RECORD BOY

MIDNIGHT RESURRECTOR - Hated True Sounds LP


* 毎週水曜は定休日ですので、受注メール返信対応は木曜日以降になります。


midnightresurrector-hatedlp.jpg

・MIDNIGHT RESURRECTOR - Hated True Sounds LP 税込2,500円 (Spooky Bank / Captured / Laboratory)

大阪ハードコア・パンク MIDNIGHT RESURRECTORの、前作Life and Definition以来およそ8年ぶりに発表した2ndアルバムが、限定300枚ナンバリング入りでアナログ盤もリリース。180g重量盤のゲートフォルド・スリーブで帯付きのLPを、日本国内プレスで制作した、ハイクォリティーで気合の入りまくったレコードです。バンド自身のレーベル Spooky Bankと、おなじみCaptured Records、そしてNO SIDEの1st 7"もリリースしていた大阪の老舗 Laboratory Recordsが復活しての、3レーベルによる共同リリースです。

タフガイ・ハードコアよりNYHCっぽく、そしてクロスオーバー・バンドよりもスラッシュ・メタリックだった前作とはまた違った味わいの力作に仕上がっています。いきなりスウェディッシュ・ハードコア調のレイジング・スラッシュ・ナンバーでバイオレントに疾走して、サウンドは相変わらず骨太でゴリゴリだけど、今回は各メンバーが原点に立ち返ったような80'sハードコア・パンク・スピリッツ溢れる曲調が印象的です。しかし焼き直しやノスタルジーには留まらず、ハードロックのグルーヴも吸収した強靭なドライビング・ハードコアは、感触は違うけど、POISON IDEAの方法論に最も近いジャパニーズ・ハードコア・パンク・バンドではないかと思います。後半はUSHC調のナンバーも多く、やはりこれはタイトルで断言している通り、NO SIDEのスピリッツを現代に叩きつけたアルバムではないでしょうか。とにかく、8年分のうっぷんを爆発させたようなハードコア・サウンドが今回もバッキバキに炸裂しまくっています!!

Death Cult from the Graves!!


crossingdeath-onelife-cd.jpg

・CROSSING DEATH - One Life Is Not Enough CD 税込1,944円 (Gates of Hell prod.)

過去にMORTUARYとBLACKTHORNの再発CDが入荷していたメキシコのGates Of Hell prod.からリリースされた、超ウルトラ知られざるオブスキュア・メキシカン・デスラッシュ・メタルの92年発表唯一の音源を再発したCDです。今のところ再発盤を専門にリリースしているGates Of Hell prod.は、まだリリース数は少ないですがそのほとんどがオリジナルはAvanzada Metalicaから出ていたものをオフィシャル・リイシューしています。Avanzada Metalicaは2000年代初めまでデッドストックを残してたようなレーベルのくせにライセンスのガードはガッチリ固くて、MORBID SAINTやDARK HALFはイリーガルの烙印を押されたものがけっこうありますが、Gates Of Hell prod.はそのへんはしっかりクリアしてるようです。とは言え、2013年にMORBID SAINTの再発もこっそりチャレンジしてたらしく、それはやはりバンドとAvanzada Metalicaの双方からクレームが出て結局ほぼ全て廃棄にしてしまったという、バカ正直なのか信用ならないのかよくわかんないレーベルですが、このCROSSING DEATHに関しては誰も嫉妬したり文句など言う人間もいないので、昨今のリプロCDよりも数段低クォリティーながら(写真ボケまくりです)、限定500枚ナンバリング入りのオフィシャル・リイシューとしてリリースされています。

お客さんに教えてもらうまで自分も全然知りませんでしたが、このCROSSING DEATHというバンドは記録が残ってるのはここに収録された10曲のみで、調べてみても他にデモやオムニバスに参加したなどの情報は見つかりません。これもやはりオリジナル・リリースはAvanzada Metalicaから出ていて、カセットとCDが存在したようです。このまま掘り起こされずに永遠に闇で眠ってても良かったかも知れない再発だけど、BLACKTHORNのAvanzada Metalica盤オリジナルCDはビックリするような高額で取引されてるようなので、BLACKTHORNの再発CDが全く入荷できなくなった今、やはりこのCDもこの機会に入手しておくことを強くオススメします。

メンバーはMORBID ANGEL, CARCASS, SUFFOCATIONなどのデス・メタルTシャツを着用してるけど、lowなズグズグ・リフのミドル・テンポのパート以外は全体的にかなりスラッシュ寄りで、SLAYERが元ネタのSACRILEGEみたいなパートや、DESTRUCTIONやCORONERなどのソリッドなユーロ・テクニカル・スラッシュなリフなどで構成しながらも、曲展開はしつこくなく案外こざっぱりフィニッシュします。リマスタリングしてると言ってるけど音質はデモ並みで、raw&lowなノイジー・デスラッシュなのに何故かキャッチーさもあるところは、個人的には西東京のGABISHや大阪のVIETNAMなんかのLate 80'sジャパニーズ・スラッシュ・メタルを思い出してしまいました。NAPALM DEATHがCONCRETE SOXの曲をやるとこんな感じかも知れません。とにかく、中南米メタル・ファン、カルト・デスラッシュ・メタル・ファンには絶対にオススメです!!



therion-ofdarkness-org.jpg

・THERION - Of Darkness CD 税込1,944円

スウェーデンのアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・シーンから登場して後に大きな成功を収めたバンドの代表的存在 THERIONの1991年発表1stアルバムです。この作品はオリジナル・レーベルのイギリスDeaf Records盤、USライセンス・リリースのGrind Core International盤ともにCDが初期デス・メタル・マニアに永遠の人気を誇るレア盤ですが、今回入荷したCDはメキシコのAvanzada Metalica Recordsバージョンを再現したレプリカ・ブートです。このAvanzada Metalica盤CDがまたオリジナル・リリース3バージョンの中で群を抜いてメガトン級レア盤だそうで、万単位の金額で取引されコレクターを翻弄する鬼門幻アイテムとして知られています。ちょっと前に、スウェーデンのDAWNとメキシコのPYPHOMGERTUMの1994年発表激レアSplitアルバムが、突如復活したオリジナル・リリース・レーベルのBellphegot Recordsの手によって勝手に再発されるという掟破りのCDがありましたが、世界有数のアナーキー,カオス&デストラクション国家 メキシコからは、これまでもオリジナル・リリースに携わった関係者が関与してるであろうグレーな再発が多くあったように、このTHERIONのCDもAvanzada Metalica周辺から決して遠くないところで出回っているみたいです。まぁ、ぶっちゃけなくても察しがつく通り、今回はCROSSING DEATHをオフィシャル再発したGates Of Hell prod.が持ってたので入荷したのですが、rawアグリーながらも複雑に展開するこのアーリー・スウェディッシュ・デス・メタル大傑作は、Nuclear Blastのオフィシャル・リイシューでは全くもってつまんないジャケでしか出てないので、クサレたセンスも素晴らしいオリジナル・カバーのCDはやはりどうしても魅力的なのです。実際、今日店頭でこのCDを見つけたお客さんも即座に反応して、早速CROSSING DEATHと併せて購入されていきました。やっぱり目の前にこのジャケのCDが不意にあると「エッ!?!?」となってしまうんです。

内容については、とにかくカッコいいとしか言いようがありません。CARBONIZEDのギター&Vo.でもあったChristofer Johnsson氏らによるTHERIONのデス・メタル期は、ちょっとアヴァンギャルドさも漂っていたCARBONIZEDが、NAPALM DEATHやCARCASSなどのUKグラインド・デス・メタルのアグリネスに接近したような雰囲気が感じられて、しかもSunlightスタジオでの録音によってスウェディッシュ・デス特有のグルーム感とダイナミズムの完璧な融合で表現されています。目まぐるしく激しい曲展開を、起伏に富んでるのにここまで流れるように表現できるのは驚異的過ぎます。スウェディッシュのみならず、あらゆるデス・メタルの完成形の一つとして永遠に語り継がれるべきデス・メタルのマスター・ピース!!LPもやっぱりこのジャケでいつか欲しい!!



wombbath-internal-lp.jpg

・WOMBBATH - Internal Caustic Torments LP 税込2,916円 (Chaos)

ようやく届いた・・・。初期スウェディッシュ・デス・メタルの隠れた名作として、オリジナルのThrash Records盤CDは中古市場でモノ凄い値段で取引される93年アルバムが、メキシコのChaos Recordsから限定500枚で念願のオフィシャル・ヴィニール化!!

これぞB級の輝き、とでも言いたくなるような、デス・メタルが好きじゃない人には秀でたポイントも全く見えてこないであろう、ピュアでダイハードなデス・メタル・サウンドが激渋デス。うつむき加減のメンバーの姿が目に浮かぶような、爆裂しきらない神経質な展開で淡々と進行していスウェディッシュ・デス・メタルで、重いリズム・セクションによる鈍くタイトな切れ味と、ジョリジョリ・ズクズクな低音域徘徊リフのコンビネーションが絶品。これは聴けば聴くほど渋さが理解できてくる名作です。

2009年にやはりメキシコのLetargo Recordsが限定300枚で初LP化したものは、今ではけっこうなプレミアが付いて取引されるアナログ盤ファンに人気のレコードですが、当初から権利関係がグレーなリリースとされていました。今回は正真正銘のオフィシャル・リリースで、ltd.100枚のブルー・ビニールは、この再発に気付いた時点で既に完売。ltd.400枚のブラック・ビニールのみの入荷になりましたが、CENOTAPHの1st LPも早々に完売してましたので、スウェディッシュ・デス・メタル・ファンはぜひこの機会に入手してください。数か月待たされたうえに、ジャケ角も折れシワあるけど、抜けの致命的ダメージはないので、中南米産LPの輸入品としてならばまぁこんなところでしょう。あと、付属ポスターが素晴らしい!!いつも言ってますが、ジャケ・アートをただポスターにするんじゃなくて、こういうデス・メタルとかスラッシュ・メタルのようなビジュアル重視じゃないバンドでも、絶対にメンバー写真をポスターにすべきです。ダウンロード・コードも付いてます。



mutilatorfrance-omens-lp.jpg

・MUTILATOR (France) - Omens of Dark Fate LP 税込3,456円 (Triumph Ov Death)

AGGRESSOR, MASSACRA, LOUDBLAST, etcと並んで初期フレンチ・デスラッシュを代表するバンドの一つ MUTILATEDの、結成当初まだMUTILATORと名乗っていた頃に唯一残した音源の1987年録音6曲入りデモが、これまでもMUTILATEDの各種音源をオフィシャル再発してきたTriumph Ov Deathから限定300枚でリリース。

MUTILATEDは、Fenriz (DARKTHRONE), Martin van Drunen (ASPHYX, PESTILENCE, etc), Chris Reifert (AUTOPSY, etc), TRANSGRESSER / NECROPHILE / ANATOMIAのTanaka氏など、名だたるデス・メタル開拓者ミュージシャンと当時積極的に交流していたフランスのバンドで、初期デス・メタル・ファン/関係者に根強い人気を誇ります。サウンドはMERCILESSやSADUSなどにも通じるデスラッシュ・スタイルからスタートし、徐々にNAPALM DEATHやTERRORIZERなどのグラインド・デス・メタルからの影響を反映させていった極上の初期デス・メタルでしたが、前身となったこのMUTILATOR時代の音源は聴いたことがなかったので、少々不安&期待していました。ところが・・・これが初期MUTILATED以上にクレイジーなスピードのリアル暴走デスラッシュでモノ凄い!!!録音後に操作してピッチを上げたのでは?と思うくらいの速さで、SADUSがグラインド・スラッシュのスピードを必死に実現しようとしてるような感じです。でも、汚く速く、そしてサタニックに、とだけ考えて演奏したような感じなので、やはり初期KREATORを原点にした、MERCILESSやSLAUGHTER LORDのようなイーヴィルな猛速スピード・デスラッシュとの共通性を強く感じます。初期デス・メタル・ファンはもちろん、オブスキュア・スラッシュ・メタル・マニアにも絶対に聴いてほしい音源デス!!
10 | 2015/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR