RECORD BOY

RIPCORD reissues!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨日完了出来なかったカルト・メタル系商品数点とUKHCスラッシャー RIPCORDの再発盤を先ほどカートアップしました。明日はPOISON IDEA特集号のEL ZINE発売日ですので、張り切って販売していきます!!



ripcord-defiance-lp.jpg

ripcord-defiance-cd.jpg



・RIPCORD - Defiance of Power 2LP+CD 税込3,240円 / CD 税込1,620円 (Break The Connection)

Late 80's UKHCルネッサンスを代表するバンドの中では日本でも常に高い人気を誇るRIPCORDが、2016年10月に地元のみで2回のライブで復活!!チケットは発売後数時間で速完売したそうで、母国UKでも大変話題となっています。その復活に合わせて、1st&2nd両作品が悲願のオリジナル・ジャケ・デザインで再発されました。

こちらは1987年発表の1stアルバムで、ボーナスとして1987年オランダでのライブと同年リハーサル音源を追加した全47曲入り。LPは2枚組で、同内容のCDも付いています。今回の日本流通分はカラー・ビニールで、帯とメンバー自身によるライナーノートの日本語訳も付いていて、CHAOTIC DISCHORDによる"Fuck Off Ripcord"誕生の謎が遂に解き明かされます!!

初期NAPALM DEATHにも在籍し、フロリダDEATHのTシャツもよく着て、1番クラスト・メタルなルックスだったJim氏が加入する前のこの時期こそが、RIPCORDは音楽的に最もクロスオーバーしていました。UKHCならではの荒々しさと、スラッシュ・メタルからの影響を強く出したギター・リフが素晴らしいバランスで融合していますが、BazはMETALLICAのTシャツを着ながらも自分にはああは出来ないと理解し、CONCRETE SOX、 HERESY, SACRILEGEなどの友達バンドを見て聴いて一生懸命練習したというのが良い話ですし、そしてそれが素晴らしい形で実を結んでいます。クロスオーバー・ファンにもオススメのUKHCクラシックです!!



ripcord-poetic-lp.jpg

ripcord-poetic-cd.jpg



・RIPCORD - Poetic Justice 2LP+CD 税込3,240円 / CD 税込1,620円 (Break The Connection)

こちらは1988年発表の2ndアルバムで、ボーナスとして解散直前の1988年10月にブリストルで行ったライブを追加した全45曲入り。LPは2枚組で、同内容のCD付きの今回のカラー・ビニール。帯とメンバー自身によるライナーノートの日本語訳も付きます。ライナーは凄く面白いので、ファンは絶対に読んでほしいです。

前任Vo.のBuzbyが脱退して、初期はベースだったSteveがVo.にパート・チェンジして復帰。ベースにはex.NAPALM DEATHのJimが参加。この時代のRIPCORDは、初期のクロスオーバーなメタリック・ギターは陰を薄めて、USボストン・ハードコア・パンクの影響を強めたスタイルへと深化しています。SSDとSIEGEのカバーもやってるように、SSDに代表されるクルー系のボストン・アングリー・ハードコアを、SIEGE影響下のブルータル・ファスト・スラッシュ・サウンドに乗せたようなダイナミックなハードコア・サウンドで、バンド自身もファンも本作こそがRIPCORDの絶頂期と評価する、自他共に認める最高傑作です!!

Destroy Metal Cult!!


ramon-contundente.jpg



・R.A.M.O.N - Contundente Final CD 税込1,944円 (666 Prod.)

PARABELLUM, BLASFEMIA, RESTOS DE TRAGEDIA, etcの名だたるコロンビア・カルト・メタル/スラッシュ・バンドで活動してきたRamon Restrepo氏が2006年から始動させたバンドの2012年発表2ndアルバムが、チリのレーベルから再発。知られざるアナザー・カルト・バンドで情報が少ないのですが、2009年の1stアルバム Libre Albedrioも楽曲自体は80年代に作られたものだそうなので構想は80年代からあったようですし、1984年にコロンビア・メデジンで巻き起こった一大崩壊鋼鉄ムーブメント、通称 "ウルトラ・メタル"シーンの象徴のような存在のバンドだそうです。以前にベネズエラ出身デトロイト拠点のデスラッシュ・メタル・バンド PERVERSIONのギタリスト Fernando氏の発言で初めて「ウルトラ・メタル」というのを聞いたけど、つまり、Ramon Restrepo = Ultra Metalと言ってもいいくらい、ウルトラ・メタル・ムーブメントの仕掛け人のようです。このCDのジャケは素晴らしいクサレ・メタルなアートに新装されていますが、オリジナル・ジャケには堂々と、"Colombian Ultra Metal"とも書いてあります。

そしてまぁとにかくサウンドもまた凄いです・・・。現代の録音なので機材で作り出したノイジーとかじゃないですが、もう人間性が粗雑というか、ひたすら荒々しいデスラッシュ・メタルを、ひたすら理解不能の表現方法でぶちまけた、としか言いようがない壮絶なrawestデストロイ・メタル!!!888!!!ORGANISMOSの解説でも言いましたが、これはもう欧米のメタル・ミュージックみたいなものを目指してるのではなく、無秩序な暴力性をエクストリーム・メタルというフィルターを通して表現する、中南米でしか生まれない、そしてこの人達もこういうふうにしか出来ないであろうアートなのです。意味不明すぎて、誰が上げたかわからないけどサンプル貼ったyoutubeも理解不能な編集になってます(もちろんCDはこんなツギハギみたいなことにはなっていませんのでご安心を)。PARABELLUM, BLASFEMIA, RESTOS DE TRAGEDIA, REENCARNNACION, HERPES, ATAQUE DE SONIDO, "Rodrigo D. No Futuro" comp.LPなどを買って興奮していた人は絶対に確保しといてください!!!888!!!



mortem-demonolatory.jpg



・MORTEM - Demonolatry-Iter Tenebricosum ad Priscam Mortem 2CD 税込2,484円 (Veins Full of Wrath)

HADEZと並ぶぺルビアン・デス・メタル帝王 MORTEMの初期デモ各種に2006年EPもプラスしたコンピレーションCDが2枚組でリリース。SENDEROS DEL MAL, HADES ARCHER / SABBAT Split, NECRODEAD, UNHOLY FORCE, etc新旧バンドの良い作品も多いチリのVeins Full of Wrathからのリリースで、当時の写真やフライヤーが満載のジャケ・ブックレットも分厚いし、ミニ・ポスターも付いて、なかなか気合の入った仕上がりとなっています。


Disc 1 :
Evil Dead DEMO (1989年)
Superstition DEMO (1991年)

Disc 2 :
Vomit of the Earth DEMO (1992年)
Unearth the Buried Evil (1993年)
Devoted to Evil EP (2006年)as a bonus


スラッシュをルーツとしたペルーならではのデス・メタル・サウンドで、ブラジリアン・デスラッシュ・ファンから、治安の悪い中米のテクニカル・デス・メタル好きにまでオススメできるようなグレート・バンドとして、日本でもオールドスクールなヘッドバンガー気質のダイハード・メタラーに人気が高いです。Iron Pegasusも昔からサポートしてますので過去にいろいろ入荷していましたが、初期のデモ音源は今回初めて聴きました。そしてこれが南米ファンのみならず全デスラッシャー必聴級のカッコよさでシビレル!!!1stデモなんかPOSSESSEDまんまなリフやフレーズのオンパレードだけど、ぺルビアンらしいプリミティブ・サタニックなテイスト全開で、しかも2ndデモになると劇的な成長を遂げていて、Roadrunner期SEPULTURA並みの完成度のダーク・スラッシュ・メタルをロウな演奏で叩き出しています。これはもっと入れとけば良かった・・・。オススメdeath!!!



sadisticnoise-adecade.jpg



・SADISTIC NOISE - A Decade in the Grave CD 税込1,944円 (Seven)

NAPALM DEATHが初めてギリシャをツアーした時にサポートしたというアテネで活動したブラック・デス・メタル SADISTIC NOISEの1999年に発表した唯一のアルバムCDです。カセットやLPなどの他フォーマットは存在せず、このCDはレーベルが永遠にプレスし続けてるみたいで、ROTTING CHRISTもモメたりした、あまり評判の良くないレーベルからリリースされています。永遠にプレスされてるせいか、今までレアやカルトになったりしてこなかったようですが、Floga RecordsがディスコグラフィーCDを今年に入ってからリリースして、ギリシャ国外にもこのカルトなバンドの存在がようやく認知されてきたようです。

メンバーはガレージ・パンク・バンドもやってたりした人達で、事故で亡くなっているメンバーもいて、2006年に解散しています。サウンドはギリシャのデス/ブラック・メタルと聞いて想像するようなものとはまるでかけ離れていて、MASTERとフロリダMASSACREがミックスされて中南米で生まれたような、とにかくムチャクチャ原始的raw&lowでモノスゴイ!!メキシコやコロンビアのバンドみたいな治安の悪さも漂っていて、これは本当にギリシャ産なんでしょうか?フロリダMASSACREと言ったけど、コロンビアMASACREの初期とかが好きな人にこそ聴いてもらいたいです。カルト・デストロイ・ノイズ・メタル・マニア必聴&death!!!

09 | 2016/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR