RECORD BOY

Metal Punk till Armageddon!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨日火曜を臨時休業としましたので、本日10月14日は営業致します。と開店時間頃にアップしたかったのですが、またしても遅くなりました。明日のEL ZINE発売前にメタル・パンク各種入荷してますので、これらも併せて宜しくお願いします!!


midnight-shitfucker-ep.jpg

・MIDNIGHT / SHITFUCKER - Split 7" 税込1,296円 (Hells Headbangers)

今やUSを代表するメタルパンク・バンドとなったオハイオのMIDNIGHTとデトロイトのSHITFUCKERによるSplit 7"がHells Headbangersからリリース!!先着限定222枚のレッド・ビニールというのもあったそうですが、気付いた時には完売。ショボい業界かと思われるかも知れませんが、いやはや、222枚をあっという間に売るなんて凄い話なんです。もちろん両バンドとも新曲を提供していて、Hells Headbangersの看板2バンドによるSplitにふさわしいレコードに仕上がっています。

MIDNIGHTは前作アルバム No Mercy For Mayhem路線のドライビング・メタル・パンク・チューンで疾走しています。Athenar氏はもともと大ファンだったSNIPERやSABBRABELLESあたりから、最近はDORAID, PARASITE, BIRTH RITUALなどのメタルパンク方面にも日本のバンドに入れ込んでいて、今回は彼の趣向が痛快に表れた内容となっています。ジャパニーズ・メタルパンク好きと言えばMIDNIGHTよりも先を行くSHITFUCKERは、ダークなバイオレンス風味にどこかファニーなキャッチーさも感じさせる、SHITFUCKER節が炸裂。もうすぐ発売されるEL ZINE 19号のメタルパンク特集号にバッチリタイミングを合わせたかのようなレコードのリリースです!!


bonehunter-eviltriumphs.jpg

・BONEHUNTER - Evil Triumphs Again CD 税込2,160円 (Hells Headbangers)

ABIGAILなどのジャパニーズ・メタルパンクを崇拝するフィンランドのヤング・メタルパンクス BONEHUNTERの2ndアルバムCDがHells Headbangersからリリース!!

MPDSマークも使ってるし日本語も多く登場して、今回もジャパニーズ・スタイルのメタルパンク一直線!かと思いきや、とてもフィンランドらしいメタルパンクへと進化した成長作です。Vo.とギター・サウンドがブラック・メタルっぽい質感になっていて、SATANIC WARMASTERが叙情D-Beatクラストやクラストっぽさを強めていた頃のABIGAILをやってるような感じです。ドカドカな完全なフィンランド型フリージング・コールド・ブラック・メタル・ナンバーも有り。この方向性は大正解ではないでしょうか!?こんなジャケなので気持ちに余裕のある人だけでもいいですが、北欧ブラック・メタル・ファンもぜひチェックしてもらいたい作品です。WOLFBRIGADE, DISFEAR, SATANIC WARMASTERファンにオススメ!!


gehennah-king-lp.jpg

・GEHENNAH - King Of The Sidewalk LP 税込2,916円 / CD 税込2,484円 (Osmose prod.)

ノルウェーのINFERNOと並んで、メジャー・スラッシュとは無縁のブラック / デス・メタル・シーンから続々生まれた90年代北欧スピード / スラッシュ・メタル・リバイバル・ムーブメントを代表するバンドの一つ、スウェーデンのGEHENNAHの初期作品が、オリジナル・リリース以来20年弱の月日を経て遂に再発。1stアルバムは今やカルト・レーベルとなってきたPrimitive Artからのリリースだったのでいまだに再発されていませんが、Osmose移籍後のこの2種は、この機会にぜひ入手してください。

こちらは1996年発表の2ndアルバムです。VENOM直系スピード・メタルとして大成長したDecibel Rebelアルバムの好印象が当時は強かったので、復活作を聴いた時は、かなりメタル・パンク・テイストがアップしたように感じましたが、改めてこっちの2ndアルバムを聴くと完璧なナチュラル・メタル・パンクで、今更気付いた発見もけっこうあります。土台はMOTORHEAD, VENOM, WARFARE系統のR&R色の濃いタイプながら、そこに北欧R&Rのアナザー伝統も染みついたグラム系のキャッチーさもにじみ出ていて、昨今のメタル・パンクの源流的なスタイルとも言える名作です。つんのめるような、と言うか足がもつれてスッ転びながらも突き進み続けるようなドラムと、ヨレっヨレのギター・ソロはまるでパンクですが、ここはただ単にパンキッシュとは言わずに、メタル・ドランキーと言うべきかと思います。プレスリーのカバーもやったりと、曲によってはANTISEENに接近していた頃のCHAOS UKみたくもあります。バイオレンスでドランクなメタル・パンク・ファンは必聴のマスト・アイテムです!!



gehennah-decibel-lp.jpg

・GEHENNAH - Decibel Rebel LP 税込2,916円 / CD 税込2,484円 (Osmose prod.)

こちらは1997年発表3rdアルバムです。前作までのキャッチーさは残しつつ、DESTRUCTION型のリフ・ワークなどもバッチリきまった、VENOM直系スピード・メタルとして大成長した傑作です。ノルウェーINFERNOっぽさもある曲も増えてますし、トム・アラヤ・スタイルのハイ・トーン・シャウトも飛び出したりしますが、もともとはthe COFFINSHAKERSのRob CoffinshakerやVOMITORYのRonnie RipperなどによってVENOMのカバー・プロジェクトとしてスタートしたバンドで、このアルバムもR&Rテイストの濃いスピード・メタルの土台がガッチリまとまっています。前作までは非常にアクの強い極悪メタル・パンク・サウンドが激渋すぎるので、スラッシュ寄りなスピード・メタル・ファンにはこちらの方がとっつきやすいかも知れません。

WHAT IS METAL PUNK!!その答えはいくつもあって一つも核心をついてないままでいるのが一番いいと個人的には思いますが、その解答例の単純明快な一つとして常に或る「メタルヘッズとパンクスが一緒にバンドやる」っていうのを多く輩出したのが、やはりスウェーデンなのです。LOUDPIPES然り、MOMENT MANIACS然り、そしてこのRob Coffinshakers氏在籍のGEHENNAHも然り、です。



englishdogs-themetalyears.jpg

englishdogs-themetalyears-book.jpg

・ENGLISH DOGS - The Metal Yeras 2CD 税込2,808円 (Candlelight)

ONSLAUGHTやSACRILEGEと並んで80's UKクロスオーバー・メタル・パンクの代表格 ENGLISH DOGSの、タイトル通りヘヴィメタル/スラッシュ・メタルに最も接近した時期の作品4種をまとめたCDが、Candlelightから2枚組でリリース。


CD1 Tracks 01-04 : To The Ends Of The Earth MLP (1984年)
CD1 Tracks 05-14 : Forward Into Battle LP (1985年)
CD2 Tracks 01-03 : Metalmorphosis MLP (1986年)
CD2 Tracks 04-12 : Where Legend Began LP (1986年)


代表曲 Psycho Killerなどに表れていたように、最初期はGBHタイプのドライブ感を備えたパンク・バンドとしてスタートして、To The Ends Of The Earth MLPから劇的にメタルコア化。ほほえましいくらいSLAYERのEvil Has No Boundariesの歌メロをそのままパクったAmbassador of Fearのように、スラッシュ・メタルからの触発もあったでしょうが、もっとドラマチックなへヴィメタルを意欲的に取り入れた素晴らしいセンスがENGLISH DOGSの特徴で、ソリッドなリフ, ドラマチックな展開, 哀愁のメロディーが全てバランスよくミックスされた、To The Ends Of The Earth ~ Metalmorphosisまではいつ聴いても文句なし最強激渋。そしてこの機会に、当時から今もほとんど針を落としていないWhere Legend Beganもじっくり聴いてみようと思います。

そしてこのCDの最大のセールス・ポイントは、メタルコア期ENGLISH DOGSのキー・マン Gizz Buttによる各曲の解説&ネタばらしと、メガ極渋カッコよすぎる写真満載のジャケ・ブックレット!!これですよ、、、これなんです。こういうことなんですよ、メタルパンクは!!!WHAT IS METAL PUNK!!ドラマーのPinchを筆頭に、バカでかい頭髪のメタルパンク・ルックスも完璧に決まってきた頃で、せんだみつおのような顔面でハゲてて動きも気持ち悪かろうが、Adie (ex. ULTRA VIOLENT)だって激渋にカッコいい。この頃のENGLISH DOGSの写真を見てると、白髪で薄くなろうが、いつまでもスリム・ジーンズを穿き続けようと心に誓うのです。

Boss Tuneage new releases!!


immolatotomatos-stumbling.jpg

・IMMOLATO TOMATOES - Stumbling Block : Complete Recordings '86-'88 CDR 税込2,160円 (Boss Tuneage)

UKメロディック・パンク SLEEPのVo.が在籍したUKブライトンのハードコア・パンク・バンド。デモをまとめたコレクション・アルバムで、日本流通盤はジャケや帯の作りはいつも通りなのですが、ディスクがプロCDR仕様に変わっています。


Tracks 1-10 : 87年2ndデモ
Tracks 11-14 : 88年3rdデモ
Tracks 15-22 : 1stデモ


7 SECONDS, ARTICLES OF FAITH, NAKED RAYGUN, etcのメロディーもあるUSHCに影響されたであろうスタイルで、いかにも80年代後期当時のUKHCらしいサウンドです。メロコア以前のメロディック・スラッシュは、STUPIDSやFirst Strikeリリースのバンドが好きな人にオススメ!!



hex-poison-cdr.jpg

・HEX - Poison in the system CDR 税込2,160円 (Boss Tuneage)

後にH.D.Qを結成するメンバーがやっていたUKHCパンクのコレクション・アルバムがBoss Tuneageからリリース。日本流通盤で、こちらもジャケや帯の作りはいつも通りなのですが、ディスクがプロCDR仕様に変わっています。WARWOUNDまではプレスCDでしたが、今後はCDRになってしまうんでしょうか・・・。


Tracks 1-5 : Poison In The System (1986年 2ndデモ)
Tracks 6-8 : 3rd DEMO (1986年)
Tracks 9-11 : 4th DEMMO (1987年)
Tracks 12-14 : 5th DEMO (1987年)


いかにもUKパンクらしいアナーコ・フォーキーな旋律が哀愁を漂わせるスタイルで、THE MOBやPOLITICAL AYLUMなどのファンにはたまらないであろうサウンドです。これぞUKメロディック・パンクのルーツ!

09 | 2015/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR