RECORD BOY

SCAPEGOATS - Kopflos E.P. KAWAKAMI EDITION 7" back in stock soon


scapegoats-ep-kawakami.jpg

・SCAPEGOATS - Kopflos E.P. KAWAKAMI EDITION 7" 税込2,160円 ご予約受付商品 (Larmattacke)

品切れ後も予想以上の反響が続いてますので、再入荷手配致しました。ご予約受付開始します。入荷時期は9月中旬予定、お値段は前回と同じでいきます。特に締め切りは設けませんが、確保してる分に達してしまったら、到着前にご予約は締め切ります。

--------------------------------

Disパンク・マニアに人気の高い80'sジャーマン・ハードコア・パンク、SCAPEGOATSの1986年発表名作7"が、KAWAKAMI EDITIONとしてオフィシャル再発!!これは、オリジナル・プレスで存在したレッド・ビニールが発見されたため、無事な盤だけを選んでジャケットを新調して再流通させたものだそうです。再プレスではありません。生前交流のあった川上氏を偲び、川上氏から送られてきた手紙や、当時のやりとりをライナーノートにしてインナーに掲載して、帯/ステッカー/SCAPEGOATSバッチ/DISCLOSEバッジも付けて、日本限定での再流通です!!

1997年に日本のPeace Punk Recordsからもオフィシャル再発され、川上氏はそれを手に入れてSCAPEGOATSに手紙を書いてたようです。川上氏とPeace Punk Recordsオーナー氏が、その後お互いに音楽的趣向の幅を広げて過去とは違ったシーンで再度巡り合い、共同で作品をリリースすることになったのは、運命的な再会と言うより、お互いの貪欲なエクストリーム・ミュージックへの探求心の表れだったのではないでしょうか。ちなみに、川上氏が手紙の中で触れてるSCAPEGOATSのデモというのが、とんでもない恐ろしいサウンドだという話ですので、いつかそれも再発してほしいものです。メンバーは絶対再発しないだろうけど・・・。

内容については、世界中の未だ見ぬD-Beatパンクを探し求めていた川上氏を虜にしたのも完全に納得のロウ・パンク・ノイズ・スラッシュで、しかも演奏がかなり危ういのが最高!!この崩壊寸前の危うさこそがSCAPEGOATSの魅力で、南米バンドのそれとはちょっと違い、dis(charge)リフなのにD-Beatが出来なくてdis(order)ノイズ・スラッシュなリズムになってるところは、同じドイツだとVORKRIEGSPHASEや、オランダのPANDEMONIUM的でもありますが、骨格はやはりDISCHARGEです。ベーシストの着てるDISCHARGEのTシャツがまた凄い!!これは初めて見ました。だれかレプリカ作らないかな?御覧の通り、帯の色は数種ありますのでランダムに販売していきます。

ご希望の方は通常のカート購入と同じように、ご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れていただきたいのですが、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、必ずこの商品のみでカートを進めてください。宜しくお願いします!!!

Death Cult from the Graves!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品のカート・アップを先ほど完了しました。受注メール返信対応は木曜日以降になります。



sarcasticterror-thelast-cd.jpg


・SARCASTIC TERROR - The Last Act Of Subsidence CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

ギリシャで1990年代前半の数年のみ活動したオブスキュア・デス・メタル・バンドの音源を、Dark Symphoniesが帯付きの限定1000枚でリリース。


Tracks 1-3 : the Infernal Hatred EP (Split w/ In-Quest) (1995年)
Track 4 : Hammer Holocaust Vol I compilation (1995年)
Tracks 5-7 : downtuned, slower "deadly" versions of the Infernal Hatred tracks
Tracks 8-15 : the Sarcastic Terror rehearsal DEMO (1992年)


マニアに高く評価されるSplit EP音源は、これぞギリシャ・エピック・デス!!な、シンセを思いっきり前面に出したスロウ~ミドルテンポ中心の曲調で、ROTTING CHRIST, VARATHRON, THOU ART LORD, NECROMANTIAなどのファン必聴のキラーEP。ところが92年のデモはそんなエピック・デスとは落差の激しすぎる極悪音源で、NECROFAGOやNECROBUTCHERなどのようなNWN!が再発する南米グラインディング・ネクロ・デスラッシュ好きに絶対激烈オススメ!!そういえばROTTING CHRISTも最初はグラインドコアからスタートしたバンドだったけど、ギリシャはこういう深化が一般的なんでしょうか??これはNWN!がリリースした方が良かったような再発盤です。



crucifer-carrier-cd.jpg



・CRUCIFER - Carrier of the Cross-The Anthology 2CD 税込2,160円 (Dark Blasphemies)

以前にWild RgasのデッドストックCDが数種入荷していたUSヴァージニア州で活動したスラッシュ/デス・メタル・バンドのディスコグラフィーが、Dark Blasphemies Recordsから2枚組でリリース。限定500枚です。


CD 1
Tracks 1-8 : Pictures of Heaven ALBUM (1993)
Tracks 9-11 : Separation EP (1995)

CD 2
Tracks 1-8 : Festival of Death ALBUM (1992)
Tracks 9-14 : Beyond the Realms DEMO (1991)


スラッシュ色が強い初期のスタイルから徐々にデス・メタルへ接近し、そして最後はちょっと色気を出して若干モダンなテイストも導入して自滅した、当時のスラッシュ/デス・メタルの典型的な人生を全うして消滅したバンドです。後期に本格的にデス・メタル化したと言っても単にブルータルに過激化したのではなく、リフはSLAYER型スラッシュのまま曲調や展開がダークに凝ってきて、プログレッシブ・スラッシュの延長線上にデス・メタルの偏屈な要素と合致したような感じが、ハマるとけっこうクセになる味があります。Pictures of Heavenアルバムは、ガリガリのスラッシュ・リフでMORBID ANGELやACHERONなどにも通じる邪悪ミステリアスなアメリカン・デス・メタルを淡々と演奏していて、時々Morisoundデスラッシュのようなゴリゴリのブルータル・スラッシュを聴かせたりと散漫な印象もありますが、この作品のWild Rags盤CDが今ではマニアの間ではちょっとした人気盤となっているのも納得です(メンバーがライナーノートで言ってるような$100級のメガレア盤ではないと思うけど)。MORBIUSなんかを堪能できる方にはかなりオススメです。最終作のSeparation EPは、以前にデッドストックCDで聴いた時、本当につまんないゴミだと思いましたが、改めて聴くとインダストリアル狙いの無機質さがDEVIATED INSTINCTの後期みたいなつまんなさで、かなりイイ!!そしてディスク2に収録の初期音源はその無機質なダークネスを既に備えながら、もっとスラッシュなリフワークなのにどこかアヴァンギャルドで、こっちは本気でカッコいい!!CELTIC FROST, CORONER, TARGET, VOIVOD, CARCASS, GORGUTS, CARBONIZED, MORPHEUS, DEVIATED INSTINCT, DOOM (Japan), GABISH, etcをミックスしたらこんな風になるかな?ムチャクチャ言ってしまいましたが、オブスキュア・スラッシュ好きにもぜひ聴いて欲しいデス!!

Back in Black!!


thedeatharchives-book.jpg

・JORN STUBBERUD - The Death Archives MAYHEM 1984-1994 BOOK 税込8,424円 ご予約受付商品 (Ecstatic Peace)

売り切れ直後から再入荷ご希望のお問い合わせを数件いただいていましたが、ようやくめどが立ちましたので、ご予約受付開始します。入荷時期は9月初~中旬予定、お値段は前回と同じでいきます。特に締め切りは設けませんが、確保してる分に達してしまったら、到着前にご予約は締め切ります。

--------------------------------

ノルウェーの出版社から発売されて当店でも大反響を呼んだMAYHEMのベーシスト JORN "Necrobutcher" STUBBERUD氏監修による、初期MAYHEMドキュメンタリー・ブックが、念願の英語版も遂に発売!!ノルウェー国外には全く流通されないという状況に業を煮やした大物中の大物が動き出して、SONIC YOUTHのThurston Mooreが英語版の出版を計画。Thurston Mooreはグランジ全盛の頃から「OBITUARY最高」なんて発言もしてたし、生粋のヘヴィメタル・ファンであるのは有名ですから、ゴシップ的な取り上げ方ばかりだった過去のMAYHEM / ノルウェー・ブラック・メタル関連ドキュメンタリーをことごとくヘイトしてきたNecrobutcher氏が許可したのは、不思議な話ではありません。しかしThurston Mooreは後書きを添えているだけで、ハードカバーや写真のクォリティーなどの体裁は、ノルウェー本国版となんら遜色のないボリューム満点の仕上がりですので、安心してください(SUNN o)))のStephen O'malleyも後書きを寄せています)。

とにかくこの本については、現物を手にとってもらえば誰もが値段の事など頭からスッ飛んで666%理解してくれるでしょう。凄い、、、これは本当に凄すぎる、、、完全に興奮マキシマムの初公開極悪渋写真超満載で、マジで本を持つ手が震えてきます!!!!!写真はNecrobutcher氏が所有してたものを提供してるそうで、大量の初公開写真も、有名な写真の数々も、全てがこれいじょうないくらい鮮明に掲載されています。意味不明だったDeadのあの赤いギザギザGジャンの仕組みもようやくわかったし、壁にはVENOMのオフィシャル・マフラーやBULLDOZERのLPなどと並んでIMPALERのLPも飾ってるし、KREATORのMille PetrozzaやMOTORHEADのWurzelなどとの「大ファンです、一緒に写真撮ってください!」ってな感じでの記念撮影や、Alternative TentaclesのTシャツ着てるManiac氏や、たぶんBon JoviのTシャツ着てるHellhammer氏や、そしてそしてそして、あどけなさの残る若かりし頃のEuronymous氏の写真などなどなど、とにかく釘付けで隅々まで穴が開くまで見つめてしまう凄い写真超満載!!!666!!!

しかも英語版なのでチョロッとテキスト読み出すと、もう面白すぎて止まりません、、、。1985年にNecrobutcher氏とEuronymous氏はVENOMを観に渡英していたようで、Wurzelとの写真はその時に偶然出会って実現したものだったようです。さらに1986年~1987年にはプロモーションでドイツやUKを再度訪れ、親交の深かったASSASSINを訪ねたのは有名ですが、イギリスではNAPALM DEATHメンバー宅で世話になってたそうです。その際、バーミンガムでフーリガン/ネオナチ・スキンズとトラブルに遭い、リー・ドリアンは負傷した、なんてことも書いてあって、これは英語版を待ち望んだ人は今年下半期掛けてでも熟読しまうことでしょう。絶対に必見&必読&dieee!!!!!deathhh!!!!!

ご希望の方は通常のカート購入と同じように、ご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れていただきたいのですが、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、必ずこの商品のみでカートを進めてください。宜しくお願いします!!!

Rock Hard!Ride Free!!


portrait-st.jpg

・PORTRAIT - S/T CD 税込1,944円 (High Roller)

2007年の1st EPでマニアの注目を集め、2008年に発表したこの1stアルバムで、世界中のヘッドバンガーズに絶賛され一躍脚光を浴びた、スウェディッシュ・へヴィメタル・バンドの最高傑作1stアルバムCDがHigh Rollerから待望の再発。Metal Blade移籍以降の彼らしか知らない人は、これを聴いてぜひブチのめされてください!!

Vo.は明らかにKING DIAMONDを意識した唱法ながら、ヘタウマ度はある意味キングを上回ってます。歌が上手い云々ではなく(と言うかハッキリ言ってヘタだけど)、素晴らしくキャラクターが突出してて、メチャクチャかっこいいVo.です。楽曲もMERCYFUL FATEの影響が強いけど、MERCYFUL FATEのあの異様な独特の展開を除いて、スピードメタルのドライブ感を強調したような感じで、パワーメタル/スピードメタル・ファンにも絶対オススメ致します。1曲目なんか、スピード・ナンバーながら中盤はまるで"Devil Eyes"みたいな展開で最高!!メンバーのルックスも申し分なしです。この後、Vo.は脱退してHELVETETS PORTに専念。AUTOPSY TORMENTなどもやってたベースも脱退。PORTRAITは新編成で、Metal Bladeと契約して順調に活動を続けていますが、やはり本作が最もアンダーグラウンド・メタルの輝きが突出していて、ダイハード・バンガーズに今も絶大なる支持を受けています。



highspirits-takeme-ep.jpg



・HIGH SPIRITS - Take Me Home 7" 税込972円 (High Roller)

SUPERCHRIST Chris Black氏によるハードロック・バンド HIGH SPIRITSの2曲入りニュー・シングルが、ドイツのHigh Rollerから限定500枚でリリース。ブラック・ビニールとクリア・ビニールの各250枚プレスで、今回はクリア・ビニールで入荷しました。

NWOBHMはもとより、アメリカン・ハードやAORなど、80年代の空気に漂っていた叙情を今回も見事に再現しています。近年のヴィンテージ・ロック・ムーブメントと違い、70'sサイケやヒッピー感覚のない、バブリーで都会的なセンスを狙ったプロジェクトだとは思いますが、本作ではバッキングがいつもより骨太ワイルドに感じるのは気のせいでしょうか。当店的にはより親近感を感じる雰囲気になってますが、いずれにしろ、今回も全80年代メロディック・ロック狂必聴のアダルトなハードポップ・メタルでキュンとさせられてしまいます!!



zuul-thelaststroke.jpg



・ZUUL - The Last Stroke 7" 税込864円 (Under Watchful Eyes)

シカゴのハードロッキン・へヴィメタル・バンド ZUULの2016年最新EPが限定300枚で自主リリース。シカゴ・シーンの兄貴的存在 SUPERCHRIST / HIGH SPIRITSのクリス・ブラック氏に可愛がられて、HIGH SPIRITSのサポート・メンバーにも抜擢されている若者たちですが、残念ながら本作が最後のリリース作品になるとアナウンスしています。SUPERCHRIST周辺のシカゴ・メタルは当店でも根強い人気がありまして、このEPも店頭で既にそこそこ売れてしまっているので、カートアップ時点であまり多く残ってはいません。すみません。新曲+BLUE OYSTER CULTカバーの2曲入り。

HIGH SPIRITSに抜擢されるのも完全に納得の哀愁ハードロックが今回も全開で、メロディーはまんまHIGH SPIRITSだったりしますが、HIGH SPIRITSが非メタルの80年代エピックも導入しているのに対して、ZUULはやはり若々しいへヴィメタル・スピリッツが強く、ソリッドな鋼鉄のリフワークと、メイデンを原点とするツイン・ギターのハーモニー&バトルなど、思わずコブシを握りしめて熱くなってしまいます。SUPERCHRISTやBIBLE OF THE DEVILなどもすんなり聴ける、メタルヘッズ以外のR&Rファンにもぜひ聴いてもらいたいバンドです!!



zuul-harbinger-splitep.jpg

・ZUUL / HARBINGER - Split 7" 税込972円 (High Roller)

クリス・ブラック氏のソロ・プロジェクト HIGH SPIRITSのライブでのサポート・メンバーが3人在籍するシカゴのハードロッキン・へヴィメタル ZUULと、SAURONやWASTELANDERメンバー参加のミシガン・スピード・メタル HARBINGERによるSplit 7"が、High Rollerから限定500枚でリリース。ブラック・ビニールとイエロー・ビニールの各250枚プレスで、今回はイエロー・ビニールで入荷しました。ともに新曲を提供しています。

ZUULは哀愁を帯びながらハード・ドライビンする、NWOBHMフレーバーと熱いR&Rスピリッツを備えたZUUL節とも言える会心の一撃ナンバー。鋼鉄度数を強める前の、初期SUPERCHRISTファンにはたまらない曲だと思います。2009年の1stアルバム以来音沙汰の無かったHARBINGERは、今回のSplit相手のZUULを意識したのか、はたまた円熟味を増したのか、どちらかわかりませんが、パンキッシュでもあったあの弾けるような若々しさは封印して、シケたアメリカン・エピック・メタル・テイスト満開ながら、スラッシャー・メタルヘッズらしいアグレッシブな演奏とのミスマッチが絶妙で、これぞミシガン・メタル!!1stアルバムの路線よりも個人的には完全にコッチが好みです。

Only Death is Real!!


hellhammer-blood-ep.jpg

・HELLHAMMER - Blood Insanity 7" 税込1,944円 (Prowling Death)

VENOM, SLAYER, BATHORY, SODOMと並んで後のブラック・メタルの確立に多大な影響を及ぼしたスイスの伝説的サタニック・スピード・メタル・バンド HELLHAMMERが、1984年に自主リリースとして企画しながら幻に終わった2曲入り7"EPを、バンド自身のレーベル Prowling Death Records名義のもと、Century Mediaのバックアップでオフィシャル・リリース。MEMORIAMのデモEPとこのHELLHAMMERのお蔵入りEPの7"シングル2種は、高額な完全コレクター向けリリースながらも海外での熱狂っぷりがヒシヒシと伝わってきてたので、はたして入荷できるかヒヤヒヤしながら数か月間過ごしていましたが、無事入荷できて、もう現段階で既にけっこうな達成感があります。コレクター泣かせの各種バージョンも存在しますので、頑張れる方は頑張ってください。こちらはltd.1000枚のブラック・ビニールです。

Tom G. Warrior氏自身のコメントによると、3rdデモが完成した時、Triumph Of Deathデモから2曲選んで、NWOBHMの7"シングルのようなシンプルな作りのデモ・シングルを自主リリースしよう、とバンドで決まったそうです。しかし当時の彼らにはそんな財力もなく企画は立ち消えとなり、そしてバンド自体は西ドイツのNoise Recordsと契約出来たので、そのデモEPはもはやリリースの意味もなくなり、その後バンドはCELTIC FROSTへと発展していった、というような感じだったそうです。曲自体はもうHELLHAMMERに完全未発表は存在しないので、タイトル曲のBlood Insanityと、B面のManiac、ともにファンならばよく知ってる曲ですが、見開きジャケットでこのハイプ・ステッカーに興奮しないわけがないのです。7"という完全オールドスクールなフォーマットでの再現だからこそ、ここまで海外で盛り上がっているのでは?とも思います。単なるノスタルジーなのではなく、シングルやデモ一つの制作に全力を注いでいた若い時分のスピリッツを、Tom G.は取り戻したいのでないでしょうか。それにしてはちょっと値段が高いかな?美談にしてまとめようかと思いましたが、やはりクソ・コレクターはクソ・コレクターらしく興奮していきましょう。隅々まで激渋Death!!!666!!!



atrocity-mangled-lp.jpg



・ATROCITY (US) - Mangled DIE HARD LP 税込2,484円 (F.O.A.D.)

USコネチカットで80~90年代に活動したグラインド・デスラッシュ・メタル・バンドの1988年名作3rdデモが、イタリアのF.O.A.D.から初ヴィニール化再発。1stアルバムと2ndアルバムのカップリングCDが2000年代に出ていて、地味な存在ながらサウンドがバツグンなので地味に好評でしたが、デモ音源をコンパイルしたようなコンピレーションなどは確か今まで存在していなかったはずですので、これは地味にナイスなリイシューです。そう、とにかくこのバンド、なぜか永遠にひたすら地味なんです。限定100枚グリーン・ビニールのダイハード・バージョンでの入荷デス。

1990年と1992年に発表した2枚のアルバムはともにUKのMetal Core Recordsからのリリース。2001年のカップリング再発CDはイギリスのレーベルのPowerageからのリリースでしたが、このバンドは当時のアメリカン・グラインド・デスラッシュ・バンドよりも、UKHCバンドや初期Earacheバンドにも近いノイジー・スピードコア・スラッシュなサウンドが魅力でした。REPULSION, UNSEEN TERROR, AZAGTHOTH, ELECTRO HIPPIES, HERESY, etcをミックスしたような粗雑な猛スピードを、KREATOR, DARK ANGEL, POSSESSEDなどに代表されるSLAYER影響下スラッシュ・メタルのリフでちょっと整然として表現したみたいな感じがあって、イタリアのSCHIZOにも近いし、SACRIFICE, SOOTHSAYER, AGGRESSION, SLAUGHTERなどのカナディアン・ハードコア・スラッシュ・メタル・ファンにもかなりオススメです。このデモ音源は初めて聴いたけど、RECIPENTS OF DEATHみたいなリフでスピードコア・メタル化してて、ホントにカッコいい!!なんでこんなに人気ないのかでしょう?ベーシストを筆頭に、ルックスも地味だけど実に渋いです。

インナーには当時のフライヤーも掲載されていて、同郷のDEFORMED CONSCIENCEをはじめ、PSYCHO, DISRUPT, DROP DEAD, TASTE OF FEAR, etc、US東海岸グラインド/パワー・バイオレンス代表格とも共演していたようですが、スピードコア/パワー・バイオレンス/デス・グラインド・メタルがクロスオーバーした理想形と言っても良いでしょう。そう言えば、このバンドもSlap A HamのBllleeeeaaauuurrrrgghhh!に参加してましたね。これをF.O.A.D.がやらずに誰がやる!!オススメです!!

Hardcore Punk Holocaust!!


leukaemia-st.jpg



・LEUKAEMIA - S/T 7" 税込1,296円 (Pro-Anti)

ENGLISH DOGSのGizz Buttがやってた知られざる80's UKメタルコアとして話題を呼んだTHE DESCRATORSを発掘リリースしていたスイスのレーベル Pro-Anti Recordsがまたしてもとても興味深いオブスキュア80's UKHCパンクを探り当ててきました。イングランド東部のピーターバラという地で1980年代初~中期に活動したパンク・バンドの、84年11月録音の1stデモ音源、限定250枚7"EPヴィニール化再発です。ステッカー付き。

テープ・トレーダーの間ではけっこう評判となった音源で、この後にVo.が変わって2ndデモも録音されていたそうですが、そちらは未発表に終わった。などと、このLEUKAEMIAについていろいろ面白い解説をGizz Buttがfacebookで公開していて、Gizz Buttは当時からこのバンドと親しかったようです。インターネットで公開されてる写真もカッコいいので、せっかくならそういった写真や解説をこのレコードにも付属させてほしかったところですが、質素な作りがちょっと残念。でも内容はUKHCファン、80'sハードコア・パンク・ファンは大満足でしょう。スラッシーに刻む非メタリックなリフはTHE FIENDにも通じるカッコよさで、しかしチープ&デストロイなロウ・サウンドによるハードコア・サウンドは、イタリアのKOBRAも彷彿させます。これはぜひとも2ndデモも発掘してほしい!!



asocial-det-lp.jpg

・ASOCIAL - Det Bittra Slutet DIE HARD 2LP 税込3,888円 (F.O.A.D.)

メンバーが後にSVART PARADやUNCURBEDなどで活躍したスウェディッシュ・ハードコア・パンク・バンドの初期音源をコンパイルしたアルバムが、F.O.A.D.から2枚組LPでリリース。過去に出ていたディスコグラフィーはCDだけでしたので、この2枚組LPは日本よりヴィニール需要の大きい海外ではかなり話題を呼んでいて、ダイハード・バージョンのカラー・ビニールは発売後即レーベルで完売となりました。ダイハード・スプラッター・ビニールは今回のみの入荷になります。


SIDE A : Det Bittra Slutet EP, Demo, Reharsal, (1984年)
SIDE B : Complete "Asocial Attack" TAPE (1984年)
SIDE C : Demos (1983年, 1984年)
SIDE D : Live (1984年)


SVART PARADもUNCURBEDも、DISCHARGE影響下のスウェディッシュ・ハードコア・パンクの中ではブルータルなスタイルですし、また、デス・メタル・バンドのINTERMENTやCENTINEXのメンバーも在籍していたこともあって、ASOCIALは重厚ブルータルなサウンドの印象が強いスウェディッシュ・パンク・レジェンドです。しかしこのバンドのアナザーサイドとして面白い点は、1984年のデモ Asocial Attackでとんでもないスピードのノイズコア・ローファイ・スラッシュをやっていた点です。このデモは、2002年に625 Thrashcoreが1982年録音のデモとして7"EPでリイシューしていたヤツで、録音時期が82年と84年の二説ありますが、この2枚組LPはVo.のHakan Aspnas氏自身のレーベル DisRec-Recordsによる編集で1984年と明記しています。この音源が、82年にしろ84年にしろ、いつ聴いても信じられない早すぎた速さなので、FEAR OF GODなどのノイズコア・ファンにもぜひ聴いてもらいたいです。Wジャケ内側の写真やブックレットも素晴らしい仕上がりなので、スウェディッシュ・ハードコア・ファンも買い逃し厳禁!!



wretched-antologia.jpg

・WRETCHED - Antologia 1982-1988 DIGIPACK 2CD 税込2,484円 (Chaos Produzioni)

遂にあのイタリアン・ハードコア・パンク・レジェンド、WRETCHEDのディスコグラフィーCDがオフィシャル・リリース!!!もう、今までも何度か言ってきた決まり文句ですが、今度こそ本当にオフィシャルだそうです。CDは1996年にLotta Per Vivereというコンピレーション・アルバムが出てたけど、1st 7"のIn Nome Del Loro Potere Tutto E' Stato Fatto...だけが除外されたインコンプリートなディスコグラフィーでしたし、バンドからもイリーガルの烙印を押されました。バンドは特に初期音源の再発にはより消極的だったみたいで、その後、後期音源を中心に編集したコンピレーション・アルバムのVivi Ogni Momento CDが2005年に出ていました。CDはそれ以来の再発になりますし、そして遂に今回は全作品を網羅しています。片側3面、全6面の、海外で言うところのシックス・パネル・デジパックの2枚組でブックレット付き。全49曲!!


CD 1 :
Split 7" w/ INDIGESTI (1982)
In nome del loro potere 7" (1983)
Finirà mai? 7" (1984)
Libero di vivere LP (1984)

CD 2 :
La tua morte non aspetta 12" (1986)
In controluce 7" (1988)


初期は全パートがとにかく凄まじい焦燥感で、特にVo.のムチャクチャさが突出しています。世界初、いや、世界で唯一の早口言葉コアとでも言うべき、言葉をギュウギュウに詰め込んだVo.はいつ聴いても狂ってる!!速弾きギターや激速ブラスト・ビート・ドラマーはいても、バッキングのスピードを完全に追い越してしまう速口Vo.は、このWRETCHEDのGian Mario氏くらいでしょう。84年のLibero di vivere LPになると、EPでの猛速スラッシュにドライブ感も加わって、ハードコア・スラッシュとしてピークを迎えます。R&Rフィーリングを表現しようとするギターと、土台をガクガクに揺さぶりながら突っ走るリズム隊。だいぶ曲に合わせるような乗せ方にはなってきたけど、それでもほぼ怒りながら喋ってるような感じのヴォーカル。もう、全員の志向が崇高且つバラバラで、しかも曲展開がけっこう分かりずらいのがカッコいい。86年のLa Tua Morte non Aspetta 12"以降は、当時のハードコア・パンク・バンド後期とは一線を画す、美しい終末が聴きどころです。ダーク・ゴシック・パンク系にも通じる音色とギター・プレイで、Mortarhate Recs系アナーコ・ハードコア・パンクを表現したような、退廃美も漂う曲調を、相変わらずバカみたいにデッカイ音のリズム隊が空気を読まずにパワフルに演奏しています。妖艶なベンチャーズみたいなギターソロもサイコーです。

夏期休業のお知らせ


voivod-tentacles.jpg

今年は8月22日(月)〜24日(水)の3日間に夏季休暇をいただきます。
いろいろまとめてカートアップした後で恐縮ですが、受注/通販発送対応は8月25日(木)以降となります。
ご不便/ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願いします。

RAKTA - 回顧と展望 CD


rakta.jpg

・RAKTA - 回顧と展望 CD 税込1,800円 (Mouse)

現行ブラジル産ガールズ・ポスト・パンク・バンドRAKTAのディスコグラフィーCDがD-CLONEのCDなども出してきた大阪PUNK AND DESTROYのMouse Recordsよりリリース。

2013年 S/T 12"
1:RUN TO THE FOREST/REPETITION
2:LIFE COMES FROM DEATH
3:SECRET
4:TAKE YOUR TIME
5:GANEX/BLACK MOB
6:CAVERNA

2014年 S/T 7"
7:TUDO QUE E SOLIDO
8:SERPENTE

2016年 Intencao 7"
9:INTENCAO
10:A BUSCA DO CIRCULO

2016年 III 12"
11:RAIZ FORTE
12:FILHAS DO FOGO
13:CONJURACAO DO ESPELHO
14:A VIOLENCIA DO SILENCIO
15:INTENCAO
16:A BUSCA DO CIRCUL

KILLING JOKEの退廃感に深いリバーブと不気味なキーボードも取り入れたダークな楽曲や、ゴシックな妖艶さとサイケデリックですらある女性ボーカルは、ポスト・パンクだけでなくダーク・ウェイブやゴシック・インダストリアルのような雰囲気も感じさせ、それらすべての要素がプリミティブな音で表れた混沌としたサウンドは、近年のポスト・パンク・ムーブメントの中では突出した存在感!最新作をIron Lung Recordsがリリースしたのもうなずける、リベラルで実験色の強いバンドです!!

UNHOLY GRAVE - Crucified Tape


unholygrave-crucified.jpg

・UNHOLY GRAVE - Crucified Tape 税込1,080円 (Karasukiller / Give Praise)

日本を代表するグラインド・コア・バンド 名古屋のUNHOLY GRAVEの、アルバムとしては1stリリースとなる1995年作品が限定250本でカセット再発!!

内容はもう文句なしのピュア・グラインド・コア!!初期グラインド・コアのキャッチ―さ、アグリーネス、そしてUNHOLY GRAVEの特徴的なロウネスが、非常に生々しいブルータリティーを作り出しています!!アーリー・グラインド・コア・ファン必聴の傑作!!

Divebomb Records!!


divebomb.jpg

* Divebomb Recordsの商品が到着しました。今回は再入荷品の多くにも試聴を貼りつけてみましたので、気になっていたものがある方はぜひ再チェックしてみてください。特典でジャケ・デザインのマグネットがつくニューリリースもいくつかあります。



miasmal-tides.jpg



・MIASMAL - Tides of Omniscience CD 税込1,944円 (Divebomb)

ポリティカル・ハードコア・パンク・バンド AGRIMONIAのメンバーらによるスウェディッシュ・デス・メタル MIASMALの2016年発表3rdアルバムCDです。前作 Cursed RedeemerからCentury Mediaに移籍しましたが、今回入荷したのはCentury Mediaライセンス作品も多くリリースするUSのDivebomb Records盤CDで、特典でジャケ・デザインのマグネットが付きます。

前作は初期のクラスティーな汚さが薄れていたけど、曲調はハードコアな大味さがそのままで、DISFEARやUNCURBEDなどのファンにオススメの内容でした。本作はさらにそこから踏み込んで、疾走感は相変わらず爽快なまでにクラスティーですが、フレーズや展開が驚くほど多彩で起承転結を生み出してるため、恐らく今までのMIASMALファンはその土台以外の装飾部分の豊かさにかなり面食らうことでしょう。ハードコア・バンドやってなきゃこんなフレーズは使わないだろうな?みたいに感じるところもあります。ただ、このバンドが初期から持ってた、人間味のない切れ味や、激情型ドラマチックなフレーズなのになぜか抑揚なくベッタベタに聴こえる叙情クラスティーなパートなど、MIASMAL独特の感覚は以前よりもアクが強まっているようにも感じます。MARTYRDODやBOMBS OF HADESファンにオススメではありますが、そのへんよりも実は個性が一番強いバンドだというのが良くわかる作品です。



infestdead-satanic.jpg



・ INFESTDEAD - Satanic Serenades 2CD 税込2,160円 (Divebomb)

おなじみスウェディッシュ・デス・メタルを代表するマルチ・ミュージシャン、Dan Swano氏と、EDGE OF SANITYやMARDUKなどを渡り歩いて、当店で紹介するにはTORMENTEDのVo.と言えばすぐにあの激渋なヨファマ・ライダース姿が思い出されるファンも少なくないであろうAndreas Axelsson氏(今はDISFEARでベースもやってるらしい)の2人が90年代にやってたデス・メタル・プロジェクトの全音源集2枚組CDです。DivebombによるCentury Mediaライセンス・リリースで、円高のおかげもあって、今回はかなり安く入荷できました。

ドラムはプログラミングながらサウンドはUSデス志向のアンチ・クライストを強く打ち出したブルタリティーで、デビュー作のKilling ChristはDEICIDE, MORBID ANGEL, IMMOLATIONなどに近いけど、ハードコア並みにコンパクトなショート・チューンを連射するのも特徴の一つです。後期はよりスウェディッシュ・デスらしい大味な感触になりながらも相変わらずのブラスト・サタニック・デス全開で、ANGELCORPREなどのファンにまでアピールしそうな極悪っぷりデス!!



narcoticgreed-fatal.jpg



・NARCOTIC GREED - Fatal CD 税込1,944円 (Divebomb)

1987年のソノシートがオブスキュア・ハードコア系スラッシュ・マニアにも人気のあるINZESTのギタリストだったWarzy氏が、80年代には既に結成していたという大阪の伝説的スラッシュ・メタル・バンド NARCOTIC GREEDの1994年に発表した1stアルバムCDが、これまでも良質なオールド・スラッシュ/スピード・メタル作品を多く再発してきたUSのDivebombから、デモ音源もプラスした17曲入りで再発。特典でジャケ・デザインのマグネットが付きます。


Fatal ALBUM (1994年)
1. As The World Is Burnt
2. Greed
3. Scanning Hell
4. Lost Power
5. Injector II
6. Disruption
7. Future Kill
8. Partial Existence

Crisis of Ruin DEMO (1992年)
10. As The World Burnt
11. Partial Existence
12. Obsessed Mind
13. Greed
14. Immortal Germ
15. Who’s Your God?
16. Lost Power ~ Crisis Of Ruin
17. Absurd War


ファンジンなどで名前はよく見かけてましたが、当店での取り扱いはこの再発盤が初めてです。そして初めて聴きましたが、とても日本のバンドには聴こえない世界規準のピュア・スラッシュ・メタルで、これは素晴らしい!!Russ Andersonを彷彿させるVo.スタイルとテクニカルなギターがFORBIDDENみたいで、とにかくビックリしました。悪い意味での日本人臭さが全く漂ってないのが驚異的です。これは日本人バンドならなんでもオールウェルカムのような人ではなく、海外志向の堅物スラッシャーにぜひ聴いてもらいたいです!



cromags3.jpg



・CRO-MAGS - Alpha Omega CD 税込1,944円 (Divebomb)

今なおNYHCファンやクロスオーバー・スラッシュ・ファンにも絶大な人気を誇るCRO-MAGSの1992年発表3rdアルバムが、USのDivebomb盤で再プレスされました。2010年にもDivebombから再発されてましたが、DivebombはCentury Mediaのライセンス・リリースも仕事としてるけど、Near Death Experienceの再発はなぜか手を出してないので、ぜひそちらの方もやってほしいところです。特典でジャケ・デザインのマグネットが付きますが、コレは凄くいいな!!この磁石欲しいんで、売れ残ったら買わせてもらいます。

バンド創始者でベーシストのHarley Flanaganと、Vo.のJohn Josephの軋轢により、長年両者の脱退&復帰と名義変更を繰り返してグチャグチャなドロ沼劇を続けているバンドです。シンガーとしてのスキルは乏しくとも、その圧倒的なステージングが、タフガイ系ハードコアのスタイル確立に計り知れない影響を及ぼしたJohnが脱退し、HarleyがVo.も兼任して1989年に発表した2ndアルバム Best Wishesは、バイオレンスなキャラクターとは裏腹に技術もセンスもミュージシャンとしてS級の実力を持つHarleyの高い音楽性が証明された80'sクロスオーバーの代表的名作ですが、また同時に、Harleyのシンガーとしての素晴らしい才能もファンを仰天させました。この3rdアルバムは前作で確立したエモーショナルなクロスオーバーを維持しながらも、JohnがVo.で復帰しているため、「Best WishesのようなCRO-MAGSを、Johnが歌えてるのか?」と当時は心配したものですが、実際聴いてみて、Johnもなかなかやるな!などと思いながら愛聴したものです。でも最近になって、ex.ASPHIXIAでNYHCマスターの某氏に教えてもらって凄く面白かったトリビアとして、当時のファンジンなどでは実は本作もHarleyが歌っているというウワサが流れていたそうです。確かにJohnの歌唱力はAge of Quarrelの時からは信じられないくらいに成長してるし、Vo.メロディーも絶対にHarleyが作ってるような哀愁が漂ってます。まあいずれにせよ、絶対に聴いてもらいたいエピック・クロスオーバー・クラシックに違いありません。



thehordeoftorment-distorted.jpg



・the HORDE OF TORMENT - Distorted Recollections CD 税込1,944円 (Divebomb)

USラスベガスで80年代後期~90年代初めに活動したスラッシュ・メタル・バンドのコンピレーション・アルバムCDが、これまでも良質なオールド・スラッシュ・メタル作品を多く再発してきたDivebombからリリース。オムニバスやデモのみのリリースで消滅したバンドで、このCDはデモ/リハーサル/ライブの全17曲を収録しています。


Infected DEMO (1987年)
1. Liquidation
2. The Raven
3. Corruption
4. Final Solution

Product Of A Sick Mind DEMO (1989年)
5. Product Of A Sick Mind
6. Viral Malignance
7. As I Lay Dying
8. Blood Justice

Inherit The Sin DEMO (1991年)
9. Inherit The Sin
10. Alive Within
11. Pain Asylum

BONUS TRACKS
12. Incubus (1987年リハーサル)

Michael Rosen Sessions DEMO (1990年)
13. Just Call Me Suicide
14. Tear Down The Walls

Live at The Club, Las Vegas (1987年)
15. Incubus
16. Corruption
17. Final Solution


デモとオムニバスしか音源を残していなかったバンドながら、日本でも熱心なスラッシュ・メタル・ファンにはけっこう名の知れた存在で、1989年のデモがCCG Underground Demoシリーズの12"でリリースされて輸入されていました。ハードコアなテイストもありながらもスラッシュ・メタルとして素晴らしくピュアで、直線的に刻みまくるリフで突進するスタイルは、ハードコアなアメリカン・スラッシュ・メタルのあるべき姿のようなカッコよさ!!こんなカッコよかったかな?SACRIFICEやSOOTHSSAYERなどのカナディアン・スラッシュ好きには絶対にオススメですし、スラッシュの極限のような非プレ・グラインドの驚異的な速さの曲は、まるでAGGRESSION並みのスピードです。オススメです!!



silentscream-fromthedarkest.jpg



・ SILENT SCREAM - From The Darkest Depths Of The Imagination CD 税込1,944円 (Divebomb)

レコーディングには参加しなかった短期間ながら90年代に一時DARK ANGELに参加していたCris McCarthyというギタリストがやってたUSカリフォルニア・ロングビーチ出身スラッシュ・メタル・バンドの1992年発表唯一のアルバムが、有名/無名にかかわらず良質なオールド・スラッシュメタル作品を最近多く再発してるDivebombからデモ音源もプラスしてオフィシャル再発。今回は特典でジャケ・デザインのマグネットが付きます。


From The Darkest Depths Of The Imagination ALBUM (1992年)
1. Self Abuse
2. From The Darkest Depths Of The Imagination
3. Open Season
4. Theatre Of The Depraved
5. Matrix Of Madness
6. Distraction Of Thought
7. Rise And Fall
8. Prey Upon The Weak

The Last Rites DEMO (1989年)
9. Thanatopsis
10. Inch Of Life
11. Deafen To Beauty


TORTOISE CORPSEとかVIOGRESSIONなんかが定番の売れ残りアイテムとしておなじみで、片やDARKLIN REACHのようなスピード・メタル・マニアに人気のバンドも輩出していたUKカルト・レーベル Tombstone Recordsからリリースされていた作品でこのジャケですから、カルト・オブスキュア・メタル好きにはビンビン来る再発ですが、DARK ANGELギタリストが在籍して、さらにGene Hoglan氏がプロデュースや曲作りと、あとギターソロを弾いてる曲もあったりして、カルトもの好きならずともスラッシュ・メタル・ファンはちょっと気になってしまうでしょう。DARK ANGELと言うよりもシカゴのSINDROMEのようなアメリカン・デス・メタル手前のアグレッションで、裏打ちでゴリゴリに突進するスタイルながら、MALEVOLENT CREATIONやDEMOLITION HAMMERなどのファンにもオススメです。そしてデモ音源はけっこう本気でカッコいい!!



deathrow4.jpg



・ DEATHROW - Life Beyond CD 税込1,944円 (Divebomb)

DESTRUCTION, SODOM, KREATORの3大バンドに次ぐ初期ジャーマン・スラッシュ・メタルの人気バンド DEATHROWの1992年発表4thアルバムが、これまでも良質なオールド・スラッシュメタル作品を多く再発してきたDivebombから遂に初オフィシャル・リイシュー!!DEATHROWの後期2作品はオリジナルCDがレアなため、長いこと悪質なリプロ盤が氾濫していて、特にこの作品はNoiseを離れて、ヨーロッパの初期デス・メタル激レアCDの再発盤ご紹介の際もよく名前の出るWest Virgina Recordsと契約して発表されていたこともあって、オリジナル盤CDはコレクターに人気の高い作品として知られています。オリジナル・リリース以来、実に20年以上ぶりの公式盤となります。

1stと2ndは前述の3大ジャーマン・スラッシュ・メタルの初期作品に匹敵するロウ・スラッシュ・メタルの代表的名作で、2ndの延長線上で勢いを殺さずにテクニカル・スラッシュを爆発させた3rdもスラッシャーに高く評価されていますが、この4thアルバムはマイナー・レーベルに移籍したにも関わらず完成度はもはやUSスラッシュ・メタルのA級バンド並みで、ダイナミズムと切れ味はベイエリア・スラッシュにも引けを取らず、CORONERに代表されるユーロ・テクニカル・スラッシュ・メタルのような緊張感あふれるドラマ性と完璧に融合しています。



messina-terrortory.jpg



・ MESSINA - Terrortory DELUXE EDITION 2CD 税込2,160円 (Divebomb)

ASSASSINの名で80年代に活動し、その後MESSINAと改名した、オランダ出身スラッシュ・メタル・バンドが1990年に発表した唯一のアルバムが、ASSASSIN時代のデモ音源も収録したボーナス・ディスク付きの2枚組ディスコグラフィーとなって初再発。個人的には全く知らないバンドでしたが、やはりオブスキュア・スラッシュ・マニアにはオリジナル盤CDはけっこう人気の高い作品のようです。有名/無名にかかわらず良質なオールド・スラッシュメタル作品を最近多く再発してるDivebombからリリースで、今回は特典でジャケ・デザインのマグネットが付きます。


Disc 1 :

Terrortory ALBUM (1990年)
1. Messina
2. Attempted Suicide
3. Nothing Will Change
4. Terrortory
5. Who’s For Dinner
6. Drop Dead
7. Deathrow
8. Ritual Killings
9. The Commencement

Bonus tracks
10. Murder In The First Degree

Live DEMO (1989年)
11. Die In ‘Nam
12. Murder In The First Degree
13. The Quest
14. Eye Of The Tornado
15. Deathrow
16. Wings Of War

Disc 2 : The ASSASSIN Years

Murder In The First Degree DEMO (1988年)
1. Gonna Leave Her
2. Eye Of The Tornado
3. Die In ‘Nam

Cease Fire DEMO (1987年)
4. Utopia
5. Roaming 'N Roving
6. Shattered Dreams
7. Lay Down
8. T.N.S. (Part 1)

Mission Completed DEMO (1986年)
1. Thoughts Of Vengeance
2. One Night Romance
3. Becapsus
4. Kill (Or Be Killed)


スラッシュ不遇の時代だった1990年代に埋もれてしまった典型のようなタイプで、これが80年代後期でもっと流通のしっかりしたレーベルから出ていれば、スラッシュの人気の高い日本ではそこそこ人気も出たのでは?とも思えるようなオールドスクール・スラッシュ・メタル。実際、当時もこのアルバムはアンダーグラウンドでけっこう評価は高かったそうです。いかにもUSスラッシュ・メタルに影響されたヨーロッパのバンドらしいタイプですが、METALLICAなどの正統派スラッシュに影響されながらもダイナミズムが荒っぽいところが、UKHC上がりのスラッシュ・メタルにもかなり近くて、ANIHILATEDやCEREBRAL FIXなんかの2nd以降や、METAL MESSIAHなどのファンにもオススメです。ASSASSIN時代はもうちょっとヨーロッパの田舎臭いスピード・メタルって感じが強くて、ディスク2も含めてカルト・スラッシュ好きには存分に楽しめる再発盤です!!



poltergeist3.jpg



・POLTERGEIST - Nothing Lasts Forever CD 税込1,944円 (Divebomb)

High Rollerからアナログ盤も再発されて当店ではクサレ・ロウ・カルト・スラッシュ・メタル好きの方に大好評だったCARRIONを母体とするスイスのPOLTERGEISTの1993年発表3rdアルバムが、良質なオールド・スラッシュ・メタル作品を多く再発してきたDivebombから再発。デモ音源もボーナス収録した全17曲入りです。


Tracks 1-10 : Nothing Lasts Forever ALBUM (1993年)
Tracks 11-13 : Writing on the Wall DEMO (1988年)
Tracks 14-17 : Poltergeist DEMO (1987年)


1stと2ndがともにテイチクから日本盤CDが昔出ていて、日本でもそこそこ知名度があるというか、良識あるスラッシュ・メタル・ファンには割と人気が高いようですが、TESTAMENTとANTHRAXのミックスのような前2作はどう考えても第一線で活動できるようなセンスは感じられませんでした。しかしこの3rdアルバム、初めて聴きましたが90年代ユーロ・スラッシュ正統派の成功例のような素晴らしい完成度で、重厚ソリッドなスラッシュ・タッチのバッキングは研ぎ澄まされながら、正統派パワー・スラッシュ寄りの楽曲に近づき、Vo.もスラッシュ・メタルのみならずへヴィメタル・バンドで通用しそうな実力で、90'sメロディック・スラッシュ・メタル(なんて言い方が世の中にあるとは思いませんが)ファン、例えば日本のVOLCANOなどのファンにはかなりオススメです!!
07 | 2016/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR