RECORD BOY

Japanese Steel!!


apologist-antagonist.jpg

・APOLOGIST - Antagonist CD 税込1,300円 (Black Satan)

Stinger Recordsの名物3" CDシリーズ・オムニバス Sword of ThrashのVol. 6にも参加していたFORCE SKELETORのメンバーが90年代後期に始めたブラック・メタル・バンド APOLOGISTの2016年リリース3rdアルバムCDです。

ルックスはブラック・メタルだけど、明らかにハードコア上がりの暴走デスコア・スラッシュ・サウンドが特徴で、典型的なブラック/デス・メタル・サウンドを求める人よりも、ジャパニーズ・メタルコア・ファンに絶対オススメです。DIE YOU BASTARD!のIron Fist辰嶋氏も絶賛する壮絶なブラスト・ドラミングと、ハードコア的なバイオレンスが破壊力満点!!



funeralmoth-transience.jpg

・FUNERAL MOTH - Transience DIGIPACK CD 税込1,620円 (Weird Truth prod.)

WORSHIPをはじめ、ヨーロッパを中心に90年代にシーンが形成されつつあった海外フューネラル・ドゥーム・メタルをイチ早くキャッチして日本に紹介し、世界規模でフューネラル・ドゥーム・メタル・シーンの繁栄に大きく貢献したWeird Truth prmd.オーナーの藤島氏が率いるドゥーム・メタル・バンド FUNERAL MOTHの、2016年発表限定1000枚デジパック2ndアルバムCDです。

前作から強めたアンビエント要素をさらに尽きつめていて、ジャケの雰囲気からも推測できるような、透明感すら漂う極上の黄昏エピック・エクスペリメンタル・ドゥーム・メタル・アルバムに仕上がっています。もちろんスロウネスはドゥーム・メタルの手法ですが、PINK FLOYD要素を強めていったTimes of Graceの頃のNEUROSISや、CORRUPTEDのファンにもぜひ聴いてほしい入魂の力作です。



deadlyspawn-humiliation-split.jpg

・DEADLY SPAWN / HUMILIATION - Split 7" YELLOW VINYL 税込1,296円 / RED VINYL 税込1,296円 / BLACK VINYL 税込1,080円 (Brutal Art)

先ごろ2度目の日本ツアーを敢行したマレーシアのデス・メタル・バンド HUMILIATIONと、東京ベテラン・デス・メタル DEADLY SPAWNのSplit 7"が限定250枚でリリース。ltd.100枚ブラック・ビニール / ltd.80枚レッド・ビニール / ltd.70枚イエロー・ビニールの3種入荷しています!!!

HUMILIATIONは、IVth Crusade"以降のBOLT THROWER直系重戦車デス・メタル・サウンドで、本家BOLT THROWERからもお墨付きだそうですから凄いです。確かにBOLT THROWER直系ながら、まんまパクリじゃなくて、ASPHYX風に爆走するパートもあったりします。

Me Saco Un Ojoオーナーも好きな日本のデス・メタル・バンドで名前を挙げていたDEADLY SPAWNは、MORBID ANGEL, VITAL REMAINS, DEICIDE, BRUTALITY, etcを彷彿させるアメリカン・デス・メタルのブルタリティーとオールドスクール・テイストの融合型で、Dark DescentやBlood Harvestなどのデス・メタル・ファンには絶対に聴いてもらいたいバンドです。今回はテクニカルな面よりもrawな疾走感を強調してたような新曲? Death Strikerを披露。プレス枚数も少ないですから、ファンは見逃し厳禁です。1stアルバムは完売、2ndアルバムは流通が非常に悪いので、アルバム2種も再発/再プレスを強く望みます!!

Unspeakable Axe!!


当店でもファンの多いUSデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axe商品が各種入荷しました。このUnspeakable Axe Recsは、コンテンポラリーな傾向の強まるDark Descentの主力作品よりも、もっとオールドスクールなスタイルの新人や無名バンドを中心にリリースしています。


encyrcle-st-lp.jpg

・ENCYRCLE - S/T LP MARBLE VINYL 税込2,484円 / BLACK VINYL 税込2,160円 (Unspeakable Axe)

先にCDでリリースされていたデンマーク出身へヴィメタル・バンドの1stアルバムが、アナログ盤もリリース。ダウンロード・コード付きで、限定マーブル・ビニールも入荷しています。

Dark Descent名義ではCRYPT SERMONやANGUISHなどのドゥーム系がありましたが、恐らくこのENCYRCLEがUnspeakable Axe / Dark Descentを含めても最も正統派メタルと呼ぶにふさわしいリリースの第1号ではないでしょうか。スピード・メタルにエピック・メタルのドラマ性も取り入れたようなスタイルで、IRON MAIDEN起源の若々しいパワーとシケ気味のオッサン臭いエピック・メタルの融合がなかなか面白いです。デビューしたての前途洋々な若者にいきなり失礼なことを言いますが、IN SOLITUDEなどの才能あふれる新世代スウェディッシュ・メタルあたりを一線級とすれば、このENCYRCLEは非常にB級臭い80年代クサレの血が脈々と流れているように感じます。NWOTHMのパーティー・ノリもありません。ジャーマン・スピード・メタルのドラマ性と、USエピック・メタルの泥臭さをミックスしたような感じで、Vo.がちょっとOVERKILLのBobby "Blitz"っぽくもあり、疾走感はスラッシュ並みの曲も多いので、日本のスピード・メタル・ファンには人気が出そうです。でも、メンバーのルックスはやっぱりUSバンドとは違う北欧メタルらしいカッコよさで、このルックスを推すともっとヤングにもアピールするかも知れません。とにかく、このカッコいい見た目とオッサン臭さのミスマッチがなかなか面白い新人です。



4doorstodeath-cd.jpg

・V.A. - 4 Doors To Death CD 税込1,836円 (Unspeakable Axe)

デス&デスラッシュ・メタル4バンド収録のCDです。4バンドとも過去に当店に何らかの作品が入荷していたけど、もちろん全て新録未発表音源を提供しています。


1. CEMETERY FILTH - Consumption of Volition
2. CEMETERY FILTH - Dagonian Dialect... the Obelisk Unearthed
3. CEMETERY FILTH - Cosmic Wraiths
4. ECTOVOID - Ash Primordial
5. ECTOVOID - Possessed by Ancient Dread
6. SABBATORY - Ascension to My Holy Tomb
7. SABBATORY - Primordial (MORTUARY DRAPE cover)
8. TRENCHROT - Hell Pilot's Call
9. TRENCHROT - Powerful Kandarian Steel
10. TRENCHROT - Evil Dead (DEATH cover)


ジョージア州アトランタのCEMETERY FILTHは、DEATHとAUTOPSYのミックスど真ん中のような伝統的オールドスクール・アメリカン・デス・メタル。今回の3曲はScreams From The Catacombs TAPEの時よりDEATHウォーシップなリフ・ワークが強まった感がありますが、AUTOPSY型ナーバス・ブレイクダウン・フレーズも相変わらず健在なので、MORBUS CHRONファンにもぜひチェックしていただきたいです。今回参加の4バンドの中で唯一Unspeakable Axe Records初登場となるECTOVOIDは、以前にBlood HarvestからのLPが入荷してたアラバマのバンドです。INCANTATIONウォーシップのスタイルを、現代的にリチュアルな手法を取り入れず、必殺のオールドスクール・リフで叩きつける様に強く好感を抱きます。邪悪ガテラルなVo.もカッコよくて、ペンシルベニアのデス・メタル・バンドが好きな人に絶対オススメ!!後半はSABBATORYとTRENCHROTなんで、ここからはスラッシュ寄りな内容かな?と思いきや、BESIEGEDメンバーも在籍するSABBATORYは重厚ブルータルなテイストが大幅に増強していて、ASPHYXやPESTILENCEファンはノックアウトのゴリゴリ・デスラッシュ炸裂!!MORTUARY DRAPEをカバーしてる点も非常に興味深いです。ラストを締めくくるペンシルベニアのTRENCHROTも、大ヒットした1stアルバムよりも重苦しさが増していますが、スラッシーな疾走感も健在で、カバーもやってるDEATHのEvil Deadに良く表れている、USデス・メタル流叙情メロディーもより強調されていて、ちょっと初期HORRENDOUSのような感覚になっています。

全4バンドともエクストリーム・メタル・シーンのトレンドに左右されないオールドスクールなスタイルで、とても良い内容の4 Way Splitアルバムだと思います。スリーブは各バンドが独立しているので、ジャケが4枚入っています。さらにスリップケースに収まった、仕上がりも文句なしのコンピレーション・デス!!



manicscum-acidic.jpg

・MANIC SCUM - Acidic Remains CD 税込1,620円 (Unspeakable Axe)

USテネシー出身デス・メタルの4曲入り1st CDです。CEMETERY FILTHメンバーが2人在籍していて、CEMETERY FILTH同様にUSデス・メタルの伝統を継承するスタイルですが、こちらはCANNIBAL CORPSE直系の突進型です。リフ・ワークはスラッシーだったり初期DEATHからの影響も感じさせて、ダイナミズムでアメリカン・デス・メタルのブルタリティーを確立させたCANNIBAL CORPSEよりもロウ(生々しさ)も強く、グラインディング・パートは初期デス・グラインドっぽくもあり、これはカッコいい!!CANNIBAL CORPSE型はどうしても大味なブルタリティーに寄りがちだけど、このバンドはオールドスクールな土台とロウな爆裂感のバランスが見事です。なお且つキレ味もバツグン。オススメです!!



unrest-grindcore-lp.jpg

・UNREST - Grindcore LP SPLATTER VINYL 税込2,700円 / BLACK VINYL 税込2,484円 (Unspeakable Axe)

先にCDでリリースされて大好評だったUSペンシルヴァ二ア出身3ピース・グラインダーズの1stアルバムが、アナログ盤もリリース。ダウンロード・コード付きで、限定スプラッター・ビニールも入荷しています。

ギター&Vo.のSteve Jansson氏とベーシストのBrooks Wilson氏は、同じくUnspeakable Axeからアルバムを発表して、オールドスクール・デス・メタル・ファンに高い評価を得ているTRENCHROTのメンバーです。しかも、先に入荷してた1stアルバムが極上のドゥーム・メタル・アルバムで、アダルトな正統派ドゥーム・メタル・バンガーズにこれまた絶賛されている、CRYPT SERMONもやってる2人です。その2人がやってるんですから、このバンド名とタイトルから、安易にDISRUPTを連想してはいけません。このUNREST、完璧なNASUMウォーシップ・グラインドのハイクォリティー・ブラスト・ハードコアで凄い!!いやはや、Steve JanssonとBrooks Wilsonの両氏の実力には脱帽です。ベテランでもこれだけ多彩に、しかも各バンドを最高のセンスでまとめるのは至難の業です。TRENCHROT組ではないですが、NASUM直系のハイパー・グラインドに肉迫してる切れ味鋭いドラミングを叩き出すChris Grigg氏もたいしたもので、作詞とVo.も兼ねています。ストップ&ゴーを多用したハードコア・パンク基盤のグラインドコアを、畳み掛けるような展開とソリッドなサウンドで爆発させていて、叙情的なコード・リフを絡めるあたりも、まるでNASUMそっくりです。グラインドコア・ファン、絶対に注目のデビュー作です!!



ripper-experiment-lp.jpg

・RIPPER - Experiment Of Existence LP SPLATTER VINYL 税込2,700円 / BLACK VINYL 税込2,484円 / CD 税込1,836円 (Unspeakable Axe)

1stアルバム Raising The CorpseがIron Pegasusからライセンス・リリースされて、世界中のスラッシャーから熱い注目を浴びたチリのRIPPERが、Unspeakable Axeから2ndアルバムをリリース。アナログ盤はダウンロード・コード付きで、限定スプラッター・ビニールも入荷しています。

Iron Pegasus盤1st CDにボーナス収録されていたデモ音源を聴くとPOSSESSEDタイプの曲も多く、初期はもっとデス・メタル寄りなスタイルだったのがうかがえました。デス・メタルからスラッシュに変化することが、音楽的な進化なのか、はたまた加齢を口実にした劣化なのかはバンドの実力によるところですが、このRIPPERに関しては激烈に研ぎ澄まされた結果スラッシュ化してきているのが絶対的確実に明白です。プロダクションの向上はアグレッションをさらにバッキバキに攻撃的にしていて、そしてスピードがまたとにかく凄まじい・・・。へヴィメタルやスラッシュで言うところのスピードは一概にしてビートを指すもので、ともすればスピード競争が単なるスネアの連打合戦のようになってしまいがちだけど、このRIPPERの場合はビートのフィジカルな猛速感はもちろんのこと、そのアグレッシブなドラミングとバトルを振り広げる弦楽隊がまた凄いプレイで、ギターの刻みリフの速さも相当驚異的です。しかもこの超絶テクでクランチに走らず直線的リフを刻み倒してくれるから、Schzophrenia ~ Beneath The Remainsの頃のSEPULTURAや、Persecution ManiaのSODOMが1.5倍速になったような暴走スピードです。しかもサウンドの芯を固めるベーシストのプレイも素晴らしく、SADUSのSteve DiGiorgioがMERCILESSで弾いてるような感じです。HYPNOSIAの再来とは良く言ったものです。そう、ホントまるでHYPNOSIA状態の、ウルトラ・グレート・スカル・クラッシャー・アルバム!!!もうあと不安なのは、KETZERみたいに大手に誘われて色気を出さないことだけです。完璧すぎる激烈ピュア・スラッシュ・メタル大傑作!!!
02 | 2016/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR