RECORD BOY

Japanese Punks!!


life-zudaskrust.jpg

life-zudaskrust-tape.jpg

・LIFE / ZUDAS KRUST - Split TAPE 税込864円 (Doombring)

東南アジア・ツアーに旅立ったばかりの東京ハードコア・パンク LIFEと、その東南アジア・ツアーをサポートするインドネシア・ジャカルタのクラスト・パンク・ハードコア・バンド ZUDAS KRUSTによるSplitカセットです。

つい最近まで情報がさほど拡散されてなかったリリースですので面食らってるファンも少なくないかと思いますが、これはLIFEはドラマーが変わった現在の編成での初音源ですので、ファンならば一刻も早く聴きたいところでしょう。個性的過ぎる各パートの中でも、ロウなドラミングは最大の特徴であり魅力でもあったLIFEのサウンドに整合感が生まれて、メタルコア・ロウ・パンク・スラッシュとして劇的に激化しています!!ダーティーな演奏とノイジーな感触はそのままですので、クラスト・ファンからメタルコア・ファンまで必聴の新録2曲です。

ZUDAS KRUSTは日本のクラストコアにも影響されたようなスタイルですが、最近アメリカに多いロウ・パンク・ノイズ・スラッシュなヤツじゃなくて、DOOMとDISORDERのミックスみたいな感じもあるし、FRAMTIDの影響も強そうで、ちょっと懐かしいタイプです。欧米クラスト・シーンのトレンドとは無縁ながら、未熟な感じやモッサリした鈍臭さもなくて、気合いとひたむさが良い感じで表現されていると思います。今クラストが一番熱いのは、東南アジアだ!!


* ケースが破損してるのが少しありましたので、キレイなものから売っていきます。



asukaandbumservants-st.jpg

・ASUKA AND THE BUM SERVANTS - S/T 7" 税込864円 (Pogo 77)

2015年1月に始動した東京の女性Vo.スパイキ―・パンク・バンドの1st 7"が、Pogo 77から限定600枚でリリース。TOM AND BOOT BOYS / Pogo 77のイマムラ氏や、EXTINCT GOVERNEMNTのRicky氏も参加していますが、やはりVo.のASUKAさんのアストラばりにド派手なルックスに目を奪われます。しかしサウンドはストリート・パンク・シーンのベテランがバックアップしてるだけあって、へヴィなロウ・パンク・ハードコア・チューンを連発する本格派オールドスクール82ハードコアで仰天!!ATTAKとかが好きな80'sハードコア・ファンにもぜひ聴いてもらいたいです。

「2015年1月より活動を開始した、FEMALE VOCAL UK82 STYLE HARDCORE PUNKバンド、ASUKA AND THE BUM SERVANTSの5曲入り1st EPが早くもリリース!EXTINCT GOVERNMENT、TOM&BOOT BOYSの現メンバーに、ex:DISCLAPTIES、ex:BEER BERRYのメンバーが集まったと聞けば当然期待も高まるが、このレコードはあえてそれらの名前を一度忘れてフラットな気持ちで聴くことをオススメしたい。レコードに針を落とすといきなりの轟音でアドレナリンが上がりまくるハードで分厚い音!そこにASUKA嬢の声高VOICEが相まって、UK 80'S初期のVICE SQUADやEXPELLEDやデンマークのELECTRIC DEADS、そして日本のTHE COMESやTHE NURSE辺りが好きな人なら悶絶必至のハードコア・パンク・ナンバー揃いになっている!随所で見られる、サビで男女ツインの掛け合いVoになるパートも、80'sパンクのソレを思わせてニヤニヤが止まらない(5曲というのもあの頃のEPを思わせてイイんだよね)!全世界のパンクスよ、このサウンドでPOGO出来なきゃ何聴いてPOGOるんだ!?」

nAo12xu(†13th Moon†)



doyouwannabeapunkrocker.jpg

・V.A. - Do You Wanna Be A Punk Rocker? 7" 税込1,080円 (Pogo 77)

POGO 77からリリースされた、ジャパニーズ・スパイキー/ポゴ/ストリート/ロウ・パンク・オムニバス7"EPです。ASUKA AND THE BUM SERVANTS, RECONSIDERATION, BEER BELLY, PISTOL JOKE, QUESTIONS AND ANSWERS, F.I.Nの6バンドが集まって、パンク学校の授業風景のようなジャケも面白いですし、ポスターとブックレットも付いた、満足度の高いレコードです。

「国内で活動する新鋭〜新バンド6組をPOGO77独自のチョイスで集めたオムニバスEPが登場!収録メンツは、1st EPも同日リリースとなる、初期VICE SQUADやELECTRIC DEADS、THE COMESを思わせるFEMALE VOCAL 82スタイル・ハードコア・パンクで突っ走るASUKA AND THE BUM SERVANTSに、GAI〜初期THE SWANKY'Sを思わせるノイジー&トラッシー・ナンバーをぶっ放すRECONSIDERATION。良い意味でスカスカヘロヘロのポップでポゴい(POGO-Oi!)スカヘロ・ポゴ・パンク・ナンバーが耳に残るBEER BELLY。もはやTHE EXPLOITED(というかALTERNATIVE)やDEMOB(というかThink Straight)すら感じるハードな直球ナンバーをぶつけて来る今話題のQUESTIONS AND ANSWERS。打って変わってザ・ルースターズ〜VEKTOR路線を思わせるキザい日本語パンク~ロックを披露するF.I.N。そしてDISORDER直系のポゴ・ノイズ・パンク・ロックで耳を劈く新潟発信のPISTOL JOKEという顔ぶれ。どのバンドも正規音源としては初となるテンション高いキラー・トラックをブチこんでいて、2015年のパンク・シーン最前線の刺激と衝動がギュンギュンに詰め込まれたネヴァー・エンディング・リピート決定盤だ!まさにスクール・オブ・パンク・ロックなジャケも最高♪」

nAo12xu(†13th Moon†)



mosomoso-colormebloodred.jpg

・MosomosO / COLOR ME BLOOD RED - Hey! SPLIT CD 税込1,296円 (男道)

Crew For Lifeからの1st EPが以前に入荷していたMosomosOと、超絶パワー・バイオレンス・バンド COLOR ME BLOOD REDの札幌パンク・スラッシュ2バンドによるSplitが男道レコードからリリース。デジパックCDです。

MosomosOは80's USHCのキャッチーさと変態性が90年代以降のパワー・バイオレンス・スタイルで表現されたような、すっとんきょうでハイパー・ファストで目まぐるしく展開するレイジング・スピード・ファニー・パンク・スラッシュ!!COLOR ME BLOOD REDはより変態的な超絶カオティック・パワー・バイオレンスですが、演奏と曲のセンスがバツグンでこれは凄い!!初期パワー・バイオレンスの殺伐さやジャジーでムーディーな雰囲気もあるパートなど、コロコロ曲調を変えながら、畳みかけるように襲いかかるショートカット・ナンバーの連射で、引き出しの多さと完璧な演奏が素晴らしいです。全編ファニーなムードに包まれていますが、パワー・バイオレンス・ファンには絶対オススメの激烈Splitです!!



camarada-roys.jpg

・カマラーダ (CAMARADA) / ROYS - Split CD 税込1,620円 (Break The Records)

鉄アレイやFORWARDなどの重鎮から、全国各地の地方都市バンドまで精力的にリリースを重ねるBreak The Recordsから発売された、静岡ハードコアSplit CD。カマラーダは元SUGARメンバー、ROYSは元RAIDのメンバーも在籍するということで、SUGARとRAIDはDiscreteからSplit 7”も出していましたから、これはDiscreteファンにはたまらないCDです。静岡ハードコアの伝統とも言われたロング・モホーク・ヘアーのメンバー写真も嬉しいです。

両者とも期待を裏切らない熱血ジャパコア・サウンドが炸裂しています。静岡ハードコア名門レーベル D.I.S. RecordsからCDも出ていたカマラーダは、キャッチーな覚えやすい曲調と悲痛なシャウトがミスマッチしたパンク・スラッシュ。ROYSはアクの強いVo.が特徴のドライビング・ハードコア・パンクで、両バンドともにジャパニーズ・スタイルの伝統を頑なに守るかのようなパンク・バンドです。

LIFEBLOOD - Shattered Wishes DIGIPACK CD


lifeblood-shattered.jpg



・LIFEBLOOD - Shattered Wishes DIGIPACK CD 税込1,620円 (Weird Truth prod.)

ブラック・メタル・バンド SUNGODDESSの男性メンバーらによる東京のフューネラル・ブラック・ドゥーム・メタルの、Weird Truth prod.から限定600枚デジパックCDでリリースされた1stアルバムです。

まさしく絶望という表現が完璧にはまるデプレッシブ・ドゥーム・メタルで、暗く哀しい旋律が好きな人はぜひ聴いてもらいたいです。冷たいメロディーを激烈に表現するブラックではなく、プログレ的なソフトな質感を、プログレッシブな志向とは真逆とも言えるネガティブなはかなさで表現したような音楽です。相変わらず海外のデス・メタル・シーンで猛威を振るう、機材や録音技術だよりの雰囲気ポーザーなリチュアル・デス/ブラックの表現方法とはまるで違い、シンプルなバンド編成による陰鬱さも素晴らしくて、ブラック/ドゥーム・メタル・ファン以外のロック・ファンに広く聴いてもらいたい絶望ミュージックです。

FeMetal Deadness!!


deathpenalty-st.jpg

deathpenalty-pic.jpg

・DEATH PENALTY - S/T 2LP 税込3,996円 / CD 税込2,592円 (Rise Above)

CATHEDRALが活動を停止して、ギターのGaz Jennings氏が始めた女性Vo.ドゥーム/へヴィメタル・バンドの10曲入り1stアルバムです。女性Vo.とドラマーはI Hate Recordsからデビューして後にRise Aboveと契約したベルギーのドゥーム・メタル・バンド SERPENTCULTのメンバーで、ベーシストもベルギー人なので、イギリス&ベルギーの混合編成と言うより、割合で言えばベルギー人の占める率が大きいのですが、やはりGaz氏が中心となって結成されたバンドのようです。Rise Aboveからのリリースで、アナログ盤はゲートフォルド・スリーブの2枚組、CDはスリップケース付きです。

WITCHFINDER GENERALを崇拝していたCATHEDRALのGazがバンド始めて、その名前がDEATH PENALTYなんて、ちょっと安直すぎると感じた人はやはり自分の周りでも少なくなかったのですが、この1stアルバムはそんなDEATH PENALTYに大して期待してなかった辛口なファンにも大好評で、デビュー7"とは明らかに気合いの入り具合いが違います。いきなりWITCHFINDER GENERALまんまな重厚刻みで疾走するナンバーでスタートしますが、起伏に富んだ曲調はMERCYFUL FATEの要素も絶妙に導入していて、曲の完成度と、何度も言いますが演奏のテンションが素晴らしいです。Michelle NoconさんのVo.も表情豊かで、WFGやTROUBLE調の重厚なへヴィメタル・ナンバーでは熱くキュートにシャウトするフィメタルVo.スタイルがとても頼もしいし、妖しくウィッチングなオカルト・ナンバーではけだるく歌い上げています。あと、リズム隊のコシの強いへヴィな演奏は本当に素晴らしい。ドゥーム/正統派/女性Vo.メタル、あらゆるファンが大満足できるであろう傑作です!!



lucifer1.jpg

lucifer-pic.jpg

・LUCIFER - Lucifer I LP 税込3,240円 / CD 税込2,484円 (Rise Above)

SONIC RITUALのギタリスト Linnea Olssonと2012年に結成したTHE OATHがデビューから瞬く間に世界中で大反響を呼び、一躍注目の女性メタル・シンガーとなったJohanna Sadonisが新たに始動させたドゥーム・へヴィメタル・バンドの1stアルバムLPです。ドラマーもTHE OATHのサポート・メンバーだったAndrew Prestidge氏(現ANGEL WITCH)で、実質JohannaさんがTHE OATHを継承してやってるようなバンドです。Rise Aboveからのリリースで、この作品からギターをGaz Jennings氏(ex.CATHEDRAL, 現DEATH PENALTY)が担当して、さらに話題を振りまいている注目作です。

ギターのLinneaの方に俺は100%身を捧げていた、という人でもなければ、とりあえずTHE OATHのファンは間違いなく必聴のカッコよさです。このJohannaさんという人は本当に不思議な魅力を持った女性シンガーで、超人的なレンジの声域や、自己主張のウザいトゥーマッチにエモーショナルな歌唱法などとは正反対の、むしろ無表情なくらいに淡々と低~中音域中心に歌う旋律が素晴らしく妖艶で、この無表情な哀愁が、非常に70年代ヴィンテージなテイストに近づけていると思うのです。思えば、梶芽衣子や沖雅也とか、70年代昭和なクールさというのはほとんど棒読みだったのに激渋でした。また解説が横道に逸れる前にLUCIFERの話に戻りますと、THE OATHとの決定的な違いはやはりLinneaじゃないGazのギターで、Gaz氏参加前に2枚出しているEPを聴いてないので比べようがないのですが、随所にCATHEDRAL的な重苦しさが感じられます。しかし、DEATH PENALTYとも感触がまるで違うし、女性Vo.のバックでギターを弾く2つのバンドを使い分けているGaz氏と、そしてそのGaz氏のギターをバックに歌うタイプの異なる2人の女性Vo.を聴き比べる意味でも、ぜひLUCIFERもDEATH PENALTYもこの機会に併せて聴いてみてください。

Satan's Thrash!!


satanscross-ep.jpg

・SATAN'S CROSS - S/T 7" 税込1,296円 (Dying Victims prod.)

メキシコ出身オカルト・スピード・メタル・バンドのデビューEPが、Dying Victimsからリリース。「この8月から気ままな旅に出ます」とアナウンスして、しばらくレーベル活動をほったらかして1年以上の旅に出ていってしまったDying Victimsモノの一連の到着品アップも、これで一通り終了です。限定500枚リリースで、カラー・ビニールの類は存在しません。

メンバーは他にもオカルト・メタル・バンドをやってる連中のようで、DEATH SS系の本格的なオカルト・ドゥーム・パートからブラック・スピード・メタルへと展開するA面の曲はなかなかのモノです。疾走パートはけっこうシンプルな構成で、そこだけ聴いてるとBATHORYやCELTIC FROST影響下のブラック・スピード・メタル・バンドですが、疾走パート・オンリーで聴かせるB面ナンバーも悪くないです。日本にはごく少数しか居ないだろうけど、MORTUARY DRAPEなどのファンはぜひチェックしてください!!



rapedgod666-theexecutioner-pic.jpg

・RAPED GOD 666 - The Executioner PICTURE LP 税込2,484円 (Stress Hormones)

メキシカン・デスラッシュ・メタルの2008年発売2ndアルバムが、SAURONをLP化したStress Hormonesからピクチャー盤でLP再発。Iron Boneheadからも2009年にLP化されてましたが現在は入手不可能ですし、発売当時も好評だった作品ですので、未聴の方はこの機会にぜひどうぞ。

手数の多いテクニカルでパワフルなドラミングを土台に、ベイエリア系にも匹敵するクランチ・リフで爆走するゴリゴリなイーヴィル・デスラッシュで、久しぶりに聴いてもやっぱりコレはカッコいい!!演奏の切れ味も、楽曲の完成度も文句なしだし、EXODUSのゼトロにも似た感じだけどガラの悪いVo.がまたかっこよくて、ブラジルのパーティー・スラッシュとはまるで違う、メキシカンらしい治安の悪さが音に表れた名盤。オススメです!!
08 | 2015/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR