RECORD BOY

Necro Metal from the Graves!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品のカート・アップを先ほど完了しました。受注メール返信対応は明日木曜日以降になります。


necrodeath-headhunting.jpg

・NECRODEATH - Headhunting 7" 税込972円 (Terror From Hell)

イタリアン・サタニック・スラッシュ・メタル・レジェンド NECRODEATHの2015年末にリリースされた2曲入り最新シングルです。1998年の復活以降コンスタントに活動を続けていますが、近年音源のコンピレーションCDなどは確か過去にちょこっと入れてみたりしたことがあったけど、新録のオリジナル作品を入荷させたのはこれが初めてかも知れません。The Shining Pentagramデモ・アルバムの30周年記念盤LPと併せて今回入れてみようと思ったのは、やはりこのジャケに貼ってあるステッカーにときめいたわけで、A面のタイトル曲では、Mantasがリード・ギター、Demolition ManがバッキングVo.で、VENOM inc.の両氏がゲスト参加!!これはけっこう感動的なコラボだと思います。限定500枚リリース。

復活後のNECRODETAHはオリジナル・ドラマーのPesoさんが中心で、その相棒にOPERA IXのドラムだったFlegias氏がVo.で参加して、もう15年以上もとどまることなく走り続けています。そして、このEPを聴いてもわかるように、50歳を超えたPeso氏と40代半ばのFlegias氏のベテラン2人のパワーが凄まじくて圧倒されます。まー、とにかくムチャクチャ速い!!!回転数上げてるのかと思うくらいのつんのめった暴走スピードで、ギターとベースの奴はもう少し若そうですが、弦楽器隊の方が休憩パートが多くて、年寄にこんだけのことさせといて何様なんだ!と、ちょっと外野で勝手に憤慨してしまいそうになります。Flegias氏のVo.もミレ・ペトロッツァ型の喉から血の出るような吐き捨てイーヴィル・シャウト全開で、ピッチが上がってKREATORに近づいたDETRUCTIONのようなB面のライブも素晴らしい。企画盤シングルとしては、申し分ないレコードだと思います。



necrodeath-theshining-30thlp.jpg

necrodeath-theshining-patch.jpg

・NECRODEATH - The Shining Pentagram Demo 1985 30th ANNIVERSARY EDITION LP 税込2,592円 (Terror From Hell)

BULLDOZERに次ぐイタリアン・サタニック・スラッシュ・メタル代表格 NECRODEATHの、これまで2009年リリースの10"バージョンと翌2010年の12"バージョンでのヴィニール再発がことごとく早々に完売した、1985年録音の伝説の極悪音源1stデモ4曲が、30周年記念盤LPとしてちょっと豪華になって限定350枚で再発。ジャケ・デザインがオリジナルを基にリメイクされ、オリジナル・アートはポスターとして付属。ゲートフォルド・スリーブの内側には、当時の写真やファンジン掲載記事と、そしてもちろんMidian CreationsのWim Baelus氏による、マタギみたいなあの最凶の激渋アートも掲載。オフィシャルのパッチとTシャツも同時販売されたのですが、今回は特別にパッチもセットにして販売致します!!

1stアルバム Into the Macabreは1987年でしたから、エクストリームなアンダーグラウンド・デスラッシュ全盛だった時代背景を考えても納得できるハードコア・デスラッシュの名作ですが、この1985年1stデモのノイジー・サタニック・ハードコア・デスラッシュ・メタルは、ジャーマンPOISON並みに存在自体が驚異です。POSSESSEDの1stアルバムも1985年ですから、プロト・デス・メタルの歴史を検証する上で重要な事件的音源でしょう。ハードコアからの影響のスピードもバツグンですが、NECRODEATHの場合は他のプロト・デス・メタルよりもスラッシュとしての構成力が非常に鋭くて、極悪度と完成度のアンバランスがまさに奇跡です。KREATORやBATHORY、さらにはDeathcrush期のMAYHEMが、SODOM基盤じゃなくてSLAYERを土台にしてたら、こんなだったかも?なんて風にも思えてきます。全サタニック・デス・スピード・メタル・ファン必須の最重要デモ・クラシック!!!666!!!



necrofist-demo1ep.jpg

・NECROFIST - Demo #1 7" 税込1,944円 (Afterlife prod.)

1988年末に結成され、1991年までの実質2年足らずの活動期間で解散したマレーシアのデス・メタル・バンドの、1991年に残した唯一の音源のデモ2曲が初ヴィニール化再発。VULGAのCDやSABBATのBloody Countessカセット再発などもリリースしていたマレーシアのAfterlife prod.からのリリース、と言っても当店では入荷できませんでしたので馴染みのないレーベル名かも知れませんが、同じくマレーシアのカルト・デスラッシュ・メタル RATORの"Evil Symphony"デモ7"EPが奇跡的に少量入荷したのは記憶に残ってる方もいるでしょう。あのRATORのデモEPを出していたレーベルで、今回もRATOR同様卸値が高かったけど、カルト・ノイズ・メタル・マニアは確実に押さえといてください。限定300枚ナンバリング入りです。

このバンドはすぐに解散してNEBIRASというバンドに発展したそうですが、そのNEBIRASは東南アジアでイチ早くブラック・メタルを演奏したバンドの一つとされていて、中心メンバーのAgathos Daemonの名が、DARKTHRONEの1992年発表2ndアルバム "A Blaze In The Northern Sky"のブックレットの中で、EuronymousとギリシャのNECROMANTIAというブラック・メタル界のレジェンドとともに(Agathos Daimonとスペルミスがありますが)掲載され、DARKTHRONEがコンタクトを取っていた同志としてその名が知れ渡りました。この7"は、NECROFISTとNEBIRASの両方でギターを担当した中心メンバーで、1993年に事故死した故Yong氏に捧げたリリースだそうです。

故Yong氏はイタリアのNECRODEATHや日本のNECROPHILEなどの世界各地のNecroメタルにあこがれてNECROFISTと命名したそうです。サウンドは自らグラインディング・デス・メタルと名乗ってるように、モッサモサのノイズ・デスコア・グラインド・メタルで、これはもう初期NECRODEATHを超越したGHOSTRIDERレベルの極悪っぷり!!SODOMとブラジルEXTERMINATORのミックスのようでもあります。ABHORER, RATOR, VULGAなどの東南アジア・デス・ノイズ・メタル・ファン絶対に必聴!!



infamy-thebloodlp.jpg

・INFAMY - The Blood Shall Flow LP 税込2,592円 / CD 税込1,836円 (Terror From Hell)

COFFIN TEXTSのギタリストがベースで参加していたアメリカLAのデス・メタル・バンド INFAMYが唯一残した作品の1998年発表1stアルバムが、イタリアのレーベルから再発。オリジナルはスペインのレーベルからCDとカセットでリリースされて、2003年になぜか大手のBlackendからスペインのCHRIST DENIEDとのカップリングで1度再発されていましたが、単独再発はオリジナル以来ということになりますし、ヴィニール化はもちろん今回が初です。LPはゲートフォルド・スリーブの限定500枚リリースで、今回はそのうちのltd.100枚オレンジ・ビニールで入荷しました。

CONFFIN TEXTS関連と聞くと、どうしてもPOSSESSEDを起点とするSADISTIC INTENTなどの西海岸thug系デス・メタルを思い起こすけど、このINFAMYはLAデス・メタルのテクニカルなブルタリティーよりも、グラインドコア型のタイプに近いです。TERRORIZERやNAUSEA LAのようなグラインド・デス・メタル・ファンにももちろんオススメですが、その辺のダイナミックな疾走感よりも、楽曲はけっこうNAPALM DEATHや初期BOLT THROWERなどの、くすぶったような鈍クサさのあるグラインドコア・デス・メタルで、しかし感触はLAデス・メタルやIMMOLATIONなどのブルータル・デスっぽい大味さもあって、このアンバランス感がいかにも90'sデス・メタルらしくて素晴らしい。USのグラインディング・デス好きには絶対オススメです!!

SNAKEPIT - ISSUE #22 MAGAZINE w/ MALEDICTION 7"


snakepit22.jpg

・SNAKEPIT - ISSUE #22 MAGAZINE w/ MALEDICTION 7" 税込2,160円

現在はNuclear War Now!が強力バックアップする老舗へヴィメタル・マガジンの2016年発刊最新号です。この号はいつもにも増して分厚くボリューム超満点で、過去の号のようなホチキス留めではなく、製本されて背表紙(裏表紙のことじゃないですよ)もある立派な書籍のようになっています。恒例となったこのマガジン限定の未発表音源を収録したボーナス・シングルは、今回はフレンチ・メタル MALEDICTIONの2001年スタジオ&ライブ収録で、限定イエロー・ビニールで入荷。このイエロー・ビニールは早々に完売していますので、今回限りの入荷になります。

巻頭ロング・インタビューはこのところ再発続きのHEXXとその前身バンド PARADOX。今回も大御所からマイナーまで様々ですが、この雑誌の名物編集長 Laurent Remadier氏は基本的にどのバンドも昔の話題に焦点を絞ってインタビューしてるので、当時の未公開写真なども多く、眺めているだけでも興奮してきます。例えば当時のマネージャーだった人にインタビューしてるSLAYERのページでは、故Jeff Hannemanのチョー若々しい短髪時代のライブ写真に目が釘付けになるし、Gene Hoglanが在籍してたことでマニアには有名なLAスラッシュ・メタル WARGODの、Geneの後釜ドラマーだったLee Rauch氏はMEGADETHの1stデモの時のドラマーだった話とか、とにかく写真も内容も面白い。ニュージャージーのGARGOYLEってのもムチャクチャ気になるなー。あと、ZOETROPEのインタビューは、2ndまでの絶頂時代に強烈なインパクトを放っていた黒人ベーシスト Calvin Humphrey氏に話を聴いてるんですが、編集長 Laurent氏のブチ切れリード文が一番面白い。そしてZOETROPEは写真の数々がもちろんめちゃくちゃ最高激渋カッコいい!!!


インタビュー掲載バンド :

Tank
Slayer
Chateaux
Onslaught
Rapid Tears
Night Demon
Pentagram (Chile)
Attacker
Dark Angel
Demon Flight
Exciter
Fallen Angel
Gargoyle (NJ)
Malediction
Megadeth
Paradox / Hexx
Purgatory
Sacral Rage
Sanctum
Sin Starlett
The Beast
Wargod
Warhead (NY)
Wasted
Watchtower

Thrash till Death!!


obsessorgermany-blackmagic.jpg

・OBSESSOR (Germany) - Black Magic Rites 7" 税込972円 (Deathstrike)

BULLDOZING BASTARDのギタリストが在籍するドイツのバンドの、アンホリー・スラッシュ・メタル親分 NOCTURNALのレーベル Deathstrike Recordsから2013年に発表した3曲入り7"EPです。さて、なぜこのEPをオーダーしてたんだっけ?と届いてから不思議に思いましたが、この辺のジャーマン・スラッシュ・メタル若手&中堅に限らず、オールドスクールなスラッシュ・メタルもアナログ盤のリリースだとどうしても手を出しにくい状況がこのところ続いてたので、一発奮起して何か入れてみよう!とアレコレ考えてた頃に、このリリースを見かけてオーダーしてたんだと思います。このバンドはアルバムも発表していて、日本国内のジャーマン・スラッシュ・メタル好きにも好評だったバンドのようです。

サウンドはもう完全にNOCTURNAL直系!!DESTRUCTION一筋の鈍クサさが最高に愛おしく素敵だったNOCTURNALのようなサタニック・スピード・メタルは、CRUEL FORCEがブレークする前の2000年代型ジャーマン・スタイルとも言えます。ジャケもロゴもカッコいいし、メンバーのルックスも、後に色気づいて迷走したりするような心配は絶対にない極悪ヘッドバンガーズぞろい。NOCTURNAL信者はぜひチェックを!!



survival-rocknroll.jpg



・SURVIVAL - Rock & Roll Sacrifice CD 税込2,160円 (Metal Ways)

2009年結成メキシカン・スピード・メタルの14曲入り1stアルバムCDです。2014年発表の本作も含めて過去のデモももちろん流通は悪くて、今回の入荷まで全然知らないバンドだったけど、既に日本のダイハードなスラッシュ・メタル・マニアの一部にも注目されていた存在のようです。この、SARCCOFAGOロゴにSEXTRASHみたいなジャケは悪くないし、タイトルからちょっとメタルパンクっぽさも予感させて、まぁちょっと試しに入れてみようかな?程度でしたが、これが久しぶりに目の覚めるようなスラッシュ・メタルで大当たり!!スラッシャーは絶対にチェックしてください。

とりあえず、もう1曲目から超Power And Pain!!WHIPLASH!!!タワシでゴシゴシやってるようなギター・サウンドの一直線刻みを軸に、テクニカルだけどキャッチーな小技やロッキン・フレーズも交えた熱血ヘッドバンギング・リフで叩き出すところが、まるでWHIPLASHみたいでカッコいいです。WHIPLASH型リフ、ってしょっちゅう他の作品紹介でも言ってますが、ヨーロッパの現行バンドはそれをPOSSESSED型のデス・メタルっぽさとミックスしたり、DESTRUCTION寄りにユーロ・スラッシュっぽく表現しているところがカッコいいけど、このSURVIVALはWHIPLASHまんまの状態でブチまけています。ロッキンなリフの箇所は、ちょっとTANKARDっぽいかな。でもやっぱり、ほぼWHIPLASHです。jアグレッシブだけどタイトなドラミングも、若干危うかったりするけどTony Scaglioneっぽい。ただ、中南米産っぽいズッコケ・ポイントとして、ギター・ソロにバッキングかぶせないセンスはむしろ素晴らしいんだけど、バッキングをかぶせてないと言うよりかは、バッキングをミキシングでわざと消したみたいな、ソロの部分だけおかしなバランスになってるのがケッサクです。なんだコレ!?

しかしまぁ、こんなにゴシゴシゴシゴシ!!!・・・・って一直線にひたすら疾走するWHIPLASHみたいなスラッシュは、WHIPLASH以来です。まずはサンプル聴いてみてください。オススメです!!



stingernewjersy-demo.jpg



・STINGER (US New Jersey) - S/T TAPE 税込972円

USニュージャージーで活動する3ピース・メタルコア・バンドの、BORN DEAD ICONSカバー含む5曲入りデモです。ステッカーもたくさんいただいたので、先着で付けて販売致します。

「VENOM D-Beatって感じでやってる」と言ってオファーしてくれたバンドで、facebookをチェックすると、NOISEM, ILSA, RAMMING SPEED, THE WANKYS, etc幅広いタイプのバンドと共演してる、いかにも現代のアメリカン・クロスオーバー・メタルコアらしい感覚のバンドです。BORN DEAD ICONSのカバーをやるセンスも渋くて興味深いし、サンプル貼った曲は、HELLHAMMER型鈍走パートからクラスト・デス・メタル・パンクっぽい疾走感へとなだれ込んで、共演してるようなa389 Recordingsのメタルコア・スラッシュが好きならばぜひチェックしてみてください!!



stingernewjersy-ts.jpg

・STINGER (US New Jersey) - T-SHIRT 税込1,620円

Tシャツも入荷しています。ボディはGildanのへヴィコットンで、サイズはSとMの2種。

漲-MI.NA.GI- - 打チ鳴ル鼓動 CD


minagi-uchinaru.jpg

・漲-MI.NA.GI- - 打チ鳴ル鼓動 CD 税込1,620円 (self release)

2003年に九狼吽とのSplit CDをDiscrete Recordsからリリースして、その強烈なジャケット・インパクトと哀愁のストロング・ハード・パンク・サウンドで高い評価を得ていたSOUL ALLEYの元ギタリスト Ben氏がVo.も兼任する名古屋の3ピース・パンク・バンド 漲-MI.NA.GI-が自主制作で8曲入りの1st CDをリリース。

重厚でコシの強いゴリゴリのハード・ドライビングな楽曲に、Ben氏の男臭くも哀愁に満ちたVo.が乗った、ジャパニーズ・スキンヘッズにも通じるタフ・メロディック・ハードコア・パンクで、これは男泣きガッツポーズ必至です!!強靭なハード・サウンドと日本語詞の熱いメロディーは、スキンズ・ファンからハードコア・ファンまで、オールドスクールなジャパニーズ・パンクの哀愁が好きならば絶対に聴いて欲しいです。

Japanese Punx!!


soulcraft-legacy.jpg

・SOUL CRAFT - The Legacy 7" + CD 税込1,296円 (General Speech)

Bloodsucker RecsからCDが出いてた熊本のハードコア・パンク・バンド SOUL CRAFTの超久々の新作となるEPが、USのGeneral Speechからリリース。Terro-Rhythm #5オムニバスから数えても10年ぶりとなる音源発表で、もちろん新録の5曲入り。同内容のCDも付いてます。

熱いオールドスクール・ハードコアの中に、キャッチーなメロディーが見え隠れしながら、ロック・フィーリングもある獰猛さで疾走する、ジャパニーズ・ハードコア・プライド全開の内容です。このテの日本スタイルにしては珍しくロウ・ノイジーなサウンドも個性的。そしてラストはSOUL CRAFTの叙情性を集約したような心に染みるインスト・ナンバーでフィニッシュ。USレーベルからリリースされてる通り、国海外で根強いファンのいるバンドですが、新音源を待ち望んでいた人達は大満足であろうEPです!!



confront-trace.jpg

・CONFRONT - Trace ~ Early Years Selection LP 税込1,944円 (Not Very Nice)

ベテランと言ってもおかしくない活動歴でありながら、一切ブレずに地道でマイペースを崩さない三重ハードコア・パンク CONFRONTのディスコグラフィーLPが、USのNot Very Nice Recordsから限定500枚でリリース。シーンのトレンドなど関係なく、大好きな伝統的ジャパニーズ・ハードコア・スタイルの作品を出したい!というレーベル・オーナーの気持ちが痛いほど伝わってくる、素晴らしいリリースです。


Tracks A1-A5 : V.A 場外乱闘
Track A6 : V.A Offensive Power Point 3
Track A7, B4-B6 : 1st demo
Track B1 : Underground Punk Rockers 3 & 追求無き道に光り無し6
Tracks B2-B3 : Where There's A Will There's A Way...


敬意を持って、”ジャパコア”サウンドと呼びたい、ガッツみなぎる哀愁疾走メロディック・ハードコアに大興奮です!!ギターはこれでもかとばかりに必殺旋律の応酬で、メタルコア風味もありながら昨今のメタルパンク・トレンドとは無縁の、これぞリアル・ジャパニーズ・ハードコア!!こういうハードコアが聴きたかったんだ!!と思っていた古い日本のパンク・ファンは少なくないことでしょう。



bessatsupeckinpah.jpg

・別冊PECKINGPAH (ペキンパー) - April 2016 BOOK 税込1,296円 (オルタナパブリッシング)

ハードコアやエクストリーム・メタル系の特集も多いサブカル・ムック、ペキンパーの別冊号。JAPANESE HARDCORE 伝説と題された内容で、FORWARDのISHIYA氏によるハードコア・バンド総力取材インタビュー特集、栃木パンク特集、RAW PUNK徹底討論会やPOGO PUNK座談会、そして桑名六道氏、九狼吽、SYSTEM FUCKER、CONTRAST ATTITUDE、BLACK HUMOR CONTROL、Mukachin氏、Kazuhiro Imai氏へのインタビュー、トヨカツ氏エッセイ etcの約140ページ。

KAZUHIRO IMAI氏による書き下ろしイラスト&MASAMI氏写真の両面ポスター付き。


◎ISHIYA氏によるハードコア・バンド総力取材

Masami氏の当時の仲間達によって語られた座談会/鉄アレイ/SYSTEMATIC DEATH/EIEFITS

◎インタビュー

FORWARD/桑名六道/九狼吽/SYSTEM FUCKER/KAZUHIRO IMAI/GORI (CONTRAST ATTITUDE)/BLACK HUMOR CONTROL/MUKACHIN/45 REVOLUTION/FLOWER RECORD


◎その他記事

徹底討論会!RAW PUNKとはなんぞや?
YU(SKIZOPHRENIA!)/IMAMURA (TOM AND BOOT BOYS, POGO 77)/MICHIAKI (THE LAST SURVIVORS)/SO (HARDCORE SURVIVE)


POGO PUNK座談会
大橋(THE DISCOCKS)/MICHIAKI (THE LAST SURVIVORS)/Kentaro (the ERECTiONS)/IMAMURA (TOM AND BOOT BOYS, POGO 77)


トヨカツの面白エッセイ[白濁迷走混沌シンドローム]


特集・栃木パンクINTERVIEW
万引チョコレイト・K-ZOU/暴児 KENGO

Metal from the Graves!!


samael-tapebox.jpg

・SAMAEL - Worship Him / Blood Ritual / Ceremony of Opposites 3xTAPE BOXSET 税込3,996円 (Floga)

POSSESSEDのLP+カセット・ボックスとASPHYXのカセット5本組ボックスが売り切れ後も少なからずお問い合わせをいただいて好評だったFloga Recordsによるアナザー・グレート・カセット・ボックスセット。極悪ブラック・ドゥーム・デス・マニアから、さらにはゴシック系エピック・メタル・ファンまで魅了するスイスのSAMAELの初期&絶頂期1st, 2nd, 3rdアルバムをカセットにして、昔のCDロングボックスのような箱に収納した限定500個リリースのセットです。


Worship Him ALBUM TAPE (1991年)
Blood Ritual ALBUM TAPE (1992年)
Ceremony of Opposites ALBUM TAPE (1994年)


同じスイスが生んだブラック・メタル・レジェンド CELTIC FROSTが迷走を始めた1980年代後期に登場して、世界中のアンダーグラウンド・デス・ブラック・メタル・ファンの間で話題を呼び、当時この日本でも一部のマニアに注目を集めていました。デモやEPが当時よくファンジンで絶賛されていて、1991年に今をときめくOsmose prod.の第1弾リリースで発表した1stアルバム Worship Himは、HELLHAMMER以来の極悪スロウ・ドゥーム・ブラック・メタルとして、今もカルト名盤中の名盤として、エクストリーム・メタル史に残る最重要作の1つと評価されていますが、このバンドは決してゲテモノ・ブラック・メタルなどではなく、地下カルト臭が際立っていた1stの路線をキープしつつも、劇的な深化を遂げた2ndアルバム Blood Ritualと、3rdアルバム Ceremony of Oppositesこそ、彼らの暗黒の美学が凝縮された最高傑作と言っても過言ではないでしょう。1992年に発表した2ndアルバム Blood Ritualは、フィンランドのPURTENANCE, スウェーデンのKRYPT OF KERBEROS, フランスのCATACOMB, スペインのNECROPHILIACあたりにも通じる暗黒エピックネスがいつ聴いても激渋!!フューネラル・ドゥーム系の鬱とは違う叙情戦慄と凶暴なVo.のマッチが絶品で、時折組み込まれるアコースティック・パートなども効果バツグンです。1994年発表3rdアルバム Ceremony of Oppositesでは叙情性をより大胆に表現していて、シンセサイザーも積極的に導入してますがモダンな手法ではなく、ゴシック的メロディーを際立たせています。クラシカルに展開するオーケストレーション・パートの音楽的クォリティーの高さは、いつ聴いても驚愕してしまいます。このクラシカルな欧州産暗黒鋼鉄世界は、ROOTの3rd以降の作品にも匹敵しますし、2nd~4thあたりのROTTING CHRISTが好きな方にもオススメ。ヨーロッパの伝統的エピックと闇を感じさせるメタルが好きな人は絶対に聴かねばならない最凶時期の大傑作3作品セットdeath!!!



delirium-zzooouhh.jpg

・DELIRIUM - Zzooouhh 2CD 税込2,160円 (Memento Mori)

2011年にMemento Mori Recordsからリリースされて当店でも大ヒットしたオランダ・デス・メタルの1990年発表唯一のアルバムCD再発盤が、デモとライブも追加したボーナス・ディスク付き2枚組となって待望の再プレス。前回の再発盤でノックアウトされた人も、メガレアなオリジナル盤を持ってる人も、必須のコンピレーションとなっています。


DISC 1
Tracks 1-9 : Zzooouhh" ALBUM (1990)
Tracks 10-12 : "Delirium" DEMO (1988)

DISC 2
Tracks 1-4 : "Amputation" DEMO (1989)
Tracks 5-11 : Live in Aalst, Belgium (1991)


ドゥーム・デス・メタル・タイプのバンドなんですが、これはメタル・クラスティーズにも非常に懐かしい感触でしょう。もう、まるで後期DEVIATED INSTINCTまんまなCELTIC FROSTishスロウ・デスメタルで激渋!!DEVIATED INSTINCTのGuttural BreathをさらにCELTIC FROST影響下デス・メタル寄りにしたような感じで、疾走パートもかなりCELTIC FROSTしてるので、OBITUARY信者にもグッとくる要素があると思います。もちろんWINTERファンなどは興奮せずにはいられないスロウネスです。後期DEVIATED INSTINCTが表現していたクラストコアのステンチ・スロウネスは、デスメタル・バンドがドゥーミーに演奏してるのとは似て非なるモノでしたが、このDELIRIUMも同様で、モノトーンのズルズル感はデス・メタル・バンドがドゥームをやってるのではなく、どっちかと言うとドゥーム・メタル・バンドがデス・クラストに近づいてしまったような感触で、pre.ELECTRIC WIZARDのドゥームクラスト・デスメタル LORD OF PUTREFACTIONや初期CATHEDRALファンにもオススメしたい感じです。

ジャケ・ブックレットにはメンバーの他に、PENTACLE / BUNKUR / ex.ASPHYXのWannes Gubbels氏とHAIL OF BULLETS / ex.THANATOS / ex.SECOND HELLのStephan Gabedi氏のダッチ・デス・メタル重鎮お二方もコメントを寄せています。オススメです!!




mourningsign-lastchamber-alienor.jpg

・MOURNING SIGN - Last Chamber / Alienor CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

有名無名に関わらずデス/ブラック・メタルの良質作品を再発するThe Crypt / Dark Symphoniesからリリースされたスウェディッシュ・デス・メタルの初期音源集コンピレーションCDです。90年代に活動して、MCDとフル・アルバム2種の計3枚のCDを発表していますが、このCDは1stデモと1st MCDをまとめた全8曲入り。帯付きの限定1000枚リリースです。


Tracks 1-4 : Last Chamber DEMO (1992年)
Tracks 5-8 : Alienor MCD (1993年)


UKのSOLSTICEやACRIMONYなどのエピック/ドゥーム・メタルなどもリリースしていたイタリアのGodhead Recordingsから作品を発表していたバンドで、このレーベルは自国イタリアのPaul Chainや、NEGAZIONE, RAW POWERのようなハードコア・パンクも出していたところです。MOURNING SIGNのデス・メタル・サウンドにも、そういったダイハードなメタル・レーベルではない気風とマッチするような要素があって、テクニカルでプログレッシブなスタイルは、スウェーデンのバンドよりもDark Blasphemiesから発掘されそうなUKデス・メタルっぽい感じ、と言いますか、かなりCARCASSからの強い影響が感じられます。Last Chamberデモのサウンドは、それまでのゴアリーなノイズ・サウンドからプログレッシブな進化を見せた3rdの頃のCARCASSに良く似ていて、グラインド・パートもUKデス・メタルっぽいですし、Alienor MCDになるとHeartwork期のCARCASSにまで踏み込んだようなメロディックでプログレッシブなスタイルになっています。実際、ブックレットに掲載のセルフ・ライナーノートでも、メンバーはCARCASSからの影響を認めていますが、Alienor MCDもHeartworkも同じ1993年ですから、フォロワーの一言で片付かない実力を秘めていたバンドだったのがわかります。



curriculummortis-sentencia.jpg

・CURRICULUM MORTIS - Sentencia De Muerte CD 税込1,728円 (American Line prod.)

1986年結成ペルー・リマ出身クロスオーバー・スラッシュ・メタル・バンドの1988年録音1stデモ音源がCD化。先にアメリカのパンク系レーベルから限定500枚LPでリリースされていましたが、CDバージョンはメキシコのデス・メタル/グラインド老舗レーベル American Lineのリリースです。

ジャケを開くと当時の写真、フライヤー、デモのオリジナル・アートなどが掲載されていて、このインナーを見ているだけでワクワクしてくるCDです。ATAQUE FRONTAL, G3, DESCONTROL, KAOS GENERAL, etc、初期ぺルビアン・ロウ・パンク・ハードコア・マニアにはお馴染みのカルト・バンドと共演が多かったようですが、そのフライヤーの中にHADEZの名前もあったりするから、もうたまりません。この時点で相当なブッコワレ・ノイズ・メタル・スラッシュ・サウンドを想像してしまいがちですが、確かに南米ガビガビ・サウンド全開でバイオレンスなノイジー・スラッシュだけど、楽曲センスは南米ロウ・メタルコア・スラッシュとしてはかなり高い完成度でカッコいい!!ARMAGEDOMのようなSLAYER型ブラジリアン・スラッシュ・メタルがクロスオーバーなセンスも取り入れたみたいで、日本のメタルコアみたいなメロディック・ギターも飛び出すし、ペルーと聞いて思い出すようなグッチョグッチョの濃黒なヤツではなく、初期CogumeloやDevil Discosなどのブラジリアン・クロスオーバー・スピードコア・メタル・スラッシュ好きに絶対オススメです。南米スラッシュ・ファン必聴のグレート発掘盤!!

* ディスクに再生に支障のないキズがありますので、なるべくキレイなモノからお売りしていきます。





satanas-peru.jpg

・SATANAS (Peru) - Blasfemia 7" 税込1,296円 (Putrescense)

1988年~1989年のおよそ1年間しか活動しなかった、超知られざる南米ペルー産ウルトラ・オブスキュア・デス・ノイズ・メタルの唯一の音源、1989年録音デモがUSレーベルから7"ヴィニール化。当時の写真やファンジン紹介記事と思われるものと、メンバー自身によるライナーノートをスペイン語と英語で掲載したインナーも文句なしの出来栄えで、南米メタル・ファンは絶対に大興奮の発掘リイシューです。

メンバーはHADEZとKRANIUMをやっていたVo./ギター/ベース担当のNecronomicon氏と、ドラム担当のBaal氏の2人。Baal氏は殺害されて亡くなっていて、Necronomicon氏が彼に捧げる形でリリースした、とライナーで語っています。当時、ペルーでもほとんど知られることなく消滅したバンドだったけど、海外のデス・ブラック・メタル・マニアとの交流はあったようで、「ブラジル、ヨーロッパ、そして日本では俺達の事を知ってるファンが居た」とも書いてあって、どうやら日本の伝説的ファンジン Satanic Deathでも紹介されたことがあったようです。

SARCOFAGOのI.N.R.I.を聴いて強くインスパイアされて始めたバンドだったということで、サウンドはNECROFAGO, NECROBUTCHER, INSULER, GENOCIDIO, EXTERMINATOR, etcのブラジリアン・デス・ノイズ・メタル・ファンはもう狂喜必至の素晴らしさ!!MORBID ANGELやNUNSLAUGHTERなどにも影響されてたという情報もあり、確かに欧米デス・メタルの構成力を取り入れようてる努力と、デスコア系のハードコア感のミックスのような感覚もあります。ロゴからもセンスも良さがにじみ出ていて、とにかく南米の初期デスコア・メタル・ファンは必聴です。



nucleardeath-forour.jpg

・NUCLEAR DEATH - For Our Dead / All Creatures Great and Eaten CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

1stアルバム Bride Of Insectと2ndアルバム Carrion For Wormが先に再発されて反響を呼んでいるDark SymphoniesによるNUCLEAR DEATHの再発シリーズ第3弾。1992年発表EP For Our Deadと、同年発表3rdアルバム All Creatures Great and EatenのカップリングCDです。帯付きの限定1000枚プレスです。


Tracks 01-04 : For Our Dead EP (1992年)
Tracks 05-15 : All Creatures Great And Eaten ALBUM (1992年)


USアリゾナで活動したバンドで、奇怪なジャケット、地獄のようなサウンド、そしてVo, ギター, ベースを担当した中心人物の女性メンバー Lori Bravoの狂ったキャラクターで、当時から日本でもカルト・マニアックスの間で注目を集めました。オペラを8年間勉強したというLoriと、WITCHFINDER GENERALとRichie Stotts (PLASMATICSのバレリーナ・コスプレのギタリスト)に影響を受けたというギタリストのPhil Hampsonが意気投合した結果、1stアルバムでは7 MINUTES OF NAUSEA, SORE THROAT, AxCxなどのノイズコア・グラインドとの共通点もかなり見出せるグラインド・ノイズ・メタルを生み出していました。For Our Dead EPまではWild Ragsからのリリースで、サウンドも過去2作と同じく、BLASPHEMYがBLASPHEMIAやREENCARNACIONなどの南米アナーキー・デス・ノイズ・メタルと出会ったような最悪の食い合わせがカルト性を高めていました。しかし、このCDでの聴きどころはむしろ3rdアルバム All Creatures Great and Eatenで、この作品からWild Ragsを離れて、そしてオリジナル・ギタリストのPhil Hampsonも遂に脱退してしまい、Loriがドラム以外のギター/ベース/ヴォーカルを全て担当しています。それが音楽性にも絶妙に反映していて、崩壊性がアヴァンギャルドなテイストも帯びています。これが今聴くと凄くちょうどいい!!今聴くと、なんて言っちゃったけど、自分も含めて当時リアルタイムでこの作品までNECLEAR DEATHを追いかけていた人はそうそういなかったとは思いますが、わりと最近まで海外で残っていたExtremist Records盤CDとFrom BeyondからのLPで再発された2002年に聴いた時よりも、楽しみ方がわかってきたような気がします。



hexx-morbid.jpg

・HEXX - Morbid Reality CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

正統派パワー・メタル・バンドとしてスタートし、徐々に過激化していったUSサンフランシスコ・スラッシュ・メタルの1991年発表3rdアルバムが、有名無名に関わらずデス/ブラック・メタルの良質作品を再発するThe Crypt / Dark Symphoniesから帯付きの限定1000枚CDで再発。

先ごろ、まだパワー・メタル・スタイルだった1986年発表2ndアルバム Under The SpellがMetal Bladeからボックスセットで発売されて真性ヘッドバンガーズを狂喜させましたが、Dark SymphoniesがHexxを再発するとなれば、やはりこの最終作(と言っても、2013年から再始動しています)がピッタリです。Wild Rgasからライセンス・リリースもされた1988年発表MLP Quest for Sanityからスラッシュ・メタルになり、この3rdアルバムではさらに過激さを増してデスラッシュっぽさもあるスタイルへと激化しています。目まぐるしい展開を終始畳みかけるようなスピードで表現していて、さらにリフはスラッシュの切れ味そのもので、吐き捨て型のVo.のせいもあって、KREATORやSADUSなどのようなタイプのデスラッシュ好きは必聴の名作!!びっしり書かれたギタリスト Dan Watson氏の超ロング・ライナーノートも根気強く訳して読むとかなり面白そうです。



nocturn-estranged.jpg

・NOCTURN - Estranged Dimensions + Shades of Insanity CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

1980年後期~1990年代初めにかけて活動したオランダのスラッシュ・デス・メタル・バンドが残した唯一のアルバムCDが、7"EP音源もプラスしてDark Symphoniesから再発。帯付きの限定1000枚リリースです。


Tracks 1-10 : Estranged Dimensions ALBUM (1991年)
Tracks 10-12 : Shades of Insanity (1990年)


LP&CD, 7", いずれもドイツのOld World Recordsからリリースされています。Old Worldかぁ・・・。古いハードコア・パンク・ファンならば名前を憶えているか、もしくはカスすぎて絶対に遭遇はしているけど気にも留められたことがないであろう、2ケタ価格処分品特価コーナーの主のようなレーベルから出ていたスラッシュ・デス・メタル・バンドです。ボーナスの7"のジャケなんて、中古コーナーで手に取っても今まで何百回とスルーしてきたことか。でもこのアルバムのジャケには見覚えないし、Old World RecordsでCDのリリースがあったことにも今まで気づかなかったが、このCDがとんでもねー鬼レア・クソレア盤となっているようです(LPや7"はそこまで高額ではないみたい)。内容の方もこのクサレ・ジャケに相応しい熱さを秘めた極上のカルト・デスラッシュ・メタルで、PROTECTORやKREATOR影響下のジャーマン・デスラッシュっぽい感じは、オブスキュア・スラッシュ・メタル・ファンに絶対オススメです。それにしても、時代の流れってのは恐ろしい・・・。これぞキング・オブ出世魚カルト・デスラッシュ!!

Kappunk 2016


kappunk2016.jpg

1Dayパスポート 4,500円 / 3Daysパスポート 10,000円 当店で発売中(フライヤー・ポスター付き)
フライヤー画像をクリックするとオフィシャルHPにリンクします


*4月29日 OPEN11時予定/START12時予定

-LOFT-
NO PROBLEM
BAREBONES
FUNGUS
ロリータ18号
九狼吽 【名古屋】
Punktronica(Nickey and Tatsu)
TURTLE ISLAND 【豊田】
JUNIOR
LTD EXHAUST ?(仲野茂)
Aggressive Dogs a.k.a UZI-ONE【北九州】

-LOFT BAR-
CASAgirls【函館】
ASUKA AND THE BUM SERVANTS
SLANG BOOGIE
TATSU'S DEEP BLUES
BAKI
WOLF & THE GOODFELLAS
THE JET BOYS
BLOW(ex TH eROCKERS 鶴川仁美)
KEITH & BAD EGG(ex ARB)
+桃尻東京テレビジョン+
THE RODEOS
イギリス人

-ACB-
VRoom
SLIP HEAD BUTT
THE ERECTiONS.
CRUCIAL SECTION
FIND THE SPOT【韓国】
ROSEROSE
Dr.BREAKER【出雲】
ORIGIN OF [M]【広島】
BOMB FACTORY
RADIOTS
HAT TRICKERS

-URGA-
SUTU
BURNING SOUL
THE SLOWMOTIONS
HORSE & DEER
WOLFGANG JAPANTOUR【札幌】
SOBUT
RAISE A FLAG
BLACK HUMOR CONTROL【津山】
MUSTANG 【函館】
RUIDOSA INMUNDICIA【オーストリア】

-EARTHDOM-
BLOODY MARY
やさぐれ【横浜】
JABARA
ORGANISM【大阪】
DIE YOU BASTARD!
NUMB
CHEERIO
WORMS'MEAT
BxTxW
THE うんこ
ヒカリノ香車


*4月30日 OPEN11時予定/START12時予定

-LOFT-
SYSTEMATIC DEATH
The STRUMMERS
BALZAC【大阪】
MOSQUITO SPIRAL
QP-CRAZY
AUTO-MOD
アレルギー
奇形児
KENZI & THE TRIPS
Dr.BREAKER【出雲】

-LOFT BAR-
number two
THE DIGITAL CITY JUNKIES
LINK13【千葉】
Gazelle(from ASYLUM)
森川誠一郎+關口博史
FUGU & JAM
QUESTIONS AND ANSWERS
BUILD【熊本】
Oi!VALCANS【札幌】
NO CUT
THE TRASH

-ACB-
VVORLD
STAGNATION
STRANGE FACTORY【福島】
CONTRAST ATTITUDE【三重】
LAST【津山】
RUIDOSA INMUNDICIA【オーストリア】
CRUDE【函館】
LIFE
Unarm
Aggressive Dogs【北九州】
OLEDICKFOGGY

-URGA-
ボンクラ
ザ☆ペラーズ
黄金狂時代
HOWLING GUITAR
SMASH YOUR FACE
SAIGAN TERROR
CHAOS CHANNEL【名古屋】
THE LAST SURVIVORS
THE DISCOCKS

-EARTHDOM-
HELLCHILD
HAZARD
★HISATAKA★【大阪】
FIND THE SPOT【韓国】
RAPPA【盛岡】
MOB47【スウェーデン】
CROSSFACE
惡AI意【北九州】
ガンフロンティア
クルイゴト


*5月1日 OPEN11時予定/START12時予定

-LOFT-
FORWARD
STANCE PUNKS
MEANING
死ね死ね団
恒正彦
マスターベーション
柳家睦 & THE RAT BONES
ニューロティカ
VIVISICK
MOB47【スウェーデン】
切腹ピストルズ

-LOFT BAR-
BEER BELLY
ねたのよい
カブトとヤス&白子
CRACKS
EIEFITS
PINK PARTY POODLES
HELLBENT
PULLING TEETH
ANGER FLARES
雷矢
漁港
流血ブリザード

-ACB-
FIREBIRDGASS
VEIHAIZ
DISTURD【神戸】
SO WHAT【静岡】
COCOBAT
惡AI意【北九州】
THE DISASTER POINTS【大阪】
ゲンドウミサイル
WARHEAD【京都】
THE PRISONER
LOUD MACHINE
FREAKY MACHINE

-URGA-
我流【横浜】
FUCK ON THE BEACH
REDNECKS
FLiPOUT A.A
EF【木更津】
SLIGHT SLAPPERS
SUNSHINE【沖縄】
BLACK AND WHITE
TOM AND BOOT BOYS
XERO FICTION【愛知】

MOONSCAPE - soileddove FLEXI


* 迷子になってたアンチ・ゴスも遂に発見されましたし、最近ちょっと当店で盛り返してきてるブラック・メタル系リリースのグレートな入荷も残ってたし、そして注目の東京メタルコア MOONSCAPEのFLEXIも発売となりましたので、毎週水曜は定休日ですが、先ほどまとめてカートアップしました。


moonscape-soileddove.jpg

・MOONSCAPE - soileddove FLEXI 税込1,490円 (soileddove)

COSMIC NEUROSEのVo.デスロウ氏のレーベルのRoyal Shadowから1stデモを2014年に発表していた東京のハードコア・パンク MOONSCAPEが、2曲入りの片面ソノシートを限定66枚でリリース。ダウンロード・コード付きです。

特別目新しい手法を取り入れてるわけじゃないのに、どこか新しい感覚も漂わせていて、80年代日本のハードコア・パンクから受け継がれるバイオレンスなムードと、現行のアンダーグラウンド・ハードコアの危険な匂いが混ざり合った、これぞ今のメタルコアなサウンドです。王道や古典的手法も取り入れながら、予定調和をぶち壊しそうなスリリングなムードがたまりません。メタルコア・ファン必聴!!


■プロフィール:
前身バンドからメンバーチェンジを経て2013年より活動が具現化、現在に至る。YOUNG LIZARD、ex.quAng duc Asylum、ex.EVIL SCHOOL II、PRIVACYのメンバーにより構成。

混迷極まる現代日本という、最下層の地獄を遊戯し解放する為の手段として、昭和のメタルコア、クラスト、叙情ハードコア、サタニックヘヴィメタル、ポストパンク、ダークウェーヴ、インダストリアルノイズ、ダダイズム、ホラー、サタニズム、オカルティズム、錬金術etc.暗黒音楽及び頽廃文化・藝術からの影響を、曲解・破壊・再構築しながら歪な美を描く"TYO CVLT PUNK SHIT"

Anti-Goth!!


* 1ヶ月以上行方不明だった、というか、単に集積所にほったらかしにされていたNWN!の荷物が遂に到着!!!666!!!昨日、SADITIK EXEKUTION Tシャツご予約の方にはメールを送信しましたので、ご予約されてメール未受信の方がいらっしゃいましたら、お手数ですがご連絡ください。あー、良かった!!



reencarnacion-888-diehardlp.jpg

・REENCARNACION - 888 Metal DIE HARD 2LP 税込4,968円 / REGULAR 2LP 税込2,916円 (Nuclear War Now!)

コロンビアが生んだ究極のカルト・ノイズ・ウルトラ・メタル REENCARNACIONのディスコグラフィー・アルバムが、NWN!からLPも再発!!!888!!!2006年のNWN!2枚組アナログ盤はもちろん廃盤となって久しいですが、当時よりもこういったノイズ・メタルの認知も少しずつ広がってきましたので、アナログ盤の再発を待っていた人は多かったと思います。

LPは2枚組でゲートフォルド・スリーブ、ブックレットとポスター付き。ダイハード・バージョンはゴールド・ジャケ&ゴールド・ビニールで、フェイク・レザー地のビッグ・パッチとステッカーも付きます。レギュラー・バージョンはクリア・ビニールで到着する予定でしたが、届いたらブラック・ビニールしか含まれてなかったので、到着も遅れましたし、今回は相当お買い得な値段にしました。次回入荷はこれより500円くらいは上がる予定です。


Tracks 1-8 : Reencarnacion / 888 Metal ALBUM (1988年)
Tracks 9-11 : Acompaname A La Tumba EP (1988年)
Tracks 12-18 : Concert 1989


これをメタルと呼んだら良識あるメタル・ファンに怒られそうなほどの、理解不可能デタラメ・デストロイ・メタルの最凶カルト・クラシックです。欧米のサタニックなスラッシュ/デス・メタルに影響されたと思える箇所もあるけど、衝動を上回る独創性をブチ込んでしまった結果、まるで小学生がピカソの絵を模倣してしまったような、完全に収拾不能な前衛的変態雑音スラッシュに到達しています。コロンビアのここらへんの連中の凄いところは、他の南米諸国バンドの未完成状態とちょっと違う、根拠のない自信に満ちあふれたような雰囲気が漂ってるので、まるで70年代のプログレ・バンドにもなったつもりかのような、DARK ANGELのTシャツを着てバイオリンやアコースティック・ギターをかかえてのレコーディング風景の写真などを見ていると、腹立たしさを掻き立てられます。しかし、これぞキング・オブ・アナーキー・ノイズ・メタル!!永遠のデストロイ・カルト究極作品です!!!888!!!



necromancy-greece-ancient-lp.jpg

・NECROMANCY (Greece) - Ancient Wrath DIE HARD MLP 税込2,376円 / REGULAR MLP 税込1,944円 / CD 税込1,404円 (Nuclear War Now!)

NECROMANTIAやMORTIFYなどにも在籍したメンバーらが1980年代後期~1990年代初期にかけてやっていたギリシャのブラック・メタル・バンドの1992年録音未発表音源が、NWN!からリリース。本作レコーディング時にVo.が20歳の若さで死去したため、この時のセッションで形となって残ったのはこの3曲のみのようです。ちなみにバンドは2013年から再始動しています。ダイハード・バージョンLPはクリア・ブルー・ビニールで、パッチとステッカー付きです。

1986年に結成されたREEK OF TERRORというバンドを母体としていて、1988年にNECROMANCYと改名。REEK OF TERRORからNECROMANCYの初期にかけてはブラック・デスラッシュなスタイルだったそうですが、この作品から一気にブラック・メタルを強めています。とは言っても、非常にギリシャらしい独特の味わいで、NEROMANTIA, VARATHRON, ROTTING CHRISTなどの初期ギリシャ・ブラック・メタルに共通するぼやけた叙情が、妖しいシンセ効果などもあってDEATH SS, MORTUARY DRAPEのようなイタリアン・オカルト・ホラー・テイストに侵食され、しかしギリシャらしい黄昏ムードも残しているのでMASTER'S HAMMERやROOTのような東欧エピックにも近い形となっています。これは南欧オカルト・ブラック・メタル・ファンにはたまらないでしょう!!ドゥーム・メタルではないけど、PAUL CHAINのファンにもかなりオススメです。



irkallianoracle-apollyon.jpg

・IRKALLIAN ORACLE - Apollyon CD 税込1,620円 (Nuclear War Now!)

前作 Grave Ekstasisが世界中でヒットしたスウェーデンのブラック・デス・メタル・バンドの2ndアルバムです。CDはスリップケース付き。

スウェーデンのバンドと言ったばかりですが相変わらず素性は公表していません。ただ、VASSAFORのVK氏がなんらかの形(担当パートなどは非公開)で関わっているのは確認されています。それを知ると、なるほど、VASSAFORとの共通項は至る所に感じられます。前作1stは、もはや速いとか遅いとか重いとかを超越した圧巻さがオーケストラのようであり、映画のサウンドトラックのようでもあって、世紀末的様相をエクストリーム・メタルで表現したアルバムでした。今回は、1stでは重厚なエフェクトに埋もれて金物系の質感しか耳に入ってこなかったようなドラムの音が、だいぶ生々しい音に変わっています。ドラムの音が変わるだけで、ここまで印象が違ってくるんだな、と思ったけど、楽曲もけっこう呪術的なオカルト・ムードが強まっていて、パートによってはかなりドゥームっぽくなってます。モッサリした感じが強まって、当店的にはだいぶオススメしやすくなりましたが、それよりも個人的には、Lie Cycleの頃の後期NAUSEA NYとか、確かNAUSEA NYの誰かが絡んでたSINみたいな、90年代のインダストリアル・クラスト・ドゥームなんかをフと思い出してしまいました。なんにせよ、1stより断然良いです!!

Black Grim Metal!!


ofermod-mysterion-lp.jpg

・OFERMOD - Mysterion Tes Anomias MLP 税込2,484円 (I Hate)

2005年にNorma Evangelium DiaboliからコンピレーションCDが出ていたスウェーデンの初期ブラック・メタル・バンド MALIGNに出入りしていたメンバーによって1996年に結成。オリジナルは1998年に2曲入りの7"で発表した1st EPが、I Hate Recordsからボーナスを加えた4曲入り12"アナログ盤で再発されました。インナー・スリーブと歌詞インナー付きで、限定500枚ブルー・スプラッター・ビニールです!

MALIGNのCD発売と同時期にこのOFERMODの1st EPも、Norma Evangelium Diaboliから今回と同じ体裁の(カラー盤は存在しなかったですが)ボーナスを追加した4曲入り12"で再発されていましたが、DEATHSPELL OMEGA絶頂期の2000年代ユーロ・ブラック・メタルと共鳴して、そのシーンを象徴したレーベル Norma Evangelium Diaboliからも再発されていたのも納得の、カルトな雰囲気と高い音楽性を備えたブラック・メタルです。ボーナスで追加された2曲は2004年の録音で、再発盤ではありますが、1998年音源と2004年音源の全4曲でトータルな1枚の作品として捉える風な仕様に生まれ変わっていまして、実際、A面の1998年1st EPオリジナル音源からB面の2004年音源への展開に違和感はありません。しかし当時リアルタイムで体験した人にとって1st EPの衝撃は相当凄まじかったそうで、DISSECTIONやDARK FUNERALがフリージングなメロディック感より暴力性を増幅させて直情的にブチまけたような感じだったと捉えられたりしてたみたいです。今でこそ北欧ブラック・メタルの王道のように聴こえるスタイルですが、混沌とした不穏なダークネスを内包しながらも、叙情旋律で構成されたリフで爆発的に疾走する様は、メロディック・デスがオーバーグラウンドなシーンへと浮上していったスウェディッシュ・エクストリーム・メタルをアンダーグラウンドに呼び戻して、なお且つ音楽性と暴力性を両立して深化させようとしたような北欧スヴァート・メタルのプライドがヒシヒシと伝わってきます。もちろんB面の2004年録音も素晴らしくて、特にKhabs Am Pekhtのバイオレントなエピックは、北欧エクストリーム・メタル・ファンを自負する輩ならば震えずにはいられない叙情性を備えた爆発力で極渋!!WATAINともつながってくる人脈のバンドなので、2000年代以降のスウェディッシュ・スタイル・ブラック・メタルが好きな方にもぜひ聴いておいてもらいたい隠れた名作です!!



ofermod-thaumiel-lp.jpg

・OFERMOD - Thaumiel LP 税込2,484円 (I Hate)

1990年代からストリート・ギャングのような生活を送っていた中心メンバーのMichayah Belfagor氏が、2000年代には犯罪組織の構成員となってしまい、拘留と出所を繰り返しバンド活動もままならない状態でしたが、音楽活動に専念すべく2000年代後半に足を洗い、北欧メタルのみならずロック・シーンを代表する大手レーベル Spinefarmと契約して2012年に発表した2ndアルバムです。このI Hate Recordsによる初ヴィニール化は、実は2014年に発売されていたのですが、モジモジしていたら早々に完売して、さすが伝説の多いミュージシャンによるバンドだけあって、熱狂的信者が多いと実感しつつ後悔してましたら、Mysterion Tes Anomias MLPの再発と合わせてめでたく再プレスされました。2ndプレスはクリア・ビニールになってます!!

そのデンジャラスなMichayah Belfagor氏は、1st EPの時はVo.以外の全パートを担当していて、音楽的才能もまた恐るべき人物なのですが、2000年代に入ってからはJ. Kvarnbrin氏という若手ミュージシャンがベースで加入し、この作品ではVo.も担当しています。曲調はズバリ言いまして、超WATAIN!!Moonfog期DARKTHRONEが、DEATHSPELL OMEGAに代表されるNorma Evangelium Diaboli系統の深化を遂げたような感じもありますが、Michayah Belfagor氏はWATAINともつながってますので、やはりこれは2000年代以降スウェディッシュ・ブラック・メタルの王道と捉えるべきでしょう。WATAINがシーンの妬みを一身に背負ってセルアウトやポーザーなどと呼ばれることが多いのに対して、OFERMODのこの作品は信者には異様に評価が高いのが面白いです。それは恐らく、Michayah Belfagor氏のカリスマ性に因るところなのでしょう。



autopsytorment-tormentorum.jpg

・AUTOPSY TORMENT - Tormentorum CD 税込1,728円 (Painkiller)

PAGAN RITES他、様々なバンドで活動するDevil Lee Rot氏が1980年代後期に始動させたスウェディッシュ・ブラック・メタルの2003年発表2ndアルバムCDです。避けて通ってもなんら支障はないかも知れませんが、スウェディッシュ・ブラック/デス・メタルを調べているとしょっちゅう目につくバンドですので、カルトの本質を追及してみたい人はぜひ1度体験してみてください。

もともとDevil Lee Rot氏のソロ・プロジェクト的にスタートしたバンドだったらしく、数あるDevil Lee Rot氏参加バンドの中でも、このAUTOPSY TORMENTが最も古くにスタートしていたようです。HELLHAMMERを祖とするドゥーム・ブラックと、DEATH SS的な極黒オカルト臭が融合し、結果ちょっぴりスカムなテイストすら放出したような、とにかく一聴してキョーレツさが伝わってくるサウンドです。スカスカのチョリチョリ刻みスラッシュ・リフで切れ込んできても、絶対に速いパートに突入しないところとかは本当に最高のセンスで、なんかちょっとArise!の頃のAMEBIXみたいなんじゃないですか?ポンコツ牧歌エピックな2分足らずのショート・ナンバー Death by Metalも最高。やっぱりDevil Lee Rotは凄い!!



autopsytorment-graveyard.jpg

・AUTOPSY TORMENT - Graveyard Creatures DIGIPACK CD 税込1,944円 (Atolinga)

こちらは2005年発表3rdアルバムの、メキシコのレーベルからデジパックで初CD化されたものです。このバンドを今の時代に再発するなんて相当根性の入ったレーベルですが、なかなかどうして、改めて聴いてみると新しい発見があります。1989年のSplattered DEMOとインタビューをボーナス収録した、全19曲入り。

このアルバムはこれまでDeath To Mankindからのアナログ盤でしかリリースされてなかったのですが、過去にそのLPが入荷して聴いた時と印象がまるっきり違って、サウンドは他のAUTOPSY TORMENT作品より各段にダイナミックです。これは恐らくリマスタリング効果でしょう。でもこうなるとちょっと残念なところもあるわけで、あのスッカスカの極悪サウンドが恋しくなるけど、このCDはボーナスの89年デモ音源がエグすぎる!!!AUTOPSY TORMENT本来のチープなサウンドは南米メタルのようなハエが飛び回ってる音みたくなっていて、演奏力も曲も超ゴミ。たぶんリズムはプログラミングだと思います。そしてDevil Lee RotさんのVo.はピッチシフター使ったゲボゲボlowボイスになっていて、これはもう南米ノイズコア・グラインド並みの最下層ゴミ音源!!ラストはイビキで締めくくります。何言ってるかわからないけど、インタビューも明らかにちょっとおかしいぞ。こんな凄いインタビュー、初めて聴いた・・・。ゴミ好きのゴミ人間に超オススメdeath!!!



orcrypt-mercenaries-flyer.jpg

・ORCRYPT - Mercenaries of Mordor CD 税込2,160円 (Iron Pegasus)

OLD FORSETの中心人物であるドラマーのJohn Sexington aka Lord GrondがUglukの名前で始動させたUKブラック・メタル・バンドの9曲入り1stアルバムが、Iron Pegasusからリリース。

OLD FORESTはMEADS OF ASPHODEL人脈らしいフォーク/トラッド要素の強いファンタジックなブラック・メタルですが、このORCRYPTはその流れも踏まえたドラマチックな展開やフォーク基盤の旋律をパーツにしつつも、よりグリムなロウ・ブラック・メタルで、これはまたしても小憎らしいIron Pegasusの鋭い感覚とセンスの良さに悔しくも脱帽せざるをえない、カッコいいブラック・メタル・バンドの登場です!!ファストなパートは控えめのミドル・テンポ中心の曲調が多く、北欧バンドのチリチリ・ノイジーなリフや極寒フリージング・ブラックのような感覚のメロディーとは違うフォーキーなコード・リフとアトモスフェリックな展開で構成しつつ、サウンドは極黒でドッカドカ。Uglukの荒々しいロウ・ドラミングを骨格にしたドス黒さと、流れるような旋律のエピック・メタルとのミスマッチが完璧に極上です。鬱系ブラックやオーバー・プロデュースなリチュアル・オカルト・デスなど、昨今のトレンドとは全く無縁な、BURZUM, ULVER, ISENGARD, SUMMONING, etcのファン必聴のピュア・ゴブリン・ブラック・メタル!!オススメです!!



eurynomos-eyeofthe-ep.jpg



・EURYNOMOS - Eye of the Pantheon 7" 税込1,296円 (Iron Pegasus)

1stシングル Unchained from the Crypt 7"が即完売だったジャーマン・ブラック・スピード・メタルの新作2nd 7"です。一瞬、1stと同じジャケ?、と思ってしまいましたが、BATHORYみたいな悪魔の向いてる方向が逆だし、見比べてみると細部も違ってました。今回も1st EP同様、再プレス無し1度きりのプレスで終了だそうですので、1stを買えた人も逃した人も、まずはポチっといてください。

バンド名見た瞬間に??!!となりますが、ユーロニモウスではありません。ユーリノモス、って読むのでしょうか?1stと似たようなジャケにするところからも、ちょっとジョークのような感じでやってるバンドと思われがちですが、そう言えばHeadbangers Against The Discoを起爆剤にしたブラック・メタル・ミュージシャンによる90年代のスピード・メタル・リバイバルも、最初は遊びバンドのように捉えている人がほとんどだったような気がします。このEURYNOMOSはDESASTERの初代ヴォーカリスト Okkulto氏がシーンに戻ってきて始めたジャーマン・ブラック・メタルということで、1st 7"発表のアナウンスと同時にファンの間で熱い注目を浴びていたバンドです。サウンドもHellbangers系メタルヘッズは狂喜乱舞、そしてヨーロッパ/北欧のブラック・スピード・メタルが好きならば絶対にオススメのオールドスクール・プライド全開!!DESASTERよりももっと80'sスピード・メタルっぽい疾走感とリフで、1st聴いた時はVENOM系ドランクなテイストのない北欧のBATHORY影響下バンドとも通じるところがあるように感じたけど、今回はちょっとCELTIC FROSTに寄ったような曲も印象的です。メンバーのルックスもまた激渋カッコいい!!引き続き大注目デス!!
03 | 2016/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR