RECORD BOY

Hardcore Justice!!


bostonstrangler1.jpg

・BOSTON STRANGLER - Primitive LP 税込2,484円 (Fun With Smack)

MIND ERAZERメンバーなどから成るUSボストンのハードコア・パンク・バンドの2012年発表1stアルバムです。既に日本でも高い評価と話題を集めているバンドで、この1stアルバムは発売後早々に入手困難となり一時はプレミアも付いて取引されたそうですが、2014年に再プレスされて、めでたく流通も良くなりました。現行の海外ハードコア・パンク・シーンの状況やウワサを聴いて、ぜひ当店でも1度入荷させてみたいと思っていたバンドでしたので、遅ればせながら入荷できてうれしいです。

X-Claimを中心に盛り上がった80年代ボストン・ハードコアの伝統を継承したスタイルで、熱血テンションとダイナミズム、ともに文句なし、これはカッコいい!!スピード・パートよりもダイナミックな曲調がまさにSSD直系でして、しゃがれたワイルドなVo.は、ゴリゴリ・ブルータル・スカ・メタルコアがストレンジで激渋だったMIGHTY MIGHTY BOSSTONES 1stアルバムの頃のDickey Barret氏(ex.IMPACT UNIT)とBGKのArchie Punker氏の中間のようなカッコよさ。この最高のVo.もこのバンドの個性を高めているのではないでしょうか。キャッチ―さとタフネスのバランスもバツグンです。80'sボストン・ハードコアやUS東海岸のハードコアが好きだった人は、だまされたと思って1度は聴いてみましょう。オススメです!!



bostonstrangler2.jpg

・BOSTON STRANGLER - Fire LP 税込2,484円 (seld release)

こちらはバンド自身による自主リリースの2014年発表2ndアルバムです。

X-Claimを中心に盛り上がった80年代ボストン・ハードコアの伝統を継承したスタイルで、熱血テンションとダイナミズム、ともに文句なしカッコいい!!スピード・パートよりもダイナミックな曲調がまさにSSD直系だった前作1stよりも突進するスピードコア・スラッシュ・ナンバー連射なので、FU'sやNEGATIVE FX寄りになったように感じさせる作品ですが、カッコよさに変わりはありません。Glueのようなイントロで始まるCall to Armsなんて、A面ラストに収録という点からも、恐らくJERRY'S KIDSのRaise The Curtainを狙ったような叙情的ナンバーで抜かりないバツグンのセンスです。しゃがれたワイルドな声が渋すぎるVo.は、BGKのArchie Punker氏にさらに似てきている気がします。ボストン・ハードコアのみならず80年代のハードコア・パンクが好きな全ての人にオススメのバンドです!!



reproach-despair.jpg

・REPROACH - Despair / Shittown CD 税込1,080円 (Crew For Life)

息の長い活動歴を誇るベルギーのハードコア・パンク・バンド、Crew For Lifeからは2作目となる2016年作シングル。

衰え知らずのボストン・ハードコア型熱血テンションにNEGATIVE APPROACH的シンプル且つアングリ―な楽曲と、初期からまったくブレることなくベテランの活動歴に達していて、もはやこの怒りまくりパワーにも強い説得力を感じます。CITIZENS ARREST、OUT COLD、VOORHEES等のアングリ―・スラッシュ・コアに燃えたファンはもちろん、90年代初期ヨーロッパのスラッシュ・コア/SxEバンドファンも是非聴いていただきたい、これぞピュア・レイジング・スラッシュ!!

Metal Deadness!!


humiliation-battalion.jpg

humiliation-under.jpg

・HUMILIATION - Battalion CD 税込1,296円 (Deepsend)
・HUMILIATION - Under the Siege of Invasion CD 税込1,296円 (Deepsend)

2016年3月に2度目の来日ツアーを間近に控えているマレーシアのデス・メタル・バンドの2014年発表5thアルバム Battalion CD と、2015年発表6thアルバム Under the Siege of Invasion CDです。SIGHのScron Defeat2枚組デジパックCDやCIANIDEのHell's Rebirth CDなど名作の再発盤も好評だったUSデス・メタル・レーベル Deepsend Recordsからのリリース。今回は来日記念特別価格です。

IVth Crusade"以降のBOLT THROWER直系の重戦車デス・メタル・サウンドで、本家BOLT THROWERからもお墨付きだそうですから凄いです。確かに直系ながら、まんまパクリじゃないところが、恐らくBOLT THROWERから気に入ってもらってるのでは?と思わせるような申し分のない聴きごたえで、BOLT THROWER型のリフや叙情的なギター・フレーズだけでなく、ASPHYX風に爆走するパートもあったりします。BOLT THROWERファンのみならず、COFFINSのようなハードコア・クラスト的な感触のデス・メタルが好きな人にオススメのグレート・アジアン・デス・メタル・デス!!



putridyell-eatenalive.jpg

・PUTRID YELL / EATEN ALIVE - Vicious Manifestation of Horror and Death SPLIT 7" 税込972円 (Iron Bonhead prod.)

Psychedelic Lotus Orderからの単独7"が最凶の渋さだったEATEN ALIVEと、本作が初レコード・リリースとなるPUTRID YELLの、チリ・デス・メタル2バンドによる限定500枚Split 7"です。チリのデス・メタルはデスラッシュ系が日本では人気が高いけど、この2バンドはUSと北欧の初期デス・メタルが好きな人にはぜひチェックしておいてもらいたいサウンドで、まだマニアックな存在でさほど注目を集めてはいませんがオススメです。

PUTRID YELLは南米デスの鈍さは身についているものの、曲調と感触は完全な初期スウェディッシュ・スタイルで、ツイン・ギターのソロもフレーズからトーンまで、NIHILISTタイプのスウェディッシュ・デス・メタル・ファンにはたまらないサウンドです。欧米のスウェデス・ウォーシップ・バンドよりも腐敗臭が強いのも素晴らしい。これはぜひともアルバムで聴いてみたいバンドです。

PERVERSORや現ATOMIC AGGRESSORメンバーも在籍するEATEN ALIVEは、AUTOPSY影響下のスロウなスタイルに、GRAVEのようなスウェディッシュ・デス的陰鬱さもプラスして、SWALLOWEDやKRYPTSなんかのフィンランドのグルーミー・デス・メタルが好きな人も要注意のバンドです。



invocationspells-descendent.jpg

・INVOCATION SPELLS - Descendent the Black Throne CD 税込1,836円 (Metal Command)

チリ出身デスラッシュ・メタル・バンドの2015年発表アルバムCDです。この作品が2ndアルバムになるようで、Hells Headbangersからもライセンス盤が出ていますが、今回はDEKAPITEDのアルゼンチン盤CDもリリースしているMetal Command Records盤での入荷になります。

またしてもポッと出ながら素晴らしいバンドの登場で、チリのデス・ブラック/スラッシュ・メタル・シーンの層の厚さには毎度驚かされます。ドイツのNOCTURNALのようなDESTRUCTION影響下のデスラッシュなんですが、リフはさほどこざかしくなく鋼鉄感の強いヘッドバンギング・リフの連発で、ANGEL DUSTとWHIPLASHの中間のような感じです。しかもMOTORHEAD型スピード・メタル/初期スラッシュ・メタルを彷彿させる2バス連打のドラミングが最高にカッコよくて、まるでPERVERSORがジャーマン・メタル化したみたい!!これはノーシードながら大注目のチリアン・デスラッシャーの出現です!!



doomortalis-theunknown.jpg

・DOOMORTALIS - The Unknown Somber Magnetism CD 税込1,620円 (Embrace My Funeral)

Blood Harvestなどからの素晴らしい作品が過去に入荷していたNECROCCULTUSのメンバーが新たに始めたメキシカン・デス・メタル・バンドです。以前カセットで入荷していた5曲入りのデビュー・デモがCDバージョンもリリースされました。

メンバー構成を頼りにチェックした方の期待を裏切らない内容で、ちょっと大げさに言いますと、今後のデス・メタル・シーンの動向を占えるのでは?と思えるほどカッコいいです。昨今の大作主義的サウンドスケープ・デス・メタルや、エクスペリメンタル要素も導入したコンテンポラリーなデス・メタルとは無縁のダークネスで、必殺のデス・メタル・リフで構築されたダーク・デス・メタルは、現代のデス・メタルのドローン化傾向に真っ向から張り合ってように感じられるほど、手法が古典的且つ冷徹なデス・メタルです。リハ音源だからか、90'sデス・メタルのオブスキュアなデモ音源を聴いてるようにも錯覚するほど王道のパターンの応酬で、激情して暴走するパートも少なく感情を押し殺したように淡々と突き進む様は、スウェディッシュ・デスのグルーミィーなタイプや、BOLT THROWERフォロワー・バンドにも通じるところがあります。Vo.の呪術的なムードも、メキシカン・デスならではの原始的なカッコよさを増強させています。

今後のデス・メタル・シーンの動向を占える、ってのはやっぱり大げさですが、数年前のAUTOPSYトレンドから、FATHER BEFOULEDに端を発してENOCOFFINATIONが開拓した、INCANTATION起源lowデス・メタルを極端に解釈したタイプや、Raw War系とドローン系がリンクしたようなここ最近のNWN!やDark Descent系など、デス/ブラック・メタル・シーンでもトレンドは移り変わってるけど、そんな激しい状況の中に常にいると、こういうスタイルには安堵感すら感じてしまいます。このバンドにはぜひアルバムを発表して、ガツンとシーンの動向を変えてもらいたいです。



karnarium-tank.jpg

・KARNARIUM - Tank Pa Doden CD 税込1,728円 (Embrace My Funeral)

PAGAN RITES, CHURCH BIZZARE, FUNERALなどのメンバーらによるスウェディッシュ・デス・メタルの、メキシコのレーベルからリリースされたコンピレーションCDです。


Tracks 1-2 : S/T 7" (2004年)
Track 3 : 未発表 (2001年)
Track 4 : Split TAPE w/ BETRAYED (2002年)
Tracks 5-6 : Breaking the Manakles of Malkuth DEMO (2000年)
Track 7 : 未発表 (2000年)
Track 8 : DISASTROUS MURMURカバー (2001年)
Track 9 : DEMO #1 (2000年)


結成10年目の2008年にBlood Harvestから発表した1stアルバムで、近年のオールドスクール・デス・メタルの傾向とも言える、伝統を現代的な空気で表現したコンテンポラリーなスタイルにも接近した、Metal Of Death一派にも通じる邪悪テクニカルなスウェディッシュ・デス・メタル・バンドですが、初期はモサモサ・ダークネスが中南米デス・メタルにも通じる鈍くロウな感触がありました。このコンピレーションCDは、その初期の音源が楽しめて、スウェデス・ファンよりもSHUB NIGGURATHのような中南米テクニカル・デス・メタル好きに断然おすすめデス!!



necrochakal-profanation.jpg

・NECROCHAKAL - Profanation of the Gods LP SPLATTER VINYL w/PATCH 税込2,592円 / BLACK VINYL 税込2,484円 (Weird Face prod.)

SLAUGHTERED PRIESTメンバーらによるギリシャのブラック・デスラッシュ・メタル・バンドの、2014年にCDで発表した初単独作EPが、MORBID SAINTのDestruction System LPを再発したWeird Face prod.からヴィニール・バージョンがリリース。ltd.100枚スプラッター・ビニールとltd.150枚ブラック・ビニールの計250枚プレスで、スプラッター盤はジャケにナンバリング入りでパッチも付いています。

ギリシャのバンドはスラッシュもデスもブラックも日本ではまだまだマニアックで地味な存在がほとんどですが、このバンドも80'sスラッシュ・メタルを土台にしたユーロ・ブラック・デスラッシュ好きならば申し分ないサウンドです。SLAYER, POSSESSED, KREATOR型のスラッシュ・リフで構成された楽曲を、最近だとチリのPERVERSORが確立したMOTORHEADルーツの2バス連打ドラミングでパワフルに叩きまくっていて、これ、チリ出身とか言われたら日本でも一気に人気が出てくるタイプでしょう。整合感もちゃんとありますが、デスラッシュ・リフとアグレッシブなドラミングが、初期デモ時代のVADERを彷彿させる、なんて言ったら怒られますでしょうか?とにかく、初期デスラッシャーは必聴デス!!



skelethal-insterstellar.jpg

・SKELETHAL - Insterstellar Knowledge of the Purple Entity MLP 税込2,484円 (Iron Bonehead prod.)

PulverisedからのディスコグラフィーCDが先に入荷して大好評だったフレンチ・デス・メタルの2014年発表2nd MLPです。もちろんディスコグラフィーCDにも収録の音源ですが、ワックス・マニアからのリクエストもありまして、遅ればせながらアナログ盤も少し入れてみました。CARNAGEカバー含む全5曲入り。

日本でも人気の高い初期スウェディッシュ・スタイルのデス・メタルだけど、ENTOMBEDタイプと言うよりもNIHILIST直系と言いたくなる、80年代後期ハードコア・スラッシュの延長線上に生まれたようなsvart deathrashです。AUTOPSY系のlowシックネスもあるし、フロリダDEATHのようなフレーズも飛び出します。日本で求められるのがメタルの大味さならば、DISRUPTEDのようなスウェディッシュ・スタイルの方がいいでしょうけど、ハードコアのロウネスを求めてるステンチ・デス・ヘッズには絶対にこっちのバンドをオススメします。ストローク・リフでスウェディッシュっぽくやると後期ANTISECTみたいに聴こえてくるし、フロリダDEATH型の曲はBASTARD PRIESTの2ndにも近い気がします。1st MLPではSACRILEGEのカバーもやってたので、やっぱりハードコアも根っこにあるのかも知れません。オススメdeath!!

SKULL BLOODY SKULL 2016



skullbloddyskull2016feb26.jpg

skullbloodyskull2016feb26-merch.jpg

After a decade of lying under the grave, the legendary punk metal live event “SKULL BLOODY SKULL” is back!!!!!!!!!!!!

2016年2月26日金曜日AT 西荻Pit Bar
 
SKULL BLOODY SKULL 2016

出演

・TERROR SQUAD

・ISTERISOMO

・Asocial Terror Fabrication(A.T.F.)

・God Admires The Evil Soul(G.A.T.E.S)

OPEN 19:00 start 20:00
CHARGE 1500JPY
会場がBarなのでNO drink charge!!よって飲み物全般は別途Barのカウンターでお求めください。


約10年の時を経て知る人ぞ知るPUNK、METAL企画SKULL BLOODY SKULLの復活です。何かと縁深い、メタルアナーキーのTERROR SQUAD,ハードコアパンク最早ベテランのISTERISMO,昨今、日本で最もlate 80sUKハードコア影響下サウンドを叩き出すA.T.F、そして今回、この企画をさせて頂くメタルパンクのG.A.T.E.Sの4バンド、それぞれの世界で一寸の隙も無いライブをお届け致します。

企画SKULL BLOODY SKULLと言えば、当時、棺桶型のフライヤーを配布することでも有名でしたが今回は棺桶型のフライヤーではありません。生きとし生ける者として通常のサイズで製作しました。が、この棺桶内部のデザインは何時もの感じでフライデーナイトメア!とFRAMTIDのJACKY CRUST WARにデザイン依頼し製作して貰いました!やはり感触が伝説の大阪クラスト企画final noise attack風でカッチョいいです。そして今回、少なからずお問い合わせを頂いている粗品ですが、80年代の海外のMETALのフェス何かには良くあった所謂GIG PATCHを製作しました!要はフライヤーのワッペンです。そんなの要らない!という人の為に一般的なデカギグバッチも製作いたしましたので入場の際、パッチかバッチかどちらかをお選び下さい。あなたの上着やカバンにこの日を刻み込んで頂けたら幸いです。どちらも数に限りがありますので選択不可能な場合、又は配布終了!?も可能性としては考えられますが、その際はご了承願います。もしもお客さんが10人だったら両方2個づつあげます(笑)

2016年2月26日金曜日を西荻PIT BARで僕たちと共にサラッと濃厚に、記憶にそして心に残してみませんか?皆様のご来場お待ちしています。

After a decade of lying under the grave, the legendary punk metal live event “SKULL BLOODY SKULL” is back!
Our close metal anarchy gangs TERROR SQUAD, the veteran hardcore punk experts ISTERISMO, the late 80’s UK hardcore influenced lads A.T.F, and we, the curator and the host of this event and …, in a word, a metal punk band G.A.T.E.S.
All four bands will submit the perfect live sets with their own style.
Coffin shaped flyers were the symbolic item for SKULL BLOODY SKULL show but we have decided to make regular sized flyers for this time. The interior of a coffin image was specially designed by Jacky crust war(FRAMTID) as we asked him to make something cool as Friday nightmare! It reminds us of the legendary Osaka crust punk gig “FINAL NOISE ATTACK” flyers and it’s bloody cool.
We are planning to give away something at the show and we have already received some inquiries about it, we have made flyer design patches. It is so called “GIG PATCH” which used to be quite popular in 80’s metal scene and often given away at metal festivals.
For those who are not interested in patches, we have made large GIG badges, too. You can choose a patch or a badge at the door. If you put any of them on you jacket or bag or whatever as the unholy memory of the show , we’ll appreciate it so much.
Both are limited. We hope you will understand that you may not get what you prefer or anything. If only 10 people showed up, we will give you two each of them, ha!

Feburary 26th, 2016, let’s spend the Friday night together with us and grave the memory deeply into your heart. We are looking forward to seeing you at PIT BAR in Nishiogikubo!!

(Futatsugi MFG)

Raw is War Metal!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかったメタル系商品のカート・アップを先ほど完了しました。点数はさほどありませんが、久しぶりにゴリゴリ激烈鋼鉄オンリーです!!受注メール返信対応は木曜日以降になります。



bestialwarlust-vengeance-lp.jpg

・BESTIAL WARLUST - Vengeance War 'Till Death LP 税込3,240円 (Iron Bonehead prod.)

CORPSE MOLESTATIONを前身とし、VOMITORのHellcunt氏がドラムを担当した、伝説のオーストラリアン・ウォー・ブラック・デス・メタル BESTIAL WARLUSTの初期名作2種がIron Boneheadから待望の再発。その名の通り、ベスチャル・ウォー・メタルの代表格でありながら、2000年代中期にオランダのレーベルがLP再発して以降は長らく入手不可能で、そのオランダ盤LPも今や人気のレア盤と化してます(しまった・・・手放してしまっていた・・・)。こちらは1994年発表の1stアルバムです。2006年オランダ盤再発の時はピクチャー盤でしたが、今回はレギュラー・スリーブでポスター&ステッカー付き!!

CORPSE MOLESTATION時代のプリミティブなテイストの名残もある、OZバンド特有のノーマーシーなブラスト・デス・メタル全開の名作で、BLASPHEMYから黒いモッサリ感を抜き、代わりにマッドマックス的にすら感じさせる灼熱の肉体派バイオレンスで容赦なく叩きだすブラスト・デス・メタルは、聴いててまるでマシンガンで蜂の巣にされてるような感覚に陥ります。



bestialwarlust-blood-lp.jpg

・BESTIAL WARLUST - Blood & Valour LP 税込3,240円 (Iron Bonehead prod.)

こちらは1995年発表の2ndアルバムで、ポスターとステッカー付き。1stの阿鼻叫喚カオスがほんの少し整然とされた感があるので、初めてトライする人にはこっちの2ndの方がオススメな気がします。ハードコア・パンクとSODOMを核にしたSARCOFAGO, グラインドコアとBATHORYが基礎だったBLASPHEMY, その2大バンド要素にノイズコア・スカムを注入したBEHERITの3大ベスチャル・デス/ブラック・メタルよりも、ハードコアのバックボーンは希薄ながら、REVENGEやCONQUERORなどのカナディアン・グラインド・ブラック・デス・メタルとの共通点も感じさせます。ベスチャル・デス/ウォー・ブラック・メタル信者は全員必聴命令の最重要バンド!!



archgoat-theapocalyptic.jpg

・ARCHGOAT - The Apocalyptic Triumphator CD 税込1,728円 (Soul Erazer)

フィンランド・ブラック・デス・メタル ARCHGOATの2015年発表最新アルバムが遅ればせながら入荷しました。ARCHGOATはこのところフランスのDebemur Morti Productionsからのリリースが続いてたけど、世界最高ランクであろうフランスの国際便送料の高さと円安のダブルパンチで長らく踏み切れませんでしたが、そうこうしてるうちにブラジルからこのライセンス盤がリリースされて、結果的にかなり安く入荷できました。

初期から極上のモッサリ感を貫いてきたARCHGOATの真骨頂とでも言うべき完成度とサウンドで、発表直後から高い評価を得ている傑作です。背徳のスロウ・パートと真夜中の布団叩きのごとき鈍さの重黒ブラスト攻撃というARCHGOAT節が、もはや最高の復活作だったBEHERIT "Engram"の退廃美ブラック・メタルと、DEMILICHやCONVULSEなどのフィンランド・デス・メタル・レジェンドによる病的なlowグルーム・デス・メタルの融合のような域にまで達している、と言ったら大袈裟すぎるでしょうか?しかし、これぞスカンジナビア最凶スカム・メタル大国フィンランド!な味わいが随所に感じられる、極上のlow-end冒涜デス・メタル傑作です!!



templebelow-dark-lp.jpg

・TEMPLE BELOW - The Dark Goddess LP 税込3,564円 (Iron Bonehead prod.)

正式に公表はされていませんが、BESTIAL MOCKERYとSLAUGHTBBATHのメンバーによるプロジェクトとウワサされるスウェーデン&チリ・ブラック・メタル・プロジェクトの4曲入りLPです。2012年にBlood HarvestからMLPを発表していて、Iron Boneheadから発表したこの新作は2ndリリースになります。トリプル・ゲートフォルド・スリーブでポスターも付いた、かなり豪華な出来栄えのレコードです。

アンビエント・パートなども導入した、昨今のリチュアルなデス・ブラック・メタルらしい黒い静寂さが不気味なサウンドで、IRKALLIAN ORACLEなどのファンも注目に値するバンドかも知れませんが、南米+北欧という興味深いメンバー構成が作用してるからか、叙情性みたいなものはほとんどありません。リフをブラック・メタルから引用してプリミティブな呪術的旋律でオカルティックなムードを高めるのが昨今のリチュアル・エクストリーム・メタルの王道パターンだと思うけど、このTEMPLE BELOWの場合、チリの現行バンドを彷彿させるオールドスクールなデス・メタル・リフが随所に炸裂したブラッケンド・デス・メタルが楽曲の基礎になっています。重さと爆裂感を備えたパワフルなドラミングもカッコよくて、他のオカルト・デス・ブラック・メタルよりもロウな魅力があります。ドイツのSepulchral Voice周辺バンドのファンにオススメです!!



genocideshriens-manipura-lp.jpg

・GENOCIDE SHRINES - Manipura Imperial Deathevokovil: Scriptures of Reversed Puraana Dharmurder LP 税込2,808円 (Iron Bonehead prod.)

2015年のベスチャル・デス・ブラック・メタル全リリースの中で最も話題を集めた作品の一つと言っても過言ではない、スリランカ出身バンドの9曲入り1stフル・アルバムです。アナログ・バージョンは昨年末にIron Boneheadからリリースされました。

End All LifeやAjna Offensiveなどからリリースされてそうなアポカリプティック・デス・ブラック・メタルで、DIOCLETIANがカナディアンの感覚も導入したような冷徹さもあって、スリランカのへヴィメタル・バンド、と聞いて安易に思い浮かんでくるような要素はまるでない、出身地や人種などだけでは説明のつかない素晴らしいブラック・デス・メタル作品です。とは言え、やはりスリランカにエクストリーム・メタルをこれだけのクォリティーで制作できる環境があるのか?などの疑問は尽きませんが、シーンの最先端でリチュアル・オカルト・メタル・トレンドに呑みこまれた連中が失いかけている野蛮性が、結局はこういう辺境の地とか発展途上国のバンドによってでないと目覚めさせられないという現状を、欧米の連中はもうちょっと危機的に感じたほうがいいかと思います。リチュアルやオカルトの名目で加熱するオーバー・プロデュース・デス・メタルに飽き飽きしている者にとっても非常に刺激的な、2015年ベスチャル・デス・ブラックを代表する名作!!

Back For More!!


possessed-demonic-boxset.jpg

baphometsblood-insatan-lp.jpg

1週間前に入荷したFloga RecordsからのPOSSESSEDのLP+TAPEボックスセット、さらには先日入荷して早々に売り切れたIron BoneheadからのBAPHOMET'S BLOOD関連各種とICE WARの再入荷のお問い合わせを少なからずいただいていますので、現在再オーダーを手配中です。ご予約をご希望の方は、上の画像からリンクしてご予約受付商品一覧に進み、カートご注文願います。

実はPOSSESSEDのボックスセットはブラック・ビニールもホワイト・ビニールもFloga Recordsでは同じ値段で販売していますので、初回入荷時はブラック・ビニールの方の値段をかなり切り詰めて販売しました。さらに言いますと、Iron Boneheadはシステムが変わり、値段の面で以前よりもかなりやりにくくなりまして、恐らく他店さんも手をこまねいているところだと思います。前回はけっこうな枚数かき集めてオーダーして(まだアップしてませんが、デス/ブラック系のIron Bonehead商品も一緒にオーダーして到着していますので、それらは近日中に販売開始したいと思います)、それなりの価格で販売できましたが、もしかしたら初回入荷時よりも少し値段が上がるものがあるかも知れません。POSSESSEDのボックスセットは税込12,000円~13,000円前後、BAPHOMET'S BLOOD LP各種は税込価格2,000円台後半、ICE WAR 7"EPは1,000円台前半と、なんとか初回入荷時と大幅に変わらない値段でいけるよう頑張りますが、あまりにも値段が前回より高くなりそうな時には、ご予約いただいたお客様には前もってお知らせ致します。

ご希望の方は通常のカート購入と同じように、ご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れてください。また、このところ、予約オーダーした方でも未精算のトラブルが残念ながら発生しています。このご予約商品も他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、必ずこの商品のみでカートを進めてください。何卒宜しくお願いします。

Metal Hard!Speed Free!


baphometsblood-insatan-lp.jpg



・BAPHOMET'S BLOOD - In Satan We Trust LP CLEAR VINYL 税込2,916円 / BLACK VINYL 税込2,700円 (Iron Bonehead prod.)

2006年にブラジルのレーベルから1st LPを発表して突如出現したイタリアン・スピード・メタル BAPHOMET'S BLOODの、前作12"EPから5年を経てIron Boneheadからリリースした4thアルバムです。今の時代、5年も音沙汰無いと忘れられちゃうし、本人達もテンションが続かなくて大体は消滅したりするものですが、BAPHOMET'S BLOODは違いました。ギター/ボーカル/全曲作詞作曲を担当する中心人物のNecrovomiterror氏は、NWN!からのリリースで日本でもベスチャル・デス・メタル・ファンに人気のあったBLASPHEMOPHAGHERではドラムを担当していましたが、そのBLASPHEMOPHAGHERも2012年に活動を停止して、BLASPHEMOPHAGHERとBAPHOMET'S BLOODの両バンドで良き相棒だったR.R. Unholy Bastard氏もBAPHOMET'S BLOODから脱退。Necrovomiterror氏の近況で伝わってきたのと言えば、アニキと慕うFINGERNAILSのギター&Vo.のAngus氏とのプロジェクト WHISKY & PAINで2012年にミニLPを発表したくらいでしたが、そのWHISKY & PIANも期間限定プロジェクトだったのか、その1枚っきりで終了。しかし、5年前から20代には見えなかったNecrovomiterror氏はさらに威圧感を増して帰ってきて(このルックスでなんとまだ32歳!!!!!1983年生まれって、ホントか・・・?)、BAPHOMET'S BLOOD自体も路線はなんら変わらずに、完璧すぎる大成長を遂げて帰ってきました。

イタリアからBULLDOZERチルドレン・スピード・メタル・バンド登場!!といった感じで、1stアルバムが入荷した時から、日本ではかなり話題となったバンドです。チョリチョリした軽くて粗い直線刻みのロッキン・スピード・メタルを立て続けに連発する様は、偉大なるイタリアン・スラッシュ/スピード・メタル先人バンド BULLDOZERやFINGERNAILSをフル・リスペクトして影響されまくってるのが明らかでしたが、今回はその軽さが爆走ドライブ感に変わっていて、そしてそれが完璧に成功しています。初期BULLDOZERを通してアルジー・ワードに出会ってしまったような、TANN型の男の哀愁メロディーとドライブ感が見事にマッチしていて、スピード・メタル・バンドとして世界的にトップ・クラスのセンスと実力を備えていることを実証していますし、もうこの際、物議を醸しだすようなことを言わせてもられえば、復活後のFINGERNAILSアニキよりも数倍MOTORHEAD, TANK直系ロッキン・スピード・メタルとして完成されてしまっている!!!毎度ツウな選曲でマニアをうならせるカバー・ソングは、今回はハンガリーのFARAOの"Eleg"なる曲を披露してますが、これがまたメガ渋カッコいい!!

初回は1000枚プレスで、ltd.300枚クリア・ビニールとltd.700枚ブラック・ビニールの2種あります。本作含めてフル・アルバムは4枚ですが、今まで1度もCDはリリースしていなく、もちろん今回もCDは出ていません。そこを持ち上げて褒めてあげる必要はないと思いますが、三十そこそこにして圧倒的すぎるNecrovomiterror氏のこのルックスを見ても、この人のオールドスクール・プライドを貫くへヴィメタル・スピリットに一切ブレがないのが良くわかるかと思います。もうC.M. / N.B. / M.B. あたりに引き抜かれてもおかしくないようなスピード・メタル一級品となってきたけど、Necrovomiterror氏がこのルックスで勝負する限り心配無用でしょう。この見た目でメジャー行ったら、逆に痛快だ!!全R&Rファン必聴と言い切ってしまいたい、極上のMOTORHEADウォーシップ・アルバム大傑作デス!!!



scumripper-tape.jpg

・SCUMRIPPER - S/T TAPE 税込1,080円 (Caligari)

このところ小康状態だったデス・メタル・パンクでは久しぶりに注目を集めているフィンランドのバンドの1stデモです。2015年にデジタル・リリースされてマニアックなファンの間で話題となっていたもので、このたびUSのレーベルから限定200本のプロコピー・カセットでアナログ・フォーマット化されました。カセット・シェル本体とスリーブをオレンジで統一してファクトリー・シールドされた、仕上がりもなかなか良いリリースです。

スウェーデンのMODORRAやノルウェーのLOBOTOMIZEDなど、北欧のデス・メタル・パンクはアクの強い個性派が魅力的ですが、それらのバンドに共通するのは、母国や近隣スカンジナビアのデス・メタル・レジェンドよりも、サイコなスカム・カルチャーの中で育まれたUSデス・メタルに傾倒している点です。このSCUMRIPPERも、フィンランド・デス・メタルやフィンコア・パンク・スラッシュ、スウェディッシュ・デスなどの要素はほとんど感じさせない、REPULSIONの汚濁リフとフロリダDEATHのちょうど中間のような整合感をAUTOPSY型のドカドカ・ドラミングで支えた感じで、デビュー・デモながらとてもよくまとまっています。曲はどれもデス・メタルの長さではなくて非常にコンパクトで、DARKTHRONEを通してたどり着いたようなCELTIC FROSTパートや、あとちょっとANTI-CIMEXっぽいリフのラストの曲あたりがメタルパンク要素を感じさせます。このへんは、UKブリストルのSALUTEやスウェーデンBASTARD PRIESTの2ndなどが好きな人にもアピールするかと思います。

地元ではBONEHUNTERやSTENCH OF DECAYなどとも共演してるようで、今後に期待大のバンドです!!



lucera-blackzuco.jpg

・LUCERA - Blackzuco LP 税込2,160円 (Cenizas)

90年代初期にコロンビアで結成されて、98年に1度解散した後、再結成後はUSに移住して活動を続けるブラック・メタル LUCERAの2011年発表2ndアルバムがヴィニール・バージョンもリリース。インナーの類は無く、350枚プレスのようです。

当店には過去に3rd CDとSABBATとのSplit CDが入荷してたバンドで、パンキッシュなドライビング・ブラックをメチャクチャな演奏で聴かせるバンドですが、この2ndは前に入荷してた2作品の比ではない脱力感が全開です。CELTIC FROSTからパンク期のDARKTHRONEが継承したパンク・ブラックを基礎に、BATHORY系のイーヴィル・テイストをミックスしたような感じで、キャッチーさとやる気のなさとイーヴィルな要素がそれぞれ全く溶け合ってなく、聴いてて非常に不快です。しかし、それこそこのバンドの思うツボなのかも知れません。AMMITやSHITFUCKERなどとコロンビアン・メタル特有のムチャククチャさの融合、といったところでしょうか。Colombian Cocaine Metal since 1992 などというおっかねーキャッチコピーも掲げてます。



saccage-vorace.jpg

・SACCAGE - Vorace CD 税込1,620円 (PRC Music)

2012年の1stアルバムCDがヒットしたカナダ・ケベック出身クラスト・スラッシュ・メタルの、2014年に7"で発表したEPにボーナスも加えた9曲入りCDバージョンです。

パンク・シーンにも近いところに居るデスラッシュ・メタル・バンドで、サウンドにもかなりハードコア・パンク・テイストがあります。へヴィでザクザク・バイオレントなTOXIC HOLOCAUSTみたいなデスラッシュは、BASTARDATORなどよりもかなりスラッシュ・メタリックで、尚且つSLAYER影響下クラスト・デス・メタルのような感じです。北欧のデス・メタル・パンクとはまるで違う感触だし、Unspeakable Axeのバンドのようなのともちょっと違った、Razorback近辺のクラスト・デス・メタル・ファンにオススメです!!



icewar-battlezone.jpg



・ICE WAR - Battle Zone 7" 税込1,296円 (Iron Bonehead prod.)

日本のパンク・ファンにも人気上昇中のZEXがすこぶる好調だってのに、Joがまた新たなバンドを始動!!GERM ATTAK, BASTARDATOR, IRON DOGS, etc、話題にはなってもなかなか長続きしないのが彼の難点ですが、このICE WARはJo氏の独りバンドで、パンクのZEXとは違う方向性の、もっとマニアックな、所謂クサレ・メタル路線を突き詰めたプロジェクトのようです。CRYSTAL PRIDEのカバー含む全3曲入り、限定300枚プレスです。

残念ながらIRON DOGSは解散してしまっていて、このICE WARはIRON DOGSを継承する形で始めたようです。しかしIRON DOGSのようなパンク・テイストはほぼ皆無で、パンキッシュなスピード感やノリの良さではなく、シケたメロディーの哀愁80'sメタル路線を突き詰めています。ただ、彼のマニアックな感覚と80年代の音楽に対するストイックな姿勢は並みではないので、IRON DOGS聴いて「メタルも80年代風のヤツはなんか懐かしさがあっていいな」と感じたパンク・ファンにもぜひ聴いてもらいたいサウンドです。サンプル貼った曲なんか、ZEXの疾走ナンバーとまるで一緒の方法論ですね。生きのいいカナダの若さあふれるNWOTHMとかのファンじゃなくて、HELVETES PORTやBORROWED TIMEなどのファンにオススメしたい感じです。今後も大注目です!!

SADISTIK EXEKUTION - 1986 T-SHIRT pre-order


sadistikexekution-1986-ts1.jpg

sadistikexekution-1986-ts2.jpg

・SADISTIK EXEKUTION - 1986 T-SHIRT (ご予約受付商品)

Euronymous氏が愛用していたことでもおなじみのSADISTIK EXEKUTION Tシャツのクラシック・デザインが、Nuclear War Now!からオフィシャル再販されましたので、ご予約をお受けして入荷させたいと思います。

サイズはS / M / L / XLの4種で、Gildanボディ。値段は2000円台中~後半くらいになるかと思います。ご希望の方は通常のカート購入と同じように、サイズとご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れていただきたいのですが、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、必ずこの商品のみでカートを進めてください。

DEMONCY Tシャツは予約募っておきながらSサイズが全滅で1枚も入荷できませんでしたが、今回のTシャツは今まで以上にご要望通りに入荷できない可能性の高い人気デザインです。完売の場合はご容赦願います。2月20日(土)の20時でご予約は一旦締め切ります。

Metal Deadness from the Graves!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかったメタル系商品のカート・アップを先ほど完了しました。受注メール返信対応は木曜日以降になります。



mefisto-2016.jpg

・MEFISTO - 2.0.1.6 This Is the End of It All... The Beginning of Everything... CD 税込1,836円 (Vic)

仰天の復活作ーーー!!!BATHORYに次いでスウェーデンでブラック・メタルのルーツとなったサタニック・スピード・メタルをイチ早く実践されたとされるカルト・バンド、MEFISTOが再始動。ベースとVo.を兼任していたSandro Cajander氏を除いて、Vo.兼任となったギターのOmar Ahmed氏と、ドラムのRoberto Granath氏はそのままに、新ベーシストを迎えた3人編成です。マスタリングはDan Swano氏が担当。初期曲の再録2曲も含む全10曲入りです。

とりあえずタイトルも意味深とは思えないくらいダッサイので期待はしていませんでしたが、大手ではなく初期音源集を再発したVic Recordsからのリリースとなれば、やはり1度は聴いてみなければ、と思い少し入れてみましたが、これはモノ凄いゾ・・・。一言で言えば完全な勘違い復活なんですが、あまりの気合の入りっぷりなので、これはもしかしたらVENOM "Calm Before The Storm"やCELTIC FROST "Cold Lake"のように、信者からは後に高い評価を得ることになってしまうのかも?と深読みしすぎてしまいそうになるくらい、とにかく気合満点です。自ら立候補したか、「おい、お前やってくれよ」とご指名されてウキウキor渋々やったのか、Dan Swano氏がマスタリングを担当した経緯はどのようにでも憶測可能だけど、1つだけ言えるのは、演奏の面ではDan Swano氏が断る理由のないクォリティーのへヴィメタル作品だという点です。

MEFISTOのサウンドはもともとBATHORYよりもスラッシーで、特に1stデモはVENOMなどの影響よりもMETALLICA影響下のユーロ・スラッシュみたいな感じでしたので、仮にあの延長線上で2016年までしぶとく生き延びてたなら、こういうゴリゴリのブルータル・パワー・スラッシュ・メタルになっていても全く不思議ではありません。そんなバンド、世界中にゴロゴロ居ます。そう言う意味では、勘違いと言うよりも、浦島太郎的な復活作でもあります。ただ、あまりにも神格化されすぎていた存在だったので、80年代MEFISTOとのギャップが凄すぎるのです。正統派メタルを土台にしたモダンなブルータル・スラッシュ全開で、しかしスウェディッシュ・デス・メタルの始祖ともされたドラマ性は超エモーショナルに深化していて、USストーナー・メタルのようなアダルトでソウルフルなギターや、メロスピとか知らない者にとってはジャパニーズ・メタルみたいに聴こえてしまう必殺メロディック・ソロなど、モノ凄いテンションで自らのルーツをぶちまけたような、かなりムチャクチャやってるモダン・スウェディッシュ・デスラッシュ・メタル作品です。しかも、「マザファッカ!」とか言われたら失笑せざるを得ないところですが、もしかしたら、笑ったら殺されるような怖い先輩バンドなのかも知れません。BLACK UNIFORMS, DRILER KILLER, ANTI-CIMEX, MODERAT LIKVIDATIONなどで活躍した極悪メタル・パンクス Cliff Lundberg氏が、BLACK UNIFORMS時代にこのMEFISTOのTシャツを着ていましたが、確かにCliff氏が大好きそうな悪さは今も全開です。



asphyx-embracethedeath-tape.jpg

asphyx-embracethedeath.jpg

・ASPHYX - Embrace The Death 5xTAPE BOXSET 税込3,996円 (Floga)

先日入荷して反響を呼んだPOSSESSEDのボックスセットをリリースしているFloga Recordsによる得意のカセット・ボックス・シリーズ、と言っても出てるのはPOSSESSEDとこれだけだと思いますが、オランダ・デス・メタル代表格 ASPHYXの、昨年2015年に発売されていたカセット5本組セットです。3本セットだったPOSSESSEDのThe Tape Collectionよりボリュームのある5本セットで、トランプか高級なチョコレートでも入ってそうな雰囲気のボックスに収まっています。


Tracklist

"Enter The Domain" DEMO (1988年)
1-A1. Enter The Domain (Intro)
1-A2. Vault Of The Vailing Souls
1-A3. Cadaver Camp
1-A4. Thoughts Of An Atheist
1-A5. Countess Bathory
1-B1. Enter The Domain (Intro)
1-B2. Vault Of The Vailing Souls
1-B3. Cadaver Camp
1-B4. Thoughts Of An Atheist
1-B5. Countess Bathory

"Crush The Cenotaph" DEMO (1989年)
2-A1. Crush The Cenotaph
2-A2. Rite Of Shades
2-A3. Abomination Echoes
2-A4. Thoughts Of An Atheist

"Mutilating Process" EP (1989年)
3-A1. Mutilating Process
3-A2. Streams Of Ancient Wisdom

"Embrace The Death" ALBUM (1990年)
4-A1. Intro
4-A2. Embrace The Death
4-A3. The Sickened Dwell
4-A4. Streams Of Ancient Wisdom
4-A5. Thoughts Of An Atheist
4-A6. Crush The Cenotaph
4-B1. Denying The Goat
4-B2. Vault Of The Vailing Souls
4-B3. Circle Of The Secluded
4-B4. To Succubus A Whore
4-B5. Eternity's Depths
4-B6. Outro

Unreleased Tracks
5-A1. The Sickened Dwell
5-A2. Embrace The Death
5-A3. Cadaver Camp [Promo]
5-A4. Mutilating Process [Rough Mix]
5-A5. Streams Of Ancient Wisdom [Rough Mix]


本編のEmbrace The Deathアルバムは、1990年に録音されながらも1996年までリリースされなかった幻の1stアルバム用音源で、ex.PESTILENCEのMartin van Drunen氏がVo.で参加する以前の3人編成での録音。この時にVo.を担当しているのは、ベースも兼任の故Theo Loomans氏で、SWAZAFIXもやってた人です。で、この時のASPHYXがまたモノ凄い!!ドゥーム・テイストもある重厚デス・メタルという、ASPHYXの核を濃縮したような暗黒デス・メタルで、他作品では感じられないオカルティックなダークネスが混沌として渦巻いています。退廃的な暗黒美旋律もあって、INCANTATIONやEVOKENがヨーロッピアンな荘厳さも取り込んだような壮絶すぎるお蔵入りアルバムです。しかも御覧の通り、追加音源が初期レアを音源を網羅したような内容で、初期ASPHYXレア音源集の決定版とも言える必殺のカセット・ボックスdeath!!



rouwen-rouwkots.jpg

・ROUWEN - Rouwkots CD 税込1,836円 (Vic)

ETERNAL SOLSTICEとSplitを発表していたオランダ・デス・メタル最古のバンド MOURNINGから発展したバンドが、1997年に残した唯一の音源である6曲入りアルバムCDを、アートワークを変えてVic Recordsが再発。音源がこれ以外なかったバンドのようで、ボーナスはリハーサルと1997年のラジオ・インタビュー音声が追加されています。

Split w/ ETERNAL SOLSTICEでのサウンドは最狂なアヴァンギャルド・デス・メタルだったし、おまけにこのジャケ・アートですから、あまりたくさん入荷させなかったことを責める人はいないと思いますが、やっぱりもうちょっと入れれば良かった?と思わせられる、かなり面白い内容です。やはり90年代らしいアヴァンギャルドなサウンドなんですが、ブルデス・バンドがFEAR FACTORYに触発されてしまったような感じで、しかも馬力が凄まじい!!なんか、品のないDOOMみたいなアヴァンギャルドさも有りで、曲調はデス・メタルと言うよりもけっこうハードコアっぽい部分もあったりするせいか、なんとなくINTEGIRITYとかKEELHAULなどのUSクリーブランドのゴリゴリ・メタルコアなんかも思い出してしまいました。とりあえず、アヴァンギャルド・デス・メタルのリイシューも堪能してる人はぜひこの機会にチェックしてみてください!!



phlebotomized-officiallive-lp.jpg

・PHLEBOTOMIZED - Official Live Tape 1991 LP 税込3,240円 (Dark Recollections prod.)

BACTERIAL DISEASEという名前で89年にオランダ・ロッテルダムで結成されたデス・メタル・バンドの、1991年にカセットでリリースされて友人やライブ会場のみで販売されていたというライブ・デモが、メキシコのDark Recollectionsから限定500枚ナンバリング入りLPで再発。クリア・ビニールで、セルフ・ライナーノートや昔の写真&フライヤーなども多数掲載したインナーも文句なしです。Dark Recollectionsは入れたいモノがもっといろいろありますが相変わらず入手が大変困難ですので、このPHLEBOTOMIZEDはぜひこの機会に入手しておいてください。

ボーナスを加えて初期音源集コンピレーションの形になって、The Cryptからアナログ盤とVic RecordsからCDで再発された Preach Eternal Gospels / Devoted to Godがロングラン・ヒットした、カルト・デス・メタル・マニアに人気の高いバンドです。このライブ音源はその初期音源集には収録されなかった音源で、恐らく他の作品のボーナスなどでも今まで再発されてきてないと思います。プロモ用のデモとは言え、いきなりライブ音源をフォーマット化していたなんて、実力ある昔のバンドにしか出来ないカッコよさですが、これが当時非常に衝撃的なリリースであったのが容易にうかがえる内容で、テレコ録りならではの生々しい音質でありながら、スタジオ作品もまだ出していないバンドが完全に完成されたアトモスフェリック・デス・メタルを表現しきっていて、何とも言えぬ緊張感のあるライブ音源です。邪悪性もあるガテラルVo.と、ミステリアスなキーボードが印象的な起伏の激しいダーク・エピックlowデス・メタルは、DEMILICHがAFTER DEATHと化したかのようで、これはライブを実体験した人は相当ドギモを抜かれたんではないでしょうか?若い人にはちょっと向かないライブ音質だとは思いますが、これは間違いなく素晴らしい!!



assortedheap-theexperience.jpg

・ASSORTED HEAP - The Experience of Horror CD 税込1,836円 (Vic)

オリジナルは1991年に1MFからリリースされたジャーマン・スラッシュ・メタル・バンドの1stアルバムが、オランダのVic RecordsからCD再発。当店の商品解説でも時々出てくるようになってきたレーベルの1MFですが、この作品もTORCHUREなどと同様、オリジナル盤はLPよりもCDの方が桁違いに高額レア盤と化してるようです。リプロ盤の有無については知りませんが、オリジナル以来今回が初の再発となります。1988年の1stデモもボーナス収録した全17曲入り。


Tracks 1-9 : The Experience of Horror ALBUM (1991年)
Track 10-17 : Killing Peace DEMO (1988年)


スラッシュ・メタルの牙城を死守した90年代初期のバンドらしい素晴らしい内容で、初めて聴いたけど、これはなるべくしてメガレア化した傑作です。とにかく突進力がモノ凄い!!80年代のジャーマン・スラッシュ手法ではなくて、Arise!アルバムの頃のSEPULTURAとVIO-LENCEの1stのミックスのようなスタイルで、しかしドラムは猛烈なドタバタ感なところが、ジャーマンならでしょうか。最近のバンドだと、BESIEGEDなんかが好きな人にも絶対オススメです。あと、Vo.がちょっとCASBAH 羽鳥氏っぽく聴こえる瞬間もある渋いタイプです。ジャケのセンス(ワタシはこういうジャケ大好きですが)と裏腹の、超ド級爆走ロウ・スラッシュ・メタル隠れた名盤!!



cianide-deathdoom.jpg

・CIANIDE - Death, Doom and Destruction CD 税込2,160円 (Hells Headbangers)

The Cryptからのアナログ盤再発あたりから日本でも評価が高まっていたシカゴのデスメタル・バンド、CIANIDEの1997年発表3rdアルバムが、Hells Headbangersから再発。2008年にRazorbackから、いかにもRazorbackらしいアートに変更して1度再発されていましたが、今回はオリジナル・ジャケでの復刻で、さらにRazorback盤よりもボーナスを多くしていて、1996年デモも新たに追加されています。


Tracks 1-8 : Death, Doom and Destruction ALBUM (1997年)
Tracks 9-10 : The Truth EP (1998年)
Tracks 9-10 : Rage War 1996 DEMO (1996年)


CELTIC FROST影響下のシカゴ産デス・メタル、この一言だけでデス・メタル・ファンにはもう何も説明する必要のないくらいのサウンドでカルトな人気を誇るバンドです。のっけからスタートするCELTIC FROST型ストローク・リフの鈍走デス・メタル・ナンバーは、かなりSHITLICKERS節となっているのが面白いし、考察を深めると非常に興味深い共通点だと思います。カナダのSLAUGHTERが如実なように、CELTIC FROSTをさらにプリミティブにするとSHITLICKERS型クラストへと化学反応を起こすことがありますが、CIANIDEの場合はそこに地元シカゴが生んだデス・メタル・レジェンド MASTERの原始的デス・メタルも血肉となってるのがよく表れています。実際ボーナスで収録のEPでMASTERのカバーもやってるけど、それはなぜかベタベタしたドラミングで、MASTERの持つMOTORHEADテイストを敢えて殺したようなアレンジになっているのも面白いです。考えすぎでしょうか?いずれにしろ、プリミティブ・デス・メタル・ファン必聴の名盤デス!!

Hardcore Punk Holocaust!!


vaaska-futuro.jpg

・VAASKA - Futuro Primitivo 7" 税込900円 (Vox Populi)

岡山のSKIZOPHRENIAとSplit 7"をリリースしていたバンドで、過去に当店に入荷してたLPやEPも好評だったUSテキサス産スパニッシュVo. D-Beatパンク VAASKAの、間近に控えた2016年2月の日本ツアーに合わせてVox Populiからリリースされた2曲入りEPです。歌詞の日本語/英語訳インサートとステッカーも付いてます。

相変わらずテキサス・ハードコアらしい乾いたサウンドで、ドライブ感と焦燥感が同居したようなサウンドは、今回はPOISON IDEAとTOXIC REASONSのミックスのような感じさえあります。D-Beatファンならずとも、オールドスクールなUSHC好きにぜひとも聴いてもらいたいD-Beatロウ・パンクスです!!



kieltolaki-vapauden.jpg

・KIELTOLAKI - Vapauden Illuusio CD 税込1,500円 (Vox Populi)

フィンランド・ハードコア・パンクの2015年発表2ndアルバム、Vox Populi盤CDです。全14曲入り。

母国語の歌詞のせいもあって伝統的なフィンランド・ハードコア・パンクの継承ももちろん感じさせるけど、楽曲自体はちょっと日本のハードコア・パンクからの影響も感じさせるキャッチーなリフで疾走する曲中心です。バタバタしたドラミングはフィンランド・ハードコアらしい焦燥感を生んでいて、フィンコアとジャパニーズ・ハードコアをミックスしたような緊張感あふれる内容です。Vo.もちょっとSELFISHみたいなストロングさがあります。ちなみにアナログ盤はSELFISHを長年サポートしているFeral Wardから出ています。



lapinpolthajat-3.jpg

・LAPINPOLTHAJAT - Ⅲ CD 税込1,500円 (Vox Populi)

THINK AGAINとのSplitリリースや来日も果たしたSOTATILAのメンバーが在籍するフィンランド・ロウ・パンクの、2015年アルバム、Vox Populi盤CDです。全10曲入り。

フィンランド・パンク以外の何物でもない独特の語感でぶっきらぼう且つ熱くメロディーを歌い上げるVo.が、疾走感満点のハードコア・パンク・チューンに乗った、これぞフィニッシュ・ハードコア・アタック・ロウ・パンクがバリバリ全開です。KOHU-63などのファンにはたまらないでしょうし、3人編成時代の初期RATTUSみたいな感じに聴こえる曲も有りで、とにかくフィンランド・パンク/ハードコア・ファン感激の内容です!!



mercenarias-demo1983.jpg

・MERCENARIAS - Demo 1983 7" 税込1,620円 (Nada Nada Discos / Mouse)

ブラジル・サンパウロで1980年代に活動したパンク・バンドの初期デモ音源が、ANTI CIMEXなども再発していたNada Nada Discosからリリース。ブックレット付きで、Mouse Recordsによる日本流通盤には帯も付いています。

ドラムが男性でフロントの3人は女性。当時のニューウェイブ/ポスト・パンク特有のダンサブルなリズムとクリーンなギター・サウンドながら、そこに「やはりこれが南米か!?」と思わせるような、怒りまくりのオバサン・ヴォイスがブチ切れながら乗ります。南米はプログレもガビガビな音だと思ってた、と、以前に某レーベル・オーナー氏が言ってたけど、ポスト・パンクもこれだけ異形ならば、ガビガビ・プログレもあり得るのかも知れません。さすが南米です!!

DEATH SIDE / CHAOS UK - Split LP SOLD OUT!!


deathside-chaosuk.jpg

・DEATH SIDE / CHAOS UK - Split LP SOLD OUT (Break The Records)

すみません、お問い合わせ殺到していますのでカートアップできずに完売です!!このブログ・アップする以前にお問い合わせいただいている方には、明日までには何かしら返信致します。
01 | 2016/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR