RECORD BOY

Fest & Event information


告知が遅れましたが、今年のJapanese Assault Festは11/5(土)のみ当店もブース出店致します!たぶんレコード/CDよりもマーチャンダイズ/グッズ中心に持っていく予定です(11/6の日曜日は当店のブース出店はありません)。前日の4日金曜までは、当店で5日(土)/6日(日)の前売りと2日間通し券は販売しています。

あと、ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブックの発刊記念トークイベントにワタクシ大倉了も参加致しますので、ここで告知させていただきます。席数は限られているようですが、お時間のある方はぜひ遊びに来てください。

そして話題のパンク&メタル・イベント、"Who's The Strongest -誰が一番強いか決めたらええんや!-"のチケットも発売開始です!!



japaneseassaultfest16.jpg

Japanese Assault Fest 16

11/5(土) 東京 吉祥寺 CLUB SEATA
OPEN15:00 / START16:00

ANCIENT BARDS (Italy)
BLITZKRIEG (UK)
HITTEN (Spain)
DOOM (Japan)
HELL FREEZES OVER (Japan)


11/6(日) 東京 吉祥寺 CLUB SEATA
OPEN14:00 / START15:00

ANCIENT BARDS (Italy)
BLITZKRIEG (UK)
HITTEN (Spain)
BIO-CANCER (Germany)
SOLITUDE (Japan)

* 1日券 前売 8,000円 当店で発売中 / 当日 8,500円
* 特典付き 2日通し券 14,000円 当店で発売中



warbestialblackmetalguidebook2016nov30.jpeg

『ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック』発刊記念トークイベント

11/30 (Wed) @ dues新宿
OPEN 19:15 / START 19:30
チケット1,500円(税込)+ワンドリンク

出演者:
アウトブレイク・ショウ(『ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック』著者)
関根成年(はるまげ堂、Butcher ABC)
大倉了(Record BOY)
川嶋未来(Sigh)
ハマザキカク(編集者・司会進行)



whosthestrongest2016.jpg

Who's The Strongest -誰が一番強いか決めたらええんや!-

12/4(SUN) @ 新宿LOFT
OPEN 16:00 / START 16:30
ADV / DOOR 3,000yen + DRINK 500yen 当店でチケット発売中

ABIGAIL
HELLCHILD
UNHOLY GRAVE
NEPENTHES
SSORC
鉄アレイ
SLIP HEAD BUTT
FINAL BOMBS
WARHEAD
FORWARD

the DARK - The Demos TAPE


thedark-thedemos.jpg

・the DARK - The Demos TAPE 税込800円 (Mouse)

大阪PUNK AND DESTROYのMouse Recordsからリリースされた、LAのパンク・バンドの8曲入りカセットです。過去に発表したデモ2種をまとめた日本仕様カセットで、ジャケ・デザインをSHIGA-CHANが担当しています。

昨今のアメリカのバンドで特に耳にすることが多い、80年代のジャパニーズ・ハードコアからの影響を強く打ち出したスタイル、との事で、またリバーブ掛かったVo.でバイオレンス風味を出したようなありがちなタイプかと思いきや、EXECUTEやCLAYみたいな曲調で、これはちょっとビックリ!!偏屈なノリやドロドロした感じではないけど、あぶらだこや奇形児などのタイプが好きな人にも聴いてもらいたい雰囲気もあります。海外の現行アンダーグラウンド・ハードコア・シーンの傾向を知る上でも、とても興味深いリリースです。


WAR BESTIAL BLACK METAL GUIDEBOOK


warbestialblackmetalguidebook1.jpg

warbestialblackmetalguidebook2.jpg

warbestialblackmetalguidebook3.jpg


・ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック BOOK 税込2,376円 (パブリブ)

「デスメタル アフリカ」を皮切りにして、「デスメタル インドネシア」、「ブルータル デスメタル ガイドブック」と立て続けに発刊してきたハマザキガク氏監修による「世界過激音楽」シリーズの、当店的にはクライマックスとなる第4弾「ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック」です!!!666!!!


ブラックメタルやデスメタルがメインストリーム化するなか、世界各地の地下シーンでスラッシュメタル・デスメタル・グラインドコア・ハードコアを融合させながら真の野獣性を死守し続けたオールドスクールな背徳者達。軟弱化した北欧ブラックメタルに対して、頑なにメタルが本来持つ暴力性を貫き続けたシーンの主要バンドやリリースを丹念に紹介した前代未聞の歴史的資料。

■ ベスチャル・ブラックメタルのレジェンド SARCOFAGO
■ 「冒涜」ウォー・ブラックメタルの権化 BLASPHEMY
■ 極悪プリミティブ・ノイズブラックメタルの帝王 BEHERIT
■ 他紹介バンド:HOLOCAUSTO・PARABELLUM・MYSTIFIER・ARCHGOAT・NAKED WHIPPER・BESTIAL WARLUST・ABHORER・DEIPHAGO・UNHOLY ARCHANGEL・CONQUEROR・HADES ARCHER・NUCLEARHAMMER・PROCLAMATION・TRUPPENSTURM・SADOMATOR・REVENGE・MORBOSIDAD・BLACK WITCHERY・DEMONOMANCY 他

■ Nuclear War Now! Productions!・Deathrash Armageddon・Record Boy・はるまげ堂・Cyclopean Eyes・SIGH等重要人物インタビュー

■ インタビュー掲載バンド:IMPURITY・GOATPENIS・GOAT SEMEN・NECROHOLOCAUST・LÜGER・PSEUDOGOD・DIOCLETIAN・INFERNAL EXECRATOR・NOCTURNAL DAMNATION・GENOCIDE SHRINES・SEX MESSIAH・REEK OF THE UNZEN GAS FUMES



著者はアウトブレイク・ショウ氏。当店も日ごろからお世話になってる方で、この企画にショップへのインタビューという形で協力を依頼されて、初めてショウ氏とは注文メールのマニュアルから外れてやりとりを重ねましたが、そこでショウ氏のウォー・ブラック/ベスチャル・デス・メタルへの熱烈な愛情を強く感じました。Deathrash ArmageddonのYuki氏, はるまげ堂/Obliteration Recordsの関根氏, SIGHの川嶋氏, そしてNWN!オーナーのコニシ氏といった、自分も以前からお付き合いさせてもらってるブラック/デス・メタル・シーンの最重要人物にちゃっかり紛れこんでBOYも参加できたことは、本当に光栄に思っています。ショウ氏とは世代も違いますし、聴いてきたモノや環境も違うので、恐らくショウ氏の望まれていたようなものと違う回答で会話のキャッチボールも弾みの悪いインタビューになりましたが、その方が読者も面白いでしょうし、おかげで自分もこのシーンに対しての勉強が本当に深まりましたので、とても感謝しています。

ウォー・ブラック/ベスチャル・デス・メタル・シーンの形成に至るまでのイントロダクションから、紹介する主要バンドのチョイス、よくある海外ZINEからの和訳転載などではない直接インタビューなど、ここまで濃密に充実したものが一般の書籍流通に乗ることは今までもこの先も恐らくないのではないでしょうか?規制だのコンプライアンスだのアホみたいにうるさいご時世ですからね。第3弾の「ブルータル デスメタル ガイドブック」がエクストリーム・メタルのアスリート編ならば、人間の最も深い闇の部分をパワーの源にするメタル・バンドにスポットを当てた「ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック」は、まさにエクストリーム・メタルのテロリスト編と言えるでしょう。しかしまぁ、まだ全部読み切ってませんけど、ラストのSIGH川嶋氏のインタビューが〆としてはもう最凶すぎて全部持ってかれた感もありますが、とにかく必読で宜しくお願いします!!!666!!!


* こちらのオフィシャル・ブログで画像を多数掲載していますので、ぜひチェックしてください!!

FALLING DOWN - Believe CD


* 毎週水曜は定休日ですが、本日発売のCrew For Life新作と、昨晩フィニッシュできなかったメタル系商品のカート・アップを先ほど完了しました。受注メール返信対応は木曜日以降になります。


fallingdown-believe.jpg

・FALLING DOWN - Believe CD 税込1,080円 (Crew For Life)

Crew For Life初のNYHCスタイル・バンドのリリースとなる、東京のベテラン・ハードコア・パンク FALLING DOWNの17年ぶりとなる5曲入り新作CDです。

ビートダウン系のストロング・スタイルになる以前の、80年代後期にピークを迎えたあくまでもパンクなNYHCスタイルの熱血激走ハードコアがノンストップで爆裂してて、これはヤング・スラッシャーからオッサン・モッシュブルズまで血液が沸騰するかのように燃えてくること必至です。SICK OF IT ALL, JUDGE, MADBALL, etcのNYHCファンにはぜひ聴いてもらいたいですし、80年代後期三多摩/京浜ハードコア・ファンにもオススメの、これこそCrew For Lifeらしいリリースでしょう!!


Total Steel!!


axewielder-alleycat.jpg



・AXEWIELDER / ALLEY CAT - Split 7" 税込972円 (Gutter Runner)

ドイツのダイハード・へヴィメタル・マニアック2バンドによる限定300枚のSplit 7"シングルです。ともに日本のダイハードな真性鋼鉄バンガーズの一部には馴染みのあるバンドで、AXEWIELDERは2003年にHEATHEN HOOFとのSplit 7"で登場した時も、当店には入荷しませんでしたがBOY周辺のお客さんの間でちょっと話題となっていました。SABBAT, METALUCIFER, MAGNESIUM, G.A.T.E.Sなどの大ファンでもあるALLEY CATのメンバーが現在日本に滞在していて、このEPを当店にもオファーしてくれました。

ダイハード、ダイハード、と言いましたが、実は両バンドとも「へヴィ・パンク・メタル」をキーワードにしていて、MOTORHEAD, TANK, VENOMなどが備えていたパンキッシュなテイストも追及するへヴィメタル・バンドです。でもそれらのクローンのようなウォーシップ・バンドではなくて、AXEWIELDERはここではMETALUCIFERの鋼鉄土台をULTIMA THULEのようなバイキング・ロック風味も漂わせ、ジャーマン・メタルらしいドランクなテイストで表現した独特の漢鋼鉄1曲を披露しています。ALLEY CATはMESSERSCHMITTというスピード・メタル・バンドのメンバーによるプロジェクトなんですが、こちらもまたかゆくない所に手が届いたようなセンスがケッサクで、まるでPerfect Crimeの頃のアニマルのようなVo.が、応酬の土着的旋律をシンプルな楽曲に乗せて歌っています。どちらのバンドもスカスカなサウンドで、もちろんNWOBHMを狙っているのでしょうが、メロディーがいかにもジャーマン臭い哀愁なのもミソです。こういう「へヴィ・パンク・メタル」を狙ってる人達が居るってのが最高に痛快ですが、昨今のメタルパンク・ムーブメントなどとは全く無縁の世界なので、その辺を理解して楽しんでください。当店の取り扱いバンドで例えるなら、HEATHEN HOOFやARSKA & HAKKAPELIITATあたりのセンスも許容範囲の方にはオススメです!!



thunderdeath-st.jpg



・THUNDERDEATH - S/T CD 税込1,620円 (Art Of Propaganda)

Me Saco Un Ojoからのリリースもあるデス・メタル・バンド DEATHCULTでもベースを担当していた故Virgin-Killer氏が在籍したスイスのへヴィメタル・バンドです。情報の少ないバンドですが、2009年の結成以降デモを2作発表しているようで、このCDはVirgin-Killer氏が在籍したその2本のデモをまとめて、Virgin-Killer氏に捧げる形でリリースされたコンピレーション・アルバムです。バンドはVirgin-Killer氏亡きあとも活動を続けています。


Tracks 1-4 : Demo 2012
Tracks 5-9 : Demo 2011


と言った情報も実は到着後にアレコレ調べてようやくわかってきたことなんですが、まぁとにかくこのジャケの素晴らしさにビビッと来て入れてみた次第です。正統派メタルはさほど詳しくなくても、このジャケのとてつもないドぐされっぷりには、嗅覚が反応する人はたくさんいるのではないでしょうか。サウンドもまさに期待してた通りの、ダイナミックなんだかデコボコなんだかよくわからないドラマチックに音程をはずして幕を開けるエピック・メタル・ナンバーが最高!!曲によってはけっこうパワー/スピード・メタルっぽいナンバーもあります。やはりジャケ買いは永遠に不滅だ!!



jjmercilesswickedwitch-part1.jpg



・J.J. MERCILESS' WICKED WITCH - The Collection Part I CD 税込1,944円 (Marquee)

NYで1986年に結成されたへヴィメタル・バンドのコレクションCDが、ブラジルのMarquee Recordsからリリース。90年代に自主制作でアルバムを3枚発表するも、日本はもとよりアメリカ国内外でもほとんど知られていないであろう、ウルトラ・オブスキュアな存在の女性Vo.メタル・バンドです。年代順に収録しているのではなく、ランダムに構成された1988年~1997年音源集となっています。

内容はジャケからも期待させてくれる通りのクサレ・エピック・メタルとアメリカン正統派鋼鉄の見事な融合と言った感じで、女性Vo.メタル・ファン以外のオブスキュア・メタル・マニアにとっても文句なしの発掘盤ではないでしょうか。結成当初はJUDAS PRIESTからの影響が強いドラマチックなハードロックで、そこからDIOタイプの正統派鋼鉄へと成長していき、ソウルフルでパワフルな女性Vo.もカッコいいです。アメリカン・ハードロック土台の合衆国産正統派鋼鉄は当店ではセールス的にはなかなか厳しいのですが、サンプルで貼ったようなアメリカン・エピックなクサレ・メタルにはやはりビンビン来てしまいますし、そもそもこんな最高のジャケットを見せられたら放っておけなかったのです。オブスキュア・カルト・メタル・ファンはぜひチェックをお願いします!!



acid-hooked-piclp.jpg

acid-hooked-yellowlp.jpg

・ACID - Hooked on Metal LP 2nd PRESS PICTURE VINYL 税込3,996円 / YELLOW VINYL 税込3,780円 (Buried by Time and Dust)

ABIGAILとUNHOLY GRAVEがカバーSplit 7"を出していたりと、日本でも当時から熱狂的ファンが多く存在するベルギー産女性Vo.スピード・メタル ACIDの、BBTADから今年2016年に限定500枚でリリースされ即完売したコンピレーションLPがめでたく再プレスされました。1stプレスは当店でも早々に売り切れましたので、逃してた方はぜひこの機会に入手してほしいですし、この2ndプレスはピクチャー・ディスクとイエロー・ビニールの各250枚プレスとなってますので、ACIDマニアックスはぜひ全種コンプリートにチャレンジしましょう!!ゲートフォルド・スリーブでポスター付きです。


Track 1 and 2 : Hell on Wheels / Hooked on Metal 7"EP (1982年)
Tracks 3-5 : Black Car 12"EP (1984年)
Track 6 : 未発表
Tracks 7-12 : 1982 Demo


まだスラッシュ・メタルも確立される前の80年代初頭に、ヨーロピアン・へヴィメタルをMOTORHEADの2バス・ドコドコなスピード感で表現したようなサウンドで登場し、スピード・フリークなヘッドバンバーズを熱狂させた元祖スピード・メタル・バンドです。リフワークはMOTORHEAD直系というよりも、伝統的なへヴィメタルをベースにしてるんだけど、これがMOTORHEADのフィルターを通すと、ちょっとBULLDOZERっぽいロッキン・スピード・メタルな味となって凄くカッコイイです。ABIGAILは超名曲 No Timeをカバーしてたけど、BULLDOZERとACIDの共通点を指摘したような、ABIGAILのセンスにも改めて脱帽です。初期スピード・メタル・ファンも女性Vo.メタル・ファンもお買い逃しなく!!

Metal Thrashing Bestial!!


masterofcruelty-archaic-cd.jpg




・MASTER OF CRUELTY - Archaic Visions of the Underworld CD 税込1,500円 (Deathrash Armageddon)

パラグアイ出身ブラック・デスラッシュ・メタルの2ndアルバムCDです。今回もDeathrash Armageddonからのリリースで初回パッチ付き。アナログ盤はBlood Harvestからのリリースされます。

南米メタル・シーンの面白さについては今更イチから説明する必要もありませんが、パラグアイのシーンからはデス/ブラック/スラッシュ系のバンドはあまり多く輩出されてるようなイメージはありません。しかしこのバンドのクォリティーの高さは素晴らしくて、前作と比較しても見事な成長を遂げています。スウェーデンやノルウェーのブラック・メタル・バンドがちょっとスラッシュ/サタニック・スピード・メタルのルーツに回帰したようなシンプルなキャッチーさがあって、まるでチリのFORCE OF DARKNESSが、DARKTHRONE, SATYRICON, WATAINとMetal Of Death一派, スウェディッシュTHE BLACKのような耽美な邪悪ダークネスを導入したみたいでビックリのかっこよさです!!Blood Harvestからのアナログ盤リリースも全くもって納得のサウンドですし、Invictus prod.あたりのバンドが好きな人には絶対にチェックしてもらいたい、気合い&暗黒度数満点の力作デス!!



exinferiis-thegoatdestroyer.jpg



・EX-INFERIIS - The Goat Destroyer CD 税込1,620円 (Porco Dio)

2006年のデビュー・デモがNuclear War Now!から7"でヴィニール化されていたメキシカン・ブラック/デスラッシュ・メタルの6曲入り1st CDです。そのデモEPと2008年の7"以外何もリリースしてなかったので、7"のストックがまだ残ってることすら忘れてたほど、すっかりその存在も記憶の隅に追いやられていましたが、このCDも昨年2015年にリリースされながらレーベルのプロモーションも最悪で全然流通されてなかったようで、今回まで全く気付きませんでした。しかし内容はバツグンなので、ベスチャル・スラッシュ・メタル・ファンはこの機会にぜひ確保しておいてください。

DISGORGE, RAPED GOD 666, PUTREFACT, HACAVITZ, etcもやってたメンバーなどから成るバンド、と聞けば中南米デスラッシュ・ファンは間違いなし!と安心してくれるでしょう。チリのPERVERSORにも匹敵するオールドスクール・デスラッシュ・メタルの最高峰と言っても過言ではないクォリティーなんですが、中南米鋼鉄の野蛮さよりも、北欧バンドのようなダイナミズムも感じさせるオールドスクール・プライド全開のブラッキング・デスラッシュ・メタルが激渋で、URNやFLAMEなどのスオミ・ブラック・デスラッシュ・メタルや、今回はNIFELHEIMのようなスウェディッシュっぽさも強くて、これは間違いなく最高傑作と呼ぶにふさわしい完成度でしょう!!2バス連打の爆走ドライビング・パートもPERVERSORのようなMASTERタイプと違い、MOMENT MANIACSやTORMENTEDなどのスウェディッシュ・バンドのブルタリティーに近い気がしますし、メロディック・ソロとハイトーン・シャウトの絡みなんかまるでNIFELHEIMでゾクゾクしてきます。ロゴも今まではSARCOFAGOウォーシップだと思ってたけど、NIFELEHIMも念頭に置いたデザインなのかも知れません。素晴らしい!!



infantdeath-totalhell-cd.jpg



・INFANT DEATH - Total Hell CD 税込1,620円 (Apocalyptic Empire)

ようやくCDも出ました!!1stアルバムとデモ10"も当店では大好評だったノルウェー・ブラック・スラッシュ・メタルの2014年発表2ndアルバムです。

1stアルバムで聴かせた、ノルウェー・スラッシュらしいテクニカルなリフと暴走スピードに変わりないけど、以前はMERCILESS, HYPNOSIA, TERRORAMA, etcのスウェディッシュ・デスラッシュ・メタルを彷彿させていたイーヴィルな暴走感が、今回はまるでジャーマン・スラッシュのようなガムシャラ・ロウな突進力に変化してるのが特徴です。オープニング・ナンバーはSLAYER型、2曲目はRECIPIENTS OF DEATHみたいなリフもあるテクニカル・タイプ、3曲目はTANKARD系ドライビングと、曲調は幅が広がってても、なにぶん前作よりもロウ&ガサツなので、ノルウェジャン・スラッシュでもどっちかと言うとAURA NOIRやINFERNO系イーヴィルだったのが、この新作ではDEATH HAMMERのようなスピード・メタル・ルーツの雰囲気もあるスラッシュになっています。WHIPLASHみたいなキャッチーな楽曲もあります。にしても、このバンドは相変わらず速い!!チョッぱや!!TANKARDミーツPROTECTORのような本作でのこのスタイルは、日本のスラッシャーの間ではもっと人気が出てきてもおかしくありません。流通が良いレーベルであれば、の話ですが。

シンプルなTシャツ&ジーパン姿に5寸釘リスト・バンドのファッションは、まるで90年代初期北欧オブスキュアなバンドのような最高のセンスですが、ギタリストはNWNからの作品が高く評価されているKATECHONもやってる人だというからオドロキ&アッパレです。ノルウェー・オールドスクール・スラッシュ・メタルに魅了されている方は、今回も必聴デス!!



infantdeath-violentrites-cd.jpg



・INFANT DEATH - Violent Rites CD 税込1,620円 (Apocalyptic Empire)

そしてこちらが3rdフル・アルバムCDです。リリース作品が毎度大好評を博していて、今では当店でずっと追いかけてる現行ブラック・スラッシュ・メタル・バンドの数少ないうちの一つですし、Deathrash Armageddonからの前作Split w/ EVIL MADNESSが壮絶すぎる内容でしたので、この作品も期待大で待ってた方も少なくないかと思いますが、LPもちゃんとリリース予定があるそうなので、アナログ・ファンの方はもうちょっと辛抱してお待ちください。

ザックリ言ってこのバンドは、AURA NOIRに代表されるジャーマン・スラッシュ土台のブラック・スラッシュというノルウェーらしい手法と、MERCILESSやHYPNOSIA型のスウェディッシュ猛スピード・デスラッシュの、2パターンを基礎にして攻めてくるスカンジナビアン・イーヴィル・スラッシュ・メタルで、前作Split w/ EVIL MADNESSはMERCILESS型スウェディッシュ・スタイルがこれまでに無いくらい汚く激速に暴発してノックアウトされました。今回はオールドスクール・ヘッドバンギング・リフ炸裂のノルウェギアン・スタイル寄りの作風ですが、このバンド、とにかく引き出しが多いと言うか、80'sスラッシュ・メタルのオマージュのようなリフがあちこちに飛び出すのが痛快で、今回はその手法をちょっぴり広げたような感じもあって、80年代に自宅スピーカーの前で首を振りまくった40代スラッシャーには筋肉痛必至なまでに、聴いててワクワクしてくる作品です。DESTRUCTIONの変態リフ、TANKARD型ロッキン・リフ、PROTECTORタイプのドカドカ粗暴デスラッシュなどの基本パターンに加えて、今回はちょっとジャーマン・スラッシュのクサいメロディーや、VOIVODみたいなコールド・リフまでも飛び出したりしながらも、相変わらずスピード・ダウンすることなくブラッキング・スラッシュの野蛮さで終始ブッチギってMass Deaaattthhh!!!

Thrash till Death!!


gammacide-contamination1.jpg

gammacide-contamination2.jpg



・GAMMACIDE - Contamination:Complete (Discography 1987-2005) DIE HARD 2xLP+10"+DVD 税込5,940円 (F.O.A.D.)

カルト・ハードコア・メタル・レーベル Wild Rags所属バンドの中ではクサレた感覚のないクォリティーの高いスラッシュ・メタル作品として1989年の1stアルバムが高い評価を得たテキサスのスラッシュ・メタル・バンド GAMMACIDEの完全音源集セットが、イタリアのF.O.A.D.から豪華アナログ盤でリリース。1989年発表名作アルバム Victims of Scienceとデモ2種を2枚の12"LPにまとめて、2005年録音の2曲を10"に収録し、そして1989年と1992年のライブをフルで収録したDVDと12"サイズ全32ページのフルカラー・ブックレットも付いた6パネル・トリプル・フォールド・スリーブで本当に文句なしの仕上がり!!当初はボックスと案内されてきたけど、無駄にエクストラ・グッズが付いたボックスなんかより全然こういう仕事の方が絶対にいいです。限定500セットで、今回はそのうちのltd.150枚グリーン・ビニール・ダイハード・バージョンでの入荷です!!


LP1 : Victims Of Science (1989年)
A1. Intro/Endangered Species
A2. Fossilized
A3. Shock Treatment
A4. Victims Of Science
A5. Gutter Rats
B1. Walking Plague
B2. Chemical Imbalance
B3. Incubus
B4. Observations

LP2 : Demos 1987-1991
C1. Endangered Species
C2. Shock Treatment
C3. Gutter Rats
C4. Walking Plague
C5. The Incubus
D1. Crackdown
D2. Ballistic
D3. Forces Of Nature
D4. Sex Cult

2005 Session 10"
E1. Against The Grain
F1. Vapor Lock

DVD - Toxic Video Dump
Live In Fort Worth 1989
Live In Dallas 1992
Surplus Waste


タイトに畳み掛けるような猛スピードのドラミングが素晴らしく、ほぼブラスト・ビートな激速パートも飛び出すけど、楽曲はピュア・スラッシュ・メタル全開で、スラッシュを維持したままスピード・アップした当時のバンドの中で、デス・メタル以降のエクストリーム要素を全く取り入れずにこの完成度まで到達したバンドは、他にそうはいなかったと思います。と言っても全編ほぼブラスト手前なスピードコア・スラッシュ・メタルではなくて、SACRED REICHがドカドカな重量感の代わりに切れ味を増したようなタイプ、と言った感じもします。1991年のデモ音源も、スラッシュ衰退期の音源とは思えない熱血暴走っぷりですし、ライブDVDはたぶんこれまでyoutubeなどにも上がったようなことのない初公開映像のようです。そしてブックレットも本当に素晴らしい!!F.O.A.D.らしいリリースだけど、なんかBBTADのレコードみたいな完璧なブックレットです。ヴァイナル・ジャンキー80'sスラッシュ・メタル・ファン必須です!!



insecticide-xtermination.jpg

・INSECTICIDE - Xtermination CD 税込1,944円 (Marquee)

1986年結成のUSカリフォルニアで活動するスラッシュ・メタル・バンドのディスコグラフィーCDです。ブラジルのMarquee Recordsから2014年にリリースされていたものですが、もうダサいとかのレベルを越えた酷いジャケのせいで今まで1度も入れてこなかったけど、このバンド、New RenaissanceのThrash Metal AttackシリーズのVol.2に入ってたバンドだとようやく気付きましたので、遅ればせながら入荷させてみました。


Tracks 1-09 : 未発表LP (1990年)
Track 10 : 未発表曲 (1989年)
Tracks 11-14 : DEMO (1987年)
Tracks 15-17 : Swarm Kill DEMO (1988年)
Tracks 18-19 : live Mexico City 18th November 2007
Tracks 20-23 : live Houston 27th September 2008


西海岸らしいクロスオーバーな雰囲気もあるバンドで、90年の未発表アルバム音源と89年未発表曲ががかなりカッコいいです。ハードコアっぽさがあるけどほとんど裏打ちで突進するところはまさにニュールネ・スタイルながら、サウンドは重厚で、89年の未発表なんかはSACRIFICEやDBCみたいな雰囲気の独創的リフも渋くて、87年デモも激速スピードコア・スラッシュ並みのパートを聴かせたりします。カナディアン・スラッシュ・クラシックの再発が多いMarqueeがリリースしてるせいもあって、どこかカナダのバンドっぽい渋さがあるスラッシュ・メタルです。1988年デモはもうちょっとアメリカン・スピード・メタル・パワー・スラッシュぽさもあるけど、SACRIFICE, SOOTHSAYER, M.A.D.あたりのカナディアン・スラッシュ好きにもオススメのナイス・オブスキュア・スラッシュ・メタル発掘盤です!!



phantomcrew-thrashing.jpg

・PHANTOM CREW - Thrashing Spree CD 税込1,944円 (Marquee)

1988年結成USペンシルバニア出身スラッシュ・メタル・バンドの16曲入りコンピレーションCDです。OVERKILLやBELLADONNAの前座を務めたりしたこともあったようですが、どの辺のバンドと親交が深かったのかなどが、ブックレットには写真やバイオなどもけっこうしっかり掲載してるのに全く見えてこないバンドで、知る人ぞ知る、と言うか、誰にも気に留めてもらえないような感じすらあります。


Tracks 1-3 : Demo 1989
Tracks 4-8 : Phantom Crew II Demo 1991
Tracks 9-12 : No Compromise Demo 1994
Tracks 13-15 : A Visit From The Sewage Fairies EP 1997
Tracks 16 : Still The Evil Stands Compilation 2004


しかしサウンドのかなりクォリティーは高く、METALLICA, ANTHRAX, EXODUS, TESTAMENT, etcの正統派アメリカン・スラッシュ・メタルの王道のようなスタイルです。まぁスラッシュでもあまり当店向きのスタイルではないから少ししか入れてないのですが、もうちょっとしっかり枚数入れても良かったな、と思えるほどです。ベイエリア・スラッシュ・メタル・ファンにはぜひチェックしてもらいたいオブスキュア・スラッシュ・メタルです!!

Japanese Hardcore!!


demolition-roadisfree-reissue.jpg

・DEMOLITION - Road is Free CD+DVD 税込1,944円 (Duel)

既に名古屋ハードコア・シーンでは恐れられていたDEMOLITIONの名を一躍全国区に押し上げた2000年発表の超名作CDが、バンド自身のレーベル Duel Recordsから念願の再発!!まだメタル・パンク・ムーブメントの吹き荒れる以前に、ジャパニーズ・ハードコアが元来備えていた古典的なメタル・パンク・フィーリングを呼び醒まし、シーンに一石を投じたと言っても過言ではない歴史的名作です。疾走感、ダイナミズム、切れ味、バイオレンス、など、いつ聴いても本当にカッコいいとしか言いようのないカッコ良さ!!2015年2月22日True Thrash Festでのライブを収録したボーナスDVD付き!!

暴君DEMOLITION!!! 今作はステージからブロックが飛んでくる時代にANSWERよりリリースされたバンド初CD音源をリマスターし、Duel Recordsより再発。現在でもLIVEで頻繁に演奏される曲も収録。2000年に発売後、瞬く間に完売した幻の名盤。オールドパンクスからメタルヘッズまで幅広く聴いて欲しい1枚。旧時代に音源に込められた怨念が暴力性を増して現代に蘇る! 5曲入り。特典DVD付き。(インフォメーションより)



secondtonone-babilu.jpg

・SECOND TO NONE - Bab-ilu PAPERSLEEVE CD 税込2,376円 (Radical East)

発売後即完売していましたが、見開きペーパースリーブCDでめでたく再プレスされました!!

90年代にタフガイ系メタリック・ハードコア・シーンから出現して以降、エクストリームな志向は極北へと深化し、デス・メタル / ドゥーム・メタル / ゴシック・メタルの要素を凝縮した極悪ブルータル・メタルコア・ドゥームを確立した大阪のSECOND TO NONEの超待望1stフルアルバムCDが、老舗レーベル Radical Eastからリリース。ハードコア上がりらしい窒息しそうな重量級のスラッジ・ドゥームに、女性Vo.のゴシック・メタル・パートも導入した、まさに集大成な内容の圧巻ドへヴィ作品DEATH!!

「そして遂にタクトは振り下ろされ、漆黒の旋律が舞う。台詞なき演者は闇の中、物語を語り始める....。 大阪Darkn' Heavy Invocate Orchestra「SECOND TO NONE」待望のファーストフルアルバム!」 1990年代、T.J.MAXX、DUG REVENGEと共に「HARDCORE BREAKOUT」で関西METALLIC HARDCOREシーンの中核をなし、 後のNEWSCHOOL HARDCOREの隆盛の一端ともなったバンド、SECOND TO NONE。 当時から今日まで、その極端なまでに異端な音楽性、そしてアウトプットを拒否しながらも 保持し続けるそのカルトなまでの存在感は、全くぶれることなく「孤高」であり続けている。 そして2016年、遂に彼らのファーストフルアルバムが完成した。 再録曲を含む全8曲のこの作品は、これまでの彼らの集大成でもあり、 圧倒的なスケールでその存在を再び現世に問いかける。 刻まれる度に細胞をゆっくりと侵食するかのようなリフとリズム、 全ての感情を咆哮に置き換え、中枢神経の深淵に突き刺さる声。 そして慟哭の調べに導かれ、聴く者は絶望の渦に飲み込まれてゆく。 METALLIC HARDCORE、DEATH/DOOM/GOTHIC METAL.... あらゆるエクストリームな音楽表現を血肉とした、唯一無二の轟音。 彼らにしか成し得る事の出来ないその音世界は、更に幽玄に鳴り響く。 前作「Marana Tha」より13年。 彼らが紡ぎ、織り成し続けてきた孤高の物語が今解き放たれる!(インフォメーションより)



guillotineterror-ittoryodan.jpg

・GUILLOTINE TERROR - 一刀両断 CDEP 税込1,080円 (Battle Planning)

東京三多摩ハードコア・シーンで長らく活動を続けて、メタリック・ハードコア, ポリティカル・クラスト, 伝統的ジャパニーズ・ハードコア, さらには2000年代中期あたりからスキンズっぽいタフネスも強調して独自のハードコア・サウンドを追及してきたギロチン・テラーが、2007年のKronosアルバムCD以来およそ10年を経て久々の新作EPを3部作で発表。そして達した境地は、おとこコアとでも言うべき究極の漢のハードコア!!この第2弾EPでは、北島三郎のカバーも披露!!



guillotineterror-taishigokun.jpg

・GUILLOTINE TERROR - 大志五訓 CDEP 税込1,080円 (Battle Planning)

こちらは第3弾EPで、岡千秋と都はるみのデュエットでその昔大ヒットした"浪花恋しぐれ"と、マッチもカバーしてたショーケンの"愚か者"のカバー2曲とタイトルにもなっている新曲の全3曲を収録。メタリック・ハードコアと演歌の融合なるそのサウンドは、聴かねば絶対にわかりません!!

1990年、【メタリックなジャパニーズハードコア】を構想していたKURUMIを中心に結成。 以来、一貫してメタリックで凶暴なハードコアサウンドに、日本語詞をのせた、ギロチンテラーでしか成し得ないハードコアを追求!!爆音と日本語詞により、不義不正を討ってきた!!ハードコアシリーズGig『STREET ANARCHISMストリート・アナーキズム』を企画し、細分化されたハードコアの壁をぶち壊す。 ギロチンテラーのオリジナル作品、マーチャンダイズは、自身が企画・制作・販売をするために設立されたバトルプランニングがおこなっている。今回リリース予定の『流れ星』、『一刀両断』、『大志五訓』は、ギロチンテラー漢のシングル三部作!としてリリースされる。(インフォメーションより)

EL ZINE - Vol.22 BOOK


elzine22.jpg

・EL ZINE - Vol.22 ZINE 税込600円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの、最新号となる#22です。今回は最新12"が大反響を呼んでいるUSHC Kings of Punk POISON IDEAの大特集です!!!

「Jerry Aにインタビューできるか聞いてみましょうか?」と軽率にも山路氏に提案してしまい、ワタクシ BOYの大倉がインタビューしたのですが、教養の照れ隠しとも思えるほどに皮肉で包んだ彼の独特な歌詞も納得の言葉遣いで、今までで一番好きなバンドとの仕事でしたが、学のない自分には今回が最も難儀したインタビューでした。POISON IDEAについて語るコラムの執筆陣も豪華なラインナップで、書けないことも多くあるバンドのPOISON IDEAを、みなさん愛情をもって真剣に語っていますので、言うまでもなく必読です!!!


●POISON IDEA
(今夏、自主レーベルより「Calling All Ghosts」12"EPをリリースした米国Kings Of Punk:POISON
IDEAのヴォーカル/Jerry Aへのインタヴューby RECORD BOY/大倉 了)

●コラム:ボクとPOISON IDEA
(「ボクとPOISON IDEA」と題したコラムを、バンド/レーベル関係の方々に執筆して頂きました)
執筆陣:
・山口大介氏(MIDNIGHT RESURRECTOR/TECHNOCRACYギタリスト)
・マエダシンゴ氏(TOO CIRCLE RECORDS)
・Souichi氏(FORWARD/G.I.S.M./UNDER THE SURFACE RECORDS)
・骸 aka Guy/大小田伸二氏(ORIGIN OF M/DISK SHOP MISERY/BLOODSUCKER
RECORDS/SAVE THE HIROSHIMA)
・今村紀康氏(TOM AND BOOT BOYS/ASUKA AND THE BUM SERVANTS/POGO 77 RECORDS)
・Mr.Koketsu氏
・鈴木智士氏
・岡本正貴氏(kriegshog)

●NEGATIVE INSIGHT
(アメリカのパンク・ファンジン:NEGATIVE INSIGHTを発行しているErik[レーベル:SOCIAL NAPALMのオーナー]へのインタヴュー)

●RIOT CITY RECORDS/暴動都市物語前編
(80's UKハードコアを象徴するレーベル:RIOT CITY RECORDSのオーナーであるSimon
Edwardsへのロング・インタヴューby NEGATIVE INSIGHT)

●LOS CRUDOS
(12月に来日を予定しているラティーノ・ハードコアの雄:LOS CRUDOSのオリジナル・ギタリストであるJose Casasへのインタヴューby Luis)

●ブラジルのパンクスが見たRIO OLYMPICS 2016
(ブラジル各地でアンダーグラウンド・シーンに関わっている方々に、リオ・オリンピックに対するそれぞれの見解を寄稿してもらいました)

●MASTER MUSICIANS OF JOUJOUKA FESTIVAL2016レポート
(アフリカ:モロッコのジャジューカ村で千年以上前から受け継がれてきた音楽「ジャジューカ」。7月にその村で開催されたフェスティヴァルのレポートby 大久保潤氏)

●SADIST
(TOTAL FUCKER RECORDSオーナーやG.A.S.H.、VIDEO FILTH、ASPECTS OF
WARなどのメンバーからなるボストンのダーク・パンク・バンド:SADISTのヴォーカル/Ghostへのインタヴューby Luis)

●infiAl
(トルコのアナキストたちによる、イスタンブールのソーシャル・スペース/カフェ:infiAl。その運営スタッフ/Karaumut氏に訊く、トルコの現在の政治状況等についてby
鈴木智士氏)

●GIG REVIEWS:NOWHERE TO RUN FEST
(ニューヨークで8月に開催され、先日来日も果たしたBELGRADOも出演したポスト・パンク・フェスティヴァル:NOWHERE TO RUN
FESTのレポートby Jose)

●GIG REVIEWS:PUNK DEPARTURE
(栃木県栃木市かかしの里で9月に開催され、LIFEやNOT A NAME
SOLDIERSなどが出演したFORTVIVLAN企画のハードコア・パンク・ギグのレポートby Saji氏)

●PSYCHO SQUATT
(フランスの女性ヴォーカル・ハードコア・パンク・バンド:PSYCHO
SQUATT。そのギタリストであり、レーベル/コレクティヴ:MALOKAを運営しているRudyへのインタヴュー:第2回目by
Grzester)

●APURTU
(バスクのパンク・ロック・バンド:APURTUのギター・ヴォーカルであるAitorへのインタヴュー:最終回by Grzester)

●PUNX VIEWPOINT:イギリスのEU離脱について
(国民投票によって今年の6月、EUからの離脱が決定したイギリス。この件についてどう思っているのか、ロンドンのパンクスに聞いてみました)

●LASHING SPEED DEMONS
(西海岸パンクの巨星:Xの1stアルバム「LOS ANGELES」とその周辺に関するテキストby 大越よしはる氏)


RIPCORD reissues!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨日完了出来なかったカルト・メタル系商品数点とUKHCスラッシャー RIPCORDの再発盤を先ほどカートアップしました。明日はPOISON IDEA特集号のEL ZINE発売日ですので、張り切って販売していきます!!



ripcord-defiance-lp.jpg

ripcord-defiance-cd.jpg



・RIPCORD - Defiance of Power 2LP+CD 税込3,240円 / CD 税込1,620円 (Break The Connection)

Late 80's UKHCルネッサンスを代表するバンドの中では日本でも常に高い人気を誇るRIPCORDが、2016年10月に地元のみで2回のライブで復活!!チケットは発売後数時間で速完売したそうで、母国UKでも大変話題となっています。その復活に合わせて、1st&2nd両作品が悲願のオリジナル・ジャケ・デザインで再発されました。

こちらは1987年発表の1stアルバムで、ボーナスとして1987年オランダでのライブと同年リハーサル音源を追加した全47曲入り。LPは2枚組で、同内容のCDも付いています。今回の日本流通分はカラー・ビニールで、帯とメンバー自身によるライナーノートの日本語訳も付いていて、CHAOTIC DISCHORDによる"Fuck Off Ripcord"誕生の謎が遂に解き明かされます!!

初期NAPALM DEATHにも在籍し、フロリダDEATHのTシャツもよく着て、1番クラスト・メタルなルックスだったJim氏が加入する前のこの時期こそが、RIPCORDは音楽的に最もクロスオーバーしていました。UKHCならではの荒々しさと、スラッシュ・メタルからの影響を強く出したギター・リフが素晴らしいバランスで融合していますが、BazはMETALLICAのTシャツを着ながらも自分にはああは出来ないと理解し、CONCRETE SOX、 HERESY, SACRILEGEなどの友達バンドを見て聴いて一生懸命練習したというのが良い話ですし、そしてそれが素晴らしい形で実を結んでいます。クロスオーバー・ファンにもオススメのUKHCクラシックです!!



ripcord-poetic-lp.jpg

ripcord-poetic-cd.jpg



・RIPCORD - Poetic Justice 2LP+CD 税込3,240円 / CD 税込1,620円 (Break The Connection)

こちらは1988年発表の2ndアルバムで、ボーナスとして解散直前の1988年10月にブリストルで行ったライブを追加した全45曲入り。LPは2枚組で、同内容のCD付きの今回のカラー・ビニール。帯とメンバー自身によるライナーノートの日本語訳も付きます。ライナーは凄く面白いので、ファンは絶対に読んでほしいです。

前任Vo.のBuzbyが脱退して、初期はベースだったSteveがVo.にパート・チェンジして復帰。ベースにはex.NAPALM DEATHのJimが参加。この時代のRIPCORDは、初期のクロスオーバーなメタリック・ギターは陰を薄めて、USボストン・ハードコア・パンクの影響を強めたスタイルへと深化しています。SSDとSIEGEのカバーもやってるように、SSDに代表されるクルー系のボストン・アングリー・ハードコアを、SIEGE影響下のブルータル・ファスト・スラッシュ・サウンドに乗せたようなダイナミックなハードコア・サウンドで、バンド自身もファンも本作こそがRIPCORDの絶頂期と評価する、自他共に認める最高傑作です!!

09 | 2016/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR