RECORD BOY

KAPPUNK 2015.10.12


kapunk2015oct12-1.jpg

kapunk2015oct12-2.jpg

KAPPUNK 2015.10.12

10/12(Mon National Holiday)川崎 CUB CITTA'
OPEN 11:00 START 12:00 前売 3,500円 当店で発売中(告知ポスター付き) / 当日 4,000円

BAND

ANGER FLARES
ASSFORT
BLACK AND WHITE
九狼吽 (CLOWN) -nagoya-
THE DISCOCKS
DEATH SIDE (友情出演)
DISORDER -uk-
THE ERECTiONS.
FORWARD
FRENZY -pdx/usa-
The 原爆オナニーズ (The GENBAKU ONANIES) -aichi-
偶想DROP (GUUSOU DROP)
HAT TRICKERS
THE LAST SURVIVORS
LIFE
ORdER -aichi-
PILEDRIVER -yokohama-
THE PRISONER
:POIKKEUS: -osaka-
RADIOTS
ROCKET
THE SAVAGES
SxOxB -osaka-
SKIZOPHRENIA -tsuyama-
SMZB -china-
STAGNATION
SYSTEMATIC DEATH -yokohama-
TOM AND BOOTBOYS
恒正彦 (TSUNE MASA HIKO)
柳家睦&THE RAT BONES (YANAGIYA MUTSUMI & THE RAT BONES)
ZYANOSE -osaka-


弾語り/ACOUSTIC

ALKDO (Turtle Island) -aichi-
BAKI (Mosquito Spiral, ex Gastunk)
ダイオウイカ (DAIOUIKA)
FOLK SHOCK FUCKERS (ex UG Man, Limited Express Has Gone, Man Friday)
FUGU & JAM (Gauze/Jabara.)
極チカ (GOKUCHIKA from Gendou-Missile, Igirisu-jin)
ヒカリノ香車 (hikarino kyosha)
カブトとヤス&白子 (KABUTO TO YASU&SHIRAKO from Kikeiji)
クルイゴト (KURUIGOTO)
RICO & 藤沼伸一 (ex Anarchy)
TATSU (ex Gastunk .The Deadrocks)
WOLF (ex ZETT)

KAPPUNK特製DVD付!
4ステージ同時開催!!!

club CITTA' 出入り自由

3Kp coin=1,000yen
1Kp coin=400yen/1Kp coin=1food or 1drink or goods

KAPPUNK official goods shop
disk union
blackmeans
UK EXTRA
FOOD shop

PUNKカメラマンズ写真展

Drink持ち込み禁止

小学生以下のお子様の入場はお断りしております。

JAPANESE ASSAULT FEST 15


japaneseassaultfest15.jpg

JAPANESE ASSAULT FEST 15

11/7(土)東京・吉祥寺CLUB SEATA
OPEN 15:00 / START 16:00
出演:
ENFORCER (Sweden)
SUICIDAL ANGELS (Greece)
DIEMONDS (Canada)
UNITED (Japan)
GAUNTLET (Japan)

11/8(日)東京・吉祥寺CLUB SEATA
OPEN 14:00 / START 15:00
出演:
ENFORCER (Sweden)
SUICIDAL ANGELS (Greece)
DIEMONDS (Canada)
SOLITUDE (Japan)
IN FOR THE KILL (Japan)


<1日券>
Adv: \7,500 / Door: \8,000 / 1 drink order

<特典付き2日通し券>
当店で9/5より発売致します(当店では1日券の取り扱いはありません)
Adv: \13,500 / 2 drink order (1 per day)

Dead Stock / Used Stuff


2015aug30vinyls.jpg

今年は高円寺阿波踊り期間中の通販発送業務の遅れをお知らせする必要もないほどに、現在はお店がショボい状況に陥ってます。ご予約を募っていた商品を中心に、計4レーベルと配送トラブルが同時に発生するという信じられないことになっていて泣きたい気分ですが、こらえて踏ん張ります。

今年は「チェルシーの日」に合わせて海外から来たお客さんが例年以上に多く、仕込んでた中古盤もその時にかなり減りましたが、デッドストックや中古盤などの限定数量商品を久しぶりにカートにあげてみましたので、ご予算に余裕のある方はぜひチェックしてみてください。中古盤はご注文が入るとカートから消えるようにしてあります。

Book Thrashing Mad!!


kazuhirobook1.jpg

kazuhirobook2.jpg

kazuhirobook3.jpg

・KAZUHIRO - Trash Works 1982 to 2015 This is Not Art, This is Life BOOK 税込3,240円 (Hardcore Kitchen)

ex.BLOW ONE'S COOL ~ FIRST ALERTで、現在はBID'ahとLIQUID SCREENで活動するKazuhiro Imai氏がこれまで手掛けてきた数多くのジャケット・アートやフライヤーなどの作品をまとめた本がHardcore Kitchenから発売。

表紙を見てお分かりの通り、世界中のスラッシャー&グラインダーからエクストリーム・メタル・ヘッズまでを虜にした初期S.O.B.の歴史的名作や、今までウワサにしか聞いたことのなかったImai氏がS.O.B.のYasue氏&Toshimi氏やBRAIN DEATHメンバーと80年代中期にやってた知る人ぞ知るスラッシュ・バンド SELLTIC FROSTの85年ライブ・フライヤー(w/ COCKNEY COCKS & S.A.!!)など、単なるアートワーク集と言うよりも京都パンクのアーカイブ的一冊でもある、これは素晴らしい内容です!!最近だとLee Dorianのハードコア・パンク・バンド SEPTIC TANKのジャケ・アートや、S.O.B.やBattle Axe Gigフライヤーなどフォト・コラージュ、さらに2回目の来日の時の86年Pushead氏や、Yasue氏&Toshimi氏のSELLTIC FROSTでのライブ写真など、80年代の貴重な写真も多く掲載した全104ページ。共演がAGATHOCLESとDEATHCOREだったS.O.B.の初のヨーロッパ・ツアーの時のポスターとか、もうたまんない!!絶対に必見です!!



fastzine9.jpg

・FAST - Issue #9 ZINE 税込500円

パワー・バイオレンス/グラインド/クラスト/メタル・コア/ビート・ダウン/スラッシュなどをメインを取り上げて紹介する日本のファンジン FAST FOR SPEED FREAKSが、FASTと改名して超久々に新号を発表。90年代パワー・バイオレンス・ムーブメントを築き上げた最重要人物と言っても過言ではないChris Dodge氏(ex.SPAZZ, Slap A Ham Recordsオーナー。現在はLACK OF INTERESTメンバーらと新バンド TO THE POINTを結成し、またINFESTでも活動中)と、NAUSEA L.A.ドラマーのEric Castro氏のインタビューは、治安の悪さがエクストリーム(ハードコア&メタル)シーンとも密接に繋がってるUS西海岸ならではの横のつながりが垣間見えます。他にも、タフガイ系ビートダウン・ハードコア・バンドの紹介もこのZINEならではで、a389 Recordings系のハードコア・ファンにもオススメのZINEです!!


表紙:LOWERED A.D.

■クリス・ドッヂ(INFEST/TO THE POINT/ex-SPAZZ etc.)インタビュー等
■NAUSEAインタビュー
■LOWERED A.D.インタビュー
■STEEL CITY FIRMインタビュー
■RELAPSE RECORDS 25周年記念特集(RELAPSE JAPAN Jumbo氏)
■IRONFIST辰嶋氏コラム(DIE YOU BASTARD!/SCAMP等)
■H8MONGER氏コラム(DOGGY HOOD$)
■Naru氏コラム(OBLITERATION RECORDS/galleria de muerte)
■安藤竜氏コラム(BREAK THE RECORDS/SYSTEMATIC DEATH)
■田村直昭氏コラム
■CD/レコード・レビュー
etc

GRUESOME (Japan) - Another Reign CDEP


gruesomejapan-another.jpg

・GRUESOME (Japan) - Another Reign CDEP 税込1,296円 (Yellow Side)

大阪のベテラン・スキンヘッズ GRUESOMEの2015年新作3曲入りCDが、Yellow Side Recordsからリリース。疾走感溢れるサウンドで以前からハードコア・パンクスにもファンの多かった重鎮ですが、バツグンにキャッチーなメロディーとメタリックな感触でも、多くのバンド関係者を虜にしてきました。この待望の新作は、そのメタリックなスタイルをより突き詰めたGRUESOME節へと深化していて、スキンズ・ファンはもちろん、メタリックなストロング・サウンドが好きなあらゆる人にオススメの強力作です!!


「意識の四角を突くように、あらゆる音を嘲笑うように。 只、唯、獲物を狙う音。冷たい鱗が俺の心臓を締め付ける。 ...獰猛たれ!SKINHEAD MUSIC 獰猛たれ!GRUESOME」 -田中昭司(鐡槌)-

「18年の鎖を引きちぎり、鋼鉄の世界を揺るがせに舞い戻ってきた リボルバーでなくオートマチックに装填された音楽という名の銃弾グルーサム、18年間の咆哮」 -BLACK EAGLE(BDIB/ITFD)-



IRON FIST MAGAZINE - #14 BOOK


* 定休日前の火曜日なのですが、各地でトラブルが発生していて長らく待ってるのに届かないものが多く、今日は商品アップは少な目です。今度の土日の高円寺阿波踊り前に、なんとかもう少し商品アップできれば、と考えています・・・。


ironfist14.jpg

・IRON FIST MAGAZINE - #14 BOOK 税込1,620円

UKのTERRORIZER MAGAZINEの女性元編集者 Louise BrownさんがTERRORIZER MAGAZINEを去って始めたメタル・マガジン IRON FISTの14号です。編集者が注目しているバンドを有名無名にかかわらず紹介する、ファンジンの精神を貫くへヴィメタル・マガジンですので、場違いながらも大人の事情でなぜか掲載されてるようなバンドが一切登場しない、読みどころ&見どころ満載の内容です。インタビューももちろんですが、楽しみにしてる人も多いであろう、ミュージシャンによるレコード・コレクション紹介コーナーのHeavy Metal Hunterなど、作品を聴いてるだけではなかなか深くうかがい知ることが難しい部分も垣間見ることができますので、海外ZINEはもうほとんど売れないのですが、頑張って今後も入荷させていこうと思います。

表紙はPhil Lynottで特集はTHIN LIZZY。Scot Gorhamが当時の思い出を語っています。他にも、GIRLSCHOOL, TYGERS OF PAN TANG, オリジナル・ギタリスト Bernie Marsdenが語るWHITESNAKE, EUROPE, etc、往年のブリティッシュ・へヴィメタル/様式美ハードロックの色濃い雰囲気のする号です。しかし、もちろん最前線のエクストリーム・メタル勢も盛りだくさんで、NAPALM DEATH, ANATHEMA, MARDUK, SEXTRASH, RANGER, IRON LAMB, AKTOR, SATURNALIA TEMPLE, etcのインタビューも掲載。お馴染みの連載記事も面白くて、CAUCHEMAR / MORBID TALES ZINEのAnnick嬢によるメタル世界旅行日記 World Downfallは今回はアルゼンチン編。ミュージシャンが思い入れのあるコレクションを紹介するHeavy Metal Hunterは、ENFORCERのOlof氏が登場。「一番大金はたいたのはGOTHAM CITYの7"」、「アルゼンチンのRETROSATANやロシアのCONTRACTは、スウェーデンで楽に手に入るCANDLEMASSとかとトレードで入手できてラッキーだった」などと、コレクションにまつわるエピソードを語っています。

S.H.I. - 死 CD


shi1cd.jpg

・S.H.I. - 死 CD 税込2,160円 (Black Lodge)

ex. ZOUO, DANSE MACABREのNishida氏率いる大阪パンク S.H.I.の2枚の7"EP音源と新曲2曲、さらに2nd EP収録曲 "Struggling Harsh Immortals"のリミックス・バージョンも含む全9曲入り、限定666枚ペーパー・フォールド・スリーブCDです。インダストリアルとハードコア・パンクのソニックなエッジの融合も醍醐味のS.H.I.ならではの音楽性をさらに追及したような新曲2曲は、言うまでもなく必聴です。


STRUGGLING HARSH IMMORTALS are
Vo:NISHIDA(Cherry)(ex.ZOUO, DANSE MACABRE)
Gt:KOSHI(ex.NASHI)
Gt:MORIYAMA(どろろ, DANSE MACABRE)
Gt:DEBASO(ex.ZOUO)
Ba:TAMAI(THE RUDE BOYS)
Dr:KEIGO(THE STALIN, ex.NICKEY & THE WARRIORS)
Dr:MITCHUNG(ex.OUTO, Rise From The Dead)
NoiseTheremin:SHLA(GEWALT, 1-MINUTES, D-D-S)
Samples:AKII(OFFMASK 00)

収録曲
1. THEME*
2. GREEN HORSE*
3. REJECTION*
4. EMPTY INSIDE***
5. LUCIFER RISING**
6. SUICIDE SOLUTION**
7. NEW WORLD ORDER**
8. ENTER THE HELL***
9. SUICIDE SOLUTION(Dub Version)**

* "Struggling Harsh Immortals" re-mix
** "LUCIFER RISING" re-mix
*** 新曲


「ex.ZOUO、OUTO、DANSE MACABREなど関西ハードコアファンにはたまらないメンツもさる事ながら、オールドスクールなスタイルに止まる事のない、打ち込みやノイズを飲み込んだ漆黒の闇そして危機感が渦巻く現在進行形のサウンド!! 尚且つ、決してポップでは無いが耳に残るキャッチーな楽曲! ステージでの音圧、迫力は目撃した者なら周知の事実。特にシンガーのNISHIDA氏の世界観、その圧倒的な存在感は追随を許さない。全てはステージ、表現に凝縮させる。表現の説得力が全てなのだ。冷徹極まりない黒きダブMIX…九段めの階段から死刑台を転がり落ちた時にオマエが見えるのは自殺解決か新世界秩序か…。豚どもに死を!」MINAMI(POIKKEUS、LARVA)

「ハッキリいいますね。彼らは関西のオールスターズなんです。初期にはNASHIのKOSHI氏もいました。音は黒光りのするヘビーなハードコア。LIVEもあらゆる意味で衝撃です。進化も挑戦もしまくってます。僕も大阪にいたら入れてもらえてたかな。。今作もとにかく必聴!!!」(PON / LAUGHIN'NOSE)

「How the hell are you? 歴戦の強者たちが奏でる轟音の渦が、これまでに無い全く新しい世界に有無を言わせず引きずり込む。さあ、NEW WORLD ORDER~新世界秩序が始まった」(ISHIYA / FORWARD)

「7人のegoist集団が創り出すSOUND 固定観念に囚われず今流行りの音を否定するかの様な意思表示、オープニングからラストまで独創的で斬新な楽曲も聴くものを魅了するであろう。鬼才cherry氏の断末魔の叫びが追い打ちをかけ、聴く者全てを魅了する。細かい部分までしっかり作り込まれた完璧な作品だ。 未体験の方もS.H.Iを体験して欲しい」(KAGAMI / DEMOLITION)

「LIVEで見たあの迫力と臨場感が再現され、より繊細な部分もでてる素晴らしい作品!!」(KATSUTA★ / TOKYO HARDCORE)

「いつの時代も混ぜ物は世に溢れているが、流行の濁流が過ぎ去ったあとにはいつも進化を遂げたロックが存在するものだ。あえてメンバーの経歴には触れない。何故なら、本作には全編を通して形容のしがたいロックの本質そのものが蠢いているからだ」(KO / SLANG)

「旋律の渦 感情の渦 狂気の渦 この音の渦に巻き込まれて死ぬまで聴き狂え!」(SHINTANI / RAPES)

「とめどなく溢れる衝動的解放! 自らを解き放て!」(JUN / WARHEAD)

「"S.H.Iは電気羊の夢を見るか?" S.H.Iはネットワーク社会に突然現れた、Cybernesticな奴ら。タイムパラドックスの中で暗躍する化のような、ダークな世界観は、きっと脳みその奥深くでジワジワ聴くものを蝕んでいく」(TAYLOW / the原爆オナニーズ)

「聴く者の油断を一切許さない緊張感と、迫り来る凶暴な音の衝撃にひたすら圧倒される!」(HIROSUKE / BALZAC)

「楽曲に向かい楽曲に挑んでいる感じがする。s.h.i.に似たBandは世界にいないだろう。従来のpunkと違い、作られたレールの上を走る感じではなく、次元の違う道をひとつのブレも無く、ただ前だけを向き、突き進んでいる感じがする。彼らは何処に向かい、何を掴むのだろう。 これからの動向が見逃せない??」(MAA / Nightmare)

「関西の狂気 日本の闇 ヤバい音源が出たよ」(Mune Red Mohawk / 九狼吽)

「けたたましい電子音が鳴り響き、新たな「闘争する無慈悲な不死者」による大虐殺の幕が今開くのだ!」(Yumikes / MCR COMPANY)

Metal Deadness!!


besieged-ep.jpg

・BESIEGED - S/T 7" 税込1,296円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

当店でもファンの多いUSデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリースされた、カナディアン・スラッシュ・メタルの2曲入り新作シングルです。500枚プレスで、カラー盤などの限定バージョンは存在しません。ジャケ角に少し折れシワがあったので、なるべくキレイなモノからお売りしていきます。このUnspeakable Axe recsは、コンテンポラリーな傾向の強まるDark Descentの主力作品よりも、もっとオールドスクールなスタイルの新人や無名バンドを中心にリリースしています。

前作1stアルバムが日本のスラッシャーにも高く評価されていたので、今さら騒ぐ必要もないんでしょうが、コレは本当にかっこいい!!マックス・カバレラ似の吐き捨てシャウトは相変わらずに、楽曲はDARK ANGEL型の暴走一直線なんだけど、メカニカルな冷徹テクニカル・リフの応酬がどちらと言うとロン・ラインハート時代のDARK ANGELっぽくて、デス・メタルが台頭してきてもテクニカルなスラッシュ・メタルでバイオレンスを表現していたLeave Scarsアルバムの頃のDARK ANGELが好きだった人には絶対に聴いてください。オススメです!!



infiltrator.jpg

・INFILTRATOR - S/T TAPE 税込972円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

USペンシルバニア出身3ピース・スピード・メタル・バンドの4曲入りカセットです。

元々デジタルEPとしてバンドが自主発表した音源をフォーマット化した作品なのですが、一聴してもう只者ならぬ完成されたサウンドに驚きます。実はメンバーはTRENCHROT, CRYPT SERMON, UNREST, etcで既に驚異的な才能をいかんなく発揮しているSteve Jansson氏がギター&Vo.で、ベーシストもUNRESTメンバーです。Steve氏のテクニカルなフレーズが随所にきまる疾走感バツグンのスピード・メタルなので、AGENT STEELやThundersteel期RIOTなどのファンはガッツポーズ級のサウンドだけど、鋼鉄の疾走感にパンキッシュなドライブ感をプラスしながらもパーティー・ノリは皆無で、Steve氏のVoがデスラッシュ・スタイルのlowシャウトをキープしてるのも渋い。CRYPT SERMONで表現してるようなエピックなスロウ・パートまで盛り込んでくるところも脱帽です。トドメにBATHORYのSacrificeカバーでフィニッシュしていて、初期BATHORYの土台がスピード・メタルだったことをしっかり理解しているセンスもさすがです。これはCD出せばイッパツで日本の鋼鉄バンガーズの間で人気出そうなバンドです!!



sadisticritual.jpg

・SADISTIC RITUAL - Edge of the Knife CD 税込1,620円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

USアトランタ出身スラッシュ・メタルの6曲入り1st CDです。

スラッシュ・メタルとしては正統派と呼んでも差し支えないであろう、初期METALLICA, SLAYER, RAZOR, etcのスピード・メタルを土台にしたソリッドな直線的刻みリフのシンプルな楽曲にミレ・ペトロッツァ風Vo.を乗せていて、TOXIC HOLOCAUST以降の2000年代型USスラッシュ・メタルらしい感触です。しかし、メンバーはBASTARDのTシャツ着てBROKEN BONESのパッチを貼ったりしていますが、一緒に入荷してきたINFILTRATOR同様、パンキッシュなテイストのあるスラッシュ・メタルとパーティー・スラッシュが全てイコールではない、というのを強調してるかのような冷たい雰囲気が特徴です。AVENGER OF BLOODのような、Heavy Artillery Recs系スラッシュ・メタル好きにオススメです!



sewercide-presumed.jpg

・SEWERCIDE / PRESUMED DEAD - Split 7" 税込1,296円 (Unspeakable Axe:Dark Descent)

オーストラリアのSEWERCIDEとイタリアのPRESUMED DEADのSplit 7"です。300枚プレスで、カラー盤などの限定バージョンは存在しません。

SEWERCIDEはSLAYERの影響をハードコア・テイストで爆発させたようなデスラッシュで、猛烈な暴走スピードはMERCILESSやHYPNOSIAなどのスウェディッシュ・バンドからの影響も感じさせます。トム・アラヤ似のVo.も悪くないです。これがデビュー音源となるPRESUMED DEADは、ズグズグ低音域徘徊型リフが初期SEPULTURAを彷彿させるオールドスクール・デス・メタルで、Cogumelo Recs系南米デスラッシュ・ファンにおすすめデス!!

* 新品ですが盤に若干スレがあります。



cemeteryfilth.jpg

・CEMETERY FILTH - Screams From The Catacombs TAPE 税込972円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

USテネシー拠点デス・メタルの3曲入りデビュー・カセットです。

AUTOPSY影響下のスウェディッシュ・デス・メタル、と言った感じのグルーミーな腐敗臭を備えたデス・メタルで、EXHUMED以降のスラッシュ感もあるRazorback Recs系のようなゴアじゃない、OBITUARYやフロリダDEATHなどの登場時も彷彿させるアメリカン・ゴアリーなlowサウンドがカッコいいです。サバス起源のAUTOPSY型ナーバス・ブレイクダウン・フレーズも随所にきめながら、疾走パートはフロリダDEATH型リフ・ワークからENTOMBEDやDISMEMBERなどのスウェディッシュ型ストローク・リフも混じえて、フランスのSKELETHALなどとともに今後も期待大の新鋭デス!!



scorched.jpg

・SCORCHED - S/T TAPE 税込972円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

USデラウェア出身デス・メタルの7曲入りデビュー・カセットです。

DISMAなどの影響もにおわせる冷たい重厚さを、オールドスクールなリフワークや疾走感を際立たせた曲調で爆発させた、いかにもUnspeakable Axeリリースらしい若手デス・メタルです。BOLT THROWERがSLAYERから受け継いだようなリフを中心に構成していますが、ドカドカの疾走感もミドル~スロウ・パートもアメリカン・デスならではの大味さなので、ILSAなどのようなa389周辺のエクストリーム・メタルに近い感触のデス・メタルが好きな人は必聴デス!!



panthymonium-dawn-dream.jpg

・PAN. THY. MONIUM - .....Dawn / Dream II CD 税込2,052円 (Dark Symphonies / The Crypt)

スウェディッシュ・デスメタルを語る上で欠かせない人物の一人、EDGE OF SANITYのギタリストであり名エンジニアのダン・スワノが在籍したプログレッシブ・デスメタル、2010年にThe Cryptがリリースした90年1stデモと91年1st EPのカップリング2LPをCD化!!

デスメタルのアグレッシブなサウンドを土台に目まぐるしく展開し、美しいシンフォニックな旋律なども飛び出したりするけど、アンダーグラウンドの未成熟な雰囲気が充満してて、非常にカオスでブルータルな独特のデスメタルを表現していました。Cryptが再発するように、所謂メロディック・デスは敬遠するアンダーグラウンドなデスメタル・ファンにも評価の高いバンドで、1st EPはMAYHEMのLive In Leipzigのオリジナル・レーベルである、イタリアのObsucure Plasma Recordsからリリースされた異端スウェディッシュ・デスメタルのカルト・クラシック!! コープス・メイクに触発されたメンバーのルックスも興味深いです。

WIND OF PAIN - Warpain Explotion LP


windofpain-warpainexplotion2.jpg

・WIND OF PAIN - Warpain Explotion LP 税込2,000円 (Paank Levyt)

90年代~2000年代前半に精力的に活動した日本のパンク・レーベル Paank Levytから超久々にリリースされた、フィンランド・ハードコアの94年にカセットで発表したアルバムをヴィニール化LPです。A面に93年、B面に94年録音の音源をそれぞれ収録した全15曲入りで、ポストカード型のインナー3種と盤両面のラベル、レーベル・ミニ・ポスターが付いたカラー・ビニールの限定200枚プレスです。

Paank Levytがレーベル活動を停止していた期間は恐らく10年近くにもなるかと思いますが、旧友 WIND OF PAINが復活リリース第一弾というのも、実にPaank Levytらしいかと思います。WIND OF PAINはRYTMIHARIOやFORCA MACABRAのメンバーらが90年代にやっていたハードコア・バンドで、現在は当店でもCDが大好評だったロウ・スラッシュ・メタル JUMALATIONもやってる連中です。

とは言え、DISCLOSEとライブSplitテープも出していたバンド、という程度の知名度で、メンバーの経歴や実績から与える印象ほどの人気は当時はありませんでしたが、バンド名にも表れている通り、実はこのバンドは日本のBASTARDから強く触発されたスカンジナビアン・クラスト・パンクだったようです。確かに今改めて聴くとBASTARDの影響を感じさせる点はけっこうあって、FORCA MACABRAメンバーがやってたSELFISHがDEATH SIDE型のジャパニーズ・ハードコア・ウォーシップだったのに対して、UKHCやスカンジナビアン・ハードコア・テイストを完璧に導入して前人未到のジャパニーズ・ハードコアを確立したBASTARDの要素をWIND OF PAINから日本人が見いだすのは、当時はちょっと難しかったのは致し方ありません。特に、ドラミングはBASTARDのMasaaki氏からの影響がうかがえます。そう言えば、ミネアポリスのMISERYとSplit 7"を出したHELLSPAWNなんかも、当時はBASTARDに影響されてるのでは?などと言って騒いでる人が東京クラスト・シーンに1人だけいましたが、誰も聞く耳持たず相手にされてませんでした。

Neseblod Records


neseblodrecordslogo.jpg

ノルウェー・オスロ―にショップも構える老舗、Neseblod Recordsリリースの7"EPが数種入荷。お店はノルウェー・ブラック・メタル・ファンには有名で、BOYも以前からとても興味があったので長らく交渉してきましたが上手く進んできませんでした。遂に念願の国交樹立です!!


enterobscurity1ep.jpg



・ENTER OBSCURITY - S/T 7" 税込1,296円 (Neseblod)

オスロ―からも遂に登場した、MPDSを勝手に掲げるバンドの限定250枚1st 7"です。A面ラベルにBanzai RecordsオリジナルのSPEED METALマーク、B面ラベルにMPDSマークを使用しています。相当若そうなメンバーですが、このラベル両面の感覚は実際音楽性にけっこう良く表れていて、SODOMタイプの実にシンプルな一直線型イーヴィル・スラッシュ・メタルは、初期TOXIC HOLOCAUSTと東京のEVILのミックスのような感じです。スピード・メタルを土台にしつつ、スラッシュのポジティブな華やかさを嫌い、ロッキンなノリも上手く避けながらへヴィメタルとパンクの原理主義をダブらせています。ジャケに現れている通りクサレたポンコツ感も強いですが、とても応援したくなるヤング3人組です!!



nocturnalbreed-motormouth.jpg

・NOCTURNAL BREED - Motormouth 7" 税込1,296円 (Neseblod)

こちらはノルウェー・ブラック・スラッシュ・メタル重鎮 NOCTURNAL BREEDの2004年発表限定500枚3曲入りEPです。INFERNO, AURA NOIR, GEHENNAH, etcの北欧バンドが面白くて、ちょうど当店がアングラ・メタルを本格的に取り扱い始めたころに、このバンドの90年代に発表した1st~3rdアルバムも入荷させていたので、懐かしいと言うか勝手に親しみを抱いているバンドです。2ndのジャケなんかTroops Of Tomorrowみたいだったし、ストリッパーをライブに登場させたりしてカッコよかったです。サウンドは一連の90年代後期~2000年代北欧のスラッシュ・メタル・リバイバル・バンドらしい、VENOM影響下のチンピラ臭いスピード・メタル・スラッシュですが、このEPは特にドライブ感とスピード・メタル・リフのマッチがバツグンです。INFERNOなどに比べたら人気なかったし、流通も悪いからまだ残ってるんだろうけど、北欧ドランク・ブラック・スピード・メタル・ファンには確実にオススメのEPです!!



fuckyouall-st.jpg

・FUCK YOU ALL - S/T 7" 税込1,296円 / DAMAGED COVER REDUCED PRICE 税込756円 (Neseblod)

北欧ブラック・メタル・ミュージシャンによるハードコア・パンク・プロジェクトの唯一の作品となった限定500枚4曲入りEPです。おなじみDARKTHRONEのFenriz氏(ベースを担当)を筆頭に、初期DISSECTIONやNIFELHEIMの1st&2ndアルバムでギターを担当したJohn Zwetsloot氏、そしてNeseblod Records&ショップ・オーナーでもあるWAKLEVORENのKenneth Neseblod氏らによって結成されて2000年代前半にごく短期間活動したバンドで、このEPは2009年リリースですが音源は2002年のリハーサル・テイクです。これ以外の音源は存在しません。音質は極悪ではないけど、北欧ブラック・メタル・ミュージシャンによるハードコアと言われて完全に納得してしまう非常に殺伐としたサウンドで、やっぱり音の出し方がメタルなのでしょうか、ギターがCELTIC FROSTウォーシップのガレージ・ロウ・パンク・スラッシュは、SHEER TERRORとPOISON IDEAに影響された90's北欧バンドの発掘音源、みたいな雰囲気をかもしだしています。

* Neseblod Recordsは、もはや店内のどこに何をストックしていたか当人達も把握できていないような歴史とカオスを積み重ねてきたショップだそうで、残念ながらこのEPのラスト・ストックもジャケ天に最大で3cm弱くらいの抜けや裂けがあるものも含まれています。今回入荷分で(と言ってもレーベルのオンライン・ショップからも消えてるので今回のみの入荷になりそうですが)天抜けダメージがあるものは特価で販売します。



regressff1.jpg



・REGRESS FF - S/T 7" 税込1,512円 (Neseblod)

こちらはFenriz氏が遂に始めたパンク・ソロ・プロジェクトの限定500枚1st EPです。彼は多くのブラック・メタル・ミュージシャンに愛されるクラスト系のパンクやジャパニーズ・ハードコアはもちろん、他にも世界中のパンクを熱心に聴き続けてきたのは有名で、ニュージャージーのADRENALIN O.D.の名曲 RocknRoll Gas Stationを自宅のターンテーブルで再生してアホみたいに熱狂する動画は世界中のブラック・メタラーに衝撃を与えました。そしてこのREGRESS FFを聴くと、彼のパンク・ミュージックに対する造詣の深さはより一層うかがい知ることができそうです。「REGRESS FFは俺にとってのパンクの典型。ハード過ぎず、短すぎず、速すぎないし遅すぎもしない」とジャケ裏に掲載されたコメント通りで、しかも身に付いた北欧の伝統もしっかり表現しているのが素晴らしい。たそがれたメロディーをFenriz氏のあのチンピラ臭いVo.で歌い上げながら疾走していて、トロール系キラー・ロウ・パンク・マニアにもぜひ聴いてほしいです。
07 | 2015/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR