RECORD BOY

Metal from the Graves!!


* 毎週水曜は定休日ですが、The Crypt / Dark Symphonies商品が到着しましたので、カート・アップを先ほど完了しました。受注メール返信対応は木曜日以降になります。



wargasm-ugly-cd.jpg

・WARGASM - Ugly CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

USボストン・スラッシュ・メタル WARGASMの1993年発表2ndアルバムが、大ヒットした1stアルバム Why Play Around?に続いてDark Symphoniesから限定1000枚帯付CDで再発。ならばこのアルバムも遂に初ヴィニール化になるか!?と今からワクワクしてしまいますが、またレーベルにカモられるのは懲り懲りなので、今回は冷静さを維持しながら楽しみにしてようと思います。CDは今回もミニ・ポスター付きで、ベース&Vo.のBob Mayo氏のライナーノートも掲載。ラフ・ミックス5曲を追加した全16曲入りです。

1stアルバム Why Play Around?発表以前からレーベルのProfile Recordsに問題があって苦難の道を歩んできましたが、アルバム発表後も全くサポートする姿勢を見せないためバンドはProfileと決別することを決め、Profileでレーベル・メイトだったCRO-MAGSとのショート・ツアーやデモのレコーディングを重ねます。そして1991年のBIOHAZARDとのヨーロッパ・ツアーが遂に実り、WARGASMに興味を抱いたドイツのMassacre Recordsと契約して、1stアルバム発表から5年後の1993年に本作をリリースしました。このへんの経緯は、ぜひライナーノートを読んでみてください。

サウンドは1stアルバムよりも疾走感のある曲調が増えながらも、ハードコア並みにソリッドで、ピュアにへヴィメタルでテクニカル、そして男臭いという、WARGASM本来のスラッシュ・メタル・サウンドが炸裂した傑作です。モダンさとMOTORHEADやTANK系統のラフなグルーヴは普通は相容れないものですが、WARGASMの場合はNYHC系にも近いストリート感覚が上手くそれらを中和してるように思います。Bob Mayo氏の哀愁に満ちたVo.がファンを仰天させた Chameleonは、彼ら本来のTANK系の男臭さと、クロスオーバー期CRO-MAGSなどとも近くに居て身につけたエモーショナルな感性が見事にミックスして生まれた名曲ではないでしょうか。



terrahsphre-third-cd.jpg

・TERRAHSPHERE - Third In Order Of The Sun / Externally Scarred CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

カルト・メタルの代名詞的レーベル New Renaissance Recordsから1991年にリリースされたUSニューハンプシャー出身スラッシュ・メタル唯一のアルバムが、1988年の1stデモも追加した限定1000枚帯付きCDでDark Symphoniesから再発。New Renaissanceはバンド主導の再発は一切認めていなくて、これまでも「○○からの再発盤は権利関係を無視したイリーガルなリリースだ」と、他レーベルからのNew Renaissance作品の再発にブートレグの烙印を押しまくってきましたが、ここ数年はめんどくさくなったのか、High Rollerにほぼ丸投げで各種名作がオフィシャル再発されてきました。Dark SymphoniesによるNew Renaissance作品の再発はこれが初ですが、実にDark Symphoniesらしい作品を選んできました。

New Renaissance Recordsは、80's US女性Vo.へヴィメタルを代表するバンドの一つ、HELLIONのVo.のAnn Boleynさんが運営するレーベルで、スラッシュ・メタル系を中心に、80年代当時では一線級バンドと比べたら確実にランクが下のバンドを、さもメジャー・スラッシュ・バンドと肩を並べるような自信満々のプロモーションで乱発リリースしていました。立派な見た目のレコードとショボいクォリティーのギャップがマニアに愛されたのと、WEHRMACHT, NECROPHAGIA, DREAM DEATHに代表されるように、グラインドコア / デス・メタル / ドゥーム・メタルなど、後に細分化するアンダーグラウンド・エクストリーム・メタルを先駆けたカルト・バンドも多く輩出したことによって、レーベル自体もカルトとして伝説となります。

後期New Renaissance作品はなかなか探すのが大変で、このバンドも存在は知ってましたが個人的には1度もお目にかかっていません(LPはジャケ色が青のようです)。でも、こんなジャケなので手に取っても見逃してきた可能性大だし、そもそも最初から血眼になって探してるわけじゃないので、いつか数百円で見つかるだろう、なんて考えてたけど、今回初めて聴いて俄然本気を出したくなりました。テクニカル・スラッシュだとは聞いてましたが、まるでクロスオーバー・スラッシュ系バンドがテクニカル・スラッシュにチャレンジしてるような感じで、とっちらかったようなスピード感と、ハードコア調にわめき散らすVo.のマッチが素晴らしい!!SPAZZTIC BLURRがギャグ無しのシリアス路線で、スピードコア・テイストも除き、MEGADETH, REALM, WATCHTOWER, DEATHROWの3rdみたいなことに本気でチャレンジして結局は失敗したら、こんな感じかも知れません。本当にギャグ要素は一切ありませんが、これは絶対にポンコツ・カルト・スラッシュ好き大興奮でしょう。さすがNew Renaissance!!



overthrow-within-lp.jpg

・OVERTHROW - Within Suffering / Bodily Domination 2LP 税込3,996円 (The Crypt)

先にMarquee Recordsから再発されてスラッシャーの間で話題を呼んだ、知る人ぞ知るLate 80's~Early 90'sカナディアン・スラッシュ・メタル・バンドの1990年発表唯一のアルバムが、1989年デモとまとめた全スタジオ音源収録の2枚組ディスコグラフィーとしてThe Cryptから限定500枚で初ヴィニール化再発。ltd.175枚のオレンジ・ビニールと、ltd.175枚のイエロー・ビニールで入荷しました。

オリジナル・リリース元のEpidemic Recordsというレーベルは、SLAUGHTERの初代ドラマーがやってたレーベルで、ゲートフォルド・ジャケの内側にはそのレーベル・オーナーで、SLAUGHTERのオリジナル・ドラマーでもあったRon Sumners氏のライナー・ノートも掲載しています。バンドはテクニカル・デスにも括られていたりしたようですが、サウンドはピュア・スラッシュ・メタルそのもので、しかも実に80年代後期~90年代初頭カナディアンらしい感触です。デス・メタルの仲間にされてたのは、恐らくそのテクニカルな演奏によるところだったのでしょう。アグレッシブ且つタイトなドラミングは、テクニカル・デス・メタル・バンドでも十分通用すると思われる壮絶なプレイで、起伏に富んだ曲調をめまぐるしく駆け抜ける疾走感満点のドラミングは、スピードコア並みの激速2ビートも頻繁に飛び出します。重厚な冷たい金属質のギター・リフはデスラッシュ的な感触もあって、これで激速スラッシュをやられると、SADUS, MERCILESS, EXHORDERあたりとの共通性も感じさせます。しかし、初期デスラッシュの凶暴性よりも、カナディアン・ハードコア・メタルの冷たく知的な感触の方が強くて、デスラッシュと言うより、EXHORDERがそう紹介されてたように、ブルータル・スラッシュ・メタル、とでも呼びたくなるような、80年代後期~90年代初頭らしいエクストリーム・スラッシュ・メタルです。1曲目の初っ端は、ちょっとTERROR SQUADのStraight to Hellが始まりそうな感じもあるし、要するにブッチギリのスピード全開だけど、演奏はガッチリ決まったハードコア・スラッシュ・メタル・ファンは必聴のカルト・クラシックです!!



hydravein-after-cd.jpg

・HYDRA VEIN - After the Dream CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

スラッシュ・メタル生誕の地でありながら、他国から明らかに後れを取っていた80年代後期のUKスラッシュ・メタル・シーンで奮闘したHYDRA VEINの1989年発表2ndアルバムが、Dark Symphoniesから限定1000枚帯付きCDで再発。2008年にBlackenedから1st+2ndのカップリングCD再発がありましたが、この2ndアルバム単独での再発はLPでもCDでも過去に1度もなく、今回が初になります。

DEATHWISHのリズム隊だったDamon & Nathanの兄弟がDEATHWISH脱退後に結成したバンドで、1stアルバムでは随所にSLAYERリフが飛び出してましたが、実際Damon & Nathan兄弟にはUKからのSLAYERへの回答を狙ってたところもあったそうです。1stアルバムはそこにどこかへヴィメタルのクサレた感覚も漂ってるのもポイントでしたが、本作ではよりアメリカン・スラッシュ・メタルの正統派路線を推し進めたような感じで、FORBIDDENミーツANTHRAXのような感じになっています。1stアルバムではいきなりSLAYERから拝借したようなリフでスタートしてたけど、この2ndはFORBIDDENのパクリ?みたいなハイトーンで幕を開けます。そう言えば、Martin Walkyier氏が離脱した時にブリティッシュSABBATのオーディションも受けていたという故Mike Keen氏のVo.は、ちょっとFORBIDDENのRuss Andersonにも似ています。

しかしHYDRA VEINと言えばなんと言っても毎度素晴らしいジャケ・アートです。R.K.T.スラッシュ・ファンから、初期EaracheやNuclear Blastなどのデス・メタル名盤でもおなじみのDan Seagrave氏の作品の中でも最高の部類と言ってもよいアートワークで、BlackenedからのカップリングCDはこの素晴らしいジャケを使ってくれなかったので、この復刻CDは嬉しいです。



supuration-sultry-lp.jpg

・SUPURATION - Sultry Obsession + Bonus Tracks LP 税込3,240円 (The Crypt)

Seraphic DecayやDistorted Harmonyなどの初期デス・メタル・カルト・レーベルからEPをリリースし、パワー・バイオレンスの代名詞とも言えるレーベルのSlap A Hamが7"EPにアホみたいに何十バンドも詰め込んだ画期的なオムニバス・シリーズ Bllleeeeaaauuurrrrgghhh!のVol.2にも(ちなみにROTTREVOREも)参加していたフランスのアヴァンギャルド・デス・メタルの、1990年にCDで自主リリースした4曲入り1st EPがオムニバス提供曲もプラスした7曲入りで初ヴィニール化再発。限定500枚リリースのうちの、ltd.150枚クリア・ビニールで入荷しました。


SIDE A : Sultry Obsession CD (1990年)
SIDE B : "Obscurum Per Obscurius" COMP.CD (1992年)


The Cube 1stアルバムはプログレッシブな志向と変態性が見事に合致したデス・メタル・サウンドで非常に評価の高い作品ですが、この1st EPはThe Cubeアルバムで感じさせるVOIVODテイストよりも、VOIVODのアヴァンギャルドさを受け継いだカナダ・ケベック・デス・メタル GORGUTSとスウェーデンのCARBONIZEDのミックスのような、CARCASS影響下90's異端グラインド・デス・メタルの名作です。フランスという国に抱くイメージのせいか、そこに絶妙に耽美な感覚もトッピングされてるようなムードもあって、グルーミーなパートはCATACOMBにも似てるように聴こえてくるところもあります。グラインド・ファンから、プログレッシブでサイコな初期デス・メタルが好きな人にまでおすすめデス!!



catacomb-thelurker-lp.jpg

・CATACOMB - The Lurker at the Threshold / In the Maze of Kadath LP 税込3,240円 (The Crypt)

フランスのLegion Of Death Recordsの別名義レーベル Armee de la Mort Recordsからディスコグラフィーがリリースれていたオールド・フレンチ・デス・メタル CATACOMBの1992年2ndデモと1993年7"EP音源をまとめたコンピレーション・アルバムが、The CryptからLPバージョンもリリース。ltd.175枚ブラック・ビニール / ltd.175枚レッド・ビニール / ltd.150枚クリア・ビニールの3種による限定500枚リリースで、今回はレッド・ビニールとクリア・ビニールで入荷しました。


SIDE A : In the Maze of Kadath 7" (1993年)
SIDE B : The Lurker at the Threshold DEMO (1992年)


前述のディスコグラフィーは廃盤となって既に数年経過しますから、未聴の方はこの機会に絶対に聴いてほしいメガ渋バンドです。H.P.Lovecraftを題材にした所謂クトゥルー・デス・メタル系バンドにも属するようですが、MORBID ANGELに代表されるカオティックなテクニカル・デスではなくて、女性メンバーのキーボードも導入したスタイルは、どちらかと言うとNOCTURNUS系統のSFデス・メタルを思わせます。しかしこのバンドの特徴はなんと言ってもミドル~スロウ・テンポ中心のlow-endなデス・メタルと流麗クラシカルなギターソロの絡みで、Blood Ritualアルバム以降の絶頂期SAMAEL, フィンランドのPURTENANCE, スウェーデンのKRYPT OF KERBEROS, スペインのNECROPHILIACあたりをミックスしたような激low暗黒エピックネスがいつ聴いても激渋!!特にIn the Maze of Kadath 7"のアングラ・ダークネスと退廃美のバランスは、奇跡的な素晴らしさです。自分もArmee de la Mort RecordsからのディスコグラフィーCDで初めて知ってノックアウトされた新参者ですが、まだ聴いてない人は本当に聴いたほうがいいです。Vo.もかなり渋いタイプのガテラル・スタイルだし、Drowned prod.から発表した7"は当初はWild Ragsからリリースする予定だった、とか、ライナーや写真も面白いです。とにかくおすすめデス!!



infernaldeath-st-cd.jpg

・INFERNAL DEATH - S/T CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

1989年に結成され、1993年にデモを2本残しただけ消えたデンマークのデス・メタル・バンドのコンピレーションCDが、Dark Symphoniesから限定1000枚帯付きでリリース。復活して2015年にアルバムも1枚出したようですが、たいした反響もなかったようで、現在はまた活動を停止してしまってるようです。


Tracks 01-04 : Demo 1 (1993年)
Tracks 05-07 : Demo 1 未発表曲 (1993年)
Tracks 08-11 : A Mirror Blackened - Demo 2 (1993年)


相当オブスキュアなバンドだと思うんですが、このCDを聴いて一発でファンになってしまうダイハードなデス・メタル・マニアも出てきそうな、これぞ90'sアングラ・デス・メタル!な重苦しさが充満した最高の発掘リリースです。PROPHECCY OF DOOMや後期DEVIATED INSTINCTあたりのUKステンチ・メタル・クラスト・デス・ヘッズが安定感のある演奏力を身に付けてよりデス・メタルに近づきつつも、起伏に富んだ曲調をダイナミックに突き上げるバツグンのドラミングが素晴らしくて、raw &ブルータルになったBENEDICTION、またはステンチになったOBITUARYのようでもあります。Vo.も含めて感触も極上lowなので、AUTOPSYなどのファンにもオススメ。これは大当たり!!カッコいい!!



morbius-alienchrist-lp.jpg

・MORBIUS - Alienchrist 2LP 税込3,996円 (The Crypt)

USヴァージニアで1990年に結成されたデス・メタル・バンドの1994年録音アルバムが、The Cryptから2枚組で初ヴィニール化再発。オリジナル盤はオランダの初期デス・メタル名門レーベル Cyber Musicからのリリースで、近年の初期デス・メタル発掘ブームとともに人気が高まり、一足先に再発されていたCDバージョンも好評でした。ゲートフォルド・スリーブの内側には、メンバーによるセルフ・ライナー・ノートも掲載。限定500枚のうちのltd.150枚クリア・ビニールでの入荷です。

DECEASEDを筆頭に、DOOMSTONE, ARGHOSLENT, GRAND BELIAL'S KEY, etc、一癖あるアクの強いカルト・デス・メタル・バンドを生み出してきたヴァージニア産ならではの個性的なデス・メタル・サウンドで、初期オブスキュア・デス・メタル・マニアには聴き応え満点の名作と高く評価されています。ドラマーがARGHSLENTの人で、ARGHOSLENTギタリストも一時このバンドに参加していたようですが、テクニカルでドラマチックなARGHSLENTのサウンドと通じる点も発見できる、エピックなメロディーが特徴のデス・メタルです。変拍子や転調を多用しながらも、欧州産とはちょっと感触の異なるアメリカン・デス・メタルらしいエピックなムードが全体を覆っていて、激情とは正反対の冷たい叙情性は、MORGIONやSTARGAZERのたそがれにも通じるカッコよさです。TIME GHOUL, NOCTURNUS, MORGION, STARGAZER, etcをミックスするとこんな感じでしょうか?とにかく聴きこんでいくほどに惹きこまれる、エピックでディープなテクニカル・デス・メタルで、ヘッドフォン/イヤホンで聴いてると本当にハマります。やはりアメリカン・デス・メタルは恐るべし!!デス!!

Thrash till Death!!


mekongdelta-part12.jpg

80年代ジャーマン・スラッシュ/スピード・メタルの名盤を多くリリースしたAaarrg Recordsのオーナーで、サウンド・エンジニア/プロデューサーとしても多くの作品に携わっていたRalph Hubert氏率いる超絶テクニカル・ジャーマン・メタル・スラッシャー MEKONG DELTAの初期作品をコンパイルしたCDが、コレクター愛のある素晴らしい仕事で毎度ファンを喜ばせてくれるメキシコのUnder Fire Records / Metal Ways Recordsから2枚組でリリース。MEKONG DELTAでコンスタントに音楽活動を続けるRalph Hubert氏は、2000年代にZardoz Music名義でMEKONG DELTAやLIVING DEATHの80年代作品を再発していましたが、仕上がりから流通まであまりやる気が感じられず、レーベル活動にはもう興味がなかったような雰囲気でした。おかげで再発されていなかったベルギーのTARGET, オーストリアのRAVENOUS, USのLAST DESCENDANTSなどのAaarrg作品オリジナル盤CDはコレクターに人気のレア盤となりましたが、ここ最近はHigh RollerからのHOLY MOSESや、このUnder FireからのLIVING DEATHなど、ライセンス契約を結んだ他レーベルが素晴らしい仕事で再発してくれて好評を博しています。このMEKONG DELTAの場合は現在契約しているSteamhammerが初期作品も近年に再発していたけど、Under Fire Recsがコンピレーションを出してくれるとなると、やはり放ってはおけません。ジャケ・ブックレットには必見のレア写真を多数掲載し、大満足の仕上がりとなっています。



mekongdelta-part1.jpg

・MEKONG DELTA - Early Albums + More Pt.1 2xCD 税込2,916円 (Unde Fire / Metal Ways)

MEKONG DELTAは1stアルバム発表当時、メンバー全員が偽名でクレジットされて正体を明かしていませんでしたが、後にAaarrg RecordsオーナーのRalph Hubert氏がベースを担当するプロジェクト・バンドと判明し、ギタリストの正体はReiner Kelch氏とFrank Fricke氏のLIVING DEATHの2人だった、というくらいは自分も理解してましたが、話はそんな単純ではなかったようです。もともとRalph HubertはこのMEKONG DELTAでも演奏者ではなくプロデューサーとしてバンドを結成して、実はベースにはRAGE / ex.AVENGERのPeavy、ギターもex.RAGE / ex.AVENGERのJochen Schroder、ドラムもex.AVENGERのJorg Michaelという、全員RAGEの前身となったジャーマンAVENGERの面々が起用されていたそうです。Peavy氏の脱退によりプロデューサーだったRalph Hubert氏が遂に演奏者としてデビューしてベースを担当し、1stアルバム制作前にギターがLIVING DEATHのお二人にチェンジしたそうです。結成当初のラインナップ、つまりRalph Hubert氏がまだ楽器は何も弾かずにPeavy氏の在籍時にデモを録っていたことも今回のライナーノートで触れていますが、ジャーマン・スラッシュ・メタル・マニアには当たり前のように知られてたことなんでしょうか?自分はMEKONG DELTA結成時の経緯をここまで詳しく知ったのは今回が初めてだったので、このライナーノートには大興奮してしまいました。


DISC 1:
TRACKS 1-9 "Mekong Delta" ALBUM (1987年)
TRACK 10 "The Gnome" EP (1987年)
TRACKS 11-12 Live in Frankfurt (1991年)

DISC 2:
TRACKS 1-10 "The Music of Erich Zann" ALBUM (1988年)
TRACKS 11-12 Live in Frankfurt (1991年)


とにかく驚異的なテクニックで知られるスラッシュ・メタルで、プログレッシブ・スラッシュ・メタルの究極とされているバンドですが、ギターの重厚リフなんかはまぁ完全に絶頂期LIVING DEATHそのまんまなので、テクニカル系を普段あまり聴いてない人でも、ジャーマン・スラッシュ・メタル好きならば絶対に1度は聴いておきたいところです。特にこのCDで収録されている1stアルバムと2ndアルバムは、転調や変拍子を連発しながらも疾走感とダイナミズムも素晴らしく、アヴァンギャルドなLIVING DEATH、といった様相のかっこよさです!!Wolfgang Borgmann氏のVo.も、ちょっと初期RAGEの頃のPeavy氏やLIVING DEATHのTotoがアクが抜けてクールになったような感じがします。



mekongdelta-part2.jpg

・MEKONG DELTA - Early Albums + More Pt.2 2xCD 税込2,916円 (Unde Fire / Metal Ways)

DISC 1:
TRACKS 1-10 "The Principle of Doubt" ALBUM (1989年)
TRACKS 11-13 "Toccata" EP (1991年)

DISC 2:
TRACKS 1-11 "Dances of Death (And Other Walking Shadows)" ALBUM (1990年)
TRACKS 12-13 Live unreleased mix


最初の2枚のアルバムはギタリスト2人がLIVING DEATHということもあって、完全に絶頂期LIVING DEATHまんまな重厚ソリッド・リフも激渋でしたが、3rdアルバム The Principle of DoubtからReiner Kelch氏が抜けたためLIVING DEATH色は薄まったけど、こっちのパート2に収録されている3rd~4thアルバム時代こそMEKONG DELTAの極致とされ、世界中のスラッシュ・メタル・ファンの度肝を抜きました。クラシックを土台にしたプログレッシブ・ロックの感覚を取り入れたスラッシュ・メタルではありますが、転調や変拍子の応酬はたとえば日本のDOOMが取り入れていた非メタルのアヴァンギャルドさとも似ていて、個人的にはジャズやフュージョンからの影響がNOMEANSNOのようなオルタナ・ジャンク・ロックともダブってくるところが最高にかっこいいです。メタルのテクニック至上主義をアンチするような人こそ、ブッ飛ばされる超絶スラッシュ・メタルの名作だと思います。

ナンバリング入りの帯付きで、CDではめったにない本当の帯状、つまりケースの上からLP帯のようにグルッと巻いて留めてるリアル帯なんですが、外して畳んで送られてきても折り目のところがどうしても裂けてしまう非常にデリケートな帯ですので、ケースにはめずに外して、なるべくキレイな帯の物から販売していきます。限定500枚なで帯にナンバリングが入ってます!!



onslaught-power-metalways-cd.jpg

・ONSLAUGHT - Power from Hell CD 25th ANNIVERSARY EDITION 税込2,484円 (Metal Ways)

ENGLISH DOGS, SACRILEGEと並んでハードコア・パンク・シーンから生まれたブリティッシュ・メタルコア・クロスオーバー・スラッシュを代表するバンド、ブリストル出身のONSLAUGHTの1985年発表1stアルバム、25周年記念盤CDです。2011年にドイツのAFM Recordsからこの25周年記念盤CDがリリースされて当店でも入荷してましたが、今回入荷したのはメキシコのMetal Ways Records盤。愛に満ちた仕事で大好評のLIVING DEATHやANGEL DUSTなどを再発してるUnder Fire Recordsの兄弟レーベルなんですが、このONSLAUGHTもまた素晴らしい仕事で、なぜ2012年発売当時に気付かなかったのかを、今現物を手にしながら大変後悔しています!!ギターのNige Rockett氏とともにバンドの中心メンバーであるSteve Grice氏のライナーノートや、初期写真満載のブックレット・ジャケが素晴らしくて、ガンベルトたすき掛け、革ベストのゴリゴリ硬派なメタル・ファッションが激渋。さらにこのメキシコ盤オンリーの付属品として、エンボス・スリップケースとパッチも付いた限定500枚ナンバリング入り!!ボーナスで本作収録曲の2011年再録バージョンも2曲追加されています。

COR, Pusmort, Under One Flag, Combatの、80年代ハードコア・パンクとスラッシュ・メタルを代表する4レーベルからアナログ盤でリリースされた不朽の名作です。本人達はUSで巻き起こったクロスオーバー・ムーブメントは意識してなかっただろうけど、その無意識こそがリアルで唯一無比のクロスオーバー・スラッシュを生み出したのでしょう。誰でも考えつきそうだけど誰もやらなかった、SLAYERとDISCHARGEの融合というシンプルながら最高にハードルの高いスラッシュにチャレンジした唯一無比のクロスオーバーです。当時、Metal Coreツアーと銘打ってイギリス国内でライブを行っていましたが、恐らく世界でイチ早く「メタルコア」を掲げたのはこのOSNALUGHTだったと思います。歌詞を考えるのがめんどくさかっただけのようなインスト・スラッシュチューン Skullcrusherは、ⅠもⅡも最高に燃えてきます。いつ聴いても文句なしにカッコイイ、80'sメタルコア大傑作!!



onslaught-theforce-metalways-cd.jpg

・ONSLAUGHT - The Force CD 税込2,484円 (Metal Ways)

こちらの2ndアルバム・メキシコ盤CDは、ライナーノートをギタリストでありバンドの中心メンバー、さらには大のDISCHARGEファンでも知られるNige Rockett氏が担当していて、エンボス・スリップケースとポスターも付いた限定1000枚ナンバリング入り!!ポスターは折りたたんでの入荷になります。

1stアルバム Power from Hellは、誰でも考えつきそうだけど誰もやらなかった、SLAYERとDISCHARGEの融合というシンプルながら最高にハードルの高いスラッシュにチャレンジした唯一無比のクロスオーバー不朽の名作でしたが、この2ndアルバムから専任Vo.としてSy Keelerが加入。当時、なぜかこのSy Keeler氏がBurrn!誌で高く評価されましたが、整合感を増したSLAYERのようなスタイルへと進化しようとしていた楽曲を、全て同じパターンのVo.でシャウトしてて、後に彼はちょっとしたお騒がせキャラだということも判明しましたが、良くも悪くも新加入のSy Keelerの個性が大爆発したUKスラッシュ・メタルの名作としてファンから愛され続ける作品です。

DIGRAPHIA - Blood Will Have Blood CD


digraphia-blood.jpg

・DIGRAPHIA - Blood Will Have Blood CD 税込2,400円 (拷問装置)

東京で精力的に活動を続けるハードコア・パンク・バンド DIGRAPHIAが、拷問装置レコードから10曲入り1stアルバムCDをリリース。初回はボックス仕様で、36ページにも及ぶブックレット付き。初めて知ったのですが、ピザケース型スリーブと呼ぶボックスだそうで、確かにデリバリーのピザが入ってるような特殊な開閉で、そこに極悪なメンバー写真が裏面を全て覆う大きな帯が付いています。改めて言いますが、この特殊ボックスは初回盤のみの仕様ですので、DIGRAPHIAの新作を待ち望んでいたファンはもちろん、拷問装置レコード・ファンも確実に押さえておいてください。

過去にデモテープとSplit 7" w/ DORAIDが入荷していましたし、ジャパニーズ・ハードコアの伝統的なバイオレンス精神を打ち出したキャラクターで、東京ハードコア・パンク・シーンでは今や知らない者はいないであろう存在感のバンドです。東京クラストコア・シーン黎明期を支えた伝説のバンド CROCODILE SKINKのVo.だったマキノ氏のシャウトと、哀愁メロディーも散りばめながら疾走するハードコア・サウンドが、ジャパニーズ・ハードコア特有の凶暴性を強くアピールしていて、90年代後期~2000年代初頭日本ハードコア・パンク・シーンの、一触即発のあの張りつめたギラギラした空気が思い起こされてなりません。メロディック且つバイオレンスな熱血ハードコア・サウンドは、メタル・パンク・ファンにもオススメ!!


ROAD WARRIORS / DOUBLE WARRIORS - Gone to Hell / Zero 2CD


roadwarriors-doublewarriors.jpg

・ROAD WARRIORS / DOUBLE WARRIORS - Gone to Hell / Zero 2CD 税込1,944円 (MCR / King Cobra Promotion)

THE STALIN, G-ZETや、近年でS.H.I.の結成時など、多くの伝説的なジャパニーズ・パンクに携わってきたKeigo氏のライフワークとも言えるバンド ROAD WARRIORSのコンピレーション・アルバムが2枚組CDでリリース!!

オリジナル・メンバーのTaki氏とCocoon氏(THE INDEX)での7"EPの再録を含む8曲の新録と、その"Go to Hell" 7"EP (1985年)音源も収録したロード・ウォーリアーズ名義での全12曲入りのディスク1。そしてロード・ウォーリアーズから進化して現在はダブル・ウォーリアーズとして2015年8月から活動し、Cocoon氏(THE INDEX), Nori氏(GRUESOME), Shin氏(ZYANOSE)という関西パンク・シーンならではのラインナップで録音した7曲をディスク2に収録。ROAD WARRIORSの特徴であり最大の魅力だったキャッチーさと哀愁に加え重厚さも倍増した、漢のエモーショナル・ジャパニーズ・パンク!!限定600枚ペーパー・フォールド・スリーブです。

Scandinavian Jawbreakers!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品のカート・アップを先ほど完了しました。当店では毎度反響の大きいCritical Mass RecordingsとPlague Island Recordsのスウェディッシュ・デス・メタル/パンク ・グレート・レーベル新作を中心に、今日のはどれも素晴らしく濃厚death!!受注メール返信対応は木曜日以降になります。



criticalmassvolume3.jpg



・V.A. - Critical Mass Volume 3 LP 税込2,916円 (Critical Mass Recordings)

過去2作とも好評だったスウェディッシュ・アンダーグラウンド・メタル&パンクCompilationの第3弾が限定525枚LPでリリース。今回もLPのみのリリースで、全17曲中、AGGRENATION, SCUMBAG MILLIONAIRE, ARMORY, MARTYRDODの5曲以外は全て、このオムニバス用のためだけに用意されたexclusiveトラックや未発表曲で構成されています。ブックレット付き。


A1. NIFELHEIM - Devil’s Wrath (Feat. Set Teitan on guest guitar)
A2. ENTRENCH - Hour of Bloodshed
A3. BOMBS OF HADES - Forever To Be Vanished There In
A4. USURPRESS - The Insatiable Sky
A5. USURPRESS - Unleash The Serfs
A6. AGGRENATION - Heart of Darkness
A7. SCUMBAG MILLIONAIRE - Dead End
A8. HEADONS - Nassejvel
B1. ARMORY - High Speed Death
B2. XENOFANES - I Am The Madness
B3. STRUL - Ryssen kommer
B4. STRUL - Hugo Boss
B5. STRUL - Uppryckt med roten
B6. SUFFER THE PAIN - Mass Death
B7. SUFFER THE PAIN - Anesthesia Awareness
B8. MARTYRDOD (feat. Kajsa Grytt) - Under skinnet
B9. ROB COFFINSHAKER’S UNDERGROUND FIRE - Blood Moon Rise


いきなり今回の目玉 NIFELHEIMで幕を開けますが、Satanatas 12"は入荷して聴いてたから新生NIFELHEIMに対する免疫はできてたつもりでも、やっぱり今回も「これがNIFELHEIM?!」とちょっと面食らってしまいました。ジャーマン・スラッシュ影響下の北欧ブラック・スピード・メタルみたいな感じで、海外で既にけっこう評判良いのも納得です。Blood Harvestからの1st LPが好評だったENTRENCH, ゴリゴリ・スウェデス BOMBS OF HADES, D-Beatデス・メタル・パンク・クラスト USURPRESSなどのメタル勢は既に当店でも知られてますが、ダウン・チューニングの重厚ブルータルなスウェディッシュらしさ満点D-BeatクラストのAGGRENATION, 長髪にベースボール・キャップと革ジャンのルックス通りなHELLACOPTERS系統スウェディッシュR&RのSCUMBAG MILLIONAIRE, そして30秒にも満たない曲で暴走してあっという間に終わるA面ラストのHEADONSはLOUDPIPESミーツDWARVESのような痛快さで、A面後半はパンク色が濃厚です。B面になるともう個人的にはラスト2バンド以外全く知らなかったのですが、若さ全開のスピード・メタル ARMORY, けっこうなベテランが集ってやってるスラッシュ・メタルのXENOFANES, MOTORBREATH型爆走スピード・ハードコア・パンク STRUL, そう言えばBOMBS OF HADESとのSplitが以前入荷してたのを今思い出したSUFFER THE PAIN, スウェーデンの女性シンガーをフィーチャーしたナンバーを提供している叙情クラストのMARTYRDOD, そして最近ではIRON LAMBの2ndアルバムでもゲスト参加して哀愁の歌声を披露したRob Coffinshaker氏(メタル・ヘッズにはGEHENNAHのギタリスト Rob Stringburner氏としての方が有名)の新プロジェクト ROB COFFINSHAKER’S UNDERGROUND FIREと、こっち面も非常にバラエティーに富んだ内容です。しかしRob Coffinshakerさん、ド渋すぎるな!!結局、最後この人に全部持ってかれたような強いインパクトを残してフィニッシュしますので、サンプルはあえてROB COFFINSHAKER’S UNDERGROUND FIREを貼ってみましょう。SISTERS OF MERCYやDAMNEDなどのオリジナル・ダーク・ゴスを完全に彷彿させますが、もしかしたら現代ではUmea Punkとかが好きな人達にもアピールするのかも知れません。



thepetefleshdeathtrip-svartnad.jpg

・the PETE FLESH DEATHTRIP - Svartnad CD 税込1,836円 (Critical Mass Recordings)

MAZE OF TORMENTやDECEIVER,etcで活躍してきたPete Flesh氏によるソロ・プロジェクト・バンドの2ndアルバムが、Critical Mass Recordingsからリリース。Pete氏がMAZE OF TORMENTを抜けた頃に始めたバンドだったFLESHを、完全なPete氏のソロ・バンドとしたプロジェクトです。

前作1stは、DISSECTIONやNECROPHOBICに代表される北欧ブラックの冷たいメロディーと邪悪リフをドラマチック&ダイナミックに叩き出した、これぞスウェディッシュ・スタイルなブラッケンド・デス・メタルでしたが、本作はスウェディッシュ・デス/ブラック・メタル版のCELTIC FROST "Monotheist"アルバムなどとレーベルでは解説しています。確かに前作より重苦しい重厚スロウ・パートの比率が増していて、ドゥーム・ブラックとはちょっと違う、メランコリックな悲哀と窒息してしまいそうな黒く重い感触のバランスが完璧なので、アダルトな渋さすら漂っています。

マニアックな初期スウェデス・ファンならばご存知のレジェンドでしょうが、それよりもこの方は現地のミュージシャンで崇拝してる人が多く居るような、業界人受けする大御所らしいです。故にキッズ向けではありませんが、Critical Massオーナー氏も強くプッシュしてるので、スウェディッシュ・デス/ブラック・メタル・ファンはぜひチェックしてみてください。



nominon-diaolical-lp.jpg

・NOMINON - Diabolical Bloodshed LP 税込2,808円 (To The Death / Blood Harvest)

スウェーデンのベテラン・デス・メタル NOMINONの1999年発表1stアルバム再発LPです。過去には2008年にUSのDeathgasm Recordsから1度CD再発されていましたが、それ以外の再発はどうやら無かったみたいで、もちろんヴィニール化は今回が初ということになります。To The DeathとBlood Harvestの久々のタッグで再発した限定300枚プレス。レッド・ビニールでの入荷です。

永い歴史故にメンバー遍歴も複雑なバンドで、これまでに多くの伝説的なスウェディッシュ・デス・メタル・バンドのミュージシャン達が参加してきました。2015年から活動停止期間に入ってますが、その頃はNIGHTMARE CITYのベーシストがVo.を担当していたようです。この1stアルバムの時もMARDUKやVERMINOUSのメンバーが在籍していて、当店的に一番印象の強いところだと、BULLETのオリジナル・メンバーで、HYPNOSIAやPAGAN RITESなどにも参加していたあの激渋薄毛ベーシスト Lenny Blade氏がこの作品でベースを担当しています。

スウェディッシュ・デス・メタルの殿堂 Sunlightスタジオで録音され、デス・メタル作品も多く手掛けてきたJoe Petagno氏のアートワークによるジャケという好材料が揃いながら、真性デス・メタル信者以外にはさほど評価されずに終わった悲運の傑作とされるアルバムです。テクニカルなリフで起伏の激しい展開を猛速で突き進む様は、KREATOR型のスラッシュを土台にしながらも過激さを求めてデス・メタルへ進化したSADUSやMERCILESSの2nd以降にも通じるところがありますが、そこにNECROPHOBICやDISSECTIONなどにも匹敵するメロディック・フレーズを導入して、フォーキーなペイガン・テイストもあるドラマチックなパートも絶品。アグレッシブなドラミングも最高で、北欧デス・メタル・ファン必聴級の傑作デス!!



rust-raw-lp.jpg



・RUST - Raw Shredding Death LP BLUE SPLATTER VINYL 税込2,592円 / BLACK VINYL 税込2,376円 (Plague Island)

2012年にPlague Islandからリリースした1stアルバム Damned Hellish Voids LPが当店で大反響を呼んだスウェーデンのブラック・スラッシュ・メタル・バンド RUSTの待望の2ndアルバムです。本作もPlague Islandからの限定500枚リリースで、ltd.200枚ブルー・スプラッター・ビニールとltd.300枚ブラック・ビニールの2種入荷しています。今回はRUSTのステッカーをたくさんいただきましたので、お買い上げの方にもれなく差し上げます。

1stアルバムより前に単独EP2種とSplit EP1枚を発表していましたが、世間にはほとんど知られることのなかったバンドで、1stアルバムを初めて聴いた時はかなりの衝撃でした。前作から4年空きましたが、今回も1stアルバムの解説をそのまんまコピペしてしまいたいような内容で完璧!!言うことなし!!いきなりDESTRUCTIONミーツWHIPLASHのような熱血スラッシュ・リフで切り込んでくるんですが、やっぱり感触は完全に北欧ブラック・メタルの冷たさで、CELTIC FROSTパートにも自然と流れていったりする展開を聴いてると、AURA NOIRAやNEKROMANTHEONあたりよりも、DARKTHRONEがスラッシュ・メタル化したらこうなるのでは?などと思ってしまいます。メンバーも2人だから、森の中のフォト・セッション(カッコいい!)なんかも、まるでFenriz&Nocturno Cultoみたいな感じです。実際、スウェーデンのシーンよりもそのへんのノルウェー・スラッシュ・メタルとの交流が盛んなバンドのようで、1stアルバムのサンクス・リストには、DEATHHAMMER, NEKROMANTHEON, BLACK MAGIC, DARKTHRONEなどのノルウェー・バンドの名前がほとんどでした。前作からちょっと変わったところと言えば、今回はJames Plotkinによるマスタリングで、そのせいか、ブラック・メタル的なチリチリ・バフバフな冷たさを強めたところでしょうか。でも、これでジャーマン・スラッシュみたいなリフやられるから、こっちは殺られっぱなしです。たまりません。なんか次当たりで、ドイツの某とかオハイオの某とかに持っていかれそうな気もしますが、このバンドはぜひともこのPlague Islandに踏みとどまり、北欧の田舎でくすぶりながら狂気のフリージング・ネクロ・スラッシュ・メタルをやり続けてほしい!!オススメ!!



modorra-bodybag-splitlp.jpg



・MODORRA / BODYBAG - Split LP 税込2,484円 (Plague Island)

2004年結成スウェーデン・ヨーテボリ出身デスコア・グラインド・メタル・パンク MODORRAと、ex.DISHAMMER / ex.MACHETAZOメンバーも参加するスペインのグラインディング・デス・メタル BODYBAGによるSplit LPが、MODORRAギタリスト Ola氏の運営するPlague Islandからリリース。イエロー・ビニールLPで、ステッカーも付いてます。

デビュー作となった2008年のSplit LP w/ FISTULA以来、リリースの情報を聞くと毎度楽しみで到着が待ち遠しく、そしていつもその期待通りか上回る最高の内容でブチのめしてくれるMODORRAは、今回も予想してた通りのサウンドなのに最凶の内容で、もーーーホント激烈にカッコいい!!!AUTOPSY, REPULSION + SHITLICKERSをモットーにデス・メタル・パンクを追求するこのバンドは、前作 Solar Anus LPからMIASMAL / AGRIMONIAのドラマーが参加していますが、今回も前作2nd LPをさらに突き詰めたREPULSIONウォーシップ・グラインド・パンク・デスコア・メタルを大爆発させています。AUTOPSY / ABSCESSのChris Reifert氏的な方法論のデス・メタル・パンク土台が、非クラストながらオリジナル・クラストのSHITLICKERSと重なってくるところがバツグンのセンスだし、ノイジーな感触じゃなく、演奏も素晴らしい切れ味なのに、ここまでフィルシーなスカム・グラインディング・デス・メタル・パンクに仕上げてしまうのは、かなりスキルがないと出来ないでしょう。とにかくカッコいいdeath!!!

BODYBAGもアメリカン・デス・メタルを土台にしたスタイルで、TERRORIZER影響下のUS西海岸グラインディング・デス・メタルを彷彿させます。WOLFPACCKのカバーをやっていますが、それ以外のオリジナル曲にも、クラスティーな疾走感を聴かせるパートは印象的で、NAUSEA LAやPHOBIAなどのファンは要チェックです!!

GxSxD - The Adversary CD


gxsxd-theadversary.jpg



・GxSxD - The Adversary CD 税込2,300円 (Till Your Death)

岡山のデス・メタル・バンド GxSxDの2ndアルバムCDが、Till Your Deathからリリース。2006年の1stアルバムもTill Your Deathからでしたが、今回は当店でも人気の高いデス・メタル作品を多くリリースしているシンガポールのPulverised Recordsと契約して発表したアルバムで、この日本盤にはボーナス・トラックでXのOrgasmカバーも収録した14曲入りとなっています。2014年に他界したオリジナルVo.の吉田氏に捧げたアルバムです。

共演経験もあるポーランドのVADERやシンガポールのIMPIETYなどを彷彿させる、壮絶なテンションとテクニックで突き進むデス・メタルです。スラッシュの切れ味やへヴィメタルのメロディーを土台にしたドラマチックな楽曲と、そして超人級のドラミングは、まさに世界基準のブルタリティー!!VADERやBEHEMOTHなどの作品で知られるポーランドのHertz Studioでのミックス/マスタリングも完璧な仕上がりです。中心メンバーの3人にも負けずにアグレッシブな女性ベーシストもカッコよくて、メンバー4人のキャラクターもバツグン!!

ENDLESS CHAOS - ST 7"


endlesschaos.jpg

・ENDLESS CHAOS - ST 7" (Kick Rock)

宮崎のハードコア・パンク・バンドの1st 7"がフランスのレーベルからリリース。

ドライブ感や重厚さよりもピュアなアグレッションとスピードに焦点を絞ったようなオールド・ジャパニーズ・ハードコア・スタイルの全4曲で、ジャパニーズ・ハードコア特有のメロディック・ギターも随所に決めまくり、キャッチーな曲調でギミックもロッキンなアレンジもメタリック・アプローチも一切排除した、全編通して熱血疾走ジャパコア・サウンドの応酬です!!

GOSPEL OF THE HORNS - 20 Years Of Absolute Power 4xLP + 2xTAPE BOXSET


gospelofthehorns-20years-boxset.jpg

・GOSPEL OF THE HORNS - 20 Years Of Absolute Power 4xLP + 2xTAPE BOXSET ご予約受付商品 (Invictus prod.)

ex. DESTROYER 666, VOMITOR / ex. BESTIAL WARLUSTメンバーらによるOZブラック・スラッシュ・メタル GOSPEL OF THE HORNSの豪華ボックスセットがInvictus prod.からリリースされました。しばらく悩んでましたがお問い合わせもいただきましたので、ご予約を募って入荷/販売してみようと思います。

BATHORYを頂点とするブラック・スラッシュから北欧の冷たさを取り除いて、豪州特有の極悪バイオレントな豪快さをプラスしたオールドスクール・ブラック・スラッシュで、オーストラリアン・ブラック/デス/スラッシュ好き必聴とされるバンド。御覧の通り、かなりボリュームのある内容です!!


VINYL Disc 1 "Eve Of The Conqueror" MLP (2000年)
VINYL Disc 2 "A Call To Arms" LP (2002年)
VINYL Disc 3 "Realm Of The Damned" LP (2007年)
VINYL Disc 4 "Ceremonial Conjuration" MLP (2012年)
TAPE 1 "The Satanist's Dream" DEMO (1994年)
TAPE 2 "Sinners" DEMO (1998年)
ポスターフラッグ
パッチ
20ページ・ブックレット


値段はザックリ見積もって、税込2万円以下で収まると思います。他商品とのまとめてのご精算はお受けできませんので、必ずこの商品のみでカートを進めてください。非常にタイトなスケジュールで大変恐縮ですが、6月5日(日)の20時でご予約は一旦締め切ります。宜しくお願いします!

Metallic Wears!!


2016june1merchandise.jpeg

* 毎週水曜は定休日ですが、スラッシュ・メタル系のTシャツが少しだけ到着しましたので、先ほどカート・アップしました。上の画像をクリックするとグッズ一覧にリンクしますので、ぜひチェックしてみてください。受注メール返信対応は木曜日以降になります。
05 | 2016/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR