RECORD BOY

Deathrashing Rage To The Death!!


majesty-bestialvomit.jpg

・MAJESTY - Bestial Vomit + Demo II LP DIE HARD SPLATTER VINYL 税込2,916円 / REGULAR BLACK VINYL 税込2,484円 (F.O.A.D.)

TERRORIZERのヴォーカル Oscar Garciaが在籍したことで知られるL.A.グラインドコア・デス・メタル・バンド NAUSEAの前身となったMAJESTY時代の音源がF.O.A.D.から初オフィシャル・リリース。1987年のデモ2種に、TERRORIZERとのジャム・セッションによるNAPALM DEATHとTERRORIZERカバーも追加して全12曲入りで、Bestial Vomitデモ・カセットのスリーブを再現したインナーと、当時Tシャツに使われていたアートワークを起こしたポスターが付いた限定500枚プレス。ltd.100枚のダイハード・スプラッター・ビニールと、ltd.400枚のブラック・ビニールの2種入荷しました。


Tracks A1-A5 : Bestial Vomit DEMO (1987年)
Tracks B1-B5 : DEMO II (1987年)
Tracks B6-B7 : Jam session with TERRORIZER (1987年)


どうしてもTERRORIZERの知名度の方が世の中では高いけど、TERRORIZERが壊滅状態だった1980年代後期にOscar Garcia氏が本腰を入れて精力的に活動していたバンドはNAUSEAの方だったそうです。MAJESTYはOscar Garcia (ギター&Vo.), Eric Castro (ドラム), Carlos Reveles (ベース)の3人ともNAUSEAで、TERRORIZERの1989年1stアルバム World Downfallアルバムには、NAUSEAとこのMAJESTYの曲も含んでいたというのもファンには有名な話ですから、このLPは言うまでもなくNAUSEAとTERRORIZERファン必聴の激レア音源なわけでありますが、しかし実際に針を落とすと予想外のかっこよさに衝撃を受けます。このMAJESTY時代デモ、完全に超MASTERまんまなダーティー・ハードコア・デス・メタル全開!!TERRORIZERにもクラスティーなハードコア・テイストがあるけど、そのルーツは結局のところ、MASTERだったのかも知れません。実際、TERRORIZERではMASTERのカバーもやってましたし。US西海岸のクラスト/グラインド/デス・メタルがクロスオーバーする風土は、このへんのTERRORIZER / NAUSEA / MAJESTYあたりから形成されたとは思いますが、USデス・メタルを深く検証すればするほど、MASTERとDEATHの影響力の大きさを実感してしまいます。



regurgitation-completerecordings.jpg

・REGURGITATION - Complete Recordings 1986/1987 LP DIE HARD SPLATTER VINYL 税込2,916円 / REGULAR BLACK VINYL 税込2,484円 (F.O.A.D.)

後にEaracheと契約して1988年に1stアルバム Old Lady Driverを発表するO.L.D.の前進となったUSニュージャージーのグラインド・デスコア・メタル・スラッシュ・バンドのディスコグラフィーLPがF.O.A.D.からリリース。過去に日本のDirty Thrash RecordsからCDRとCDで出てたBathrooms Rule!デモ・アルバムよりも曲数の多い全13曲入りで、ゲートフォルド・スリーブを開くと当時の写真とJames Plotkin氏のライナーノートなどを掲載し、ブックレットにも当時のインタビューやデモ・レビューなどが載っています。ltd.100枚のダイハード・スプラッター・ビニールと、ltd.400枚のブラック・ビニールの2種入荷しました。


Tracks A1-A5 : Bathrooms Rule DEMO (1987年)
Tracks A6-A7 : live in Montreal, Canada (1987年)
Tracks B1-B3 : Organic Backwash DEMO (1986年)
Tracks B4-B6 : Alternate Takes


ギター&Vo.を担当してこのバンドを率いたJames Plotkin氏は、言うまでもなく今やエクストリーム・ミュージック・シーンの売れっ子スタジオ・エンジニアであり、KHANATEなどでも活躍した人物。New Renaissanceの名物オムニバス・アルバム Speed Metal Hell IIIに1stデモからの曲を提供したり、今回のLPのジャケにもなってる2ndデモのアートワークをIMPETIGOのStevoが担当したりと、80'sハードコア・メタル・マニアにとってはプレ・グラインドなLate 80'sカルト・スピードコア・バンドとして認知されています。確かにSteveoタッチが冴え渡ったこの素晴らしいジャケ・アートと、UNSEEN TERRORやELECTRO HIPPIESあたりのLate 80's UKハードコア・ルネッサンス・バンドにも通じるユーモアも交えたグラインド・メタルコア・スラッシュ・サウンドは、EaracheとWild Ragsに代表される当時のメタルとハードコアの融合によるスピード志向を象徴するようなスタイルで、ミシガンGENOCIDE (pre.REPULSION), WEHRMACHT, CRYPTIC SLAUGHTER, AZAGTHOTH,etcのファンは必須の重要バンドですが、James Plotkin氏はもちろん、REVENANTのギター&Vo.でもあったベーシストのHenry Veggian氏など、各ミュージシャンの音楽性がしっかりしてたバンドなので、リラックスしてラディカルなスピードコア・メタルながら完成度はバツグンです。あと、ブックレットを見るとカナダのSOOTHSAYERとはかなり親交が深かったようで、初期SOOTHSAYERやSLAUGHTERのようなカナディアン・スラッシュ・メタルの爆裂さにも通じます。James Plotkin氏のサタニック・ゴアリーな雰囲気のVo.も最高。とにかく、80年代後期のデスコア・メタル/スピードコア・スラッシュ・ファンは必聴大興奮のグレート・リイシューです!!



bloodfeast-killforcd.jpg

・BLOOD FEAST - Kill For Pleasure / Face Fate CD 税込2,160円 (High Roller)

カルト・メタルの代名詞的レーベル New Renaissance Records所属のスラッシュ・メタル・バンドの中では、クサレ・カルト要素を抜きにしても広く80'sスラッシュ・ファンに愛される、ニュージャージーのBLOOD FEASTの1987年発表1stアルバム Kill For Pleasureと同年発表2ndミニ・アルバム Face FateをカップリングにしたCDがHigh Rollerからリリース。CDは現在まで何度か本家New Renaissanceがリプレスしてきましたが、この代表的名作2作品のカップリングはこれが初めてです。

New Renaissance Recordsは、80's US女性Vo.へヴィメタルを代表するバンドの一つ、HELLIONのVo.のAnn Boleynさんが運営するレーベルで、スラッシュ・メタル系を中心に、80年代当時では一線級バンドと比べたら確実にランクが下のバンドを、さもメジャー・スラッシュ・バンドと肩を並べるような自信満々のプロモーションで乱発リリースしていました。立派な見た目のレコードとショボいクォリティーのギャップがマニアに愛されたのと、WEHRMACHT, NECROPHAGIA, DREAM DEATHに代表されるように、グラインドコア / デス・メタル / ドゥーム・メタルなど、後に細分化するアンダーグラウンド・エクストリーム・メタルを先駆けたカルト・バンドも多く輩出したことによって、レーベル自体もカルトとして伝説となります。まだやってるけど。新作は出さずに、80年代名作の権利をガッチリ握って離さずリリースしていて、パンクで言えば、Mystic Recordsのダグ・ムーディーみたいなモンです。バンド主導の再発は一切認めていなくて、これまでも「○○からの再発盤は権利関係を無視したイリーガルなリリースだ」と、他レーベルからのNew Renaissance作品の再発にブートレグの烙印を押しまくってきたAnnさんですが、今回のHigh Rollerによる一連のLP再発はどうやらちゃんとAnnさんの許しを得ているようです。

BLOOD FEASTはSLAYER影響下アメリカン・スラッシュ・メタルの代表格と言うほどではないですが素晴らしい成功例で、西海岸のSLAYER直系最高峰バンド DARK ANGELよりも、同じニュージャージーのWHIPLASHに通じる熱血さが文句なしにカッコいいです。Kill for Pleasureは80'sスラッシュ・メタル・ファンを自負するのならば、絶対に聴いてほしいアンダーグラウンド・クラシックですし、Face Fateも当時から1stアルバムと甲乙つけがたいと高く評価された人気作ですので、完璧なカップリングCDです!!



theunsane-invaertedcrosses.jpg

・the UNSANE - Inverted Crosses LP 税込2,484円 (High Roller)

カルト・メタルの代名詞的レーベル New Renaissance Recordsリリースの隠れたスラッシュ・メタル名盤、NYのTHE UNSANEの1988年発表6曲入り1st MLPがHigh Rollerから再発。本作と1991年発表フル・アルバム Slap of Realityの2枚しか残さなかったバンドで、こちらの1st MLPはNew RenaissanceからCD再発もされず、オブスキュア・スラッシュ・メタル・マニアには長年再発が望まれていました。限定500枚プレスで、今回はスプラッター・ビニールでの入荷です。

New Renaissance Recordsは、80's US女性Vo.へヴィメタルを代表するバンドの一つ、HELLIONのVo.のAnn Boleynさんが運営するレーベルで、スラッシュ・メタル系を中心に、80年代当時では一線級バンドと比べたら確実にランクが下のバンドを、さもメジャー・スラッシュ・バンドと肩を並べるような自信満々のプロモーションで乱発リリースしていました。立派な見た目のレコードとショボいクォリティーのギャップがマニアに愛されたのと、WEHRMACHT, NECROPHAGIA, DREAM DEATHに代表されるように、グラインドコア / デス・メタル / ドゥーム・メタルなど、後に細分化するアンダーグラウンド・エクストリーム・メタルを先駆けたカルト・バンドも多く輩出したことによって、レーベル自体もカルトとして伝説となります。まだやってるけど。新作は出さずに、80年代名作の権利をガッチリ握って離さずリリースしていて、パンクで言えば、Mystic Recordsのダグ・ムーディーみたいなモンです。バンド主導の再発は一切認めていなくて、これまでも「○○からの再発盤は権利関係を無視したイリーガルなリリースだ」と、他レーベルからのNew Renaissance作品の再発にブートレグの烙印を押しまくってきたAnnさんですが、High Rollerによる一連の再発はどうやらちゃんとAnnさんの許しを得ているようです。ここまで来たらあとはいよいよもう、POST MORTEM, HOLOCROSS, そしてINTENSE MUTILATIONまでやってくれ!!

この作品は内容は文句ナシなのに、他のNew Renaissanceスラッシュ作品に比べてあまり流通が良くなかったせいか、イマイチ影が薄いまま消えてしまった悲運のバンドです。当時はピクチャー盤LPの方を良く見かけましたが、通常のジャケット付きLPはたまに見かけてもほとんどがドイツ・プレスで、US盤はめったに(と言うか個人邸には1度も)見かけませんでした。東海岸スラッシュ・メタルの理想的なスタイルで、WHIPLASHやBLOOD FEASTのように、SLAYERの影響が東海岸のハードコアな風土によって熱血さを帯びた直線的な暴走スラッシュで表現されています。リフはテクニカルだけど演奏は粗っぽく、ドラムの危ういつんのめり具合いとのコンビネーションが素晴らしいです。SAVAGE DEATHやFANTOM WARIORなどのニュージャージー・スラッシュ・メタル・ファンは絶対に聴いてください!



morbidsaint-lockuptape.jpg

・MORBID SAINT - Lock Up Your Children TAPE 税込1,296円 (Home Taping Cruelties)

各種作品が次々と再発されて盛り上がりが衰えないUSウィスコンシン出身スラッシュ・メタル MORBID SAINTの、1988年発表1stデモ・カセット・アルバムまでもオフィシャル・レプリカがリリース!!1stアルバム Spectrum Of Deathのオリジナル・リリースは実はこのデモ・カセットだったそうで、収録曲もSpectrum Of Deathと全く同じですが、スリーブもオリジナル通り再現していて文句なしの仕上がり。過去バージョンを各種押さえてきた人も必須のコレクターズ・エディションです!!


A1. Lock Up Your Children
A2. Burned At The Stake
A3. Assassin
A4. Damien
A5. Crying For Death
A6. Spectrum Of Death
A7. Scars
A8. Beyond The Gates Of Hell

B1. Lock Up Your Children
B2. Burned At The Stake
B3. Assassin
B4. Damien
B5. Crying For Death
B6. Spectrum Of Death
B7. Scars
B8. Beyond The Gates Of Hell

中古市場での熱狂ぶりが冷めやらぬ一方のカルト・バンドで、オリジナル盤はもちろん、過去の再発盤もことごとくプレミアがついて相場が高騰しています。金属質のまさしくメタリックな刻みまくりギター・サウンドで猪突猛進にぶっ飛ばすスラッシュ・メタル・サウンドは、DARK ANGEL系ブッチギリ・アメリカン暴走スラッシュ・メタルっぽい感触もありますが、テクニカルなリフでズカズカ突進するスタイルはUSとユーロの中間を行くスラッシュメタル・サウンドの極上品と言い切れます。KREATORのミレっぽい吐き捨てシャウトVoのせいもあって、SLAUGHTER LORDが初期スラッシュ色を強めたようにも聴こえなくもないです。



sarcofago-inri-digipack.jpg

・SARCOFAGO - I.N.R.I. DIGIPACK CD 税込2,484円 (Voice Music)

全デスラッシュ/ブラック・メタル・ファン必須のブラジリアン・カルト・クラシック、SARCOFAGOの1987年1stアルバムにボーナス曲も加えた15曲入りCDが、THE MISTもCD再発したVoice Musicからデジパック・バージョンCDがリリース。確かCDでは初だったと思う、青空ジャケットでのリリースです!!

冒涜精神を全面に打ち出し、後のステレオタイプとなるスタイルをイチ早く実践して、世界中のアンダーグラウンド・ハードコア・メタル・マニア達を震撼させます。デモを発表した頃のカナダのBLASPHEMYと親交を深め、MORBID / MAYHEMのVo.の故Deadが強くインスパイアされたのは有名な話です。今も尚、猛烈にカルトな人気を誇るこの作品は、初期SODOMを南米らしい原始的な邪悪さで再現し、さらにハードコアからの影響による激速ビートを崩壊寸前で叩き出しているので、初期ブラックメタル・ファン以上に、デスラッシュ・マニアに強くアピールする最高級カルト大名盤。これを聴かずして南米デスラッシュ、初期ブラックメタルは語れません!!!



themist-phantasmagoria.jpg

・the MIST - Phantasmagoria DIGIPACK CD 税込2,484円 (Voice Music)

先に再発された2ndアルバム The Hangman TreeデジパックCDが品切れ後も反響が衰えないと思ったら、オリジナル盤CDはついこないだもオークションでとんでもない金額でポンポン入札が入ってて、最終的には信じられない落札価格で終了していました。そして今までLPでもCDでも1度もオフィシャル再発されてなかったこの1989年発表1stアルバムも、デジパックCDで遂にオフィシャル再発です!!限定1000枚のようです。

日本のマニアの方々には愛され続けるブラジリアン・スラッシュ・メタル・バンドとして、私の周りでもけっこう人気の高いバンドです。Warfare Noise comp.IIに参加してたブラジリアンMAYHEMが改名発展したバンドで、Vo.はCHAKALにも参加。Cogumeloからアルバムを3枚とEPを1枚発表しています。サウンドは正統派へヴィメタルの土台が強固なスラッシュ・メタル・サウンドで、欧米のA級スラッシュを模範とした南米スラッシュとしてはバツグンのセンスです。暗さを背負った疾走感とリフの鋭さはSLAYER型だけど、エモーショナルなギター・フレーズやエピックなドラマ性は、イギリスのSABBATやMASTER'S HAMMERファンにも確実にオススメできるカッコよさ!!Vo.が在籍したCHAKALと、ANTI-CIMEXの盟友スウェディッシュ・スラッシュ・メタル AGONY (ex.AGONI)のミックスのようでもあり、ブラジリアン・スラッシュ・メタルとしてだけでなく、世界規模で考えても奇跡的なクォリティーのドラマチック・スラッシュ・メタルだと思います。CHAKALを聴いたことがある人ならばおなじみの、あの独特のハスキー・ヴォイスがまたワイルドで激渋カッコいい。レア云々抜きに絶対にオススメの80'sスラッシュ・メタル大傑作アルバムです!!
04 | 2016/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR