RECORD BOY

Italian Hardcore Classics!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかったカート・アップを先ほど完了しました。受注メール返信対応は木曜日以降になります。


rawpower-4cdbox.jpg

・RAW POWER - The albums 1982-1989 4xCD BOXSET 税込4,320円 (F.O.A.D.)

イタリアン・ハードコア・パンクを代表するバンド RAW POWERの初期4作品をまとめたCDボックスが、F.O.A.D.から限定300セットでリリース。先に再発リリースされていたYou Are The Victims / Scream from the Gutter / After Your Brainの3枚に加えて、89年発表の3rdフル・アルバム Mine To Killもボーナス・トラックを12曲も追加したEXTENDED VERSIONデジパックとなってCD再発されて、このボックスセットに含まれています。そのボーナス・トラックのうち4曲は完全未発表で、後に再録などもされることなくお蔵入りとなった曲のようです。CDx4枚が収まるスリップケースに収納されていて、布切れにロゴをシルクプリントしたDIY仕様のパッチも付いています。スリップケースにナンバリングも入っています。


CD1 : Your Are The Victim (1983) + God's Course DEMO (1982)
CD2 : Screams from the Gutter (1984)
CD3 : After Your Brain – Redux (1986)
CD4 : Mine to Kill (1989) + Unreleased Recordings (1989)


You Are The VictimからAfter Your Brainまでの作品については、それぞれ各単独販売品の商品解説を読んでいただくとして、ここではMine to Killについて解説します。と言っても、自分も恐らくちゃんと聴いたのは今回が初ですが、完全なメタルパンク・アルバムでビックリ!!RAW POWERはクロスオーバーじゃなかったけど結成時からツイン・ギターで、Scream from the Gutterアルバムから参加したDavide氏のハードロック・フィーリングもあるギター・プレイ&ファッションは最高にいかしてました。でもMine to Killは完全にスラッシュ・メタルに触発されたスタイルで、ENGLISH DOGS, LEGION OF PARASITES, BROKEN BONESなどのUKメタルコアに近い重厚ダーティーなサウンドがカッコいいです。



italianpunkhardcore-dvd.jpg

・ITALIAN PUNK / HARDCORE 1980-1989 THE MOVIE / IL FILM DVD 税込1,620円 (F.O.A.D. / LoveHate80)

初期イタリアン・ハードコア・パンクのドキュメンタリーDVDが、LoveHate80とF.O.A.D.の共同制作でリリース。ミュージシャンはもちろん、レーベルやファンジン編集者など当時の関係者へのインタビューや、ライブ映像は50バンド以上を収録した全2時間に及ぶDVDです。


WRETCHED
NEGAZIONE
C.C.M.
IMPACT
RAW POWER
BLOODY RIOT
UPSET NOISE
NABAT
UNDERAGE
PEGGIO PUNX
CRASH BOX
INDIGESTI
KINA
DECLINO
BLUE VOMIT
RAF PUNK
INFEZIONE
STIGMATHE
FALL OUT
CHAIN REACTION
and many more..


今まで乱発されてきたWRETCHEDの再発リリースで考えてみてもなんとなく察することできるように、イタリアのパンク・シーンもいろいろ事情があるようですが、このDVDはF.O.A.D.とLoveHate80が共同でリリースしたという事実が、一番画期的かも知れません。イタリアのリリースですのでPALリージョン。つまり、日本では再生して見るにはPCということになります。スルーしようかとも思いましたが、実は今回のF.O.A.D.の入荷はレーベル・オーナーでCRIPPLE BASTARDSヴォーカルのGiulio氏が、今年8月の「チェルシーの日」を観に来るために来日した際に直接持ってきてくれましたので、通常は掛かるイタリアからの送料が今回入荷分は掛かっていません。つまり、次回入荷しても現在の為替レートではこのような値段では販売できませんので、この機会に仕入れてみました。RAW POWER 4CD BOXも同様です。ヨーロッパでの発売は9月7日だったため、インターネットでの販売は9/7以降にしてほしいということで、今日までカート・アップしてきませんでしたが、現時点で入荷させてる日本の店は当店だけという情報を聴きつけた熱心なお客さんからのご注文も既に少なからずいただいています。今回は最高のチャンスだと思いますよ!!

Thrash till Death!!


* MION'S HILL, DEATHSTORM, etc、楽しみにしていたDying Victims prod.の新作が各種到着しましたが、「この8月から気ままな旅に出ます」とアナウンスして、しばらくレーベル活動をストップすることになりました。その期間は、最短で1年!!レーベル活動の再開は、早くて2016年末だそうです。旅、なげーよ・・・。リリースしたバンドにしてみたら「おい!なんだそれ!!」って感じでしょうが、とにかく、今回品切れたら再入荷は2016年末以降までお待ちください・・・。


poseidon-backfrom.jpg

・POSEIDON - Back from the Abyss : The Anthology CD 税込1,836円 (Dying Victims prod.)

80年代後期の数年間のみ活動した知る人ぞ知るジャーマン・スラッシュ・メタル・バンドの全音源CDが、ドイツのDying Victimsからリリース。デモと12"を89年に発表したのみでしたが、1000枚プレスで自主リリースされた唯一のレコードは、マニアやコレクターの間ではけっこう愛されている作品のようです。所謂、王道のクサレ・メタルで、METALUCIFERのジャケ壁なんかに飾ってあるようなレコードを集めている人達にとっては、たまらなく魅力的なポンコツ・カルト・スラッシュ・メタル・クラシックです。


TRACKS 1-3 : The Final Gate 12" (1989年)
TRACKS 4-8 : Close the Abyss (1989年)


いきなりOUTBREAKそっくりな線の細いエピック・メタル・リフでスタート(バックで聴こえる風の音までOUTBREAKまんま!)しますが、その後はSODOM直系と言うかSodomy And Lustみたいなシンプル突進スラッシュがジャーマン以外の何物でもないクサレっぷりでサイコーです。当時のスラッシュ・メタル・バンドの定番ファッションとも言える、MISFITSやDEAD KENNEDYSなどのUSHCの白いTシャツを着たサッパリ系メンバーも居ながら、プードル・ヘアーにベースボール・キャップ被ったマリオひげメタルヘッズがエアロビ・スパッツ着用という、ドイツじゃなければ変態として通報されそうなジャーマン・メタル流スラッシャーも居て、とりあえず当時のあの空気を知る者にとっては、この再発で初めて知ったくせにいきなり懐かしさと愛着がわいてします。ハードコアにも実際触発されているのか、田舎臭くアカ抜けないキャッチーなメロディーはDARKNESSっぽくもあります。ロゴのデザインも最高だなぁー!!VECTOMやMINOTAURなどのジャーマン・スラッシュ・ファンならばぜひ聴いてほしいサウンドです。



mionshill-torture-lp.jpg

・MION'S HILL - Torture LP 税込2,484円 (Dying Victims prod.)

DARKTHRONEをボスとするノルウェー・コルボン拠点のメタルヘッズ連、通称 Kolbtn Thrashers Unionの中でも突出した個性を放つMION'S HILLが、Dying Victimsから新作2nd LPをリリース。ちょっと変則的な構成のアルバムで、A面に2015年新録4曲、B面に2012年の1stデモ4曲を収録した全8曲入りです。前作1stアルバム Black Deathで惚れ込んでしまい、デビュー・デモも再発を願ってきましたし、新作ももちろん早く聴きたかったので、これはナイスなLPです。裏面にカラー写真を掲載した歌詞インナーの他に、ポスターとステッカーも付いています。限定カラー・ビニールの類は存在しません。

とりあえず、今回もHELLHAMMERでCELTIC FROSTでDREAM DEATHなドゥーム・スラッシュ・メタル全開で最高です!!ロウな志向を強調すると安易にノイジーに走るバンドがほとんどの中、このバンドの非ノイジーな生々しいガレージ・ダークネスのロウネスは素晴らしいと思います。フリージングなメランコリック・ブラック・メタルなんかよりも初期ブラックっぽさに近い荒涼とした雰囲気だし、90年代オブスキュア・デス・メタルを聴いてるようにも錯覚します。と言っても、やっぱりその全てがHELLHAMMER ~ CELTIC FROSTの方法論のみで表現されていますので、OBLITERATIONやNEKROMANTHEONなどがメジャー・クラスに匹敵するクォリティーで勝負しているのに対して(ちなみに、MION'S HILLのギタリストはOBLITERATIONのヘルプ・メンバーです)、このMION'S HILLがKobotn Thrashers Union連中の中でも、CELTIC FROSTウォーシップが土台となっているDARKTHRONEのFenriz氏の感覚に一番近いアンダーグラウンド・マニアックを追及しているバンドだと思います。バンド名の由来はもちろんSABBATでしょうし、Kolbotnじゃないですが近年はSABBATウォーシップを強めてきているDEATHHAMMERもFenriz氏のお気に入りで知名度を上げましたから、次のブレークは絶対にこのMION'S HILLだ!!とは、なりそうもないアングラ臭がまたいいんです。



deathstorm-thegallow-10.jpg

・DEATHSTORM - The Gallows EP 10" 税込2,160円 (Dying Victims prod.)

前作As Death Awakesアルバムが大穴満塁ホームラン級の大成長で大好評だったオーストリア産スラッシュ・メタル DEATHSTORMの4曲入り新作10"です。今回はドイツのDying Victimsからのリリースで、ジャケ・デザインの逆三角形ステッカーが付いています。

しかしまー、わかる人には見てイッパツで分かるとおり、ジャケやインナーのデザインはスウェーデンの売出し中アーティスト Obsessed By Crueltyの仕事なので、今まで世話になったスウェーデンのI Hateを離れておきながら、まるで昨今のスウェディッシュ・メタルな雰囲気全開のレコードに仕上がっています。でも今思えば、ロゴのセンスも恐らくHYPNOSIAウォーシップを表したものでしょうから、スウェディッシュ・メタルに傾倒してるのは当初から一貫していたとも言えます。しかしサウンドはこのジャケ・センスと同じくらいスウェディッシュ・メタル・トレンドに触発されたようなスタイルに深化していて、なおさら興味深いです。この作品からツイン・ギターの4人編成となっていて、Terrible Certaintyの頃のKREATORに近い馬力型のデスラッシュが以前は最大の魅力でしたが、MERCILESSやHYPNOSIAなどの突進スウェディッシュ・デスラッシュに、ちょっとNIFELHEIM的イーヴィルなフレーバーもトッピングしたような感じになっています。しかし馬力は全く衰えていなくて、ホントこのパワーは素晴らしい!!激速ブラック・スラッシーなパートが増えたけど、ドラムのパワーは相変わらずなので、やっぱりTerrible Certainty時のKREATORがイーヴィルになったような雰囲気は失っていません。

Epicus Doomicus Metallicus!!


realmbuilder-blueflame-lp.jpg



・REALMBUILDER - Blue Flame Cavalry LP 税込2,484円 (I Hate)

待ち望んだアナログ盤も、444枚プレスのブルー・ビニールでようやくリリース!!物凄く地味な存在なのに過去2作品もかなり出足の早かった、アメリカNYのエピック・メタル・バンドの2013年発表最新3rdアルバムです。今回もスウェーデンのI Hate Recordsからリリース。

ジャケからMANILLA ROADやBROCAS HELMに代表されるUSエピック・メタル・ウォーシップなのは一応理解していたつもりだったけど、過去作品の解説を改めて読み返すと、恥ずかしいくらいに何もわかってなかったことを痛感しています。それでも苦労なく売れていたのは、私達よりもこのバンドの楽しみ方を良くわかってるお客さんがいてくださったからだと思うのですが、この3rdの素晴らしさは今のBOYならわかります。いや、全然わかってないようなバカみたいな例えをまたしますが、これはエピック・メタル版のU2ではないでしょうか!!USエピックメタルの叙情とドラマ性が深化を極めて、プログレッシブな作風になっているのですが、Vo.がへヴィメタルの仰々しいファンタジーとは正反対の、でもちゃんと説得力のあるエモーショナルな歌唱法で、なんかちょっとおかしくなる前のボノみたいにも聴こえちゃったんです。しかしこのエピック・プログレッシブな楽曲と、このVo.のマッチが、ちょっとトラッド/フォークなテイストも生み出してて、これが凄くいんです!!

この新しい感覚は、CORSAIRなどとともに、へヴィメタルにまた新しい波が生まれ出してるような期待も抱かせます。全4曲/30分超のアルバムですが、サンプル・トラック聴いて魅かれた人は、絶対にアルバム全編満喫できるハズです。USエピック・メタル・ファンも、そうでない人にもぜひ聴いていただきたい、シケシケ・エピック・メタルのニュー・ウェイブ!!オススメです!!



throaat-thelight-ep.jpg

throaat-pic.jpg

・THROAAT - The Light / Evil Dead 7" 税込972円 (Dying Victims prod.)

NATURのレフティ・ギタリスト Dino Destroyer氏が在籍するNYのブラック・ヘヴィメタルの2曲入り1st 7"です。NATURメンバーの中でも一番"Old Metal"っぽい雰囲気が強かったDestroyer氏が参加してる上、スキャットマンみたいなヒゲでハゲたルックスの別メンバーに親近感を抱いてみたら、その人がドラムとVo.を担当してキーボードも兼任するという、カッコよすぎる編成でした(ドラムVo.最高)。楽しみにしてたNATURの新作EPは全然売れないから、このTHROAATなんかもっとけどダメだろうけど、もうブチ切れてこれは2ケタ枚数入れた!!!円安&絶不況上等。逆切れでも泣き落としとでもなんとでも言ってくれ。Electric Assaultからのオムニバス Evil Spells vol.1にも参加してたけど、その時よりも飛躍的な大成長を遂げた傑作シングル!!カラー盤などの限定バージョンは存在しません。

商売上どれかのサブ・ジャンルに当てはめる必要はありますから、このTHROAATはブラック・メタルとなるかと思いますが、NATURとの共通点がいくつも発見できるようなタイプです。その要因は、やはりDestroyer氏の素晴らしくエピックなギター・プレイでしょう。曲調もファスト・パート:2に対し、スロウ~ミドル・テンポのパートが8割といった感じで、ユーロ・ブラックの荒涼とした黄昏と、ヴィンテージなオカルト・メタルから継承したドゥーミィーな感触は、MASTER'S HAMMER, BATHORY, SAMAEL, DARKTHRONE, MERCYFUL FATE, CANDLEMASSあたりからの影響を見事にブレンドしたように感じます。NEGATIVE PLANE症候群には含めたくないけど、あのへんのエピックなブラック・メタル・ファンにもオススメですが、サイケな感覚もないし、あくまでへヴィメタルの古典的様式に乗っ取ってる感じが強いです。ややこしく考えすぎず、NATURのブラック・メタル版といった感じで接してみても良いのかと思います。でもやっぱり、このブラック・エピック・へヴィメタルは、極上のMASTER'S HAMMERチルドレンとして捉えるべきじゃないでしょうか。スラッシュなタッチはないけど叙情性はCRUXのエピック・パートにも通じますし、ROOTやMASTER'S HAMMERに共通するオカルト・メタル叙情を強く感じさせます。



witchblade-oskuldernas-lp.jpg



・WITCH BLADE - Oskuldernas eld LP 税込2,592円 (Dying Victims prod.)

スウェーデンの若手へヴィメタル・バンドの1stアルバムが、ドイツのDying Victimsからリリース。CDで先に発表して、日本のクサレ・メタル好きの間でも話題となっていたようです。今回は限定オレンジ・ビニールでの入荷で、パッチとステッカーも付いています。

才能ある若者達がひしめき合うスウェディッシュ・メタル・シーンからまた出てきたNWOTHM系の有望株、かと思いきや、これがキョーレツにクサレたメタルで凄い!!メンバーは相当若そうな可愛い少年達ですが、METALUCIFER大好き!なアピールも感じさせる熱いメタル・ナンバーのオンパレードで、華やかなスウェディッシュ・メタル表舞台兄ちゃん達とはちょっと違うアングラ臭がいいです。しかし一番凄いのはこのボーカル。切ないエモーショナルなフレーズとハーモニーも聴かせるギターとは裏腹に、笑激級のメガ・ウルトラ音痴Vo.でこれでもかとシャウトしています。いや、これはもう曲やメロディーと全然関係ない言葉をただ大声で言ってるだけなんで、音痴とかのレベルじゃないです。スウェーデン語の歌詞が余計に無茶に聴こえさせてるみたいで、HELVETETS PORTが1stアルバムで確立した?カタカナ英語の棒読みVo.をも上回っています。ブラジルの80'sパンクみたいにも聴こえるし、VIO-LENCEを初めて聴いた時の笑激も思い出しました。あー、これは世界初のSean Killian on METALUCIFERかも知れない!!
08 | 2015/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR