RECORD BOY

EL ZINE - Vol.20


elzine20.jpg

・EL ZINE - Vol.20 ZINE 税込600円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの、最新号となる#20です。今回はヤング・パンクスの特集や記事が多くて、登場人物で個人的に存じ上げている方はヤングじゃないけどTOM AND BOOT BOYSの今村氏くらいですから、隅々まで読破して自分も大いに勉強しようと思います!!


●YOUNG PUNKS GO FOR IT!!
(vol.20というちょっとした節目の号ですので、パンクの未来を背負って立つ、お若い方達に巻頭を飾ってもらいました)

・RECONSIDERATION vs BEER BELLY
(POGO77 RECORDSからリリースされた1st
7インチも話題となった新進気鋭のノイズコア・バンド:RECONSIDERATIONのゆうすけさん(22)と、自主でシングルCDをリリースしたばかりのポゴ・パンク・バンド:BEER
BELLYのきづくさん(25)による対談)

・MUTANT ITCH
(TOM AND BOOT BOYSの米国西海岸ツアーを企画した、カリフォルニア州フレズノのノイズコア・バンド:MUTANT
ITCHのドラムにして、レーベル:Dark Raidsを主宰しているMitchell(23)へのインタヴュー)

・KORROSIVE
(POIKKEUSやTOM AND BOOT
BOYS、そしてAPPENDIXなどとも共演しているカリフォルニア州オークランドのFinnish
Rawハードコア・バンド:KORROSIVEのヴォーカルにして、レーベル:Shithammerを主宰しているChris(24)へのインタヴュー)

●TOM AND BOOT BOYS
(2015年9月に敢行された米国西海岸ツアーの詳細や、先頃リリースされた音源集についてなど、メンバー全員へのインタヴュー)

●脳不安 釧路パンク・ロック1981
(1981年の北海道釧路市で、高校生のメンバーによって結成されたパンク・ロック・バンド:脳不安。そのメンバーだった東
陽一氏による、脳不安、そしてその後のFOMO=FAVEL〜木端微塵について綴られたテキスト)

●ESKORBUTO
(1980年にスペイン/バスクで結成されたパンク・ロック・バンド:ESKORBUTO。そのオリジナル・メンバーで唯一の生存者であるPakoへのインタヴュー&バイオグラフィー)

●LONDON PUNK NOW
(ロンドンの現在進行形のパンク/ハードコア・バンドなどを紹介したテキスト)

●SPLIT VEINS
(2000年からロンドンで活動してきたNAILBITERのメンバー2人によって、新たに結成されたハードコア・バンド:SPLIT VEINSへのインタヴュー)

●SNOB
(GOOD THROBやFAMILY OUTING、SKYLARKなどのメンバーを含む、ロンドンの女性ヴォーカル・ハードコア・バンド:SNOBへのインタヴュー)

●PUNK ROCK 2015 JAPAN
(MANGROVE LABEL/RECORD SHOP BASEの飯嶋俊男氏による、現行の日本のパンク・ロック・バンド紹介)

●CRIS/ETNIKO BANDIDO INFOSHOP フィリピン・パンク・シーンのアクティヴィズムについて
(鈴木智士氏による、フィリピンはマニラのインフォ・ショップ:ETNIKO BANDIDOのCRISへのインタヴュー)

●HELLSAKURA
(2009年に来日を果たしたブラジルの女性ヴォーカル・パンク・メタル・バンド:HELLSAKURAへのインタヴュー by Rafa/ex
N.E.K、ex DARGE)

●LASHING SPEED DEMONS
(EL ZINE誌上で名前が挙げられた、"ハードコア・バンド以外のバンド"等をディスク・レヴュー形式で紹介 by 大越よしはる氏)

●ES GIBT KEIN WERT
(発行人によるディスク・レヴュー)

MORBID SAINT - Destruction System LP RADIOACTIVE BOXSET



morbidsaint-radioactiveboxset.jpg

・MORBID SAINT - Destruction System LP RADIOACTIVE BOXSET ご予約受付商品 (Weird Face prod.)

ぼちぼちオーダーまとめてくれとレーベルから連絡がありましたので、明日12月22日(火) 20時でご予約を締め切ります。上の商品画像をクリックして、予約商品一覧に進んでください。

前にチラッと触れましたMORBID SAINTのボックスセットが限定122セットで遂にリリースされたようです。卸し売りは対応してないので相当高くなりますが、ご予約いただいた分だけ入荷させようと思います。ザックリ見積もって税込3万円台中盤~後半くらいになりそうですから、オーダー募っておきながら入荷個数ゼロに終わるかも知れないけど、年末~年始にビッグなお金を使いたい方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。コンテンツについての説明を読むと、なかなか凝った出来のようです。


内容物:
・カラー・ビニール(明るい所ではイエロー、暗い所ではレッドに見える特殊カラー盤)
・スクリーン・プリント+エンボス加工レザー・ボックス
・レギュラー・ポスター
・スクリーン・プリント・ポスター
・エクストラ・ゲートフォルド・ジャケット(たぶん通常のシングル・ジャケットも付くと思います)
・パッチ(赤フチと黒フチの2種あるようですので、2種入荷した際はランダムで販売致します)
・Tシャツ


USウィスコンシン出身スラッシュ・メタル MORBID SAINTの92年録音未発表アルバムがギリシャのレーベルから初ヴィニール化オフィシャル再発。中古市場での熱狂ぶりが冷めやらぬ一方のカルト・バンドなうえ、このバンドを扱う時はややこしいまでに権利関係がゴチャゴチャするので、気合い入れてやろうかどうか正直毎度悩みますが、今回は成り行きで当店が日本国内独占流通することになりました。

90年発表(録音は88年のデモ)1stアルバム Spectrum of Deathはこれまで様々なレーベルから再発されまくってきたけど、どれが正規or非公式なリリース?と毎度物議を醸しだしていて、過去の主要なリイシューだけ挙げますと、Keltic Recs盤CDとNo Coloursのアナログ盤は非公式再発で、Power Play Recs盤CDとRelapseのアナログ盤がオフィシャルだったようです。本題に入る前にもう少し1stアルバム Spectrum of Deathについて触れますと、USのGrindcore Records盤のオリジナルCDはコレクターに有名なレア盤だけど、メキシコのAvanzada Metalicaから90年にアナログ盤が出ていたことは欧米では近年まであまり知られていなくて、BOYの古くからのお客さんならば良く覚えているかと思いますが、Spectrum of Death LPは2000年代に入ってからもシールドされたデッドストックLPが、SAVAGE THRUSTのLP(これもAvanzada Metalicaリリース)なんかと一緒に当店にチョクチョク入荷していました。バンドで来日してレーベルもやってるアメリカ人コレクターに何年か前にAvanzada Metalica盤LPを見せたら「当時LPも出てたなんて知らなかった!!!ちくしょう・・・信じられない・・・」と衝撃を受けていたのが強く印象に残っています。

今回リリースされたDestruction SystemはKeltic Recs盤CDのボーナスで世に初お目見えした幻音源で、メンバーがCDRで自主リリースした2枚組CDR+DVDRのコンピレーション・アルバム Thrashaholicが、この音源を過去に発表した唯一のオフィシャル再発盤ということになります。CDでの単独リリースはオフィシャル&ブートを含めても過去に1度もありません。1stアルバムは金属質のまさしくメタリックな刻みまくりギター・サウンドで猪突猛進にぶっ飛ばすスラッシュ・サウンドと、ミレ・ペトロッツァにも似た吐き捨てシャウトのせいもあって、SLAUGHTER LORD, MERCILESS, HYPNOSIAに代表されるKREATOR系統のイーヴィル・デスラッシュ・ファンにも熱狂的に崇拝されていますが、この92年未発表アルバムはまさしく90'sアメリカン・オブスキュア・カルト・スラッシュ・メタルならではの驚異的テンションが爆発していて、その完成度の高さでマニアックなスラッシャーをうならせた音源です。1stにも感じさせたDEMOLITION HAMMER系のゴリゴリさとUSデス・メタルのダイナミズムがこれ以上ないバランスで保たれていて、DEVASTATION, EXHORDER, フロリダSOLSTICEなどのブルータル・ソリッドなスラッシュ・メタル・ファンはもちろん、個人的にはMALEVOLENT CREATIONやRIPPING CORPSEがブラスト・ビートをスラッシュなスピード感にしたようにも感じたりします。足技が壮絶なドラミングが完全にアングラ・ローカルなバンドの域を超えているので、ミドル・テンポのパートまで切れ味素晴らしいし、Vo.が邪悪スタイルなせいか、ダウン・チューニングの感触もデス・メタリックで、まさしくブルータル・スラッシュという感じのカッコよさです。DEATHの故Chuck Schuldiner氏のお気に入りバンドだったという逸話も納得です。

恐らく入荷は年明けで、他商品とのまとめての梱包も困難でしょうから、ご予約受付の際は毎度お願いしていますが、必ずこの商品のみでカート購入を進めてください。宜しくお願いします!

11 | 2015/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR