RECORD BOY

MOTIVELESS / WOLFGANG JAPANTOUR - Cosmic Horror SPLIT 7"


motiveless-wolfgangjapantour.jpg

・MOTIVELESS / WOLFGANG JAPANTOUR - Cosmic Horror SPLIT 7" 税込800円 (Awesome Mosh Power)

ex.ナックルヘッド、PROTESSメンバーらが在籍する札幌の2バンドによるスプリット・シングル。

Straight Upからアルバム2作をリリースしていた札幌グラインダーズ MOTIVELESSは、SWARRRMと屍の中間を行くような混沌とした曲構成の中に、怒り、邪悪さ、絶望感を全て一緒くたにしたようなメロディーを組み込んだ壮絶なグラインドコア・カオス!!6曲収録ですが組曲のように圧巻の展開で埋め尽くした激烈な内容です!

過去作品も好評だったWOLFGANG JAPANTOURは、よりエモーショナル/メロディック・パンク的な感触も増えてきた楽曲、そしてやはりその範疇だけで語るのにもムリがあるくらいに澄んだ女性Voのメロディーが不思議なミスマッチ感を生んでいて、今回もファンには大満足の内容です。

Metal Deadness!!


funeralnation-openthegates.jpg

・FUNERAL NATION - Open The Gates Of Hell CD 税込2,484円 (Metal Bastard)

ABOMINATIONとFUNERAL BITCHのメンバーが始めたシカゴのデスラッシュ・メタル・バンド FUNERAL NATIONの、2015年にスペインのレーベルからリリースされた10曲+シークレット1曲の全11曲入りCDです。このバンドは何か出てると知ると気になって仕方ないので入れてみましたが、これはタイトル/ジャケ/曲順は変わってるけど、1992年2ndデモ, 1994年7"EPのA面曲, 1997年未発表曲をまとめて2012年にメンバー自身が自主リリースしたレア音源集 Second Coming CDの別バージョンでした。Second Coming CDはリミックスに納得いってなかったようで、バンド自身にとっては、このOpen The Gates Of Hell CDが、名作1stアルバム After The Battleに続く2ndアルバムのような意味合いがあるそうです。

Second Coming CDは非常にわかりずらい編集だったし、ダイハードなマニア以外にはかなりハードルの高い内容だった復活後の1997年未発表音源からスタートして、ちょっとズッコケてしまうCDでしたが、このOpen The Gates Of Hell CDは1992年名作2ndデモ The Benedictionからスタートして俄然燃えてきます。スピード・メタル・テイストもあるMASTERみたいなスタイルが激渋だった1stアルバムよりもさらにパワー・スラッシュ・テイストが増し、しかもシカゴ・デス・メタルの魅力であるゴリゴリのパワーは全く失せていなくて、1stアルバムでも時々飛び出していた、WITCHES HAMMERみたいなクレイジー・リフもあります。デモ本編ラストの名曲 Maniacは、いつ聴いてもシビレるカッコよさ!!シカゴ・デス・メタルのキラー・デモ音源です。この2ndデモもぜひともC.C.G. Undergroundでアナログ・リリースして欲しかった!!しかし1997年未発表音源はちょっと期待を裏切られるロウ・デスラッシュ・メタル音源で、POSSESSEDのMike Susにも匹敵するデコボコ・ドラミングが凄まじく、The Benedictionデモから参加したドラマーのDean Olson氏という人は、活動停止期間は充電でなく放電していたのか?と思うくらいThe Benedictionデモとの落差が凄いです。まぁぶっちゃけ、復活後の未発表音源は曲調もイマイチ煮え切らないし、それにThe Benedictionデモが激渋すぎるので仕方ない気もしますが、とにかくThe Benedictionデモがホントかっこいいってことなんです!!



miasma-changes-digipack.jpg

・MIASMA - Changes / Love Songs DIGIPACK CD 税込2,484円 (Marquee)

オーストリア・ウィーン出身デス・メタル・バンドの1992年発表1stアルバムと翌1993年発表EPをカップリングしたCDが、ブラジルのMarquee Recordsから再発。両作品ともオリジナルは名門Lethal Recordsからのリリースで、このカップリング形式のCDでは2001年にNapalm Recordsからも1度リリースされています。他のLethal Records作品同様、このMIASMAのオリジナルCDもコレクターに高い人気を誇り、かなりの高額で取引されていますし、Napalm Records盤カップリングCDもレア盤と化してましたから、長年探されていた方はこの機会にぜひ入手してください。Napalm盤は通常ジュエル・ケースでしたが、このMarquee盤はトリプル・フォールドのデジパックで、渋いルックスのメンバー写真も掲載したブックレットも嬉しいです。

オーストリアを代表するシック・デス・メタル PUNGENT STENCHとはちょっと違うUKデス・メタル的なつんのめりパートもあるし、CELTIC FROSTパートはダッチ・デスっぽいオールドスクール感もあるけど、曲調自体はフロリダMASSACREやニューヨークBAPHOMETなどのUSデス・メタルの手法に近かったりもします。しかしアメリカン・デス・メタルの大味さとは無縁で、重苦しいスロウな展開やエピック・パートもあって、ヨーロピアン・デス・メタル・バンドらしい荘厳さが漂ってますし、展開の起伏さはUSデス・メタルっぽくても、疾走パートが素晴らしくオールドスクールなので、PESTILENCEやASPHYXなどのファンにもオススメしたい感じです。スラッシュ系の再発では定評のあるMarqueeがするのも実に納得の、グレートなカルト・オブスキュア・デス・メタル・レア・クラシック・リイシューdeath!!



degial-savage-lp.jpg

・DEGIAL - Savage Mutiny LP 税込2,484円 / CD 税込1,944円 (Sepulchral Voice)

WATAINが総帥として頂点に君臨するスウェーデンUppsala地方のデス/ブラック・メタル派閥 Metal Of Deathを象徴するようなキャラクターと音楽性で、恐らく今後のMetal Of Deathを担っていく存在となるであろうDEGIALの8曲入り2ndアルバムLPです。今回もドイツのSepulchral Voiceからのリリースです。

メンバーはギター&Vo.のHampus Erikssonがex.INVIDIOUS, ドラムのEmil Svenssonがex.GRAVELESS / ex.VETERNUS / REPUGNANT, そしてもう一方のギターのRickard Hoggrenの3人は結成以来不動で、この3人は2004年結成のDEGIAL OF EMBOS名義の前進バンド時代からのオリジナル・メンバー。さらに本作からレコーディングにも参加して正式メンバーとなったベースのP.J:は、フィンランドのVORUMでギター&Vo.を担当するJonatan Johanssonです。ちなみに、Hampus ErikssonとEmil SvenssonはWATAINのサポート・メンバーでもありますので、たぶん2015年のWATAIN来日の際はこのDEGIALの2人も引き連れていたと思います。

WATAINの邪悪性を継承するMetal of Deathバンドの多くは、伝統的なスウェディッシュ・デス・メタルとは一線を画す混沌且つ爆裂したデス・メタル・サウンドが特徴で、このDEGIALもMORBID ANGEL影響下のカオティックなリフ・ワークと畳みかける攻撃的な展開が特徴です。POSSESSEDを発端としたオールドスクールなテイストもあるので、所謂クトゥルー系デス・メタルのカオスとは明らかに違い、GROTESQUE, LIERS IN WAIT, KAAMOS, etcのスウェディッシュ・デス・メタル・ファンにも大興奮のカッコよさ!!TRIBULATIONがBlood Harvestから7"出した時もこんなだったんです。前作と全く同じ路線でありながら、ここまで物足りなさや飽きを感じさせずに緊張感を爆発させるのは本当に凄い。今回も間違いなくオススメdeath!!



disrupted-heavydeath.jpg

・DISRUPTED - Heavy Death CD 税込1,944円 (Apocalyptic prod.)

Memento Moriからの1stアルバム Morbid Death CDが日本でもヒットしたスウェディッシュ・デス・メタルの、2014年にカセットで発表した1stデモが、チリのレーベルからオフィシャル再発。限定500枚リリースです。

サウンドはもうスウェディッシュ・デス・メタル以外の何物でもない、ENTOMBED直系スタイルです。ちょっとD-Beatも視野に入れているバンドみたいで、そのせいか、BOMBS OF HADES, INTERMENT, BASTARD PRIESTのようなハードコア・テイストもある現行スウェディッシュ・デス・メタル・バンドとの共通性を感じさせます。一番近いのは、SLAYER要素を除いたBOMBS OF HADES、と言ったところでしょうか。言うまでもなく、スウェディッシュ・デス・メタル・ファンにおすすめデス!!
04 | 2016/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR