RECORD BOY

Japanese Punk & Metal!!



*毎週水曜は定休日ですが、本日は国内外のパンク系(プラス1メタル)話題のリリースがそろい踏みとなりましたので、先ほどカートアップしました。受注メール返信対応は木曜日以降になります。



typhus-st.jpg

・チフス (TYPHUS) - S/T CD 税込2,160円 (Super Fuji Disc)

初のハードコア・パンクと言われる日本パンクのパイオニア、チフス。そのほぼコンプリート音源集。シン氏(GAUZE)監修による初CD化、正規発売です。

[TYPHUS(チフス)]
1980年秋、ベースのシンを中心に、イズミらと結成、その後ギターのタムが参加、1981年、スターリン遠藤ミチロウのポリティカル・レコードよりソノシート「TYPHUS」を発表。同年2月より自主イベント「法定伝染GIG」を主催、3月ボーカルのイズミ脱退、代わってケンが加入、7月解散。その後、シンはGAUZEを結成、イズミはあぶらだこへ、タムはスターリンを経てADKレコード設立、ケンはハロウィン、ニウバイルへ、タクはスティグマに参加するなど活躍を続ける。


[1980年10月 スタジオリハーサル]
1. 笑うなら笑え
2. 香港ガール
3. ノータッチ
4. 退屈虫に犯されて
5. 万引き
6. 永遠の平和
7. ストリートホイホイボーイ

[1980年12月 スタジオリハーサル]
8. 香港ガール
9. ストリートホイホイボーイ
10. 永遠の平和
11. グッドルッキング
12. 東京タワー
13. タイヤ

[1980年10月28日 スタジオライブ]
14. ノータッチ
15. 香港ガール
16. 永遠の平和
17. 退屈虫に犯されて
18. 万引き

[1981年1月11日録音 MIG2503 POLITICAL RECORDS ソノシート7inch]
19. 香港ガール
20. ストリートホイホイボーイ
21. 永遠の平和
22. グッドルッキング

[1981年2月8日 新宿JAM デビューライブ]
23. イマジンラッシュ
24. ノーマルロボット
25. それはなに
26. タイヤ

(インフォメーションより)



warhead-cryof.jpg

・WARHEAD - Cry of Truth 7" Breath The Records 税込1,080円 (Break The Records)

京都ハードコア・パンクWARHEADの1991年に自主リリースされた名作1st 7"が、Break The Recordsから再発!!90年代にはドイツのAmok Records盤、2001年にはDevour Recordsからもオリジナル盤とちょっとジャケを変えて(Devour盤もオリジナル盤とはジャケのタイトル文字の大きさが微妙に違う)再発されてましたが、今回はオリジナル盤を忠実に再現した復刻盤となっています。

猛烈なスピードと怒りが爆発したような、いつ聴いてもテンションの上がる名盤です。関西ハードコアらしい激速レイジング・スラッシュとガッツみなぎるテンションに、ジャパニーズ・コアティック・スラッシュならではのシンプルだけどキャッチーな感覚もある曲調が最高にマッチしています。過去のバージョンを買ってきた人でもまた欲しくなってしまう、嬉しい再発盤です!!



hater-nightmare.jpg

・HATER - Nightmare Continues...With Your Haterizer CD 税込1,944円 (Captured)

ex.URBAN TERRORで現在はROSEROSEのドラムも担当するE-gaya Konny氏が中心となり、ex. WORMCAST / ex.紅蓮十のBabiさんが加入してハードコア・パンク・シーンでも注目を集めた東京スラッシュ・メタル HATERがCaptured Recordsから1stアルバムCDをリリース。メンバー交代が激しく、E-gaya Konny氏のパート・チェンジや2度の解散も乗り越えて遂に完成したこの1stアルバムでのラインナップは、ギター:E-gaya Konny (ex.URBAN TERROR, ROSEROSE), ギター:IKE-chang (ex.WATER CLOSET, ex.EVERYBODYS ENEMY), ヴォーカル:Babi (ex. WORMCAST / ex.紅蓮十), ベース:鬼武 (ex.爆心地, ex.土石流, 滅流辮,etc), ドラム:石黒(CRY, CODE RED, ex.DEFILED)という、見事にバラバラな経歴を持った5人編成によって制作され、そして渾身の内容に仕上がっています。

もちろん疾走感や攻撃性はハードコアに通じるものがあるスラッシュ・メタルだけど、もはやクロスオーバーなテイストやメンバー構成の話題など必要ないくらいに、以前入荷していたCDRの時から格段にパワーアップしています。もっともそのCDRの時はE-gaya Konny氏はドラムでしたし、Babiさんの初ライブを収録した名刺代わりのプロモ・リリースでしたので比較すべきではないのかも知れませんが、へヴィなゴリッゴリのブルータル・スラッシュを土台に、ちょっと80年代ビッグヘアー・ビジュアル・メタル・スラッシュのようなメロディック・ツイン・ギターも絡ませたりして、これはもう文句なしのジャパニーズ・スラッシュ・メタル・サウンドです!!


HATER Biography (text by E-gaya Konny)

2008年初頭に結成。URBAN TERRORを辞めたE-gaya KonnyがガチガチのTHRASH METALを演りたいがためにドラマーがサポートだったS.O.Dのコピーバンドに加入したのがスタート。初代メンバーはVo.DADA、Gt.マッチョ(現INSECT BITE)、Ba.弾正(ex.TOP SUICIDE,ex.爆心地)、Dr.E-gaya Konny。 後にBa.弾正がGt.に、Ba.に鬼武(ex.爆心地,ex.土石流,滅流辮,他)を迎えリハーサル開始。Vo.DADAが入院のため離脱。後任にDJチームR&R NIGHTMAREに所属していたRICAを迎える。

DADAが復帰してツインヴォーカルツインギターの6人編成で2008年12月に"DEMO 2008"(廃盤)をリリースと同時に中野MOONSTEPにてデビューGIGを敢行しました。

しかし2009年、弾正とE-gayaの意見が分かれ弾正、鬼武、RICAが脱退。Ba.にマサルを迎えレコーディング。INCLUCIVE HARD COREサンプラーにTORMENTOR, LAUGH CUTの二曲収録。

12月Ba.マサル、Vo.DADA相次いで脱退。Ba.に鬼武をサポートで迎えVo.不在で決まっていたGIGはE-gayaがDr.とVo.を兼任。これがなかなかの好評価を得たがVo.を探す事に。

2010年、サポートVo.にE-gayaの後輩、下田(町田市在住、ex.NEGIBOWZ)を迎えるも曲も歌詞も覚えないので解雇。後任にイオリを迎える。数回のGIGののち1度目の解散。

マッチョとイオリとE-gayaで改めてバンドを組もうとDr.にK.K(THE FANGS)を迎えE-gayaはBa.に。これがほぼほぼ上手く行かずK.KとE-gayaがコンバート。しかし次第に熱も冷めバンド名を決める前に自然消滅。

2011年。E-gayaと鬼武は遊びでスタジオに入るようになり、プロジェクト名をDEATH MASSACREと名付けて曲作りをしていた。(ここで作られた曲が現在DEATH MASSACREのテーマとして残っています) そこでHATER再結成するか?という話に。E-gayaはGt.に、Vo.はRICAが復帰。Dr.にE-gayaが尊敬して止まない先輩の大石(ex.TERROR(埼玉))を迎え新体制でDEMO"HATER"(廃盤)をリリース。GIG活動を再開した。

2012年、E-gayaのGt.に一抹の不安を感じた鬼武はリードGt.にIKE-chang(ex.WATER CLOSET, ex.EVERYBODYS ENEMY)を迎える。が、Vo.RICAの大学進学により活動が停滞。あまりの多忙のため活動が困難になり2013年、2度目の解散。

しかし諦めの悪いE-gayaはまたDr.に。IKE-changと鬼武を改めて誘い、偶然MOONSTEPで10数年振りに再会したBABI(ex.WORMCAST, ex.愚蓮十, ex.EXTACY DRIVE等)をVo.に迎え再活動。BABIとの再会から僅か2ヶ月でデビューGIGを敢行する。そのデビューGIGの模様を収録したLIVE DEMO"EVIL LIVE HATERIZER"(廃盤)を発表。

BABIの加入により1人のドラマーが食い付いてきた。IRONFIST辰嶋である。言わずと知れた豪速ブラスターが「コニーちゃんギターヤりたいんだろ?HATERカッコイイから俺にドラムヤらせろ!」の一言で加入決定。以前から気に掛けて貰っていたのですが遂に、という感じでした。ここから年間30本位のGIGを敢行しました。IRONFIST辰嶋は名義上サポートでしたが2014年脱退。脱退の理由は「HATERはTHRASH METALだ、というのが引っかかる。オレはハードコアだから!もうメタルはヤらない!」という物でした。HATERをTHRASH METALと認めてくれたのだと感じました。後のIRONFIST辰嶋の活動は言わずもがな、BLACK METALも演っておられます。流石辰兄、貴方は貴方のままで。

その頃KING'S EVILを脱退した石黒(CRY,CODE RED,ex.DEFILED)にEARTHDOMでE-gayaが再会。現在は売れっ子だが当時はドラムで誰も誘ってくれない、などというのでHATERに引き込みました。これ迄は"ハードコアやパンクのバンドで活動しているが本当はMETALが好きな連中が集まったバンドHATER"でしたが、本当にMETALしか知らない、METALの土壌でしか活動してこなかった石黒の加入により完全にメタルの核芯が出来ました。

石黒加入から1年ほど経った2014年後半、CAPTURED RECORDSのボス、JERO氏から遂にアルバムリリースのオファーが!張り切って2015年2月レコーディングを開始するも予定を大幅にオーバーして1年以上掛かった2016年3月、HATER 1st ALBUM "NIGHTMARE CONTINUES...WITH YOUR HATERIZER"が完成しました。2016年6月リリース!

そしてリリース記念GIG"EVIL LIVE HATERIZER Vol.2"を7月24日(sun)にヤります!

Hardcore Punk Holocaust!!


fraude-2012-2016.jpg

・FRAUDE - 2012-2016 Collection CD 税込1,404円 (Crew For Life)

ex.HIT ME BACKのメンバーによるLAHCパンクのディスコグラフィーCDが、Crew For Lifeからリリース。日本ではこれまで全くと言っていいほど知名度がありませんが2012年から活動しているバンドで、このディスコグラフィーCDには20曲収録されています。もう間もなくスタートする日本ツアーに合わせてリリースされました。

カリフォルニア・ハードコア・パンクの伝統を継承するような軽速パンク・スラッシュとメロディックなVo.が特徴的なスタイルで、本当に80年代のUSHCを聴いてるような錯覚におちいります。キャッチーなパンク・ロック・ナンバーはDESCENDENTSから偏屈な展開を除いて、若干ハスキーなVo.はGORILLA BISCUITSがユースクルー系の熱さを西海岸の爽快さに変えたような感じでもありますが、それらをブラスト手前の猛烈なスピードに乗せてみたりしていて、バラエティーに富んだ曲調と演奏からはセンスと実力の高さがヒシヒシと伝わってきます。625系のスピード・パンク・スラッシュ・ファン以外にも、80's USHC好きにぜひとも聴いてもらいたい渋さです!!



generacionsuicida-smobras.jpg



・GENERACION SUICIDA - Sombras CD 税込1,500円 (Vox Populi)

現在日本ツアーを敢行中のLAのパンク・ロック・バンドの新作CDが、SKIZOPHRENIAのVox Populiから日本盤CDが発売。ジャケ・ブックレットには日本語対訳も掲載した限定500枚リリースです。

本作が3rdアルバムとなるバンドで、既に世界中のパンク・ファンに高い評価を得ているバンドです。MASSHYSTERIのような北欧パンクと共通する、アコースティックに近い音色で哀愁のコードとフレーズをかき鳴らすサウンドに、バンド名からもうかがえる通りスペイン語詩のVo.が乗って、人種の坩堝であるUSパンク・シーンらしい魅力を放っています。女性メンバーも居て、曲によってはその女性がVo.を取ってるらしきナンバーもあります。



generacionsuicida-depues.jpg



・GENERACION SUICIDA - Despues de Tantos Anos... CD 税込1,500円 (Vox Populi)

こちらもVox PopuliからリリースされたコンピレーションCDです。最新作3rdアルバムよりもやはりこちらのCDの初期音源の方が少し激しさがより前面に出ているような気がします。ハードコア・パンク・ファンのハートも鷲掴みにしている、まさに今注目すべきパンク・バンドの一つです!!


■収録音源
DEMO(2011)
S/T EP(2012)
CON LA MUERTE A TU LADO LP(2013)
SPLIT EP w/CATHOLIC SPIT(2013)
TODO TERMINA LP(2014)



hondartzako-ep.jpg

・HONDARTZAKO HONDAKINAK - ep 7" 税込756円 (Flower Of Carnage)

以前にデモ・カセットが2種入荷していたフランス・バスク地方北部出身のハードコア・パンク・バンドが、BANDITのLP化再発が大ヒットしたFlower Of Carnageから1st 7"をリリース。歌詞がバスク語なので、英語と日本語の対訳も掲載した8ページがジャケットに綴じて一体となっています。

フランスと言ってもスペインに近い地方なので、あのフレンチ・ハードコア特有の、なんかイマイチ煮え切らないタイプじゃなく、スパニッシュ・ハードコアからの影響が強いそうです。しかし、BAD BRAINS, MINOR THREAT, BATHORYオマージュなジャケがちょっとコミカルだったデモの時よりポンコツさは解消されたレイジング・ハードコアは、ちょっとNO SECURITYのようなD-Beatど真ん中じゃないスウェディッシュ・ハードコアっぽい荒々しさに近づいて、確実な成長がうかがえます。語感のせいかUSHCにはない感触で、ヨーロッパのパンク・ロウ・スラッシュ好きにおすすめデス!!



discharge-endofdays.jpg



・DISCHARGE - End of Days LP 税込2,700円 / CD 税込1,944円 (Nuclear Blast)

既に数か月前から世界各地で話題を呼んでいるDISCHARGEの最新アルバムが遅ればせながら入荷しました。Nuclear Blastと契約して発表したLPで、ヨーロッパ盤/アメリカ盤/カラー盤など数種ありますが、今回はヨーロッパ盤での入荷です。LPはシールドの上に貼ってある盤色の識別ステッカーが、US盤はバーコードを模したハイプ・ステッカーになっていますが、こちらのヨーロッパ盤はNuclear Blastロゴになっています。ブラック・ビニールでの入荷です。

Tezzがギター担当で、もちろんBonesも在籍する、ツイン・ギターの5人編成。Vo.のJJとドラムのDaveもBROKEN BONESで一緒にやってる仲間ですから、現在のBROKEN BONESにRainyが加わってTezzががベースからギターにパートチェンジしたような編成ということになります。曲もやはりBROKEN BONESっぽいのもあったりしますが、DISCHARGEらしさを失わないように一番頑張ってるのがVo.のJJで、とても好感が持てます。Nuclear Blastに所属するメタル・バンド・メンバーを中心に、さまざまなミュージシャンがコメントを寄せてるオフィシャル・ビデオがあったので貼ってみましたが、個人的にはAGNOSTIC FRONTのDISCHARGEロゴ仕様とかにちょっと興奮しながらも、なぜ現在のNuclear Blast看板バンドのSLAYERメンバーがコメントしてないんだ?とか、どうでもいいことをいろいろ考えてしまいました。



chaosuk-shitman.jpg

・CHAOS UK - Shit Man Fucker 7" 税込1,296円 (540)

2015年に日本のBreak The Recordsから Digital Filth CDを発表して古くからのファンを熱狂させたCHAOS UKが、そのDigital Filthと同時に録音していた音源をUSレーベルからリリース。もちろんDigital Filthとは被りのない別内容の4曲入りです。

Chaosは抜きですが、MowerとGabbaを中心とした編成で、Split w/ FUKで戻ってきたアグレッシブなハードコア・サウンドが今回も炸裂しています。Digital Filthではjust Mere Slavesの再録も披露して、他の新曲もまるで昔のナンバーのリメイクのような曲調でまとめてましたが、こちらはCHAOS UKらしいキャッチーさもにじませるロウ・ノイジー・ハードコアで、やはり文句なしにカッコいい!!CHAOS UKファンは絶対に大満足だと思います。

05 | 2016/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR