RECORD BOY

Death Cult from the Graves!!


thedeatharchives-book.jpg

・JORN STUBBERUD - The Death Archives MAYHEM 1984-1994 BOOK 税込8,424円 (Ecstatic Peace)

ノルウェーの出版社から発売されて当店でも大反響を呼んだMAYHEMのベーシスト JORN "Necrobutcher" STUBBERUD氏監修による、初期MAYHEMドキュメンタリー・ブックが、念願の英語版も遂に発売!!ノルウェー国外には全く流通されないという状況に業を煮やした大物中の大物が動き出して、SONIC YOUTHのThurston Mooreが英語版の出版を計画。Thurston Mooreはグランジ全盛の頃から「OBITUARY最高」なんて発言もしてたし、生粋のヘヴィメタル・ファンであるのは有名ですから、ゴシップ的な取り上げ方ばかりだった過去のMAYHEM / ノルウェー・ブラック・メタル関連ドキュメンタリーをことごとくヘイトしてきたNecrobutcher氏が許可したのは、不思議な話ではありません。しかしThurston Mooreは後書きを添えているだけで、ハードカバーや写真のクォリティーなどの体裁は、ノルウェー本国版となんら遜色のないボリューム満点の仕上がりですので、安心してください(SUNN o)))のStephen O'malleyも後書きを寄せています)。

とにかくこの本については、現物を手にとってもらえば誰もが値段の事など頭からスッ飛んで666%理解してくれるでしょう。凄い、、、これは本当に凄すぎる、、、完全に興奮マキシマムの初公開極悪渋写真超満載で、マジで本を持つ手が震えてきます!!!!!写真はNecrobutcher氏が所有してたものを提供してるそうで、大量の初公開写真も、有名な写真の数々も、全てがこれいじょうないくらい鮮明に掲載されています。意味不明だったDeadのあの赤いギザギザGジャンの仕組みもようやくわかったし、壁にはVENOMのオフィシャル・マフラーやBULLDOZERのLPなどと並んでIMPALERのLPも飾ってるし、KREATORのMille PetrozzaやMOTORHEADのWurzelなどとの「大ファンです、一緒に写真撮ってください!」ってな感じでの記念撮影や、Alternative TentaclesのTシャツ着てるManiac氏や、たぶんBon JoviのTシャツ着てるHellhammer氏や、そしてそしてそして、あどけなさの残る若かりし頃のEuronymous氏の写真などなどなど、とにかく釘付けで隅々まで穴が開くまで見つめてしまう凄い写真超満載!!!666!!!

しかも英語版なのでチョロッとテキスト読み出すと、もう面白すぎて止まりません、、、。1985年にNecrobutcher氏とEuronymous氏はVENOMを観に渡英していたようで、Wurzelとの写真はその時に偶然出会って実現したものだったようです。さらに1986年~1987年にはプロモーションでドイツやUKを再度訪れ、親交の深かったASSASSINを訪ねたのは有名ですが、イギリスではNAPALM DEATHメンバー宅で世話になってたそうです。その際、バーミンガムでフーリガン/ネオナチ・スキンズとトラブルに遭い、リー・ドリアンは負傷した、なんてことも書いてあって、これは英語版を待ち望んだ人は今年下半期掛けてでも熟読しまうことでしょう。絶対に必見&必読&dieee!!!!!deathhh!!!!!



mastershammer-formulae-cd.jpg

・MASTER'S HAMMER - Formulae DIGIPACK CD 税込2,484円 (Jihosound)

Mantrasアルバムでの復活以降精力的に活動を続ける東欧チェコを代表するブラック・メタル・バンド MASTER'S HAMMERの2016年新作アルバムです。今回もメンバー自身による自主レーベルからのリリースで、ブックレット封入の6面デジパックです。

1991年発表の1stアルバム Ritualで、KING DIAMONDの作品にも通じるオカルト・ホラーなドラマ性と、BATHORY影響下ペイガン・メタル風味のフォーク感覚を融合したブラック・メタルを聴かせ、世界中のメタル・ファンに「東欧チェコにMASTER'S HAMMER在り!」と絶賛され強烈な印象を与えたカルト・バンドです。その後、賛否両論の舌戦がファンの間で永遠に繰り広げられる1995年発表の問題作 Slagryで表現した、クラシック/オペラ/テクノ/ダンス・ミュージックなどの非メタルな要素を導入したアヴァンギャルド・メタルの究極のような音楽性が、ただの気の迷いではなかったのを証明するかのように、2009年の復活アルバム Mantrasは、東欧フォークロアな情緒と宗教的な旋律が無機質なエレクトリック・パートとも奇跡的に溶け込みながら乱れ飛ぶ、唯一無比のエクスペリメンタル・ブラック・メタルの大傑作を作り上げました。

復活後のMASTER'S HAMMERはMantras路線を踏襲していますので、今回も安心して、と言ったらヘンですが、信者は大満足間違いなしの内容です。聴き慣れただけなのかもだけど、もはやエレクトリックなビートもMASTER'S HAMMERがやると、へヴィメタルとしてのバンド形態やアンシエントなフレーズなどと完全に融合して東欧の黄昏た情緒漂う歌劇に仕上がっているのが本当に素晴らしい。NYのTHROAATなど、正統派エピック・メタルとブラック・メタルの融合を試みる現代の多くのバンドが、MASTER'S HAMMERを崇拝するのは、Mantrasアルバム以降の近年作を聴いた方がよりわかりやすいかと思います。全作品揃えていませんが、全作必聴のキング・オブ・カルト・バンドです!!



azaxul-thefleshly.jpg

・AZAXUL - The Fleshly Tomb CD 税込2,268円 (Misanthrophia Discos)

ボックスセットに端に発した数年前の一連の再発も大いに盛り上がったジャーマン・カルト・ブラック・メタル MOONBLOODのVo.のGaamalzagothが、1997年からやっているアナザー・カルト・ブラック・メタルが遂に1stアルバムを発表。過去にはSombreからS.V.E.S.T.とのSplit 7"と、他はカセットとCDRのみで、自分もこのCDまで聴いたことがなかったのでとても楽しみでした。MOONBLOOD信者はもちろん、ユーロ・カルト・ブラック・メタル・ファンを沸かせている話題のリリースです。

チリチリかきむしり型ではないフォーク基盤のギター・リフは繊細ですらあり、狂ったVo.も実にGaamalzagothらしくて、やはりMOONBLOODとの共通性は随所にあるけど、このテのブラック・メタルとしては比較的クリーンな音質でぶちかますユーロ・ブラック・メタル・サウンドは、初期SATANIC WARMASTERやDARKTHRONEのようにカルト・バンドの域を超越しつつある完成度の高さではないかと思います。これはカッコいいぞ!!オススメです。



mystifier-goetia-cd-mutilationrecs.jpg

・MYSTIFIER - Goetia DIGIPACK CD (Mutilation Records) 税込1,944円 (Mutilation)

SARCOFAGOに次ぐキングス・オブ・ブラジリアン・カルト・ブラック・メタル、MYSTIFIERの1993年発表2ndアルバムCDが、ブラジルMutilation Records盤デジパックで入荷。以前に入荷してたUSのGreyhaze盤デジパックCDは、ボーナス音源がLive at Pacha Clubでしたが、このブラジル盤は1990年の T.E.A.R. (The Evil Ascension Returns) 1st 7"をボーナス収録!!Mutilation Recordsはホント流通が悪いんだけど、SEPULTURA "Schizophrenia", SARCOFAGO "I.N.R.I.", MUTILATOR "Immortal Force", HOLOCAUSTO "Campo de Exterminio" (これは結局ウチは入荷できませんでした) etcのポスター付きピクチャー盤LP再発など、けっこう良い仕事をしてくれます。このデジパックCDも、ジャケ内側の初期写真が最高デス。


Goetia (1993年)
1. Aleister Crowley & Ordo Templi Orientis
2. An Elizabethan Devil Worshiper's Prayer Book
3. The Sign of the Unholy Cross
4. Caerimonia Sanguilentu
5. Beelzebub
6. The Realm of Antichristus
7. The True Story About Dr. Faust's Pact With Mephistopheles
8. Cursed Excruciation
9. The Sinuous Serpent of Genesis
10. the Baphometic Goats of Knights Templar in the 12th Century

T.E.A.R.-The Evil Ascension Returns 7" (1990年)
11. The Cult (Intro) / The Ancient Prediction (My Eternal Nightmare)
12. The Sign Of The Unholy Cross / The Cult Continues (Outro)


IMPURITYと並ぶSARCOFAGOウォーシップではありますが、MYSTIFIERの場合はそこにBEHERITやBLASPHEMYのようなウォーブラックのテイストも導入してしまったのが最大の特長です。真っ黒けの極悪ブラック(黒人)メタル・ルックスも、まるでSARCOFAGOとBLASPHEMYの中間でした。この後の3rdアルバム The World Is So Good That Who Made It Doesn't Live Hereはアヴァンギャルドに暴走して、ROOTにも負けずとも劣らない世界感を確立した傑作ですが、この2ndアルバムは南米らしい呪術的な原始性に、VARATHRONみたいな叙情もちょっと顔を覗かせたりするのも素晴らしいです。1stと3rdはMYSTIFIERの異端性が爆発したような作品ですが、この2ndが一番南米ブラック・メタルとして完成度が高い、と評価する声が多いのも納得です。全南米暗黒鋼鉄信者必須の重要名盤です!!



POISON ARTS - One Hundred Dragon out of Kick Rock CD


poisonarts-onekick.jpg

・POISON ARTS - One Hundred Dragon out of Kick Rock CD 税込2,500円 (Rising Sun)

オールド・ジャパニーズ・メタルコア・ファンに根強い人気を誇るPOISON ARTSの、1988年にSelfish Recordsから発表した1st LPと、1989年にCaptain RecordsからCDで発表した2ndアルバム One Hundred DragonをカップリングしたCDが限定1000枚でリリース!!帯に記載されている販売価格は税抜き2000円となっていますが、正しい価格は税込み2500円となります。


-収録曲-

1.Kick Rock
2.Tokyo Hungry Punks
3.Craze for Struggle
4.She is マリアン
5.Bad Life
6.The Blazing Fire
7.Heart Gypsy
8.Animated Town
9.Until My Dream Comes True
10.Devil in You
11.Hear I Am
12.Hi Energy
13.Never Let You Stay
14.No Future
15.Run for the Lost
16.不良少年の叫び
17.One Hundred Dragon
18.Absolutely Hungry
19.Crawl Ahead
20.Hi Energy




07 | 2016/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR