RECORD BOY

ゴールデンウィーク中は休まず営業します


boytag-gold.jpg

毎週水曜は定休日としていますが、今週の水曜日 5月3日の憲法記念日は営業致します。
ゴールデンウィーク中は休まず営業致しますので、ご来店お待ちしています。

Death Cult from the Graves!!


crimsonmoon-toembrcae-lp.jpg



・CRIMSON MOON - To Embrace the Vampyric Blood LP 税込3,240円 (GoatowaRex)

1994年にサンディエゴで結成され、USブラック・メタル(現在はドイツを拠点に活動)バンドではカルトな重鎮としてアンダーグラウンドに君臨するCRIMSON MOONの1996年発表1stアルバムが、GoatwaRexから初ヴィニール化再発。GoatowaRexはSATANIC WARMASTERやDROWNING THE LIGHTなどの超限定リリースで知られるカルト・レーベルで、プレス枚数が毎度少ないためお値段は安くはないですが、相変わらず流通は非常に薄いですから、真性ブラック・メタル・ヴィニール・マニアはしっかり確保してください。ジャケ・アートと歌詞を両面プリントしたA3サイズのミニ・ポスター状インナーと帯付のレッド・ビニールで、限定200枚プレスです。

JUDAS ISCARIOTやBLACK FUNERALといった同期のアメリカン・ブラック・メタルよりもシンフォニックなキーボードの印象が強いブラック・メタルながら、非常にアングラ臭の強いサウンドで、昨年2016年に前作から10年以上ぶりとなる3rdアルバムをオーストラリアのDark Adversaryから発表しましたが、Dark Adversary看板バンドのDROWNING THE LIGHTにも通じる必殺級メランコリック・ブラックのUSカルト・ロウ・ブラック版のような感じもあります。ファストなパートは鋭い激烈さではなく、鈍いロウ・パウンディングなビートで、キーボードをこれだけ前面に出してても、EMPERORやLIMBONIC ARTのような荘厳さや神秘性とはまるで違ってしまってるところが、北欧シンフォニック・ブラック・メタル信者良識派からは眉をひそめられる所以なのでしょう。しかし、だからこそGoatwaRexのような真性地下ブラック・メタル・ダイハード・レーベルから再発されるわけです。GRAVELANDなどのファンにもオススメの初期USブラック・メタル・カルト・クラシック!!



demoncy-within-diehardlp.jpg



・DEMONCY - Within the Sylvan Realms of Frost DIE HARD LP 税込3,240円 / REGULAR LP RED VINYL 税込2,592円 / CD (税込1,620円 (Nuclear War Now!)

アメリカのカルト・ブラック・メタルを代表するバンドの一つ、DEMONCYの1999年発表1stアルバムが、NWN!から再発。オリジナル・セッションの1995年~1996年録音6曲収録。ダイハード・バージョンLPはシルバー・ビニールで、パッチとステッカー付き。レギュラー・バージョンLPは限定レッド・ビニールで入荷しました。

初期PROFANATICAにも在籍したIxithra氏を中心としたバンドで、プリミティブ・ブラック・メタル・マニアに絶大な人気を誇りますが、この1stアルバムは先にNWN!が再発したFaustian Dawnデモのジメジメ・クリプティックなダークネスや、この後に発表した2ndアルバム Joined In Darknessでの鉛のような超ド級暗黒塊のような感触とも違い、冷たくメランコリックな旋律のアメリカン・ブラック・メタル名作です。キーボードが薄っすらと覆う悲哀ブラック・メタルながら非常にカルト臭が強く、スウェディッシュ・ブラック系のような突き刺さる感じのフリージング・ブラックではなく、ノルウェーやフィンランドの初期ブラック・メタル・バンドの不穏さにも通じるカッコよさがあります。そこに、ブラック・メタルの邪悪性を増幅させたような、いかにもアメリカン・アンダーグラウンドらしい感覚も加わっています。北欧ファンもアメリカン・カルト・ブラック・ファンも必聴の初期ブラック・メタル・マスターピース!!



infester-usa-tothedepths.jpg



・INFESTER (USA) - To the Depths, in Degradation CD 税込1,836円 (Martyrdoom prod.)

今年上半期のデス・メタル・リイシューではダントツの話題性&注目度と言っても過言ではない、USシアトルのINFESTERの1994年発表アルバム再発盤がようやく到着しました。2月あたりから熱心なデス・メタル・ファンの方からお問い合わせをいただいてて、調べたら海外でも各地のディトロ/ショップでは大いに盛り上がっていて、売り切れ/再入荷を繰り返してた大ヒット・リリースです。それもそのはずで、オリジナルのMoribund盤CDはデス・メタル・コレクターには大人気のレア盤として1万円以上で取引されてきたカルト・クラシックです。初ヴィニール化のアナログ盤がアップ前にお問い合わせと店頭で早々に売り切れましたので、すぐに再入荷手配致します。すみません・・・。

マイナー・メタルのメガレア盤は、時にその内容云々を超越して、なぜかいたってフツーなB級クォリティーがとんでもない値段で取引されることも少なくないですが、このINFESTERに限っては、まさに激レア・カルトになるべくしてなったようなモノ凄い内容です。とにかくとてつもないlow-endデス・メタルで、AUTOPSYやINCANTATIONとは別次元の地獄級暗黒デス・メタル・サウンドが渦巻いています。グラインド・テイストも強いカオティックなつんのめりブラスト・ビートと、USで例えたらROTTREVOREとINCANTATION、フィンランドならDEMILICHとCONVULSEのミックスのような、sicknessの最上級のようなスタイルで、しかもそれらのバンドをも上回るような最低(最も低い)lowestサウンドがとにかく凄い。感触だけで言えば、もはやBLASPHEMYやNUCLEAR DEATH並みです。しかしゲテモノ・ゴアリーになってないのは、sicknessでありながら曲調はグルーミー&ツイステッドな混沌カオスで、とても良く練られているからでしょう。今回再発したのはDEAD CONGREGATIONのMartyrdoom Productionですが、近年のOSDMリバイバル・ムーブメントの中でもNuclear Winter~Martyrdoom Productionがサポートしてきたようなバンド群の深層部を凝縮したようなサウンド。とにかくコレは必聴&Dieeegghh deathh!!!



crematory-theexdium-shirts.jpg

・CREMATORY - The Exodium T-SHIRT 税込2,484円 / LONG SLEEVE SHIRT 税込3,240円 (Necroharmonic)

数年ぶりにNecroharmonic製オフィシャルTシャツ入荷!!!世界中で悪評の高かったNecroharmonicは、「それまで上手く行ってても、Tシャツをオーダーした途端に蟻地獄にハマったようにズルズル抜け出せなくなる」とデス・メタル業界先輩方からアドバイスをもらっていて、実際当店も数年前にいろいろNecroharmonic製のTシャツをオーダーした頃からグダグダになり、他オーダー分の回収に数年掛かりました。なのでNecroharmonic製Tシャツは禁断のマーチャンダイズなのではありますが、性懲りもなくオーダーしてしまいました。今回はオーダー通り入荷してますので、オールドスクール・デス・メタラーはこの機会にぜひどうぞ!!

こちらはカルト・スウェディッシュ・デス・メタル CREMATORYの1990年デモ・アート・デザインTシャツです。ボディはTシャツがFruits Of The LoomのHDコットン、ロング・スリーブがGildanのヘヴィコットンで、サイズはそれぞれS/M/Lの3種入荷。



crematory-wrath-shirts.jpg

・CREMATORY - Wrath from The Unknown T-SHIRT 税込2,484円 / LONG SLEEVE SHIRT 税込3,240円 (Necroharmonic)

こちらはCREMATORYの1991年デモ・アート・デザインTシャツです。ボディはTシャツがFruits Of The LoomのHDコットン、ロング・スリーブがGildanのヘヴィコットンで、サイズはそれぞれS/M/Lの3種入荷。

NEKROFILTH - Devil's Breath + Acid Brain CD


nekrofilth-devils-japancd.jpg



・NEKROFILTH - Devil's Breath + Acid Brain CD 税込1,620円 (Obliteration)

ex. CRUCIFIED MORTALS / NUNSLAUGHTERメンバーによるオハイオ・クリーブランド・デス・パンク・メタルの2013年発表1stアルバムが、2017年5月の来日を前にボーナスも追加した日本盤CDがリリース!!

デス・メタルとハードコアの80年代型クロスオーバーで、SLAUGHTER, REPULSION, N.M.E.などの、あのジャリジャリで汚いサウンドでスラッシュ・リフを繰り出し、ハードコアなコンパクトさと疾走感で駆け抜ける、アグリー・ロウ・デス・メタル・パンク・スラッシュ!!ABSCESSやLOBOTOMIZEDなどのデス・メタル・パンクとは違って、Blaine氏が参加してACCUSEDとMASSACREの合体状態となったDENIAL FIENDみたいなクロスオーバー・パンク・デスや、ADA-MAXなんかのスプラッター・スラッシュ・ファンにもオススメです!!ボーナスのAcid Brain EPがまた良いです。

ANTI SYSTEM - At What Price is Freedom? 12"+CD


antisystem-atwhat.jpg

・ANTI SYSTEM - At What Price is Freedom? 12"+CD 税込1,944円 (Boss Tuneage)

UKHCレジェンド、まさかの復活新作!!!Vo.は替わっていて、さらにドラマーはVARUKERSのKevという編成。たたみかけるような重厚ハードコア・パンク・サウンドが激渋なバンドでしたが、この新作もUKHCプライドを感じさせるレイジング・スラッシュ・サウンドで激しく爆走しています。同内容のCDも付いたアナログ盤で、日本流通は帯付き!!


ANTI SYSTEM is BACK!!!2014年に復活を果たし、現在はオリジナル・メンバーであるVarik、Mick、Markに新しいシンガーであるDean、そしてドラマーにVARKERSのKevというラインナップで精力的にライブを行ってる模様!過去の作品は近年イギリスのANTI-SOCIETYより再発されたのも記憶に新しいですが、初期のアナーコ色の強いハードコアからシンガーが代わり更に怒りを倍増させた重圧な85年のアルバムの延長とも取れる、DISCHARGEを基本にしながら攻撃的でスピーディーなメタリック・スラッシュ・サウンドは健在!不穏なアルペジオでいきなり3分もあるイントロからスタートした時には言葉を失いかけましたが、これぞUKメタリック・スラッシュ・ハードコアな攻撃的かつ性急な新曲3曲に、85年リリースされた1stアルバム『NO LAUGHING MATTER』に収録曲されている“Don't Worry”と“Wot! No Meat?”を再録!“Don't Worry”のオリジナルはツイン・ヴォーカルが捲し立てるスラッシュでしたが、スピード感も増し衰えなど全く感じさせないパワーは十分!“Wot! No Meat?”はよりハードロッキンになってますけど。見た目はかなり典型的なオッサン体系になってもその攻撃性は失なわず! (インフォメーションより)

EL ZINE - Vol.25 BOOK


elzine25.jpg

・EL ZINE - Vol.25 BOOK 税込600円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの、最新号となる#25です。今回はANTI CIMEX & スウェディッシュ・パンク特集!!表紙がいきなりANTI CIMEXのレア・ライブ・フォトで、これはテンションが上がります。他にも東京ステンチコア・グラインド・クラスト ASOCIAL TERROR FABRICATION, SLIGHT SLAPPERSクボタ氏, CDが当店にも入荷してる奈良のネオ・クラスト UNFADEDなどなど!!



●スウェーデン/ヨーテボリ・パンク&ハードコア特集

・Charlie from ANTI CIMEX
(ヨーテボリを拠点に活動していた、スウェディッシュ・ハードコア史上における最重要バンド、ANTI
CIMEX。そのオリジナル・ドラマーであるCharlieへのインタヴュー)

・Roine from PSYCHOTIC YOUTH
(80年代にはTHE ROINE’S KVARTETTというパンク・ロック・バンドでもプレイしていた、現PSYCHOTIC
YOUTHのベーシストにしてヨーテボリ・パンク・シーンの生き字引、Roineへのインタヴュー)

・Sebastian Todor
(80年代にANTI CIMEXやDISARM、ASTA
KASK、SOTLIMPAなど、数多くのハードコア・バンドを撮影していた写真家、Todorへのインタヴュー)

・Johan from PROTESTERA
(ヨーテボリを拠点に活動しているアナーコ・パンク・バンド、PROTESTERAのJohanへのインタヴュー)

・ヨーテボリ・シーン・レポート
(上記のJohanによる、現在のヨーテボリ・ハードコア・パンク・シーンのレポート記事)

・TOP 10 GBG DISCS
(Charlie、Roine、Todor、Johanの4人それぞれに、ヨーテボリ・ハードコア・パンクのレコード、トップ10を挙げてもらいました)

●LEBENDEN TOTEN
(久々となるLPをリリース予定の、ポートランドのノイズ・コア・バンド、LEBENDEN
TOTENのギターのFrankとヴォーカルのChanelへのインタヴュー)

●NON MUSICALLY LIFESTYLE
(「デヴィッド・ボウイはハードコア? デヴィッド・ボウイ大回顧展にて」※発行人の日記です)

●クボタfrom SLIGHT SLAPPERS
(日本が世界に誇るパワーヴァイオレンス・バンド、SLIGHT
SLAPPERSのクボタ氏に、スラスラ/パワーヴァイオレンス/そしてクボタ氏と発行人が暮らす東京都福生市について、インタヴューしてみました)

●ASOCIAL TERROR FABRICATION
(東京のクラスト・バンド、ASOCIAL TERROR FABRICATIONへのインタヴューby 鈴木智士氏)

●Chiro vs Morley
(DJや写真家、アーティストなどとして活動しているChiroこと吉河千尋さんと、毎度お馴染みOverthrow
RecordsのMorleyこと森下篤さんによる対談)

●UNFADED
(初音源となる「漆黒」EPをリリースした、奈良県発のネオ・クラスト・バンド、UNFADEDへのインタヴュー)

●LASHING SPEED DEMONS:BLACK SABBATH
(BLACK SABBATHの詳細なバイオグラフィーby 大越よしはる氏)

●ES GIBT KEIN WERT
(発行人によるディスク・レヴュー)

Witches Brew Records!!




毎週水曜は定休日ですが、またしてもWitches Brew商品がたくさん入荷してたので先ほどカートアップ致しました。多数入荷ではありますが、大量入荷とは言いません。各タイトル少しずつの入荷です。もう、Witches Brew、出し過ぎなんだよ!!爆撃でいつ死ぬかわからないくらいこんな苦しい時に、Witches Brewのウルトラ・ハイ・ペースなんかに付いていく人なんて居るとも思いませんが、お賽銭箱に5千円くらい放り込むようなドキドキ、つまり良い行いなのか金をドブに捨ててるのかよくわかんないようなスリルを死ぬまでに1度くらいは味わいたいような人には絶対にオススメです。ちゃんと良いのもあるし、フツーのもあるし、どーでもいいのもあるし、今回も実にWitches Brewクォリティーな作品ばかりなので、Witches Brewファンは全部買いです。持っててももう1枚買いです。受注対応は明日木曜日以降になります。


evilforce-banging.jpg



・EVIL FORCE - Banging On The Pentagram CD 税込1,620円 (Witches Brew)

パラグアイのスラッシュ・メタル・バンドの8曲入りアルバムCDです。PYOVELIとのSplitで当店には初めて入荷しましたが、2005年に結成されたバンドで、ポンコツじゃないアグレッシブな演奏はなかなかのものがあります。ちょっとクサいフレーズも絡めて突進する、DARKNESSやASSASSINなどのジャーマン型スラッシュ・メタル・ファンにオススメ!!



toxica-ahogados.jpg



・TOXICA - Ahogados En Contaminacion CD 税込1,620円 (Witches Brew)

アルゼンチンのスラッシュ・メタルの1stアルバムCDです。もうジャケとロゴの雰囲気で創造した通りのスラッシュ・メタルで、ベイエリア・スラッシュ系のクランチ・リフでスピード感はハードコアな突進力の、若々しい南米産スラッシュ・メタル。VIOLATORやSTRIKEMASTERなどの南米スラッシュ・メタル・ファンにオススメです!!



tumourboy-damaged.jpg



・TUMOURBOY - Damaged System CD 税込1,620円 (Witches Brew)

中国北京のヤング・スラッシュ・メタル1stアルバム!!テクニカルなリフとメロディックなギターも聴かせる正統派オールドスクール・スラッシュ・メタルで、やはり同じ極東地域ということもあって、日本のバンドにもかなり近い気がします。日本のスラッシュ・メタルが好きならば、絶対に聴くべきだと思います。



hellfire-ukraine-goat.jpg



・HELLFIRE (Ukraine) - Goat Revenge CD 税込1,620円 (Witches Brew)

2014年結成ウクライナのブラック・メタルの8曲入りデビューCDです。2014年結成でこのジャケですからWitches Brewファンの期待は高まりますが、良い意味で期待を裏切る内容です。演奏や楽曲もデビュー作にしては申し分ないレベルで、パンク色は無いですがネクロ・スラッシュ色を強めて以降のDARKTHRONEからの強いを影響を感じさせるバンドで、曲によってブラック寄りだったりスラッシュ寄りだったりします。



stormdeath-time.jpg



・STORMDEATH - Time To Destroy CD 税込1,620円 (Witches Brew)

2008年結成スウェディッシュ・スラッシュ・スピード・メタルの1stアルバムCDです。貧弱なWitches Brewクォリティーが期待されるジャケとバンド名のセンスですが、ギター&ボーカルの人はPAGAN RITESやSTYGGELSEなどもやってるスウェディッシュ・デス/スラッシュ・メタル・シーン中堅ミュージシャン達です。サウンドは正統派鋼鉄リフで構成されたスラッシュ/スピード・メタルで、スウェディッシュ革ジャンとウェスタン・ブーツでビシッときまってて、Vo.の声質がちょっとエンジェルリッパーにも似てるので、SODOM影響下でlessパンキーに鋼鉄度数アップなアカ抜けない男臭さが魅力です。



spiritbell-guided.jpg



・SPIRITBELL - Guided By Evil Light CD 税込1,620円 (Witches Brew)

ハンガリー出身ヘヴィメタル・バンドの新録5曲/2016年未発表曲デモ/2012年デモ/CIRITH UNGOLのカバーを収録した10曲入りCDです。カバーから察しのつく通りエピック系の正統派メタルで、スロウな曲はないですが、TROUBLEっぽいサバス型のヘヴィなリフはほとんどドゥーム・メタルとも言える感触です。で、これがけっこうカッコいい。DREAM DEATHが遅いスラッシュなら、本編の前半5曲は「遅くないドゥーム」みたいな感じでかなり渋いのではないでしょうか?などと思ってたら、6曲目からいきなりヘヴィメタル専門店BGMのようなメロスピって言うのかな?仰々しくドラマチックな疾走ナンバーになって、よくわからんバンドです。



theevildead-earth.jpg



・the EVIL DEAD - Earth Inferno CD 税込1,620円 (Witches Brew)

アルゼンチン・ブエノスアイレスのバンドの2ndアルバムCDです。没個性に特化するWitches Brewから時々飛び出すストレンジ・バンドは非常に面白いですが、このバンドはまさにそれです。デス/スラッシュ・メタリックな質感ながらヴィンテージなハードロッキン・エピック・フレーズをビシビシ導入してくる独特のスタイルで、Vo.も吐き捨て型シャウト。まるでCARCASSとSLOUG FEGのミックスのような感じで、これがあるからWitches Brewはやめられないんです!!今回のWitches Brew入荷中一番のクセものにして個人的大当たりのデスラッシング・エピック・ハードロック!!

Japanese Metal!!


oidaki-sulphur.jpg

・OiDAKi - Sulphur Pusher DIGIPACK CD 税込1,620円 (Birdland)

これまでにSplitやデモが入荷していた仙台のドゥーム・スラッジ・バンド OiDAKiが7曲入りの1stアルバムCDを発表。SLEEPやCHURCH OF MISERYなどの影響を感じさせるブルージーなドゥーム・パートを軸に、ドライヴィンな疾走感やパワー・バイオレンスなスラッジ・グラインド・パートなど、ブルージー・ドゥームを土台に様々なアプローチで迫る集大成のような力作に仕上がっています。USオークランドのBRAINOILとかが好きな人にはかなりオススメ!!



orphansorphnoch-st.jpg

・ORPHANS ORPHNOCH -S/T CD 税込1,000円 (Black Satan)

東京ブラック・メタル APOLOGISTのVo.によるプロジェクトの全10曲入りスリムケースCD。エピックなペイガン・メタル調のバックに日本語詞のメロディックなVo.を乗せて、APOLOGISTとは違った1面を見せています。

Anti-Goth!!


sacrificio-guerra.jpg




・SACRIFICIO - Guerra Eterna DIE HARD LP 税込3,996円 / REGULAR LP 税込2,484 / CD 税込1,620円 (Nuclear War Now!)

インパクトのデカいルックスも話題を呼んで前作が大好評だったスペイン・マドリード出身3人組デス・ブラック・メタル・バンド SACRIFICIOが、1stフル・アルバムをNWNとIron Boneheadの共同でリリース。ダイハード・バージョンLPはレッド・ビニールで、ステッカーとダイカスト・メタル・ピンバッジが付きます。

レザー/スタッズ/チェーン、そして鉄仮面武装のファッションは今回も徹していますが、デビュー当時はあまり公にしていなかったその正体は今はもうほぼバレバレで、やはり全員がPROCLAMATIONの連中(ウチ1人はTEITANBLOODもやってます)でした。しかし、BLASPHEMYウォーシップとしてRoss Bay Cultもいち早く認定した初期PROCLAMATION連中のメタル土壌が、このSACRIFICIOで表現してるところの80'sスラッシュ・メタルにあったという事実は、やはり非常に興味深いです。今回もどこかで聴いたことのあるリフやフレーズがポンポン飛び出しながら、VENOM, BATHORY, CELTIC FROST, DESTRCTION, BULLDOZER, SARCOFAGO, etcの影響を爆発させています。スペイン語Vo.が野蛮性を盛り立ててるので、ちょっとチリあたりの南米バンドがスウェーデンのMORDANTみたいな感覚でやってるようにも聴こえました。NWNファンはもちろん、ヨーロッパで盛り上がる昨今のブラック・スピード・メタルが好きな人にもオススメです!!



holocausto-warmetal.jpg



・HOLOCAUSTO - War Metal Massacre DIE HARD LP 税込3,564円 / REGULAR LP RED VINYL 税込2,808円 / CD 税込1,620 (Nuclear War Now!)

先にNuclear War Now! Fest 2016会場販売用限定100枚ピクチャー盤LPで極少量入荷していたブラジリアン・ウォー・デスラッシュ・メタル・カルト HOLOCAUSTOの8曲入り新作です。ダイハード・バージョンはグリーン・ビニールで、ステッカーとパッチが付きます。レギュラー・バージョンLPは限定レッド・ビニールで入荷しました。

2005年の復活第一弾作品 De Volta ao Frontアルバムは、スラッシュなキャッチーさで南米デスっぽい曲調もあったりする、言わばベスチャル・クロスオーバー・デスラッシュとでも呼べそうな独特の内容でしたが、今回はジャケットから既に初期のあの凶暴なサウンドを期待させてくれます。前半の3曲が最凶カルト・クラシック1stアルバム Campo de Exterminioからの再録なので、1stアルバムのオマージュのようなこのジャケ・アートになってるわけですが、これが完全に期待を上回るカッコよさでガッツポーズ!!SODOM型のカオティック・デスラッシュを、現行バンド(notモダン)らしいダイナミックなサウンドと演奏力で爆発させたような仕上がりになっていて、しかも後半の3曲が前半の再録曲からの流れで聴いてても全く遜色のないベスチャル・デスラッシュでこれまたカッコいい!!!666!!!SODOMで例えたら、初期曲再録もアップグレードして激渋スラッシュに生まれ変わったExpurse of Sodomy EPのような感じでしょうか。とにかく、期待以上の傑作デス!!



ritesofthy-artispatial.jpg



・RITES OF THY DEGRINGOLADE - Arch Spatial LP 税込2,592円 (Nuclear War Now!)

遂に復活を果たし、およそ10年ぶりに新曲デモも発表したRITES OF THY DEGRINGOLADEの、デモ/EP/未発表をまとめたコンピレーション・アルバムがNWNからリリース。アナログ盤は限定250枚プレスでダイハード・バージョンは存在せず、パッチとステッカーが付きます。


1. Arch Spatial (Totality recording session 2001)
2. Totalitys Kommand (Totalitys Kommand 7″)
3. Ad Infinitum (Totalitys Kommand 7″)
4. Succubus (Totalitys Kommand 7″)
5. Rites of Thy Degringolade (1999 Demo)
6. Nay I bellow (1999 Demo)
7. Who Hath Employed the Labyrinth of Utter Turmoil (1999 Demo)
8. For I have Cast Sand Into Thine Eye, Yet Thy Vision is so Serene (1999 Demo)


SACRAMENTARY ABOLISHMENT (後のAXIS OF ADVANCE)でドラムを担当していた Paulus Kressman氏がソロ・プロジェクト的に1997年に始めたカナディアン・デス・ブラック・メタル・バンドで、2001年に発表したAn Ode To Sinアルバムは、後の北米デス・ブラック・メタル・ムーブメントを予見したような、カオスと激烈の果てに黄昏も見え隠れする独特の暗黒世界を構築して、現役のカナディアン・デス/ブラック・メタル・ミュージシャンに大きな影響を与えているレジェンド・バンドです。このコレクション・アルバムに収録されてるTotality's Kommand 7"EPは比較的入手しやすかったので持ってる人も少なくないかと思いますが、久しぶりに聴いてもホントかっこいい。畳みかけるようなPaulus Kressman氏のドラミングで演奏は切れ味鋭く、オールドスクールなテクニカル・デス・メタル土台の楽曲に、カオスとエピックのブラック・メタル要素を完璧に導入しています。そして今回初めて聴くことが出来た1stデモは、予想以上にブラック・メタリックな邪悪コールドネスが強く、しかしプリミティブではなくて、これもまた激渋カッコいい!!北米デス・ブラック・メタルを語る上で、絶対に外せない重要バンドの一つです。



bestialraids-mastersatans.jpg



・BESTIAL RAIDS - Master Satan's Witchery DIE HARD LP + T-SHIRT 税込3,996円 / REGULAR LP CLEAR VINYL 税込 \2,592円 / CD 税込1,620円 (Nuclear War Now!)

今やポーランドを代表するベスチャル・ブラック・デス・メタルと呼んでも過言ではないBESTIAL RAIDSの2017年発表新作3rdアルバムです。ダイハード・バージョンLPはシルバー・ビニールで、付属品はステッカーとTシャツ!!SサイズとMサイズが入荷しています。レギュラー・バージョンLPは限定クリア・ビニールで入荷しました。

今回も流行に流されない暗黒デス・ブラック・メタル炸裂で、ベスチャル・メタル・ファン必聴の内容です。フィンランドやデンマークなどの北欧ベスチャル・デス・ブラック・メタルよりもグラインド感の強い極黒音塊は、REVENGEやCONQUERORなどのBLASPHEMY系統ウォー・ブラック・メタルからの影響を強く感じさせます。しかしREVENGEのようなインプロ・グラインディングや、CONQUERORのようなカオティックな感じとちょっと違い、本家BLASPHEMYの黒音塊を、東欧(not北欧の極寒)らしい人間味のない冷徹な黒さで包んで、なおかつ演奏も畳みかけるようなアグレッションで、日本では全く人気ないけどNWNオーナー氏が一貫してサポートするのが完全に納得できるかっこよさデス!!



pervertedceremony-sabbatof.jpg



・PERVERTED CEREMONY - Sabbat of Behezael TAPE 税込972円 (Nuclear War Now!)

デビュー・デモ・カセットもNWNからリリースしていたベルギー出身ブラック・メタルの9曲入り1stフル・アルバム・カセットです。今後ヴィニール・バージョンの発売も予定していますが、実は話題のプロジェクト DEATH WORSHIPに次いでこのところ問い合わせの多かったNWNリリースがこのPERVERTED CEREMONYの1stアルバムで、欧州産真性ブラック・メタル・マニアには既にかなり高く評価されているようです。

BEHERIT, DEMONCY, ARCHGOAT, PROFANATICAに影響され、それらのミックスを目指してるそうで、確かにプリミティブな鈍さと冷たさが同居したベスチャル・ウォー・ブラック・メタルは、SADOMATORのような北欧バンドが好きな人にオススメですし、隣国オランダのカルト・ブラックのような前衛性もどこか漂います。ノイズ寄りウォー・ベスチャル・デス・ブラック・メタル・ファン要注目!!



necrosic-putrid.jpg



・NECROSIC - Putrid Decimation CD 税込1,620円 (Nuclear War Now!)

AUTOPSYのギタリスト Eric Cutler氏が参加するUSカリフォルニア・オークランドの新鋭デス・メタル・バンドの4曲入りデビュー作がNWN!からリリース。アナログ盤が1年前に出てましたが、CDもようやく入荷しました。

他メンバーもカリフォルニアのデス・メタル・シーンで活動してきた面々で、Vo.はRazorbackの看板バンド GHOULやIMPALED,さらにはメタルクラストのSTORMCROWなどもやってた人だし、ツイン・ギターの片割れはex.GRAVEHILL, ドラムはGHOULGOTHA, etc様々ですが、恐らくこのバンドが結成されるきっかけになったのは、日本であまり知られていないSCOLEXというバンドではないかと思います。SCOLEXはMLPを1枚出していて、何年か前にそのメンバーが日本に遊びに来ていて、そのMLPや友達バンドのカセットだのをたくさんプロモ用にくれてったんですが、このNECROSICのメンバー5人のうち3人がSCOLEXでもプレイしていた人達で、Eric Cutler氏は今もSCOLEXに籍を置いているようです。

サウンドはパンキッシュなわけでは全くないけどカリフォルニアらしいメタルとハードコアのクロスオーバーも感じさせるデス・メタルで、BOLT THROWERの影響を受けたUS西海岸デス・メタル、といった感じです。WAR MASTERのようなウォーシップ型ではなく、STORMCROWのようなBOLT THROWER影響下メタル・クラストでもないけど、クラストとパワーバイオレンスとデス・メタルが入り乱れるカリフォルニアらしいオールドスクールなサウンドです。最近のNWN!やDark Descentのリリースよりも、20 Buck Spinあたりのデス・メタル・バンドが好きな人にオススメ!!



howlsofebb-vigils.jpg



・HOWLS OF EBB - Vigils of the 3rd Eye DIE HARD 2LP 税込4,320円 / REGULAR 2LP CLEAR VINYL 税込3,240円 (Nuclear War Now!)

アンダーグラウンド・シーンで高く評価され、デビューしていきなり注目を集める存在となったUSサンフランシスコのブラック・メタル・バンド、HOWLS OF EBBが2014年にCDで発表した1stアルバムを、NWNが2枚組LPで再発。ダイハード・バージョンはレッド・ビニールで、ステッカーとダイカスト製ペンダントが付いています。レギュラー・バージョンは限定クリア・ビニールで入荷しました。

とにかくこの薄気味悪いジャケットが強い印象を与えるレコードですが、サウンドがまたこのジャケの雰囲気にピッタリのサイケなオカルト・ブラック・メタルで、昨今のリチュアル・ブラック・メタル・トレンドとは明らかに異なる感触です。デス・アンビエント系の音圧で圧倒するタイプではなく、NEGATIVE PLANEやVON GOATなどのサイケデリックな不気味さにも近いけど、サンフランシスコ出身という気質のせいか、オルタナ系ジャンク・ロックみたいな要素も随所で感じられ、3曲目なんかはまるで、TODAY IS THE DAY, MINISTRY, VOIVOD, DOOM(日本),etcをごちゃ混ぜにしたようなジャンク・ノイズ・サイコ・ブラック・メタルに聴こえてきて、これが極渋!!もうちょっとデス・メタルの方法論が強いと、REVEALやINVIDIOUSあたりのスウェーデンMetal Of Death一派の若手が狙ってるような感覚にも近いかも知れません。

どうやら中心人物はキャリアのあるアラフォー世代のミュージシャンのようですが、エクストリーム・ミュージックのバックボーンが90年代をスタート地点とする若い世代には、やはりこういう身体の芯から黒くて激しく妖しい音、つまり音響などの装飾だけではたどり着けない生々しさを是非とも体験してほしいです。Sepulchral Voiceリリースが好きなファンにも絶対オススメ。グレートです!!

Rock Hard!Punk Free!!


virulence-ifthis.jpg



・VIRULENCE - If This Isn't A Dream...1985-1989 CD 税込1,620円 (Southern Lord)

長らくSouthern Lordやってなかった時に、こんなCDも出てたとは・・・。全く気づきませんでした。RKLの2nd、POISON IDEAの2nd、NEUROSISの1stなどが有名な80年代USカリフォルニアのパンク・レーベル Alchemy Recordsから1989年にLPを1枚出していたハードコア・パンク・バンドのディスコグラフィーCDです。このバンド、この後ひっそりと改名、と言うか別バンドへと発展しまして、実はFU MANCHUの前身となったバンドなのであります。確かに、このLPはよく見かけたけど、Alchemyの中でもこれとCLOWN ALLEYは全くそそられないジャケだったので全然眼中になかったUSHCファンがほとんどだと思います。


Tracks 1-8 "If This Isn't A Dream..." LP (Alchemy Reords, 1989)
Tracks 9-11 recorded 9/30/1989 live at Berkley, CA.
Tracks 12-13 recorded 2/26/1988 at Spot Studio - Santa Ana, CA.
Tracks 14-15 recorded 12/28/1987 live in Irvine, CA.
Tracks 16-19 recorded 6/13/1986 at Public Recordings - Placentia, CA.
Track 20 recorded Summer 1985 at Public Recordings - Placentia, CA.


しかしFU MANCHUの前身だったとわかって手のひら返すわけではありませんが、ちゃんと聴いてみれば80's USHCファンには十分な内容の作品です。西海岸ハードコアらしい軽速パンク・スラッシュもあれば、BL'ASTを彷彿させるBLACK FLAGタイプのナンバーや、さらにMELVINSからの強い影響を感じさせるオルタナティブ・ジャンク・スラッジ・コア・ナンバーなど、いかにもアメリカン・ハードコアらしいウネリとカラッとした感触のミスマッチがけっこう聴き応えあります。この爽やかさと重苦しいヘヴィネスのアンバランスさを上手くまとめて成功したのが、FU MANCHUだということです。ストーナー・ロック・ファンにも絶対オススメのオブスキュアUSHCリイシューです!!



annihilationtime-incomplete.jpg

・ANNIHILATION TIME - Incomplete Discography CD 税込2,160円 (Annihilate)

2000年代に活躍したUSカリフォルニア出身ハードロッキン・パンク ANNIHILATION TIMEが来日!!当時は当店でもなかなか評判の良かったバンドでしたが、2015年に復活を果たしていて、今年2017年のゴールデンウイークに来日ツアーを慣行します。このCDは来日に合わせて日本流通仕様でリリースされたもので、2004年発表2ndアルバム IIと、Cosmic Unconciousness EP (2006年)、Bad Reputation EP (2003年)などからの曲をボーナスで追加した全18曲入り。裏ジャケの曲クレジットでは19曲入りとなっていますが、実際は15曲目は未収録なので全18曲です。

ある意味アメリカン・ハードコアの王道とも言える、BLACK FLAGが切り開いたハードロック・ベースのパンク・ロックで、My War節全開の神経衰弱フレーズで切り込みつつも、サイコなハードコア・アプローチはさほど強調せず、サバスをUSパンクの陽気さで表現したようなヴィンテージR&Rパンク・サウンドは、個人的にも当時かなり強く印象に残っています。この後、3rdアルバムはBOULDERなども出してたTee Peeからリリースして、「なるほど、確かにそういうタイプのバンドだな」とその時は納得しましたが、このANNIHILATION TIMEのスピリッツを継承して、よりヴィンテージR&Rに回帰した独自のスタイルで大ブレークしたのが、SHRINEということになるのでしょう。久しぶりに聴いたけど、BL'ASTタイプのBLACK FLAGウォーシップなハードコア・パンク・ナンバーも最高にカッコいい!!

END ALL - Signs of Life CD


endall-signs.jpg



・END ALL - Signs of Life CD 税込 2,000円 (Till Your Death)

関東で活動するスラッシュ・メタル・バンド END ALLの1stアルバムCD。ライブには定評のある実力派として、メキメキと知名度を上げてきた期待のスラッシャーです!!


1.Through New Eyes
2.The Sign Of Life
3.Cut It Out
4.Flash Back
5.Strike Down
6.Get Thrashed! Get Drunk!
7.If I Don’t
8.Breakaway
9.In A Loud Voice
10.Knowledge & Technology
11.It’s Time To Metal

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR