RECORD BOY

ele-phant - Tobira DIGIPACK CD


elephant-tobira.jpg

・ele-phant - Tobira DIGIPACK CD 税込2,000円 (Hello from the Gutter)

ABNORMALS, KING GOBLIN, ex BUCKET-Tのメンバー3人から成る東京のジャンク・ドゥーム・ロック・バンドの1stアルバムCDです。

ギターレスながら轟音ベースがストーナー・ドゥームな曲を完璧に構築していて、オルタナ/ジャンク・ロック系のミニマルな骨格にエモーショナルな表情を加えています。そしてなんと言ってもABNORMALSでの長年の活動で、「日本一グレン・ダンジグなVo.」としてハードコア・シーンで定評のあったComi氏のソウルフルな日本語シャウトが素晴らしく、DANZIGやC.O.C.のようなブルージ―なエクストリーム・ハードロック・ファンにもぜひ聴いてもらいたい渾身の傑作に仕上がっています!!

ABIGAIL New T-Shirts


Nuclear War Now!製ABIGAILオフィシャルTシャツ新作が4種リリースされましたので、ご予約をお受けして入荷させたいと思います。

サイズはS / M / L / XLの4種で、Gildanボディ。値段は2000円台中~後半くらいになるかと思います。ご希望の方は通常のカート購入と同じように、サイズとご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れていただきたいのですが、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、この商品のみでカートを進めてください。また、既に売り切れてるデザイン/サイズもあるようですので、完売の際はご了承ください。


abigail-ilove-ts.jpg

・ABIGAIL - I Love Metal Sluts T-SHIRT (ご予約受付商品)



abigail-unholydeath-ts.jpg

・ABIGAIL - Ultimate Unholy Death T-SHIRT (ご予約受付商品)



abigail-unholygoat-ts.jpg

・ABIGAIL - Ultimate Unholy Goat T-SHIRT (ご予約受付商品)



abigail-sweetbaby-ts.jpg

・ABIGAIL - Sweet Baby Metal Slut T-SHIRT (ご予約受付商品)

Sabbaticalucifers!!!666!!!


sabbat-satanasword-lp-blue.jpg

・SABBAT - Satanasword LP LTD.180 BLUE MARBLE VINYL 税込2,916円 / LTD.666 BLACK VINYL 税込1,944円 (Iron Pegasus)

世界中のブラック/デス/スピード・メタル・ミュージシャンにも熱狂的信者が多く存在する、日本を代表するブラック・スピード・メタル SABBATの2000年発表7thアルバムがアナログ盤LPも念願の再発。これまでLPは2001年に限定500枚でリリースされたピクチャー盤のみでしたので、オリジナル以来14年目にして遂に実現した、初のジャケ付きLPということにもなります。Iron Pegasusらしいグロッシーな質感のゲートフォルド・ジャケで、2012年バージョンCDのGezol氏ジャケではなく、オリジナル・アートを使用したElizaveat氏によるデザインも嬉しいです。あと気付かなかったけど、ここで使われているライブ写真を提供していたのが、Wim Baelus氏 (Midian Creationsオーナー)だというのも感動的な事実です。MERCILESSのビッケみたいな顔とか、Metal Deadness SPLIT LPのジャケも手掛けた、アーティストとしても最狂に素晴らしいセンスを発揮していた80'sユーロ・アンダーグラウンド・スラッシュ/デス・メタル・シーン陰の立役者の一人です。ltd.666枚ブラック・ビニールとltd.180枚ブルー・マーブルのどちらかをお選びください。

前作 Karismaアルバムの延長線上にあるスタイルで、この頃のSABBATはオリエンタルなテイストが絶妙にトッピングされたブラック・スピードメタル・サウンドが、唯一無比の世界を築いてます。ヤング・スラッシャーも真っ青の疾走一直線ダーク・スラッシュメタル・チューンを中心に、ドラマチックな大作ナンバーも組み込んで、終始黒い緊張感とスピード感に満ちて、さらに日本メタル特有の哀愁メロディック・フレーズが随所に散りばめられた渾身の傑作アルバム。そしてこのアルバムは、オリジナル盤ピクチャーLPにはCD未収録の"Selfish Devil"というボーナス曲を1曲追加した全7曲入りだったのですが、この曲がどうやら他のコンピレーションなどにもいまだに全く再登場してないと思われるレア・トラック!!つまり、このSatanaswordのLPバージョン以外では聴くことができないのです。もちろん、今回のLPバージョンにもこの曲はボーナス収録されていますので、Sabbaticalucifersはぜひ入手してください!!



sabbat-20yearsofblokla-cd.jpg

・SABBAT - 20 Years of Blokula CD 税込1,620円 (Voz da Morte)

1995年にGezol氏自身のEvil RecordsからリリースされたSABBATの10周年記念ライブ・アルバム Live at Blokulaが、20 Years of Blokulaと改めてブラジルのレーベルから再発。ジャケもオリジナルのデザインをアップグレードしたような感じにカッコよくなっていて(カエル面の方が前面なのかイマイチ不明な作りなので、Metal Archivesにならってゴート面をフロントとして掲載しました)、カラー写真も満載。オリジナル盤以降これまで1度も再発されてなかった幻のライブ盤です。ETERNAL ELYSIUMの岡崎氏がサウンド・エンジニアを担当していて、30周年記念ライブの際のTemis氏, Zorugelion氏, Gezol氏の写真を掲載したミニ・ポスターが付いています。まだlow中心なスタイルだったオカルティックなGezol氏と、ヒステリックな金切りシャウトが日本人離れしているTemis氏との対照的なVo.の掛け合いによる初期名曲のオンパレード!!


1. The Seven Crosses of Damnation
2. Satan Bless You
3. Possessed of Room (Dead March)
4. Bird of Ill Omen
5. Reversed Bible
6. Evoke the Evil
7. Evil Nations
8. Total Necro...
9. Envenom into the Witches Hole
10. Disembody to the Abyss
11. Satan Is Beautiful
12. Hellfire
13. Ghost in the Mirror
14. Black Fire



metalucifer-drill-colombian.jpg

・METALUCIFER - Heavy Metal Drill CD COLOMBIAN VERSION 税込1,944円 (Sylphorium)

2015年の南米ツアーに合わせてコロンビアでリリースされた96年1st CDの再発盤です。R.I.P.盤とIron Pegasus盤でロングランの重要作ですが、これはオリジナルのMetal Proof Recs盤のレプリカ仕様となっていて、オリジナルに忠実な収録内容/ミックスですので、一見他の再発盤とは大差ないようでファンには実はけっこう違いの大きい再発盤です。

もはや現代のへヴィメタル・シーンにおけるダイハード・メタルの象徴的存在であり、世界中のメタル・ヘッズ/バンド関係者にリスペクトされるバンド、などと今さら説明も不要の、SABBATのGezol氏によるへヴィメタル・バンドの96年1stアルバム。世界中のカルト・メタル・レコードの熱い鋼鉄魂を今に蘇らせたような、メインストリームには絶対ない危うい感触を絶妙に表現した、これぞ真のダイハード・メタル!!!

Anti-Goth!!


* 毎週水曜日は定休ですが、シルバー・ウィーク祝日最終日の9月23日は営業致します。数か月留まっていたBLASPHEMYのダイハード・バージョンLPラスト・ストックなど、NWN!商品が到着しましたので、ぜひご来店ください!!!666!!!


blasphemy1-diehard1.jpg

blasphemy1-diehard2.jpg

・BLASPHEMY - Fallen Angel of Doom DIE HARD LP 税込5,940円 / REGULAR LP 税込3,240円 (Nuclear War Now!)

ブラック・メタルを語る上で絶対に欠かせない作品の一つである、カナダ・バンクーバー出身バンド BLASPHEMYの90年発表1stアルバムがLPも再プレス!!!666!!!オリジナルはNew Renaissanceと並ぶカルト・メタルの代名詞的レーベル Wild Ragsからリリースされて、NWN!による2007年の時の再発盤も近年では各種フォーマットがオリジナル盤に肉迫する勢いで高額プレミアがついて取引されています。ギャラの要求額が他のバンドと比べ物にらないくらい高いそうで、実はフルリスペクトするNWN!もさほど再プレスには乗り気じゃないという話も聞いたことがありますが、今回もアナログ盤は発売直後、あっちゅーまに完売(もう1回プレスするそうです)。レーベルはそれはもう大混乱だったそうで、おかげで確保してもらってたはずの各種バージョンもスッとばされてしまうし、別便で発送してもらった荷物は行方不明になるしで、久しぶりにNWN!とは険悪な空気が数カ月間漂っていましたが、とりあえずなんか続々リリースはしてるみたいですから、入れないわけにはいきません。まずはラスト・ストックかき集めてもらったBLASPHEMYのLPは送ってもらいました。お待たせして申し訳ありませんでした。今回はシングル・ジャケで、ポスターが裏ジャケのメンバー写真も載せたカッコいいデザインに変わっています。ダイハード・バージョンはレッド・ビニールで、ステッカーと特大フラッグ付き。高額なギャラのせいもあってお値段は高くなりましたが、もう海外のどこにも残ってないと思います。残ってたとしても、日本からオーダーしてこれより安く買えるところはないでしょう。

ブラジルのSARCOFAGOと並んで、90年代初めに北欧で爆発するブラック・メタルの確立にも大きな影響を及ぼし、現在のウォー・ブラック・メタルの原点ともなったバンドです。80年代中期には活動を始めて、89年に発表した1stデモはアンダーグラウンド・シーンで高く評価され、日本でもブラック・メタル第一世代ミュージシャンや関係者の間で評判となったそうです。もともとBATHORYウォーシップを強く打ち出していましたが、グラインドコアの要素も導入したようなスタイルへと激化し、BATHORYスタイルだったデモに熱狂したメタル・ヘッズで、この1stアルバムにガッカリした人は少なくなかった、という話もよく聞きます。しかしあの時代の、メタルもパンクもスラッシュもハードコアもデスもグラインドも、こぞってエクストリームな音楽を追求し、速さを競い合い切磋琢磨するバンドの姿は本当に美しく、サタニック・スキンヘッズを掲げたこのBLASPHEMYでさえ、当時のサンクス・リストを見ると、ジャーマンBLOODやAGATHOCLESあたりはもちろんのこと、ACCUSEDのトミーの名前や、「NAPALM DEATHのバンクーバーで最初のライブを実現してくれた」として地元のハードコア・パンク・バンド SUBVERSEの名前が載ってたりして、この極悪サタニック・メタル・スキンヘッズがハードコアのスピードに強く触発されていたのがよくわかります。そしてその純粋な衝動が激烈すぎる塊となって吐き出されたのが、この1stアルバムです。演奏力も音質も楽曲の完成度も、全てを度外視せざるを得ないムチャクチャなこの最強ルックス!!!有名な裏ジャケの恐ろしすぎる写真を眺め恐怖しながら堪能してください!!!666!!!



insulter-bloodspits.jpg

・INSULTER - Blood Spits, Violences and Insults CD 税込1,836円 (Nuclear War Now!)

1986年に結成されたブラジルのバンドで、当初は故Pussy Ripper (Vo.), D.D. Crazy (Dr.), Damned Sentry (Gu.)のSEXTRASHメンバー3人が在籍していたため、SEXTRASHの前身とも誤解されていた初期ブラジリアン・ブラック・デス・メタル・バンドのディスコグラフィーCDがNWN!からリリース。実際はSEXTRASHと切り離して別バンドとして活動していたそうで、その後3人はSEXTRASHの活動に専念するため脱退しますが、ハードコアのスピードとサタニック・メタルのスラッシュを融合した、当時は「デスコア」と呼ばれたスタイルのSARCOFAGOとSEXTRASHに次ぐバンドとして期待されながらも90年代初めに消えた、知る人ぞ知るカルト・バンドです。


Tracks 1-3 : "The Last Illusion" demo 1987
Tracks 4-6 : "The Insult" demo 1986
Tracks 7-9 : "Ignoring the Falsity" demo 1988
Tracks 10-15 : Rehearsal 1988


そしてこれが本当に超SARCOGAOそのまんまで、ブラジリアン初期デスコア・メタル・ファンは絶対に必聴デス!!!666!!!ご覧のとおりメンバー写真もモロだし、無理してアレコレ言う必要もないのでしょうが、強いて言えば、88年デモはDESTRCUTIONのようなダーク・テクニカル・スラッシュ・メタルを目指したようなスタイルに進化しているのが興味深いし、そしてこれもけっこう悪くないです。この後期の進化も考慮して改めて聴くと、実際けっこう初期からテクニカルなリフにもチャレンジしようとしていたところも見うけられます。ただまぁ、リハなんかはNECROFAGOのように蠅が飛び回ってるみたいな非常に不愉快で不穏な雑音にまみれてて、やはり南米冒涜ノイズ・デストロイ・メタル・ファン狂喜の発掘音源です。



sadistikexekution-30years.jpg

・SADISTIK EXEKUTION - 30 Years of Agonizing the Dead CD 税込1,836円 (Nuclear War Now!)

伝説のデスラッシュ・メタル SLAUGHTER LORDのギタリストや、ウルトラ・メガ・レア盤な1988年LPがIron Boneheadから再発されて話題になったAGGRESSAのドラマーなども初期に在籍した、オーストラリア最凶のカルト・ブラック・デス・メタル・バンド SADISTIK EXEKUTIONの初期デモとEP音源を収録したコレクション・アルバムがNWN!からリリース。


Tracks 1-2 : "Agonizing the Dead" DEMO (1992年)
Tracks 3-4 : "Suspiral" DEMO (1991年)
Tracks 5-6 : "Demon with Wings" EP (1996年)
Tracks 7-9 : "Sadistik Elektrokution" EP (1997年)


SLAUGHTER LORDはKREATORがダークネスを増幅しながら破壊的デスラッシュを突き詰めたようなスタイルで、SADISTIK EXEKUTIONとの関連性を抜きに考えても、初期デス/ブラック・メタルを検証する際のプロト・タイプとして必ず名の上がるバンドの一つですし、MAYHEMのEuronymous氏がこのSADISTIK EXEKUTIONのTシャツを着ていたのも有名です。BESTIAL WARLUSTの前身となったCORPSE MOLESTATIONよりも早くから活動していたので、その辺のヴィクトリア・シーンのベスチャルなブラック・デス・メタルにも影響を与えたのでは?と妄想したくなるようなベスチャル・カオスな曲調もありますが、やはり初期SAD.EXの魅力はSLAUGHTER LORDが原始に回帰したようなプリミティブなデスラッシュ・テイストではないでしょうか。このコンピレーションのアタマ2曲の92年デモなんて、まるで暴走スピードが倍速になったSLAUGHTER LORDのようで激渋カッコよすぎる!!!666!!!おおまかに分類してブラック・メタルの源流は、BLASPHEMYとBEHERITを頂点とするグラインド・ノイズの手法も取り入れたタイプと、MAYHEMとSARCOFAGOに代表されるような、VENOMやSODOMなどの初期スラッシュ・メタルが核になったスタイルの2つになるかと思いますが、このSADISTIK EXEKUTIONの1stアルバム・タイトルにもなったMagusの92年デモ・バージョンなんか、その両者の完璧な融合のような最凶キラー・チューンです。



abominator-barbarian-cd.jpg

・ABOMINATOR - Barbarian War Worship CD 税込1,836円 (Nuclear War Now!)

IGNIVOMOUS / ex. DESTROYER 666, etcドラマーのChris Volcano氏と、ex. BESTIAL WARLUSTのAndrew Undertaker氏によって94年に結成されたオーストラリア・デス・メタルの、2010年にNWN!から2枚組LPでリリースされた初期デモ集アルバムが遂にCD化されました。


Tracks 1-6 : Barbarian War Worship (1995年)
Tracks 7-13 : The Conqueror Possessed (1997年)


BESTIAL WARLUST譲りのフィジカルなゴリゴリ・ブラスティング・ブラック・デス・メタルに、テクニカルなリフ・ワークでオールドスクール・デス・メタル・プライドも強くアピールしたスタイルが激渋なバンドです。CORPSE MOLESTATIONの原始性の上で、SODOMのカオスとMORBID ANGELのクレイジー・テクニカルな要素が爆発したような感じは、壮絶なドラミングとのコンビネーションのせいもあって、REVENGEとの共通性も感じます。CORPSE MOLESTATIONからDESTROYER 666などへと継承された、raw war系OZデス・ブラック・ファン必聴のグレート・バンドです!!



ysengrin-liber-diehard.jpg

・YSENGRIN - Liber Hermetis DIE HARD 2LP 税込4,752円 / REGULAR BLUE VINYL 2LP 税込4,536円 (Nuclear War Now!)

フランスのドゥーム・デス・メタル・バンドの、2011年発表1stアルバムに2010年のデモもプラスして、NWN!が2枚組でヴィニール化再発したものです。1stアルバムはドゥーム系メタル好きの一部では高評価を得ていた作品だそうで、今回が初LPリリースとなります。ダイハード・バージョンはゴールド・ビニールで、ステッカーとパッチ付き。レギュラー・バージョンはltd.100枚のブルー・ビニールで入荷しました。


Tracks 1-10 : Tragedies - Liber Hermetis (2011年)
Tracks 11-14 : Alchimete (2010年)


重厚なデス・メタル・リフ、繊細なアルペジオ、そして唸るようなヴォーカルも淡泊なまでに無感情な冷たさで、Profound LoreやParasitic Recordsリリースの北米エクスペリメンタル・ドゥーム・デス・メタル・ファンにオススメですが、そこにフレンチ・アンダーグラウンドらしいモダンさや、欧州産ブラックの殺伐さも加わっています。これでオーバー・プロデュースな質感だと完全に昨今のリチュアルな雰囲気重視型となりますが、レーベルではSAMAEL, ROTTING CHRIST, MYSTIFIERファンにオススメと言っているように、確かに根っこはそのあたりのブラック・メタルのたそがれに近いかも知れません。特に、2010年デモはギリシャっぽい憂鬱さです。IRKALLIAN ORACLEや、Weird Truthリリースの欧州産叙情ドゥーム・デス・メタル好きもぜひチェックしてみてください。

Japanese Punks!!


life-zudaskrust.jpg

life-zudaskrust-tape.jpg

・LIFE / ZUDAS KRUST - Split TAPE 税込864円 (Doombring)

東南アジア・ツアーに旅立ったばかりの東京ハードコア・パンク LIFEと、その東南アジア・ツアーをサポートするインドネシア・ジャカルタのクラスト・パンク・ハードコア・バンド ZUDAS KRUSTによるSplitカセットです。

つい最近まで情報がさほど拡散されてなかったリリースですので面食らってるファンも少なくないかと思いますが、これはLIFEはドラマーが変わった現在の編成での初音源ですので、ファンならば一刻も早く聴きたいところでしょう。個性的過ぎる各パートの中でも、ロウなドラミングは最大の特徴であり魅力でもあったLIFEのサウンドに整合感が生まれて、メタルコア・ロウ・パンク・スラッシュとして劇的に激化しています!!ダーティーな演奏とノイジーな感触はそのままですので、クラスト・ファンからメタルコア・ファンまで必聴の新録2曲です。

ZUDAS KRUSTは日本のクラストコアにも影響されたようなスタイルですが、最近アメリカに多いロウ・パンク・ノイズ・スラッシュなヤツじゃなくて、DOOMとDISORDERのミックスみたいな感じもあるし、FRAMTIDの影響も強そうで、ちょっと懐かしいタイプです。欧米クラスト・シーンのトレンドとは無縁ながら、未熟な感じやモッサリした鈍臭さもなくて、気合いとひたむさが良い感じで表現されていると思います。今クラストが一番熱いのは、東南アジアだ!!


* ケースが破損してるのが少しありましたので、キレイなものから売っていきます。



asukaandbumservants-st.jpg

・ASUKA AND THE BUM SERVANTS - S/T 7" 税込864円 (Pogo 77)

2015年1月に始動した東京の女性Vo.スパイキ―・パンク・バンドの1st 7"が、Pogo 77から限定600枚でリリース。TOM AND BOOT BOYS / Pogo 77のイマムラ氏や、EXTINCT GOVERNEMNTのRicky氏も参加していますが、やはりVo.のASUKAさんのアストラばりにド派手なルックスに目を奪われます。しかしサウンドはストリート・パンク・シーンのベテランがバックアップしてるだけあって、へヴィなロウ・パンク・ハードコア・チューンを連発する本格派オールドスクール82ハードコアで仰天!!ATTAKとかが好きな80'sハードコア・ファンにもぜひ聴いてもらいたいです。

「2015年1月より活動を開始した、FEMALE VOCAL UK82 STYLE HARDCORE PUNKバンド、ASUKA AND THE BUM SERVANTSの5曲入り1st EPが早くもリリース!EXTINCT GOVERNMENT、TOM&BOOT BOYSの現メンバーに、ex:DISCLAPTIES、ex:BEER BERRYのメンバーが集まったと聞けば当然期待も高まるが、このレコードはあえてそれらの名前を一度忘れてフラットな気持ちで聴くことをオススメしたい。レコードに針を落とすといきなりの轟音でアドレナリンが上がりまくるハードで分厚い音!そこにASUKA嬢の声高VOICEが相まって、UK 80'S初期のVICE SQUADやEXPELLEDやデンマークのELECTRIC DEADS、そして日本のTHE COMESやTHE NURSE辺りが好きな人なら悶絶必至のハードコア・パンク・ナンバー揃いになっている!随所で見られる、サビで男女ツインの掛け合いVoになるパートも、80'sパンクのソレを思わせてニヤニヤが止まらない(5曲というのもあの頃のEPを思わせてイイんだよね)!全世界のパンクスよ、このサウンドでPOGO出来なきゃ何聴いてPOGOるんだ!?」

nAo12xu(†13th Moon†)



doyouwannabeapunkrocker.jpg

・V.A. - Do You Wanna Be A Punk Rocker? 7" 税込1,080円 (Pogo 77)

POGO 77からリリースされた、ジャパニーズ・スパイキー/ポゴ/ストリート/ロウ・パンク・オムニバス7"EPです。ASUKA AND THE BUM SERVANTS, RECONSIDERATION, BEER BELLY, PISTOL JOKE, QUESTIONS AND ANSWERS, F.I.Nの6バンドが集まって、パンク学校の授業風景のようなジャケも面白いですし、ポスターとブックレットも付いた、満足度の高いレコードです。

「国内で活動する新鋭〜新バンド6組をPOGO77独自のチョイスで集めたオムニバスEPが登場!収録メンツは、1st EPも同日リリースとなる、初期VICE SQUADやELECTRIC DEADS、THE COMESを思わせるFEMALE VOCAL 82スタイル・ハードコア・パンクで突っ走るASUKA AND THE BUM SERVANTSに、GAI〜初期THE SWANKY'Sを思わせるノイジー&トラッシー・ナンバーをぶっ放すRECONSIDERATION。良い意味でスカスカヘロヘロのポップでポゴい(POGO-Oi!)スカヘロ・ポゴ・パンク・ナンバーが耳に残るBEER BELLY。もはやTHE EXPLOITED(というかALTERNATIVE)やDEMOB(というかThink Straight)すら感じるハードな直球ナンバーをぶつけて来る今話題のQUESTIONS AND ANSWERS。打って変わってザ・ルースターズ〜VEKTOR路線を思わせるキザい日本語パンク~ロックを披露するF.I.N。そしてDISORDER直系のポゴ・ノイズ・パンク・ロックで耳を劈く新潟発信のPISTOL JOKEという顔ぶれ。どのバンドも正規音源としては初となるテンション高いキラー・トラックをブチこんでいて、2015年のパンク・シーン最前線の刺激と衝動がギュンギュンに詰め込まれたネヴァー・エンディング・リピート決定盤だ!まさにスクール・オブ・パンク・ロックなジャケも最高♪」

nAo12xu(†13th Moon†)



mosomoso-colormebloodred.jpg

・MosomosO / COLOR ME BLOOD RED - Hey! SPLIT CD 税込1,296円 (男道)

Crew For Lifeからの1st EPが以前に入荷していたMosomosOと、超絶パワー・バイオレンス・バンド COLOR ME BLOOD REDの札幌パンク・スラッシュ2バンドによるSplitが男道レコードからリリース。デジパックCDです。

MosomosOは80's USHCのキャッチーさと変態性が90年代以降のパワー・バイオレンス・スタイルで表現されたような、すっとんきょうでハイパー・ファストで目まぐるしく展開するレイジング・スピード・ファニー・パンク・スラッシュ!!COLOR ME BLOOD REDはより変態的な超絶カオティック・パワー・バイオレンスですが、演奏と曲のセンスがバツグンでこれは凄い!!初期パワー・バイオレンスの殺伐さやジャジーでムーディーな雰囲気もあるパートなど、コロコロ曲調を変えながら、畳みかけるように襲いかかるショートカット・ナンバーの連射で、引き出しの多さと完璧な演奏が素晴らしいです。全編ファニーなムードに包まれていますが、パワー・バイオレンス・ファンには絶対オススメの激烈Splitです!!



camarada-roys.jpg

・カマラーダ (CAMARADA) / ROYS - Split CD 税込1,620円 (Break The Records)

鉄アレイやFORWARDなどの重鎮から、全国各地の地方都市バンドまで精力的にリリースを重ねるBreak The Recordsから発売された、静岡ハードコアSplit CD。カマラーダは元SUGARメンバー、ROYSは元RAIDのメンバーも在籍するということで、SUGARとRAIDはDiscreteからSplit 7”も出していましたから、これはDiscreteファンにはたまらないCDです。静岡ハードコアの伝統とも言われたロング・モホーク・ヘアーのメンバー写真も嬉しいです。

両者とも期待を裏切らない熱血ジャパコア・サウンドが炸裂しています。静岡ハードコア名門レーベル D.I.S. RecordsからCDも出ていたカマラーダは、キャッチーな覚えやすい曲調と悲痛なシャウトがミスマッチしたパンク・スラッシュ。ROYSはアクの強いVo.が特徴のドライビング・ハードコア・パンクで、両バンドともにジャパニーズ・スタイルの伝統を頑なに守るかのようなパンク・バンドです。

LIFEBLOOD - Shattered Wishes DIGIPACK CD


lifeblood-shattered.jpg



・LIFEBLOOD - Shattered Wishes DIGIPACK CD 税込1,620円 (Weird Truth prod.)

ブラック・メタル・バンド SUNGODDESSの男性メンバーらによる東京のフューネラル・ブラック・ドゥーム・メタルの、Weird Truth prod.から限定600枚デジパックCDでリリースされた1stアルバムです。

まさしく絶望という表現が完璧にはまるデプレッシブ・ドゥーム・メタルで、暗く哀しい旋律が好きな人はぜひ聴いてもらいたいです。冷たいメロディーを激烈に表現するブラックではなく、プログレ的なソフトな質感を、プログレッシブな志向とは真逆とも言えるネガティブなはかなさで表現したような音楽です。相変わらず海外のデス・メタル・シーンで猛威を振るう、機材や録音技術だよりの雰囲気ポーザーなリチュアル・デス/ブラックの表現方法とはまるで違い、シンプルなバンド編成による陰鬱さも素晴らしくて、ブラック/ドゥーム・メタル・ファン以外のロック・ファンに広く聴いてもらいたい絶望ミュージックです。

FeMetal Deadness!!


deathpenalty-st.jpg

deathpenalty-pic.jpg

・DEATH PENALTY - S/T 2LP 税込3,996円 / CD 税込2,592円 (Rise Above)

CATHEDRALが活動を停止して、ギターのGaz Jennings氏が始めた女性Vo.ドゥーム/へヴィメタル・バンドの10曲入り1stアルバムです。女性Vo.とドラマーはI Hate Recordsからデビューして後にRise Aboveと契約したベルギーのドゥーム・メタル・バンド SERPENTCULTのメンバーで、ベーシストもベルギー人なので、イギリス&ベルギーの混合編成と言うより、割合で言えばベルギー人の占める率が大きいのですが、やはりGaz氏が中心となって結成されたバンドのようです。Rise Aboveからのリリースで、アナログ盤はゲートフォルド・スリーブの2枚組、CDはスリップケース付きです。

WITCHFINDER GENERALを崇拝していたCATHEDRALのGazがバンド始めて、その名前がDEATH PENALTYなんて、ちょっと安直すぎると感じた人はやはり自分の周りでも少なくなかったのですが、この1stアルバムはそんなDEATH PENALTYに大して期待してなかった辛口なファンにも大好評で、デビュー7"とは明らかに気合いの入り具合いが違います。いきなりWITCHFINDER GENERALまんまな重厚刻みで疾走するナンバーでスタートしますが、起伏に富んだ曲調はMERCYFUL FATEの要素も絶妙に導入していて、曲の完成度と、何度も言いますが演奏のテンションが素晴らしいです。Michelle NoconさんのVo.も表情豊かで、WFGやTROUBLE調の重厚なへヴィメタル・ナンバーでは熱くキュートにシャウトするフィメタルVo.スタイルがとても頼もしいし、妖しくウィッチングなオカルト・ナンバーではけだるく歌い上げています。あと、リズム隊のコシの強いへヴィな演奏は本当に素晴らしい。ドゥーム/正統派/女性Vo.メタル、あらゆるファンが大満足できるであろう傑作です!!



lucifer1.jpg

lucifer-pic.jpg

・LUCIFER - Lucifer I LP 税込3,240円 / CD 税込2,484円 (Rise Above)

SONIC RITUALのギタリスト Linnea Olssonと2012年に結成したTHE OATHがデビューから瞬く間に世界中で大反響を呼び、一躍注目の女性メタル・シンガーとなったJohanna Sadonisが新たに始動させたドゥーム・へヴィメタル・バンドの1stアルバムLPです。ドラマーもTHE OATHのサポート・メンバーだったAndrew Prestidge氏(現ANGEL WITCH)で、実質JohannaさんがTHE OATHを継承してやってるようなバンドです。Rise Aboveからのリリースで、この作品からギターをGaz Jennings氏(ex.CATHEDRAL, 現DEATH PENALTY)が担当して、さらに話題を振りまいている注目作です。

ギターのLinneaの方に俺は100%身を捧げていた、という人でもなければ、とりあえずTHE OATHのファンは間違いなく必聴のカッコよさです。このJohannaさんという人は本当に不思議な魅力を持った女性シンガーで、超人的なレンジの声域や、自己主張のウザいトゥーマッチにエモーショナルな歌唱法などとは正反対の、むしろ無表情なくらいに淡々と低~中音域中心に歌う旋律が素晴らしく妖艶で、この無表情な哀愁が、非常に70年代ヴィンテージなテイストに近づけていると思うのです。思えば、梶芽衣子や沖雅也とか、70年代昭和なクールさというのはほとんど棒読みだったのに激渋でした。また解説が横道に逸れる前にLUCIFERの話に戻りますと、THE OATHとの決定的な違いはやはりLinneaじゃないGazのギターで、Gaz氏参加前に2枚出しているEPを聴いてないので比べようがないのですが、随所にCATHEDRAL的な重苦しさが感じられます。しかし、DEATH PENALTYとも感触がまるで違うし、女性Vo.のバックでギターを弾く2つのバンドを使い分けているGaz氏と、そしてそのGaz氏のギターをバックに歌うタイプの異なる2人の女性Vo.を聴き比べる意味でも、ぜひLUCIFERもDEATH PENALTYもこの機会に併せて聴いてみてください。

Satan's Thrash!!


satanscross-ep.jpg

・SATAN'S CROSS - S/T 7" 税込1,296円 (Dying Victims prod.)

メキシコ出身オカルト・スピード・メタル・バンドのデビューEPが、Dying Victimsからリリース。「この8月から気ままな旅に出ます」とアナウンスして、しばらくレーベル活動をほったらかして1年以上の旅に出ていってしまったDying Victimsモノの一連の到着品アップも、これで一通り終了です。限定500枚リリースで、カラー・ビニールの類は存在しません。

メンバーは他にもオカルト・メタル・バンドをやってる連中のようで、DEATH SS系の本格的なオカルト・ドゥーム・パートからブラック・スピード・メタルへと展開するA面の曲はなかなかのモノです。疾走パートはけっこうシンプルな構成で、そこだけ聴いてるとBATHORYやCELTIC FROST影響下のブラック・スピード・メタル・バンドですが、疾走パート・オンリーで聴かせるB面ナンバーも悪くないです。日本にはごく少数しか居ないだろうけど、MORTUARY DRAPEなどのファンはぜひチェックしてください!!



rapedgod666-theexecutioner-pic.jpg

・RAPED GOD 666 - The Executioner PICTURE LP 税込2,484円 (Stress Hormones)

メキシカン・デスラッシュ・メタルの2008年発売2ndアルバムが、SAURONをLP化したStress Hormonesからピクチャー盤でLP再発。Iron Boneheadからも2009年にLP化されてましたが現在は入手不可能ですし、発売当時も好評だった作品ですので、未聴の方はこの機会にぜひどうぞ。

手数の多いテクニカルでパワフルなドラミングを土台に、ベイエリア系にも匹敵するクランチ・リフで爆走するゴリゴリなイーヴィル・デスラッシュで、久しぶりに聴いてもやっぱりコレはカッコいい!!演奏の切れ味も、楽曲の完成度も文句なしだし、EXODUSのゼトロにも似た感じだけどガラの悪いVo.がまたかっこよくて、ブラジルのパーティー・スラッシュとはまるで違う、メキシカンらしい治安の悪さが音に表れた名盤。オススメです!!

Japanese Punks!!


* 毎週水曜は定休日ですので、受注メール対応は木曜日以降になります。ちなみに、来週のシルバー・ウィークは休まず営業することにしましたので、9/23(水)もお店を開けます。


drbreaker-meede.jpg

・Dr. BREAKER - Meede Cossaello CD 税込2,160円 (Bloodsucker)

前作 "三千世界の夜の闇をブチ壊して踊れ"以来9年ぶりとなる、島根県出雲市のトライバル・パンクスの2ndアルバムがBloodsuckerからリリース。

太鼓、チャッパ、ちんどん太鼓、締太鼓、ドラム、篠笛、ギター、ベース、ボーカルの9人編成で、お祭りを思わせるようなドンチャンとした和旋律とパンクを融合しています。TURTLE ISLANDファンにオススメです!!



vespera-vex.jpg

・VESPERA - Vex CD 税込1,620円 (MCR)

ex.D.S.B.のドラマー Eiji氏率いる東京ハードコア・パンクの全9曲入り1st CDです。

D.S.B., ANGELICA, ALLIANCE, CAPTUREDで活動してきたメンバーによる、東欧の女性Vo.メロディック・パンクに傾倒したスタイルのバンドです。演奏は荒々しく、女性Vo.は日本語の歌詞もメロディーもやはり欧米のそれとは明らかに異質で、そこがVESPERAの特徴となって際立っています。



knave-discography.jpg

・KNAVE - Discography of Darkcore-X CD 税込1,620円

ハードコア・パンク、クラスト、グラインドコア、デス・メタル、ブラック・メタルなどのエクストリーム・ミュージックの融合を目指すして2005年に大分で結成され、Darkcoreを掲げて活動するKNAVEの、デモ/1st CD/オムニバス曲/未発表の全曲を再録した全22曲入りディスコグラフィCD!!

収録曲
01. Resistance [part.2]
02. Salwian
03. Bullshit Everyone
04. The War Is Not Yet End...
05. 陰/陽
06. Envy
07. Life...
08. Wrath
09. Incubation Of The Maggot...
10. Decontrol
11. Prestuplenie i Nakazanie
12. Vain
13. For Grind
14. 絶望
15. Guilty
16. Circle Of...
17. Humanity
18. Infernal Crime
19. Darker Than Black
20. Aggregation Of Vanities
21. 無惨
22. No God Is Here...

Death Cult from the Graves!!


morbius-alienchrist.jpg

・MORBIUS - Alienchrist CD 税込2,052円 (Lost Apparitions)

USヴァージニアで1990年に結成されたデス・メタル・バンドの1995年発表CDの再発盤です。90年発表のデビュー・デモ The Shades Belowも後にCD化されていますが、フル・アルバムとしては本作が正式な1stアルバムと見なされているようです。オリジナル盤はオランダの初期デス・メタル名門レーベル Cyber Musicからのリリースで、近年の初期デス・メタル発掘ブームとともに人気が高まっていたという、ファン待望のオフィシャル・リイシューです。ジャケ・ブックレットには、メンバーによるセルフ・ライナー・ノートも掲載。

DECEASEDを筆頭に、DOOMSTONE, ARGHOSLENT, GRAND BELIAL'S KEY, etc、一癖あるアクの強いカルト・デス・メタル・バンドを生み出してきたヴァージニア産ならではの個性的なデス・メタル・サウンドで、初期オブスキュア・デス・メタル・マニアには聴き応え満点の名作と高く評価されています。ドラマーがARGHSLENTの人で、ARGHOSLENTギタリストも一時このバンドに参加していたようですが、テクニカルでドラマチックなARGHSLENTのサウンドと通じる点も発見できる、エピックなメロディーが特徴のデス・メタルです。変拍子や転調を多用しながらも、欧州産とはちょっと感触の異なるアメリカン・デス・メタルらしいエピックなムードが全体を覆っていて、激情とは正反対の冷たい叙情性は、MORGIONやSTARGAZERのたそがれにも通じるカッコよさです。TIME GHOUL, NOCTURNUS, MORGION, STARGAZER, etcをミックスするとこんな感じでしょうか?とにかく聴きこんでいくほどに惹きこまれる、エピックでディープなテクニカル・デス・メタルで、ヘッドフォン/イヤホンで聴いてると本当にハマります。やはりアメリカン・デス・メタルは恐るべし!!デス!!



dusk-dusk-majesty.jpg

・DUSK - Dusk / ...Majestic Thou In Ruin CD 税込2,052円 (Dark Symphonies)

USウィスコンシンのドゥーム・デス・メタル・バンドの、94年発表1stと95年発表2ndをカップリングした2in1 CDが、The CryptのCD部門レーベル Dark Symphoniesから限定1000枚でオフィシャル再発。1st CDのオリジナル盤はオランダの初期デス・メタル名門レーベル Cyber Musicからのリリースで、2ndが地元の超ド・マイナーなレーベルから出ていましたが、近年高まってきた再評価と比例して、超オブスキュアなリリースだった2ndの方のオリジナル盤CDが最近では1万円以上で取引される人気のメガ・レア高額アイテムと化しています。


TRACKS 1-6 : Dusk (1994年)
TRACKS 7-10 : ...Majestic Thou In Ruin (1995年)


オーストラリアの伝説的ドゥーム・デス・メタルdiSEMBOWELMENTからの影響を公言していて、サウンドもまさしくdiSEMBOWELMENT直系のエピック・グルーミィー・デス・メタルです。1st CDはスロウ・パートと言うよりもミドル・テンポ中心に変拍子や転調を繰り返しながらも、曲を構成するデス・メタル・リフは沈み込むような北欧バンドのような叙情的感触で、さらにそこにキーボードでゴシックな展開も大胆に盛り込んで、ストレンジですがアングラ・デス・メタルとしてのカルトな魅力と完成度は文句なし!!MORTHRA, DEAD END, PHLEBOTOMISED, MOURNINGなんかのダッチ・デス・メタルのlowエピックなバンドが好きな人には絶対オススメです。2ndはIT IS IやMORGIONのようなカリフォルニアのエピック・ドゥーム・デスにも似た雰囲気も出てきてますが、アヴァンギャルドな感覚はやはりdiSEMBOWELMENT直系でしょう。ラストは耽美な雰囲気漂う女性Vo.でフィニッシュします。

恥ずかしながら今まで全く知りませんでしたが、The Cryptのオーナー氏はAUTUMN TEARSというゴス/ダークウェイブ・メタルをやってた人で、Dark Symphonisというレーベルは自身のバンドをリリースすべく90年代後期には始動していた老舗でした。MORIGIONの2000年代CDやNOVEMBERS DOOMなどもリリースしてたようです。つまり、先にDark Symphonies有りきで、その後に再発アナログ専門レーベル The Cryptを起ち上げたということです。知らなかった・・・。これだから、1990~2000年代のアングラ・オブスキュア・メタル発掘盤の解説は、軽々しく分かったようなことが書けないし、また凄く面白いです。確かにThe Crypt / Dark Symphonisによる再発盤のドゥーム系の発掘リリースは、後追いではフォローしきれないオブスキュアな極上品が多いのも、これで完全に納得です。そういう意味でもこのDUSKは、実にThe Crypt / Dark Symphonisらしいグレートなリイシューと断言し、自信を持ってオススメで切る内容デス!!



cruciform-atavism.jpg

・CRUCIFORM - Atavism / Paradox CD 税込2,052円 (Dark Symphonies)

1990年代初め~中期にかけて短期間活動したオーストラリア・シドニーのデス・メタル・バンドの93年に発表した唯一の公式リリースCDが、95年デモとのカップリングでDark Symphoniesから限定1000枚オフィシャル再発。バンドは2012年からまた再始動していて、ボーナスで2014年ライブも収録した、現時点でのコンプリート・ディスコグラフィーな内容となっています。


TRACKS 1-6 : Atavism (1993年)
Tracks 7-8 : Paradox DEMO (1995年)


1stアルバムはスロウ~ミドル・テンポ中心のドゥーミーなデス・メタルだけど、ドゥーム・デスとは言わずに、速くないデス・メタルの極上品と言いたい雰囲気のある渋さです。テクニカルなリフのブラスト・パートもありますし、リフワークと感触もちょっと似たところがあるので、BOLT THROWERがエピックになったような感じでもあります。ただ、そのエピックなギター・ソロが絶品すぎるので、やはりドゥーム系初期デス・メタル・ファンにはたまらないものがあるかと思います。特に95年デモはドゥーム・ダークネスが増幅してながら哀愁も増していて、これは初期フューネラル・ドゥーム・メタル・ファンも悶絶の号泣絶品デモ!!ヴィンテージな70年代風音色にも聴こえるキーボードを強調して、それに呼応するかのようにギター・ソロもソウルフル&エモーショナルに泣いていて、かと思えば妖艶なソロが終わった途端に冷徹重厚な暗黒刻みスロウ・デス・メタル・リフへと展開したりします。このデモは、THERGOTHON, KATATONIA, PURTENANCE, SAMAELとそのメンバーによるスイスMISERYなんかのドゥーム・デス・メタル・ファンは絶対に聴くべきエピック・ドゥーム・デス・メタルの最強カルト・クラシックです!!



morpheus-sonof.jpg

・MORPHEUS (Sweden) - Son of Hypnos CD 税込2,052円 (Dark Symphonies)

Necroharmonicからw/ MASTICATION & EGYPTの3 Way Split CDの形でデモ音源が再発されていたEXHUMED (Sweden)を母体とし、1991年発表のIn the Arms of... 1st 12"が2013年にスペインのTemple Of Darknessから初CD化再発されて話題となったスウェディッシュMORPHEUSの93年発表唯一のフル・アルバムが、Dark Symphoniesから限定1000枚で遂にCD再発。The Cryptが再発をアナウンスしてから少なからずお問い合わせを頂いていましたが、流通の悪かったIn the Arms of...がCD化された頃からこの日を待っていたファンも多かったことと思います。オリジナルCDは初期スウェディッシュ・デス・メタル屈指のメガレア盤としてマニアが憧れるカルト・クラシックです。

しかしこの作品は、EXHUMEDのデモの頃からSunlightスタジオで録音してきてアンダーグラウンドで支持を集めたそれまでの彼らの音楽性から、よりプログレッシブな音楽性へと挑戦した意欲作で、王道のスウェデス・サウンドを求めるファンからはブーイングを浴びた問題作でもあります。しかし、今ではオリジナル盤が200ドル近くで取引されているという現状が全てを物語っているでしょう。オーストリアのDISHARMONIC ORCHESTRAなどに触発されたという、目まぐるしく展開するテクニカル・デス・メタルは、CARBONIZEDのようなアヴァンギャルド・グラインディング・デス・メタルよりも随所に初期デス・メタルらしさがにじみ出ていると思いますが、いかがでしょうか。フィンランドやUSペンシルバニアのデス・メタルなどが好きならば問題ないどころか、思う存分楽しめるかと思います。ギタリストとして参加していたおなじみ極悪激渋ギタリスト Sebastian Ramstedt氏 (ex.NECROPHOBIC, ex.NIFELHEIM, 現BLACK TRIP)によるセルフ・ライナーノートや、カッコいい写真の数々も必読必見。この機会に必ずや入手して体験しておきましょう!!


root-zjeveni-lp.jpg

・ROOT - Zjeveni LP 税込2,700円 (I Hate)

MASTER'S HAMMERと並ぶキングス・オブ・チェコ・カルト・ブラック・へヴィメタル ROOTの1stアルバムが、I Hate Recordsからオリジナル・バージョンLPも遂に再発。この1stアルバムは、The Revelationのタイトルで1999年に英語バージョンがリリースされ、その英語バージョンはNWN!からLP化再発されていましたが、母国語のオリジナル・バージョンのアナログ盤再発は、確かオリジナル以来これが初だったと思います。ご覧の通り、ジャケもカルト名盤の名に恥じない素晴らしいLPです。ジャケはツヤツヤのグロッシーな質感で、インナーもオリジナル通り再現した見事なレプリカです。今回はltd.333枚レッド/ブラック・マーブル・ビニールでの入荷です。

これ以降の作品では、クラシカルでオペラチックな唯一無比の東欧ブラック・メタルを確立してクォリティーの高い音楽性を見せ付けていきますが、この1stアルバムはSEや語りがウザいくらい多くて、恐らくKING DIAMONDのようなドラマ性のあるオカルト・ブラック・へヴィメタル作品にチャレンジしたかったんだろうけど、恐ろしいまでのカルト臭が充満しています。その要因は、Vo.と言うよりもホントに呪文のようなBig Boss氏のキョーレツなVo.に因るところが大きいのでしょう。しかし久しぶりに聴いてみると、ギタリストがCRUXの人だからか、重厚で切れ味もあるデスラッシュ・リフとタイトなリズム隊のコンビネーションは案外素晴らしくて、本当にKING DIAMONDのスラッシュ盤のような雰囲気もあります。ただ、曲作りのセンスは幼稚ですから、Big Boss氏が作ってたか、もしくは彼のスキルにバックが合わせたかのような、凄まじいカルト・クラシックに仕上がっています!!


mystifier-goetia-digipack.jpg

・MYSTIFIER - Goetia DIGIPACK CD 税込2,484円 (Greyhaze)

SARCOFAGOに次ぐキングス・オブ・ブラジリアン・カルト・ブラック・メタル、MYSTIFIERの93年発表2ndアルバムが、CogumeloのUSライセンス・リリースでおなじみのGreyhazeからデジパックでCD再発。片側3面のトリプル・フォールドで、ブックレット付き。


Goetia (1993年)

1. Aleister Crowley & Ordo Templi Orientis
2. An Elizabethan Devil Worshiper's Prayer Book
3. The Sign of the Unholy Cross
4. Caerimonia Sanguilentu
5. Beelzebub
6. The Realm of Antichristus
7. The True Story About Dr. Faust's Pact With Mephistopheles
8. Cursed Excruciation
9. The Sinuous Serpent of Genesis
10. the Baphometic Goats of Knights Templar in the 12th Century

Live at Pacha Club

11. Osculum Obscenum (Live)
12. Cursed Excruciation (Live)
13. The Sign of the Unholy Cross (Live)


IMPURITYと並ぶSARCOFAGOウォーシップではありますが、MYSTIFIERの場合はそこにBEHERITやBLASPHEMYのようなウォーブラックのテイストも導入してしまったのが最大の特長です。真っ黒けの極悪ブラック(黒人)メタル・ルックスも、まるでSARCOFAGOとBLASPHEMYの中間でした。この後の3rdアルバム The World Is So Good That Who Made It Doesn't Live Hereはアヴァンギャルドに暴走して、ROOTにも負けずとも劣らない世界感を確立した傑作ですが、この2ndアルバムは南米らしい呪術的な原始性に、VARATHRONみたいな叙情もちょっと顔を覗かせたりするのも素晴らしいです。1stと3rdはMYSTIFIERの異端性が爆発したような作品ですが、この2ndが一番南米ブラック・メタルとして完成度が高い、と評価する声が多いのも納得です。全南米暗黒鋼鉄信者必須の重要名盤です!!


sarcofago-diehard.jpg

sarcofago-diehard-book.jpg

・SARCOFAGO - Die...Hard! DIGIPACK CD 税込3,240円 (Cogumelo)

キングス・オブ・カルト・ブラック・メタル SARCOFAGOの、これまで20年以上に渡って世界中で出まくってきたブートレグに終止符を打つべく、Vo.のWagner Antichrist氏の全面協力のもとに遂にリリースされたデモ音源集オフィシャル・コレクション・デジパックCD!!!666!!!Cogumeloモノはホント最近値段もキツイのでまいってしまいますが、SARCOFAGOのオフィシャル・リリースにして限定1000枚ということですので、これはスルーするわけにいきません。デモのオリジナル・アートワークや当時の写真はもちろん、Wagner Antichrist氏自身によるセルフ・ライナーノートも掲載したブックレットも完璧な仕上がりです!!!


Tracks 1-4 taken from 1st demo tape (first version)
Tracks 5-8 taken from 1st demo tape (second version)
Tracks 9-12 taken from "Satanic Lust" demo tape
Track 13 taken from "Black Vomit" demo tape
Track 14 is an "I.N.R.I." demo rehearsal version
Track 15 to 17 taken from "Christ's Death" demo tape
Track 18 is an "Alcoholic Coma" rehearsal demo version from "Rehearsals 89"
Track 19 is a "Secrets of a Window" demo version
Track 20 is a "Satanic Lust" instrumental demo version


ファッションからサウンドまで、冒涜精神を全面に打ち出し、ブラック・メタルのスタイルと概念をイチ早く実践&確立して、世界中のアンダーグラウンド・ハードコア・メタル・マニアックスやミュージシャンを震撼させた、ブラジリアン・バンドです。デモを発表した頃のカナダのBLASPHEMYと親交を深め、MORBID / MAYHEMのVo.の故Deadが強くインスパイアされたのは有名な話です。初期SODOMを南米らしい原始的な邪悪さで再現し、さらにハードコアからの影響による激速ビートを崩壊寸前で叩き出して、サウンド面に於いてもブラック・メタルの原型を作り上げたバンドですが、ここで聴けるアルバム発表前のデモ音源は、さらに後のブラック・メタルに近いと言うか、ノイズ・ブラックをも凌駕する壮絶なデストロイ・メタル・ノイズでいつ聴いても凄まじい!!!666!!!



sextrash-xxx.jpg

・SEXTRASH - XXX 7" WHITE VINYL 税込1,944円 / BLACK VINYL 税込1,296円 (Greyhaze)

INSULTER, EXTERMINATOR, SARCOFAGOメンバーらによって80年代後期に結成された伝説のブラジリアン・サタニック・デスラッシュ・メタル SEXTRASHの89年発表1st 7"が、USのGreyhaze Recordsから待望の再発。近年、Cogmelo Recordsリリースの名作はOsmoseが積極的にヴィニール化再発して、ヨーロッパ流通のライセンス盤で入手しやすくなりましたが、本家Cogmeloはと言うと、相変わらずブラジル国外の流通はライセンス契約したレーベルに丸投げ状態で、現在日本ではCogumeloとGreyhazeリリースの方がOsmoseのライセンス盤より格段に流通が薄い状況が続いています。このSEXTRASHの7"はOsmoseは再発していませんので、オリジナルは入手困難なこの名作EPのレプリカを、ぜひこの機会に入手してください。限定ホワイト・ビニールも入荷してます!!

初期SAROFAGO時代にはDISCHARGEのTシャツを着た五寸釘モヒカン・ファッションでひときわ強烈な印象を放っていたドラマーのD.D.Crazy氏が在籍した初期作品は、SARCOFAGOファンならば問答無用の必須作品ですが、SARCOFAGO同様SODOMウォーシップを貫きながらも、よりもスラッシュな切れ味を強調したサウンドで、カルト・デスラッシュ・マニア全員必聴の名盤です。RottingアルバムのSARCOFAGOに非常に近い感触の、耳障りの悪い金属質でジャキジャキにソリッドなスラッシュ・リフを刻みまくり、そしてD.D.Crazy氏のドラミングが相変わらずの崩壊寸前雪崩式暴走2ビートでのたうちまわります。SADUS, MERCILESS, SLAUGHTERLORD, etcの南米崩壊版とも捉えて楽しめるカルト・クラシックです。



holocausto-campo-lp.jpg

・HOLOCAUSTO - Campo de Extermino LP GREEN VINYL 税込3,996円 / BLACK VINYL 税込3,240円 (Greyhaze)

SARCOFAGOやMUTILATORにも参加してたドラマーのArmando氏が在籍した伝説の初期ブラジル最凶崩壊デストロイ・メタル・ノイズ・デスラッシャーの名作87年1stアルバムもアナログ盤再発!!このHOLOCAUSTOのLPはGreyhaze Recs盤が歌詞インナーとミニ・ポスターの2枚インサートが付いてて、グリーン・ビニールも入手するチャンスに恵まれましたので、US盤で入荷させました。レギュラー・ブラック・ビニールも入荷しています。

初期SODOM系のイーヴィル・スラッシュに南米の原始的感覚を加えたようなサウンドはSARCOFAGOとも共通する方法論ですが、崩壊デストロイぶりはこのHOLOCAUSTOのほうが凄い!!この頃のメンバーのファッションは、ナチヘルにハーケンクロイツ腕章で上半身裸にガンベルたすきがけ、五寸釘リストももちろん装備しながらライフルを構えるというクレイジーぶり。オリジナル盤はインナーもナチズム・アート全開でしたが、とにかくクレイジーな初期ブラジリアン・デスラッシュを聴きたいのならこれです!!
08 | 2015/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR