RECORD BOY

Metal Deadness!!


gorgosaur-lurking.jpg



・GORGOSAUR - Lurking Among Corpses CD 税込1,728円 (Memento Mori)

ベース&ギターの弦楽器を担当する女性と、ドラムを担当する男性の2人編成のバンドで、Voも両者が務めるツインVo.スタイルのデス・メタル・バンド。リリースしたレーベルはTRANSGRESSOR再発などで日本のファンにもお馴染みのMemento Moriだけど、出身はBlood Harvestのお膝元Malmo、録音はSunlightスタジオでエンジニアはTomas Skogsberg、マスタリングはThe Crypt / Dark SymphoniesのTed Tringo、ジャケはMark Riddickという、デス・メタル・シーンの人脈を駆使しまくって発表されたスウェディッシュ・デス・メタルバンド新鋭の、イントロ&アウトロ含む含む10曲入り1stアルバムCDです。

これだけの条件がそろって反応しないメタル・ファンがいたらそっちの方が凄いけど、内容もまぁ200%世予想通りのサウンドで、スウェディッシュ・デス・メタル・ファンは絶対にチェックしておきましょう。ENTOMBEDやDISMEMBERなどのタイプですが、こういった手法の現代のスウェデス・バンドが放つパンキッシュなテイストもやはりどこか漂っていて、BASTARD PRIESTやBASTARD GRAVEのようなバンドが好きな人には完全にオススメ。BASTARD GRAVEとは共演もする仲良しバンドのようです。



ceremony-tyranny.jpg



・CEREMONY - Tyranny From Above CD 税込1,836円 (Vic)

PHLEBOTOMIZEDに一時在籍していたギタリストが、PHLEBOTOMIZED参加以前の1990年に始めたオランダ・ロッテルダム出身デス・メタル・バンドの1993年発表唯一のアルバムが、1992年の1st 7"もボーナス収録してVic Recordsから再発。オリジナルはCyber Musicからのリリースで、ボーナス音源のEPはCenotaph Recordsリリースという、初期カルト・デス・メタル・ファンにはたまらなく魅力的な名門レーベルからの2作品をまとめたCDです。

1st 7"ではSINISTERのオリジナル・メンバーでMONASTERYもやってたRon van de Polder氏がベースで参加し、またこのバンドのギタリストもSINISTERから加入要請でお声が掛かったことがあったそうです。そのギタリストによるライナーノートがなかなか面白くて、BEYOND BELIEFやOFFICUM TRISTEなどのダッチ・カルト・ドゥーム・デス・メタルなどとも交流があったようですが、オブスキュアな存在に終わったとは言え、このCDを聴く限り、SINISER参加要請を断ったのも正解だったと評価したい、ダッチ・テクニカル・デス・メタル・ファンはガッツポーズ級のカッコよさです。クレイジーなリフ・ワークなどのフレーズでテクニックを強調するのではなく、重厚なサウンドで目まぐるしく偏屈な展開を突き進む起伏の激しい曲調は、まさにダッチ・スタイルのテクニカル・デス・メタルそのものです。テクニカル・グラインドのようなパートはまるでキーボードのないPHLEBOTOMIZEDのようですし、OBTRUNCATION, POLLUTED INHERITANCE, DISSECTなどのファンは必聴級の隠れた名盤!!



cremation-retaliation.jpg



・CREMATION (Netherlands) - Retaliation CD 税込1,836円 (Vic)

HAIL OF BULLETS, ASPHYX, THANATOSで活躍しまくるギタリスト Paul Baayens氏のファースト・デス・メタル・バンドとされる1993年結成オランダのCREMATIONの2002年発表唯一のアルバムが、Vic Recordsから待望の再発。オリジナル・リリースは自主制作の9曲入りCDでしたが、この初の再発盤は1998年デモ/1999年デモ/2001年未発表をボーナス収録した17曲入りとなっています。

オランダのデス・メタル・ギタリストを代表するPaul Baayens氏も、このバンド始めた頃は曲の書き方も全く分からなかった、などとセルフ・ライナーノートでは書いてますが、内容は初期デス・メタル・ファン文句なしのカッコよさです。ジャケ・ブックレットに掲載の若かりし頃のPaul Baayens氏は、HYPNOSIAのTシャツを着てて(余談ですが最近はAXEGRINDERのTシャツ着てる)、PARADISE LOST, GOREFEST, MEGADETH, SEPULTURA, DEATHなどを当時カバーしてた、と語ってるけど、このアルバムを制作した頃はもうバンドが後期なので、それらの影響が完璧に融合されたアルバムとなっています。土台はプログレッシブ要素を導入する以前の初期DEATHの影響を強調したオールドスクール・スラッシュな疾走感に、DEATHやスウェディッシュ・デス好きも耳を奪われるであろう流麗メロディック・ソロが絡み、非の打ち所がありません!!GOREFESTファン必聴のタイプですが、メロディック・ソロはこのCREMATIONの方が数段上ではないでしょうか?オススメです!!



pestilence-reflections.jpg

・PESTILENCE - Reflections of the Mind CD 税込1,836円 (Vic)

初期のデモをまとめたコンピレーション・アルバム The Dysentery Penanceに続き、Vic Recordsから3rdアルバム Testimony of the Ancientsと4thアルバム Spheresの間の1992年に録音されていたレア・デモ音源とリハーサル音源をまとめた18曲入りCDがリリース。PESTILENCEはMarquee RecordsからのPresence of the Pastオフィシャル・ライブ・アルバムCDも出てたし、このところ過去レア音源のCDリリースが立て続けですので、今後も何かあるのか?と期待に胸が膨らみます。UnisoundスタジオでのDan Swano氏によるリマスタリングが施されています。


DEMO 1992 :
1. Reflections of the Mind
2. Searching the Soul
3. Times Demise

REHEARSALS 1991-1993 :
4. Changing Perspectives
5. Level of Perception
6. Multiple Being
7. Spheres
8. Land of Tears
9. Stigmatized
10. Presence of The Dead
11. Prophectic Revelation
12. Twisted Truth
13. Pat & Pat
14. Echoes of Death
15. Secrecies of Horror
16. Testimony
17. Omens of Revelations
18. Testimonial Ideas


デモの3曲はいずれも後にSpheresアルバムで発表されることとなる曲で、"Searching the Soul"は"Soul Search"の原曲、"Times Demise"が"Demise of Time"の原曲です。このタイトル元ネタばらしはたいして意味を感じられませんが、しかしサウンドは断然このデモ・テイクの方が素晴らしい!!デモのオリジナル・ミックスはもちろん聴いたことないけど、これは絶対にDan Swano氏によるリマスタリングの効果が絶大なのでしょう。素晴らしい音質ながら、ジャジーなプログレッシブ・テイストを増したあのSpheresアルバムの曲が、めちゃくちゃパワフル&ラウドな演奏で聴けます。このアンバランス感は本当に素晴らしい。CORONER, MEKONG DELTA, TARGETなんかのテクニカル・スラッシュ・メタル好きにも強烈な一撃なのではないでしょうか。リハーサル音源も、聴いてて本編デモ部分から別の音源の変わり目に気付かないほど、リハ音源と言われて連想するような音質とはまるで違います。ギター&Vo.のPatrick Mameli氏によるライナーノートもボリューム満点で、PESTILENCEファンは絶対に大満足のレア音源集コンピレーションです!!



Japanese Punks!!

norulenobashing.jpg

・V.A. - No Rule No Bashing CD 税込1,080円 (Mindshocking)

Mindshocking RecordsとDEATH STRINGERのFK氏による企画の東海地方ハードコア・パンク・オムニバスCD。見開きペーパー・スリーブで帯付き。先に入荷してたCDが好評だったDEATH STRINGERをはじめ、東海地方以外の方はなかなか接することができないバンドばかりで、ローカル・ハードコア・ファンには嬉しい内容となっています。


レーベル・インフォ・バンド紹介

MOST AWESOME CONFUSION
名古屋RAGING FAST THRASH!!前回の単独音源よりまた新たなアプローチを模索し、とにかく速く!そう!速けりゃいいんだよ!をモットーに今回もスピード感満載の新曲3曲収録。

HEMISPHERICAL
2006年、岐阜ハードコアの重鎮(ex.STAB 4 REASON, ex.S.D.S.他)のメンバーにて結成されたHARDCORE PUNK BAND!ライブのみで活動してきた彼らが長い沈黙を破りついにアルバムをリリース!メタリック且つR&Rなハードコアスタイルが聴く者を魅了する!先に発売されるアルバムから2曲を収録。

DEATH STRINGER
HIGH VOLTAGEKILLER/GESTALT/LETHALASH/SLAVE MASTER CONNECTION/TROPICAL Z等で活躍したメンバーが在籍。
パンク/ハードコア/スラッシュメタルなどの各分野で活動を経たメンバーで構成された楽曲はメタリックかつ疾走感のある愛知レイジング ジャパニーズハードコア!!先に発売した音源より2曲収録。

TORMENTOR
ジャンル問わず様々なイベント等に出演し、自分達のペースで地道な活動を続けるMetallic D-Beat UK Hardcore Punk!
過去には4曲デモ音源リリースした彼らが満を持してオムニバスに参戦!今後に活動に期待!2曲収録!

DESMILE
過去にVA「UNDERGROUND PUNK ROCKERS」等に参加し、exTROPICAL Zでボーカリストとして活動したミノル氏がex響のメンバーらと新たに結成。全く衰えを見せない勢いのある2ビートにテクニカルなギターが絡み合う、そしてミノル氏のシャウトが勢いを増す!今回初音源を2曲収録!

血ミドロ
2006年に前身バンドから改名とメンバーチェンジを経て2014年4月にVo.&Gt.アキミドロ加入後「血ミドロ(ケツミドロ)に改名。
2015年1月に1stフルアルバム「愛憎底無し沼」をリリースしてPVなども制作し現在に至る。バンド名を表す様に全身血まみれの出で立ちで卑猥な言葉を浴びせるも何処か健全な一面もあるポルノグラインドコア!多種多様のジャンルのバンドとも交流し活動の場を広げている彼らの3曲を収録。

the SUPER FLOOR
愛に溢れた謎の覆面集団。底抜けに明るいUSハードコア調の楽曲に彼ら独特のファニーな歌が乗るとまさにスーパーフロアワールド!ラストの曲にはラッパーをフューチャーし、彼らが愛するアイドルグループへのアンサーソングなのか?どうかは分からないけど、とにかく彼らには愛がある!そんな愛が詰まった3曲で今回のフィナーレを飾る!




thegenkakuneons-howling.jpg





・the 幻覚 NEONS - Howling City 7" 税込1,296円

Genocide Mamada改めTerurizer氏が率いて精力的に活動してきた東京メタルパンク・バンド THE 幻覚 NEONSが1st 7"を自主リリース。残念ながら解散が決まっていますが、NWOTHMパンクとでも呼ぶべき彼らのサウンドは本作品で聴く限り脂の乗り切った状態で、TANK型の必殺パターンで疾走する王道メタルパンク・ナンバーのA面と、ZUULなんかのシカゴ・ハイエナジー・ロッキン・メタルも彷彿させるB面、ともに80年代にあこがれる現代の若者らしい感性が炸裂した痛快な最終作となっています。歌謡性も備えた女性Vo.のキャラクターも秀逸で、この日本独自のNWOTHMパンキッシュR&Rが、クール・ジャパンを愛する海外の人々にどう受け止められるのか今後が楽しみだっただけに、解散は惜しまれます。しかし決まったことですから、この1st 7"とレコ初2daysで華々しく散っていただきましょう!!限定300枚ナンバリング入り!!


thegenkakuneons-howling-flyer.png

THE幻覚NEONSの解散に伴うファイナルリリース7インチ!ドライヴィンスピードメタルナンバー"湾岸ブルーライト"と8ビートハイエナジーショックメタル"HIGH SPIRITS"の二曲を収録した売り切れ御免の限定300枚プレス、レーベル面への手書きナンバリング盤!

LIVE INFO
THE幻覚NEONS解散企画「FINAL ASSAULT 2DAYS 第三回西荻窪トワイライトゾーン&爆裂ナイトVOL.4」

9/30(FRI)
第三回西荻窪トワイライトゾーン
会場:西荻窪Pit Bar

出演
THEノーフューチャーズ
CRUCEM
THE幻覚NEONS
DJ:VIDEOMAN

OPEN19:00/START20:00
前売り1200円/当日1500円


10/1(SAT)
爆裂ナイトVOL.4
会場:初台WALL

出演
ABIGAIL
VANISHING(名古屋)
SICKz(茨城)
BLAZE(大阪)
THE幻覚NEONS
DJ:VIDEOMAN

OPEN17:30/START18:00
前売り2300円/当日2500円



(インフォメーションから転載)

08 | 2016/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR