルにも似た印象を個人的には抱いてました。このバンドもそんな感じがありまして、オーソドックスなハードロックを土台にしつつ、情熱的なギターソロが絡みつき、そして疾走ナンバーになるとスピード・メタルにも肉薄する80年代的なスピード感もありながらも、例えば当時のフレンチ・メタルみたく、NWOBHM影響下の第三国バンドとしての宿命を背負ってるような郷愁が漂っているところが渋いです。NWOBHM影響下の80年代のバンドが好きな人には絶対聴いてもらいたいですが、あくまでも80年代限定。この完璧な質感はピュアなフォロワー(not後追い)でなければ出来ない、残念ながら次世代には決して超えることの出来ない壁なのです。例え本国UKやヨーロッパのバンドでも。インナーに掲載の写真を見ても、赤/白/黒を基調としたヘヴィメタル・ファッションはフレンチ・メタルみたいで、オフショットの革ジャン姿はまるでNWOBHMそのもので、80年代ヘヴィメタル・バンドとして完璧なルックスが渋いです。



apokalipsis-st.jpg



・APOCALIPSIS - S/T CD 税込1,620円 (Sade)

1980年代中期に結成され、恐らく90年代初め頃まで活動していたと思われるメキシカン・メタル・バンドの、1991年発表の6曲入りMLPにボーナスでオムニバス提供曲/ライブ/デモをプラスした全15曲入りディスコグラフィーCDです。本編の6曲入りMLPオリジナル盤は、メヒコ・メタル究極のレア盤の1枚とされるメガレア・アイテムとして、コレクターやマニアには有名な作品です。


Tracks 1-6 : "Apocalipsis" MLP (1991年)
Tracks 7-8 : from V.A. "Explosion Metalica" LP (1988年)
Tracks 9-12 : Live
Tracks 13-15 : "Apocalipsis" DEMO (1987年)


80年代中~90年代初頭の音源をまとめたものとあって、中南米産スラッシュの特徴にも似たジャキジャキな質感の重厚なロウ・ヘヴィメタル・サウンドが魅力ですが、基本は正統派鋼鉄の土台がゆるぎないパワー・メタルです。楽曲はちょっとIRON MAIDEN影響下の80年代USパワー・メタルにも近く、ギターソロは熱いガッツがみなぎりながらも哀愁メロディーで惹きつけて、ジャケの雰囲気が醸し出す80'sメタルのクサレたアグレッシブなタイプが好きな人にオススメ。重厚ロウなサウンドがとにかく素晴らしいので、中南米ファン/オブスキュア・メタル・ファンはもちろん、スラッシュ寄りパワー・メタル・ファンにもぜひ聴いてほしいです。


* 再生に支障のないスリキズが多いディスクがありますので、なるべくキレイなものから販売致します。



luzbel-pasaporte.jpg



・LUZBEL - Pasaporte al infierno CD 税込1,944円 (WEA)

1982年に結成されたメキシカン・ヘヴィメタルを代表するバンドの一つ、LUZBELのCDが数種まとめて入荷しました。当店ではデス・メタルやスラッシュ系が中心だけど、知られざる80年代メヒコ・メタル・リイシューの需要は常に多いので、このLUZBELはもうちょっと正統派系ではありますがレジェンド・バンドだと言うことですから、せっかくなので主要作品を少しずつ入荷させてみました。80年代中南米鋼鉄マニアはぜひこの機会にどうぞ。

こちらは1986年に発表された1stアルバムのCDバージョンで、オリジナルのアナログ盤はけっこうな高値で取引されるようです。レーベルがWarnerという時点で信じがたいわけですが、メキシコ製の再発盤に毎度付きまとうリーガルorイリーガルについての真偽については、これは恐らくバンド主体で再プレスしてるものではないかと思います。サウンドはメキシコと聞いてスラッシュ・ファンが思い浮かべるようなガビガビ・ノイジーでチタチタ・チープなものと違い、まるで80年代ヨーロピアン・メタルのようにシケた極上の哀愁クサレ・メタルで、これは渋いです。ジャーマンや北欧のフォーク土台強調型ではなく、スペインやイタリアなんかのエピックさに近いように感じます。オススメ!!



luzbel-otra.jpg



・LUZBEL - ¿Otra vez? CD 税込1,944円 (Discos y Cintas Denver)

こちらは1990年に発表された3rdアルバムのCDバージョンで、2001年にメキシカン・メタル・ファンにおなじみのDiscos y Cintas DenverからCD化再発されたものです。サウンドは初期のスタイルに比べて、メロディックな面をメインストリーム系のような雰囲気で強調した正統派ヘヴィメタルですので、たぶん当店では今回入荷した中で一番スルーされる確率の高い内容ですが、しかしこのCDがあったからこそ、当店でもこのバンドを入れてみよう!と思い立ったのです。その理由は、もちろんこの凄まじいジャケのセンスです。ジャーマン・デス・メタルのメガレア盤 アクセサリーのCDを初めて見たとき以来の衝撃でした。メンバーが当時何歳だったか知らないけど、いい大人が数人集まって、こんな凄いジャケが却下されずに作品化されるなんて、もうその時点でミラクルを起こしている名作と言えます。しかもこのジャケでありながら、サウンド面では成長してるからまた凄い!!ハードポップ・メタル・ナンバーも導入して大衆迎合型メタルへとセルアウトしただけかと思いきや、プログレッシブなスピード・メタル・ナンバーや、初期のシケた抒情も漂わせていて、80~90年代のクサレ・メタル・ファンにはたまらない作品となっています。



luzbel-el.jpg



・LUZBEL - El Comienzo CD 税込1,944円 (Discos y Cintas Denver)

こちらは1997年のリリースですが、内容は1stアルバム Pasaporte al infierno以前の音源をまとめたもので、中心メンバーのギタリスト Raul Fernandez Grenas氏が参加していたREDというバンドの1981年デモ3曲と、LUZBEL始動後1983年に録音されながらお蔵入りとなった9曲の全12曲入りCDです。お蔵入り音源はもともと1stアルバム用に録音されたものでしたが、その録音後にVo.が替わってしまったために封印されたそうです。

最初に収録されてるREDの音源3曲は、他のLUZBEL作品に共通するクサレたエピックはほとんど感じられず、もっとドライブ感の強い疾走ハードロッキン・メタルで、しかもまるで感触がNWOBHMまんまです。と思ったら、実はこのREDはメキシコのヘヴィメタル・バンドではなく、Raul Fernandez Grenas氏がイギリス滞在時期に加入していた、正真正銘のウルトラ・オブスキュアNWOBHMだそうです。当時の他のNWOBHMバンドと比べてパンクからの影響も強く打ち出していたそうで、確かに2曲目と3曲目の疾走感は1981年のものとしては驚異的と言えるスピードです。MOTORHEADが極悪ライブをリリースし、DISCHARGEはWhyを発表、EXCITERやACIDのようなスピード・メタル・バンドに至ってはまだ作品を発表する以前の1981年に、こんなタイトでアグレッシブにプレ・スラッシュな猛スピードのNWOBHMバンドが存在したなんて、これはちょっと凄い発見なのではないでしょうか?そして4曲目以降のオリジナルLUZBELの音源に突入すると、1stアルバム Pasaporte al infiernoにも通じるあの極上のシケた叙情に、Vo.が違うせいかNWOBHMの哀愁にも近くて、これまた絶品。LUZBEL期の音源は、もちろんスペイン語Vo.中心です。オブスキュア・メタル発掘マニアにオススメのグレートなコンピレーションCDです!!


* 再生に支障のないスリキズが多いディスクもありますので、なるべくキレイなものから販売致します。



crazulazy-que.jpg



・CRAZY LAZY - ¡Que Viva El Rock! DIGIPACK CD 税込2,484円 (Unimusik)

カルト・メタル・マニア憧れのメキシカン・メタル・メガレア・クラシック CRAZY LAZYのオフィシャル再発盤CD!!ブートレグも出回ってたようですが、こちらはオフィシャルでリリースされた2013年版デジパックです。2000年代初め頃にメタルのメキシコ盤LPデッドストックがいろいろ入荷してたあの頃となんら変わらない、メキシコ特有の厚めの硬いシュリンク・ラップで超タイトにシールドされてますので、新品未開封ながら既にジャケが波打ってます。LPの時代は、この超キツキツ・シールドが盤反りの原因にもなってたから、メキシコの工場は全く成長していませんが、そんなことはこの際問題ありません。CDは反らないでしょうから。2013年リリースながら、日本国内のヘヴィメタル専門店でもなかなか入荷しずらい再発盤のようですので、ぜひこの機会に入手してください。

とりあえず、このジャケ一発で決まりでしょう。ヘヴィメタルのレコードが好きならば、これを見て衝撃を受けないはずがありません。しかもこのジャケで、サウンドはかなりアダルトなシケシケ・メタルと来たもんだ!!3曲目なんか、WHITESNAKEとか意識したブルージー・ロックになるんでしょうか?この究極のアンバランス感、完璧に素晴らしい。LPチョー欲しい!!!!!


04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR