RECORD BOY

True Deathrash Feast!!


* Blackfire見たい!WHIPLASHも見たい!!恒例の大阪スラッシュ・メタル・フェス TTFを応援する意味も込めまして、強力なスラッシュ・メタル・レジェンド作品のご紹介です!!!


possessed-demonic-boxset.jpg

・POSSESSED - Demo-niC 3xLP + 3xTAPE BOXSET WHITE VINYL 税込12,960円 / BLACK VINYL 税込12,204円 (Floga)

AAARRRGGGHHH!!!プロト・デス・メタル・バンドとしてブラック・メタル/デス・メタル・ミュージシャンからもリスペクトされ続ける、ご存じベイエリア・デスラッシャー POSSESSEDの最初期レア音源コレクション・ボックス・セットです!!!初期名作は近年も様々なレーベルからあの手この手で再発され続けていて、Century MediaのLPボックス・セットとか、オリジナル当時のステッカーも再現したレプリカ再発のHigh Roller盤LPとか、各社工夫を凝らして、現代のMusic For Nations / Under One Flagのような存在にならないよう頑張っていますが、なかでも一番すっとんきょうな再発で一番注目を集めたのが、2015年にギリシャFloga Recordsから発売されたカセット3本組の The Tape Collectionボックス・セットでした。1985年1stアルバム Seven Churches, 1986年2ndアルバム Beyond The Gates, 1987年3rdミニ・アルバム The Eyes of Horrorの3種をカセット・フォーマットで再現して、ロングボックスのような箱に収めたもので、他の再発盤はスルーしてきたけど、このカセットボックスは面白いなー、う~ん、どうしようかな・・・、と悩んでるうちに、初回300セット終了、追加の300セットも完売と、世界的にもかなりの反響で終了しました。そしてそのFloga Recordsが調子に乗りつつ満を持してリリースしてきたのが、名作デモ/リハーサル/ライブを収録した、このLP3枚+カセット3本のボックス・セットなのです。


LP1 / TAPE1 : Death Metal DEMO 1984

A1. Death Metal
A2. Evil Warriors
B1. Burning In Hell
B2. Fallen Angel


LP2 / TAPE2 : Rehearsal 1984

C1. Pentagram
C2. Swing Of The Axe
D1. Twisted Minds
D2. Fallen Angel
D3. Satan's Curse

LP3 / TAPE3 : Live 1987 (Fender's Ballroom Long Beach California, MARCH 11,1987)

E1. Beast Of The Apocalypse
E2. Holy Hell
E3. Tribulation
E4. The Heretic
F1. Burning In Hell
F2. Phantasm
F3. Seance
F4. Fallen Angel
F5. Twisted Minds


スイスのHELLHAMMERが参加したせいもあったのか、ヨーロッパではNoise Recordsオムニバスの "Death Metal" LPがイチ早く、そしてUKではONSLAUGHTがPower from Hell LPで、さらには日本でもCASBAHが "Death Metal"と早くから言い切っていましたが、キャッチ・コピーとしての "Death Metal"ではなく、スピード・メタル・スラッシュの音楽性を一段階上のエクストリームを目指して最初にデス・メタルを掲げたのは、やはりPOSSESSEDの1984年デモ "Death Metal"と、フロリダのMANTASによる1984年デモ "Death by Metal"が決定的ではないでしょうか。USデス・メタルの初期型ではMORBID ANGEL, SADUS, XECUTIONER, MASTER / DEATH STRIKE, NECROVORE, NECROPHAGIAなども始動したのはかなり早かったですが、それらのバンドはMORBID ANGELを除けばむしろスラッシュを原始に帰化させようとした手法が主でした。とは言え、SLAYERに「ファッションまで俺たちの真似した若造」などと言われてた通りで、Death MetalデモでのPOSSESSEDはやはり相当なSLAYER直系、しかもShow No Mercy時代(Hell Awaitsが出る前ですから当たり前ですが)のSLAYERインフルエンスもろ出しなダーク・スピード・メタル・スラッシュが確認できます。しかしこれがメガ渋最強カッコいい!!!この頃の最初期POSSESSEDのデモやリハーサル音源は2000年代にブートが出まくっていて、悪名高いポーランド Agonia RecordsからSIDE EFFECTとのSplit 10"で2003年に遂にオフィシャルで出た時は、音飛びも覚悟なほどにプレスが非常に粗悪でした。今回はデモ/リハ/ライブともに文句なしの音質です。

さらに同内容のカセットというのが意味不明のようでありながらボックスセット好きには嬉しいエクストラでして、Death Metal DEMOのカセットはレプリカとしては最高の逸品だと思います。昨今のカセット・リバイバルはNWN!のNo Speed Limitが発端かと思ってましたが、シールドされたこのPOSSESSEDのDeath Metal DEMOカセットを眺めていると、やはりベイエリア・スラッシャーの兄貴 METALLICAのNo Life 'Till Leatherカセット・レプリカ再発がきっかけなのかも知れません。付属のブックレットも当時のファンジン記事/インタビュー/写真をかき集めて、しかし現代の技術による編集を敢えてしてないような、まるで昔のファンジンのレプリカのような作りです。「パンクはC.O.C.が好き、DISCHARGEも好き、D.R.I.は全く聴かない、でもハードコアじゃないけどMENTORSは毎日聴くぜ!!」(そう言えばEl DuceはSeven Churchesのインナーに写ってましたね)と回答するトラオさんなど、当時の記事も面白いものがかなり多いです。でも、極めつけは個人的にはこのジャケです。よくぞこの最初期ロゴを大々的にフィーチャーしてくれました。この最初期ロゴTシャツ、SHELLSHOCKの人とかが着てたけど、昔から全然売ってなかったんです。このところ、ボックスものは予約取って売る安全策でやってきたけど、これは写真見てオーダー決めました。同様のテンションになっていたお客さんはやはりいらっしゃいまして、既に数週間前からご予約もいただいています。ltd.350のホワイト・ビニールと、ltd.650のブラック・ビニールの2種が入荷しました。80'sスピード・メタル・デスラッシャー、狂喜のレア音源集ボックスということで、宜しくお願いします!!!666!!!



viking-nochild-lp.jpg

・VIKING - No Child Left Behind LP RED VINYL 税込2,808円 / BLACK VINYL 税込2,592円 (Floga)

初代リード・ギタリストのBrett Eriksen氏がDARK ANGELに加入したことでも知られるLAスラッシュ・メタル VIKINGの、復活第1弾リリースとなる3rdアルバムです。2015年にCDRプレスの自主制作で発表されていたものを、ギリシャのFloga Recordsが限定500枚でヴィニール化。ltd.300枚ブラック・ビニールとltd.200枚レッド(と言うよりオレンジですが)ビニールの2種入荷しています。

Brett Eriksen氏はもう参加していませんが、とりあえず真っ先に触れなければならないのは、このアルバムでリズム隊を担当しているのは、Mike Gonzalez氏(ベース)とGene Hoglan氏(ドラム)のDARK ANGELのお二人だという点です。念願の来日も果たしたDARK ANGELも兼任している伝説&現役バリバリの強力リズム隊ですし、しかもクレジットを見ると曲作りはVIKING唯一のオリジナル・メンバーであるギター&Vo.のRon Daniel Eriksen氏とGene氏の共作がほとんどです。DARK ANGELは出戻りギターのJim Durkin氏がイタイ奴だったことが最近判明していますが、Gene氏が積極的に曲作りにも関わっているとなると、このVIKING復活作には聴く前から期待が膨らみます。ただ、あくまでもVIKINGはRon Daniel Eriksen氏のバンドであり、それが強く出た作風となっています。プロモ・トレーラーをチェックした時点では疾走感抑え気味の硬質スラッシュ・タッチなパワー・メタルに寄ったかな?と思ったけど、実際通して聴くと純然たるスラッシュ・メタル作品で、昔ながらのかなりのスピードで突っ走るパートもあります。モダンなダイナミズムにも捉えられるパートも無くは無いですが、Ron Daniel Eriksen氏のVo.がガッツ満点のピュア・へヴィメタル・スタイルなので、個人的にはアメリカン正統派パワー・スラッシュを踏襲した仕上がりになっていると感じました。もはやロニー・ジェイムス・ディオみたいなパワフルなコブシも冴えるRon Daniel Eriksen氏のVo.はカッコいいし、Gozalezさんも相変わらずゴンザレスな雰囲気だし、そしてGeneはちょっとドラミングは遠慮気味だけどやっぱ激渋!!



bewitched-pentagram-lp.jpg

・BEWITCHED - Pentagram Prayer LP 税込2,808円 (Floga)

Primitive ArtからのHeadbangers Against Discoシリーズを発端にして、北欧を中心に1990年代に盛り上がったスピード・メタル・リバイバル・ムーブメントの中心に居たバンドの一つ、スウェーデンのBEWITCHEDの初期名作がLPで再発。当店でもアルバム各種を取り扱っていた、大変懐かしいバンドです。オリジナルはOsmoseからのリリースで、この当時のOsmoseアナログ盤は日本ではなかなか入ってこなくて、モノによっては入手にかなり苦労したものです。オリジナル・リリース以来初の再発で、ゲートフォルド・スリーブ/ポスター付きの限定500枚プレス。今回はltd.250枚レッド・ビニールでの入荷です。

BEWITCHEDはNAGLFARメンバーらによるブラック・スラッシュなバンドで、DESTRUCTION型のノルウェー AURA NOIRなどよりも、スウェディッシュらしいBATHORY影響下のブラック・スラッシュに正統派メタルの熱血メロディーをプラスしたようなスタイルです。カルトな地位を確立したNIFELHEIMの影に隠れた感もありますが、北欧ブラック・スラッシュ・メタル・ファンならば絶対に聴いて欲しいバンドです。しかもこの1997年発表2ndアルバムは最高傑作と言い切っても異論はないだろう痛快な内容で、GEHENNAHも真っ青のドライブ感満点爆走ライディングなスピード・メタル全開でホントかっこいい!!ドランクなGEHENNAHより演奏はバツグンにタイトで、改めて聴くとVENOMやBATHORYよりも、まるでBULLDOZERの1stに収録されてそうな極上のロッキン・メロディック・スピード・メタル・チューンを連発しています。オススメです!!

Japanese!!


theshoku.jpg

・the SHOKU (雑喰) - One More Time! CD 税込1,000円 (On The Move)

定期的に自主企画ライブも行って東京で精力的に活動するハードコア・パンク・バンド the SHOKU (雑喰)の7曲入り1st CDです。

ex. BLAZE/ ハンマーのドラマーらが在籍。メタリックに刻んだりもするハードコア・スラッシュ・ナンバーを中心に、ノリのよいキャッチ―さもあるハードコア・パンク・チューンで勢いよく駆け抜けます!!



esperanza-choice.jpg

・ESPERANZA - Choice 7" / CDEP 各税込1,080円 (Kamaset Levyt / Pogo 77)

ex. PERSEVEREのコマツ氏率いる広島ハードコア・パンク ESPERANZAの4曲入りシングルです。アナログ・バージョンはフィンランドのレーベルから、CDバージョンはPogo 77からのリリースで、それぞれステッカー付き。

一口にアタック・パンクと称しても、LAST SURVIVORS, SKIZOPHRENIA, SAVAGES, VEDETTA, etc、日本のバンドの名前を挙げただけでもそれぞれが個性を発揮していますが、ESPERANZAは郷愁も漂う疾走感が最大の魅力ではないでしょうか。北欧トロール系や西独系よりもUK82のルーツにさらに近づいたようなハードコア・パンク・サウンドが今回も切なく爆発していて、CENTIPEDEのSAKURAI氏のコメント通り、これは間違いなく名盤です!!


コマっちゃんと私は古くからの友人でもあるが言葉以上に特有のシンパシーがあるような気がするワケで僭越ながらレビューなるもので一筆添えさせてもらうことになった

ESPERANZA待望の新作音源「CHOICE」が世界に放たれる
静かな興奮と期待感を抱きESPERANZAの新音源を耳から注入する

期待っ?そんなモンじゃなく予想を遥かに超越し熱くなる楽曲の連続!スリリングな疾走感に独特な風味が惜しみなく盛り込まれ癖になるベースライン、キレ味鋭いギターにタイトかつドラマティックなリズムに存在感のあるコマツ節がぶつかりひとつとなる
安易に「名盤」と口にするのは嫌な輩ではあるが「名盤」と言わざる得ない

人物の経緯や歴史、四の五のと言った遠回しな能書きなどは一切不要

RAW PUNK HELL!

時代の流れ、社会の風潮、未だ霧の中の未来
ESPERANZAというPUNK SOUNDフィルターを通過して考えるキッカケを発射しているんだっ

流されずに考える手段と
吸収して変貌する起爆剤をっ!

NOW!だっ!
今、必要な音と今放つべき内容が凝縮されている
キッカケってモンはすぐ近くにあることに気がついたら何か?変わるのに…

SAKURAI(CENTIPEDE)

Metal Deadness!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかったメタル系商品のカート・アップを先ほど完了しました。受注メール返信対応は木曜日以降になります。



misery-insidious-lp.jpg

・MISERY (Australia) - Insidious / Dark Inspirations LP 税込3,564円 (The Crypt)

以前にもThe Cryptから1993年1stアルバムがLP化されていたオーストラリアのデス・メタル・バンドの、これまでCDのみのリリースだったEP 2種をまとめた初ヴィニール化再発です。l今回はブラック・ビニールとブルー・ビニールの2種入荷で、ともにltd.200枚プレスです。


Tracks A1-B1 : Insidious EP (Valve Records 1994年)
Track B2 : Dark Inspirations EP (Subcide Records 1995年)


テクニカルと言うほどではないにしても、起伏に富んだゴリゴリのデス・メタル・サウンドで、93年1stアルバムCDのオリジナル盤は人気のメガ・レア盤です。CANNIBAL CORPSEに代表されるダイナミックなUS東海岸タイプのデス・メタルで、初期SINISTERファンにもオススメできるかと思いますが、爆裂感がやはりダッチ・デスとは異なり、オーストラリアのバンドという予備知識を持って聴くからでしょうか、ABOMINATORあたりのOZデスの肉体的な硬質さもちょっと感じたりもできます。NYデス・メタルの極悪さと、OZデス・メタルの野蛮さを備えた、初期デス・メタルのオブスキュア・カルト・クラシック!!



septicflesh-esoptron-lp.jpg

・SEPTICFLESH - Esoptron LP 税込3,564円 (The Crypt)

90年代ギリシャ・デス・メタルの名作であり、ゴシック・メタル黎明期の異端の傑作ともされるSEPTICFLESHの1995年発表2ndアルバム、The CryptバージョンLPです。過去にアナログ盤はSeason of the Mistから2013年に1度だけリリースされましたが、LP化を待ち望んでいた人にはちょっとガッカリな別ジャケでリリースされていました。このThe Crypt盤はクラシック・エディションと銘打っていて、オリジナル・ジャケ・アートをLPサイズで再現したゲートフォルド・スリーブの限定500枚プレス。ltd.175枚レッド・ビニール / ltd.175枚ブラック・ビニール / ltd.150枚クリア・ビニールの3種でのリリースで、今回はレッド・ビニールとクリア・ビニールで入荷しました。

PARADISE LOST, MY DYING BRIDE, ANATHEMA, etcの英国の気品漂うゴシック・デス・メタルとは一味違う、いかにもギリシャのバンドらしいミステリアスなエピックが充満した作品で、アンダーグラウンド・シーンで崇拝する信者も多い名盤です。キーボードを導入したシンフォニックなタッチながら楽曲はツイステッドな転調で展開していく、どちらかと言えばNOCTURNUSのようなSFデス・メタルと、STARGAZERのようなアヴァンギャルド・デス・メタルがミックスされたようなタイプです。しかもVo.はかなりのlowガテラルなスタイルで、PAN.THY.MONIUMなどの北欧のプログレッシブ・デス・メタルバンドも思わせます。The Cryptのアナログ・リリースを満喫してる人はもちろん、Dark Descentのアヴァンギャルド・デス・メタル作品や、NWN!によるギリシャ・エピック・デス・メタル再発なども堪能している方も絶対に聴いておきたい名作デス!!



pestilence-presence.jpg

・PESTILENCE - Presence of the Past DIGIPACK CD 税込2,484円 (Marquee)

オランダ・デス・メタル代表格 PESTILENCEの1992年オランダと1993年オーストリアでのライブを収録したCDが、ブラジルMarquee Recordsからリリース。どちらのライブもブートレグで流出したことがあるようで、熱狂的なマニアには最高のライブ音源として語り継がれてきたものらしいです。


Live at the Dynamo Open Air ,Eindhoven , Holland , 07/06/1992
1. Dehydrated
2. Chemo Therapy
3. Presence of the Dead
4. The Process of Suffocation
5. Lost Souls
6. Twisted Truth
7. Testimony
8. Chronic Infection
9. Stigmatized
10. Out of the Body

Live in Wels, Alter Schlachthof , Austria ,26/11/1993
11. Mind Reflections
12. Multiple Beings
13. Soul Search
14. Demise of Time
15. Land of Tears
16. Changing Perspectives
17. Spheres
18. Personal Energy


92年ライブがとにかく素晴らしい音質で、これは最高にカッコいい!!オランダの名物野外フェス Dynamo Open Airのライブ音源は好内容で知られていますが、SACRED REICHのAlive ath the Dynamoに燃えたアラフォー・スラッシャーなんかも燃えるであろう完璧なサウンドです。サウンドボード・レコーディングは分離が良すぎて失敗する例もあるけど、強力なボトムと比較的堅実なベース・プレイのリズム隊が縁の下の力持ちに徹していて、重厚リフで構成された2ndまでの曲から、3rdのメロディックなナンバーまで完璧に支えています。Martin van Drunen氏脱退後にVo.も兼任したギタリストのPatrick Mameli氏のVo.も文句なし。1992年のPESTILENCEと言うと、キーボードの比率を大幅にアップしてよりメロディックな面を強調してきた3rdアルバムの頃ですが、レコードではキーボードが要になっているドラマチック・パートをツイン・ギターで叙情的に再現しているところも見事と言うしかないカッコよさです。CYNICとのツアー時の1993年オーストリアでのライブは恐らくオーディエンス録音ですが、こちらも十分良好な音質で、プログレッシブに進化してきた楽曲が生々しい緊張感で再現されています。PESTILENCEファン絶対必聴のグレートなライブ・アルバムです!!



poltergeist-depression.jpg

・POLTERGEIST - Depression CD 税込2,160円 (Marquee)

High Rollerからアナログ盤も再発されて当店ではクサレ・ロウ・カルト・スラッシュ・メタル好きの方に大好評だったCARRIONを母体とするスイスのPOLTERGEISTの初期作品が、ブラジルのMarquee Recordsから再発。こちらは1989年にCentury Mediaから発表した1stアルバムに、ボーナスで1987年1stデモもプラスした全14曲入りです。


Track List:

1.Three Hills
2.Depression
3.Inner Space
4.Writing on the Wall
5.Wheels of Sansara
6.You've Learned Your Lesson
7.Prophet
8.Ziita
9.Shooting Star
10.Strutter [Kiss Cover]
11.Intro (1st DEMO 1987)
12. Prophet (1st DEMO 1987)
13.No More Faith (1st DEMO 1987)
14.Ziita (1st DEMO 1987)


1st, 2ndともにテイチクから日本盤CDが昔出ていて、日本でもそこそこ知名度があるというか、良識あるスラッシュ・メタル・ファンには割と人気が高いようです。TESTAMENTとANTHRAXのミックスのようなスラッシュ・メタルをソツなく演奏していて、ベイエリア・スラッシュ・メタルを一生懸命勉強したようなギター・プレイが涙ぐましいですが、DESTRUCTIONのCracked Brainアルバムにも参加していたVo.のガッツの無さが退屈さを助長しています。ところがボーナスのデモ音源は重厚リフとロウなドラミングが、いかにもユーロ・スラッシュらしく冷たく爆裂していてカッコいいし、そしてあののっぺりしたメロディーのVo.がちょっとジャーマンDARKNESSの1stのようにユーロ・ハードコア・パンクっぽい牧歌風でもあって、このデモ音源はアルバム本編とは裏腹に非常に面白いミスマッチになっています。



poltergeist-behind.jpg

・POLTERGEIST - Behind My Mask CD 税込2,160円 (Marquee)

こちらは1991年にCentury Mediaから発表した2ndアルバムに、ボーナスで1988年2ndデモと1991年プロモ・デモもプラスした全15曲入りです。


Track List:

1.We Are the People
2.Behind My Mask
3.Act of Violence
4.Grey
5.Delusion
6.Drilled to Kill
7.Make Your Choice
8.Chato's Land
9.Still Alive
10.Driftin' Away
11.Writing on the Wall (Writing on the Wall DEMO 1988)
12.Inner Space (Writing on the Wall DEMO 1988)
13.Shooting Star (Writing on the Wall DEMO 1988)
14.Tell Me (Promo DEMO 1991)
15. Those Were Better Days (Promo DEMO 1991)


前作と比べて、つんのめり具合いがかなりユーロ・スラッシュらしい暴走スピードになっていて、リフはやはりTESTAMENTやANTHRAXなどのUSスラッシュを基礎にしてるので、PARADOXがASSASSINの暴走スピードみたいになったようなこのアルバムはなかなか爽快です。弦叩いてベンベン言ってる激ダサなベースの音は、軟派な誘惑の多かった当時を象徴しているし、あとやっぱりどうしても歌を披露したがるVo.もイタイけど、ゴリゴリの暴走パートを聴いてれば忘れられますから、まぁいんじゃないでしょーか。

Japanese!!


noisecircus2.jpg

・V.A. - Noise Circus 2 CD 税込2,000円 (New Smell in.)

Tokyo Sound Systmeシリーズ・オムニバスなどでおなじみの、EXITHIPPIESメンバーによるレーベル New Smell incからリリースされたハードコア・パンク・コンピレーションCDです。当店で取り扱いのあったバンドを挙げますと、精力的に活動する沖縄ノイジー・クラスト・スラッシュ SOW THREAT, 新潟ロウ・パンク SOLPAATOS, 東京産Late 80's UKHCルネッサンス・ウォーシッパーズ FILTHY HATE, 仙台アシッドコア・パンクス EXITHIPPIES, 東京ファン・パンク・スラッシュ SUN CHILDREN SUN, そしてなんと復活の仙台メタリック・クラスト BANISH ARMS!!!岐阜のSDS, 香川のCOSAと並んで日本でメタリック・クラスト・アプローチを早くから実践していたバンドで、新潟のHAKUCHIがBANISH ARMSから強くインスパイアされた話は、日本のクラスト・パンク第1世代の間では有名です。過去曲の新録を収録しています。限定300枚!!


SOW THREAT
1(1~3)
THC.
what's the truth.(chaotic rmx).
under pressure.

DADA FRAMTIDEN
2 wings of the some bird
3 face of death
4 war
5 misanthrope

SOLPAATOS
6 vapaus sota
7 karsia

FILTHY HATE
8 filthy hate 3
9 extreme noise D
10 wall
11 acid reigh in blood.stormtroopers of lawnmower death

LOTUS FUCKER
12 farewell to werch
13 balance of 4
14 lagoon of my my life
15 be the sun
16 angelic voice

MUTANT ITCH
17 nuclear treat
18 ugly laughter

CHAOS DESTROY
19 a comedy of errors

EXITHIPPIES
20 singin'in the acidrain 5
21 in deep waters~stop the test use creature

SUN CHILDREN SUN
22 scemo
23 scs wa ohsawagi
24 surt of dye
25 uguisudani sex
26 happy wedding basterd you
27 arakawa h8 crew
28 ichiyoshi bluse

BANISH ARMS
29(1~6)
foolisha fixid ideas.
human imprerielism.
creophagism you try to change.
do your sevir?.
vivisection scientifc frand.
the sadist of one hundred milons



kinggoblin-crypt.jpg

・KING GOBLIN - Cryptozoology CD 税込2,160円 (梵天)

1998年結成の東京オルタナ/プログレ/スペース/ドゥーム・ロック・バンドの2ndアルバムが、マグダラ呪念などをリリースしてきた梵天レコードから発売。ノイズ・ミュージシャンHiroshi Hasegawa(ASTRO)が参加した楽曲や、アメリカのハードロック・バンドMOUNTAINのカバーを含む7曲入り。アルバム・アートはグラインド・ロック・バンド C.S.S.O.の関根澄人氏が担当。7インチ・サイズ・ジャケットです。


バイオグラフィー
1998年東京にて始動。コンセプトは、無数のジャンルに細分化されたメタルの俯瞰視。
紆余曲折の末、2002年にツインギター&ドラムボーカルのトリオ形態となる。
サイケデリックロック、グラインドコア、デスメタル、ドゥームロック、プログレッシブロックを延してパスタマシーンに入れ、太めに切ったようなサウンドが、一部のマニアの琴線に触れる。
この頃は年間50本以上のライブ活動を行い、東京以外の地域にも活動の幅を広げる。
トリオ編成のOUTRAGE、Eternal Elysiumなどのストーナーロックバンドや、豪州グラインドロックバンドBlood Dusterと共演。
2004年頃からは、ギター、ベース、ドラムのオーソドックスなトリオ編成にシフト。
2007年、満を持してのファーストアルバム『Goblin King』をリリース。
この頃より、特撮映画やスペースロックの影響が強まる。
2009年、結成時からのメンバー鈴木雅士(Gt.)脱退。ケリー・チュルコ (Hospital、AKBK)を後任に迎える。
2013年、ケリー・チュルコ闘病のため、マーシー (ex. Inside Charmer)加入。
2014年1月、ケリー・チュルコ死去。
9月より、セカンドアルバムのレコーディングを開始。
2016年2月、9年振りのアルバム『CRYPTOZOOLOGY』をリリース。
Drums/Vocal:荒木直人(1998-)
Bass/Vocal:江原秀年(2000-)
Guitar/Cho:マーシー(2013-)
<ケリー・チュルコ(2009-2014)、鈴木雅士(1998-2009)>

Power Violence Legends!!


grief-depression-lp.jpg

grief-dismal-lp.jpg

・GRIEF - Depression LP 税込2,808円 (Fuck Yoga)
・GRIEF - Dismal LP 税込2,808円 (Fuck Yoga)

初期USクラストコア・パンクを代表するバンドの一つだったDISRUPTのメンバーが1991年に結成したボストン・スラッジ・ドゥーム・メタル GRIEFの最初期作品が、NOOTHGRUSHやコロンビアのHERPESなども再発してきたFuck Yoga Recordsから再発。最初期の彼らのリリースは恐らく自主に近い形だったGrievance Records名義で発表されて、当時からあまり日本に輸入されていなく入手が困難でした。WORLD BURNS TO DEATH / BUTCHERのJack Control氏によるマスタリングで、1st 12" Depression、2nd 12" Dismal、両再発盤共に限定500枚プレスです。

EYEHATEGOD, SLEEPと並んでハードコア・パンク畑から出現した90's USドゥーム・メタルの代表格であり、イギリスのCATHEDRALの存在も考えれば、90年代ドゥーム・メタルは80年代のオルタナティブ/ハードコア・パンクが存在しなければ土台は形成されなかったとも言い切れます。そのルーツになったのはLAパンク・シーンでBLACK SABBATHウォーシップを体現したSAINT VITUSであり、その盟友BLACK FLAG、さらにはMELVINSあたりだったわけですが、初期のGRIEFはSLEEPと同様にMELVINSの要素が色濃く表れています。BLACK SABBATH的な70年代ハードロック・ベースのフレーズはほとんどなく、リズムと言うよりもブレイクの溜めを目いっぱい効かせたような楽曲構成で退廃的なスロウネスを表現しています。隙間を埋めないサウンドがSAINT VITUS的でそれが最高だったと思うんだけど、今回の再発盤はコンプレッサーで圧縮したようなリマスタリングによって、かなり濃密な重厚サウンドで再現されています!!



griel-dismal.jpg

・GRIEF - Dismal CD 税込2,268円 (Fuck Yoga)

1992年にGrievanceから発表した上記2作、DepressionとDismalの2種12"に、1993年発表のSplit w/ DYSTOPIA 7"音源も追加した全10曲入りのCDバージョンも再発!オリジナルはOff The Diskから発展したCommon Causeからリリースされていました。こちらもWORLD BURNS TO DEATH / BUTCHERのJack Control氏によってマスタリングされています。



fearofgod-pneumatic.jpg

・FEAR OF GOD - Pneumatic Slaughter-Extended LP SILVER VINYL 税込2,808円 / PICTURE VINYL 税込2,916円 (F.O.A.D.)

スイスが産んだグラインドコア・カルト FEAR OF GODの、F.O.A.D.による一連の名作再発シリーズの最終作です。オリジナルは1991年にUSのスモール・レーベルからリリースされた1988年ライブ音源で、オリジナル7"ではカットされた音源も追加した17曲をA面に収録。さらにB面には同年ドイツでのライブ31曲を収録した全48曲入り!!今回はltd.200枚プレスのシルバー・ビニールとltd.166枚ダイハード・スプラッター・ビニールの2種での入荷で、ともにゲートフォルド・スリーブでポスターも付いてます。


A1-A17 : Live In Bern, Switzerland AJZ Reithalle 13/2/1988
B1-B31 : Live In Burlandingen, Wester Germany 9/1/1988


メンバーは1stアルバムがヨーロッパ初のデス・メタル・アルバムと評価されたカルト・デスラッシュ・メタル MESSIAHの初期にも参加し、MORBID ANGELの1st EPをリリースした伝説のカルト・レーベル Off the Disk / Splattermaniac Recordsもやってました。メタルとハードコアが入り乱れて、エクストリームなスラッシュへと競い合って進んでいたこの時代を象徴するバンドらしく、このライブでもGAI, MORBID ANGEL, SIEGE, LARMというFEAR OF GODならではの選曲カバーを披露してますし、冒頭からMASTERのイントロを拝借した曲からスタートします。ハードコアとデス・メタルがリンクしたようなショートカット・ロウ・スラッシュ+強烈なガテラルVo.は、初期グラインド・バンドが備えていた革新的精神と原始性がひとつになったカルト・エクストリーム・サウンドで、いつ聴いても最高に魅力的です。



isolationascult-aborticidio.jpg

・ISOLATION AS CULT / ABORTICIDIO - Split 7" 税込1,296円 (F.O.A.D.)

The Hand Of Doomなる人物とCRIPPLE BASTARDSのGiulio the Bastardよるイタリアン2人ノイズコア・ユニット ISOLATION AS CULTと、メキシコのノイズコア・パンク ABORTICIDIOによるSplit 7”が、イタリアのF.O.A.D.から限定200枚カラー・ビニールでリリース。80年代と90年代以降ではノイズコアという呼び名が刺すサブ・ジャンルは違ってきますが、このSplitは新旧ノイズコア対決のような内容です。

ISOLATION AS CULTは全90曲収録というクレジットからもわかるとおりのショートカット・グラインドのオンパレード!!こちらは90年代以降で言うノイズコアではありますが、切れ味バツグンのドラミングを核にしたサウンドはAxCxのようなノイズコアとはちょっと違い、Giulioの崇拝するFEAR OF GODと、Slap A Hamからアルバムも出していたYACOPSAEのミックスのようなプリミティブ・グラインド・ノイズコアです。SORE THROATやVIOLENT NOISE ATTACKなどのファンは興奮のカルト・グラインド!!

ABORTICIDIOの方はDISORDERをルーツにした80年代で言うところのノイズコアの手法に近いですが、そこに近年USでトレンドとなっているローファイ・ガレージとブラック・メタル出現以降のパンク・バイオレンスをトッピングしたような感じです。なのでこのSplit EP、新旧ノイズコア対決と言いましたが、ISOLATION AS CULTの方がもはやオールドスクールなノイズコアで、ABORTICIDIOの方が実は2010年代の最新トレンド・ローファイ・ノイズコア・スタイルとなっております。



cripplebastards-live.jpg

・CRIPPLE BASTARDS - Live To Hate People DIGIPACK CD 税込1,944円 (F.O.A.D.)

グラインドコア・シーンを長年牽引し続けるイタリアのベテラン・バンド CRIPPLE BASTARDSの、1999年にポリティカル・パンク系レーベルからリリースされていたライブ・アルバムのF.O.A.D.再発盤デジパックCDです。このライブ盤は本当に良い内容で、自らのレーベルのF.O.A.D.だけでなく、USレーベルからアナログ盤でも再発されている、CRIPPLE BASTARDSファンのみならずピュア・グラインド・ファンにオススメのアルバムです。

90年代に勃発したパワー・バイオレンスの切れ味と、クラスト・コアや初期デス・メタルを起源とするルーツを見失わずにドイツ辺りで根強く生息し続けたストイックなヨーロピアン・グラインド・コアの完璧な融合と言っても差支えないスタイルですが、ライブで聴くとよりハードコア・スラッシュのルーツが鮮明に表れているように感じられます。音質はもちろんですが、演奏のキレキレっぷりがソリッドですらあってモノ凄い!!

South of Hellish Metal!!


infernalconjuration1.jpg

・INFERNAL CONJURATION - Death Has Appeared CD 税込1,728円 (Utterly Somber Creations)

2010年に1st 7"をBlood Harvestからリリースしていたメキシカン・デス・メタル・バンドの1st CDです。MORTUARYのカバーを含む5曲入りのEPとして2014年に発表されていたものを、1st 7"もボーナス収録した8曲入りにして、シカゴのダイハード・メタル・メキシカン野郎 Utterly Somber CreationsがUSバージョンをリリースしました。

1st 7"ではSHUB NIGGURATHのカバーもやってて、ちょっとテクニカルなリフのロウ・デス・メタルが最初期MORBID ANGELの中南米版みたいなカッコよさだったけど、本作ではさすがにテクはちょっと向上していますが基本スタイルは変わらずで、もうちょっと初期DEATHとAUTOPSYの要素もくっきり出ています。鈍さが中米特有の治安の悪さとAUTOPSY系の中間のような極上の感触ですが、それ以前に1stアルバムまでのDEATHと1stアルバム以前のMORBID ANGELのミックスのようなUSオールドスクール・デス・メタル直系の曲センスがバツグンにカッコいい!!MORTUARYのカバーはこれぞメキシカン・デスラッシュなジギジギ刻みと暴走っぷりが痛快で、途中モロにMERCYFUL FATEなパートも飛び出して、MORTUARYにこんな一面があったのか~、新たな発見もありました。中南米デス・メタル・ファン絶対必聴!!オススメです。



morbosidad-enterrados.jpg

・MORBOSIDAD - Enterrados Vivos en la Tumba de Moscow CD 税込1,500円 (Pestis Insaniae)

USカリフォルニア産ヒスパニック・ウォー・ベスチャル・メタル MORBOSIDADの、2009年ロシアでのライブを収録したCDです。ロシアン・ブラック・メタル・シーンには今でも危険なイメージを抱いてるので、ロシアのレーベルからのリリースとなるとあまり積極的に入れてませんが、近年はベスチャル・メタル系の盛り上がりも定着してるようです。しかしこのMORBOSIDADですら流通激悪で今回まで存在すら知りませんでしたので、やはりロシア盤は手の届く時に押さえてください。SARCOFAGOとBEHERITのカバーも含む全17曲入り、限定500枚。ジャケもカッコいいです。


1. Dios Muerto
2. Ceremonia Con El Diablo
3. Bajo El Egendro Del Crucificado
4. Cadaver Decompuesto En La Cruz
5. Pacto Satanico
6. Sangriento Sacrificio Cristiano
7. War Of Hate
8. Sangrada Cruz Invertida
9. Castration Bestial
10. In My Blood
11. Escupe La Maldita Cruz
12. Infierno Inmortal
13. Morboso Metal
14. Deathrash (SARCOFAGO)
15. Sadico Sacrilegio Nocturno
16. Templa De Lucifer
17. Saloman's Gate (BEHERIT)



perversor-anticosmocrator.jpg

・PERVERSOR - Anticosmocrator CD 税込1,836円 (self release)

現行チリ産ブラック・デスラッシュの中でもトップクラスのセンスと人気を誇るPERVESORの2015年発表9曲入り最新作です。USバージョンがHells Headbangersから出てますが、今回はバンドによる自主リリースの限定500枚CDで入荷しました。

今回ももう文句のつけどころがないカッコよさです。素晴らしすぎる!!!666!!!普通はこれだけ毎度完璧なセンスで迫られると、スリルがなくなったり新鮮さも失せて、簡単に言うと飽きるものですが、PERVERSORは本当にカッコいい。BATHORY meets MASTERなバーバリック・ブラック・デスラッシュ・メタル・チューンが今回も爆裂しまくりですが、ピュア・ファッキン・デス・メタル・サウンドでMOTORHEADウォーシップを感じさせていたMASTERの意志を継承しているような、どこかキャッチーなドライブ感やリフ・ワークは、もしかしたらこの人達、ハードコア・パンクのセンスもバツグンなのかな?と思いました。とは言っても、ハードコア嫌いのデス・メタル・ファンが敬遠するような心配はありません。ベスチャル・デス・メタル要素も、BATHORY系ブラック・スラッシュ要素も完璧なセンスと演奏で表現しています。完全におすすめデス!!!666!!!



diabolicalmessiah1.jpg

・DIABOLICAL MESSIAH - Satan Tottendemon Victory!!! CD 税込1,728円 (Morbid Metal)

これまでデモやSplit作品リリースを重ねてきたチリのデス・メタル・バンドの2010年発表1stアルバム再発盤。オリジナルはProselytismからのリリースで、当店も1回入荷してすぐに売り切れてしまってたので、これは嬉しい再発です。

鈍い原始性と高いポテンシャルが同居した、チリのバンドらしい素晴らしい激烈デス・メタル作品です。ジャリジャリの鋼鉄リフにマシンのようなベードラ連打。テクニカルなリフも絡めつつ、繊細さとは対極とも言える鉛のよう南米特有の感触。初期MORBID ANGELの南米版といったトコロはKRISIUNやTOTTEN KORPSなどを、そしてゴリゴリのアグレッションはABOMINATORなどの肉体派OZデスメタルや初期IMMOLATIONのカオティックなブルタリティーも彷彿させます、なんて言うと完璧なデス・メタルが完成してしまいますが、昨今のチリアングラ・エクストリーム・メタルの驚異的な充実ぶりを体感してる方なら、この解説も納得していただけるでしょう。凄いDEATH!!!



slaughtbbath1.jpg

・SLAUGHTBBATH - Hail to Fire CD 税込1,728円 (Old Temple)

過去に単独/Split EPが各種入荷していて地味ながらなかなか好評だった、KRATHERIONメンバーらによるチリ産ブラック・メタル・バンドの2013年発表9曲入り1stアルバムが、USバージョンで再入荷。本国 Proselytism盤は流通が悪くて苦労しますので、これは嬉しいです。このアルバムは各方面で評価の高い傑作ですので、未聴の方はこの機会にぜひどうぞ!!

南米ベスチャル・デスラッシュと、BATHORY影響下北欧ブラック・スラッシュの理想的な融合、と言ってもさして褒めすぎでもない激烈原始的スピードが炸裂していて、冒涜的リチュアル且つ爽快ですらあります。プリミティブなBATHORY系統スラッシュの冷たさとへヴィメタル・プライドの熱さが同居したNIFELHEIMを、MERCILESSのノ―マーシ―な暴走一直線で叩きつけたような感じに、FORCE OF DARKNESSやEJECUTORなどに代表される近年のチリアン・ベスチャル・デスラッシャーらしい南米ダークネスをプラス。正直、たいして期待してませんでしたが、見事にノックアウトされました。素晴らしい!!!666!!!



metastasis1.jpg

・METASTASIS - The Essence That Precedes Death CD 税込1,728円 (Apocalyptic Prod.)

チリ出身スラッシュ・メタル・バンドの2015年発表1stアルバムCDです。結成は2006年ですが、これまでのリリースは恐らく流通に乗ってないデモのようなモノばかりだったようで、チリアン・デス/スラッシュ・メタルのファンは日本にも多いですが、チリ国外ではまだほとんど知られていない存在だと思います。

初期PESTILENCE, MERCILESS, PROTECTORなどの南米版!とレーベルが解説してる通りで、南米スラッシュ・メタル・ファン以外の初期デスラッシュやジャーマン・スラッシュの突撃感が好きなロウ・スラッシャーにもオススメの内容です。ジョリジョリした感触はPENTAGRAM CHILEから継承されるまさしくチリアン・デスラッシュのそれで、リフ・ワーク自体はKREATOR系統のテクニカルな手法と猛速スピードで、SLAYER ~ POSSESSEDルーツだったチリペン(PENTAGRAM CHILE)が西独テイストを導入した風な感じです!!



curriculummortis-demo.jpg



・CURRICULUM MORTIS - Sentencia De Muerte LP 税込2,592円 (Ultra Sonido)

1986年結成ペルー・リマ出身クロスオーバー・スラッシュ・メタル・バンドの1988年録音1stデモを限定500枚でLP化したオフィシャル再発盤です。このLPはパンク系の流通に乗っていて、日本では南米メタル・マニアにもほとんど話題となっていなかったようです。かく言う自分も全然知りませんでしたが、期待してた以上の内容でビックリさせられるカッコよさです。

インナーに当時の写真、フライヤー、デモのオリジナル・アートなどが掲載されていて、このインナーを見ているだけでワクワクしてくるレコードです。ATAQUE FRONTAL, G3, DESCONTROL, KAOS GENERAL, etc、初期ぺルビアン・ロウ・パンク・ハードコア・マニアにはお馴染みのカルト・バンドと共演が多かったようですが、そのフライヤーの中にHADEZの名前もあったりするから、もうたまりません。この時点で相当なブッコワレ・ノイズ・メタル・スラッシュ・サウンドを想像してしまいがちですが、確かに南米ガビガビ・サウンド全開でバイオレンスなノイジー・スラッシュだけど、楽曲センスは南米ロウ・メタルコア・スラッシュとしてはかなり高い完成度でカッコいい!!ARMAGEDOMのようなSLAYER型ブラジリアン・スラッシュ・メタルがクロスオーバーなセンスも取り入れたみたいで、日本のメタルコアみたいなメロディック・ギターも飛び出すし、ペルーと聞いて思い出すようなグッチョグッチョの濃黒なヤツではなく、初期CogumeloやDevil Discosなどのブラジリアン・クロスオーバー・スピードコア・メタル・スラッシュ好きに絶対オススメです。南米スラッシュ・ファン必聴のグレート発掘盤!!



hadez1-ablaza.jpg

・HADEZ - Aquelarre CD 税込1,728円 (Ablaze Prod.)

MAYHEMのユーロニモウスが当時熱烈アプローチして、Deathlike Silenceからアルバムのリリースを目論んでいたことでも有名な、ペルビアン・カルト・デス/ブラック・メタル HADEZの93年1stアルバムCDです。Iron Pegasusが2001年に再発して当店でも大ヒットしたアルバムですが、こちらはジャケを変えた2012年メキシコ盤再発CDです。Iron Pegasus盤はもちろん現在入手不可能です。

このアルバムはペルーのメタル・バンドとして初めてCDでリリースされたとされる歴史的にも重要な作品なのですが、内容はそんなことがどうでも良くなるくらい極悪です。SARCOFAGOフォロワーから独自の退化を遂げた初期IMPURITYにも通じるムチャクチャさで、爆発力と切れ味も備えてデスラッシュ・メタルとしての基盤が強固だったSARCOFAGOに、ペルーならではの原始人が怒ってるようなパワーがプラスされていて、なおかつIMPURITYのようなリチュアルなダークネスもドロドロに濃厚です。南米プリミティブ・ブラック・メタル・ファンにとっては絶対的なカルト名作の一つです。



pactum1.jpg

・PACTUM - Summa Imperii Satanae 666 DIGIPACK CD 税込1,944円 (Hammer of Damnation)

カルト・ブラック・メタル・レーベル Sombre Musicからリリースもあったブラジリアン・ブラック・メタルの2001年発表1stアルバムが、Hammer of Damnationからデジパックで再発。

灼熱の国のバンドによる北欧型哀愁ロウ・ブラック・メタルの典型のようなタイプで、ショボいスカスカの音のバッキングに、猫が首を絞められてるようなハイピッチのVo.がギャーギャー叫んでいます。楽曲自体はドゥーム・デスの延長のようなパーツ構成とペイガン系のメロディーで、ブラジリアンEVILとフィリピンKORIHORのミックスのような感じでもあります。しかしこのVo.は凄い。ズタボロなヤツじゃないけど、南米カルト・ブラック・メタル好きにはやはりオススメです!!

Anti-Goth!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかったメタル系商品のカート・アップを先ほど完了しました。受注メール返信対応は木曜日以降になります。


ritesofthydegringolade-totality-lp.jpg

・RITES OF THY DEGRINGOLADE - Totality LP 税込2,484円 (Nuclear War Now!)

SACRAMENTARY ABOLISHMENT (後のAXIS OF ADVANCE)でドラムを担当していた Paulus Kressman氏がソロ・プロジェクト的に1997年に始めたカナディアン・デス・ブラック・メタル・バンドの2001年発表アルバムが、An Ode To Sinアルバムに続いてNWN!からLP再発。カラー・ビニールやダイハード・バージョンなどの限定仕様は存在しません。

2005年発表3rdアルバム An Ode To Sinは、2000年代エクストリーム・メタル最高峰の1つと言ってしまいたい大傑作なので、個人的にはそれ以前の作品には未完成な印象をずっと抱いていましたが、改めて聴くと骨格は既にこの時点でかなり完成されていて、バランスの悪い音質が印象を下げていたことに気付きました。オールドスクールなデス・メタルを土台にしながらもブラック・メタルの不穏さを備えた楽曲は、カオスと激烈の果てに黄昏も見え隠れするような独特の暗黒世界を構築しています。カオティックな混沌と、切れ味鋭く畳み掛けるようなテクニカル&ブルータルなデス・メタル・サウンドは、スラッシュ・リフはないけど、TYRANT'S BLOODのようなエクストリーム・デス・メタル・ファンにもオススメできますし、ORDER FROM CHAOSとDIOCLETIANのようなバンドの橋渡し役的なスタイルでもあります。



mastiphal-foraglory.jpg

・MASTIPHAL - For a Glory of All Evil Spirits, Rise for Victory CD 税込1,728円 (Nuclear War Now!)

90年代初期から活動する東欧ポーランドのブラック・メタル・バンドが1995年に発表した1stアルバムをNWN!が再発。アナログ盤も同時リリースされていますが、昨年紛失した荷物に含まれていたので、今回はCDだけの入荷です。

特徴は何といってもシンフォニックなキーボードのサウンドですが、NWN!が再発するだけはある非常にクセの強いブラック・メタル作品です。まるで初期EMPERORとMASTER'S HAMMERの融合のような雰囲気で、EMPERORが激速な楽曲ではなく、MASTER'S HAMMERやROOTなどのようなドラマチックな展開を多用してるような感じで、全然知りませんでしたがこれはなかなか渋いです。EMPEROR, THOU SHALT SUFFER, MASTER'S HAMMER, etcのファンにオススメ!!もうLPは入荷しないでおこうかと思いましたが、リクエストがあればLP入荷も再チャレンジしてようかと思います。



pneumahagion-trinity1.jpg

・PNEUMA HAGION - Trinity I TAPE 税込864円 (Nuclear War Now!)

テキサス出身の独りブラック・メタルによる1stデモがNWN!からリリース。タイトルからわかる通り3部構成でのデモで、その第1弾ということになります。

他のデモを聴いてないのでなんとも言えませんが、このデモを聴く限りではTEITANBLOODや初期のDIOCLETIAN、または北米のバンドも思わせるベスチャル且つ冷徹な激烈暗黒サウンドで、これはなかなかカッコいいです。独りプロジェクトですが演奏も素晴らしく、タイトなドラミングの切れ味もバツグンです。要注目!!



necromanticworship-spirit-tape.jpg

・NECROMANTIC WORSHIP - Spirit of the Entrance Unto Death TAPE 税込864円 (Nuclear War Now!)

オランダから登場した謎の2人組ブラック・メタルの3曲入りデビュー・カセットがNWN!からリリース。正体不明とかリチュアル・ポーザーとか本当にもうカンベンしてほしいですが、このバンドのリチュアル・ブラックはちょっと違います。バンド名の通りギリシャのNECROMANTIAを崇拝したような南欧特有のサイケなオカルティック・ブラック・メタルで、カルト・ブラック・メタルの宝庫オランダらしいゴミ・リチュアル・ブラックが混沌としています。

しかしまぁ、聴けば聴くほどNECROMANTIA inオランダって感じです。アヴァンギャルドな手法はMASTER'S HAMMERからの影響もあるかと思いますし、怖い雰囲気作りの幼稚なオルガンのフレーズなどは、PAUL CHAINとかも彷彿させます。それらをダッチ・ブラックらしいグダグダ・サイコに表現していて、恐らく母国カルト・ブラック・メタル COUNTESSも崇拝しているのでしょう。NECROMANTIA, COUNTESS, MASTER'S HAMMERのような独特のオカルト・ムードを持つサイケデリック・アヴァンギャルド・ブラック・メタル好きにおすすめです!!



ysengrin-blackgrail-lp.jpg

・YSENGRIN / BLACK GRAIL - Nigrum Nigrius Nigro SPLIT LP 税込2,484円 (Nuclear War Now!)

2011年発表の1stアルバムも先にNWN!が再発していたフランスのYSENGRINと、2005年結成のチリ出身のBLACK GRAILによるリチュアル・ブラック・メタルSplit LPがNWN!からリリース。ダイハード・バージョンは存在せず、クリア・ビニールでの入荷です。

YSENGRINは1stアルバム+デモの2枚組LPで聴けるようなエピック・ドゥーミー・デス・ブラックから完全に脱却した独自のスタイルで淡々と進行する4曲を披露しています。DEATHSPELL OMEGAに代表されるフレンチ・アバンギャルド・ブラック・メタルの最深部のようなサウンドで、西洋の哲学的な神秘主義とエクスペリメンタルな音楽性の融合は、PORTALとIRKALLIAN ORACLEのミックスのようなリチュアル・ブラック・メタルと化しています。

BLACK GRAILもやはりリチュアルなブラック・メタルですがYSENGRINのようなアバンギャルドさは無く、こちらもIRKALLIAN ORACLEファンにオススメのようなサウンドです。



chaosechoes-transit-diehardlp.jpg

・CHAOS ECHOES - Transient DIE HARD 2LP 税込4,968円 (Nuclear War Now!)

NWN!オーナーが今一番入れ込んでいるバンドと言っても過言ではないフランス出身エクスペリメンタル・デス・メタルの1stフル・アルバム・ダイハード・バージョンLPです。昨年の荷物紛失時に闇に消えていったまま、このまま入荷させないで終ろうかと思いましたが、入荷リクエストもあったので少しだけ再オーダーして入れてみました。2枚組で、SIXXのLPなどと同じ仕様の、へヴィ・カードボードを布地で覆ったフォト・アルバムみたいな豪華で重量のあるゲートフォルド・ジャケット。ポスター/ステッカー/パッチ/帯付きです。

Blood HarvestからリリースもあったBLOODY SIGNが解散して生まれたバンドで、ドラマーはNECROWRETCHの人でもあります。恐らくNWNレーベル史上最も前衛的な内容で、これぞまさしくサウンドスケープと呼ぶにふさわしい、音階無きエフェクトで情景を描写したようなパートが、バンド本来の楽曲演奏を覆うかのように大半を占めて、SUNN O)))などのファンにもアピールするであろう作品です。フランスから世界中のエクストリーム・メタルの動向を大きく変えたDEATHSPELL OMEGAよりも、同じくNWN!が再発盤などをリリースしているオーストラリアのILL OMENのような、グレーな退廃美叙情漂うアンビエント・メタル作品が好きな人にオススメです。PORTALとツアーを廻るみたいで、オーストラリアのアヴァンギャルド・メタルと共鳴する点が多いのも納得です。

IMPALER - Eternal Hatred CD

impaler-eternal.jpg

・IMPALER (Japan) - Eternal Hatred CD 税込2,160円 (Rock Stakk)

香川スラッシュ・メタル IMPALERの2ndアルバムが、True Thrash Festでお馴染みの大阪のRock Stakkからリリース。今回も猛烈な爆走スラッシュ・メタル一直線で痛快すぎる内容です。

基本路線は変わらずに、勢いと爆裂感が前作よりも格段にアップしています。ジャーマン・スラッシュの突進力とUSスラッシュの整合感が絶妙なバランスでまとまっていて、これは海外の現行スラッシュ・メタル最前線を追っかけているようなスラッシャーをもうならせるテンションではなでしょうか。文句なしのスカル・スマッシング・スラッシュ・アルバムです!!


01 | 2016/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR