RECORD BOY

Japanese Hardcore Punks!!


sowhat-redrum.jpg

・SO WHAT - Redrum CD 税込1,080円

静岡を代表するハードコア・パンクのSO WHATが、Minoru氏 (COMES, LIP CREAM, COLORED RICEMEN, EIEFITS)のプロデュースで1990年にSelfish Recordsから発表したMurder 7"以来27年ぶりとなる6曲入り新作CDを自主リリース!!ペーパー・スリーブで、初回入荷分にはステッカーが付きます。


Vo : Naru (BOUND)
Gu : Kei
Ba : Sawa (ZONE)
Drs : Kurita


オリジナル・メンバーのKurita氏を中心に、Vo.には静岡県内では以前から良く知られていた伝統的な静岡モホーク・スタイルのド派手ハードコア・パンク・バンド BOUNDのNaru氏が加入して、当初は作品として流通するつもりで録音したものではなかったものの、荒々しい勢いが見事に凝縮された、メンバー自身も会心の音源に仕上がったため、自主でリリースすることを決めたと言うことです。まさにその通りのノイジーで荒削りなサウンドは、90年代以降のメタルもロックもブルースもヒッピーもエモもここにはない、オンリー・ハードコア・イズ・リアルなハイ・エナジー&ロウ・パワーが大爆発!!INNOCENTSの代表的名曲 Shellyのカバーもやってます!!



patp-st.jpg



・pleasure and the pain - S/T CD 税込1,080円

ACROSTIXドラマーのTam氏や、以前にデモが入荷してたcluster amaryllisなどの元メンバーらによる三重のハードコア・バンドが、5曲入りの1stデジパックCDを自主リリース。

日本語Vo.と荒々しい曲調がジャパニーズ・ハードコアらしさを強調していますが、エモ・カオティックなうねりとブラスト・パートなんかも飛び出したりして、ネオ・クラストやスクリーモなどなどとは微妙に違った激情系ハードコアをブチまけています。伝統的な所謂ジャパコア・ファンから海外エモ・スラッシュ・ファンまで要注目の新鋭です!!


Metal Thrashing mad!!


imminentattack-deliver.jpg

imminentattack-welcome.jpg

・IMMINENT ATTACK - Deliver Us from Ourselves DIGIPACK CD 税込1,296円 (Marquee)
・IMMINENT ATTACK - Welcome to my Funeral DIGIPACK CD 税込1,296円 (Marquee)

ブラジル出身クロスオーバー・スラッシュ・メタルの2012年発表 Deliver Us from Ourselvesと、2015年発表 Welcome to my Funeral の2種CD。Wehrmachtのサメに対抗したような象さんが目印のスラッシュ・メタル。今回はお試し価格ですので、安いCDが欲しい人にオススメ!



angelofsodom-divine.jpg

・ANGEL OF SODOM - Divine Retribution DIGIPACK CD 税込1,296円 (Marquee)

フィンランド出身スラッシュ・メタルの12曲入りデジパックCD。ソリッドなクランチ・リフとダイナミックなサウンドでゴリゴリのヴォーカル。ベイエリア・スラッシュ影響下のバンドが好きな人にオススメ。



acutor-dios.jpg



・ACUTOR - Dios ha Muerto CD 税込1,728円 (Mort Discos)

1990年代に活動したコロンビア出身スラッシュ・メタル・バンドが1998年に残した唯一のアルバムが再発。SODOMのカバーをボーナスで追加した全11曲入りです。

とりあえずこのジャケが最高なんで内容なんかどーでもいい気もしますが、その通りです。すっごく良く言えばFARSCAPEなんかの系統のジャーマン・スラッシュ影響下南米バンドのような感じで、けっこう悪くないんだけど聴き終わるとなんも印象の残らないピュア・スラッシュ・メタル。ベースは女性のようで、メンバーのルックスもなかなかです。しかしジャケが素晴らしいなぁー。初ヴィニール化再発もされてるようなので、ぜひ入れてみたいけど、たぶん入れないでしょう。これぞまさしく愛すべきクサレ・スラッシング・マッド!!ちょっとオススメ!!



agony-millenium-lp.jpg



・AGONY (Colombia) - Millennium 2LP 税込2,916円 (Headless Cross)

1992年結成コロンビア出身スラッシュ・メタル・バンドの1996年発表1stアルバムが、以前にコロンビアのカルト・ブラック・メタル TYPHONのLPも再発していたHeadless Crossから2枚組で初ヴィニール化オフィシャル再発。ゲートフォルド・ジャケットで、インナー・スリーブ、ダウンロード・コード、パッチが付いた限定500枚リリースで、現地じゃどの程度の人気かわからないけど、けっこう豪華なアナログ盤です。インナー・スリーブの宿命とも言える抜けがインナーにありますので、ご了承ください。ジャケは抜けダメージありません。

いかにも90年代南米らしいスラッシュで、低音域中心に重心低く疾走する様はSEPULTURAのようなデス・メタル手前のダークネスで、メロディックなギターソロもなかなかです。90年代らしさはやはりグルーヴ感重視のようなパートに表れていますが、冒頭でいや予感をさせるほどグルーヴ・メタル・パートはその後ほとんどなくて、かなり速いSLAYER型突進スラッシュ・ナンバーなどでアグレッシブに迫ります。SEPULTURAファンや、90'sオブスキュア・スラッシュ・メタル・ファンにオススメです!!


Epicus Doomicus Metallicus!!


tyrantskall-glaaki.jpg



・TYRANTSKALL - Gla'aki CD 税込1,728円 (Witches Brew)

PYOVELIやDEVIL LEE ROT, etc,スラッシュ/ブラック系を中心に、愛すべきナイス・キャラクターなクサレ・メタル・バンドをリリースする一方、SAURON, DEATHHAMMER, SALUTEなど、当店でも大好評のグレート・バンドも輩出してきた、"現代のNew Renaissance Records" とBOYでは捉えて勝手に応援しているレーベル Witches Brew Recordsからリリースされた、ベルギー産女性Vo.ブラック・ドゥーム・メタル・バンドの2015年発表2ndアルバムCDです。1stはアナログ盤で入荷してたけど、この2ndは初めて入荷しました。

ニュー・スクール系メタリック・ハードコア CONGRESSや、Relapseからの初期作品が凶裂にヘイトフルだったレーザー・グラインダーズ LENG TCH'Eのメンバーなど、ハードコア系ミュージシャンも参加してるドゥーム・メタル・バンドで、モーンフルなデス・ドゥーム, 残忍で殺伐としたブラック・ドゥーム, トラディショナルなエピック・ドゥーム, etcなど、細分化したドゥーム・メタルの各分野を切り貼りしたような曲展開が独特で惹きこまれます。しかもそれを見事にまとめ上げてるのが、ルックスも声も強烈なインパクトを放っている女性ヴォーカル。DERKETAすら思わせるs-lowドゥームが、THORR'S HAMMERのような凶暴性も備えながら、ヴィンテージなウィッチング・ドゥームもパートも導入してしまって、こうしてテキストにすると、誰でも思いつくことをホントにやっちゃったムチャクチャなバンドみたいに思われそうですが、確かにムチャクチャだけどこれが最高!!ドゥームと名のつくメタルが好きな人は絶対に1度体験してほしいバンドです。



solstice-deathscrown.jpg



・SOLSTICE (UK) - Death's Crown is Victory CD 税込1,620円 (Dark Descent)

日本のヘッド・バンガーズにも崇拝者の多いUKエピック・ドゥーム・へヴィメタル・バンド SOLSTICEの2013年発表ミニ・アルバムが、US盤CDもようやくリリース、しかもなんとDark Descentから!!しかし本作のUK盤CDを出していたInto The VoidはInvictus prod.などと密接なので、充分に考えられます。2014年デモも1曲追加した5曲入りとなっています。

クラスティーズ, メタル・クラスト・ファン, ノイズコア・グラインダーズなどに熱烈に支持されるLate 80's UKハードコア・パンク SORE THROATの中心人物だったRich Walker氏が、SORE THROAT解散後すぐに始動させたへヴィメタル・バンドです。ISEN TORRやPAGAN ALTAR等、彼が関わった他のへヴィメタル・バンドにも共通する、所謂エピック・メタルなスタイルだけど、凡百のエピック・メタルとはまるで違う感触で、それ故に熱狂的に全面支持する信者がいる反面、正直これはちょっと苦手・・・という声も、ハードコア要素も求められる傾向が強い当店では少なからず聞かれます。癒されるような優しいメロディーではなくて、英国やヨーロッパの民謡を土台にしたような土着的な哀愁を歌い上げるVo.と、それを強固に支える演奏との融合が完璧すぎるまでに男臭いのです。楽曲は、SOLITUDE AETURNUSに代表されるCANDLEMASS系統の重厚で荘厳なタイプに通じるかと思いますが、ドゥーム・メタルの特徴の一つである退廃的や鬱などといったネガティブな要素はなく、戦いに挑む英国戦士の勇壮さを掻き立てるような力強いメロディーは、個人的に以前から思っていたのですが、MEADS OF ASPHODEL / GUNSLENGERのAlan Davey氏や、AMEBIXのRob "The Barron" Miller氏などと並んで、メタル/パンク・ミュ―ジックに英国トラッドなスピリッツを導入しているアーチストと同じ志向を感じてしまいます。

へヴィメタルが大好きな方でも苦手な人もいれば、SORE THROAT云々抜きにSOLSTICEに初めて触れて、「これは素晴らしいですね!」と虜になるハードコア・パンク・ファンの方もいらっしゃいます。純然たる大英帝国産鋼鉄だけど、このEPはファンには非常に評価の高い作品ですので、音楽をピュアに探求したい人はぜひこの機会に1度体験してほしいです。



magiccircle-journey.jpg



・MAGIC CIRCLE - Journey Blind LP 税込2,916円 / CD 税込2,484円 (20 Buck Spin)

MIND ERASERやBOSTON STRANGLERなどで現行ボストン・ハードコア・パンク・シーン最前線を長年引っ張るJustin DeTore氏を始め、ボストンのパンク・シーンで活躍する実力派ミュージシャンが結成した本格派エピック・ドゥーム・メタル・バンドとして大いに話題を呼び、そしてダイハードな正統派メタル・バンガーズをもうならせたMAGIC CIRCLEの2015年2ndアルバムです。20 Buck Spinは相変わらずやりにくいので、遅ればせながら当店にもようやく入荷しました。

絶望を激情的に表現したようなパワフルでエモーショナルなバッキングと、オジーとメサイア・マーコリンの融合と絶賛され、音源リリース以前から久々の逸材Vo.と評判になっていたVo.は相変わらず素晴らしく、今回もパンク・バンドが本業のミュージシャンとは到底思えない完璧な仕上がりです。しかし曲調には前作からちょっと変化も感じられて、以前はWITCHFINDER GENERALの丸パクリみたいなパートもほほえましかったのですが、本作ではより泥臭さの強いドゥーム・メタル・ナンバーが印象的です。合衆国産エピック・メタルの伝統的手法と、初期TROUBLE的な鋼鉄サウンドのミックスのような雰囲気から、エモーショナルなコシの強いグルーヴはWinoやVictor Griffin関連バンドの影響も思わせますし、そして疾走感はTROUBLEと言うよりもBIBLE OF THE DEVILなどの現行アメリカン・ハードロック・メタルのようなドライブ感にも近い気がします。しかしVo.のBrendan Radigan氏はやっぱり極上級ウェットな熱唱スタイルで、彼の歌声がエピックなムードを盛り上げています。メンバー被ってるSTONE DAGGERと並んで、ある意味メタルパンクなアメリカン・エピック・ハードロック最高峰バンドです!!



supertimor-double.jpg

・SUPER TIMOR - Double Impact 2LP 税込2,484円 (La Gueule Du Ciel)

既に解散しているフランスのスラッジコア・ドゥーム・バンドの2枚組LP。非常に情報の少ないリリースなのですが、2008年にレコーディングされていた音源をヴィニール化したもののようです。フランスのバンドらしい前衛さも漂うオルタナ・ドゥーム・スラッジ!!

01 | 2017/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR