RECORD BOY

Japanese Hardcore!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品のカート・アップを先ほど完了しました。受注メール返信対応は木曜日以降になります。


guillotineterror-nagareboshi.jpg



GUILLOTINE TERROR - 流れ星 CDEP 税込1,080円 (Battle Planning)

東京三多摩ハードコア・シーンで長らく活動を続けて、メタリック・ハードコア, ポリティカル・クラスト, 伝統的ジャパニーズ・ハードコア, さらには2000年代中期あたりからスキンズっぽいタフネスも強調して独自のハードコア・サウンドを追及してきたギロチン・テラーが、2007年のKronosアルバムCDからおよそ10年を経て久々の新作EPを発表。そして今回達した境地は、おとこコアとでも言うべき究極の漢のハードコア!!メタリック・ハードコアと演歌の融合なるそのサウンドは、聴かねば絶対にわかりません。


1990年、【メタリックなジャパニーズハードコア】を構想していたKURUMIを中心に結成。 以来、一貫してメタリックで凶暴なハードコアサウンドに、日本語詞をのせた、ギロチンテラーでしか成し得ないハードコアを追求!!爆音と日本語詞により、不義不正を討ってきた!!ハードコアシリーズGig『STREET ANARCHISMストリート・アナーキズム』を企画し、細分化されたハードコアの壁をぶち壊す。 ギロチンテラーのオリジナル作品、マーチャンダイズは、自身が企画・制作・販売をするために設立されたバトルプランニングがおこなっている。今回リリース予定の『流れ星』(6/25)『一刀両断』(8/6)『大志五訓』(10/1)は、ギロチンテラー漢のシングル三部作!としてリリースされる。

『流れ星』
特攻隊への鎮魂歌。日本人なら感じるものがあるはず。故郷の山に降る雪は熱き誇りを胸に秘めたる武人の涙!!

『砂漠の花 - Ballad - 』
やむことのない中東の悲劇をギロチンテラー初のバラードで歌った。空を見上げ神を怨む!!


(インフォメーションより)




fuckonthebeach-today.jpg

FUCK ON THE BEACH - Today is Start CD 税込1,080円 (Killed By Fast)

今年2016年で遂に結成20周年を迎える東京パワー・バイオレンス・ベテラン F.O.B.が、自身のレーベル Killed By Fastから久しぶりにアルバムを発表。新録15曲に加えて、収録した30曲全てが彼らの代表曲"Fuck On The Beach"の別テイク/バージョン違いの連発という画期的な地獄のコンピレーション・アルバムとして当時話題を呼んだ2003年リリースの"The Very Best Of Fuck On The Beach"CDの30曲をボーナスで追加した全45曲!!

ノイジーなサウンドと非メタルのあくまでもハードコア・パンクのエクストリーム化した末の激烈ロウ・パワー・バイオレンスに。今回も全く変化はありません。ゆえにドイツの老舗レーベル RSRをはじめ、海外のダイハードなパワー・バイオレンス・ファンからも支持されつづけるのでしょう!!


1996年結成今年で20周年を迎えた"POWER VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK"をスローガンに掲げたFUCK ON THE BEACHの現メンバーによる最新レコーディング作品を自身のレーベルKILLED BY FAST RECORDSからリリース!とにかく"速い""うるさい""激しい"にこだわり、面白いと思ったことにゎ首を突っ込み続けた20年。海外から来たバンドのサポートやGAUZEやBRAHMANとのライブやアメリカ、東南アジア、ブラジルなどの海外ツアーも敢行したりデスマッチプロレスラー葛西純の入場曲である"DEVIL"をプロレス会場でコラボしたり最近だとBiSや偶想DROPなどアイドルとの対バンも積極的に行っている。ボーナストラックには2013年にセルフリリースした全30曲"FUCK ON THE BEACH"(1996年から2003年に録音された全て違うバージョン)の"THE VERY BEST OF FUCK ON BEACH"(1000枚プレス。現在廃盤。200枚ピンクジャケット有)を1トラックに収録の全45曲入り!ジャケットはツヨッシー氏の描き下ろし!(インフォメーションより)



swarrrm-20year.jpg



・SWARRRM - 20year Chaos CD 税込2,160円 (Long Legs Long Arms)

エクストリーム・メタルとハードコア・パンクのシーンを股にかけて活動する神戸のカオティック・グラインダーズ SWARRRMの結成20周年を記念して発売されたコンピレーションCDです。

"Against Again"(2000年発表)から"偽救世主共"アルバム(2003年発表)の2000年代前半の音源に絞った構成で、単に入手困難な作品からまとめたのではなく、エモ・バイオレンスやブラック・メタルにも接近したSWARRRMの激動期とされる頃の音源をコンパイルしています。ギターのKapo氏も「編集盤ではあるけれども、ただの編集盤にはしたくない。遅れてきた3rdアルバムくらいの気持ちで考えている」とのことで、SWARRRMファンはもちろん、そして初めて聴く人にもオススメのCDです!!


TRACKLIST:
1. Leave Me Alone (Split 7" w/ NARCOSIS)
2. Swirl (PICTURE EP)
3. Hurricane (Terro-Rhythm comp.)
4. Impossible (Split w/ ATOMIC FIREBALL)
5. Doom (PICTURE EP)
6. Blame (Split w/ BLOODRED BACTERIA)
7. Limit (Split w/ ATOMIC FIREBALL)
8. Broken (Split w/ BLOODRED BACTERIA)
9. Suffer (Japanese Assault comp.)
10. Dance (PICTURE EP)
11. Useless (Split 7" w/ NARCOSIS)
12. Struggle (Split w/ ATOMIC FIREBALL)

Charlie is Infection!!


gonkulatormachine.jpg

* 久しぶりにFudgeworthy Records作品が各種入荷!!!年度が変わった頃から、これまでのレコード屋不況を余裕で上回る深刻な状況が続いてるので、この大ピンチをどう乗り切るか・・・?とアレコレ悩んだあげく、よりによってチャーリーさんに連絡してしまいました・・・。しかしBOYを救うのはチャーリーしかいない!!ボストン・スピードコア・グラインド・スラッシュ PSYCHOのドラマーであり、1980~1990年代はAx/ction Recordsで多くのカルト・ノイズコア/グラインド・バンドを輩出してきたGONKULATORドラマーのCharlie Infection氏のレーベルがFudgeworthy Recordsです。




gonkulator-reborn-10.jpg

・GONKULATOR - Reborn Through Evil 10" 税込1,944円 (Fudgeworthy)

日本を代表するエクストリーム・ドゥーマーやノイズ・ミュージシャン、デス・メタル/グラインド・レーベルのオーナー氏など、当時から日本でもバンド関係者の極一部(その3~4人しか思い浮かびませんが)に熱狂的に支持されていたGONKULATORの超待望単独作10曲入り10"LPです。Split LP w/ OLD PAGANも復活GONKULATORの10年以上ぶりの新作だったので当店内では話題となりましたが、単独作品は2000年に発表したSecond War in Heaven CD以来、今回が実に15年ぶりとなります。

サウンドは相変わらずノイズ・コアとブラック・メタルを融合したような形態で、このグッシャリとブッ潰れたような感触は、ヘヴィメタルの進化論や突然変異などでは到底説明のつかない、BEHERIT, BLASPHEMY, NUCLEAR DEATH, etcのようなブラック・デス・メタルのカルト・バンドの出現を検証する際のミッシングリンクとして必要不可欠な90年代のアンダーグラウンド・グラインドコア・シーンに於いて、積極的にサタニック・デスコア・グラインドもサポートしていたチャーリー氏の感性が完全のあの頃のまま留まっているのが良くわかります。Raw War系ベスチャル・デス・メタル確立後の現代のグラインディング・ブラック・メタルよりも、やはり90年代のデスコア・グラインドに近い曲調と、ノイズ・スラッジなドゥーム・ナンバーを併用した構成は、HAVOHEJ, NUCLEAR DEATH, GOATLORD, etcのファンにもぜひ聴いてほしいですが、Youth Attack系のオシャレなローファイ・ブラック・ハードコアとかスケボー・ブラック・メタルとかのヤングはスルーした方が無難です。いや、そういう若者にも1度聴いてもらって、絶望してもらいましょう。どっちかって言うと今なら、Deathangle Absolution系のファンには受け入られそうな感じはあります。実際、チャーリー氏は昔からフィンランドのパワー・エレクトロニクス系との交流もあります。白/黒マーブル・ビニールで、ジャケ・デザインのバッチも付きます。「今回のはゴンクのベストだ!」とチャーリー氏も言ってます。宜しくお願いします!!



gonkulator-necrocannibalistic.jpg

・GONKULATOR / NECROCANNIBALISTIC VOMITORIUM - Split 7" 税込972円 (Horns & Hoofs)

ABIGAILともSplitカセットをリリースしているウクライナのグラインドコア・バンド NECROCANNIBALISTIC VOMITORIUMとGONKULATORとのSplit 7"です。っこちらはFudgeworthy Records作品ではなく、NECROCANNIBALISTIC VOMITORIUMメンバーのレーベルからのリリースで流通も薄く、今回はチャーリーさんが持ってたヤツを少し分けてもらいました。限定312枚ナンバリング入りです。

GONKULATORは同時期にリリースされた15年ぶりとなる単独作 Reborn Through Evil 10"と恐らく同じときに録音された2曲を提供。うち1曲はこのSplit EPでしか聴けない新曲です。グッシャリとブッ潰れたような感触でグラインド・ブラックとドゥーム・スラッジなパートをミックスした、GONKULATOR以外の何物でもない2曲で、特にこのEPでのexclusiveトラックは、My Warの時のグレッグ・ギンみたいな神経衰弱ソロを交えたsickなスロウ・パートが印象的です。

NECROCANNIBALISTIC VOMITORIUMもまた凶裂なノイズコア・グラインドで、ドンマイ・グラインド系の鈍さを強調したようなパートもあります。GORE BEYOND NECROPSY, GRUDGE, FEAR OF GOD, ULCEROUS PHLEGM, ARSEDETROYERなどのファンにオススメ!!



blood-psycho-ep.jpg

・BLOOD (Germany) / PSYCHO - Split 7" 税込972円 (Ax/ction)

このEPはFudgeworthy名義ではなく、Ax/ction Records時代の1997年リリース作品です。Ax/ction Recordsはどうやらチャーリー氏自身がレーベル・オーナーではなく、長年一緒にバンドをやってる某氏が起ちあげたレーベルだという話をミスターDevor Records氏に教えてもらって私は大きな衝撃を受けましたが、やはりレーベルの舵取りはほとんどチャーリー氏がやってたと思われます。このEPももちろんチャーリー氏が保有していたデッド・ストックで、20年近く前のレコードにしては完璧なミント・コンディションですから、もともとジャケはゼロックスのリリースでしたし、盤が数枚見つかったからジャケをまた作って販売してるんだと思います。もちろん、再プレスなんかではありませんので、グレイ・マーブル・ビニールです。

BLASPHEMYメンバーとの交流が有名で、ベスチャル・デス・ブラック・メタル・マニアにも崇拝されるジャーマン・サタニック・グラインド・デス・メタル BLOODは、パンクのキャッチーさと下劣なエクストリーム・バイオレンス・サウンドの融合が絶妙なバンドですが、Split 7"の片面に3曲ということもあって、ここではデス・メタル的アプローチよりもグラインドコアらしさがより際立っていて、NAKED WHIPPERファンにはたまらない内容デス!!

ボストン・ハードコア・シーンに於いてX-Claim一派のクルー系とは一線を引き、SIEGE, OUTPATIENTS, DEEP WOUND, etcの裏ボストン・ハードコアの激烈性を継承したPSYCHOは、90年代に突入すると徐々にグラインド化していきました。このSplitも、Johnny X氏のチェインソウ・ノイジー・ギターは時折ロッキンなフレーズも絡ませつつもNAPALM DEATH影響モロ出しで、キャッチ―さはELECTRO HIPPIESあたりのLate 80's UKHCルネッサンスにも通じます。あと、ジャケも素晴らしい。



blood-dysangelium-piclp.jpg

・BLOOD (Germany) - Dysangelium PICTURE LP 税込1,944円 (Fudgeworthy)

BLASPHEMYメンバーとの交流が有名で、NAKED WHIPPERとともにベスチャル・デス・ブラック・メタル・マニアにも崇拝されるジャーマン・サタニック・グラインド・デス・メタル・バンド BLOODの2003年発表アルバム・アナログ盤です。ドイツのデス/ブラック/グラインド名門レーベル Morbid Recordsライセンスのリリースで、アナログ盤はこのピクチャー盤でしか存在しません。デッドストックと言っても差支えないと思いますが、チャーリーさんのリリースはカルト・バンドの10年以上も前のリリースだろうが、プレミアが付いたりしないところが素晴らしい!!もちろん、再プレスなんかではありません。

これまで入荷してきた再発盤各種も大好評でしたが、このアルバムもBLOOD節全開の内容でファンを熱狂させた作品です。BLOODはBEHERIT周辺にも垣間見える初期ブラック・メタルとグラインドコアの密接な関係を検証するうえで重要なバンドの一つであり、BLASPHEMYが開拓したウォー・ブラック/ベスチャル・デス・メタルのエクストリームな音楽性の形成にも間接的ながら影響を与えたとされています。NAPALM DEATHやCARCASSに代表されるハードコア上がりデス・メタルの初期のバンドにも似た、パンクのキャッチーさと下劣なエクストリーム・バイオレンス・サウンドの融合が絶妙で、本作発表当時の2000年代パワー・バイオレンス・ムーブメントからの触発もうかがわせるパートや、ベスチャル・デス・メタルのような野蛮パートなどを、Razorback系とは異質のジャーマン・サタニック・ゴア・メタル・グラインドらしいキャッチーさでまとめていていて、アンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・ファンならば色んな角度から楽しめる作品だと思います。

Deathrash Armageddon!!


cendresdehaine-lemegeton.jpg



・CENDRES DE HAINE - Lemegeton Clavicula Salomonis Tome1 CD 税込1,500円 (Deathrash Armageddon)

過去作品も全てDeathrash Armageddonからリリースしていたスイス出身ブラック・メタル・バンドの3rdアルバムCDです。初回分には刺繍パッチが付きます。

今回も極寒のブラック・メタルに徹していて、トレンドに左右されないスタイルには、ダイハードなアンダーグラウンド・スピリッツを強く感じさせます。極寒とは言っても本質的な部分の話で、ハーシュなノイジー・サウンドではなく、ヨーロピアン/スカンジナビアン・ブラック・メタルの古典的な旋律と原始的な曲構成で凍えるような悲哀を表現していて、IMMORTALやDARKTHRONEファンは間違いなしの内容です!!



blacktorment-catacomb.jpg



・BLACK TORMENT - Catacomb of Blinding Blasphemies CD 税込1,500円 (Deathrash Armageddon)

悪趣味なTOXIC HOLOCAUST風中南米パンキッシュR&Rスラッシュ・メタル、といったような感じのサウンドで、日本のメタル・パンク・ファンにもかなり注目されたことがあったメキシカンROTTENのメンバーによるベテラン・スラッシング・デス・メタル BLACK TORMENTの4thアルバムが、Deathrash Armageddonからリリース。初回分には刺繍パッチが付きます。

メタル・パンク・バンドのメンバーがやってるからか、中南米デス・ブラックの暑苦しさはほとんどなくて、スラッシュ・メタル土台のキャッチーさが際だったオールドスクール・テイスト満点のベスチャル・デスラッシュ・メタルです。日本のファンにはかなり親しみやすいスタイルではないでしょうか。GRAND BELIAL'S KEYの大名曲 Shemhasmforashのカバーもうまくフィットしています。

Death 'til Thrash!!


grafspee-reincarnacion-slipcase.jpg

・GRAF SPEE - Reincarnation CD 税込2,160円 (Dies Irae)

昨年2015年にブートレグのコンピレーションCDが出回って当店でも大反響を呼んだ南米ウルグアイのカルト・デス/スラッシュ・メタル・バンドの音源が遂に初オフィシャルCD化!!ブートCDは唯一のLPだった"Reincarnation"とカセットEPの"Mother Fucker"をカップリングしてボーナスを加えたモノでしたが、今回の初オフィシャルCDはアルバムとEPを別々にして2種リリースされています。こちらは"Reincarnation" LPにデモ2種(ウチ1つはたぶん以前入荷したブートCDのボーナスと同じ)を追加した全12曲入り。スリップケース付きなんですが、これがかなりタイトなサイズでジュエルケースをピッチピチに締め付けてるので、取り出すときはイライラしないようくれぐれもご注意ください!!


"Reincarnation" LP (1989年)
1. Intro
2. Freedom
3. Eunuchs
4. Reincarnation
5. Perfidy
6. Kali-Yuga
7. Of The Three Gunas Tamas
8. Self Destruction
9. Patala Loca

"El Lugar De Las Asuras" 1985 Demo
10. El Lugar De Los Asuras

"1986 Demo"
11. Autodestruccion
12. Prisioneros


このバンドの凄いところは、フレーズや演奏は確かにスラッシュやへヴィメタルのそれなのに、一体何を目指したらこうなったのかが推測できないカオス・メタルと化してるいうところです。展開が複雑なのはヨーロピアン・プログレッシブ・スラッシュ?カッコつけてライドで不穏な雰囲気を煽ってるところはSLAYERのJesus Saves?など、断片的には元ネタが推測できなくもないけど、それらを個々が思い思いにただやってるだけで、曲作りの段階で浮かんできた何百何千というアイデアを1個もボツにしないで何も考えずに全部やってしまったようなムチャクチャさが本当に凄い。REENCARNACIONみたいなアナーキーとは違いますが、再生してしばらくは何が起こってるのか理解できないでしょう。少なくとも自分にはしばらく何が何だかサッパリわかりませんでした。そしてバッキングとは全く関係のないような音階をアホみたいに熱唱する"Kali Yuga"のVo.あたりでようやく我に返ることができました。"Reincarnation"のオリジナル盤LPは南米カルト・メタル・コレクターの鬼門的必殺最上級レア盤で、近年の中古市場相場は$500前後というモンスター級カルト・クラシックですから、ぜひともこの機会に聴いてみてください。とにかく、こんなへヴィメタル、初めて聴きました。凄すぎる!!!!!



grafspee-motherfucker-slipcaase.jpg

・GRAF SPEE - Mother Fucker CD 税込2,160円 (Dies Irae)

こちらは"Mother Fucker" EPにオムニバス曲を追加した全7曲入り。やはりスリップケースがかなりタイトなサイズでジュエルケースをピッチピチに締め付けてるので、ようくれぐれもご注意ください!!


"Mother Fucker" TAPE (1992年)
1. Mother Fucker
2. Critical Confusion
3. Mother
4. It Might Be Possible To Cause A Revolution?
5. Bululu (Baby Song)

"Brigada Metalica" Split LP (1989年)
6. Eunucos
7. Reencarnacion


もともとは正統派へヴィメタルとして80年代中期から活動を始めたバンドが、スラッシュ/デス・メタル・ムーブメントに触発されて過激化したそうです。この92年カセットEPはだいぶデスラッシュらしさが強まっていますが、それでもまだまだCogumeloあたりの初期カルト・デスラッシュ並みで、ちょっとHOLOCAUSTOの1stに似てるような感じもあるような気がしないでもない今日この頃といったところにしておきましょう。SLAYERやCELTIC FROST、あとS.O.D.とかも聴いちゃったような感じもありますが、個人的には1曲目が"Mother Fucker"でEPのタイトルにもしておきながら、3曲目のタイトルが"Mother"とか、何歌ってるのか知りませんが、こういう感覚が完全に意味不明で震えてきます。そしてこういったカオスが演奏や曲の隅々にまでモノ凄いパワーでみなぎっているという点です。凄すぎる!!!!!



exorcist-nightmare-lp.jpg

・EXORCIST - Nightmare Theatre LP 税込2,916円 / 2CD 税込2,484円 (High Roller)

1985年にカナダのCobra RecordsからリリースされたNY産オカルト・スピード・メタルの唯一のアルバムが、High Rollerから遂に初オフィシャル再発。VIRGIN STEELEというヘヴィメタル・バンドの変装プロジェクトで、脱退したJack Starr氏との訴訟問題により、VIRGIN STEELEという名前の使用権がなかったためEXORCIST名義でリリース、というような情報を以前は聞いてましたが、話はもっとややこしいみたいで、真相はよくわかってません。とにかく、契約上なにかしら作品をリリースしなければならなかった状況と、メンバーがVIRGIN STEELEの音楽性とはかけ離れて実は好んでいたらしい当時のスラッシュ/スピード・メタル・ムーブメントを楽しんで制作されたという条件が見事に合致して生まれた、80'sスピード・メタル・カルト・クラシックを代表する1枚です。

そんな状況の中で生まれたプロジェクトですから、メンバーはハードコアなアンダーグラウンド・メタル・シーンとは接点もほぼ無かったわけで、突如リリースされたこのアルバムは、当時のスラッシャーの間でミステリアスな存在として評判となりました。しかも面白いのは、カナディアン・キング・オブ・カルト・メタル PILEDRIVERの2ndアルバム ”Stay Ugly”と、メンバー全員女性のスピード・メタル・バンド ORIGINAL SINの ”Sin Will Find You Out”の、同じCobra Recordsから同年に発表された2作品もやはりVIRGIN STEELEメンバーが楽曲提供&演奏していて、ORIGINAL SINに至ってはVo.以外のバックは実は全員がVIRGIN STEELEメンバーによるデッチ上げ女性メタル・バンドだったというのです(しかも唯一のリアル女性メンバーのVo.はVIRGIN STEELEメンバーの妹)。

VIRGIN STEELEがどれだけレーベルに頭が上がらない状況だったのかは知りませんが、リスナーにとって一番重要な点はアルバムの内容です。そしてそのサウンドが実は一番のミラクル・ポイントで、このEXORCISTのサウンドが当時のスラッシャーにも上々の評判を得てしまったのも完全に納得のカッコよさ!!ドレミの歌みたいなイントロからMetal Militiaのようなロウ・スピード・メタル・スラッシュへとなだれ込む"The Invocation"を始め、Kill'em Allのパクリだろうけどキラーなリフを連発し、ソロはSLAYERのようで、そして1985年当時ではかなり邪悪度の高いスタイルだったVo.まで、プロト・ブラック・メタルなアメリカン・スピード・メタルとして申し分ないサウンドです。FANTOM WARIOR, BLACKTASK, SAVAGE DEATHなどのUS東海岸イーヴィル・スピード・メタル・スラッシュ・ファンは絶対に必聴death!!!666!!!

LPは限定1000枚で、今回はそのうちのltd.500枚レッド・ビニールで入荷。CDはオリジナル・ミックス/リミックス/2ndアルバム用未発表曲など、たんまりボーナスを加えた超ボリューム満点の2枚組でスリップケース付きです!!



slaughterlord-thrashtil-lp.jpg

・SLAUGHTER LORD - Thrash 'til Death 86-87 LP RED VINYL 税込2,916円 / BLACK/WHITE MARBLE VINYL 税込2,916円 / BLACK VINYL 税込2,484円 (Invictus prod.)

伝説の80'sオーストラリア・カルト・スラッシュ・メタルのコンピレーション・アルバムが超待望のLP再発。このアナログ盤再発は待ってた人が多いかと思います。この音源集は1998年にHammerheartがディストリビューションでバックアップして、Invictus prod.のファースト・リリースとして発売されましたが、CDはその後たびたび再プレスされてきたけど、アナログ盤は1998年の最初のリリースのみでした。今回はレギュラーのブラック・ビニールに加えて、レッド・ビニールとブラック+ホワイト・マーブル・ビニールのカラー盤が2種存在します!!それぞれジャケに盤色を表すスレッカーも貼ってあって、1998年オリジナル・プレスにはカラー盤はなかった(はずです)ので、これもまた嬉しいデス。

SLAUGHTER LORDはオーストラリアン・アンダーグラウンド・メタルの極悪性を開花させたバンドで、OZスラッシュ・メタルの正統派で知られるMORTAL SINに後に参加するメンバーと、そしてその対極に位置したカルト・ブラック・メタル SADISTIK EXEKUTIONのメンバーも在籍していました。活動時にはデモを残したのみで、このコンピレーション・アルバムには恐らく彼らの全音源だったであろう9曲を収録。AT THE GATESがカバーした事により正統派デス・メタル・ファンにも存在をアピールしましたが、活動時はオムニバスの参加などはなかったにも関わらず、アンダーグラウンド・シーンでは一目置かれてファンジンで紹介されていました。このSLAUGHTER LORDは当時のスラッシュ/デス・メタルのアンダーグラウンド・ネットワークの重要性を再検証する上で最適なカルト・バンドで、ドイツのASSASSIN, ノルウェーのMAYHEM, そしてこのオーストラリアのSLAUGHTER LORDの3バンドによる強烈に邪悪なインターナショナル・トライアングルがマニアの間ではよく知られています。ASSASSINの1stアルバム・インナーには交流のあった数多くの世界中のスラッシュ・メタル・バンドの写真が載っていましたが、そこに異様なオーラを放出したSLAUGHTER LORDとノルウェーのMAYHEMのメンバー・ショットも載ってます。ご存知の通り、MAYHEMのユーロニモウスはこのSLAUGHTER LORDから派生したSADISTIK EXEKUTIONのTシャツを着てる姿が確認されていますし、MAYHEMとASSASSINのメンバーはCHECKER PATROLというスラッシュ・メタル・プロジェクトをやっていました。余談になりますが、ASSASSINの2nd LPにはCASBAHメンバーの写真も載っているのも有名です。

そしてSLAUGHTER LORDのサウンドが、初期KREATOR直系破壊的スラッシュを土台にしてスピードアップしたような、MERCILESSとも共通点の多いノイジー・サタニック・デスラッシュで、いつ聴いても完全にカッコいい!!!666!!!汚い音も最高ですし、革ジャン/袖きりGジャンの王道スラッシュ・メタル・ファッションなのに極悪なオーラ満点のジャケ写真も激渋です。初期スラッシュ・メタル・ファン、プロト・デス/ブラック・メタル・ファン全員必聴の完全無欠のオススメ盤です!!

Black 'til Death!!


gravemiasma-endless-lp.jpg

・GRAVE MIASMA - Endless Pilgrimage LP 税込2,484円 / DIGIPACK CD 税込1,944円 (Sepulchral Voice)

2002年に結成されて日本でもRaw War系デス/ブラック・メタル・マニアックスに高い人気を誇っていたGOAT MOLESTORを前身とし、その後2006年にGRAVE MIASMAへと発展して、世界各地で盛り上がりを見せたINCANTATION影響下のlowデス・メタル・ムーブメントの中心的な存在となってきたUKロンドンのGRAVE MIASMAの2016年最新作です。LPはWジャケ内側のメンバー写真も激渋かっこいい、縦に広げるゲートフォルド・スリーブで、ポスター付き。CDはトリプル・フォールドのデジパック。全5曲ですが、33分にも及ぶ聴きごたえ十分な内容となっています。

いきなりシタール?で幕を開けるオープニングに眉をひそめてしまうのは私だけではないでしょう。NECROS CHRISTOSが切り開いたヴィンテージ・オカルト・デス・メタルの新境地が、Raw War系を起点にしてINCANTATIONウォーシップなスタイルへと完璧な深化を遂げてきたGRAVE MIASMAをも遂に呑み込んでしまったか?と思ってしまいましたが、その後はバーバリックなINCANTATION型ブラック・デス・メタルが渦巻いてます。個人的にNECROS CHRISTOSが確立した、KING DIAMONDあたりをルーツにしたようなヴィンテージ・オカルト風味もあるデス・メタルは完全支持で大好きですが、GRAVE MIASMAにはRaw War系の名残もあるオールドスクール基盤の混沌冒涜デス・メタルをファンは求めていると思います。1曲目を筆頭に、NECROS CHRITOS風なフレーズは確かに各所に顔を出してくるけど、しかしそれが効果となっているのか、古典的と言うよりプリミティブなまでのデス・メタル・パートも強く印象付けられていて、ファスト・パートのカッコよさはやっぱり相変わらずバツグンです!!メンバーは(GOAT MOLESTER時代からもほぼ)不動のラインナップで続けてきたバンドですが、何か内部でさらなる深化が起きているのかも知れないけど、しかし以前となんら変わらない極黒のウルトラ・デス・メタル・ダークネスが大爆発で、とにかくデス・メタル・ファン必聴の作品に間違いはありません。



nuclearminter-abomination-cd.jpg

・NUCLEAR WINTER - Abomination Virginborn CD 税込1,296円 (Martyrdoom prod.)

DEAD CONGREGATIONでギター&Vo.を担当し、Nuclear Winter Recordsの運営も長年続けてきた、ギリシャ・デス・メタル・シーンの顔役とも言えるAnastasis氏が1990年代中期~2000年台前半までやっていたデス・メタル・バンド NUCLEAR WINTERの2003年録音3曲入りデモが初CD化。Nuclear Winter Records改めMartyrdoom prod.としてレーベルを再始動させたAnastasis氏自身によるリリースのフォールド・ペーパー・スリーブCDです。

1997年の1stデモ・アルバムがLP化されて当店では大反響を呼んだバンドですが、その1stデモ・アルバムはAnastasis氏の趣向がモロに反映されたAMEBIXミーツBOLT THROWERなエピック・クラスト・デス・メタル・サウンドが激渋でした。今回CD化されたこの2003年デモ音源はNUCLEAR WINTER名義での最後の作品で、1曲目のタイトル "Dead Congregation"にも表れているとおり、NUCLEAR WINTERからDEAD CONGREGATIONへの進化を検証する上でとても重要で興味深い音源です。まだAMEBIXルーツのような灰色の黄昏はうっすらと漂わせながらも、より激烈にデス・メタル化しつつ、しかし2000年代のINCANTATIONウォーシップ・デス・メタル・ムーブメントを先駆けたDEAD CONGREGATIONのようなブルタリティーにまで達してなく、スロウ~ミドルテンポ・パートの随所にBOLT THROWERテイストを残していて、その結果けっこう90年代のスウェディッシュ・デス・メタルにも近い激しさと陰鬱パートのバランスになっている名作デモ!!アグレッシブ&ロウなドラミングもカッコよくて、この荒々しい演奏が初期デス・メタルらしさを高めています。DEAD CONGREGATIONファンはもちろん、1990~2000年代初期のオブスキュア・デス・メタル発掘を楽しんでるようなファンにも絶対おすすめデス!!

Japanese Punk & Metal!!



*毎週水曜は定休日ですが、本日は国内外のパンク系(プラス1メタル)話題のリリースがそろい踏みとなりましたので、先ほどカートアップしました。受注メール返信対応は木曜日以降になります。



typhus-st.jpg

・チフス (TYPHUS) - S/T CD 税込2,160円 (Super Fuji Disc)

初のハードコア・パンクと言われる日本パンクのパイオニア、チフス。そのほぼコンプリート音源集。シン氏(GAUZE)監修による初CD化、正規発売です。

[TYPHUS(チフス)]
1980年秋、ベースのシンを中心に、イズミらと結成、その後ギターのタムが参加、1981年、スターリン遠藤ミチロウのポリティカル・レコードよりソノシート「TYPHUS」を発表。同年2月より自主イベント「法定伝染GIG」を主催、3月ボーカルのイズミ脱退、代わってケンが加入、7月解散。その後、シンはGAUZEを結成、イズミはあぶらだこへ、タムはスターリンを経てADKレコード設立、ケンはハロウィン、ニウバイルへ、タクはスティグマに参加するなど活躍を続ける。


[1980年10月 スタジオリハーサル]
1. 笑うなら笑え
2. 香港ガール
3. ノータッチ
4. 退屈虫に犯されて
5. 万引き
6. 永遠の平和
7. ストリートホイホイボーイ

[1980年12月 スタジオリハーサル]
8. 香港ガール
9. ストリートホイホイボーイ
10. 永遠の平和
11. グッドルッキング
12. 東京タワー
13. タイヤ

[1980年10月28日 スタジオライブ]
14. ノータッチ
15. 香港ガール
16. 永遠の平和
17. 退屈虫に犯されて
18. 万引き

[1981年1月11日録音 MIG2503 POLITICAL RECORDS ソノシート7inch]
19. 香港ガール
20. ストリートホイホイボーイ
21. 永遠の平和
22. グッドルッキング

[1981年2月8日 新宿JAM デビューライブ]
23. イマジンラッシュ
24. ノーマルロボット
25. それはなに
26. タイヤ

(インフォメーションより)



warhead-cryof.jpg

・WARHEAD - Cry of Truth 7" Breath The Records 税込1,080円 (Break The Records)

京都ハードコア・パンクWARHEADの1991年に自主リリースされた名作1st 7"が、Break The Recordsから再発!!90年代にはドイツのAmok Records盤、2001年にはDevour Recordsからもオリジナル盤とちょっとジャケを変えて(Devour盤もオリジナル盤とはジャケのタイトル文字の大きさが微妙に違う)再発されてましたが、今回はオリジナル盤を忠実に再現した復刻盤となっています。

猛烈なスピードと怒りが爆発したような、いつ聴いてもテンションの上がる名盤です。関西ハードコアらしい激速レイジング・スラッシュとガッツみなぎるテンションに、ジャパニーズ・コアティック・スラッシュならではのシンプルだけどキャッチーな感覚もある曲調が最高にマッチしています。過去のバージョンを買ってきた人でもまた欲しくなってしまう、嬉しい再発盤です!!



hater-nightmare.jpg

・HATER - Nightmare Continues...With Your Haterizer CD 税込1,944円 (Captured)

ex.URBAN TERRORで現在はROSEROSEのドラムも担当するE-gaya Konny氏が中心となり、ex. WORMCAST / ex.紅蓮十のBabiさんが加入してハードコア・パンク・シーンでも注目を集めた東京スラッシュ・メタル HATERがCaptured Recordsから1stアルバムCDをリリース。メンバー交代が激しく、E-gaya Konny氏のパート・チェンジや2度の解散も乗り越えて遂に完成したこの1stアルバムでのラインナップは、ギター:E-gaya Konny (ex.URBAN TERROR, ROSEROSE), ギター:IKE-chang (ex.WATER CLOSET, ex.EVERYBODYS ENEMY), ヴォーカル:Babi (ex. WORMCAST / ex.紅蓮十), ベース:鬼武 (ex.爆心地, ex.土石流, 滅流辮,etc), ドラム:石黒(CRY, CODE RED, ex.DEFILED)という、見事にバラバラな経歴を持った5人編成によって制作され、そして渾身の内容に仕上がっています。

もちろん疾走感や攻撃性はハードコアに通じるものがあるスラッシュ・メタルだけど、もはやクロスオーバーなテイストやメンバー構成の話題など必要ないくらいに、以前入荷していたCDRの時から格段にパワーアップしています。もっともそのCDRの時はE-gaya Konny氏はドラムでしたし、Babiさんの初ライブを収録した名刺代わりのプロモ・リリースでしたので比較すべきではないのかも知れませんが、へヴィなゴリッゴリのブルータル・スラッシュを土台に、ちょっと80年代ビッグヘアー・ビジュアル・メタル・スラッシュのようなメロディック・ツイン・ギターも絡ませたりして、これはもう文句なしのジャパニーズ・スラッシュ・メタル・サウンドです!!


HATER Biography (text by E-gaya Konny)

2008年初頭に結成。URBAN TERRORを辞めたE-gaya KonnyがガチガチのTHRASH METALを演りたいがためにドラマーがサポートだったS.O.Dのコピーバンドに加入したのがスタート。初代メンバーはVo.DADA、Gt.マッチョ(現INSECT BITE)、Ba.弾正(ex.TOP SUICIDE,ex.爆心地)、Dr.E-gaya Konny。 後にBa.弾正がGt.に、Ba.に鬼武(ex.爆心地,ex.土石流,滅流辮,他)を迎えリハーサル開始。Vo.DADAが入院のため離脱。後任にDJチームR&R NIGHTMAREに所属していたRICAを迎える。

DADAが復帰してツインヴォーカルツインギターの6人編成で2008年12月に"DEMO 2008"(廃盤)をリリースと同時に中野MOONSTEPにてデビューGIGを敢行しました。

しかし2009年、弾正とE-gayaの意見が分かれ弾正、鬼武、RICAが脱退。Ba.にマサルを迎えレコーディング。INCLUCIVE HARD COREサンプラーにTORMENTOR, LAUGH CUTの二曲収録。

12月Ba.マサル、Vo.DADA相次いで脱退。Ba.に鬼武をサポートで迎えVo.不在で決まっていたGIGはE-gayaがDr.とVo.を兼任。これがなかなかの好評価を得たがVo.を探す事に。

2010年、サポートVo.にE-gayaの後輩、下田(町田市在住、ex.NEGIBOWZ)を迎えるも曲も歌詞も覚えないので解雇。後任にイオリを迎える。数回のGIGののち1度目の解散。

マッチョとイオリとE-gayaで改めてバンドを組もうとDr.にK.K(THE FANGS)を迎えE-gayaはBa.に。これがほぼほぼ上手く行かずK.KとE-gayaがコンバート。しかし次第に熱も冷めバンド名を決める前に自然消滅。

2011年。E-gayaと鬼武は遊びでスタジオに入るようになり、プロジェクト名をDEATH MASSACREと名付けて曲作りをしていた。(ここで作られた曲が現在DEATH MASSACREのテーマとして残っています) そこでHATER再結成するか?という話に。E-gayaはGt.に、Vo.はRICAが復帰。Dr.にE-gayaが尊敬して止まない先輩の大石(ex.TERROR(埼玉))を迎え新体制でDEMO"HATER"(廃盤)をリリース。GIG活動を再開した。

2012年、E-gayaのGt.に一抹の不安を感じた鬼武はリードGt.にIKE-chang(ex.WATER CLOSET, ex.EVERYBODYS ENEMY)を迎える。が、Vo.RICAの大学進学により活動が停滞。あまりの多忙のため活動が困難になり2013年、2度目の解散。

しかし諦めの悪いE-gayaはまたDr.に。IKE-changと鬼武を改めて誘い、偶然MOONSTEPで10数年振りに再会したBABI(ex.WORMCAST, ex.愚蓮十, ex.EXTACY DRIVE等)をVo.に迎え再活動。BABIとの再会から僅か2ヶ月でデビューGIGを敢行する。そのデビューGIGの模様を収録したLIVE DEMO"EVIL LIVE HATERIZER"(廃盤)を発表。

BABIの加入により1人のドラマーが食い付いてきた。IRONFIST辰嶋である。言わずと知れた豪速ブラスターが「コニーちゃんギターヤりたいんだろ?HATERカッコイイから俺にドラムヤらせろ!」の一言で加入決定。以前から気に掛けて貰っていたのですが遂に、という感じでした。ここから年間30本位のGIGを敢行しました。IRONFIST辰嶋は名義上サポートでしたが2014年脱退。脱退の理由は「HATERはTHRASH METALだ、というのが引っかかる。オレはハードコアだから!もうメタルはヤらない!」という物でした。HATERをTHRASH METALと認めてくれたのだと感じました。後のIRONFIST辰嶋の活動は言わずもがな、BLACK METALも演っておられます。流石辰兄、貴方は貴方のままで。

その頃KING'S EVILを脱退した石黒(CRY,CODE RED,ex.DEFILED)にEARTHDOMでE-gayaが再会。現在は売れっ子だが当時はドラムで誰も誘ってくれない、などというのでHATERに引き込みました。これ迄は"ハードコアやパンクのバンドで活動しているが本当はMETALが好きな連中が集まったバンドHATER"でしたが、本当にMETALしか知らない、METALの土壌でしか活動してこなかった石黒の加入により完全にメタルの核芯が出来ました。

石黒加入から1年ほど経った2014年後半、CAPTURED RECORDSのボス、JERO氏から遂にアルバムリリースのオファーが!張り切って2015年2月レコーディングを開始するも予定を大幅にオーバーして1年以上掛かった2016年3月、HATER 1st ALBUM "NIGHTMARE CONTINUES...WITH YOUR HATERIZER"が完成しました。2016年6月リリース!

そしてリリース記念GIG"EVIL LIVE HATERIZER Vol.2"を7月24日(sun)にヤります!

Hardcore Punk Holocaust!!


fraude-2012-2016.jpg

・FRAUDE - 2012-2016 Collection CD 税込1,404円 (Crew For Life)

ex.HIT ME BACKのメンバーによるLAHCパンクのディスコグラフィーCDが、Crew For Lifeからリリース。日本ではこれまで全くと言っていいほど知名度がありませんが2012年から活動しているバンドで、このディスコグラフィーCDには20曲収録されています。もう間もなくスタートする日本ツアーに合わせてリリースされました。

カリフォルニア・ハードコア・パンクの伝統を継承するような軽速パンク・スラッシュとメロディックなVo.が特徴的なスタイルで、本当に80年代のUSHCを聴いてるような錯覚におちいります。キャッチーなパンク・ロック・ナンバーはDESCENDENTSから偏屈な展開を除いて、若干ハスキーなVo.はGORILLA BISCUITSがユースクルー系の熱さを西海岸の爽快さに変えたような感じでもありますが、それらをブラスト手前の猛烈なスピードに乗せてみたりしていて、バラエティーに富んだ曲調と演奏からはセンスと実力の高さがヒシヒシと伝わってきます。625系のスピード・パンク・スラッシュ・ファン以外にも、80's USHC好きにぜひとも聴いてもらいたい渋さです!!



generacionsuicida-smobras.jpg



・GENERACION SUICIDA - Sombras CD 税込1,500円 (Vox Populi)

現在日本ツアーを敢行中のLAのパンク・ロック・バンドの新作CDが、SKIZOPHRENIAのVox Populiから日本盤CDが発売。ジャケ・ブックレットには日本語対訳も掲載した限定500枚リリースです。

本作が3rdアルバムとなるバンドで、既に世界中のパンク・ファンに高い評価を得ているバンドです。MASSHYSTERIのような北欧パンクと共通する、アコースティックに近い音色で哀愁のコードとフレーズをかき鳴らすサウンドに、バンド名からもうかがえる通りスペイン語詩のVo.が乗って、人種の坩堝であるUSパンク・シーンらしい魅力を放っています。女性メンバーも居て、曲によってはその女性がVo.を取ってるらしきナンバーもあります。



generacionsuicida-depues.jpg



・GENERACION SUICIDA - Despues de Tantos Anos... CD 税込1,500円 (Vox Populi)

こちらもVox PopuliからリリースされたコンピレーションCDです。最新作3rdアルバムよりもやはりこちらのCDの初期音源の方が少し激しさがより前面に出ているような気がします。ハードコア・パンク・ファンのハートも鷲掴みにしている、まさに今注目すべきパンク・バンドの一つです!!


■収録音源
DEMO(2011)
S/T EP(2012)
CON LA MUERTE A TU LADO LP(2013)
SPLIT EP w/CATHOLIC SPIT(2013)
TODO TERMINA LP(2014)



hondartzako-ep.jpg

・HONDARTZAKO HONDAKINAK - ep 7" 税込756円 (Flower Of Carnage)

以前にデモ・カセットが2種入荷していたフランス・バスク地方北部出身のハードコア・パンク・バンドが、BANDITのLP化再発が大ヒットしたFlower Of Carnageから1st 7"をリリース。歌詞がバスク語なので、英語と日本語の対訳も掲載した8ページがジャケットに綴じて一体となっています。

フランスと言ってもスペインに近い地方なので、あのフレンチ・ハードコア特有の、なんかイマイチ煮え切らないタイプじゃなく、スパニッシュ・ハードコアからの影響が強いそうです。しかし、BAD BRAINS, MINOR THREAT, BATHORYオマージュなジャケがちょっとコミカルだったデモの時よりポンコツさは解消されたレイジング・ハードコアは、ちょっとNO SECURITYのようなD-Beatど真ん中じゃないスウェディッシュ・ハードコアっぽい荒々しさに近づいて、確実な成長がうかがえます。語感のせいかUSHCにはない感触で、ヨーロッパのパンク・ロウ・スラッシュ好きにおすすめデス!!



discharge-endofdays.jpg



・DISCHARGE - End of Days LP 税込2,700円 / CD 税込1,944円 (Nuclear Blast)

既に数か月前から世界各地で話題を呼んでいるDISCHARGEの最新アルバムが遅ればせながら入荷しました。Nuclear Blastと契約して発表したLPで、ヨーロッパ盤/アメリカ盤/カラー盤など数種ありますが、今回はヨーロッパ盤での入荷です。LPはシールドの上に貼ってある盤色の識別ステッカーが、US盤はバーコードを模したハイプ・ステッカーになっていますが、こちらのヨーロッパ盤はNuclear Blastロゴになっています。ブラック・ビニールでの入荷です。

Tezzがギター担当で、もちろんBonesも在籍する、ツイン・ギターの5人編成。Vo.のJJとドラムのDaveもBROKEN BONESで一緒にやってる仲間ですから、現在のBROKEN BONESにRainyが加わってTezzががベースからギターにパートチェンジしたような編成ということになります。曲もやはりBROKEN BONESっぽいのもあったりしますが、DISCHARGEらしさを失わないように一番頑張ってるのがVo.のJJで、とても好感が持てます。Nuclear Blastに所属するメタル・バンド・メンバーを中心に、さまざまなミュージシャンがコメントを寄せてるオフィシャル・ビデオがあったので貼ってみましたが、個人的にはAGNOSTIC FRONTのDISCHARGEロゴ仕様とかにちょっと興奮しながらも、なぜ現在のNuclear Blast看板バンドのSLAYERメンバーがコメントしてないんだ?とか、どうでもいいことをいろいろ考えてしまいました。



chaosuk-shitman.jpg

・CHAOS UK - Shit Man Fucker 7" 税込1,296円 (540)

2015年に日本のBreak The Recordsから Digital Filth CDを発表して古くからのファンを熱狂させたCHAOS UKが、そのDigital Filthと同時に録音していた音源をUSレーベルからリリース。もちろんDigital Filthとは被りのない別内容の4曲入りです。

Chaosは抜きですが、MowerとGabbaを中心とした編成で、Split w/ FUKで戻ってきたアグレッシブなハードコア・サウンドが今回も炸裂しています。Digital Filthではjust Mere Slavesの再録も披露して、他の新曲もまるで昔のナンバーのリメイクのような曲調でまとめてましたが、こちらはCHAOS UKらしいキャッチーさもにじませるロウ・ノイジー・ハードコアで、やはり文句なしにカッコいい!!CHAOS UKファンは絶対に大満足だと思います。

Japanese Hardcore Punks!!


bacteria-28traxdemo.jpg

・BACTERIA (Kochi) - 28 Trax Demo ONE-SIDED LP 税込1,944円 (Hate Ape prod.)

男道レコードからCDで再発されて話題を呼んだ、DISCLOSEのKawakami氏とINSANE YOUTHのHiro氏がやっていたノイズコア・プロジェクトの1994年録音28曲入りデモが、ドイツのパワー・バイオレンス老舗レーベル RSRの再発音源専門レーベル Hate Ape prod.から限定666枚の片面LPでヴィニール化!!

曲数で察しのつく通り、ここで言うノイズコアはCHAOS UKやDISORDERスタイルのパンクではなくて、ショート・カット・グラインドなノイズコアです。SORE THROATやFEAR OF GODにインスパイアされてやってたそうで、Kawakami氏はその2バンドはもちろん、AGATHOCLESやPROTES BENGTなどもけっこう熱心に聴いてたのを覚えていますが、こんなプロジェクトをやってたのは全然知りませんでした。即興性の強いグラインド・タイプじゃなく、クラストをとことん原始的且つバイオレンスにショート・ノイズ化したようなサウンドは、まさしくFEAR OF GOD直系!!こんな最高の音源を残していたなんて・・・。初期ノイズコア・グラインド・ファンに絶対に聴いてほしいです!!



framtid-thehorrific.jpg

・FRAMTID - The Horrific Visions 7" 税込1,296円 (Brain Solvent Propaganda)

再入荷!

大阪のクラストコア・パンク FRAMTIDの2016年新作7"がUSボストンのレーベルからリリース。ZYANOSEのToyo氏がベースに、LASTSENTENCEのAladdin氏がドラムの新体制で初めて録音された4曲入りです。

一発目からFRAMTIDにしては実はあんまり多くない?気もするゴリッゴリのD-Beatナンバーでスタートして、新しい黒い血がバンドを内部から刺激してるかのような激しさを感じさせます。スカンジナビアン・ハードコア・ウォーシップの土台は揺らぎなくても、恐ろしいまでのメンバーの音楽的趣向と造詣の深さを随所に感じさせる曲調がFRAMTIDの新録を聴く時の楽しみの一つでしたが、今回もある意味キャッチーでもあるツボを押さえまくった曲調やアレンジに、大阪クラストの伝統とも言えるイケイケのキャラクターが加味されて、もはや無敵の爆撃級Bombanロウ・クラストコアで文句なしにカッコいい!!言うまでもなく必聴&オススメ&DIEEEGGGHHH!!!DEATTTHHH!!!



boltstein-rebirthofhumanity.jpg

・BOLT STEIN - Rebirth Of Humanity "~Into The Smile Zone '98~2012~" CD 税込1,836円 (RSR)

UNHOLY GRAVEとのSplit 7"で知名度を全国区に上げて、その後はUSのINSECT WARFARE, 山形のSTENCH MASS GENOCIDEとSplit EPをこれまでリリースしてきた山形デス・グラインディング・クラスト・パンク BOLT STEINの1stアルバムが、EPや各種オムニバス提供音源も追加した全73曲入りディスコグラフィー・アルバムとなってCDもリリース。ドイツのグラインド/パワーバイオレンス老舗レーベル Regurgitated Semen Recordsからのリリースです。


Tracks 1-25 : Rebirth Of Humanity LP
Tracks 26-30 :'98 Demo TAPE
Tracks 31-33 : Split w/ MIND COLLAGE TAPE
Tracks 34-35 : Split w/ MIND COLLAGE TAPE未発表セッション
Tracks 36-39 : Democratic Life???Bullshit Comp.TAPE
Tracks 40-41 : Blast Night Comp. CD
Tracks 42-43 : Blast Night 2003 Comp. CD
Tracks 44-52 : Split w/ UNHOLY GRAVE 7"
Tracks 53-54 : 4way Split Series #4 CDR
Tracks 55-60 : Split w/ INSECT WARFARE 7"
Tracks 61-65 : Split w/ 突撃戦車 CDR
Tracks 66-72 : Grind Bastards Comp. CD
Track 73 : Stand Our Ground 2008 CD


2000年代にアメリカからいくつか出現したBolt Throwing Crustとは一線を画すスタイルで、BOLT THROWER云々と言うよりも、初期Earacheに代表されるグラインド・パンク・スラッシュ好きには、ぜひ1度聴いてほしいバンドです。REPULSIONを拝借したイントロの曲などもあるとおり、デス・メタル, スピードコア, クラスト・パンクなどが互いに触発し合ってた、80年代後期~90年代初頭のエクストリーム・スラッシュを彷彿させるサウンドで、今後の活動にも期待大のジャパニーズ・クラスト・グラインド・クラッシャーズです!!



wada-live.jpg

・WxAxDxA - 2014.12.30 Live at Junkbox CD 税込500円 (Novembre)

1996年に結成され、1998年にOWLとのSplit CDをリリースしていた長野のハードコア・パンク WxAxDxA (WORLDxANTIxDEMONxATTACK)の6曲入りライブCDが、illya、SUN CHILDREN SUNのメンバーが運営するNovembre Recordsからリリース。

長野や近県のパンクスには以前からよく知られているバンドですが、前述のSplit以外これまでリリースもなかったので、全国区ではまだあまり知名度はなかったと思います。しかし演奏はさすがに安定していて、TRAGEDY以降のネオクラストとジャパニーズ・ハードコアの中間のようなエピック・ハードコアは、ライブ音源だから・・・などという心配を絶対にしてほしくない、満足できる内容です。もちろん音質もバツグン。サンプルで1曲ダウンロードできますので、ぜひ聴いて確かめてみてください。


05 Revolution Sample Download

粛誠心報 - Vol.2 流星弐號 ZINE


shukuseishinpou2.jpg

・粛誠心報 - Vol.2 流星弐號 ZINE 税込500円

過去に当店でも無料配布してきたフリーペーパーの粛誠心報が、発行人の激烈な愛憎渦巻く冊子として遂に商品化。GUILLOTINE VICTIM ZINE発行人と前途洋々な若者の援護射撃を得て暴走に歯止めをかけながらも、ヘヴィメタル原理主義を強烈に打ち出した粛正心報以外の何物でもないファンジンとなっております。総力をかけた特集は禁断のニール・ケイ大特集。当店では「ニール・ケイって誰?」となる方の方が多いのかも知れませんが、そんなことをこの商品解説で済ませてしまうことの方が野暮であり背徳なのです。あそこでもここでも変えるようなZINEではないですから、ここはひとつ、黙って買っていただきたい!!当店では通信販売は税込み1,080円以上からのご注文でお願いしております。


*Neal Kay & The Bandwagon Heavy Metal Soundhouse Story
*Heavy Metallic News
*Demon, Wizards & Warriors!!
*Column
etc


Thrash OcCult!!


deathstorm-bloodbeneath-lp.jpg

・DEATHSTORM - Blood Beneath the Crypts LP CLEAR VINYL 税込2,484円 / BLACK VINYL 税込2,484円 / CD 税込1,944円 (High Roller)

傑作 As Death Awakesアルバムで一躍脚光を浴びたオーストリア産スラッシュ・メタルが、High Rollerと契約して発表した2ndフル・アルバムです。アンダーグラウンドで注目を集めるとよく似た略称のHRRかHHRに持ってかれるのはもうしょうがないですが、どこから出ようがカッコよければ問題はありません。そしてこのDEATHSTORMも、その点では全く心配のない暴走スラッシュが今回も爆発しています。LPは500枚プレスで、そのうちのltd.300枚クリア・ビニールとltd.200枚ブラック・ビニールが入荷しています。

Dying VictimsからのThe Gallows 10"を初めて聴いたときは、なんだかちょっとスウェディッシュ・メタルを意識しすぎたようなアートワークに惑わされたけど、馬力と暴走具合はやっぱりかなりのもので、今聴くと発表当時より断然楽しめます。KREATORやHYPNOSIA系統の暴走オンリーだったのが引くべきポイントも考え始めたせいで、スラッシュ化してきてる現行NIFELHEIMとちょっとダブって聴こえてたのかも?なんて思ってますが、今回はまたあの暴走一直線スラッシュ全開で、とにかくもー-、終始速い&うるさい!!KREATOR, HYPNOSIA, MERCILESS, SADUS, etcを彷彿させる激熱速スラッシュ・メタルで、あのKREATORみたいな音痴ギターソロもところどころに復活しています。ボチボチ整合感が身についてスッキリしたスラッシュになってくるような段階なんだけど、全くそんな気配なく、ジャーマン系のガサツさを維持したままスラッシュとしてのスピードの極限に挑んでいます。正直そんなに期待してなかっただけに、もうあっぱれ!!グレート・スラッシュ!!



occultburial-hideous.jpg



・OCCULT BURIAL - Hideous Obscure LP RED VINYL 税込2,484円 / BLACK VINYL 税込2,160円 (Invictus prod.)

Electric Assaultから2014年にリリースされたインターナショナル・イーヴィル・メタル・オムニバス Evil Spells vol.1 LPに参加していたカナダのOCCULT BURIALの1stアルバムです。NYのElectric AssaultとアイルランドのInvictus prod.による共同リリースで、USバージョンとヨーロッパ・バージョンでは裏ジャケのフチの色が異なるようです。今回はレッド・ビニールとブラック・ビニールの2種でリリースされているInvictusのヨーロッパ・バージョンでの入荷です(USバージョンにカラー・ビニールがあるのかは今のところ不明です)。

Evil Spells vol.1 LPは当時まだ名前の浸透していないバンドばかりだったけど、あのオムニバス・アルバムが意図するところは当時からハッキリと見えていました。ノルウェーにクォリティーの高いバンドが集中する北欧スラッシュ・メタルや、CRUEL FORCEに代表されるジャーマン・スラッシュの荒くれたゴリゴリさともちょっと違う、オカルティックなテイストを強く打ち出したヴィンテージ・スラッシュとでも呼ぶべきブラック・スピード・メタル新興勢力でまとめていて、興味深いコンセプトのオムニバス・アルバムでした。そして、そのヴィンテージ・ブラック/オカルト・スピード・メタルの新しいムーブメントに強く影響を与えてるのは、日本のSABBATとスウェーデンのNIFELHEIMではないでしょうか。あと、SABBATとNIFELHEIMを結ぶ存在として近年急速にダイハードなメタルヘッズにアピールしているスウェーデンのMORDANTの役割も大きいかと思います。

このOCCULT BURIALは一連のヴィンテージ・ブラック・スピード・メタルの中でもとてもわかりやすいスタイルなので、日本でかなり受け入れられやすいバンドだと思います。BATHORYウォーシップを基礎に、CELTIC FROSTやDESTRUCTIONみたいなフレーズも飛び出すくらいまでは普通のサタニック・スラッシャーでもやりますが、そこにShow No Mercy時代のSLAYERのような必殺級のグレートなリフもまじえてキャッチーに仕上げて、最終的にかなりSabbaticalなブラック・スピード・メタルになっています。ノルウェーのDEATHHAMMERとの共通性も感じさせますが、初期のポンコツなスラッシュから徐々にSABBATの影響を強く打ち出してきたDEATHHAMMERの初期から現在までを集約したようにも聴こえてきます。この辺のカナディアン・メタルは長続きしないバンドも多いので、現在のヴィンテージ・ブラック・スピード・メタル・ムーブメントを牽引するような存在になれるよう、ぜひとも今後もこの調子で進化と退化を同時進行していってほしい注目株です!!



throaat-blackspeed.jpg



・THROAAT - Black Speed CD 税込1,620円 (Invictus prod.)

こちらも Evil Spells vol.1 LPに参加していたNYブルックリンのブラック・メタル THROAATの2015年発表CDです。VENOMのカバーを含む5曲入り。

このTHROAATの音楽的背景を推測する時に、SABBAT, NIFELHEIMにもう一つ加えておきたいヴィンテージ・ブラック・メタル・ムーブメントに影響を与えたレジェンド・バンドとして、チェコのMASTER'S HAMMERがあります。本作とほぼ同時期に発表されたThe Light / Evil Dead 7"ではスラッシュ/スピード・メタルなテイストを極限まで抑えた結果、かなりMASTER'S HAMMERスタイルに近いエピック・オカルト・へヴィメタルで最高に激渋でしたが、当店での反響は残念ながらサッパリでした。この5曲入りCDはブラック・スラッシングなドカドカ・パートも印象的なので、The Light / Evil Dead 7"よりはEvil Spells vol.1の頃に近いかもですが、でもやっぱりこのバンドの最大の魅力はオカルト・エピックな黄昏だと再認識させてくれます。この叙情的なヴィンテージ・ブラック・メタルがホントかっこいい!!曲によっては、DARKTHRONEがメタルパンク・テイストの代わりにエピック・メタル・テイストを導入したような風にも聴こえます。7"が全然売れなかったし、発売からだいぶ経ってからの入荷なのであまりオーダーしなかったけど、やっぱりもっと入れるべきでした・・・。7"と並んで絶対にオススメです!!



malokarpatan-stridziedni.jpg



・MALOKARPATAN - Stridzie dni LP 税込2,484円 (Invictus prod.)

2014年結成スロバキアのブラック・メタル・バンドの2015年発表1stアルバムを、アイルランドのInvictus prod.がヴィニール化。母国スロバキアのレーベルからCDでリリースされ、バンド自身もデジタル・リリースなどしていたようですが、まだスロバキア以外ではさほど知られていない存在かと思います。しかし、このInvictus盤ライセンス・リリースで一気に注目を集めるのではないでしょうか?これこそ、自分が「次に来る」と思い込んでしまったため、でっち上げてでもなんとかして盛り上げたい、ヴィンテージ・ブラック/オカルト・スピード・メタル・ムーブメントの申し子のようなサウンドです!!

なんて、偉そうに早くからこのバンドに注目してたようなくちぶりで書いてみましたが、InvictusがLP出すまで全く知りませんでした。しかしこのバンドは、Sabbathid RecordsからのCDがかなり強い印象を残していたREMMIRATHのメンバーがやってるということで俄然気になったのでチェックしてみると、やはりREMMIRATHとの共通項はかなり発見できます。サイケデリックな感触漂う重さと東欧フォークロアのマッチは完全にMASTER'S HAMMERを彷彿させますが、これがプログレッシブなアヴァンギャルドさを突き詰めると、REMMIRATHのエクスペリメンタル・ブラック・メタルに行きつくのは納得です。それにしても、イントロから続くオープニング・ナンバーの、VENOMやBATHORYにサイケデリックな要素をブチ込んだような極悪妖艶ブラック・スピード・メタルは必殺級にカッコいい!!まるでNEGATIVE PLANEミーツMASTER'S HAMMER状態デス!!!


05 | 2016/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR