RECORD BOY

TERROR FECTOR - Everlasting Hell Damnation 2CD


*デス/スラッシュ系メタルのグレートなカルト・バンド作品各種を昨晩カート・アップしました!!受注メール返信対応は木曜日以降になります。


terrorfector-evarlasting.jpg

・TERROR FECTOR - Everlasting Hell Damnation 2CD 税込2,484円 (Ritual)

長崎県で1980年代後期に結成され、デモがアンダーグラウンド・デス/スラッシュ・メタル・シーンで評判となり全国区で知名度を上げたTERROR FECTORが、1994年に満を持して発表した1stアルバムが念願の再発。彼らの存在が東京のデス・メタル・バンド・ミュージシャン達の間でも知られるきっかけとなった名作デモ Slaughter to Surviveの6曲を収録したボーナス・ディスク付きの、全13曲入り2枚組デス!!


DISC 1 : "Everlasting Hell Damnation" ALBUM (1994年)
DISC 1 : "Slaughter to Survive" DEMO (1991年)


"長崎のKREATOR"の異名は当時を知る者にはあまりにも有名ですが、MERCILESSやSADUSのような海外のKREATOR影響下デスラッシュ・メタル・レジェンドと違う決定機的な個性は、やはり当時の東京デス・メタル・ミュージシャン達を魅了したデス・メタル級の重厚なlowサウンドだったのではないでしょうか。本編Everlasting Hell Damnationアルバムはその重厚さとSLAYER起源の低音域徘徊型リフのオールドスクール・スラッシュ基盤のマッチが完成されていて、絶妙な割合で絡んでくるメロディックなギター・フレーズも含めて、Roadracer期のSEPULTURAにも近いように思います。そしてSlaughter to Surviveデモは、今聴いても当時の海外デスラッシュ・メタルと比較して全く引けをとらない、アグレッシブで起伏に富んだlow&rawスラッシュ・メタルの一級品!!全デスラッシャー必聴のジャパニーズ・バンドです!!






Thrash To The Death!!


legionofdeeath-st-lp.jpg



・LEGION OF DEATH - S/T LP LTD.100 CLEAR VINYL w/ PATCH 税込3,024円 / LTD. 200 BLACK VINYL 税込2,484円 (To The Death)

スウェーデンのデス・メタル生き証人老舗レーベル To The Deathからリリースされた、USコロラドの知る人ぞ知るハードコア・デス・メタル・スラッシュ・バンドの1988年発表1stアルバム再発盤LPです。To The Deathがスウェーデン以外のバンドをリリースするのは珍しいですし、しかもこんな極上のオブスキュア・バンドを再発してくれるなんて、やはり当時からファンジンでアンダーグラウンド・ネットワークを築いていたからこそできる仕事でしょう。個人的にも近年知ったオブスキュア・スラッシュの中ではウォント・リストの上位にランクインしていたレコードだったので、これは嬉しいです。雰囲気も渋いメンバー写真や当時のフライヤーを掲載したインナーも申し分ないですし、しかもボーナスで1989年デモ4曲も追加して言うことなし!!パッチも付いたltd.100枚クリア・ビニールと、ltd.200枚ブラック・ビニールの合計300枚と、相変わらずTo The Deathのリリースはプレス枚数少ないので、油断せずに確保してください。ミニマム・プレスの上に、スウェーデン・クローナは高いので、To The Deathのリリースはここ数年かなりキツイ値段設定でしたが、円高になって以前のリリースに比べると今回はだいぶ買いやすい値段で入荷できました。


SIDE A1-B2 : "Legion Of Death" LP (1988年)
SIDE B3-B6 : LOD DEMO (1989年)


2010年にCEPHALIC CARNAGEの中心メンバーのLeonard Leal氏をVo.に迎えて再始動していて、SATAN'S HOSTなどともよくライブをやってるみたいですが、今回再発された1stアルバムは、いかにも80年代USアングラ・ハードコア・メタルらしい雰囲気満点で、存在同様サウンドもかなりカルトなバンドなので、正直言ってスラッシュ・メタル良識派の人にはちょっと向かないでしょう。激渋なジャケのモヒカン・ガイコツからも連想させるカナダのSLAUGHTERに近い志向で、スラッシュをハードコアに過激化させた結果、スピードや切れ味よりも鈍いブルタリティーを強調していて、本人達もハードコアとデス・メタルのクロスオーバーのようなスラッシュ・サウンドだったと言っています。サンプルでBandcamp貼った曲なんかは、CELTIC FROSTまんまなリフからアメリカン・クロスオーバーな曲調へと展開しますが、感触はデス・メタルにも近い重厚スラッジなlowノイジーさで、まるでBlindアルバムの時のC.O.C.のVo.だったKarl Agellがやってたへヴィ・ドライビン・スラッシュ・メタル SCHOOL OF VIOLENCEと、ファーストCELTIC WORSHIPハードコア・パンク SHEER TERRORのミックスのようなNYバンドっぽい雰囲気も感じさせて、完全に個人的ドツボのカッコよさなんです!!これはYoutubeなんかで聴いたって絶対に渋さの伝わらない典型的なレコードだと思います。



hysteriah-st.jpg



・HYSTE'RIAH - S/T LP 税込2,592円 (To The Death)

1984年に発表した1stシングル Time to Die 7"が80'sハードコア・パンク・コレクターに定番の人気を誇るスウェディッシュ・ハードコア・パンク・バンド D.T.A.L.のベーシストも在籍していたというオブスキュア・スラッシュ・メタル・バンドのデモをまとめた8曲入りLPが、スウェディッシュ・デス・メタル生き証人老舗レーベル To The Deathからリリース。限定300枚プレスで、ホワイト・ビニールでの入荷です。


SIDE A : "Attempt the Life" DEMO (1987年)
SIDE B : "Jeremiad of the Living" DEMO (1988年)


ブックレットに掲載のインタビューがとても面白くて、当時ベーシストとギタリスト以外はなかなか固定せず、かなり多くのメタル&パンク・ミュージシャンとセッションやリハーサルを重ねていたそうで、その中にはPUKEのVo.なども含まれていて、スウェーデンに於いてハードコア・パンクとスラッシュ・メタルのクロスオーバーを確信的に目論んでいたバンドだったようです。このバンドはWild Ragsから意味不明のジャケでLPが出ていたGOD B.C.のドラマーと後に一緒になって、HYSTE'RIAH G.B.C.へと発展してHellhoundから1991年にアルバムを1枚発表しますが、実はGOD B.C.がWild Ragsからアルバムをリリースする以前に、Wild RagsはこっちのHYSTE'RIAHの方にオファーをしていたそうです。面白いけどややこしい話もいろいろ載ってるので、SAMURAI ZINEなど当時のファンジンに掲載されたレビューなども掲載したブックレットは必見必読です。

そしてサウンドもかなり高水準のクロスオーバー・スラッシュ・メタルでビックリです。1stデモはとにかく刻みスピードが速くて、ASSASSINがクロスオーバー化したような暴走っぷりは、SOOTHSAYERやAGGRESSIONなどのカナディアン・スラッシュ・メタルが好きな人にもオススメ!!2ndデモはもうちょっと正統派スラッシュ・メタルのダイナミズムも強めながら、ユーロ・スラッシュ・メタルらしいテクニカルなリフと展開で構成されています。しかし、やっぱりなんと言っても聴きドコロは1stデモの猛スピードでしょう!!



inpain-acall-ep.jpg

・IN PAIN - A Call from the Grave 7" 税込864円 (To The Death)

1992~1994年の2年間活動してデモを2本残しその後消えていったスウェーデンのデス・メタル・バンドが、当時の曲を再録してTo The Deathからリリースした4曲入り7"EPです。ファンジンも発行して当時のスウェディッシュ・アンダーグラウンド・シーンをくまなくチェックしていたTo The Deathオーナー氏が、「地下深くで人知れず活動していたローカル・バンド」と言ってるくらいですから、当時はほとんど情報が流れていなかったバンドみたいですが、To The Deathが面倒みているドゥーム・メタル・バンドのel CAMINOのメンバーが在籍していたようですので、そこから発掘されたバンドなのかも知れません。限定300枚プレスで、ホワイト・ビニールでの入荷です。

サウンドもまた非常にアングラ臭の強いデス・メタルで、再録とは言え曲自体がプリミティブなので異様な仕上がりとなっています。抑揚なくドカドカ突き進むリズムに、ほのかに牧歌風味の漂うメロディーで構成されたデス・メタルは、DISSECTIONやNECROPHOBICなどとは程遠い、まるでVONのスウェディッシュ・デス・メタル版のような黄昏があります。オリジナルの音源はとても作品にすることは許されないほど極悪なモノだったということですから、それも聴いてみたいものですが、まぁ絶対に世に出てくるような雰囲気ではないな、と、この再録EPを聴いただけでも感じ取れます。ダイハードなスウェディッシュ・デス・メタル・マニアはぜひチェックを!!昔のメンバー写真もこれぞ90'sスウェデス!な雰囲気で、なかなか良いです。



mordant-backfromhell.jpg



・MORDANT - Back From Hell 7" LTD.100 BLACK VINYL w/ PATCH 税込1,512円 / LTD.150 WHITE VINYL 税込972円 (To The Death)

今ではSABBAT親衛隊スウェーデン支部切り込み隊長のような存在となったMORDANTの2008年デモが、Black Evil MasterアルバムもリリースしてるNighttripperのTo The Deathから初7"EP化再発。ロゴ・パッチ付きのLTD.100枚ブラック・ビニールと、LTD.150枚ホワイト・ビニールの2種入荷で、パッチはフチの色が違うものもありますので、ランダムで販売していきます。

このデモは以前にDeath Invocationからのカセット・バージョンが入荷していましたが100本生産だったし、オリジナルはCDRだし、1度もまともに流通していなかった音源だけど、当店のお客さんには一気に注目を集めて認知されていった出世作と言っても過言ではないでしょう。NIFELHEIMと親交の深いスウェーデンのブラック・スピード・メタル・バンドで、志向もNIFELHEIMと同じタイプだけど、よりクサレたヘヴィメタル・プライドが強烈で、まさにNIFELHEIMがSABBATに急接近したらこんな感じになるでしょう。コブシの効きまくったリード・ギターを絡めて疾走するラスト・ナンバーなんかは、80'sジャパニーズ・テイストも感じさせてシビレます。SABBATウォーシップなバンドは北欧にたくさん居ますが、なかでもこのデモは最高の部類と言っていい大傑作です!!

06 | 2016/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR