RECORD BOY

Death Metal The Brutal Way!!


tyranny-tides.jpg

・TYRANNY - Aeons In Tectonic Interment 2LP 税込2,916円 (Dark Descent)

カルト・ドゥーム・メタル・レーベル Painiacから1st LPを発表していたWORMPHLEGMのメンバーがやってるフィンランドのドゥーム・メタル・バンドの、Dark Descentから発表した2ndアルバムです。先にCDが入荷していましたが、LPも入荷しました。ゲートフォルド・スリーブの2枚組で、ダウンロード・コード付き。カラー盤は存在せず、ブラック・ビニールのみのリリースです。

2005年に1stアルバムを発表していて、フューネラル・ドゥーム・マニアには既に10年前から高い評価を得ていたバンドのようです。クサいドラマチックなメランコリーは一切無いけど、絶望系ドゥームの中に漂う退廃的な暗黒美は、ESOTERICのような恍惚としたアトモスフェリック・フューネラル・ドゥームの感触で、やはりWORMPHLEGMとの共通性を強く感じさせます。ギタリストはWORMPHLEGM以外にも、CORPSESSEDやWeird Truthからアルバムを発表していたPROFETUSでも活躍する人物ですが、荘厳デス・メタリックな感触はCORPSESSEDにも通じます。THERGOTHONやSKEPTICISMなどが起源とされるフューネラル・ドゥームの本家フィンランド流極悪黒性を継承しつつ、現代のリチュアル・デス・メタルともシンクロした作風となっています。WORMPHLEGM, ESOTERIC, LOSS, WORSHIPなどのファンにおすすめデス!!



thirdstorm-taritiya-lp.jpg

・THIRD STORM -Taritiya Me LP 税込2,160円 (Dark Descent)

SARCASMのヴォーカル Heval Bozarslan氏が1980年代にやっていたスウェーデンUppsalaの知る人ぞ知るブラック・ドゥーム・メタル・バンドが2014年に復活。Jimmyというギタリストもオリジナル・メンバーのままで、他はSwedish Death Metal BOOKの著者でありDELLAMORTEやIRON LAMBなどでもおなじみのDaniel Ekeroth氏がベースを担当し、ANGUISHやVETERNUSもやってたDavid Eriksson氏がセカンド・ギタリストで参加。驚いたことに、Jimmy氏とDavid Eriksson氏のギタリストお二人は親子だそうです。兄弟は珍しくないけど、親子が一緒のバンドで活動するのはなかなかありません。しかもJimmy氏がバンドの中心のようですから、他メンバーはやりずらいだろうな・・・。80年代はデモを2本残したのみだったようなので、公式販売リリースはこれが初となります。

しかし、Metal Of Death構成員親子によるバンドという話題性を抜きに考えても、なかなか興味深く聴き応えのある作品です。10分以上に及ぶ長尺ナンバー2曲で構成されたEPで、Metal Of Death一派の特徴であるカオティックなデス・メタルをプリミティブ&邪悪にしたような、まるでMetal Of Death版NIFELHEIMのような独特のノリでスタートしつつ、途中からは完全にANGUISHのようなCANDLEMASS影響下ブラック・ドゥーム・パートへと展開して、これはいいな!!北欧トラディショナルな雰囲気と邪悪Vo.のマッチがとても良くて、ANGUISHファンには絶対おすすめデス!!

アナログ盤はカラー盤は存在せずブラック・ビニールのみのリリースで、ダウンロード・コード付き。ポスター状のインナーもカッコいいです!!



disma-thelost.jpg

・DISMA - The Lost Vault of Chaos 2CD 税込1,944円 (Necroharmonic)

ex. INCANTATIONのCraig Pillard氏がVo.を担当し、ex. CITIZENS ARRESTでFUNEBRARUMのDaryl Kahan氏がギターで参加するニュージャージー・デス・メタルの、2枚組コンピレーションCDがNecroharmonicからリリース。


Disc 1:
Tracks 1-3 : The Vault of Membros DEMO
Tracks 4-5 : The Manifestation 7"
Track 6 : Split 7" w/ WINTERWOLF
Tracks 7-8 : Towards The Megalith BOMUS 7"

Disc 2:
Tracks 1-4 Recorded live on the radio on the Soma Degenerate show WNYU in New York 9-12-09


INCANTATIONの黒い重低音暗黒音壁と、EVOKENにも通じるフューネラル・ドゥーム・デス的な圧巻の荘厳ムードで、EPや1stアルバムも高い評価を得ていますが、The Vault of Membrosデモの音源は、スカンジ・デス・ダイハード野郎、特にDEMILICHやCONVULSEなどの病的low & rawフィニッシュ・デスメタル・ファンも仰天の極悪ダウン・チューンド・デスメタルが最凶です。これだけlowestなのに、ズルズルではなくガリガリした感触でオールドスクール・デス・メタル・リフを連発する様は、デス・メタルと名のつくサウンドが好きな人なら全員「スゲー!!」と感嘆の声を上げてしまうのではないでしょうか。タイトル曲は1stアルバムでも再録されてますが、荒涼としたフューネラル・ドゥーミーな雰囲気の1stアルバムのテイクとまるで違いガリガリに攻撃的で、邪悪グルーミーな極上lowデスメタルに仕上げてます。EP以降の音源は、EVOKENにも通じるフューネラル・ドゥーム・デス的な圧巻の荘厳音壁と、奈落の底に突き落とすようなINCANTATION系の黒い重低音世界、さらにDISCIPLES OF MOCKERYのようなブルータル・デス的激烈パートなど、Craig Pillard氏のデスメタル・ライフ・ワークを凝縮したような壮絶なスタイルを突き詰めていて、ズルズルと激烈, 暗黒の荘厳, 冷徹と叙情, etc、アンダーグラウンド・オールドスクール・デス・メタルを検証する際に必要不可欠なキーワード(要素)が見事なまでに完璧に展開されています。



morpheusdescends-from-ep.jpg

・MORPHEUS DESCENDS - From Blackened Crypts 7" 税込1,080円 (Dark Descent)

初期デス・メタルのカルト・レーベル Seraphic Decayから1991年に2枚組7"を発表していたMORPHEUSを母体とし、その後1992年にMORPHEUS DESCENDSと改名してJL Americaからアルバムも発表するなど、90年代に活躍したNYデス・メタル・バンドの、2015年復活第1弾EPです。過去の全音源をまとめたディスコグラフィーCDボックスが発売されて世界中のダイハードなデス・メタラーを熱狂させていたのも記憶に新しいところです。このEPはそのボックスセットと同じタイトルですが、収録されなかった初公開新曲2曲入り。今回は限定クリア・スプラッター・ビニールで入荷しました。

実にUSの東海岸デス・メタルらしいサウンドで、クォリティーの高さとカルト・アンダーグラウンドなムードを両立させています。ダイナミックでソリッドなサウンドはIMMOLATIONやSUFFOCATIONなどのNYデス・メタルらしい感触ですが、テクニカルなリフ・ワークは完璧にオールドスクールで、NYデス・メタル・ファンはもちろん、GOREAPHOBIAやDISCIPLES OF MOCKERYなど、ペンシルベニアやニュージャージーのデス・メタル・ファンにもオススメの大満足復活作デス!!



pentagramchile-kulten.jpg

・PENTAGRAM CHILE / UNAUSSPRECHLICHEN KULTEN - Split 7" 税込972円 (Iron Bonehead prod.)

へヴィメタルが盛んな歴史ある南米諸国の中でも随一の充実ぶりを誇るチリの新旧スラッシュ/デス・メタルを代表するバンドのSplit 7"が、Iron Boneheadからリリース。

1985年の結成以降、解散と再始動を繰り返しながらもチリアン・デス・メタルのレジェンドとして君臨し続ける
PENTAGRAMは、2012年からPENTAGRAM CHILEと改名しています。SLAYERやPOSSESSED影響下のダークなスラッシュを、南米特有の鈍い切れ味で叩きだしたようなサウンドが世界中のアンダーグラウンド・スラッシュ/デス・メタル・ファンに熱烈に支持されて、80年代後期には既にカルトの称号を得ていました。後にカバーもしてたNAPALM DEATHのシェーン・エンバリー氏らが大ファンだったり、ここ日本でも東京デス・メタル・シーン創成期の関係者の間では「チリペン」などと呼ばれて人気が高かったそうです。このSplit 7"では重苦しい展開も聴かせる新曲 Ritual Human Sacrificeを披露していますが、軸となる疾走パートはもちろん、スロウなパートも全てSLAYER影響下のリフで構成されているところがいかにもチリペンらしいですし、あと、現代的なオーバー・プロデュースとはかけ離れたサウンドを固持しているのが素晴らしい。オーケストラのような音圧のデス・メタルに聴きなれた若い人には非常にモノ足りないでしょうけど、スラッシュ土台のダークなサウンドはやっぱりこういう音の方がオッサンにはしっくりくるのです。

そして現行クトゥルー・デス・メタル最高峰バンドの一つ UNAUSSPRECHLICHEN KULTENは、このSplitではMORBID ANGEL系のカオティックな激烈性よりも、プリミティブ且つメロディックなギターを主軸とした新曲 Baphomet Pan Shub-Nigguraを披露していて、こちらもまたオールドスクール・デス・メタル・プライドをひしひしと感じさせる楽曲&サウンドで素晴らしい!!以前にAFTER DEATHとの素晴らしいSplitアルバムもあったけど、NOCTURNUS関連デス・メタルがロウになったような感じで激渋です。



chthelist-le-lp.jpg

・CHTHE'ILIST - Le Dernier Crepuscule 2LP 税込3,240円 (Dark Descent)

自主で発表した1stアルバムが評判となり、その後Memento Moriから再発されて以前当店にもCDが入荷していたUSボストンのデス・メタル・バンド ZEALOTRYでギター&Vo.を担当するPhilippe Tougas氏が、故郷カナダのケベックで始めたソロ・プロジェクトが母体となったバンドの1stアルバムです。CDバージョンがProfound Loreから今年初めにリリースされて、既にアンダーグラウンド・シーンで絶賛されている話題の作品で、アナログ盤は2枚組でDark Descentからリリース。ダウンロード・コード付きで、今回は限定カラー・ビニールで入荷しました。

ZEALOTRYも極上の変態テクニカルlowデス・メタルでしたが、このCHTHE'ILISTはより焦点が定まったような混沌テクニカル・デス・メタルを追及しています。ズバリ、完全にDEMILICHウォーシップなスタイルで、クトゥルー・デス・メタルの美学と変態性を、超絶な演奏力で表現しています。ジャジーですらありながらインプロヴィゼーション的な感覚を強調せずに、デス・メタルの構成力と激烈性で非常に統率のとれた作風に仕上げていて、sci-fiデス・メタルの重要なポイントとなる流麗なメロディック・ギター・ソロも完璧。このPhilippe Tougas君、1991年生まれのまだ20代ですが、凄い奴です!!DEMILICHファンはもちろん、TIMEGHOUL, NOCTURNUS, AFTER DEATH, etcのファンは絶対必聴death!!



begrimeexemious-theenslavement-cd.jpg

・BEGRIME EXEMIOUS - The Enslavement Conquest CD 税込1,728円 (Dark Descent)

GLORIA DIABOLIやWEAPONなどでドラムを担当したこともあるL Norland氏らによるカナディアン・ブラッケンド・デスラッシュ・メタルの新作3rdアルバムが、Dark Descentからリリース。INCANTATIONカバーを含む全10曲入りです。

コンテンポラリーでエクスペリメンタルなバンドのクォリティーの高さが印象強い昨今のカナディアン・エクストリーム・メタル・シーンに於いて、恐らく最もオールドスクール・テイストを強く打ち出してるバンドの一つが、このBEGRIME EXEMIOUSだと思います。しかもそのオールドスクール・プライドがとてもオヤジ臭い頑固さを感じさせて、Dark Descentリリースのカナダのバンドと言うよりも、Iron Pegasusから出てる北欧やオーストラリアあたりのガラの悪いデスラッシュ・メタル・ヘッズみたいな雰囲気が好きな人にオススメです。今回はその頑固一徹路線が遂に花開いたような感もありまして、熱血ヘッドバンギング・リフで疾走するデスラッシング・ブラック・パートはURNやFLAMEなどのフィンランド勢を思わせ、CELTIC FROSTパートに突入するとオランダPENTACLEのような雰囲気になりますが、リフもソロも、とにかくまー隅々までオッサンくさい!!前作ではNUCLEAR ASSAULTの、普通の人が飛ばすような曲を敢えて選択して極悪にカバーするという離れ業を披露してたけど、今回はINCANTATIONのImpending Diabolical Conquestを、現代デス・メタルの低音化傾向にアンチするような感触で激烈オールドスクールにカバーしています。URN, FLAME, BESTIAL MOCKERY, SADISTIC INTENT, DESTROYER 666などが好きな人にオススメのブラッケンド・デスラッシュ・メタル・バンガーズ!!



gravehill-death-lp.jpg

・GRAVEHILL - Death Curse LP 税込2,484円 (Dark Descent)

USカリフォルニア・ベテラン・デス・メタル・バンドの2014年発表最新3rdアルバムが、アナログ盤もリリース。歌詞インナーは、Chris Moyen氏の素晴らしいアートワークによるジャケ・デザインと、極悪オヤジ・デス・メタル・ルンキングが激渋なメンバー写真も掲載した両面刷りミニ・ポスター状で、さらにLPはVENOM "Witching Hour"とGG ALLIN & THE MURDER JUNKIES "Kill Everything I Fuck"のカバーも追加した、CDより2曲多い全11曲入り!!ダウンロード・コード付きです。

A389が2011年にヴィニール化再発してた1st EPでは、GEHENNAのVo.であるMike Apocalypse氏がベースVo.を担当していたデス・メタル・バンドで、サウンドもハードコア・ファンにオススメしたいゴリゴリのデス・メタルが魅力です。まるでREPULSIONが整合感を身に付けたような爆走チューンで一気に全開スタートした後も、ストローク・リフでドカドカに突進するデスラッシュ・ナンバーがMASTERを彷彿させるアメリカン・デス・メタルらしいゴリゴリ・ダイナミズムで、最後までこのバンドらしいバイオレントな疾走感で突き進んでいて爽快デス!!スウェデス・テイストはないけど、BASTARD PRIESTのファンの方にもオススメしたい感じです。



graveritual-morbid.jpg

・GRAVE RITUAL - Morbid Throne LP 税込2,160円 (Dark Descent)

MEATHOLE INFECTIONという名前で活動を始めて、メンバー・チェンジを機にGRAVE RITUALと改名し、2010年に1stアルバムを発表していたUSアラバマ出身デス・メタルの、前作1st以来5年ぶりとなる新作2ndアルバムです。今回もDark Descentからのリリースで、アナログ盤はカラー盤は存在せずブラック・ビニールのみのリリースで、ダウンロード・コード付きです。

2010年前後は世界的にINCANTATIONウォーシップ・デス・メタルが猛威を振るい始めた頃で、オーストラリアのIGNIVOMOUS, イギリスのGOAT MOLESTERが改名したGRAVE MIASMA, SSPからデビューしたVASAELETH, そしてUSのFATHER BEFOULEDなど、続々と良質なバンドが名作や話題作を発表していました。それまではRaw War系に近かったプリミティブなデス/ブラック・メタル・バンドやミュージシャンが、進化を恐れずに大作主義傾向に寄ろうとした時、エクストリーム・メタルの枠をも超えて注目されトレンドとなっていたDEATHSPELL OMEGAのようなエクスペリメンタルな方向性は回避しつつ、激烈な轟音と地獄の谷底を表現したような極度の暗黒性がデス・メタル・シーン内で増幅して、2010年前後のアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・シーンは、ブラック・メタルの原始性とデス・メタルの低音化がシンクロした結果、とにかくドス黒い、まさにメタル暗黒時代(低迷という意味ではありません)のような様相でした。

そんな時代に於いて、このGRAVE RITUALはINCANTATIONウォーシップ一派とされながら地味な印象を持っていた人もいるかも知れませんし、そもそも今回初めて知った人も少なくないかと思います。久々となるこの新作を聴いて確信したのは、やはりこのバンドはINCANTATIONウォーシップの現代型エクストリーム・メタルによる轟音化競争のようなシーンにドップリなのではなく、GRAVEやAUTOPSY影響下のオールドスクールなlowデス・メタル・プライドを強くアピールしている点です。ジャリジャリしたギターだったら、かなり初期GRAVEに似た作品に仕上がってたのでは?と思います。音圧勝負ではないlowデス・メタルを求めてる人はぜひチェックしてほしい作品デス!!



horrendous-thechils-lp-yellow.jpg

・HORRENDOUS - The Chills LP 税込2,484円 (Dark Descent)

2ndプレスのイエロー・ビニールで再入荷!ダウンロード・コードも付いています。

Dark Descentが再発したデモテープが素晴らしくかったUSデスメタル・バンドの、2012年発表大傑作1stアルバムです。デモ入荷時はグダグダ説明せずに、とにかく黙って聴いてほしい、とゴリ押しして売り切りましたが、この作品もまたそうしてやりたいくらいに完璧なデスメタルで、コレはもー本当に凄い!!!ルックスが相変わらず冴えないローカル・バンドのような素朴さですが、サウンドはとても1stアルバムとは思えない完成度で、コレでルックスがせめて並みのレベルだったら、デスメタル・スターダム一直線間違いナシのバンドです!!

オールドスクール以外の何物でもないピュア・デスメタルで、スウェディッシュ・デス風味のタッチと叙情が基本でありながら、USデスメタルの起伏の激しさと、あとダッチ・デスメタルっぽい爆裂感もあります。手数で自己アピールするタイプではなく、シンプルながらパワフルなドラミングがボトムを強力に支えて、その土台の上にドラマチックな展開の曲調が見事に決まっています。クラシカルな旋律と泣きのソロも聴かせるギターは実に表情豊かで、起伏に富んだ楽曲を非常にドラマチックに彩っています。UTUMNOやFURBOWLみたいな叙情的且つアグレッシブなデスメタルが好きなら迷いは無用です。絶対に聴いてください。2012年のベスト・デスメタル作品です!!!



horrendous-anareta-lp.jpg

・HORRENDOUS - Anareta LP OXBLOOD SPLATTER VINYL 税込2,700円 / BLACK VINYL 税込2,484円 (Dark Descent)

2009年の結成以降、アンダーグラウンド・シーンで絶賛された1stデモを皮切りに、1stアルバム The Chills, 2ndアルバム Ecdysisと、いずれも世界中のオールドスクール・デス・メタラーを熱狂させてきたHORRENDOUSが早いペースでリリースした3rdアルバムが、アナログ盤も到着しました。昨年CDが先に入荷してきた時から「LPも出たらすぐいきます」と、心待ちにしていた方が数名いらっしゃいましたが、海外でももちろん大反響を呼んでいますし、店内で聴きまくっててもやはり反応してくるお客さんも(当店の人口密度で考えれば)とても多い、今一番注目を集めているへヴィメタル・バンドの一つと言ってもよいでしょう。今回もDark Descentからですが、これはもうMSUOが大嫌いなドイツの某大手あたりが引き抜きたくてウズウズしてるんじゃないでしょうか。相変わらずルックスはライブを見に来たファンよりも平凡なくらいなのでメジャー・レーベルが手を出さないのかも知れないけど、この3rdアルバムは前作Ecdysis以上にオーバー・グラウンドなエクストリーム・メタル・ファンを虜にするであろうオールドスクール・デス・メタル作品に仕上がっています。初回限定OXBLOOD SPLATTER VINYLも無事入荷しました!!

Ecdysisアルバムをソフト過ぎると感じた人には、この繊細なデス・メタル・アルバムは甘すぎると感じることでしょう。とにかく優しくて、切ない・・・。IN FLAMESやAT THE GATESのような北欧型の叙情と、プログレッシブに進化していた頃のフロリダDEATHの融合と捉えるべきなんでしょうが、スロウ~ミドル・テンポのパートを中心にテクニカル&ドラマチックに展開するスリルよりも、たそがれた叙情の方が完全に勝っていて、もはやデス・メタル版シケシケ・エピックといった様相です。とにかく、これはHORRENDOUSの過去作品を聴いてきた人はとりあえず絶対に1度は聴かなければなりません。究極のエピック・デス!!
02 | 2016/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR