RECORD BOY

Crust War new releases


life-zudaskrust-ep.jpg



・LIFE / ZUDAS KRUST - Split 7" 税込1,080円 (Crust War)

東京ハードコア・パンク LIFEの、2015年東南アジア・ツアーの際にカセットでリリースされたインドネシア・ジャカルタのクラスト・パンク・ハードコア・バンド ZUDAS KRUSTとのSplit EPが、Crust War他海外レーベル協賛でアナログ盤EPとしてリリース!!

LIFEはドラマーが変わって最初の音源。個性的過ぎる各パートの中でも、ロウなドラミングは最大の特徴であり魅力でもあったLIFEのサウンドに整合感が生まれて、メタルコア・ロウ・パンク・スラッシュとして劇的に激化しています!!ダーティーな演奏とノイジーな感触はそのままですので、クラスト・ファンからメタルコア・ファンまで必聴の新録2曲です。

ZUDAS KRUSTは日本のクラストコアにも影響されたようなスタイルですが、最近アメリカに多いロウ・パンク・ノイズ・スラッシュなヤツじゃなくて、DOOMとDISORDERのミックスみたいな感じもあるし、FRAMTIDの影響も強そうで、ちょっと懐かしいタイプです。欧米クラスト・シーンのトレンドとは無縁ながら、未熟な感じやモッサリした鈍臭さもなくて、気合いとひたむさが良い感じで表現されていると思います。



enzyme-abuse.jpg



・ENZYME - Abuse of Power 7" 税込1,080円 (Crust War)

ex. PISSCHRIST, KROMOSOMのVo.のYeap氏がギターを担当するオーストラリア・メルボルンのハードコア・パンク・バンドの1st 7"が、Yeap氏のHardcore Victimと日本のCrust Warの共同でリリース。今までにCrust Warが海外バンドをリリースしたのは、確かいくつかのレジェンド・バンドの再発だけだったと思うので、共同リリースとは言えCrust Warによる海外現行バンドの作品はこれが初ではないでしょうか。


ex-PISSCHRIST, KROMOSOMのボーカリストとして過去4度のジャパンツアーを敢行し、HUMAN WARHEAD/人間核弾頭と言う危険な異名をここ日本でも轟かせるYEAPが新たに始動させたメルボルンクラストパンク新鋭!

アメリカとオーストラリアのレーベルからそれぞれ発売された1st demoをすぐにSOLD OUTさせて、俄 然勢いに乗るこの絶好のタイミングで完成した1stシングルを、CRUST WARと、YEAP自身によるHARDCORE VICTIMとの合作でリリース!

YEAPがギターを担当するそのサウンドは、中音域が強調され、ぶりんぶりんに転げ回る特徴的なベースラインを核にし、洪水のごとく撒き散らされるウルトラノイズギターに猪突猛進する手数の多いドラミング、その上を完全アウトオブコントロール状態で所構わずフラストレーションをぶちまけるボーカリストの獰猛な咆哮が大暴れし、その狂おしいまでのTOTAL CONFUSE WORSHIPなサウンドを アナーキックに炸裂させる殺傷能力抜群オージー産FALLOUT PUNK ATTACK 2017! 

その一切の容赦の無い爆裂混沌ノイズコア連打連打連打で襲いかかり、我々の脳内意識を洗脳し支配する空虚、闇、抑圧、苦痛、絶望、、、

そうThis is ABUSE OF FUCKIN' POWERAAARRRGGGHHH!!!! 全5曲 収録!



Japanese Hardcore Punks!!


crusade-stay-tape.jpg

・CRUSADE - Stay Free TAPE 税込864円 (Virus)

以前にC.F.D.L., RESULTのTakeshi氏のレーベルからCDでリリースされた伝説の大阪女性ハードコア・パンクのディスコグラフィー・アルバムが、マレーシアのレーベルからカセット・バージョン発売!!

”数々のリリースオファーを断り続け、数少ないダビング・デモしか残らない蜃気楼の様な幻の4人組CRUST COREバンド!!!!”と、INFERNO PUNX写真集で掲載されて、関西以外の人にもその存在が知れ渡ったバンドです。サウンドはいかにもジャパニーズ・クラストコア黎明期なロウ・ハードコア・パンクで、デモのプロデュースをJohnio氏が担当してたのも影響してるのでしょうが、DISORDER系統のUKクラストコアのロウ・ノイジーなアグレッションとジャパニーズ・ハードコアの獰猛なレイジング・スラッシュが混ざり合って爆発したようなスタイルは、初期GLOOMと通じる点も多く感じます。また、タイプは違いますが、東京のACIDやMACROFARGEなど、ジャパニーズ・ハードコアにノイズコアやクラストコアなどUKのステンチ・パンクの要素をイチ早く導入した当時の日本のバンドが好きな人にもぜひ聴いてほしいです。まだクラストコアという概念が定まっていなかった当時、女性だけでこのバイオレントなロウ・ノイジー・ハードコアは相当衝撃的だったでしょう!!



punhalada-minority.jpg



・PUNHALADA - Minority Pride CD 税込1,620円 (Chain Of Despair)

Karasu Killer RecordsもやってたRafael氏も当初参加して2012年に名古屋で結成された日本&ブラジル混成バンドの2017年発表7曲入りCD。これまでにGrind Bastardsシリーズcomp.にも参加してきましたが、Rafael氏の帰国に伴うメンバーチェンジ後、新体制での初作品となります。

よりメタリックなギターが強調されたクロスオーバー・スラッシュ路線ですが、ハードコアの獰猛性とテクニカルな演奏/曲構成もさらに磨きがかかり、アグレッシブなスラッシュが好きなメタル・ヘッズにもオススメの激烈クロスオーバー作品に仕上がっています!!

Beyond the Thrash!!


deathstorm-stormingthegaloows.jpg



・DEATHSTORM - Storming The Gallows CD 税込1,620円 (I Hate)

2011年にI Hate RecordsからStorming with Menace MLPでデビューしたオーストリア産スラッシュ・メタル DEATHSTORMの、これまで未CD化音源だった前述1st MLPと2015年発表 The Gallows EP 10"をカップリングしたCDがI Hate Recordsからリリース。


1. Tales Of The Undead (Storming with Menace MLP)
2. Demonic Possession (Storming with Menace MLP)
3. Selfworth Extinction (Storming with Menace MLP)
4. Prepare For The Slaughter (Storming with Menace MLP)
5. Consummate Horror (The Gallows 10")
6. From Oblivion (The Gallows 10")
7. Burial Ritual (The Gallows 10")
8. Massgrave (The Gallows 10")


KREATOR愛を惜しげもなく丸出しにしたタイトルとサウンドでデビューした1st MLPは、Pleasure to Kilの頃のプレ・デス・メタルなリフ・ワークの落下型スラッシュを、Terrible Certaintyの頃のバッキバキ・ソリッドなアグレッションでぶちまけたようで、KREATORがいちばんやかましくて速かった頃を狙っていましたが、線が細いくせにミレ型吐き捨てを通り越して裏返っちゃってるような衝動剥き出しシャウトVo.が微笑ましくも若さ全開でした。その後はVo.も含め飛躍的に成長し、大傑作1stフル・アルバム As Death Awakesを発表。続いて2015年に発表したThe Gallows 10"ではツイン・ギターの4人編成となって、ロゴからも匂わせていたHYPNOSIAスタイルのKREATOR影響下デスラッシュへと進化。Terrible Certaintyの頃のKREATORに近い馬力型のデスラッシュが以前は最大の魅力でしたが、MERCILESSやHYPNOSIAなどの突進スウェディッシュ・デスラッシュに、ちょっとNIFELHEIM的イーヴィルなフレーバーもトッピングしたような感じになっています。しかし馬力は全く衰えていなくて、ホントこのパワーは素晴らしい!!ドラムのパワーが相変わらずなので、やっぱりTerrible Certainty時のKREATORがイーヴィルになったような雰囲気は失っていません。ユーロ・デスラッシュを正統的に継承するバンドでは、現在確実に上位に位置する最有望株です!!



cruz-culto.jpg



・CRUZ - Culto Abysmal LP 税込2,484円 (To The Death)

MORBID FLESHメンバーも当初参加していた2013年結成スペイン・バルセロナ出身デス・メタルの1stアルバムLPが、スウェーデンの老舗レーベル To The Deathなど3レーベル共同でリリース。今回はクリア・ホワイト・ビニールでの入荷です。

スペインのデス・メタル・バンドらしい直球勝負のオールドスクール・スタイルで、Memento Moli, Me Saco Un Ojo, Dark Descentなどのファンは注目のバンドですが、MIASMAL, DISRUPTED, UNDEAD CREEPあたり以来の爽快なまでの疾走感なので、ハードコアなデス・メタル好きにもぜひチェックしていただきたいです。レコーディングはGRAVEYARDのJavi Bastard氏のMoontowerスタジオで、もちろん録音もJavi Bastard氏が担当。GRAVEYARD, MORBID FLESH, ATARAXYなどに続くスパニッシュ・オールドスクール・デス・メタル期待の注目株!!



rust-tothe.jpg



・Rust - To The Continuous cold 7" 税込972円 (To The Death)

これまでPlague Island Recordsを活動拠点レーベルとして、それら過去作品はいずれも大好評だったスウェディッシュ・スラッシュ・ブラック・メタル RUSTが、今回はスウェディッシュ・デス・メタル老舗レーベル To The Deathから2曲入り新作7"をリリース。限定298枚プレスで、今回はそのうちのltd.150枚ホワイト・ビニールで入荷しました。

To The Deathに移籍してもサウンドは全く変わっていなく、スウェディッシュでありながらノルウェー・ブラック・スラッシュ・メタル・ファンに絶対オススメの内容です。以前からDEATHHAMMER, NEKROMANTHEON, BLACK MAGIC, DARKTHRONEなどのノルウェー・シーンとの親交が深かったバンドで、サウンドもまるで初期AURA NOIRからKolbotn Thrashers Union勢力に代表される若手ノルウェー・スラッシュ・メタルまでを凝縮したようなスタイルです。WHIPLASHとDESTRUCIONのミックスのようなリフで構成し、BATHORYとSODOMの中間のようなサタニック・イーヴィルなムードを爆発させながら突き進む、これぞ北欧フリージング・ネクロ・スラッシュ・メタル!!DARKTHRONEみたいなフォト・セッションも素晴らしい。



mordant-demonic.jpg



・MORDANT - Demonic Satanic CD 税込1,944円 (To The Death)

スウェディッシュ・ブラック・スピード・メタル、MORDANTの2016年発表2ndフル・アルバムCD。1997年に結成されたベテランで、NIFELHEIMとも親交の深いバンドですが、近年はVo.のBonfire氏のSABBAT親衛隊長のようなキャラクターが、日本のダイハード・バンガーズにも良く知られています。

BATHORY, MERCYFUL FATE, NIFELHEIM, そしてSABBAT。この四天王とその関連バンドの要素だけあれば他は一切必要としないような、非常にシンプルな楽曲で王道のフレーズとキメを連発しまくる、今回も期待通りの内容です。サタニック・メタルの教科書のようなトレモロ・ギターは非テクニカルで、聴いてて笑っちゃうくらい全く大したことをやってないのに、スラッシュ以降の音の濃密さを頑なに拒絶して各パートのプレイはバツグンに小気味良く、バンドとしてのまとまりが本当に素晴らしいアルバムです。これぞ北欧サタニック・スピード・メタル様式の美学!!オッサンがたには大推薦です!!



transilvania-morbid.jpg



・TRANSILVANIA - Morbid Majesty LP 税込2,592円 (Temple of Darkness)

オーストリア出身ブラック・メタル・バンドの2015年に発表した4曲入り1stデモを、スペインのTemple of Darknessが限定500枚パープル・ビニールのアナログ盤で再発。スウェーデンのVAMPIREのブレイクや、ブラック・メタル・レジェンド達を先輩とするノルウェーの若手スラッシュ・メタル・シーン活性化以降、ヨーロピアン・アンダーグラウンド・オカルト・メタルのムーブメントとオールドスクール・スピード・メタル・シーンの併走は良い相乗効果を生んでいますが、このオーストリアのTRANSILVANIAはそれらのバンドとは違った感覚で、かなり新鮮です。ちょっと今後の台風の目となってもいいくらい、非常に気になる新鋭の登場です。ポスター付き。

サウンドは北欧テイストの強いロウ&ノイジーな爆音で、Vo.も完全なブラック・メタル・スタイル。しかしSADOKISTやKALTERITなどのフィンランドのバンドのようなスカムなハーシュ感覚は皆無で、メロディーはとてもノスタルジックな郷愁が漂います。この哀愁が、北欧で言えばスウェディッシュ・ブラック・メタルあたりが近いのかもだけど、極寒メランコリックと言うよりも、ABSURDやMOONBLOODなんかのジャーマン・ブラック系の牧歌旋律にも近いのが最高です。上手く言えませんが、レーベルの解説の通り、BATHORY, MAYHEM, DARKTHRONE, MOONBLOODファンにオススメ、というのが最終的に一番的確かもですが、そこにスピード・メタル・テイスト増量、と言うのも付け加えたい。とにかくこれは非常に面白い!!要注目です!!

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR