RECORD BOY

Scandinavian Jawbreakers Death!!


hoodedmenace-darkness-lp.jpg

・HOODED MENACE - Darkness Drips Forth LP 税込3,024円 / DIGIPACK CD 税込2,376円 (Relapse)

2007年に結成されRazorback Recordsからアルバム・デビューして以降、今ではフィンランド・ドゥーム・デス・メタル伝統の継承を担うような存在にまで上り詰めたHOODED MENACEの2015年発表最新4thアルバム。CDはデジパック、LPはダウンロード・コード付きで、今回は限定500枚のメールオーダー用グリーン・ビニールで入荷しました。

FUNEBREや日本のNECROHILEなどが参加した1991年発表コンピレーション・アルバム Weird Tales Of Madness CDにも参加し、同年にWitchhunt Recordsから12"も発表していた初期フィンランド・デス・メタル PHLEGETHONの元メンバーらによるバンドで、中心メンバーのLasse Pyykko氏はUSミシガンのサイケ・ホラー・ドゥーム・パンク・メタル ACID WITCHの初代Vo.も担当していました。Lasse氏は他にも様々なバンドで幅広く活躍する才能豊かなへヴィメタル・ミュージシャンですが、このHOODED MENACEは彼の原点を集約したかのような、北欧メタルのエクストリームとトラディショナルが交錯するドゥーム・デス・メタルです。CANDLEMASSやREVEREND BIZARREに代表されるエピック・メタル土台のドゥームと、THERGOTHONやSKEPTICISMなどが開拓したフィンランドを発祥とするフューネラル・ドゥームの要素が見事に溶け合い、それをフィンランド・デス・メタルの特徴であるlowグルーミーなブルタリティーで表現しています。絶望的且つ陰鬱なシック・スロウ・ドゥーム・パートの暗黒を背景と、伝統的な北欧産鋼鉄の透明なメロディーとのコントラストは奇跡的な叙情性です。こういうの聴いてると、昨今のリチュアルなドゥーム・デス・メタルの大半が、へヴィメタルの基礎をしっかり身に付けずに音圧とムードでごまかしてるのが良くわかります。HOODED MENACEの全作を常備ストックしているわけでもない当店が言うのもおこがましいですが、このバンドは本当に完璧デス!!文句なしに素晴らしい!!



vorum-current-lp.jpg

・VORUM - Current Mouth LP 税込2,376円 (Sepulchral Voice)

LPも出ました!!!Dark Descentから1stアルバムを発表していたフィンランド自治領オーランド諸島出身のデス・メタル・バンド VORUMの5曲入りミニ・アルバムです。前作1stフル聴いた時に、「スウェーデンのMetal of Death一派や、ドイツのSepulchral Voice Recordsバンドとの共通性も感じさせます」なんて解説で書いたらまさにその通りの深化を遂げていて、今回はSepulchral Voiceからのリリースで、さらにギター&Vo.を担当する Jonatan Johansson氏は2014年からスウェーデンのDEGIALにも参加しています。これらの事実だけで興味を持たれた方なら絶対に大満足するであろう最高の内容に仕上がっていますし、そしてもっとオールドスクールなデス・メタルが好きな方全員に聴いていただきたい素晴らしい傑作です。

Split EP w/ VASAETHでは、スウェディッシュ・デスの重厚さも感じさせ、1stフルではフィンランド・デスらしいlowness & sicknessを強めていましたが、本作ではフィンランド・デスの混沌さにモノ凄い爆発力が備わっています。混沌フィンランド・デスと言うと、昨今はKRYPTSやSWALLOWEDが重苦しく深化させてきたけど、このVORUMはそれらのバンドと手法が明らかに違っていて、MORBID ANGEL系統のテクニカルなデス・メタルをよりプリミティブにしたようなアグレッションがバーストしています。呪術的プリミティブなムードも漂わせながら、非スラッシュな初期デス・メタルのオールドスクール・テイストが凶裂なので、MORBID ANGELミーツKREATOR的だったTRIBULATIONの1st EPや、OBLITERATIONあたりのノルウェー・デス・メタルにも近いものを感じます。繰り返しますが、この非スラッシュだけどオールドスクールなrawnessと、現代的な感覚の融合は、ちょっと画期的ではないでしょうか?ちなみに、ベーシストなPrimitive Artからの7"が最高激渋だったハードコア・パンク OBNOXIOUS YOUTHや、日本でもスピード・メタル・ファンに人気のSPEED TRAPもヘルプしてる人のようです。DEGIALファンももちろん絶対に必聴。TRIBULATIONがプログレ化しないで原始への帰化を目指してたら、こんなことになってたかな?Psychotic Black Deathに666%偽りなし。ルックスも極渋すぎ。全5曲で20分弱。パーティー野郎は即お陀仏で立ち直れないだろうけど、ハッキリ言ってこれじゃモノ足りない!!!これは久しぶりに1ラウンドKO級の激烈大推薦新感覚デス・メタルdeattthhh!!!



petefleshdeathtrip-mortui-lp.jpg

・the PETE FLESH DEATHTRIP - Mortui Vivos Docent LP 税込2,916円 (Critical Mass Recordings)

MAZE OF TORMENTやDECEIVER,etcで活躍してきたPete Flesh氏によるソロ・プロジェクト・バンドの、2013年にCDで発表していたアルバムが、スウェーデンのCritical Mass Recordingsからジャケ・アートを変えてヴィニール化。Pete氏がMAZE OF TORMENTを抜けた頃に始めたバンドだったFLESHを、完全なPete氏のソロ・バンドとして再スタートを図った、THE PETE FLESH DEATHTRIP名義での1stアルバムになります。この作品では、UNANIMATED, BORN FOR BURNINGのMicke Broberg氏が全9曲中4曲で歌詞作りからVo.を担当し、そしてTHE BLACK, TYRANTのAndreas Jonsson氏がドラムを担当。the PETE FLESH DEATHTRIPはCritical Mass Volume 2コンピレーションLPにも参加していましたが、スウェディッシュ・デス/ブラック・メタル重鎮がサポートした、いかにもCritical Massらしいリリースです。ポストカードを多めにいただいたので、お買い上げの方に差し上げます。

DISSECTIONやNECROPHOBICに代表される、北欧ブラックの冷たいメロディーと邪悪リフをドラマチック&ダイナミックに叩き出した、これぞスウェディッシュ・スタイルなブラッケンド・デス・メタルです。POSSESSEDやMORBID ANGELのリフ・ワークと、スウェディッシュ・デスの重厚なブルタリティーを、BATHORY起源の北欧らしい荘厳さも加えて表現していて、オールドスクールなスウェデス好きにも心地よいアグレッションとメロディーのバランスです。スウェディッシュのブラッケンド・デスと言うと、近年ではWATAINをボスとするMetal Of Death一派の中堅~若手のカオティックなデス・メタル・バンド連中が刺激的で当店でも反響が大きいわけですが、アラフォーにはやはりこういうスタイルが懐かしくなってしまうのです。

マニアックな初期スウェデス・ファンの一部ではレジェンドとも崇められるであろうPete Flesh氏のこのバンドのLP化も、実はさほど話題のリリースというほど注目は集めていないみたいですが、Critical Mass Recordingsには往年のPrimitive Artのようなスウェディッシュ・アンダーグラウンド・メタル&パンクの魅力を感じますので、今後もプッシュしていこうと思います。まずはこのLPをぜひ買って聴いてください!



bornforburning-ts.jpg

・BORN FOR BURNING - S/T T-SHIRT 税込2,916円 (Critical Mass Recordings)

凶裂なBATHORYウォーシップ・サウンドで1st 7"が大ヒットした、UNANIMATEDのヴォーカルMicke Jansson氏によるブラック・メタル・バンド、BORN FOR BURNINGのCritical Mass Recordings製オフィシャルTシャツ入荷!!

ボディはGildanのウルトラ・コットンで、サイズはS/M/Lの3種です。

Metal Hard!Punk Free!


hookers-rawhide.jpg

・the HOOKERS / RAWHIDE - Let It Bleed SPLIT 7" 税込1,296円 (Devil's Grip)

USケンタッキー州ルイズビルのベテランR&Rパンク HOOKERSと、スウェディッシュ・ブラック・メタル重鎮バンド・メンバーらによるR&Rバンド RAWHIDEによる限定500枚Split 7"です。

1994年に結成されたHOOKERSは、Man's Ruin, Sub Pop, Get Hipなどからもリリースがあり、ANTiSEENやELECTRIC FRANKENSTEINともSplitをリリースしてきた、アメリカン・アウトローR&Rの王道を継承するバンド。過去にSPEEDWULFとのSplit 7"が当店には入荷していました。ここで聴けるサウンドはけっこうUSHCっぽいスピード・ナンバーで、GBHのNecrophiliaのカバーも披露しています。

RAWHIDEは、BESTIAL MOCKERYやKILLでも活躍するコワモテ・ドラマー Carl Warslaughter aka El Wocko氏, 同じくBESTIAL MOCKERYで過去にベースを担当していたRob DevilPig aka Rambling Rob氏, さらに現在スウェーデンを拠点にして復活したPROTECTORにも参加してる Nocturnal Skullsodomizer aka Little Mike氏らの筋金入りヘッドバンガーズよるスウェディッシュR&Rパンク・バンド。HELLACOPTERSやZEKEなどに通じるキャッチーさとノリの良さで、TURBONEGROやIRON LAMBのような北欧R&Rらしい哀愁も聴かせるバンドですが、このSplitではHOOKERSのお株を奪うアメリカン・アウトロー・テイスト全開のハイ・エナジー・トラッシュR&Rパンク全開でこれまたカッコいい!!スウェディッシュとは言え、やはり極悪な雰囲気のバンドは、こういうナスティー・ガレージなノリも渋くきまります。


*HOOKERSとSPEEDWOLFのSplit 7"発売時に配布したステッカーとバッジが少し残ってたので、このEP買ってくれた方に差し上げます。



rawhide-panzerbastard-whipstriker.jpg

・RAWHIDE / PANZERBASTARD / WHIPSTRIKER - Filth And Mayhem Across America 3 WAY SPLIT 7" 税込1,296円 (Devil's Grip)

スウェーデンのRAWHIDE, ボストンのPANZERBASTARD, ブラジルのWHIPSTRIKERの3バンドで今年2015年9月に行われた北米ツアーに合わせてリリースされた3 Way Splitツアー7"EPです。RAWHIDEとPANZERBASTARDは以前から親交が深く、今までもRAWHIDEのUSツアーの際はPANZERBASTARDがサポートしてきましたが、今回そこにWHIPSTRIKERが食い込んできたのはビックリです。スウェーデン&USの極悪タッグに、陽気なブラジル人メタル・パンクおたくチームが加わったような感じだけど、面白い組み合わせに違いはありません。限定500枚です。

WHIPSTRIKERはブルータルな重量感によるMOTORHEAD影響下の鈍走raw & lowロッキン・メタル・パンク・ナンバーを収録。最近のMIDNIGHTが回転数を遅くしてSVART PARADみたいな質感になったような凶裂なナンバーです!!たぶん、MIDNIGHTとINEPSYの融合を狙ったのでしょう。

RAWHIDEはメタル・パンク・バンドと言ってもよいメンバー編成だけど、サウンドにはへヴィメタルの要素はほとんどありません。今回もHELLACOPTERS, TURBONEGRO, IRON LAMB, etcのミックスのような哀愁ワイルドなR&Rパンクが渋過ぎで、リリースのたびにカッコよくなってきてると感じてる人は絶対に今回もチェックしてほしいです。

Late 80'sボストン・ストロング・ハードコア・パンク WRECKING CREWの長髪メタルヘッズ・ベーシスト Keith氏が率いるPANZERBASTARDは、今回はこのラインナップに合わせてか、今まで皆無だったR&R色を強く打ち出したナンバーを披露しています。しかし、GENOCIDE SSとSLAYERのミックスとメンバー自身が自己分析していたPANZERBASTARD本来のブルータルな重厚さは全く失せていなく、Sacrificeアルバムの頃のMOTORHEADを狙ったスウェディッシュ・バンドのようなロッキン・デス・メタリック・ハードコアが圧巻!!非デス声の男臭いVo.はハードコアのタフネスで、この界隈の王道要素をここまでためらいなくミックスしてしまうところがカッコいいです。



rawhide-2015tour-ts.jpg

・RAWHIDE - Murder Rock'n' Roll 2015 North American Tour T-SHIRT 税込2,916円

RAWHIDEの2015年北米ツアーTシャツも入荷!!ボディはGildanのへヴィコットンで、サイズはSとLしか入荷できませんでした。SABBATのBlack Fireも手掛けたメタル・シーンで売れっ子のスウェーデン出身アーチスト Obsessed By Crueltyによるかっこいいデザインです。



rawhide-2013tour-ts.jpg

・RAWHIDE - 2013 Murder One East Coast Assult T-SHIRT MEDIUM 税込2,916円

こちらは2013年US東海岸ツアー時のTシャツで、ボディはGildanのへヴィコットン。サイズはMしか入荷できませんでした。



absolut-hellshight-lp.jpg

・ABSOLUT - Hells Highest Power LP RED VINYL 税込3,996円 / BLACK VINYL 税込2,916円 (D-Takt & Rapunk)

カナダ・モントリオールのD-Beatロウ・メタルパンク ABSOLUTの、スウェーデン D-Takt & Rapunkから発売された限定500枚プレスの13曲入りLPです。今年入荷して即売り切れた同タイトルのデモは、このアルバムのプロモ用に限定生産されたカセットだったので、あのデモにノックアウトされたメタル・パンク・ファンも今回はバッチリのLPです。ちょっと入荷に手間取りましたが、限定100枚レッド・ビニールも入荷できましたので、ガッツンガッツンにプッシュしていきます!!

前作 Punk Survival LPがヒットして日本でもD-Beatパンク・ファンの間で人気の高まっているこのバンドは、オールドスクール・メタリック・ハードコア LEFT FOR DEAD, ゴリゴリ・ソリッドなリフに殺られた日本のスラッシャーも多かったスラッシュ・メタル・バンド RAMMER, 短命だったけどデス・メタル・クラスト・ファンに高く評価されたハードコア・デス・メタル SLAUGHTER STRIKE, そしてMIDNIGHTのサポート・メンバーとしてギターも担当していたJoel F.氏が在籍しています。Joel F.氏の経歴を知れば、BOYのお客さんに期待するなと言う方が無理ですが、ABSOLUTはその名の通り、ANTI CIMEXウォーシップなD-Beatをやるべくスタートしたバンドです。そこにJoel F.氏のメタル・ギターが容赦なく絡みついてきて、2013年デモは本当に目の覚めるような素晴らしい内容でした。続くPunk Survival 1st LPはもっとD-Beatに比重を置いた作風で、メタル・ギターはちょっと控えめながらも、やはり現行のハードコア・パンクとしてはBOYがビンビンくる要素が随所に感じられました。そしてこの2nd LP (と言ってますけど、今回も45回転盤なので厳密にはEPですが) は、これぞJoel F.氏の本領発揮といった感じのキラーなメタル・フレーズ連発で、1stデモの興奮が蘇るカッコよさ!!以前よりジャパニーズ・ハードコアのメタル・フレーバーも少しだけ前に出してきてますでしょうか。Joel F.さんが弾きまくりすぎて、本編以外でもピロピロしてるのはちょっとウザいですが、本編突入後の怒濤のD-Beatスラッシュ・パートも前作より爆裂してる気がします。BOYがABSOULTに殺られたメタルコアJawbreaker D-Beatロウ・パンク・サウンドはこれなんです!!必聴!!!



christianmistress-toyourdeath-lp.jpg

・CHRISTIAN MISTRESS - To Your Death LP 税込2,916円 / CD 税込2,376円 (Relapse)

日本でも初期から注目を浴びて人気が高いUSポートランドの女性Vo.ハードロック・バンド Christian Mistressの3rdアルバム。今回もRelapseからのリリースで、LPはジャケのバンド名/タイトル部分がエンボス加工されていて、ダウンロード・コード付きです。

ハードコア・パンクが盛んなポートランド拠点のバンドで、パンク・シーンとの交流も少しあったからか、日本でイチ早くこのバンドに注目したのは、熱心な女性Vo.パンク/ロック・ファンでしたが、その後はNWOTHMファンやヴィンテージ・ロック・ファンに高く評価されています。前作までは、そういったメタルとパンクの境界線を必要としないアメリカン・ロック・シーンの地層で育まれたバンドらしさが魅力で、90年代のMan's RuinとかTee Peeのバンドなどを感じさせる雰囲気でしたので、正直あまりへヴィメタルという感じで聴いてなかったけど、今回のアルバムはちょっと今までと違うんじゃないでしょうか?再生してすぐに飛び出すギター・サウンドが前作までとはもうだいぶ違うと思いますが、アンサンブルがかなりハードロック土台のへヴィメタルらしさが強まってますし、さらに曲調が今回は完全にヴィンテージ・エピック全開で、BOY入荷商品だけを物差しにして例えるなら、オカルトなダークネスじゃないけどTHE OATHやLUCIFERなどの妖艶な70年代型女性Vo.ハードロック・ファンも楽しめるだろうし、CORSAIRやBIBLE OF THE DEVILなどのTHIN LIZZYウォーシップなアメリカン・ハードロック・バンドにもかなり近づいたハーモニーやフレーズがガンガン飛び出して、これは今まで絶対一番いい!!オバサンくさく色っぽくハスキーなChristine Davisの声もたまらなく素晴らしい。オススメです!!



taucross-lp.jpg

・TAU CROSS - S/T LP 税込2,916円 / CD 税込2,376円 (Relapse)

再入荷お待たせしました!AMEBIXのRob "The Baron" Miller, VOIVODのAway, MISERYのJohn Miseryらによる話題のクラスト・パンク&スラッシュ・メタル・スーパー・グループの1stアルバムです。LPはゲートフォルド・スリーブで、ダウンロード・コード付きです。

接点はいくらでも見つかる両者ではありますが、Baron氏とAway氏が一緒にバンドやってくれるなんて聴いて、とりあえずでもドキドキしなくなったら、もうおしまいです。とは言え、演奏力でカリスマの地位に上り詰めたお二方ではないですし、方向性もなんとなく聴く前から予想がついてたけど、復活後のAMEBIXサウンドも堪能し、そしてその2000年代AMEBIXも問答無用でウォーシップしたMISERYの男気に拍手を送りたい気持ちを持ったダーク・ウェイブ・クラスト・ファンは、感激級の内容だと思います。KILLING JOKE的冷たさを突き詰めた2000年代AMEBIXが結局活動を停止した今にAMEBIXの意志を引き継いだようなスタイルで、Baron氏の声もあのまんまです。アートワークもやってないのでAway氏の良さをどこにも見出せない気もしますが、それはAway氏がAMEBIXを真にリスペクトしてるからではないでしょうか。この音楽性に、VOIVOD的要素は必要ありません。話題作りのためだけに居てくれればいいですし、このAway氏のつつましさこそ、他人の看板を勝手に拝借するのが横行してる現代にこそ必要なのではないでしょうか。重鎮でもないのに関係者ズラしてステージの袖で見てる奴らは、このAway氏や、メイデンのバック・ステージに案内してもらったヘルブッチャーさんを見て出直して来い!!久しぶりに完全に暴走してしまいましたが、それだけTAU CROSSに興奮させられたってことで、お許し願います!!!
10 | 2015/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR